デルタアメックスゴールド

VIPラウンジが同伴者1名も無料
デルタアメックスゴールドカード

空港ラウンジが利用できるおすすめのクレジットカード

空港ラウンジが利用できるおすすめのクレジットカード

あなたは待ち時間をゆっくり過ごせる空港ラウンジを利用したことがありますか?

しかし特定のクレジットカード会員になれば、あなたもこの空港ラウンジを無料で使えるようになります。

ただし空港ラウンジの種類は様々なので、カードによっては使えないラウンジも。このことを知らないと、入室時に恥をかくこともあるので要注意です!

そこで空港ラウンジの基礎知識と、空港ラウンジが使えるクレジットカードをご紹介しましょう。

次の旅からは、あなたも搭乗までの待ち時間をゆったり過ごせますよ!

空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカードはどんなカード?

空港で待ち時間を過ごせる場所は他にもありますから、この手のラウンジを使ったことのない方も多いでしょう。

そこで先ず最初に、空港ラウンジが使えるクレジットカードとはどんなもので、どんなことができるのか、簡単にご説明したいと思います。

空港ラウンジが使えるのはステータスの高いクレジットカード

クレジットカード会員になると様々な特典やサービスが使えますが、空港ラウンジサービスもその一つです。

しかしこのサービスはグレードが高く、ステータスの高い一部のカードにしか付帯しません。

空港ラウンジサービスが使えるカード

  • スタンダードカード ×
  • ゴールドカード 〇
  • プラチナカード 〇

スタンダードカードでは無理ですが、ゴールド以上ならほぼ必ず空港ラウンジが利用できます。

空港ラウンジクレジットカードには年会費がかかる

つまり空港ラウンジを利用したいのなら、年会費無料のカードではなく、少なくともゴールド以上のステータスカードが必要なのです。

ここで「ゴールドなんて無理」と思った方はいませんか?ゴールドカードって、実は意外と手に入れやすいんですよ。

中には年会費が千円ちょっとの「格安ゴールド」もあるので心配は無用です。

空港ラウンジが使えるクレジットカードを選ぼう!

ただし格安ゴールドの中には、まれに空港ラウンジサービスが付帯しないものもあるので気をつけてくださいね。

入会にあたっては、以下の点をよく検討してから選びましょう。

  • 年会費の額
  • ポイント還元率
  • 付帯サービスの内容
  • 付帯保険の補償内容

ステータスの高いクレジットカードには、空港ラウンジサービス以外にも様々な特典が使えます。

あなたのライフスタイルに合う1枚を選べば、きっと年会費以上の価値を得ることができるでしょう。

カードラウンジより航空会社ラウンジの方がレベルが高い

ところで空港ラウンジってどれも皆んな同じなのでしょうか?

各空港ターミナルには幾つものラウンジがありますが、実はそれぞれグレードもサービスも全く異なっています。

主な空港ラウンジは以下の2通りに大別できます。

  • カード会社のカードラウンジ
  • 航空会社のVIPラウンジ

カードラウンジはクレジットカード会社が委託する会員向けラウンジで、航空会社が顧客のために設置しているラウンジとは区別されています。

航空会社のラウンジはカードラウンジに比べてレベルが高く、一般にVIPラウンジと呼ばれます。

カードによって使えるラウンジの種類が違う

「ゴールドカードに入会したらどの空港ラウンジもフリーパス」だと勘違いする方がいますが、決してそうではありません。

ゴールドカードでもプラチナカードでも、入室可能なラウンジはそのカード毎に決まっています。対象ラウンジを間違えると、カードを提示しても入室できませんのでご注意くださいね。
空港にあるラウンジって、クレジットカード会員は無料で使えるんですね。

実は来年海外旅行の予定があるんです。僕の持っているクレジットカードでも、空港ラウンジに入室できるでしょうか?

