ANA VISAカード/ANA VISA Suicaカード

マイルを貯めるならANASuica
低コストで効率よくマイルが貯まる!

【ビックカメラSuicaカード】最大11.5%還元の秘密

【ビックカメラSuicaカード】最大11.5%還元の秘密

ビックカメラSuicaカードをご存知ですか?

これはビックカメラで使えば、還元率がなんと最大11.5%にもなるクレジットカードです!今回はこの高還元の秘密に迫ります。

しかしこのカード、実はビックカメラ以外でもなかなかの実力派。2種類のポイントが貯まって合計還元率1.0%になるなど、どなたにとってもメリットの多い1枚です。

知れば知るほど魅力の多いこのビックカメラSuicaカード、是非とも詳細をご覧ください!

ビックカメラSuicaカードの魅力!使い方次第でドンドンおトク!

  • 年会費は実質無料!
  • Suicaチャージで1.5%還元
  • 海外・国内旅行保険が付帯
  • ビックカメラで最大11.5%還元!
  • 貯めたポイントはSuicaに交換可能

ビックカメラSuicaカードは、何と最大11.5%もポイントが貯まる大変お得なカードです。

ネットショップ以外でここまでポイントの貯まるカードは他にはありませんよ。でも肝心なのはその使い方。これからそれを詳しくご説明します!

ビックカメラSuicaカードは、決して一箇所だけでお得なクレジットカードではありません。どこで使っても還元率は1%以上で、しかも旅行に役立つ保険も充実していおり、かなり有能な1枚です。

ビックカメラSuicaカードは1%以上!いつでも高還元率!

このカードの名称を聞いて「ビックカメラで使う時だけお得なカードだな」と思った方も多いのでは?しかし実際は全くそうではないのです。

そこでこのビックカメラSuicaカードが、実はかなりの底力を持っているということを先ず最初にご説明しておきたいと思います。

年会費は実質0円!維持コストがかからない

先ずは年会費です。ビックカメラSuicaカードの年会費は極めて低価格ですが、簡単にクリアできる免除条件つきですので実質0円です!

■ビックカメラSuicaカード年会費は実質0円!

・年会費477円(税抜)
・初年度無料
・2年目以降は年間一度でもカードを使えば免除

一年に一度もカードを使わなかったというケースを除けば、ビックカメラSuicaカードに維持コストは一切かかりません。

還元率が基本1%!公共料金の支払いもおトク!

次に基本のポイントプログラムについてです。

ビックカメラSuicaカードには2種類のポイントが貯まります。

普段のスーパーの買物や公共料金の支払いでは、この両方のポイントが獲得できる仕組みになっています。

  • ビックポイント・・・・・・・0.5%還元
  • ビューサンクスポイント・・・0.5%還元

つまり合計で1.0%!これは一般的なクレジットカードの平均以上の還元率です。これなら食料品の買い出しや公共料金等の支払いにも積極的に使えますね。

ビューカードにはいろんな種類がありますが、基本の還元率は0.5%というのが一般的。

ビックカメラSuicaカードのビックポイント0.5%上乗せは、大変貴重な特典なんですよ。

海外旅行保険と国内旅行保険がついてくる!

ビックカメラSuicaカードは、実は付帯保険も充実しています。

海外旅行傷害保険は自動付帯です。このように補償額はやや低めですが、傷害治療と疾病治療がついています。これならサブカードの付帯保険として十分に役立つでしょう。

■ビックカメラSuicaカード海外旅行傷害保険

・死亡、後遺障害 最高500万円
・傷害治療 最高50万円
・疾病治療 最高50万円

手厚い国内旅行傷害保険も付帯!

更に国内旅行傷害保険までついており、その内容は通院にまで補償のつく充実ぶりです。

こちらは利用付帯ですので、乗車券等料金やツアー代金をビックカメラSuicaカードで支払った場合のみ適用されます。

■ビックカメラSuicaカード国内旅行傷害保険

・死亡 1,000万円
・後遺障害 40万円~1,000万円
・入院 1日につき3,000円
・手術 入院保険金日額の5〜10倍
・通院 1日につき2,000円

ビックカメラSuicaカードって、ありきたりな家電量販店のハウスカードだと期待してなかったんですが、内容を見ると相当な実力派で驚きました!

通常利用で還元率1%なら、普段ビックカメラを使わない方にもメリットがあるんじゃないでしょうか?

確かに!しかも年会費は実質0円なのに、充実した海外旅行保険と国内旅行保険までついてきます。これで標準還元率1%ですから上等のクレジットカードですね。

でもこのカードが本当に実力を発揮するのは、やっぱりビックカメラで使ったときでしょう。何と言ってもポイントの貯まり具合が全く違います!

ビックカメラSuicaカード最大11.5%還元の秘策

ビックカメラSuicaカードは、通常利用でも還元率1%をキープするということが分かりました。でも一番お得なのは、やっぱりビックカメラでの利用時なのです。

次にどんな使い方で最大還元率11.5%が実現するのか、順を追ってご説明しましょう。

ビックカメラ・コジマでは常に10%還元!

