dカード

年1回の利用で年会費無料!
ローソン5%高島屋3%還元dカード

dカードなら誰もがお得!使いやすい共通ポイントがよく貯まる!

dカードなら誰もがお得!使いやすい共通ポイントがよく貯まる!

あなたもdカードでポイントを貯めてみませんか?

dカードはドコモユーザーでなくても、どなたでも申込めるんですよ。

貯まるポイントも身近なコンビニやファストフードなどで貯めたり使ったりできますし、しかも提携店なら還元率は2%以上!

dカードは、ドコモユーザー以外の方にも大変おトクなクレジットカードなんですよ。

今回はこのdカードの使い方を、一からわかりやすくご説明します!

キラキラd-cardの写真d-cardの公式はこちら

dカードの魅力!どなたでもポイントがよく貯まって使いやすい

  • ドコモユーザーでなくても申込める
  • 年会費初年度無料!年一度でも利用すれば次年度も無料
  • どこでも還元率1%で共通ポイントが貯まる
  • 電子マネーiD搭載で使いやすい
  • ローソンで還元率5%!

dカードは、どなたも身近な生活の中でメリットを味わえるクレジットカードです。

様々なシーンで使いやすい共通ポイントがドンドン貯まりますが、一部のお店ではさらなる高還元に!

これからその内容を詳しくご説明しましょう。

dカードは実質年会費無料で、使い勝手の良い共通ポイント「dポイント」をしっかり稼げます。

ドコモユーザー以外の方にも是非おすすめしたい1枚です!

dカードはコスパ最高!基本還元率も1%と高い

dカードはドコモのクレジットカードですが、他社をご利用の方でも問題なく申し込めますのでご安心ください。

このカードで貯まるのは、汎用性の高い共通ポイント「dポイント」なので、コンビニなど身近なお店でポイントを貯めたり使ったりできます。

しかも一部特約店では他にはない高還元率に!このカードなら、どなたも毎日の生活の中で自然にポイントを稼げます。

dカードの年会費は実質無料!

気になるコストですが、dカードには一応年会費が設定されているものの、実質無料と変わりません。

というのも、以下のように誰でもクリアできる免除条件があるからです。

dカードの年会費

  • 1,250円(税抜)
  • 初年度は無料
  • 2年目以降は前年度カードを使えば無料
年に一度でも使うなら、dカードは何年使い続けたって年会費が一円もかかりません。

基本還元率が1%と高い

コスト0円でも、dカードの基本還元率は1%もあります。

光熱費や家賃など毎月の支払いに使っても1%、街のお店やレストランで使っても必ず1%分のdポイントがあなたのお財布に戻ってきます。

電子マネーiD搭載で便利!

でも小さな買物には、クレジットカードってちょっと使いにくいですよね。

少額利用はダメなんていうルールは存在しないのですが、コンビニのレジではつい現金を出してしまうという方も多いのでは?

でもこれからは電子マネーを是非ご利用ください!

dカードには、便利な電子マネーiD(アイディ)が標準搭載されています。

電子マネーならリーダーにかざすだけ。数百円程度の買い物にも気軽に使えます。

電子マネーiD搭載で使い勝手はバツグン!

電子マネーにはいろんな種類がありますが、iDはその中でも使いやすいタイプです。

iDはセットアップもチャージも不要、dカードが手元に届いたその日から、すぐに使い始めることができます。

電子マネーiD搭載!

  • カード一体型(モバイル併用可)
  • セットアップ不要
  • チャージも不要
  • リーダーにかざすだけで精算完了

電子マネーiDはお店での使い方もカンタン!

