アメリカには格式あるアメックス!
高級ホテルでVIP待遇のサービス!

知らなかった!アメリカのクレジットカード事情とは?

知らなかった!アメリカのクレジットカード事情とは?

私達日本人の中にも、クレジットカードを持っている人は多いと思います。ささっと支払うことができますし、便利で良い物ですよね。しかし、このクレジットカードはアメリカと日本とでは違った使われ方などをされているのをご存じですか?

アメリカではちょっとしたものでもクレジットカードで代金を支払いますし、カード会社にクレジットカードの利用代金を支払う方法というのも、日本とは異なってくるのです。ここで、アメリカと日本のクレジットカードの違いについて調べていきたいと思います。

本当!?アメリカ人は現金を持ち歩かない

アメリカはクレジットカード発祥の地であることもあってか、クレジットカード大国でもあります。

そんなアメリカの人々は様々な買い物にクレジットカードを使っているということや、なぜクレジットカードを頻繁に使うのかについてご紹介します。

皆が使っている!クレジットカード社会のアメリカ

日本でもクレジットカードを持っている人も多いですね。しかし、日本だと現金も普通に使いますし、クレジットカードを持っていなくても生活が成り立ちます。それに、まだまだアメリカほど利用頻度などにおいては及びません。

それに、カードが使えるお店というのはアメリカに比べて少ないです。その反対にアメリカという国は、クレジットカード社会なのです。コーヒーを1杯飲むなどの何百円という品物であってもカードで支払うと言う程で、現金を持ち歩かないという人も多いです。

こういった点は、日本人とカードを持っているという感覚にも違いがあるのです。カードを重要かつ生活の一部として考えているのだということがわかりますね。

ちなみに、日本と海外でのクレジットカード保有率を調べてみても、他国に比べ日本は低いことがわかりました。そのことは”VORTEX”の記事にも書かれていますので、引用したいと思います。

日本においては、お隣の韓国や欧米と比べると個人消費に対するクレジットカード決済の利用率がかなり低い数値になっています。
つまり、日本は韓国や欧米に比べてクレジットカード決済の分野では後進国だといえます。
ただし、一方で今後のクレジットカードの利用において大きなポテンシャルを秘めていることがわかります。
引用元:VORTEX

カードを使うのはクレジットヒストリーを作る為!

アメリカ人がクレジットカードを日常的に多く使っているということは、普段からあまり現金を使わないということももちろんあります。しかし、それだけではないのです。アメリカ人はクレジットヒストリーを作りたくて、クレジットカードを大いに利用している面もあるのです。

クレジットヒストリーというのは何なのか。それについてお話しますと、クレジットカードで買い物をした際にカード会社が代わりに立て替えてくれますが、それを月末等に利子も付けてカード会社にその月に使った分を返すと言うシステムです。

いつも月末に滞納もせずにきちんと返済していれば、好ましいクレジットヒストリーというものが付くのです。反対に、もしも自分の支払いの許容範囲を超えたショッピングをして、カード会社に支払えないと言う場合は、悪いクレジットヒストリーが付くということですね。

引っ越しなどで新たに部屋を借りる場合や、高い額のショッピングをローンでする時に目安とされるのがクレジットヒストリーなのです。

良いクレジットヒストリーが積もっていくと、お金の面で信用のある人間だと判断され、支払いもきちんとできるのだと周りに思われます。

なので、ローンを組みたいなと思った時も、何の障害もなく契約ができるということです。もしもクレジットヒストリーが悪ければ、アパートを借りたくても多く前金を払わなくてはいけなくなる可能性もあります。

クレジットヒストリーがない留学生などは、アパートを借りる時に前金を余分に払わなければいけないということがあるのは、こうした背景があるからなのです。渡米したばかりなどの場合には、地道にヒストリーを増やしていくことが求められるということですね。

アメリカでの信用は、クレジットカードの支払い状況によって測られるということなのです。

デビットカードも付いていて便利!