ビックカメラSuicaカードを使うと、ビックカメラやコジマでは利用額に対して10%分のポイントが貯まります。

でもこれだと、ビックカメラのポイントカード「ビックポイントカード」と変わりません。ビックカメラでは、ポイントカードを提示して現金決済しても、ちゃんと10%分のビックポイントが貯まるようになっています。

ならば「敢えてビックカメラSuicaカードで決済する意味ってあるの?」という疑問が湧いて当然ですよね。

Suica支払いでポイント二重取りが可能!

勿論ビックカメラSuicaカードで決済する意味はありますよ!そのままでも十分高い10%ですが、実はこのカードを使うとポイント二重取りが可能になるのです。

その方法とは、電子マネーSuica支払いにすることです。以下その手順をご覧ください。

①Suicaにクレジットチャージする・・・1.5%(ビューサンクスポイント)
②ビックカメラでSuicaで支払う・・・・10%(ビックポイント)

付与されるポイントの種類は異なりますが、このようにちゃんと合計で11.5%分のポイントが貯まります!

1.5%アップというのは大きいですから、ビックカメラで使うなら絶対にSuica決済がおすすめですね!

ビックカメラは通常カード決済だと8%還元

他にもうひとつ、ビックカメラSuicaカードを使う大きな意味があります。実はビックカメラでは、一般的なクレジットカードで決済した場合、還元率が8%までダウンしてしまうのです。

「ビックカメラは現金払いの方が還元率が高い!?」
・現金払い:10%
・普通のクレジットカードで決済:8%

カード払いで10%還元になるのはビックカメラ提携の一部カードだけ。

ビックカメラSuicaカードはビックカメラでは特別扱いですので、ビックカメラをよく利用する方は、持つ意味は大きいですね!

以下ビックカメラでの決済方法を、ビックポイント付与率の高さの順に並べてみました。

■ビックポイント付与率の順位
ビックカメラSuicaカード = 現金決済 > 一般的なクレジットカード

更にこれに加えてSuicaチャージ分のビューサンクスポイント1.5%の上乗せがあるため、結果的にはビックカメラSuicaカードがダントツにおトクだということになります。

オートチャージならSuica利用で1.5%還元!

先にご案内した通り、ビックカメラSuicaカードは、Suicaのチャージに利用すると還元率が1.5%になります。

ビックカメラSuicaカードをお財布に入れておけば、改札もタッチでスイスイ通過できます。でもSuicaが残高不足では通れません。

それにビックカメラでもSuicaを使うとなると、チャージしてもすぐに底をついてしまうでしょう。そこでおすすめなのがSuicaのオートチャージです。

入会時に「オートチャージサービス利用」にチェックを入れて申し込むと、「残高が1,000円以下になると3,000円オートチャージ」に設定されたビックカメラSuicaカードがお手元に届きます。

これなら残高の心配は無用!ビックカメラから帰りの改札もスムーズに通れますよ。

SuicaオートチャージはVIEW ALTTEで自由に設定!

設定金額の変更や解除をしたい場合は、駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)をご利用ください。

「VIEW ALTTE」はこのような形状のATMで、JR東日本エリアの駅改札・構内でよく見かけますよね。

VIEW ALTTE画像

JR東日本エリア以外にも、札幌駅や紀ノ国屋インターナショナルなどに「VIEW ALTTE」は設置されています。

特に以下ビックカメラ店内の「VIEW ALTTE」は、オートチャージの設定にはもってこいですので、是非ご活用ください。

  • ビックカメラ赤坂見附駅店
  • ビックカメラ名古屋駅西店
  • ビックカメラ天神 2号館

「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)では、このようにオートチャージの金額を、あなたのお好みに自由に設定・変更できますよ。

「残高が①円以下になると②円チャージ」
①=実行判定金額 ②=入金実行金額
①②いずれも1,000円以上10,000円以下、1,000円単位で設定できる
やはりビックカメラSuicaカードは、ビックカメラで使うとポイント獲得数がダントツですね。

コツはSuicaにクレジットチャージしてそれで支払うことです。これで合計11.5%という高還元に。他のカードだとこうはいきませんよ。ビックカメラでの支払いにはこのカードしかない!と言っても過言ではありません。

ビックカメラSuicaカードならポイントが最大限に活用できる!

ビックカメラでの高還元率も、カードに搭載されたSuicaを使うことでよりポイントアップできることが分かりました。

でもビックカメラSuicaカードの便利さはこれだけじゃありません。次はさらなるカード活用術をご紹介します!

2種類のポイントを有効活用しよう!

ビックカメラでの還元率は11.5%ですから、大きな買物をすればかなりのポイントが獲得できるはず。でもポイントは貯める一方では意味がありません。

せっかく貯めたポイントですから、是非とも有効活用したいものです。

そこでビックカメラSuicaカードで貯まるポイントの内訳を見ると、以下2種類が混在したまま。さて、これを一体どう使いこなせばいいのでしょうか?

