Apple Payが利用できて便利
マイルが貯まるANA Suica!

Apple Pay(アップルペイ)とは!?クレジットカード管理が便利

Apple Pay(アップルペイ)とは!?クレジットカード管理が便利

iPhoneユーザーなら既にご存知の方も多いでしょう。2016年10月25日より、日本でもiPhone 7でApple Pay(アップルペイ)がスタートしました。

これまで国内のiPhoneでは使えなかった初のお財布機能だけに、関係者の間にも期待が高まっています。

有名企業が続々と参入して、Appleらしいそのスマートな仕様はとても魅力的です!

今回は、そんなApple Pay(アップルペイ)に関する情報をお届けいたします。あなたもiPhone画面でクレジットカードを使いこなしてみませんか?

Apple Pay(アップルペイ)の魅力!iPhone 7が万能に!

  • iPhoneがクレジットカードになる
  • 複数枚のクレジットカードが一括管理できて便利
  • カメラで撮影!データ取込みは瞬時!
  • レジ支払いはタッチレス
  • 改札もSuicaで楽々スルー
  • ネットショップはアカウント不要
  • セキュリティは2重3重に完璧!
  • 盗難時も安心!遠隔操作でロックがかかる

これまではApple Pay(アップルペイ)日本上陸については諸説紛紛でしたが、いよいよiPhone 7での利用が実現しました。

これでiPhoneでの支払いや改札スルーが可能になりますよ。今回はこの新しい決済手段について、ご紹介します!

お財布機能を待ち望んでいたiPhoneユーザーの方に朗報です!

いよいよ利用が始まるApple Pay(アップルペイ)は、お手持ちのクレジットカードやSuicaの情報を瞬時にiPhoneに取込んでくれる優れモノですよ。

Apple Pay(アップルペイ)とは!?その特徴と使い方の基礎知識

Apple Payが一体どんなものなのか、まずはその基本からご説明しましょう。

Apple Pay(アップルペイ)とは!?

Apple Pay(アップルペイ)とは、スマートフォン(iPhone)を利用した決済サービスの事です。

クレジットカードをiPhone 7に取り込み、取り込まれたカード情報は、Apple Payの「Walletアプリケーション」に保管されます。

iPhone 7の中に複数枚のクレジットカード情報を取り込む事ができ、一元管理ができる便利な決済サービスです。

Apple Payの仕組み!iPhone6は店舗や交通機関を利用できない

Apple Payは、非接触型ICの通信技術である「FeliCa(フェリカ)」にiPhone7が対応した事により、日本でも利用できるようになりました。

「FeliCa(フェリカ)」は「Suica(スイカ)」に採用されている日本主流の技術です。

一方、世界の主流は「FeliCa(フェリカ)」ではなく「NFC」(TypeA/B)と呼ばれる非接触型ICです。

海外では、iPhone6の「NFC」技術を利用したApple Payが展開されてました。

日本では「NFC」が普及していない為、利用できない状態でしたが、今回iPhone7に「FeliCa」が採用された事で、日本でもApple Payが利用できるようになったのです。

iPhone6は、世界標準規格である「NFC」を搭載していて、規格が異なる為、「Suica」などによる店舗や交通機関での支払いに対応できません。

Web上での支払いならiPhone6もApple Payが利用できる

iPhone6シリーズは、読み取り機にかざすだけで利用できる店舗や交通機関の支払いには対応してません。

ですが、アプリ内での支払いとウェブ上での支払いならApple Payを利用できますよ。

Apple Payを交通機関や店舗で利用できるデバイス

Apple Pay(アップルペイ)を交通機関や店舗で利用できるデバイスは以下の通りです。

  • 日本国内で販売されたiPhone 7
  • 日本国内で販売されたiPhone 7 Plus
  • Apple Watch Series 2

Apple PayはクレジットカードをiPhoneに取込む!