アメリカではクレジットカードにデビットカードが付いているのが普通となっています。デビットカードというのは皆さんも一度は耳にされた事があるのではないでしょうか?しかし、日本ではまだ利用できる店舗が少なかったりと、需要はアメリカに比べ少ないです。

さて、デビットカードとは何なのかについてお話ししたいと思います。デビットカードというのは、後払いであるクレジットカードとは違って、買い物をして支払うと同時に関連付けられている口座から引き落とされるというシステムなのです。

口座内の額の中での買い物にのみ対応しているので、使いすぎを防ぐことができます。銀行口座に関連付けられているので、キャッシュカードのようにお金をレジで引き出すことも可能です。ただし、このシステムというのは、日本にはありません。

デビットカードというものは日本にも幾らかあるのですが、まだ広く浸透はしていないのが現状です。さて、このアメリカでのデビットカード付きのクレジットカードですが、銀行の口座が必要になるので旅行でアメリカを訪れる人が使うことはあまりありません。

しかし、長く滞在するのであれば持っていると色々と便利なカードと言えるでしょう。

アメリカに滞在するならスターウッド プリファードゲストTM アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカではクレジットカードのステイタス性を重視するところがあるのです。

とても高級ホテルなホテルの場合、「ステイタスの高いカード」を持っていないと、利用出来ないケースもあるぐらいです。

アメリカに旅行などで滞在する機会がある方は、是非広いアメリカでも安心!クレジットカードの上手な使い方とはの記事も読んで参考にしてみて下さいね。

スターウッド プリファードゲストTM アメリカン・エキスプレス・カードの所有者は、「スターウッド」のゴールド会員になれます。

スターウッドゴールド会員の主な特典内容

  • チェックインの際にウェルカムギフトプレゼント
  • チェックインの空室状況により、より良いお部屋にアップグレートできる
  • レイトチェックアウト(16時まで)

スターウッド プリファードゲストTM アメリカン・エキスプレス・カード

公式サイトはコチラ

世界約100ケ国1,100以上のSPG(スターウッドプリファードゲスト)の9つのホテルブランドで、サービスを享受できます。

その他、日本国内14ホテルの直営レストランやバーで、飲食代が15%OFFで利用できますよ。

毎年カードを継続するたびに、スターウッド系ホテルに無料で1泊宿泊できる特典や、充実した空港ラウンジサービス、アメックスの多彩なサービスも魅力です。

還元率も高く、ホテル利用で3%還元、どこで利用しても1%のポイントが貯まります。

貯まったポイントは100円=最大1.25マイルの高レートでANAマイルに交換できたり、ホテル無料特典に交換できるのもお得です。

破産寸前!米国人の1/3が緊急用貯蓄を上回る債務に陥っている

なんと、アメリカ人の多くが万が一の時の為に溜めておいた貯蓄よりも多くのクレジットカード負債を抱えていて、破産の危機に陥っているということがわかったのです!その実態に迫りたいと思います。

金融アナリストも憂う!?米国人の金融破産危機

アメリカにおいても、裕福な人は裕福ですが、そうではない人もいますね。そんな人達も大変な思いをしながらも暮らしています。ところであなたは普段はあまり使いたくないなという、緊急時のための貯蓄はありますか?急にお金が要り用になった時に貯蓄をしておくと便利ですよね。

さて、アメリカには、『バンクレート・ドット・コム』という個人向けの金融情報サイトがあります。そのサイトがアメリカ人の大人1000人以上をターゲットとして調査しました。

すると、緊急用の貯蓄額よりもクレジットカードでの負債額の方が多くなってしまっている人が多いと言う事がわかったのです。

その率は、実に37%にも及びます。驚きの水準ですね。「このような数字は、アメリカ人の8人に3人が金融的な破産の危機に瀕してしるということだ」というようなことを、バンククレート・ドット・コムのチーフ金融アナリストであるグレッグ・マクブライド氏が語っているのです。

さらには、こうした人々は何か緊急の事態が起きた場合に支払いができない状況になる可能性もあるとしているのです。そして、多くの人々に十分に貯蓄があるわけではなく、借り入れが可能な範囲の額を既に借りてしまっているということです。

選択肢もなくなってきているということになりますね。

アメリカ人は”起こるかもしれない”ことを考えない?

