ソラチカカード

ポイントをマイルに高レートで交換可
陸マイラーの方必携のソラチカカード

ソラチカカードは搭乗機会が少ない方でもマイルが効率よく貯まる

ソラチカカードは搭乗機会が少ない方でもマイルが効率よく貯まる

ANAマイルを貯めている陸マイラーの方に一押しのクレジットカードがあります。

その名はANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)。このカードは、ポイントサイトで貯めたポイントを高レートでマイルに交換できる唯一無二のクレジットカードなのです。

また、ソラチカカードは入会するだけで1000マイル、継続時にも毎年搭乗なしで1000マイル貰える為、陸マイラーの方に有利なプログラムとなっています。

ソラチカカードなら搭乗機会が少ない方でも、効率よくマイルを貯められますよ。

今回は、そんなANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の魅力と、このカードでお得にマイルを貯める方法をご紹介していきましょう。

キラキラソラチカカードの写真ソラチカカードの公式はこちら

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の魅力!陸マイラー必携カード

  • PASMOと定期券とANAカード三位一体
  • PASMOへのオートチャージでポイントが貯まる
  • ポイントサイトで貯めたポイントを高レートでマイルに交換できる
  • マイルと2種類のポイント!相互交換が可能
  • 定期券購入でメトロPtとOkiDokiPtの2重取りが可能
  • ANAカードとTo Me CARDの割引特典をダブルに使える

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、PASMO一体型でしかも定期券までも搭載することが可能となっている、優れた機能のカードとなっています。

ANAカード+To Me CARD PASMO+JCBカードの3つが一体化したカードなので、ANAマイル・メトロポイント・OkiDokiポイントの3種類のマイルとポイントを獲得することができるようになっています。

ソラチカカードはポイントサイトで貯めたポイントを高レートでマイルに交換できるなど、大量のマイルを獲得できる仕掛けがたくさんあるカードなのです。

早速、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のお得な情報をお届けしていきましょう。

ソラチカカードはANAマイルを貯めている陸マイラーの方に一押しです。その詳しい詳細をこれから順番に解説していきますので、どうぞお見逃しなく。

ANAカード+To Me CARD+PASMO+定期券が一体化!

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、次の5つのカード機能が一体化されたカードなので、東京での利用シーンは大きく広がります。

  • 飛行機が便利になる「ANAカード」
  • メトロが便利になる「To Me CARD」
  • 乗り物が便利になる「PASMO」(電子マネー)
  • 通勤圏が便利になる「定期券」
  • 国際ブランドJCBを搭載!

地下・地上・空の全ての移動が便利でお得!更にショッピングもお得!

先のとおり、移動でのメトロはもちろん便利に利用することが出来ますし、PASMO搭載なので地上での移動で利用するJRや私鉄、バスなどの乗り物もキャッシュレスで便利に利用出来ます。

さらにPASMOの電子マネー機能で、駅ナカや街ナカでのショッピングもキャッシュレスで行うことが出来ます。

移動に飛行機を利用する場合も、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)があれば、ANA便に楽々搭乗することが出来ます。

つまり、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は地下、地上、空の全ての移動を便利に、そしてお得に行うことのできるアイテムなのです。

  • PASMOを電子マネーとしてコンビニで利用できる!
  • 通常PASMO利用には500円のデポジットが必要なのに無料で利用!
  • JCBの国際ブランド搭載なので、全国のショップで利用できる!

ショッピングについても、PASMOとJCBブランドが搭載されているので、コンビニから百貨店、ネットショッピングまであらゆるショッピングが、ソラチカカード1枚あれば可能ですね。

ソラチカカードには最高1,000万円の旅行保険が自動付帯!

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)には、最高1,000万円の海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険が自動付帯しています。

旅行先でのケガや病気による疾病障害補償は、付帯していませんので要注意ですよ。

海外旅行に出かける際は、年会費無料で旅行保険を強化できるエポスカードもサブとして検討してみてもいいですね。

補償内容 海外 国内 補償額
死亡・後遺補償 最高1,000万円
国内航空傷害補償 最高1,000万円
救援者費用 最高100万円

補償内容は上記表のとおりですが、気をつけたいところは「国内航空傷害補償」です。

通常の旅行先の事故に対しての補償で無く、ANA搭乗時の事故と空港構内の搭乗者限定箇所での事故が該当する補償となっていますので、ご注意くださいね。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の海外旅行傷害保険は、はっきり言って期待しない方が良いですね。年会費無料で旅行保険が充実しているカードもありますので、海外旅行保険におすすめのカードを紹介してる記事を是非チェックしてみてください。

ソラチカカードはマイルと2種類のポイントを獲得できる!相互交換も可能!

