NTTドコモ「dカード GOLD」

ローソンで還元率5%の高還元!
最高1億の旅行保険dカードGOLD

もはや現金不要?100%クレジットカード生活は夢じゃない?!

もはや現金不要?100%クレジットカード生活は夢じゃない?!

クレジットカードが普及してもう何十年も経つ日本。もはやクレジットカードが対応していないお店の方が珍しい位ですよね。

こんな日本だからこそ、クレジット決済に慣れた人なら一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか。

現金を持たずにカードだけ持ち歩く生活。

これが実現できるとすれば財布がとーっても軽くて便利ですよね。でも現実は現金とカードを両方持ち歩く人ばかりです。クレジットカードだけを持ち歩いて生活することはできないんでしょうか?

今回は100%カード生活ができるかどうか、色々な角度から考えてみましょう!

買い物はカードで充分!現金の出番なし!?

冒頭でも書きましたが、日本では今はほとんどのお店がクレジットカードに対応していますよね。

日常の買い物は全てクレジットカードオンリーでいけそうですが、実際のところはどうでしょうか?

コンビニ、スーパーではほぼ100%いける!

コンビニやスーパー、デパートは今やほぼ100%と言ってもいいくらいクレジットカードが普及していますよね。

日本では「○円以上でなければカード使用不可」という規制がほとんどないので、数百円の買い物でもカード決済が可能です。

このため、日常の衣服や食品などの買い物はほぼクレジットカードで事足りるでしょう。

ただし、一部のディスカウントストアのチェーン店などでは、クレジットカードが使えないお店もあります。

また、チェーン店ではない個人商店などの小さいお店の場合には、クレジットカードに対応していない場合が多くあります。

日常の買い物については、個人商店やカード不可のディスカウントショップなどを除けば、100%カード決済ができますね。

ローソンで還元率5%の高還元!dカード GOLD!

コンビニでよくローソンを利用する方は、ローソンで5%の高還元を誇るdカード GOLDが最適ですね。

dカード GOLDはローソンで利用すると、決済で1%、特約店ポイントで1%、更にdカード決済特典で3%OFFとなり、合計で5%の還元率となります。

また、中部電力を利用している方にもdカード GOLDは最適です。中部電力はdカード特約店ですから、決済ポイント1%+特約ポイント1%で、2%の高還元となります。

中部電力を利用している方なら、電気料金をdカード GOLDで支払う手続きを一度してしまえば、後は何もしなくても毎月電気料金の2%分のポイントが貯まってお得ですね。

dカード GOLDは同行する家族も補償される海外旅行保険や、空港ラウンジ無料など、サービス内容も充実しています。

dカードゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
また、ドコモ料金が10%還元されますので、ドコモユーザーの方はポイントのみで年会費の元が取れます。ドコモユーザーの方にとっては最強のクレジットカードですよ。

通販もカード決済可能が基本でOK

通信販売の決済方法と言えば、口座振込み、代引きなどがありますが、現在の主流はやはりクレジットカード決済ですよね。

カタログにしろ、テレビにしろ、ネットにしろ、通販の手段に問わず、決済方法はほとんどカード決済が可能になっています。

一部の小さい会社だと、カード決済不可の場合もありますが、その会社での買い物を避けても、大抵別のお店で同じ商品が購入できます。

家から出ない買い物の場合でも、カード決済で100%まかなえそうです。

自動販売機は小銭が基本?カードは使える?

外出先で喉が渇いたら、お店がなければ道端の自動販売機に頼ることになります。さて購入にはカードが使えるでしょうか。

ほとんどの自動販売機は現金購入しかできませんよね。残念、カード100%生活は難しそうです。

しかし、自動販売機でもカード100%生活がそろそろ夢じゃありません。

というのは、自動販売機も最近は電子マネーやクイックペイに対応したものがドンドン出てきているからなんですね。

電子マネーと同じようにかざすだけで決済できるクイックペイなら、自動販売機で現金なしで決済ができます。

自動販売機でカード決済するには、カードと自動販売機の両方がクイックペイに対応していることが必要にはなります。

ですが、クイックペイは今、広がりつつある技術なので、自動販売機もまだまだ少ないですが、これからどんどん普及していくでしょう。

クイックペイに対応した自動販売機が増えれば、道端での水分補給も現金不要になりますね!