日々の生活において、”緊急事態”というのは、人々が思っているよりもしばしば起こるものなのです。となると、このクレジットカードの問題というのは危険を孕んでいるということがわかるかと思います。

アメリカ人を対象とした某カード会社の調査においても、半数の人が過去1年間のうちに予期せぬ出費があったと回答しています。その中でも一部分は緊急事態と考えても良いものです。そのうちの半数近くの44%が医療関係。

そしてまたその半分の46%が自動車関係の問題という内訳になっています。風邪をひいたり、怪我をしたりなど、そういった医療関係の出費というのはいつ起こるかわかるものではないですし、突然必要になることも多いものですよね。

自動車関係も、事故を起こしたり、修理が必要になる事というのは前もって知ることなどはできないでしょう。また、アメリカ人は多くが自動車で出勤するので、頻繁に乗っていれば自動車関係の問題というのも起こりえるわけで、その分出費も覚悟しておく必要があるということになります。

要するに、

そういった予期せぬ事態を見越して蓄えておくものは蓄えておかなければいけないのです。これは日本人も同じですね。しかし、アメリカ人の場合そういった残しておかなければいけないお金があるにもかかわらず、その貯蓄をも上回る額をクレジットカードで使用してしまっているということなのです。

ということは、いつかあるかもしれないということを考えずに行動してしまっているということにもなります。これは、何の支払いでもポンポンとカードで支払いをするクレジットカード社会であるアメリカだからこそなのだろうかと思えます。

蓄えはやはり大切だと考えます。

年代別の破産危機の状況について

ここで、年齢別の破産危機の状況について見ていきましょう。破産の危機に陥っているのは一体どの年代が多いのでしょうか。下記の表をご覧ください。

年代 危機率
18歳から29歳 21%
30歳から49歳 32%
50歳から64歳 25%
64歳以上 14%

以上が、クレジットカードによる負債額が緊急用貯蓄額を上回る年代別の比率になります。傾向として、30代から40代の人が高い様に感じます。これは子どもが生まれて、その子どもの養育費などがかかることや、家を建てる人というのも多い年代でもあるためというのもあるのでしょう。

住宅ローンがかかってくるということが要因として考えられますね。金融関係の専門家によれば、クレジットカードの借金がなくて、何かが起こった場合に備えた貯蓄というのが、多くて6カ月分の貯蓄があることが望ましいということです(扶養人数にもよりますが)。

そういう状況にするのが良いですし、安心できますね。しかし、アメリカ人の実際の状況というのはそれとはかけ離れているという事が、上記によっておわかりになるかと思います。

アメリカ人の人格を表している!?クレジットスコアとは

アメリカにはクレジットスコアというものが存在します。それは、その人の人格も表していて、アメリカで生活していく上で大切なものなのです。

クレジットスコアとは何だろう?

前述しましたクレジットヒストリーというものは、今までに返済してきた実績のことを言います。実は、それとは別に信用度を数値として表したクレジットスコアというものもあるのです。

返済を遅れさせてしまったりするとクレジットヒストリーが悪くなるばかりではなく、スコアまで下がってしまいます。こうして数字として表されることは、わかりやすいと言えばわかりやすいです。

このスコアというものは300から850までとなっています。720以上をキープしていると印象が良いですね。新しい車を買ったり家を買う時、そしてローンを組む時にもスコアは必ず判断材料とされるのです。

スコアがないとローンを組むことができませんし、クレジットカードを作ることすらできないのです。

クレジットスコアの数値は信用度の証!