Apple Payは、簡単に言うとクレジットカードをiPhone 7に取り込んでしまう仕組みです。

そして取込まれたカード情報は、Apple Payの「Walletアプリケーション」の中に安全に保管されます。

これはdカードのサイトに掲載されたiPhone 7の画面です。まるでクレジットカードがスマートフォンの中にそのまま移動したかのようなイメージですね。

iPhone 7のApple Pay画像

取込み後もプラスティックのカードは勿論そのまま残りますが、読み取られたカード機能は本当に携帯端末に移動したかのように、iPhone内で自由に使えるようになります。

カード取込みはカメラでスキャンするだけでOK!

取込み方法は非常に簡単です。iPhone 7のiSight カメラで、クレジットカードの券面をスキャン(撮影)するだけ!カード会社への届出や手続きなどは一切必要ありません。

これならカードが何枚あっても、簡単にしかも間違いなく取込むことができますね。

たったこれだけで、複数のクレジットカードやプリペイドカードをiPhone 7の中で一括管理し、必要に応じて利用できるようになるのです。

もう何枚ものプラスティックカードを持ち歩く必要はありませんよ。

Apple Payは「iD」「QUICPay」「Suica」対応店で使える

取込みもシンプルですが利用も手間いらずです。支払いはiPhoneをレジでかざすだけでOK。Apple Payは非接触型の決済メディアです。

でもiPhoneをかざすレジ端末は、実はApple Pay専用のものではありません。Apple Payの決済には、既存の「電子マネー端末」を使うことになっているからです。

その電子マネーの種類はiDとQUICPayとSuica。Apple Payは、クレジットカードをこの3つの電子マネーのいずれかに割り当てて決済を行う仕組みになっています。

従って「iD加盟店」、「QUICPay加盟店」、「Suica加盟店」のレジならば、iPhone 7で決済が可能ということになります。

具体的には、店頭レジで「iD」もしくは「QUICPay」、もしくは「Suica」いずれかの利用を伝えた上で、用意された端末にiPhoneをかざすことで精算が完了します。

Apple Pay対応のお店はあっても、「Apple Pay専用端末」というものは存在しないことにご注意くださいね。

レジで端末にiPhoneをかざすだけで精算完了!

こちらをご覧ください。これはQUICPayのサイトに掲載されたレジ端末の利用イメージです。

レジ端末の利用イメージ画像

このようにレジでいちいち財布やカードを取り出す手間もなく、自らの手で安全に精算できます。勿論サインなど面倒な手続きは一切必要ありません。

Apple Payの使い方については、Apple Pay(アップルペイ)の使い方!便利な決済方法を解説!で更に詳しくご説明してますので、是非合わせてお読みくださいね。

電子マネーの種類が「iD」と「QUICPay」のどちらになるかは、利用するクレジットカードの種類によっても異なりますが、これについてはまた後ほどご説明します。

Apple Pay(アップルペイ)ならネットショッピングも簡単!

Apple Payが便利なのは店頭での支払い時だけではありません。地上の店舗以外にネットショップでも大活躍します。

もうアカウントを作る必要はありません。お買物の都度、Apple Payで安全かつスムーズに精算を済ますことができます。

なおネットショップやアプリケーション内での決済は、対応するクレジットカードの種類によっては利用できない場合もありますのでご注意ください。これについても後ほど詳しくご説明します。

Apple PayはiPhone向けおサイフケータイですが、カード情報をそのまんま取込むというユニークな方式です。

端末にタッチレスでスマートに支払いが完了しますよ。もちろんネットショップでも同様に使えます。

Apple Pay(アップルペイ)のセキュリティは安心か?万全な対策の全容とは

しかし気になるのはセキュリティについてです。

Apple Payの便利さに大いに魅力を感じても、一方でiPhoneの中にクレジットカードの情報を入れておくことに不安を感じる方は多いはず。

大事なカード情報が抜き取られたり、第三者に不正使用されるといったことはないのでしょうか?

Apple Pay(アップルペイ)の個人情報保護機能は万全!

