オリコカード・ザ・ワールド

海外利用は2%の高還元!補償も充実
旅行にはオリコカード・ザ・ワールド

国内旅行・海外旅行が快適で楽しくなるクレジットカードご紹介!

あなたは旅行専用のクレジットカードをお持ちですか?

もしまだお持ちでないなら、これからご紹介する海外旅行にお得なクレジットカードを是非ご検討ください。

「新しいカードなんて不要」と答えたあなたも、その特典やサービス内容をご覧になればきっと考えが変わるはず。

今回は現在発行されているクレジットカードの中から、海外旅行に特にメリットの多いカードを厳選してご紹介します!

海外旅行クレジットカードに必要なのは安心の保険と豊富な旅行特典!

クレジットカードは利用目的に合ったものを持たないと、上手に使いこなすことができません。

日常使いのクレジットカードとは違って、海外旅行という目的には、旅行の安全性と利便性が求められます。つまり海外旅行向けのクレジットカードに必要なのは、以下のような機能です。

  • 充実した補償の旅行保険
  • お得で便利な旅行特典

海外旅行クレジットカードは複数あった方が安心

しかしこの全てをフルに兼ね備えたクレジットカードを1枚だけ選ぶなら、高い年会費のものしか見つからないでしょう。

そこで提案したいのが、2枚以上のカードを組み合わせることです。これなら機能やサービスも充実しますし、年会費は安くて済みます。

海外旅行の際は、異なるブランドのカードを持っている方が安心です。万一片方のカードが使えなかった際、もう片方のカードを使う事ができますからね。

そこで複数のサービスをうまく組み合わせるために、クレジットカードの旅行保険と特典について少しご説明しておきたいと思います。

付帯保険を最高補償額で選ぶのは間違い!?

クレジットカードには付き物の海外旅行傷害保険ですが、その補償内容まで気にかける方は意外と少ないようです。

例えばこのように表記してあれば、特に考えず①を選ぶ方が大半ではないでしょうか。

  • クレジットカードAの付帯保険・・・最高補償額3,000万円
  • クレジットカードBの付帯保険・・・最高補償額1,000万円

しかしここに示されているのは「死亡・後遺障害」保険金の上限だけで、それ以外の補償については記載されていません。

現地での病気や怪我の治療に対しても補償があるのか、またその金額は幾らなのか、これを見るだけでは解らないのです。

海外で医者にかかると高額な治療費が発生する!?

なぜこれらの補償が大切なのかというと、海外で治療を受けると予想外の費用が発生するからです。

以下は保険が適用された事例ですが、海外旅行中の治療費に対しては、このように高額な保険金が支払われることが珍しくありません。

  • 風邪・・・・疾病治療費として約140,000円が支払われた
  • やけど・・・傷害治療費として約90,000円が支払われた

これらはまだ軽い方で、家族が駆けつける必要のある重篤な事態には、これ以外にも救援者費用という補償も適用されるため、中には数千万円以上の保険金が降りるケースもあります。

海外旅行に「疾病治療費用」「傷害治療費用」「救援者費用」の補償こそ重要なのは、このような理由によるのです。

複数のカード付帯保険の補償金額は合算される!

ところで数枚以上のカードを組み合わせてそれぞれの付帯保険が適用されたとき、その補償額はどうなるのでしょう?

結論から言いますと、死亡や後遺障害の補償については各保険のうち最高額が適用され、それ以外の項目については合算分が最高補償額となります。

クレジットカードによっては「疾病治療費用」や「傷害治療費用」が付かなかったり補償額が低いこともありますが、不足分は別のカードの付帯保険でカバーすればいいのです。

「疾病治療費用」や「傷害治療費用」の上限は200万円から300万円は必要と言われており、付帯保険を組み合わせる際にはこの金額を目安にすると良いでしょう。

利用付帯は旅行代金をカード払いしないと適用されない

ここで保険についての注意点を2つ追加しておきましょう。まずは付帯保険の種類についてです。

クレジットカードの旅行保険は、どの場合にも必ず適用される訳ではありません。もしもその保険の種類が「条件付きの利用付帯」ならば、旅行代金をカード決済していない限り保険金は下りません。

