セディナゴールドカード

セディナプラチナ会員になるには
まずはセディナゴールドカードから

【セディナプラチナカード】満足度の高い招待制ステータスカード

【セディナプラチナカード】満足度の高い招待制ステータスカード

セディナの最上級カード、セディナプラチナカードをご紹介します。

これは招待(インビテーション)制のカードですので、どなたでも持てる訳ではありません。しかし詳細を調べてみると、案外手の届きやすいステータスカードだということが分かります。

最高クラスのクレジットカードの中身って、ちょっと気になりませんか?そこで分かる範囲内で、セディナプラチナカードの入手法や特典をご紹介したいと思います。

セディナプラチナカードの魅力!満足度の高いステータスカード!

  • 限られた会員だけに届く招待状
  • サンクスクリスマスは最大3万ポイント!
  • キティデザインのプラチナはセディナだけ
  • 24時間365日使えるコンシェルジュサービス
  • 20万店舗の有名レストランや施設の優待が利用可能
  • 最高レベルの旅行保険が付帯!
  • プライオリティパスが無料

セディナプラチナカードは、招待を受けた会員だけが申込める最上級のステータスカードです。プラチナとしてはお値打ち価格ですが、その付帯サービスは最高クラス。さて、その気になる内容とは・・・?

セディナプラチナカードはセディナ最上級のカード

セディナプラチナカードは、限られた人しか持てないステータスカード。セディナの最高ランクに位置付けられ、招待状を受け取った人だけが申込めるようになっています。

クレジットカードもゴールドまでならよく知られていますが、それより上のクラスになると保有者も少なく、プラチナカードとは一体どんなものなのか全く知らないという方も多いようです。

そこで少しだけ、プラチナカード全般についてご説明しておきます。

一般的にプラチナと呼ばれるのはゴールドのワンランク上で、商品ラインナップの中では最上級に位置付けられることの多いカードです。

セディナプラチナカードも、セディナの数あるカードの中では最高ランクに位置します。

ところでこのカード券面の色はブラックですが、ここでクレジットカードのカラーについても少しご説明をしておきましょう。

セディナプラチナカードは招待制なので利用者は限定されますが、ゴールド以上の優待や特典はどなたも満足できる内容です。

但し年会費もそれなりですから、招待状が届いた場合も、特典内容をよく検討した上で入会を決めるようにしてくださいね。

セディナプラチナカードは意外とコスパ良好?気になるサービス内容

念願のインビテーションですが、現在発行されているプラチナカードの中には年会費が高額なものもあるため、中には入会を見送る方も多いそうです。

セディナプラチナカードの年会費はそれほど高額ではありませんが、それでもゴールドの5倍の価格。やはり金額に見合ったメリットが得られるかどうか、じっくり考えてから入会を決めた方がいいですよね。

そこで入会時の参考になるよう、セディナプラチナカードの特典や優待をご紹介いたしましょう。

基本のポイント優待はゴールドと全く同じ

セディナカードは、ポイント3倍になる対象ショッピングセンターが多いクレジットカードです。

ダイエーやイトーヨーカドーなどの提携店では何時でもポイント3倍ですので、日々のお買物には欠かせません。

勿論セディナプラチナカードも、セディナカードクラシックやセディナゴールドカード同様、このお得なポイント優待は健在です。

最上位カードになってもポイントの貯まり具合は上々ですよ。

サンクスクリスマスポイントの上限が更にアップ!

またセディナにはゴールド・プラチナ限定の特典として、年間利用に応じてボーナスポイントが加算されるサービスがあります。

これはサンクスクリスマスポイントという特典で、セディナゴールドカードの場合、利用額に応じて最大6,000ポイントがプレゼントされます。

これがセディナプラチナカードになると、最大30,000ポイントと上限が大幅アップ。以下ゴールドカードとの比較表をご覧ください。

カードの種類 サンクスクリスマス
ポイント
サンクスクリスマス
プレゼント
セディナゴールドカード 最大6,000ポイント
セディナゴールドカード
ハローキティ
ハローキティオリジナルグッズ
セディナプラチナカード 最大30,000ポイント
セディナプラチナカード
ハローキティ
最大27,000ポイント ハローキティオリジナルグッズ

ハローキティデザインのカードはサービス内容が少々異なり、プラチナの場合ポイントの他にオリジナルグッズもプレゼントされます。なおこのプレゼントは、ゴールドもプラチナも150万円以上の利用が条件です。