でもご安心ください。

Apple Payはスキミング犯罪の多いアメリカで開発されたこともあって、セキュリティに関しては相当気を配った作りになっています。

まずiPhone内に取り込まれたクレジットカード情報ですが、すべて暗号化された上保存されます。

画像やカード番号がそのままの形で入っている訳ではないので、あなたの情報が外部に漏れる心配はありません。

しかも実際の決済でやり取りされるのはこのカード情報ではなく、単なる割り当て番号なのです。

この番号は決済の度に更新され、万が一第三者の手に渡ったところで個人情報には何ら影響はありません。

Apple Pay(アップルペイ)ではあなたの個人取引情報はしっかり守られる

でもこれだけではありませんよ。2016年5月にApple社は、Apple Pay(アップルペイ)は個人情報が保護される設計になっていて、ユーザーが特定できる可能性がある情報取引は一切収集しないと発表しています。

Apple Payの利用において、あなたの取引情報が企業に渡る心配は一切ないのです。

不正使用にしろ商用目的にしろ、個人情報は徹底的に守られているということが、ここからもよく分かりますね。

iPhoneを手放すことなくレジ決済ができる!

しかし電子データの抜き取りについては万全でも、iPhoneの本体そのものが第三者の手に渡る危険性もあります。でもその点もAppleなら大丈夫。

まず店頭レジでの決済時ですが、先にご説明した通りApple Payは非接触型の決済です。

支払い時にはこのAppleのサイトにある画像のように、必ずTouch IDで指紋認証し、あなたは決してiPhone本体を手放すことはありません。

クレジットカードのように店員に預ける必要がないのです。

Touch IDで指紋認証イメージ画像

紛失や盗難時には遠隔操作でロックできる!

また紛失や盗難といった最悪のケースについても、iPhoneの場合二重三重に不正使用を防ぐための手段が講じられています。

iPhoneやApple Watchを紛失しても、「iPhoneを探す」機能より他デバイスからApple Payの使用を停止する事ができます。

大切なクレジットカード情報が入ったiPhoneが紛失や盗難に遭っても、このように即座に自分で対処することができるんですね。

Apple Payにクレジットカードを取り込んだら、万が一に備えて遠隔ロックやワイプの手順は必ず一通り憶えておきましょう。

Apple Pay(アップルペイ)ならネットショッピングも安心!

しかし地上の店舗はいいにしても、未知の相手と取引するオンラインショッピングでのクレジットカード情報の流出も気になります。

でもApple Payを使えば、ショップごとにクレジットカード情報を登録する必要がありません。

地上店舗同様、iPhoneで毎回スムーズに決済できますし、その際にあなたのカード番号がショップに届くこともないのです。

先ほどもご説明した通り、Apple Payでやり取りされるのはカード番号やパスワードではなく、利用者を特定できない安全なナンバーだけ。

これなら何時でも安心してオンラインでの取引きができますね。

Apple Pay(アップルペイ)でカードも現金も財布も不要に?

ただ日本の場合クレジットカード犯罪が海外よりも少ないせいか、セキュリティ対策のためだけにApple Payを使おうと考える方は少数派かもしれません。

しかしクレジットカードやキャッシュカード以外にも、プリペイドカードやポイントカードなど生活に必要なカード類は増える一方ですから、今よりもスマートにカードを管理したいと考える方は多いはず。

スマートかつ安全にカード類を一括管理できる手段として、Apple Payは非常に魅力的です。

今後対応可能なカードが増えれば、近い将来本当にお財布が不要になる世の中が来るかもしれませんね。

Apple Pay(アップルペイ)とおサイフケータイとの違いとは?

ところで日本国内には、既におサイフケータイという携帯端末を利用する決済メディアが存在します。

ケータイやスマホでレジ精算や改札スルーは特に珍しくもない光景ですが、Apple Payとはどこがどう違うのでしょうか?