レジで「iDを使います」と伝えたら、後はリーダーにdカードをかざすだけ。決済音が聞こえたら、それが正常に精算できたという合図です。

もちろんiD利用分もちゃんと1%分のポイントがつきますよ。

このようにdカードはポイントがよく貯まるだけでなく、電子マネーiDのおかげでポイントの取りこぼしが少ないのです。

でも一部のお店では、もっと多くのdポイントを獲得できますよ。次はより効率的なポイントの貯め方をご紹介しましょう。

dカードはドコモのカードだから、ドコモユーザーじゃないと使えないと思ってましたが、そうじゃないんですか?
dカードは誰でも申し込めます。dポイントは一般のお店でも貯めたり使ったりできますし、またiD搭載で少額決済でも使いやすくどなたにもおすすめですよ。

dカードは特約店がお得!ローソンやマクドナルドで5%還元

でもdカードの本当の実力は、加盟店や特約店での還元率が極めて高いことです。

特定のお店を選んでカードを使えば、自然とこれまで以上のポイントが貯まってくれます。

dポイントが貯まるお店は全国にたくさんある!

dポイントが貯まるお店は、全国に実にたくさんあります。

一例をあげると、以下のようなお店でdカードを提示すれば、利用額に応じてdポイントが貯まります。

  • マクドナルド
  • ローソン
  • イオンシネマ
  • カプリチョーザ
  • 美々卯
  • 梅の花
  • cafe SOURCE
  • てもみん

これらのお店ではカードを提示するだけでポイントが貯まります。

従って現金払い、また別のクレジットカードで決済しても提示ポイントは獲得できますよ。

ただしイオンシネマの場合、イオンカードやWAONで支払うとdポイントが貯まりませんのでご注意くださいね。

この中でdカード会員に特にオススメしたいお店は、マクドナルドとローソンです。

ローソンで還元率5%!

dカードローソン利用時の割引内容説明画像

dカードをローソンで利用した際の還元率説明画像

  • dカード提示で1%還元
  • dカード決済で1%還元
  • カード請求時に3%割引
  • →合計5%還元

ローソンを利用するなら、dカードが一番お得ですね。但し以下の商品は割引対象外ですのでご注意くださいね。

【3%割引対象外商品(一部)】

  • Edyチャージ、交通系マネーチャージ
  • ローソンチケット
  • 収納代行
  • 新聞、雑誌、書籍、タバコ
  • ゆうパック その他

マクドナルドでも還元率5%!

マクドナルドでのdカード利用還元率説明画像

マクドナルドはdカードの特約店です。

カード提示&決済&請求時の3%割引で、合計5%の高還元が実現できてお得ですよ。

マクドナルド5%還元のキャンペーンは、2017年12月31日までです。

【クレジット決済でポイント上乗せ】の特約店

次にdカード特約店をご紹介しましょう。

特約店ではカード提示ではなく、決済することでポイントがつきます。決済方法はカードと電子マネーiDの2通りで、特約店によってルールや付与率が異なります。

以下はdカードで「クレジット決済」した際に、ショップポイントの上乗せがある特約店です。

  • ドコモオンラインショップ
  • dカード ポイントUPモール
  • ショップジャパン
  • ドトール バリューカード
  • スターバックス カード
  • AOKI
  • クラブメッド
  • JAL、JALパック
  • JTB
  • 髙島屋
  • 伊勢丹
  • 三越

dカードの標準還元率は1%ですので、これらのお店でクレジット決済すれば、合算で必ず2%以上還元されることになります。

高島屋なら還元率3%

高島屋でのdカード還元率説明画像

この中でもオススメなのは高島屋です。何故なら高島屋だけはこの中で唯一「カード提示ポイント」まで付与されるからです。その結果、合計還元率は何と3%に!