セディナプラチナカード ハローキティについては、次で詳しくご紹介しましょう。

プラチナ初!ハローキティデザインはセディナだけ

セディナプラチナカードカードハローキティデザイン

セディナゴールドカードには通常タイプの他にハローキティデザインがありますが、セディナプラチナカードでもキティちゃんを選べます。

セディナプラチナカード ハローキティは、プラチナカード初のキャラクターデザインカードです。

キャラクター付きゴールドカードなら他からも出ていますが、プラチナは正真正銘セディナだけ。

プラチナとハローキティという、どちらも希少価値の組み合わせが嬉しいですよね。

但し先ほどご説明した通り、サンクスクリスマスポイントについては、通常タイプとのサービス内容に差があることにご注意ください。

ポイント獲得を重視するなら通常タイプがおすすめですが、プラチナのキティちゃんには大きな魅力がありますね。

サンリオピューロランドのVIPルームが使える!

さて、ここからはサンリオファンの方向けの耳寄り情報です。

ハローキティデザインのカードが発行されていることからも分かるように、セディナカードはサンリオと提携しており、一部カードでは関連特典が利用できます。

ハローキティデザインのセディナカードは、サンリオピューロランドの特典対象となる貴重なクレジットカードなのです。

中でもセディナプラチナカード会員になると、サンリオピューロランド最上級の特典が利用できます。

それはサンリオピューロランド内「館のレストラン」のVIPルームが使えることです。これはお金では買えない貴重な体験になりますよ。

年1回という制限付きで数週間以上前からの予約が必要ですが、キャラクターとの記念撮影や優先的にパレード観覧できる特典もついており、素晴らしい思い出になること間違いありません。

サンリオピューロランドのエントランスショップが8%OFF

その他にも、サンリオピューロランドの3Fエントランスショップが8%OFFで利用できたり、4Fのランチバイキングレストランを優待価格で利用できるチケットも利用できます。

サンリオピューロランド内の優待チケットは、会員専用のWebページから印刷して利用頂けますよ。

チケットを利用するにはセディナプラチナカードで決済する必要がありますので、サンリオピューロランドにお出かけの際、セディナプラチナカードを忘れないでくださいね。

キティちゃん大好きでサンリオピューロランドによく行くという方なら、セディナプラチナカードを狙う意味は大きいですね!

プレミアムクラブオフにも割引優待が多数!

また「プレミアムクラブオフ」が使えることも、セディナプラチナカード会員の特典です。

プレミアムクラブオフ(Plemiun Club Off)は、ゴールドカード以上の会員限定優待サイトで、レストランやホテルなど20万以上の店舗で割引などの優待が受けられるサービスです。

ここでもサンリオピューロランドの割引入場券・金券・クーポンが手に入りますから、サンリオファンの方は是非登録をお忘れなく。

これ以外にもおトクなプランが一杯見つかりますので、家族旅行やお出かけ時に使いこなせば、相当額の費用を節約できるでしょう。

24時間365日対応のコンシェルジュサービス

またセディナプラチナカードは、家族旅行やお出かけの準備段階から活躍します。

それは24時間365日対応のコンシェルジュサービスが使えるからです。

これがあれば、面倒なレストランの予約やホテルの手配も電話一本でOKです。忙しい方や手続きが苦手という方も、電話で要望を伝えるだけでサクッと手続き完了!

プラチナクラスになると、こんな便利で快適なサービスが使えるようになります。

充実の最高クラスの旅行保険が付帯

また旅行に欠かせないのが旅行傷害保険ですが、セディナプラチナカードには非常に手厚い保険が付帯します。

その最高補償額は、国内旅行・海外旅行いずれも1億円!

これはクレジットカードの付帯保険としては最高レベルです。家族会員も補償対象となるため、家族旅行も安心ですね。

また年間補償限度額が500万円のショッピング保険も付帯しますので、旅先のお土産の破損や盗難にも補償が下ります。

空港ラウンジサービスは同伴者1名までが無料に

セディナプラチナカードがあれば、空の旅も快適ですよ。

国内28空港のラウンジが無料で利用できる空港ラウンジサービスは、同伴者1名までが無料となります。

本会員と家族会員はそれぞれのカードで入室できますから、この場合の同伴者はカードを持っていない人のことです。

セディナプラチナカードがあれば、お見送りの方も一緒にラウンジで快適な時間を過ごすことができますね。

プライオリティ・パスに無料登録できる

しかし空港ラウンジが無料で使用できるのは、ゴールド以上のカードには必ず付帯するありきたりなサービスですから、同伴者1名無料と聞いてもさほど有難味は感じられないかもしれません。