従ってサブカードの付帯保険の種類は、「無条件で適用される自動付帯」が望ましいのです。

殆どのカードの海外旅行傷害保険は自動付帯ですが、中には利用付帯のものもありますのでご注意ください。

家族特約がつくと同行家族も保険適用される

次に家族特約についてです。

クレジットカードの保険は本会員と家族会員に適用されますが、その保険に家族特約がついていれば、カード会員以外の同行家族にも適用されます。

家族旅行に利用する場合は、是非これもチェックしておきましょう。

  • 本会員・・・・付帯保険が適用される
  • 家族会員・・・基本的に本会員と同等の補償
  • 家族特約・・・カード会員以外の同行家族にも保険適用される

あなたの旅行スタイルに合った特典を選ぼう!

旅行クレジットカードを持っていると、旅行に関する多彩な特典が利用できます。旅行代金の割引きやポイント倍増、空港関連の優待などその内容は様々。中には非常にグレードの高いサービスもあります。

しかし特典は、見た目の豪華さよりも利用価値の高さで選びましょう。先ずはあなたの旅行スタイルが以下のどれに近いか考えてみてください。

  • お得に旅行がしたい
  • 空港をよく使う
  • 鉄道旅行が好き
  • 旅は快適が一番!

次にこの結果を元に、あなたに合ったカード特典の種類を判定するとこうなります。

旅行スタイル カード特典
【お得】 ・ツアー旅行代金割引き
・海外利用ポイント優待
・海外利用キャッシュバック
・マイル交換手数料無料
【鉄道の旅】 ・鉄道旅行の割引き
・新幹線などチケット料金優待
【空港利用】 ・空港関連サービス
・ラウンジ利用サービス
【便利と快適】 ・多彩な空港関連サービス
・充実したラウンジ利用サービス

あなたにはどんな特典がピッタリなのか、おおよそのイメージは掴めましたか?

これを元に、先ほどご説明した付帯保険に年会費などの条件を加味すれば、海外旅行クレジットカード選びに失敗はありません。複数のカード特典を組み合わせて、是非あなた好みのサービスをアレンジしてください。

クレジットカードの付帯保険ってオマケ程度と思っていましたが、海外旅行には保険が大切だということがよく解りました。

複数のカードで保険を補強することもできるようですが、何か注意点はありますか?

合算されるのは、死亡・後遺障害を除いた項目の補償金額上限です。組み合わせる付帯保険は、支払い方法に関係なく無条件で適用される自動付帯のものを選びましょう。

海外旅行クレジットカードを選ぶ際には、付帯保険以外にも自分の旅行スタイルに合った特典をいろいろ組み合わせて考えてみてください。

海外旅行クレジットカードは付帯保険が重要!サブカードの賢い選び方

海外旅行にはクレジットカードの付帯保険が欠かせませんが、問題は実際のカードの選び方です。付帯保険を基準に選ぶとしたら、どんなクレジットカードが適当なのでしょうか?

メインカードを主体にサブカードの組合せを考える

そこで今お使いのクレジットカードをメインとして、海外旅行用に新たなサブカードを選ぶケースを想定してみましょう。

この場合メインカードの付帯保険の補償内容を元にして、それを補強する方向で選べば間違いはありません。

例えばメインカードの海外旅行傷害保険が以下のような内容だすると、傷害死亡・後遺障害の補償額は十分ですが、傷害治療費用と疾病治療費用の補償額が低いのが気になります。

【メインカードAの海外旅行傷害保険】
・傷害死亡 3,000万円
・後遺障害 3,000万円       
・傷害治療費用 100万円
・疾病治療費用 100万円

これに新たなカードで不足分を上乗せし、傷害治療費用と疾病治療費用の上限を300万円程度に持っていきましょう。またメインカードには以下の補償項目が欠けており、できればこれも補強したいところです。

  • 救援者費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害

年会費無料のカードは付帯保険が貧弱なのが当たり前?