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を利用すれば、2種類のポイントをダブルで獲得することが出来ます!

獲得できるポイントは、To Me CARDから獲得できるメトロポイントと、JCBから獲得できるOkiDokiポイントの2種類です。

つまり、ソラチカカードを利用すれば、下記3種類のポイントを獲得する事ができます。

  • メトロポイント
  • OkiDokiポイント
  • ANAマイル

順番に解説していきましょう。

東京メトロの地下鉄やPASMO利用で貯まるメトロポイント

1つ目はメトロポイントです。ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を下記の内容で利用すれば、メトロポイントを貯めることができます。

  • メトロポイントPlus の加盟店でPASUMOを利用
  • To Me CARD提携先でのクレジットカード決済
  • 東京メトロで定期券購入
  • PASMOで東京メトロに乗車
  • (メトロポイントPlusへ申し込みが必要)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)でメトロポイントを貯めるには、メトロポイントPlusへの登録は必須ですから、必ず登録しておきましょう。

メトロポイントPlusに登録すればメトロに乗るだけでポイントが貯まっていきますよ。

  • メトロポイントPlusに登録!
  • 平日1乗車につき5ポイント獲得!
  • 土休日は3倍の15ポイント獲得!
  • 定期券区間は乗車ポイントの対象外!

東京メトロを日常的に利用される方のほとんどが、会社までの定期券を持っていると思います。

この場合、定期券区間の乗車ではポイントは付与されません。つまり、通勤利用ではポイントは付与されないと言うことになります。

ですが、定期券区間を含んでそれ以外の駅まで乗車すれば、ポイントの獲得となりますので、イメージで判りやすくご説明しておきますね。

乗車ポイント獲得説明画像

また、ポイントが獲得できる1乗車とは、改札を入場して改札から出場するまでが1乗車となります。

PASMO電子マネーも対象!自販機でも100円=1ポイント獲得!

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)では、下記のマークを目印に利用すれば、PASMO利用でもポイントを獲得することができるようになっています。

メトロポイントPlus加盟店マーク

東京メトロ駅構内のショップだけで無く、マークが貼ってある自動販売機では100円で1ポイント獲得することが出来ますよ!

獲得ポイント 利用できるショップ
100円=1ポイント 自動販売機・コインロッカーなど
メトロポイントPlusマークのある機械
200円=1ポイント 売店(METRO’S)・Echika・Echika fit・Metro pia・Esola
などメトロポイントPlusマークのあるショップ

クレジット利用で貯まるOkiDokiポイント

2つ目の獲得ポイントして、お買い物などでソラチカカードを利用した場合、OkiDokiポイントを獲得することが出来ます!

ポイントは、税込1,000円の利用で1ポイントつきます。ポイントの有効期限は獲得した月から2年間です。

PASMOオートチャージ利用でOkiDokiポイントを獲得できる

オートチャージは搭載しているPASMOへのチャージを、自動的に行ってくれる便利なサービスです。

オートチャージを行う度にOkiDokiポイントまで獲得できるのですから、是非利用しちゃいましょう。

チャージ金額1,000円につき1ポイントが貯まります。1ポイントは5円相当です。

ただし、マイル自動以降コースを選択している場合は、貯めたOki Dokiポイントが自動的にマイルに移行されます。

オートチャージの判定方法!判定金額と実行金額を設定しよう!

オートチャージ説明画像

  • オートチャージ実行判定金額を2,000円に設定!
  • オートチャージ実行金額を3,000円に設定!

上記の設定を行っていれば、上記のイメージのとおり自動改札にタッチした時に、次の判定を行ってくれます。

【オートチャージ設定の判定処理】

PASMOのチャージ残高が2,100円だった場合
⇒ チャージしない判定となりチャージされない!残高は2,100円のまま
 
PASMOのチャージ残高が1,900円だった場合
⇒ チャージすると判定し3,000円を自動でチャージ!残高は4,900円になる

チャージのタイミングは入場時の自動改札にタッチした時点!

オートチャージにも有効期限あり!ソラチカカードの有効期限と同じ!

オートチャージサービスの有効期限は、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の有効期限と同じです。

「それなら心配ないじゃない!」と思いますよね。ですが、PASMOの有効期限は手続きを行わないと延長されないのです。

  • 新しいソラチカカードと一緒に有効期限手続きのお知らせが届く!
  • 新しいソラチカカードとお知らせをメトロの駅に持って行く!
  • 有効期限が延長されて新しいソラチカカードでオートチャージが有効になる!