空港ラウンジサービスは、通常ゴールドカード以上にしか付帯しません。スタンダードのカードでは、空港ラウンジは使えないのです。

ゴールドカードでも、カードの種類によって対象ラウンジが決まっているので、利用の際には間違えないようにしましょう。

空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード【カードラウンジ編】

空港ラウンジには主に2種類あることがわかりました。次にその内の一つ、クレジットカード会社が提供する「カードラウンジ」についてご説明したいと思います。

通常「空港ラウンジ」といったらこのタイプ。高級感こそないものの、基本のサービスは揃っており、どなたにも使いやすいラウンジです。

カードラウンジには基本的なサービスが揃っている

クレジットカード会社提供による「カードラウンジ」は、「航空会社ラウンジ」に比べるとお手頃タイプ。

「ショボい」なんてハッキリ言う人もいますが、ゴールドカード以上とはいえクレジットカードの付帯サービスですから、高いグレードを求めるのは無理があるかもしれません。

また各カード会社共有の施設なので、時に混雑は避けられず、満室で入れない場合もあります。

カードラウンジの注意点

  • 設備やサービスは航空会社ラウンジより劣る
  • 満席で入室できない場合もある
  • 2時間を越えると有料になるラウンジもある

カードラウンジは対象カード会員は無料で使える

しかしサービス対象のクレジットカードと航空券を提示するだけで、空港での待ち時間を無料で過ごせる訳ですから、カード会員にはとても人気の高いサービスです。

カードラウンジの利用条件

  • 本会員は無料
  • 家族会員も無料
  • カードのない同伴者は基本有料

なおカードラウンジは、入り口でクレジットカードや搭乗券を確認できないと入室できませんのでご注意くださいね。

カードラウンジはフリードリンクでネットも繋がる

ではこのカードラウンジの内部って、一体どうなっているのでしょうか?

カードラウンジにはソファやテーブルが並んでおり、ドリンクコーナーが設置されています。基本ネットが繋がるので、スマホやパソコンで時間を潰すことが可能です。

また飲物はセルフサービスで全て無料。ただしアルコール類は2杯目からは有料となる場合が多いようです。

カードラウンジの基本サービス

  • フリードリンクサービス
  • 無線LAN環境

設備やサービスはラウンジによっても若干差があるので、事前に下調べしておくといいですね。

では次に、カードラウンジが無料で使えるおすすめのクレジットカードを続けてご紹介したいと思います。

アメックス・グリーンカードは空港ラウンジ同伴者1名無料

アメックス・グリーンカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • カードラウンジは同伴者1名まで無料!
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険
  • 一般カードだがゴールドカードレベルのサービスが付帯
  • 初年度年会費無料!次年度以降12,000円

アメックス・グリーンはアメリカンエクスプレスのスタンダードタイプですが、年会費を見てもわかるように、その中身は通常のゴールド以上!

カードラウンジが使えるのは勿論のこと、同伴者も1名までなら無料です。また対象ラウンジの数も多く、国内28空港39ヶ所と海外2空港のラウンジが利用可能です。

ラウンジからの一時退出や再入室も可能ですが、その際には係員に一声かけるとスムーズです。

アメックス・グリーンは旅行サービスが充実している

アメックスのカードは旅行に強いのが特徴で、アメックス・グリーンも最高5,000万円の旅行傷害保険や手荷物無料宅配サービスなど、エアポートサービスの充実ぶりも見逃せません。

空の旅の多い方にとって、年会費以上の価値ある1枚ですね。

なおアメックス・グリーンはVIPラウンジが使えるプライオリティ・パスにも無料で登録できますが、これについては次のアメックス・ゴールドで詳しくご説明しましょう。

アメックス・ゴールドカードはプライオリティ・パスが年2回無料!