しかし「プライオリティ・パス」は、そんじょそこらのカードでは決して手に入らない貴重な特典です。

セディナプラチナカード会員になると、世界500以上の都市で1000ヵ所以上の特別ラウンジを無料で使えるプライオリティ・パスに無料で登録できますよ。

プライオリティ・パスの年会費は399米ドル=日本円にして45,274円(2017.3.16レート)ですので、実はこれだけでもセディナプラチナカードの年会費の元は取れてしまいます。

そのほか旅行の予約におトクな特典もありますので、セディナプラチナカードは旅行好きの方にとっても極めてコストパフォーマンスの良いクレジットカードだと言えるでしょう。

セディナプラチナカードは唯一のキティデザインのプラチナカードで、サンクスクリスマスプレゼントとしてオリジナルグッズも貰えます。

便利なコンシェルジェサービスや手厚い旅行保険、またプライオリティ・パスが使えることなど、セディナプラチナカードのコスパは極めて良好ですよ。

セディナプラチナカードには3万円の年会費に見合う価値があるの?

さて、ここまでセディナプラチナカードの多彩なメリットを一気にご紹介してきましたが、あなたはこのカードに年会費相応の価値を見出せたでしょうか?

最後にセディナプラチナカードについての情報を、もう少しだけ付け加えておきましょう。

家族カードが無料!ゴールドよりおトク?

クレジットカードの値打ちは、利用する人のライフスタイルや考え方にも影響されるため、一律な判断は難しいところがあります。

しかしセディナプラチナカードには、ワンランク下のセディナゴールドカードに比べて、誰が見ても明らかにおトクだというところがあります。

それは家族カードの年会費です。

【家族カードの年会費】

セディナゴールドカード・・・1,000円
セディナプラチナカード・・・無料

セディナプラチナカード本会員の年会費はゴールドの5倍になりますが、家族カードは何故か1,000円から0円へと値下がりするのです。

ご家族の多い方なら、ゴールドからプラチナにランクアップすることで、家族カード分のコストが一気に無料に!

家族カードを持っていれば旅行保険も本会員と変わりなく適用されますから、旅行費用の節約にもつながるでしょう。

複数の家族カードを作る予定のある方なら、セディナプラチナカードはおすすめですよ。

お値打ち年会費のプラチナとしておすすめ!

でもプラチナクラスともなると、保有しているだけで社会的信用や個人的な満足感を得られるので、少々のコストは気にしないという考え方もあります。

ゴールドカードは珍しくなくなりましたが、プラチナカードの保有者の数はまだ少なく、人とちょっと差をつけたいという方にはもってこいのアイテムですよね。

年会費の高さだって、そのためと思えば許容範囲内です。

しかしセディナプラチナカードの年会費は、スタンダードタイプに比べれば高いですが、他社のプラチナに比べればお値打ち価格。セディナプラチナカードは、なかなかコストパフォーマンスの良いステータスカードです。

セディナプラチナカードは、家族カード年会費が無料というメリットがあります。下位のゴールドなら1,000円ですから、家族の多い方はプラチナに入会すれば少なくとも家族分の年会費が節約できます。

セディナプラチナカードは全体的にコストパフォーマンスが良く使い勝手のいいカードなので、ゴールドから狙ってみる価値はありますね!

セディナプラチナカードのインビテーションを受けるためには?

ところでこのセディナプラチナカード、一体どうすれば入会できるのでしょう?

セディナプラチナカードは一般申込みを受け付けていないので、公式カードにも詳細は掲載されていません。

第一条件はセディナゴールドカード会員であること

招待の基準に以下の要素が関わっていることは確実です。

  • セディナゴールドカード会員であること
  • 一定以上のカード利用実績
  • 一定以上の年収

セディナプラチナカードの招待を受けるには、その下位のセディナゴールドカード会員であることが先ず必要です。

セディナゴールドカードの年会費は6,000円とリーズナブルで、20万店舗以上の優待サービスが利用できますし、ダイエーやイオンなどで還元率が1.5%になりますから実利派の方におすすめのゴールドカードですよ。

セディナゴールドカード

カードの詳細へ

年収については、おそらくセディナゴールドカード会員になった時点である程度クリアできていると考えられますし、いずれにしても年収は今すぐどうこうできるものではありません。