以下に両者の比較を表にしましたのでご覧ください。

違い 【おサイフケータイ】 【Apple Pay】
端末の種類 NTTドコモなどの製品 Apple iPhone7、7Plus
(※1)
設定方法 サービス毎に設定手続き カメラでカードを取込む
(※2)
盗難・紛失時 サービス提供先に連絡し対処
(※3)
自分で遠隔ロック等が可能
機能 電子マネー、クレジット、
乗車券、会員証、ポイント、その他
クレジット、乗車券、搭乗券、
プリペイドカード、ギフトカード、その他

(※1)NTTドコモはオプション対応
(※2)手入力も可
(※3)オプションの追加で遠隔ロックも可能

スマホのおサイフケータイ対応機種が出たのが2010年のことですから、iPhoneは実に5年以上も遅れをとったことになります。

サービス拡充は今後の課題ですが、設定のシンプルさやセキュリティの高さのほか、クレジットカードをそのまま取り込める操作性の良さはやはりApple製品だけのものです。

ところでおサイフケータイで人気なのが乗車券や定期券機能の電子マネーSuicaですが、Apple PayでもSuicaが使えます。これについては次章で詳しくご説明しましょう。

Apple Payのセキュリティ対策はかなり高度なんですね。クレジットカードを使うよりも安心だということがよくわかりました。

ところでスマホではおサイフケータイが使えますが、実際のところ、教授はおサイフケータイとApple Pay、どっちがいいと思いますか?

おサイフケータイの方が先輩ですから、現時点での利用の幅は広いですが、Apple Payはこれからさらに便利になっていく可能性もあります。

何と言っても手続き不要で手持ちのカードをそのまま取込める便利さは、やはりApple Payの大きなメリットですね。

Apple Pay(アップルペイ)が使えるクレジットカードをご紹介!

非常に頼もしいApple Payは、2017年10月にスタートして以来、参入企業が大幅に増えました。

ここでブランドについての対応やApple Pay(アップルペイ)が利用できるクレジットカードをまとめておきましょう。

Apple Payが利用可能なカード一覧

Apple Pay対応ブランド

2017年3月1日より、エポスカード、セディナカード、ライフカード、アメリカン・エキスプレスカード、ポケットカード、ジャックスカード、アプラスカードの7社がApple Pay(アップルペイ)に対応しました。

また、2017年3月3日よりYahoo! JAPANカード、2017年3月17日よりUCSカードもApple Pay(アップルペイ)が利用できるようになり、今や国内で発行されているクレジットカードの86%がApple Payで利用できるようになりました。

  • JCB
  • d カード
  • オリコカード
  • 三井住友カード
  • MUFGカード
  • 楽天カード
  • au WALLET クレジットカード
  • クレディセゾン
  • ビューカード
  • SoftBank
  • TS CUBIC CARD
  • イオンカード
  • エポスカード
  • ライフカード
  • アメリカン・エキスプレスカード
  • セディナカード
  • ポケットカード
  • ジャックスカード
  • アプラスカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • UCSカード

Apple Payが利用できないクレジットカード

知名度のある代表的なカードで、Apple Pay(アップルペイ)に未対応なクレジットカードもご紹介しておきますね。

Apple Pay(アップルペイ)に最適のクレジットカード

ここで、Apple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカードを3枚ご紹介しておきましょう。

Apple Pay(アップルペイ)におすすめ!ANA VISA Suicaカード!

ANAマイルを貯めている方なら、Apple Payが利用できるANA VISA Suicaカードがおすすめですね。

Suica一体型ですから、JRをよく利用する方は日常生活の中でポイントがたまり、マイルに自由に移行できます。

またANAカードはフライト利用がなくても更新時にボーナスマイルが加算されるので、飛行機に乗る機会が少ない方でもマイルが貯まりやすいところが魅力です。

ANA VISA SuicaカードはApple PayのWalletアプリからオートチャージを設定できませんが、JR東日本のSuicaアプリからならオートチャージが利用できます。