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • プライオリティ・パスが年2回無料!
  • カードラウンジ同伴者1名無料
  • 最高1億円の旅行傷害保険
  • ゴールドカードでステータス最高位
  • 初年度年会費無料!次年度以降29,000円

グリーンの上位アメックス・ゴールドも、グリーン同様、カードラウンジが利用できます。

またグリーンもゴールドも、VIPラウンジが使えるプライオリティ・パスのスタンダード会員に(通常年会費99米ドル/2017.5.25レート11,047円)に無料で登録できます。

【プライオリティ・パスとは!?】

世界130か国500都市1000か所以上のVIPラウンジ(空港会社ラウンジ)が使えるサービスでスタンダード、スタンダード・プラス、プレステージという3段階の会員ランクがある。

スタンダード会員は、本来ならばVIPラウンジの利用時に通常1回27米ドル(2017.5.25レート3,013円)での使用料が必要ですが、アメックス・ゴールド会員だけは年間2回までは無料に。

一方のグリーンは、毎回利用の度に必ず1回27米ドル(2017.5.25レート3,013円)の使用料を支払う必要があります。

海外出張が多い方など、プライオリティパスを無料で利用できるおすすめのクレジットカードを紹介している記事もございますので是非ご一読くださいね。

JCBゴールドはお値打ち価格のステータスカード

JCBゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 国内28空港と海外1空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険は家族特約つき
  • オンライン入会で年会費初年度無料!次年度以降10,000円
  • 実績によって上位カードへの招待も

次にご紹介するJCBゴールドは、ステータスの高さでは定評の高いプロパーカードです。

このカードで使える空港ラウンジは、国内28空港とハワイホノルル国際空港のカードラウンジ。

なお無料で入室できるのは本会員と家族会員だけで、同伴者は有料となりますのでご注意くださいね。

上位カードにグレードアップすればVIPラウンジが使い放題

このカードの魅力の一つは、実績を重ねることでより高いステージを目指せること。

カード会社からのインビテーション(招待)を待つ必要がありますが、JCBゴールド ザ・プレミアやJCBザ・クラスに入会すると、使える空港ラウンジまでグレードアップします。

例えばJCBゴールド ザ・プレミアにはプライオリティ・パスの最上級会員であるプレステージ会員の資格が付帯するので、世界各国のVIPラウンジを回数制限なく好きなだけ利用できますよ。

MUFGカード ゴールドなら年会費がわずか1,905円

MUFGカード ゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 初年度年会費無料!次年度以降1,905円
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
  • 利用可能ラウンジは国際線のみ

MUFGカード ゴールドは新千歳、成田、羽田、中部、関西、福岡の国内6空港とホノルル空港の国際線ラウンジが利用できます。

主要の空港は網羅されてる為、年会費を抑えたい方や、国内移動が少なく海外移動がメインで国際線を利用する機会が多い方におすすめのカードとなりますね。

空港のカードラウンジは、通常ゴールドカードを持っていればどなたも無料で入室できます。設備やサービスはVIPカードラウンジよりは劣るものの、旅行者にとっては大変重宝するカード付帯サービスです。

空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード【VIPラウンジ編】

では続いて、航空会社が提供するVIPラウンジについてご説明しましょう。

VIPラウンジは、本当に一部の人しか入れない特別なスペース。利用者が限定されるので、カードラウンジのように混雑することもなく、落ち着いた室内で快適に待ち時間を過ごすことができます。

VIPラウンジが使える人は一握り

先にご紹介したカードラウンジの場合、通常ゴールド以上のカードをお持ちなら誰でも入室できます。しかし一方のVIPラウンジを使える人は、この通り一握りの人達だけ。

  • ビジネスクラスの乗客
  • ファーストクラスの乗客
  • マイレージ上級会員
  • 特定のクレジットカード会員

だからこそVIPラウンジは混雑もなく、ゆったり寛ぐことができるんですね。

そもそもVIPラウンジは航空会社のお得意様専用に作られたもの。それが一部のクレジットカード会員にだけは、特別に門戸が開かれるという訳です。

例えば先にご紹介したアメックス・ゴールドの場合、プライオリティ・パスでVIPラウンジを利用できましたよね。

つまりファーストクラスの乗客と同等のサービスを味わえるかどうかは、クレジットカードの選び方次第ということになります。

VIPラウンジはドリンクと軽食が食べ放題!