そこで2枚目のカード候補として考えられるのは、以下のようなクレジットカードです。

  • 付帯保険が充実している
  • 海外旅行保険は自動付帯
  • できれば年会費無料

でもカード年会費が低ければ付帯保険も貧弱で当たり前ですから、「年会費無料で付帯保険が充実」などという都合の良いクレジットカードがあるはずない・・・と思ったら、実はありました!

エポスカードと横浜インビテーションカードは年会費0円で保険が充実!

それが、エポスカードと、横浜インビテーションカードです。

エポスカードの海外旅行傷害保険の補償内容は以下の通り。治療費のほか、救援者費用、賠償責任、携行品損害にも対応、もちろん自動付帯です。

しかもエポスカードはキャッシュレス診療にも対応していますから、高額の医療費を立て替える必要もありません。これなら2枚目のカードとしてはピッタリです!

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
【エポスカードの海外旅行傷害保険】
・傷害死亡・後遺障害   最高500万円      
・傷害治療費用 200万円
・疾病治療費用 270万円
・救援者費用  100万円
・賠償責任   2,000万円
・携行品損害  20万円

2枚のカードで付帯保険の補償内容をレベルアップ!

ではエポスカードに、先ほどのメインカードAの付帯保険を合体させてみましょう。

傷害死亡と後遺障害についてはより金額の高いメインカードAの最高3,000万円が採用されますが、それ以外は合算後の金額が最高補償額となります。またメインカードAになかった補償項目も、そのまま追加されます。

その結果、ご覧のように海外旅行傷害保険としてはかなり満足のいく補償内容となりました。

【メインカードA+エポスカード】
・傷害死亡   最高3,000万円
・後遺障害   最高3,000万円       
・傷害治療費用 300万円
・疾病治療費用 370万円
・救援者費用  100万円
・賠償責任   2,000万円
・携行品損害  20万円

エポスカードは旅行保険以外にも7000店舗の優待サービス有

エポスカードは、ロイヤルホストなどの飲食代が10%OFFで楽しめたり、テーマパークやアミューズメント施設を優待価格で楽しめます。

また、大手カラオケ店のビッグエコーやシダックスが30%OFFで利用できるなど、全国7,000店舗以上で割引などの優待を受けることができるカードなのです。

エポスカードは、付帯保険の充実だけでなく、旅行を楽しめるクレジットカードとしてもなかなか優秀ですよ。

エポスカードは年会費無料にもかかわらず、充実した旅行保険が付帯する珍しいクレジットカードです。

この特質のため、海外旅行時のサブカードとしても人気ですが、宿泊料金やパッケージツアーが割安になる特典にも利用価値はありますよ。

ポイントが貯まる旅行クレジットカード!海外利用で還元率アップ!

どなたにとっても旅先でのショッピングは海外旅行の大きな楽しみですが、利用金額が多くなれば貯まるポイントにも期待が高まります。

しかし海外でクレジットカードを使うと1.6%程度の為替手数料が引かれてしまうため、ポイント還元率がよほど高くない限りメリットは期待できないのが普通です。

そこで海外利用において還元率がアップする特典付きのクレジットカードをご紹介したいと思います。

オリコカード・ザ・ワールドは海外利用時2%還元!

オリコカード・ザ・ワールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

Orico Card THE WORLD(オリコカード・ザ・ワールド)も、海外利用がお得なクレジットカードです。国内利用は常に1%、海外利用時2%という安定した高還元率です。

しかも以下のように優れた機能の数々を持ち合わせています。

  • 「マイル移行手数料」「マイレージ参加登録料」不要
  • 国内16空港と海外2空港のラウンジが使える
  • ホノルル観光ラウンジが使える
  • ツアー旅行代金最大8%オフ
  • 海外トラベルデスクは世界51都市に設置
  • 充実の海外旅行傷害保険
  • 国内・海外の航空機遅延補償つき

Orico Card THE WORLD(オリコカード・ザ・ワールド)は、海外旅行クレジットカードとして特典豊富で、かなりグレードの高い1枚です。

地球の歩き方JCBカードは海外利用時ポイント5倍!