【髙島屋】

クレジット決済:100円で1ポイント上乗せ+標準還元1%=2%

カード提示:100円で1ポイント上乗せ=1%

【クレジット決済・iD決済でポイント上乗せ】の特約店

次にご紹介するのは、クレジット決済と電子マネーiD決済のどちらもポイント上乗せがあるお店です。

  • ENEOS
  • 紳士服のコナカ
  • 紳士服のフタタ
  • 第一園芸
  • 東京無線タクシー
  • チェッカーキャブ

以下ENEOSでの利用例を見て頂ければわかりますが、クレジット決済と電子マネーiD決済両方でポイントが上乗せされ、獲得できるポイント数も全く同じ。

どちらでもお好きな方法でお支払いください。

【ENEOS】

クレジット決済:100円で1ポイント上乗せ+標準還元1%=2%

iD決済:100円で1ポイント上乗せ+標準還元1%=2%

【iD決済でポイント上乗せ】の特約店

次は電子マネーiDで支払った場合のみ、ポイントの上乗せがある特約店です。

  • ジェイアンドジェイグループ
  • ビッグエコー
  • オリックスレンタカー
  • タワーレコード
  • 紀伊國屋書店
  • 洋服の青山
  • THE SUIT COMPANY

先にご説明した通り、電子マネーiD利用時には必ず標準還元の1%がつくので、これらのお店でiDを使うと必ず2%以上還元となります。

これらのお店で気をつけたいのは、うっかり「クレジットカード一回払い」にしないことです。

例えばオリックスレンタカーの場合、iDで支払えば3ポイント上乗せで合計還元率4%にもなりますが、カード決済すると1%しか還元されません。

【オリックスレンタカー】

クレジット決済:上乗せなし+標準還元1%=1%

iD決済:100円で3ポイント上乗せ+標準還元1%=4%

注意!iD利用を伝えないとポイントを取り損なうことも

「iD利用時のみポイント上乗せのある特約店」では、支払い時に「iD決済」をはっきり伝えることが大切です。

何故ならdカードはiD一体型ですから、ただカードを出すだけではiD決済なのかカード決済なのか区別がつかないからです。

一度決済処理すると取り消しがききませんので、「iD利用でポイント上乗せされる特約店」ではiD決済の宣言を忘れないようにしましょう。

なお特約店の種類は今後も増えていきますので、dカード会員になったら時々公式サイトで対象店のチェックも忘れないようにしてくださいね。

dカードなら、加盟店や特約店でdポイントがドンドン貯まります。クレジット決済・iD決済のどちらでポイント上乗せがあるのか、事前に下調べしておくといいですよ。

dカードならお買物が安心!国内でも90日間補償つき

次にdカードの付帯保険をご紹介しましょう。

といっても、このカードには旅行保険はついていません。付帯するのは、ショッピング保険とケータイ補償の2種類です。

お買物あんしん保険は国内はリボか分割払いが対象

以下がdカードの「お買物あんしん保険」補償内容です。

お買物あんしん保険 dカード
補償額 年間100万円
補償期間 90日以内
補償対象 国内:リボもしくは3回以上の分割払い
海外:全ての支払い

国内購入については、一回払いだと保険適用されないことにご注意ください。

海外旅行先でお土産を買う時には一回払いでも保険適用されますが、国内でのお買物についてはリボか3回以上の分割払いが条件です。

dカードケータイ補償は最大10,000円

こちらドコモユーザー限定ですが、dカードにはスマホなどの破損に対する補償もついています。

dカードケータイ補償 dカード
補償額 最大10,000円
補償期間 携帯電話端末を購入後1年

この補償は、持ち主の過失や災害時の破損は適用外ですのでご注意ください。

なお上位カードのdカードゴールドだと、この補償額が一気に10倍の10万円になります。こちらも是非ご検討くださいね。

dカードに旅行保険はついていませんが、海外でも国内でも使えるお買物保険がありますし、金額は低いですがケータイ補償が付帯します。

dカードはドコモ料金が割引に!お得なクーポンも!

ここまでは利用者を限定しないサービス中心にご説明してきましたが、このカードにはドコモユーザーだけのメリットもちゃんとありますよ。

dカード会員になると、実はドコモ料金の支払いがお得になるのです。さて、その気になる内容とは・・・?

dカード入会と同時にブロンズ会員に!