オートチャージを利用した分はポイントもつきますよ。Apple Payは、VISAブランドの場合、インターネットでの決済やオートチャージに対応してません。

ですが、Suica、QUICPay、iDが利用できるお店などで、店頭で利用する分には問題なく利用できますよ。

ANA VISA Suicaカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

dカードはiDでApple Payが利用できる

dカードはローソンで5%と驚異の高還元率になります。

dカードゴールドならドコモ料金が10%還元されるので、ドコモユーザーの方はポイントだけで年会費の元が取れる最強カードです。

また国内・海外旅行保険の補償が厚く、空港ラウンジも利用できます。

旅行保険は同行する家族の方も補償対象となる家族特約つきですので、ご家族での旅行も安心して楽しめますね。

ドコモユーザー以外の方でも年会費以上に実利が取れるカードですよ。

Dカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 dカードゴールド
年会費 10,000円(税抜)
海外旅行傷害保険 1億円 利用付帯
5,000万円 自動付帯
国内旅行傷害保険 5,000万円 利用付帯
その他付帯保険 海外・国内航空便遅延費用特約
dカードケータイ補償
お買物あんしん保険
その他特典 空港ラウンジ利用可能

オリコカードはQUICPayでApple Payに対応!

オリコカードもApple Payが使えるクレジットカードです。こちらはQUICPay対応ですので、店頭での支払い時には必ずQUICPay利用を申し出てくださいね。

OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)は、ポイントに特化した高還元カードとして人気があります。

年会費は永年無料で、入会半年間はどこで利用しても2%の高還元、その後も1%の高還元クレジットカードです。

オリコモールで最大15%、更にモールを経由するだけで0.5%上乗せポイントがつきます。

オリコモール経由でAmazonでの還元率が2%(入会半年は3%)の高還元、ポイントもリアルタイムでAmazonギフト券などに交換ができます。

また、海外旅行のお得情報を日本語で受けられる海外デスク(世界51都市)や、トラブル時に24時間海外緊急ホットラインでバックアップしてくれるなどの、トラベルサポートも万全ですから、海外でも活躍しますね。

オリコカードザポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
Apple Payの場合VISAはウェブの支払いに対応してませんので、Apple PayでOricoCard THE POINTを利用する場合は、MasterかJCBを選んで下さいね。

まだApple Pay(アップルペイ)にクレジットカードを登録していない方は、Apple Pay(アップルペイ)におすすめクレジットカードも参考にしてみてくださいね。

Apple Payが利用できる交通系電子マネーはSuicaのみ

Apple Payには、交通系電子マネーSuicaが対応します。

PASMOやICOCAなど他の交通系電子マネーはApple Payで利用できません。

JR東日本には、既にスマホ対応のモバイルSuicaの取り扱いがありますが、Apple機種対応は今回が初めて。

iPhoneユーザーも、これまで以上に快適に鉄道やバスが利用できるようになりますよ。

Apple PayでSuicaを取り込めば、日本全国4,789の駅、約3万台のバス、約36万の店舗でiPhoneでの改札スルーや決済が可能となるのですから、その影響力は相当なものです。

Suicaカードの取り込みはタップするだけ!

ところで電子マネーに関する手続きって、意外と手間がかかるってご存知ですか?

例えばもしもSuica定期券をモバイルSuicaに切り替えるとしたら、先ずはネットに接続、所定のアプリを起動、会員規約の確認から始まって一連の入力作業が待っています。

でもApple Payならどうでしょう?利用開始まではほんの一瞬!Suicaカードや定期券をiPhoneにタップすればそれで完了です!

嬉しいのはチャージもiPhone内で可能なこと。「Walletアプリケーション」の中に入っているクレジットカードから何時でもSuicaにチャージすることができ、カードとの連動もバッチリですよ。

Apple PayならiPhoneでSuicaが使えるようになるほか、対応するクレジットカードを読み込むことで、店頭端末でiPhoneを使う決済も可能になります。

ただしネットショッピングやアプリケーション内での決済に対応するのは、現時点ではVISAを除くブランドのカードだけですので注意して下さいね。

Apple Pay(アップルペイ)のここが困る!気をつけたい注意点

Apple Payは非常に魅力的な決済手段であることに違いないのですが、実際にApple Payを使ってみれば、また様々な不便が出てくるかもしれません。

ここでは現時点でわかっているApple Payの注意点を取り上げてみたいと思います。

Apple Payで損するケースもある

JALカードSuicaは、特約店で利用するとマイルが2倍貯まります。

ところが、Apple Pay(アップルペイ)でJALカードSuicaを利用すると、特約店積算対象外となり、マイルが2倍とならないのです。

これは、お店側がJALカードSuicaで決済していると認識できず、電子マネーでの決済と判断してしまう為です。

その他、Apple Payのデメリットをまとめた記事をご用意してますので、合わせてお読み頂き、Apple Payで損しないよう注意してくださいね。

Apple Payに取り込み後のSuicaカードはもう使えない?