地球の歩き方JCBカード

地球の歩き方JCBカードは、なんと海外利用時ポイント5倍という高倍率!これなら手数料を引いても取り分が残ります。

ポイント5倍は還元率に直すと2.5%?~2.6%になります。詳しい算出方法については、当サイトのこちらの記事をご覧ください。

地球の歩き方JCBカードは海外ポイント5倍!更に得する秘訣とは?

ライフカード Stella(ステラ)は女性に優しい旅行カード

ライフカード Stella画像

ライフカード Stella(ステラ)は、海外での還元率が3%、しかもポイントではなく直接キャッシュバックされるという親切設計です。

このほか女性のガン検診無料クーポンが貰えるほか、健康をサポートしてくれる女性応援サイト・カラダメディカが半年間無料で使える特典つき。

旅行好きの女性の元気をしっかりバックアップしてくれるクレジットカードです。

ヨーロッパ鉄道の旅が割安に!JCBプラザで旅先でも安心!

地球の歩き方JCBカードは、還元率アップだけでなく旅行代金の割引きも実施中!

パッケージツアーでは体験できないあなただけのオーダーメイドの旅行が、このように割引き価格で実現します。

  • ヨーロッパ個人旅行2000円引き
  • ヨーロッパ鉄道チケット500円引き

個人旅行でも心細くはありませんよ。世界60ヵ所にあるJCBプラザが、困った時にもしっかりあなたをサポートしてくれます。

ポイント還元率の高さでクレジットカードを選ぶ方法もあります。海外ショッピング専用に使うのもひとつの方法でしょう。

地球の歩き方JCBカードは海外利用で還元率最大2.6%、オリコカード・ザ・ワールドは2%、ライフカード Stella(ステラ)は3%でしかもキャッシュバック型という非常に優れたクレジットカードです。

海外旅行が快適になるクレジットカード!ワンランク上の空港サービス

空港関連サービスは、旅行向けクレジットカードでしか利用できない訳ではありません。ステータスの高いクレジットカードには、ワンランク上の空港関連サービスが付帯します。

年会費は決してお安くありませんが、旅の快適さは格段にグレードアップしますよ。

アメリカン・エキスプレス・カードの優れた空港特典

アメックス・グリーンカード

公式サイトはコチラ

アメリカン・エキスプレス・カードの付帯サービスは、一般カードにも関わらず、ゴールドカード並みのサービスが付帯していてプレミア感の高さを感じさせるカードです。

アメリカン・エキスプレス・カードで使えるラウンジサービスの対象空港は国内28空港39ヶ所、海外2空港2ヶ所で、同伴者1名も無料で入れます。

それだけでなく、会員は通常年会費99米ドル(2016.11.28レートで11,092円)のプライオリティ・パスに無料登録でき、年2回までなら無料で国内外のVIP空港ラウンジへの入室が可能に!

詳しいサービス内容はこちらの記事でご案内してますので、アメリカン・エキスプレス・カードの高いステータスの魅力とは!?是非ご覧くださいね。

多彩なアメックスの空港サービスの数々

アメリカン・エキスプレス・カードの空港関連サービスもこのように豊富です。

  • 手荷物宅配1個が無料
  • 空港までのタクシー送迎料金の優待
  • 空港パーキング料金の優待
  • ポーター無料
  • 手荷物預かりが無料
  • エアポートミール・クーポン

この中のエアポートミール・クーポンとは、空港内で使える食事券のことです。

アメックスのトラベルサービスで対象国内線の航空券を購入した場合、羽田空港と伊丹空港のレストラン無料券が発行されます。これは1,000円相当のクーポンで、同伴者にも適用されるお値打ちなサービスです。

ダイナースクラブカードは国内外の空港ラウンジが使える

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは、一般カードのプラチナレベルに相当するステータスの高いクレジットカードです。