アメリカという国は住む人々の人種も様々ですが、会ったその人を信用に足るのかどうかということを即座に判断するのも難しいでしょう。そんなアメリカで相手を信用できるかを判断するのは、実はクレジットスコアなのです。

借りたお金を期日までに返しているかなどですね。つまり、お金の管理をきちんとできているかが問われるということなのです。お金をきちんと管理できているということは、つまりその人の人間性において、生活面がしっかりしているということを示しているということになるというわけです。

このお金に関する情報というのは調査会社によってまとめられて、それぞれの会社で人々の信用の度合を表すクレジットスコアをはじき出しているのです。住宅ローンを組むなど、お金を借りたい時には自分がお金にルーズではないということの証明のために、クレジットスコアを提示する必要があります。

このスコアの点数が低いと「ハイリスク」ということになり、通常よりも利子を高く払うことになる可能性もあります。

アパートを借りるのにもスコアは重要で、低いスコアだとなかなか部屋を見付けることもできないということになりかねません。

さらには就職にさえスコアが響いてくるのです。お互いにクレジットレポートを確認してから結婚に至るということも、アメリカでは良くあることなのです。お金のことは大事ですから、仕方がないとも言えるでしょうか。

借金をした方がスコアは良くなる!?

クレジットスコアはどうやって計算されているのか、気になるところではないでしょうか。残念ながらスコアの計算方法というのは公にはなっていないので、私達が知る由がありません。しかし、スコアが上がる理由というのがあります。

それは、長い期間に渡って多くの実績を作ることなのです。何の実績かと言いますと、それは”お金を借りること”です。

普通の考えだと、借金はない方が信用はありそうなものですよね。しかし、アメリカではそうではないようです。

お金を借りたとしても、きちんと滞納せずに返済したという事の方が重要なのですね。その実績を積んでいくことで、スコアはどんどんと上がっていきます。ちなみに、どれだけ口座に預金があっても、スコアには全く関係がありません。

つまり、お金を借りて真面目に返済してこそ、スコアが上がって信用がアップするということなのです。日本の場合ですと、借金というとかえって信用がなくなるような感じがしますし、良いイメージがあまりないかもしれません。

しかし、アメリカの場合はそうではないということがわかりますね。

セキュアカードを作ろう!

アメリカにおいてクレジットスコアを上げようと思うと、クレジットカードが必要になります。しかし、クレジットカードがないと新たにクレジットカードを作ることができないという場合があります。そんな時には、セキュアカードというものを最初に作ることになります。

このカードを作るためには、銀行にクレジットカードの限度額を預金として預けなくてはいけません。自分の預金を担保とするのです。このセキュアカードを地道に使っていくことによってクレジットヒストリーをつくることができ、スコアも上がっていくと言う事です。

こうしてセキュアカードを延滞もなく使い続けていると1,2年後には普通のクレジットカードを作れるようにもなります。どんどんとカードを使って、良いクレジットを作りあげていくことがアメリカでの生活には必要なのです。

アメリカでのカードの支払いの仕方とは?

アメリカにおいては、クレジットカードの代金の支払い方法も日本とは違いがあります。その方法についてお話したいと思います。

小切手を郵送して返済する

アメリカにおいては、返済額を自由に決められるリボルビング払いでクレジットカードの支払いをするのが通常となっています。毎月送られてくる請求書にはミニマムペイメントという、最低でも支払わなければいけない額というのが記載されています。

要するにそれ以上の額は、幾ら払っても良いということになるのです。アメリカの人々はその最低金額を支払い続けていたため、借金残高が増えたため、様々な問題へと繋がっていく要因ともなっています。

また、アメリカでは明細書を確認してから、自分の小切手をカード会社に郵送するという決済方法が一般的です。口座引き落としが基本の日本とは大きく違うということがわかるかと思います。

留学や移住などの渡米をする際の参考に!

アメリカのクレジットカード事情や、日本との違いについておわかりいただけたかと思います。渡米される機会がおありの人は、上記を参考にしていただけたら幸いです。
メニューを閉じる