ではVIPラウンジとは一体どんな場所なのでしょう?

待ち時間をゆっくり過ごせるのはカードラウンジ同様ですが、VIPラウンジの方が広くゆったりして高級感があります。

また利用者が限定される分、カードラウンジのように混雑もしません。それに搭乗に便利な場所に設置されており、移動も楽です。

しかもドリンク類や軽食は食べ放題!メニューはラウンジ毎に個性がありますが、自由にお酒が飲めて簡単な食事まで出来るのは、食べ物の提供が殆どないカードラウンジとの決定的な違いです。

  • ソフトドリンク
  • アルコール
  • 軽食

VIPラウンジには無料のシャワールームも

またVIPラウンジにはカードラウンジにはない以下のような設備が整っており、利用者が無料で使えるようになっています。

  • パソコン電源
  • プリンター
  • FAX
  • 雑誌・新聞サービス
  • マッサージチェア
  • シャワールーム

ただし軽食のメニュー同様、設備内容はラウンジによって若干差があります。世界各国の空港にはそれぞれ旅行客に人気のラウンジがあるので、事前に下調べしておくと良いでしょう。

最後にVIPラウンジを使えるおすすめのクレジットカードをご紹介いたしましょう。

デルタアメックスゴールドはVIPラウンジが同伴者1名も無料

デルタアメックスゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • スカイチームのVIPラウンジが使える
  • ラウンジ同伴者1名まで無料
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • デルタ航空の上級会員資格が付帯

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、VIPラウンジのパス機能を兼ね備えた、一つ上を行く空港ラウンジクレジットカードです。

このカードの会員にプライオリティ・パスは必要ありません。これ1枚で、国内外のラウンジが使い放題です。

ゴールドメダリオン会員特典でスカイチームラウンジが使える

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード最大の特徴は、デルタスカイマイルの上級会員「ゴールドメダリオン」資格が付帯すること。

VIPラウンジ利用は、この特典の一つなんですね。ではその特典内容を見てみましょう。

  • 専用チェックイン窓口が使える
  • 一般搭乗前に優先的に搭乗できる
  • 手荷物を優先的に受取れる
  • 24時間前までの予約の確保が保証される
  • 1米ドルにつき8マイル獲得できる
  • スカイチームラウンジを無料で使える

ゴールドメダリオン会員特典は、どれもプレミア感溢れるサービスばかりですが、中でもスカイチームラウンジを無料で使えることがポイントです。

世界各国600ヶ所以上のスカイチームラウンジが無料に!

スカイチームとは20社から成る航空連合の名前で、スカイチームラウンジはそこが運営するVIPラウンジのことです。

【スカイチームラウンジ】

デルタ空港、ガルーダ・インドネシア航空、エールフランスなど20社から成る航空連合が提供するVIPラウンジ。世界各国600ヶ所以上の空港に設置されている。

スカイチームラウンジはVIPラウンジの中でもグレードが高く、利用者の評価も高いんですよ。

またデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員は、このスカイチームラウンジに加え、アメックスのカードラウンジも同様に利用できます。

このカード1枚あれば、海外も国内も空港ラウンジにはもう不自由はしませんね。

航空会社が提供するVIPラウンジは、カードラウンジよりもグレードが高く、すべてにおいて便利でお得にできています。プライオリティ・パスがあれば、一般の方もVIPラウンジを利用できるようになります。

しかしデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員になると、特典で全世界のスカイチームラウンジが利用できるので、プライオリティ・パスも必要ありません。

空港ラウンジクレジットカードを選んでお好みのラウンジを使おう!

空港ラウンジにも種類があり、カードラウンジはお手頃タイプで、航空会社ラウンジはグレードの高いサービスを提供しています。

利用できるラウンジはクレジットカードによって決まっていますが、特典の付帯するカードを選んで入会すれば、どなたもグレードの高いVIPラウンジに入室可能です!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断