食事の決済はお店による?カード決済を断られるケースも

飲食店は個人経営のお店も多いので、スーパーなどに比べるとカード決済に対応していないお店が目立ちます。

チェーン店ではカード対応しているお店が多いものの、激安を謡う飲食店チェーンでは、カード不可のお店も少なくありません。

また、カードに対応しているにも関わらず、支払いの金額や時間帯によってはカード決済を断られるケースもあるようです。

支払い料金に関しては、カード決済をするとお店側がクレジットカード会社に手数料を取られることが関係しています。

支払い金額が安すぎると手数料と利益率が見合わないので、小額ではカード決済をして欲しくないんですね。

また、時間帯によって、というのは混雑する時間帯では手間と時間がかかるカード決済は迷惑だから、という理由があるようです。

このようにカード決済に対応していなかったり、カード決済を断られるケースがあるとはいえ、それがものすごく多いという訳ではありません。

断られる場合を除き、カード可のお店を選びさえすれば、外食もカード生活は無理ではなさそうです。

交通機関は会社によってカードが無理!

生活をするとなると必ず必要になるのが、移動です。そしてそれにかかるお金ですよね。

車で移動の場合は、ガソリンスタンドはカード決済が可能ですから問題ありません。

では、公共交通機関はどうでしょうか?もしも移動するのにカード決済ができなければ、カード100%生活は絶望的です。

公共交通機関でのカード事情を考えてみましょう。

電車ならカード生活ができる

電車は自動券売機で購入する場合、定期券、切符に関わらずほとんどの場合、クレジットカードが使えるようになっています。

ただし、鉄道会社によっては自社クレジットカードしか対応していない場合もあるので、その場合はカードの追加が必要ですね。

ICカード利用の場合は、現金でのチャージが多いですが、一部はクレジットカードに対応しているものもあります。

ただし残念ながらICカードのクレジットカードでのチャージは、自社クレジットカードに限られる場合が多いようです。

クレジットカードの枚数が増える可能性はありますが、電車でのカードのみでの支払いは比較的容易ですね。

バスはカード決済が無理?!

残念ながら、地域を走る路線バスはクレジットカードに対応していない場合がほとんどです。

バス会社によっては、バス専用のプリペイドカード(バスカード)やICカードに対応している場合もあります。

そういったバスカード等に対応した会社であれば、バスカードの購入、ICカードのチャージでクレジットカード決済をすることは可能です。

チャージなどにクレジットカードを利用すれば、間接的ではありますが、カード決済ができ、現金を使わずに済みます。

ただし、こういったICカードなどに対応したバスはまだまだ普及していない状態です。定期券の購入すら、残念ながらクレジットカードが対応していない場合もあります。

バスを利用する場合には、ほとんどの人が現金を持ち歩かざるを得ないでしょう。

タクシーではクレジットカードはあまり歓迎されない

タクシーでのクレジットカード払いはもちろん可能です。しかし、地域や会社によって対応していない所も多々あります。

そして、クレジットカード決済には時間がかかるために、カード決済を渋られる、断られるという場合も多くあるようです。

一部のタクシー会社ではクレジットカードの手数料をドライバーに負担させるために、カード決済を断るケースも多いようです。

タクシーでカード決済をしたい場合は、次の点に注意して呼びましょう。

  • カード決済可能な会社かどうか
  • カード決済可能な車両を呼んでくれるかどうか

クレジットカードに対応している会社かどうかの確認はもちろんですが、全車両がカード決済に対応しているとも限りません。

呼ぶときにカード決済可能な車両を手配してもらうように伝えておくと、間違いないでしょう。

カード決済ができないタクシー会社も多いので、流しのタクシーを呼び止める場合は現金が必要になる場合もあります。

しかし、タクシー会社に連絡して乗る場合にはカード決済のみでタクシーに乗ることは決して不可能ではありません。

飛行機・フェリーはほとんどカード決済可能

飛行機のチケットの購入は、クレジットカードでの決済が可能です。

旅行代理店などで購入する場合、よっぽどその代理店が小さいなどの理由がなければ、飛行機でのカード決済は問題ないでしょう。

フェリーや高速船などのチケットに関しては、やや会社によってクレジット決済ができない場合もあります。

交通の手段としての船ではなく、観光のための遊覧船などではクレジット決済ができない場合も多くあるでしょう。

遊覧船等を除けば、フェリーなどのチケットはクレジット決済は可能な場合が多いので、現金が必要になる場面は少なそうです。

人付き合いには現金がつきもの?カードが使いにくい!

さて、買い物や移動といったお金の動きは、1人でやる作業が多いですが、次に考えてみたいのは人付き合いです。

交際費は何かとお金がかかるものですよね。それがカード払いでまとめられたら楽なんですが、できるでしょうか?

飲み会などのワリカンでカードが使えない!