そのため空港関連サービスも充実しており、その特典内容は他には見られないようなものばかり。そのひとつがラウンジ無料利用サービスです。ただし普通のカードとはレベルが違います。

ダイナースクラブカードなら国内主要空港が網羅されていることは勿論のこと、海外600以上の空港ラウンジも利用可能です。その中には通常よりグレードの高いVIP専用ラウンジも。

またダイナースクラブは観光地にも以下のような会員専用ラウンジを持っており、こちらも同様に利用できます。

  • ホノルルLea Leaラウンジ
  • 京都ホテルウエルカムラウンジ

送迎タクシーや手荷物宅配も!ダイナースクラブカードの空港サービス

ダイナースクラブカードはラウンジ以外の空港サービスもこのように充実しています。

  • 空港までのタクシー送迎料金の優待
  • 空港パーキング料金の優待
  • 手荷物宅配1個が無料

なおサービス対象空港や利用条件については、こちらの記事の詳細をご参照ください。

ダイナースクラブカードだけの贅沢!最上級のクオリティを徹底紹介!

ステータスの高いクレジットカードは年会費が高いだけあって、やはりエアポートサービスのグレードもワンランク上ですね。

ダイナースクラブカードは国内外の空港ラウンジが使え、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは国内外の空港のVIPラウンジが年間2回まで無料になるプライオリティ・パスを発行できます。

また手荷物宅配や送迎タクシーの優待など、旅行に便利で快適なサービスが満喫できます。海外旅行をきっかけに入会を検討してはいかがでしょう?

ツアー好きの海外旅行クレジットカード!ポイントは次の旅行で使おう

パッケージツアーをよく利用する方には、旅行会社提携のクレジットカードがおすすめです。

旅行商品が割安になったりポイント還元率が高くなるため、自然と旅行費用の節約に繋がりますよ。旅行には極力カードを使い、貯めたポイントは次の旅行に使えば無駄がありません。

JTB旅カード JMBならフライトマイルも貯まる!

JTB旅カード JMB

JTB旅カード JMBは普通に使えばポイントが貯まりますが、JALに搭乗すればマイルが貯まるという、1枚2役の便利なカードです。

旅行時のポイントアップの特典も豊富です。エースJTB、ルックJTBのパッケージツアーなら還元率は1.5%、JAL利用では別途ツアーマイルが獲得できる会員特典も付きます。

世界中どこで利用しても基本の還元率は1%と安定していますが、どうせならJAL提携企業やJTBトラベルポイント加盟店で使えば、より多くのポイントを次の旅行に活かすことができるでしょう。

ポイントがよく貯まる加盟店については、以下の記事に詳細が記載されていますので是非ご参照ください。

JTB旅カード JMBは旅行にイチ押し!人気の秘密は高い還元率!

旅先も留守宅も安心!JTB旅カード JMBの付帯サービス

JTB旅カード JMBには、旅行先のトラブルサポートが非常に充実しているという特長もあります。

海外300ヵ所以上の提携病院ではキャッシュレスで医療サービスを受けることができるのも、このカードの優れた特典のひとつです。

またご注目頂きたいのは、JTB旅カード JMBは旅先だけでなく、このように自宅関連サービスやカーライフまでサポートしていることです。

  • レッカー移動や応急処置などロードサービス
  • 水廻りや鍵のトラブルなどホームアシスタンス
  • 医療相談、年金相談、法律相談など

対応レベルや利用回数によっては費用が発生しますが、基本的には料金0円の非常に頼りになるサービスです。これもJTB旅カード JMB入会の大きなメリットのひとつですね。

KNTカードは旅行と普段のお買物がお得になる!

knt-card

KNTカードは、近畿日本ツーリストグループでポイント3倍=還元率1.5%になるほか、羽田・成田・関西・大阪空港それぞれのレストランが10%割引になるお得な旅行カードです。

さらに全国600箇所のホテルやレジャー施設の優待サービスも利用できるため、家族旅行の費用節約にも大いに役立ちますよ。

また普段の生活ではイオングループの特典が使えることも見逃せないメリットです。

いつでもポイント2倍や「お客さま感謝デー」、イオンシネマ割引といった優待で、旅行だけでなく日常のお買物もダブルでお得です!

