エポスカード

74種類から選べる豊富なデザイン
年会費無料で優待豊富!エポスカード

幕末の偉人のデザイン!?珍しいクレジットカードをご紹介!

幕末の偉人のデザイン!?珍しいクレジットカードをご紹介!

大河ドラマでもたびたび幕末をテーマにした話が取り上げられていますが、歴史が好きな人からは、幕末に魅力を感じるという声も多く聞かれます。

幕末には、数多くの人物が活躍しています。その人物に憧れた経験がある人もいらっしゃるのではないかと思いますが、みなさんは幕末の偉人と言われたら誰を思い浮かべますか?

様々な名前が思い浮かんだのではないかと思いますが、その中にクレジットカードのデザインとして取り上げられている人物が2人います。

この人かな?と予想された方は、予想が当たっているでしょうか。では、誰がクレジットカードのデザインになっているのか、見ていきましょう!

直筆サインがデザインに!JCBの『龍馬の夢カード』

1人目は、坂本龍馬です。とても人気があり、よく知られていますので、この名前を聞いて納得された方も多いのではないでしょうか。強い意志を持って、幕末の時代を生きた人です。

JCBから、その坂本龍馬をデザインした『龍馬の夢カード』が発行されています。“夢”という言葉がカードの名前に使われていて、響きがとてもいいですね。

では、どのようなカードなのか、確認したいと思います。

カードデザイン

『龍馬の夢カード』には、ゴールドカードと一般カードがあります。それぞれのデザインは、下記の通りです。

龍馬の夢カード

龍馬の夢カード

龍馬の夢カード

上から、ゴールドカード、一般カード(顔アップのデザイン)、一般カード(立姿のデザイン)です。

一般カードにはデザインが2種類ありますが、どちらにするのかは入会時に選ぶことができますので、好みのものを持つことができます。立姿のデザインには、坂本龍馬の肖像写真が利用されています。

ゴールドカードのデザインは、一般カードの顔アップのものと同じで、色が違います。

どのデザインにも、『龍馬』という文字が入っているのがおわかりいただけるかと思います。実は、この文字は、坂本龍馬の直筆サインがそのままデザインされたものになっています。

坂本龍馬が好きな人にとっては、とても価値あるデザインのクレジットカードですね!

基本情報

年会費など、基本情報は下記の通りです。

カードの種類 一般カード ゴールドカード
年会費 税別1250円(初年度無料) 税別10000円
申し込み可能年齢 18歳以上 20歳以上
旅行傷害保険の有無 無し 有り(最高で海外1億円、国内5000万円)
ショッピング保険 最高100万円 最高500万円

ゴールドカードは希望する人全員が作れるわけではなく、JCB独自の審査基準によって審査のうえ発行されます。そのため、申し込んでも持つことができない場合があります。その際には、自動的に一般カードに申し込んだことになります。

一般カード・ゴールドカードとも、家族カードを作ることができます。その場合の年会費は、一般カードで税別400円(初年度無料)です。ゴールドカードでは1名が無料、2人以上なら税別1000円です。

申し込みできる年齢は一般カードが18歳以上ですが、それと合わせて本人か配偶者に安定・継続した収入があるか、本人が学生(高校生は除く)であるかのどちらかの条件を満たしている必要があります。

ゴールドカードの場合、申し込みができるのは20歳以上の人で、本人に安定・継続した収入があることが条件です。学生がゴールドカードを申し込むことはできません。

旅行傷害保険は、ゴールドカードのみに付帯されています。

また、ゴールドカードを持っていると、国内や国外で航空機が遅延した場合に受けられる遅延保険もついていて、乗り継ぎに遅れたり出航が遅れたりした場合に、2万円までの保険金を受け取ることができます。荷物が紛失した場合は4万円まで保証されます。

JCBが発行しているクレジットカードなので、国際ブランドはJCBです。

追加できるのは、下記のカードです。

  • 家族カード
  • ETCカード
  • QUIC Payカード

QUIC Payとは、後払い式の電子マネーのことです。通常、電子マネーと言えば事前にチャージしたり、サインして利用したりするものですが、QUIC Payではどちらも必要ありません。暗証番号も必要ありません。