オートチャージ有効期限の説明画像

定期券購入でメトロPtとOkiDokiPtの2重取りが可能!

東京メトロの定期券売り場などで、ソラチカカードを使って定期券を購入すれば、東京メトロポイントとクレジットポイントの2重取りができますよ。

東京メトロポイントが1,000円につき5P(0.5%)、Oki Dokiポイントが1,000円につき1P(5円相当)獲得できます。

定期券購入時の注意点!搭載出来ない定期券も存在する

先の説明のとおり、メトロポイントを多く獲得する最適な商品は定期券なのですが、東京メトロが発行する定期券の中に、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)に搭載することの出来ないものが存在しています。

搭載可能な定期券 東京メトロ・東武鉄道・東急電鉄・京急電鉄・相模鉄道で
発売している定期券
搭載出来ない定期券 西武鉄道・東武鉄道との特殊連絡定期券(2区間定期券)

上記のとおりほとんどの定期券は搭載可能ですが、西武鉄道・東武鉄道との2区間の特殊連絡定期券は搭載が出来ませんので、ご注意くださいね。

ANAグループ便の利用で貯まるANAマイル

3つ目のポイントは、ANAマイルです。スターアライアンス加盟航空会社便やANAグループ便に搭乗すれば、フライトマイルが貯まります。

さらに、入会時と継続時に、ボーナスマイルが1,000マイル貰えますよ。

マイル獲得手段 獲得マイル
入会時ボーナス 初年度1,000マイル
継続ボーナスマイル 入会ボーナスを取得した翌年毎に1,000マイル
搭乗毎ボーナス 区間基本マイル×積算率×10%
ANAカードマイルプラス
提携店で利用
100円=1マイルor200円=1マイル

獲得ポイントは相互交換可能

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)で貯めた3種類のポイントは、下記の図のように相互交換が可能です。

ポイント相互交換説明画像

Oki Dokiポイントをマイルに移行する場合、5マイルコースなら手数料はかかりませんが、10マイルコースを選択すると年間税別5,000円(税別)のマイル移行手数料が発生します。

マイル獲得手段 獲得マイル
OkiDokiポイントから交換 5マイルコース:1ポイント=5マイル
10マイルコース:1ポイント=10マイル
※10マイルコースは、年会費5,000円が必要
メトロポイントから交換 100ポイント以上20,000ポイントまで
100ポイント=90マイル
ソラチカカードは日常生活で大量にポイントを獲得できるようですね。東京メトロを利用するのであれば、ソラチカカードは絶対に持っていないと損だと思うのです。

メトロを利用する方は、全員ソラチカカードを持っているのでしょうか!?

確かにソラチカカードで獲得できるメトロポイントは、信じられないスピードで貯まって行く仕組みになっています。東京メトロを常用する方は何らかのTo Me CARDは持っているかもしれませんね。

ソラチカカードはその中でも、ANAマイルを貯めたい方が持っているカードとなります。

ソラチカカードがあれば飛行機に乗らなくてもマイルをお得に貯められる!

ソラチカカードはポイントサイトで獲得したポイントを高レートでマイルに交換できる唯一無二のクレジットカードです。

これから、飛行機に乗らなくてもマイルをお得に貯める方法をご紹介していきましょう。

ポイントサイトを活用してお得にマイルを貯める

ポイントサイトは、バナー広告をクリックするだけでポイントが貰えたり、アンケートに答えるだけでポイントが獲得できるなど、買い物する金額が少なくてもポイントを貯めやすい仕組みになっています。

有効なポイントサイトとしては、ハピタスやモッピーが有名ですね。

ソラチカカードはポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する際、交換レート9割をキープできる唯一のカードなのです。