Suicaカードはとても簡単にApple Payに取込むことができることを先ほどご紹介しましたが、問題は読み取ったあとのカードです。

実はApple Pay読取後のSuicaカードは、もう使えなくなってしまいます。また一枚のSuicaカードの情報を、iPhoneとApple Watchの2つの機器で共有したり分割したりもできません。

カードタイプのSuicaも併用したい場合や、複数の機器でSuicaを使いたい時には、今のところSuicaカードを必要枚数分作るしかないようです。

電池が切れると改札を出れずカードも使えない!?

しかし何と言ってもApple Payの利用で一番困ることは、iPhoneの電池切れでしょう。

iPhoneでSuicaを利用する場合、電源オフのままでも改札スルーできますし、電池が減って通話ができなくなっても改札を通ることは可能なんだそうです。

しかしそれも電池が完全に底をつくまでの話。こうなると、もう改札を通過することもできません。それと同時にクレジットカード利用もアウトですし、当然通話もできない状態になります。

便利なiPhoneも電池がなくなればまったく役に立たないどころか、却って通信・交通・決済の全手段を一気に失うという恐ろしいことに。

もしも乗車中に充電が完全に切れて改札を出れなくなってしまったら、JR東日本では利用区間の運賃を現金で支払わなければならないそうですよ。

お出かけの際には、くれぐれも端末の電池残量にご注意ください。

VISAはApple Payでネットショップ決済できない

Apple Pay対応のクレジットカードであっても、国際ブランドの種類によっては利用が一部限定されることにご注意ください。

Apple Payでのネットショップ決済については、今のところVISAブランドのカードは対応していません。

米国のApple Payは国内では使えない?

まずはApple Payが対応する電子マネー規格についてです。アメリカでは既にApple Payが導入済みですが、海外モデルのiPhoneでも日本国内の決済に使えるのでしょうか?

最初にご説明した通り、今回サービスが開始されるiPhone 7のApple Payは、国内規格の電子マネーiDとQUICPayを使って決済します。

これはiPhone 7が国内規格FeliCaに準拠しているからこそ可能なことで、国際規格NFCならばiDやQUICPayを使うことはできません。

海外産の国際規格NFCベースのiPhoneを購入すると、国内FeliCa準拠の電子マネー端末では決済できないのでご注意ください。

以下のように、国内でも使えるNFC対応の電子マネー「VISA PayWave」と「MasterCardコンタクトレス」の端末なら使えないこともないようですが、本来のFeliCaベースの機種に比べると相当使い勝手が悪いことは確かです。

  • iD・・・・・・・・・・・・・・FeliCa
  • QUICPay・・・・・・・・・・・FeliCa
  • VISA PayWave・・・・・・・・・NFC
  • MasterCardコンタクトレス・・・NFC
今回のiPhone 7には国内規格FeliCaが搭載されています。海外のiPhoneとは規格が異なるため、相互乗り入れはできないことにご注意ください。

またどなたにとっても一番怖いのはiPhoneの電池切れです。Apple Payに交通や決済機能のすべてを委ねていると、外出先で突然iPhoneが使えなくなるのは正に致命的。充電対策はいつも万全にしておきましょう。

Apple Pay(アップルペイ)ならiPhoneでクレジットカードが使えます

Apple PayでiPhone 7にクレジットカードやSuicaの情報を取込めば、どなたでも簡単にiPhoneで決済できるようになります。

セキュリティも極めて高く、クレジットカードを持ち歩くよりもむしろ安全です。ただ決済や通信などの機能をiPhoneに集中させる訳ですから、くれぐれも電池切れにはご注意くださいね。今後の更なるサービスの拡大にも大いに期待したいところです。

メニューを閉じる