スカイウォーカーカードは2種類の国際基準の電子マネー搭載!

スカイウォーカーカード

Skywalker Card(スカイウォーカーカード)は、以下2種類の国際基準の電子マネーが標準搭載されたクレジットカードです。

  • Visa payWave
  • MasterCardコンタクトレス

これらは国内未対応の電子マネーですので、どちらも海外利用が前提です。

電子マネーはサインレスで少額利用も可能、カードをかざすだけで清算できるという安全性から、海外では重宝する決済方法です。

国際基準の電子マネーは東京オリンピック開催に向けて対応が進んでおり、国内でも利用できる店舗は増えています。

スカイウォーカーカードはH.I.S.利用でポイント5倍!

Skywalker Card(スカイウォーカーカード)は大手旅行会社H.I.S.のカードですから、やはり旅行商品の利用が一番お得です。

ポイント5倍、還元率は2.5%、旅行限定だと他にはない超高還元率のカードになります。

また系列のエイチ・エス証券でも取引額に応じてポイントが貯まるという、旅行カードとしてはちょっと変わったメリットも。

その他「得タク」ステッカーが付いたタクシー利用でポイント4倍、成田空港の免税店5%オフといった実用的な特典も多彩です。

旅行向けカードといったら、やはり大手旅行会社発行のクレジットカードですよね。ツアーが割安になるほか、系列の企業や店舗でも特典が使えば旅行にかかる費用が節約できますよ。

JTB旅カード JMBはポイントもマイルも貯まるほか、ホームアシスタンスやカーライフのサポートサービスも完備。KNTカードは普段のお買物でもメリットがあります。

Skywalker Card(スカイウォーカーカード)は、エイチ・エス証券の利用でポイントが貯まるほか、国際基準の電子マネーを搭載。お得なのは同じですがそれぞれ個性的ですね。

鉄道旅行向けクレジットカードで国内旅行と気軽なお出かけがお得に!

次に鉄道を使った旅がお得になるクレジットカードをご紹介します。日帰り可能な国内の旅も、クレジットカード特典をフル活用してしっかり旅行費用を節約しましょう。

悠々自適!シニアの旅行に大人の休日倶楽部ミドルカード

大人の休日倶楽部ミドルカード

大人の休日倶楽部ミドルカードは、50歳以上の方しか申し込めないシニア向けのクレジットカードです。

それだけに、家族や夫婦連れにピッタリな小旅行やお出かけに使える特典やメリットがいっぱい。一部をご紹介するとこんな感じです。

  • 新幹線含むJR東日本とJR北海道の切符が何度でも5%割引
  • フリー切符やパスが割安価格
  • びゅう国内ツアーは同行者も5%割引
  • イベントや講座が割引き価格
  • 定期券購入やSuicaチャージは還元率1.5%

ただし割安チケットは需要が高いだけに、取り扱いには注意が必要です。

お得な割引き切符の購入や利用については一定のルールがあり、金券ショップへの転売は無論のこと、家族への譲渡すら認められていません。

正しい利用法については以下の記事に詳細が記載されていますので、是非ご確認ください。

大人の休日倶楽部ミドルカードで50歳からの旅行がもっとお得に!

ビューゴールドプラスカードは新幹線チケットが割安に!

ビューゴールドプラスカード

次にご紹介するのはビューゴールドプラスカードです。

ビューゴールドプラスカードは、クレジットカード機能・Suica電子マネー機能・定期券が一体になった鉄道万能型のクレジットカードです。

通常年会費1,030円のモバイルSuicaが当面無料で利用できるほか、以下のような特典を利用できます。

  • 新幹線チケットが割引価格で購入できる
  • 東京駅のビューゴールドラウンジを無料で利用できる
  • 初年度から毎年グリーン車券や豪華ギフト券のプレゼント

新幹線チケットなど鉄道切符が割引きになるのは、鉄道会社発行のクレジットカードならではの貴重な特典ですね。

なおグリーン車券やギフト券などから選べるプレゼントは人気の特典ですが、年間カード利用が100万円以上という条件付きになります。

鉄道利用がお得なクレジットカードは、国内の鉄道を使った小旅行や日帰り旅行にはピッタリですね。

50歳以上限定の大人の休日倶楽部ミドルカードには、鉄道利用以外にも楽しめる特典が豊富にあります。ビューゴールドプラスカードは多機能タイプで、通勤や出張、旅行がお得で快適になります。