例えばハピタスを利用した場合、ハピタスで貯めたポイントは、.money(ドットマネー)とメトロポイントを経由してANAマイルに交換できます。

ポイントサイトで貯めたポイントをマイルへ移行するルート説明画像

ポイントの交換経由によるANAマイルの交換率を比較

ここで、ポイントサイト・ハピタスを例に、いくつかのパターンで交換率の違いを見てみましょう。

Tポイントに交換してからマイルに移行

ハピタスサイト→.money(ドットマネー)→10,000Tポイント→5,000ANAマイル

この場合交換率は0.5倍

nanacoポイントに交換してからマイルに移行

ハピタスサイト→.money(ドットマネー)→10,000nanacoポイント→5,000ANAマイル

この場合も交換率は0.5倍

メトロポイントに交換してからマイルに移行する場合

ハピタスサイト→.money(ドットマネー)→20,000メトロポイント→18,000ANAマイル

メトロポイント経由の場合は交換率が0.9倍です。メトロポイント経由がダントツで交換レートが高いですよね。

このメトロポイント経由が使えるクレジットカードはソラチカカードだけなのです。

ゆえに陸マイラーの方がマイルを効率よく貯める為には、ソラチカカードが圧倒的に有利なのです。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、メトロポイントからマイルに交換する際の中継ぎに使う流れになります。

ただし、交換できるポイントの数には制限があり、1カ月で20,000メトロポイントまでです。それでもかなりのマイルを効率よく貯める事ができますよね。

ANAカードとTo Me CARDの割引特典をダブルに使える!

ソラチカカードは、To Me CARDとANAカードの特典を同時に1枚のカードで利用できる為、受けることのできる特典がより多くなり、とてもお得です。

ここからは、ソラチカカードで利用できる割引特典をご紹介していきましょう。

ソラチカカードを提示するだけで割引特典が利用できる

To Me CARDの特典として、ソラチカカードを提示すれば割引が適用される店舗があります。様々なシーンでお得に利用できる事は間違いないでしょう。

利用できる特典の一部をご紹介しておきますね。

店舗 特典内容
渋谷メトロプラザ 1F / プロント 渋谷宮下公園店
(パスタ&カフェバー)
食事代10%OFF
シビック スカイレストラン椿山荘 食事代10%OFF
Echika表参道 B1F/Re.Ra.Ku
(リラクセーションサロン)
ボディケア・フットケア
前日まで予約で10%OFF
カレッタ汐留 46F/美寿思
[MISUJI](鮨)
ランチ:5%OFF
ディナー:10%OFF
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 一般料金200円割引
ロイヤルパークホテル 20F/すみだ(鉄板焼)
1F/フォンテーヌ(ロビーラウンジ)
10%OFF

ANAカードでの特典!付帯保険・商品割引など多彩な特典が用意!

ソラチカカードなら、To Me CARDだけでなくANAカードと特典も利用いただけます。

特典種類 特典内容
付帯保険 最高1,000万円の国内航空傷害保険・海外旅行傷害保険が自動付帯
運賃割引 最大47%割引のお得なビジネスきっぷを利用可能
商品割引 ANA国内線・国際線の機内販売商品が10%オフ
提携割引 IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
ベストフレキシブル料金の5%オフ
ANAショップ 空港内店舗「ANA FESTA」で10%オフ
ANA商品 ANA国内ツアー(ANAスカイホリデー)
ANA海外ツアー(ANAハローツアー・ANAワンダーアース)
各商品5%オフ
ネットショップ ショッピングサイト「ANAショッピング A-style」で5%オフ
空港免税店 ANAグループ空港内免税店での5%オフ
家族特典 ANAカードファミリーマイルへの登録で、家族のマイルを合算できる

ANAカードとして上記の特典が用意されていますので、飛行機を利用しての出張や旅行にはとても魅力ですね。

空港に行くまではTo Me CARDの特典を利用出来ますので、ソラチカカード1枚あれば他のカードよりも断然お得に出かけることが出来ますよ!

また、ANAカードファイミリーマイルに登録しておけば、単独では特典航空券の必要マイルに届かなくても、家族全員のマイルを合算して特典航空券をゲットすることも可能になります。

ANAスキップサービスも利用可能!JCB限定電子マネーも登場!

ANA QUICPay+nanacoイメージ画像

ソラチカカードはJCBカードとANAカードが一体化していますので、ANA JCBカードだけの特典も受けることが可能となっています。

ソラチカカードには電子マネーとしてPASMOが搭載されていますが、別途、QUICPayとnanacoを搭載したカードじゃない電子マネーに申し込むことが出来ます。

先の画像でお判りのように、飛行機の翼をデザインしたANA JCBカードオリジナルの電子マネーで、ANAスキップサービスもかざすだけでOK!

ソラチカカードは財布の中に入れたままで、キーフォルダー感覚の電子マネーをポケットからサッと出せば搭乗できるので、カッコよくスマートに搭乗することが出来ますよ!

  • 「予約・購入・座席指定」とANAマイレージクラブ番号を登録!
  • チェックインをスキップして保安検査所へ15分前に直行!
  • ANA QUICPay+nanacoを機械にかざす!
  • 10分前に搭乗口の自動改札にANA QUICPay+nanacoをかざして搭乗!