ドコモケータイとドコモ光をご利用の方は、半年間の獲得ポイント数やサービス利用期間によって、このようにステージが決まります。

以下がステージランクですが、それぞれの適用条件をよく見てください。

ステージ 適用条件
レギュラー 半年間で600ポイント未満
ブロンズ 半年間で600ポイント以上
ドコモ継続利用10年以上、もしくは【dカード】保有
シルバー 半年間で3,000ポイント以上
ドコモ継続利用15年以上
ゴールド 半年間で10,000ポイント以上
【dカードゴールド】保有

ドコモ契約後まだ間のない人はヒラ会員のレギュラーですが、dカードに入会すれば、いきなりブロンズ会員になれます!

ブロンズ会員特典はドコモ料金1%還元とスペシャルクーポン

ブロンズ会員には以下のような特典があります。

  • ドコモ料金1,000円ごとに10ポイント付与
  • スペシャルクーポン獲得

この「ドコモ料金1,000円ごとに10ポイント付与」というのは、ドコモ料金の支払い方法に関わらず必ず貰えるポイントです。

逆にdカードでドコモ料金を決済したとしても、料金分のdポイントはつかないのでご注意くださいね。

実はドコモ料金は、このカードのポイント付与対象外なんです。

このブロンズ会員特典で1%分のdポイントが貰えるので損はしませんが、ドコモ料金の支払いには他のポイントのつくカードを使う方がお得です。

つまりドコモユーザーの方は、dカード会員になった上で、別のカードでドコモ料金を支払うのがベストなんですね。この方法なら2%還元も可能ですよ!

ブロンズステージのクーポンも高い割引率でお得!

またブロンズ会員は映画、遊園地、スポーツクラブなどで使えるクーポンが貰えるのも魅力です。こちらも積極的にご活用ください。

ブロンズステージの対象クーポンは、スペシャルクーポンとdポイントクラブクーポンです。

毎週火曜はイオンシネマで700円OFF

例えば毎週火曜はイオンシネマはスペシャルクーポン対象者限定「ドコモチューズデー」で、会員と同伴者1名が1,100円に。

通常料金ならば1名1,800円ですから、2人分なら合計1,400円もの節約が可能です!

なおdカードの上位であるdカードカードゴールドなら、よりグレードの高いプレミアムクーポンが使えますよ。

dカードは利用携帯とは関係なくどなたにもお得なクレジットカードですが、ドコモユーザーにはドコモ利用料金にdポイントが付与されるというメリットがあります。

dカードの基本情報

dカード

公式サイトはコチラ

dカードは以上です。

以下にdカードの基本情報をまとめましたのでご覧ください。dカードは、本カードだけでなくETCカードも家族カードも年に一度でも使えば無料になります。

カード情報 内容
年会費 1,250円(※1)初年度無料
申込資格 満18歳以上
家族カード 初年度無料
2年目以降400円(※1)
ETCカード 初年度無料
次年度以降500円(※1)
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
その他付帯保険 dカードケータイ補償
お買物あんしん保険
電子マネー カード型iD
おサイフケータイ(iD)
還元率 1%~最大5%(※2)

(※1)前年度利用が一度でもあれば2年目以降も無料
(※2)ローソン、マクドナルド利用時限定

dカードは実質年会費で、dポイントがよく貯まる万人向けのクレジットカードです。特にローソンやマクドナルドをよくご利用の方には必携ですよ!

dカードなら使いやすい共通ポイントが貯まります!

dカードは、提携店でカードを使えばdポイントがドンドン貯まります。年会費は実質無料ですし、入会して決して損のないカードです。

ローソンとマクドナルドでは、dカードで決済すれば常に5%、高島屋なら3%還元です。

なおポイントアップ店では決済方法によって付与率が異なるお店もあるので、iD決済・クレジット決済を間違わないよう気をつけてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断