人付き合いでよくある現金が必要になるケースが、飲み会や食事会での支払いですよね。

飲み会の会費にしろ、食事代をワリカンにするにしろ、お金を渡すのはお店の人ではなく、幹事になるので現金が必要になります。

残念ながらカードの出番なし…と思いきや、カード決済で済ませる方法があります。

それは、自分のカードでみんなの料金をまとめて支払い、ワリカンの料金をみんなから受け取る、という方法です。

ちょっと強引ですが、これならカード決済が可能です。

しかし残念なことに、カード決済をした後に、ワリカンの料金を現金で他の人から受け取ることになります。

自分は現金を出さなくてもいいけど、その後で現金を持ち歩かないといけません。現金は全く持たない、というのは難しそうです。

冠婚葬祭にまつわるお金はカードNG

どうやっても現金を使わざるを得ないのが、冠婚葬祭にまつわるお金です。

結婚式やお葬式自体の料金の支払いではなく、参加するときのお金です。つまり、お祝儀や香典ですね。

出産祝いや還暦など、必ずしも現金を贈るわけではないお祝い事は別ですが、お祝儀袋等に入れるお金はカードでは払えません。

お祝いに現金ではなく、商品券などを代用する場合もありますが、お祝儀や香典に商品券は一般的ではありません。

冠婚葬祭に包むお金は現金以外は使えませんので、残念ながらカードの出番はありません。諦めましょう。

人付き合いをしない訳にはいかないから現金が必要

飲み会の会費や食事代のワリカン、冠婚葬祭に包むお金は全て人付き合いがあるからこそ発生するものです。

1人でずっと過ごすのであれば、これらのお金は必要ありませんし、カード決済のみで過ごすことの難易度も下がります。

とはいえ、人間は1人で過ごすことはできないので、人付き合いは必ず発生します。

人付き合いをする限りは現金を一切持ち歩かない、銀行から下ろさない、という生活は難しいようですね。

残念!まだまだカード不可なシーンは多い

人付き合いのシーンでカード決済が難しいことは判りましたが、実はまだまだクレジットカードが使いにくいシーンは沢山あります。

使えない・使いにくいシーンを確認してみましょう。

病院・動物病院は大きいところしかカード不可

少し前まではほとんどの病院でカード決済ができませんでした。近年では少しずつ普及してきて、大きな病院ではカードが使えるようです。

人間向けの病院であれば、総合病院などはカード対応の病院が多いですが、個人病院ではまだまだ対応していない所が多いです。

また、動物病院も小さな病院や個人病院が多いので、カード決済に対応していない病院の方が圧倒的に多いようです。

大きな病院でも対応していない所はまだあるので、病院のことを考えると小額の現金は持ち歩いた方が良さそうです。

屋台はカード不可・普及の見通しもなし

お祭りなどで出ている屋台では、クレジットカードは使えません。

福岡のラーメン屋台のようなところでも、カードが使えないのが普通です。というかカード対応の屋台を聞いたことがありません。

どんなにクレジットカードが普及しても、屋台は代金が数百円単位なので手数料を考えると、屋台にはカードの導入は難しいでしょう。

お祭りなどの屋台に行く場合には、現金を持ち歩く必要がありますね。

どうあってもカード決済だけにしたい、という場合は屋台には行くな!という実もフタもない解決方法しか現在はないようです。

ゲームセンターやパチスロなどの娯楽施設はカード不可?

ちょっとした娯楽にゲームセンターやパチンコ・スロットなどの施設を利用する人は多いですよね。

ですがこれらの娯楽施設、実はクレジットカードが使えない場合がほとんどです。

ギャンブル的な要素がある施設だけに、お金を使いすぎないようにとの配慮なのかはわかりません。

浪費の心配であれば、よっぽど競馬や競輪の支払いでカードが使えなくても良さそうですが、これらはカード決済が一部可能です。

パチンコではデビットカード対応のATMを設置している場合もあるようですが、クレジットカードは使えません。

ゲームセンターでは近年、一部クレジットカード利用を解禁したところもあるようですが、その他はほとんど現金払いです。

娯楽施設では、クレジットカード払いはまだまだ難しいみたいですね。

まだまだ辛い?工夫次第で可能?100%カード生活の夢

カード払いができる場面、できない場面を見ていかがでしたか?

こうみると、クレジットカードがかなり普及している日本でも、日常生活全てをカードで済ませるのは難しそうですね。

人付き合いを除けば、カード決済のみで生活するのは娯楽や病院を除けば、難易度は高くありません。

人付き合いが関わる場合でも、冠婚葬祭を除いた日常でのシーンであれば、努力すればカードのみで支払いはできそうです。

ですが、まだまだ現金が活躍し、現金払いの方がスムーズな場面が多い日本。

100%クレジットカード生活をするには、面倒ごとが増えて、ちょっぴり…いえ、とっても辛そうですね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断