  • ビックポイント
  • ビューサンクスポイント

ビックポイントはSuicaに交換できる!

普通はビックポイントはビックカメラで使い、ビューサンクスポイントはSuicaに交換・・・これが順当な使い方でしょう。

これでもいいのですが、実はビックカメラSuicaカードならこんなことも可能なんですよ。

ビックポイントはSuicaに交換している説明画像

ビックカメラのビックポイントは、このようにスムーズにSuicaへ移行できるのです。

毎日のお買い物や公共料金の支払いで貯まる0.5%分のビックポイントも、Suicaに交換するという使い道があります。これならビックカメラへ行かなくてもポイントを有効活用できますね。

ビューサンクスポイントはビックポイントに交換できる!

またビューサンクスポイントをビックポイントに交換することも可能ですよ。実はこれができるのはビックカメラSuicaカードだけ。これもこのカードの特典です。

ビューサンクスポイントをビックポイントに交換する際のレート画像

このようにビックカメラで使いたい時はビックポイントに、電車やバスに乗りたいならSuicaへと、目的に応じて交換は自由自在です!

ポイントを沢山保有していても使い勝手が悪くては困りますが、ビックカメラSuicaカードなら利用先に悩むことはありませんね。

交換レートを参考にポイントの有効活用を!

以下にそれぞれの交換レートを表にまとめましたので、ご参照ください。

交換元 交換先
ビックポイント(1500ポイント)→ Suica(1000円相当)
ビューサンクスポイント(400ポイント)→ Suica(1000円相当)
ビューサンクスポイント(400ポイント)→ ビックポイント(1000ポイント)

ビックポイントは利用すると有効期限が2年延長される

ポイントには有効期限があります。特にビックカメラSuicaカードには2種類のポイントを扱いますから、有効期限切れによる失効切れにはくれぐれもご用心を。

以下各ポイントの有効期限です。

  • ビューサンクスポイント:獲得月から24ヶ月後の月末
  • ビックポイント:最終利用から2年間有効

ビックポイントの場合は、加算しても利用しても有効期限が2年延長されることにご注目ください。

これを利用すれば、ビューサンクスポイントの有効期限が切れる直前にビックポイントへ移行することで、ポイント失効を防ぐことができます。

またビューサンクスポイントは、Suica以外にもSuicaペンギングッズや各種プレゼント、商品券、クーポン券などとも交換可能です。

ポイントの使い道が色々とあって有効活用しやすいことも、ビックカメラSuicaカードの大きな特徴ですね。

ビックカメラSuicaカードはApple Payが利用できる!

ビックカメラSuicaカードは、今話題のApple Pay(アップルペイ)が利用できますが、Apple Pay(アップルペイ)を利用する際に注意点があります。

その注意点とは、ビックカメラ店頭でビックカメラSuicaカードをApple Pay(アップルペイ)で利用すると、還元率が2%下がる事です。

先にご案内した通り、ビックカメラSuicaカードはビックカメラ店頭で利用すると、還元率は10%、他のクレジットカードを利用すると還元率は8%となります。

Apple Pay(アップルペイ)で決済した場合、電子マネーでの支払い扱いとなり、ビックカメラSuicaカードで決済しているとは認識されず、還元率が8%となるのです。

ビックポイントはビックカメラで使ってもいいのですが、Suicaへ交換という方法もあります。またSuica利用で貯めたビューサンクスポイントを、ビックポイントに交換することもできます。

2種類のポイントを扱うのはちょっと面倒かもしれませんが、上手に使いこなせばポイント失効を防ぐこともできて便利ですよ。

ビックカメラSuicaカードの基本情報

ビックカメラSuicaカード

以下はビックカメラSuicaカードの基本情報です。このカードは通常のビューカードと違って、家族カードが作れないことにご注意ください。

カード情報 内容
年会費 477円(税抜)初年度無料、2年目以降免除あり
申込資格 18歳以上
家族カード
ETCカード 発行可能 477円(税抜)
海外旅行傷害保険 最高500万円 自動付帯
国内旅行傷害保険 最高1,000万円 利用付帯
その他付帯保険
電子マネー Suica
還元率 1.0%~11.5%
ビックカメラSuicaカードは、海外・国内旅行保険つきで基本の還元率も高く、非常にバランスの良いクレジットカードだと言えます。

しかも交通系電子マネーSuica搭載で、ビックカメラで貯めたポイントをSuicaへ移行できるなど、極めて利用価値の高いカードですよ。

ビックカメラSuicaカードで買物も交通もより便利でおトクに!

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラなどで貯めたポイントをSuicaへ移行できる、とても使い勝手の良いクレジットカードです。

ビックカメラでは最大11.5%還元ですから、どなたも短期間で大量のポイントを貯めることができるでしょう。還元率を上げるには電子マネーSuicaの利用がコツですので、オートチャージの設定をおすすめします。

メニューを閉じる