代金はクレジットカードの利用分と合わせて請求されますので、とても便利に利用できます。そうなると、無くした時に不安になりますが、紛失したり盗難に遭ったりした場合にも、補償制度があるので安心して利用できます。

『龍馬の夢カード』は、最短であれば1週間で受け取ることができます。

特典など

このカードを提示すると、『龍馬の生まれたまち記念館』の入館料が、10%割引になります。

『龍馬の生まれたまち記念館』は高知市にあり、龍馬が生きた時代のまちの様子や、龍馬の少年時代が中心の、龍馬に関する情報が展示されています。

展示館だけではなく、公民館としての機能も持っている、とても珍しいタイプの施設となっています。

また、『龍馬の夢カード』を利用すると、公益財団法人である高地市観光協会に寄付を行うことができます。利用者に負担は無く、JCBが『龍馬の夢カード』を利用してのショッピング代金の一部を寄付する形になっています。

寄付されたお金は、龍馬関連の施設設備のために利用したり、関連事業を行うために役立てられたりしています。クレジットカードを利用することで、負担なく龍馬に関連する活動の応援ができると思うと、クレジットカードを利用するのが楽しくなりそうですね!

ブランドによってデザインが変わる!ライフの『龍馬カード』

坂本龍馬がデザインされたクレジットカードは、実は1種類だけではありません。JCBだけではなく、ライフカードからも、坂本龍馬がデザインされたクレジットカードが発行されています。
坂本龍馬の人気ぶりがわかるような気がしますね。

ライフカードから発行されている龍馬がデザインのクレジットカードの名前は、『龍馬カード』です。

では、どのようなカードなのか、確認したいと思います。

カードデザイン

『龍馬カード』には、2種類のデザインがあります。デザインは、選ぶブランドによって決まります。

龍馬VISAカード
龍馬VISAカード

龍馬Master Card
龍馬Master Card

どちらのデザインも、青を基調としています。龍馬Master Cardの方は、背景に海がデザインされていますね。

基本情報

年会費など、基本情報は下記の通りです。

カードの種類 龍馬VISAカード 龍馬Master Card
年会費 税別1250円(初年度無料) 税別1250円(初年度無料)
申し込み可能年齢 18歳以上 18歳以上
旅行傷害保険の有無 有り(最高海外2000万円、国内1000万円) 有り(最高海外2000万円、国内1000万円)
ショッピング保険 有り 有り

『龍馬カード』は2年目から年会費が必要ですが、1度でもカードを利用してショッピングをすれば、翌年の年会費は無料です。1度使えばいいので、普段あまりクレジットカードを使う機会が無い方でも、負担なく持つことができますね。

どちらのブランドのカードも、家族カードを作ることができます。その場合の年会費は、税別400円(初年度無料)です。

申し込みできる年齢は、どちらのカードもが18歳以上(高校生は除く)ですが、合わせて電話連絡がつくことが条件となります。また、未成年者が申し込む場合は、親権者の同意を得る必要があります。審査によっては入会できないことがあるので、注意が必要です。

追加できるのは、下記のカードまたはサービスです。

  • 家族カード
  • ETCカード
  • ライフカードiD

ライフカードiDは、携帯電話を利用して支払いをする、後払いのクレジットサービスのことです。事前にチャージしなくてもよく、代金はクレジットカードの利用分と合わせて後から請求されますので、とても便利に利用できます。

カードは、最短であれば3日で発行されます。

特典など

『龍馬カード』を提示すると、『高知県立坂本龍馬記念館』の入館料が、優待されます。

『高知県立坂本龍馬記念館』は高知市にあり、龍馬が所有していたものや、龍馬に関係する資料などが展示されています。

常設の展示だけではなく、企画展も行われていて、龍馬の思想や功績を一般的に広く知らせることを目的として設置されている記念館です。

また、『龍馬カード』を利用すると、坂本龍馬関連の施設に寄付を行うことができます。それによって、龍馬に関する情報を広く伝えるための活動が行われます。

残念ながら新規募集停止、ライフには『晋作カード』もあった!