空港サービスが自慢のクレジットカード!年会費無料でラウンジ利用!

旅行向けカード特典として人気なのが、空港関連の優待です。その実用性の高いサービスは、空の旅には欠かすことのできないものです。

そんな空港利用にメリットの多いクレジットカードをご紹介しましょう。

セントレアプレミアムカードは駐車場がお得!

セントレアプレミアムカード

自宅と空港の往復に車を利用する方にとって、空港駐車場は絶対に必要なものです。

中部国際空港セントレアのセントレアプレミアムカードに入会すると、空港駐車場の利用がとても便利でお得になります。

まず入会時とその後も毎年、必ずセントレア駐車場の無料サービス券が届きますが、これだけでカード年会費以上の値打ちがあります。

これ以外にも毎回駐車場が必ず割引きになる特典のほか、駐車場の予約も無料に!このためだけにカード入会する方がいるのも頷けますね。

ゴールドじゃないのにラウンジが使える唯一のカード

しかしセントレアプレミアムカードには、これ以外にも他のカードには見られない貴重な特典があります。

それがラウンジサービスです。セントレアプレミアムカード会員は、中部国際空港の「第2プレミアムラウンジ セントレア」が無料で利用できます。

ラウンジサービスが付帯するのは通常ゴールドカード以上ですから、これは空港提携カードならではの特典ですね。

因みにこのカードの上位には、セントレアゴールドカードがあります。年会費は高くなりますが、駐車場やラウンジなど付帯サービスがグレードアップするため、利用の多い方なら十分元が取れますよ。

なおこれに関してはこちらの記事で、両者の年会費やサービスの比較を是非ご参照ください。

セントレアプレミアムカードは中部国際空港の利用者にはイチ押し!

セントレアプレミアムカードは免税店で最大5%の還元率

セントレアプレミアムカードは空港内の施設利用もお得ですよ。

セントレア免税店では還元率最大5%、その他店舗でも最大2%(一部対象外)でお買物ができます。

なお中部国際空港以外でも、成田空港、羽田空港、那覇空港のMUFGカード加盟店なら、やはり最大還元率2%です。

また「セントレアまるわかりツアー ターミナルコース」や「セグウェイ・ガイドツアー」といった空港施設内のイベントも、セントレアプレミアムカードで決済すれば割安で参加できます。

中国のクレジットカード銀聯カードを追加で発行できる!

セントレアプレミアムカードは、中国のクレジットカード銀聯カードを追加発行できます。追加カードですので、請求や獲得ポイントはセントレアプレミアムカードに合算されます。

中国へよく行く方なら、セントレアプレミアムカードと銀聯カードの2枚使いが便利です。

発行手数料1,000円がかかりますが、5年間有効でその間の年会費は不要、更新時には再度発行手数料が必要です。

中部国際空港の利用者に、セントレアプレミアムカードは欠かせません。特に駐車場関連の特典はお値打ちですね。

他にもラウンジ利用や免税店などでのポイント優待など、空港関連サービスが充実しています。中部国際空港利用者限定ですが、セントレアプレミアムカードは一押しです。

海外旅行クレジットカードなら旅行がもっとお得で快適になります

海外旅行用にクレジットカードを作るなら、付帯保険や特典が充実したカードがおすすめです。

カード入会で得られるメリットは一般に考えられているよりも多大です。年会費も考慮の上、複数カードであなたにとってベストの組み合わせを選んでください。

NEW ENTRY

12
メニューを閉じる