スキップサービスを利用すれば、このように最短15分前に保安検査場に到着すれば良いので、時間を効率的に使うことが出来ます。

ANA QUICPay+nanacoもポイントとマイルが貯まる!

ANA QUICPay+nanacoポイント説明画像

ANA QUICPay+nanacoの利用でもOkiDokiポイントとnanacoポイント、そしてANAマイルを獲得することが出来ます。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の、分身カードだと考えれば良いですね。

  • 年会費は無料・発行手数料が300円(税別)必要
  • QUICPay利用でOkiDokiポイント&マイルを獲得できる!
  • nanaco利用でnanacoポイントを獲得できる!
  • nanacoポイントもANAマイルに交換が可能!

ANA QUICPay+nanacoの最大のメリットは、ANAスキップサービスが利用できることですね。

電子マネーとしてはソラチカカードがあれば十分ですが、ANA QUICPay+nanacoでもOkiDokiポイントとANAマイルを獲得できるので、ちょっと変わった使い方をしてみたい方にはお薦めできるアイテムと言えますね!

たくさんの特典を利用できることは、ソラチカカードユーザーとしてはとても嬉しいことです!

ANA QUICPay+nanacoも使いこなすことができれば便利ですし、スキップサービスをこれだけで対応できるのは、カッコいいかも知れません。

少なくとも、私は少し使ってみたいと思っています。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の基本情報をご紹介!

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

公式サイトはコチラ
情報項目 情報内容
搭載国際ブランド JCB
初年度年会費 無料
2年目以降年会費 2,000円(税別)・初年度年会費無料
家族カード 発行あり 初年度・次年度年会費1,000円
ETCカード 年会費・発行手数料無料
電子マネー PASMO(一体型)QUICPay・nanako(分離型)
電子マネーへ
のチャージ
PASMO・nanaco・Suica・ICOCA・楽天Edy
ポイントレート メトロポイント※1 乗車ポイント5Pt(平日)
乗車ポイント15Pt(土休日)
メトロポイント 100円:1Pt or 200円:1Pt
OkiDokiポイント 1,000円:1Pt(5円相当)
ポイント還元率 メトロポイント 0.5%~9.09%※2
OkiDokiポイント 0.5%
マイルレート 100円:1マイル or 200円:1マイル※3
ポイント還元率
ANALマイレージ
0.5%~1.0%
マイル上限 上限なし
入会搭乗ボーナス 1,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナス
1,000マイル
フライトボーナス 区間マイルの10%
マイル有効期限 3年間
マイル移行レート 5マイルコース(1Pt=5マイル)無料
10マイルコース(1Pt=10マイル)5,000円(税別)/年
国内・海外旅行
傷害保険付帯条件
自動付帯
傷害死亡
(国内・海外)
1,000万円※4
傷害後遺障害
(国内・海外)
40万円~1,000万円※4
救援者費用(海外)
※年間限度額
100万円
補償期間
(国内・海外)
90日間
ショッピング
ガード保険※5
100万円
空港ラウンジ
サービス

※1:メトロポイントPulsへ登録後の還元率です。
※2:休日に165円の区間に乗車した場合の還元率です。
※3:ANAカードマイルプラス加盟店利用時
※4:国内の補償は、搭乗時または搭乗者しか利用できない空港内の事故が対象
※5:海外利用のみ適用となり自己負担額1事故につき1万円

こうして一覧表にまとめてみても、メトロポイントの乗車ポイント還元率は目を引きますね!

絶対に利用しないとならないメトロに乗るだけで、これだけのポイントを獲得できるのですから、本当に信じられないサービスだと思います。

ソラチカカードは飛行機に乗る機会が少ない陸マイラーの方におすすめ

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、東京メトロを普段から利用しているANAマイラーの為に発行されるカードであると言っても良いでしょう!

特に乗車ポイントの還元率は最大9.09%と、驚異の還元率を誇っていますからね。

それに加えて、ANAマイルを獲得できる仕掛けがたくさん施されているカードなので、東京メトロを利用するマイラーにとっては、最強のカードです。

また、ポイントサイトで獲得したポイントを唯一高レートでマイルに移行できる為、陸マイラーの方におすすめです。

普段、通勤で東京メトロを利用して窮屈な思いをしていても、休日には貯めたマイルを利用してANAでフライトすれば、至福の時間を過ごすことが出来ますからね!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断