何とかできそうなのは、最後に残った「カード利用実績」だけですね。

招待には少なくとも年間100万円以上の利用は必要

セディナプラチナカードに招待される年間利用額については諸説ありますが、少なくとも年間100万円以上は使わないと無理のようです。


インビテーションの為だけにカードを使うのは大変かもしれませんが、セディナゴールドカードには利用額に応じてポイント付与率が変わる「トクトク!ステージ」というプログラムがあり、利用額を増やせば還元率もアップします。

トクトク!ステージでは100万円以上の利用でポイント付与が1.3倍、200万円以上なら1.6倍ですから、還元率アップを目指しつつ同時にインビテーションも狙うことも可能ですよ。

カード代金延滞や現金化には気をつけよう!

しかしクレジットカードの支払いや利用状況に何か問題があると、招待状が届くことは期待できません。例えばこのような例です。

【カード利用上の問題?】

・クレジットカード代金の延滞
・クレジットカードの現金化

特にカードの現金化に手を出したりすると、招待どころか現時点での会員資格も失いかねません。現金化とはカードで購入した商品を買取らせて現金を入手する方法で、カード規約違反に当たるのです。

クレジットカードのステータスアップには一にも二にも信用第一!

それを証明するには適正な方法でカード利用を増やすことが何より大切です。また引き落とし予定日の前は、銀行の口座残高のチェックも忘れないようにしましょう。

セディナプラチナカードは初めてのプラチナに最適

しかし基本をキチンと抑えていれば、セディナプラチナカードは決して手の届かないカードではありません。

セディナプラチナカードの年会費は30,000円でゴールドの5倍ですが、他社のプラチナに比べればこれでもお手頃価格です。

年会費の金額から考えても、セディナプラチナカードの招待状が届くのはそう難しいことではないでしょう。

使いやすさを兼ね備えたセディナプラチナカードは、初めてのインビテーションカードとしてチャレンジするには手頃な目標です。

招待状が来る前に問い合わせてみるという方法も

そこでセディナプラチナカードを1日も早く持ちたいと思う方に、少しだけ利用を早める方法をお教えしましょう。

セディナプラチナカードは招待制ですが、場合によっては招待状が来る前に申込むことも不可能ではないそうです。

セディナゴールドカード会員の方で、インビテーションが待ちきれないという方は、一度電話で問い合わせをしてみてはいかがでしょう。

100%確実ではありませんが、条件が揃っていれば申込みが可能です。

招待がないと申込めないセディナプラチナカードは、人とはちょっと違うクレジットカードとして一度は持ってみたいですね。

一体どうやったら招待状がもらえるのか、是非アドバイスをお願いします。

招待の基準は、セディナカードが明らかにしていないので確実なことは言えませんが、基本はセディナゴールドカードでクレジットヒストリーを積み重ねることですね。

年間利用額は少なくとも100万円以上は必要です。ゴールドカードのポイント倍率は利用額に応じてアップしますので、還元率の引き上げという目的でも狙う意味はありますよ。

セディナプラチナカードの基本情報

セディナプラチナカード

セディナプラチナカードの基本情報をまとめましたのでご覧ください。このカードは招待制ですので情報が少なく、還元率はセディナゴールドカードを参考にしましたことご了承ください。

カード情報 内容
年会費 30,000円
申込資格 招待制
家族カード 発行可能 無料
ETCカード 発行可能 無料
海外旅行傷害保険 最高1億円 自動付帯
国内旅行傷害保険 最高1億円
その他付帯保険 ショッピング保険
電子マネー セディナiD
セディナQUICPay
還元率 0.5%〜2.1%

セディナプラチナカードはお値打ちのステータスカードです

セディナプラチナカードは、招待制のプラチナの中では年会費30,000円とお値打ちです。特典も豊富で、特にサンリオピューロランドの優待は一押しですよ。

セディナプラチナカードは年会費はそれなりに高いのですが、優待特典をよく利用する方には非常にコストパフォーマンスの良いカードです。

特に旅行の多い方やサンリオファンの方には、多大なメリットを得ることができます。勿論日常のお買物でもしっかりポイントが貯まりますよ。

また旅行保険や空港ラウンジサービスも充実しており、勿論イオンやイトーヨーカドーでは毎日ポイント3倍!非常に実質的なプラチナカードとして自信を持っておすすめできる1枚です。

メニューを閉じる