クレジットカードのデザインとして取り上げられているもう1人の幕末の偉人は、高杉晋作です。松下村塾で学び、奇兵隊の創設者でもある人物ですね。

先ほど、ライフから発行されている『龍馬カード』をご紹介しましたが、ライフからは『晋作カード』も発行されていました。

されていました、という言い方からもわかるように、『晋作カード』は、残念ながら現在は新規募集が停止されています。

どのようなクレジットカードだったのか、簡単にですが、ライフが『晋作カード』の募集を開始する際に案内として出した文章を元に、確認してみましょう。

カードデザイン

晋作カード

左上に高杉晋作の顔が入っている、落ち着いた感じのデザインのカードです。高杉晋作の辞世の句も載せられていますね。

カードの特徴

『晋作カード』は、全国晋作会連合会と提携して発行されたクレジットカードで、社会貢献型のカードです。

『晋作カード』を利用してショッピングをすると、収益金の一部が、ライフカードから全国晋作会連合会の活動を支援することを目的として寄付されます。それによって、高杉晋作をはじめとする維新関連の資料の保存、研究などが行われます。

入会費や年会費は無料のクレジットカードです。カードの盗難や紛失に対する保証もあります。

龍馬がデザインのカード、どちらを選ぶか迷った時決めるポイント

龍馬をデザインしたクレジットカードは2種類ありましたが、どちらを選ぶか迷うこともありますよね。お気に入りのデザインがあって、『これだ!』と思うものがあれば、それを選べば問題はありません。

しかし、龍馬関連だったらデザインにはこだわらないという人の場合、以下のようなポイントを元に選んでみましょう。

できるだけ負担なくカードを持ちたい場合

龍馬がデザインのクレジットカードは持ちたいけど、負担が大きいのは困るという場合は、年会費に注目してカードを選んでみましょう。

JCBの『龍馬の夢カード』は、2年目以降は年会費が発生します。しかし、ライフカードの『龍馬カード』は、前年に1回でもクレジットカードを利用して買い物をしていれば、年会費がいりません。

そのため、負担なく龍馬がデザインのクレジットカードを持ちたい人には、ライフカードから発行されている『龍馬カード』の方がお勧めです。

行きたい施設で選ぶ場合

2種類のカードでは、利用した時に優遇が受けられる施設が違います。将来、龍馬の過ごした地を訪れたいと思った時、行きたい施設の料金を優遇しているカードを選ぶ方法もあります。

せっかく行くのなら、両方の施設も含めたいろんなところに行きたいという場合は別ですが、興味がる場所が決まっているのなら、選ぶためのポイントになります。

  • JCB『龍馬の夢カード』…龍馬の生まれたまち記念館
  • ライフカード『龍馬カード』…高知県立坂本龍馬記念館

支援したい活動で選ぶ場合

どちらのカードを利用しても、坂本龍馬に関連した活動を支援するための寄付ができます。しかし、寄付先が違うので、支援したい活動をしている団体に寄付しているカードを選ぶこともできます。

  • JCB『龍馬の夢カード』…高知市観光協会に対する寄付
  • ライフカード『龍馬カード』…坂本龍馬に関連した施設設備に対する寄付

せっかく坂本龍馬がデザインされたカードを持つなら、お気に入りの方を選びたいですよね。以上のようなポイントを元に、好きなカードを見つけましょう。

74種類から選べる豊富なデザイン!年会費無料で優待豊富!エポスカード

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

エポスカードのデザインは全74種類もあり、その中からお好きなデザインを選ぶことができ、上記の画像はランキングTOP10のデザインを表示したものです。

あまりにもデザインが多くあり過ぎて、選ぶのに時間がかかってしまうかも知れませんが、お好きなデザインを見つける楽しみもエポスカードの魅力の一つですよ!

全74種類のデザインはココから確認することができますので、是非ご活用ください!

持っていると特別感がある!数少ない幕末の偉人デザインのカード

幕末の偉人がデザインされたクレジットカードで、現在も発行されているものは2種類(ゴールドカードを別と考えても3種類)しかありません。

そのため、持っていると特別感がありますね。デザインはいずれも坂本龍馬なので、龍馬が好きな人には特におススメです!

その上、クレジットカードを使うと龍馬に関連する団体に負担なしで寄付もできます。龍馬に関連する活動に、カードを使うだけで参加できると考えると、楽しくなりますね。
メニューを閉じる