ブラック履歴があっても持てるカード
三菱東京UFJ-VISAデビット

ブラック履歴あり!それでもクレジットカードは作れる!?

ブラック履歴あり!それでもクレジットカードは作れる!?

過去にクレジットカードに関するトラブルがあった場合、「自分はブラックリストに載っているから、新しいクレジットカードは作れないのでは?」と心配ですよね。

更に「トラブルがあったのは随分前の事だけど、まだ影響がある?」とか「自分ではなくて、家族にトラブルがあった場合は?」と、いろいろな疑問が浮かびます。

今回は、ブラックリストに載るとはどんな状況なのか、どんな条件をクリアしたらクレジットカードの審査に通るのかを詳しく解説していきます!

一度載ったらアウト!?「ブラックリスト」の正体を解説!

ブラックリストという言葉は、一度は聞いたことあると思います。でも「名前は知っているけれど、詳しいことはわからない・・・」と、言う方も多いのではないでしょうか?

中には「自分がブラックリストに載っていると、思っているだけだった・・・」と、言う方もいることでしょうから、先ず、ブラックリストとはどんなものなのかを解説しましょう!

「ブラックリスト」という名前のリストは、存在しない!

「ブラックリストに載った」と、言う話を良く聞くことがありますが、実は「ブラックリスト」と言うものは、この世の中には存在しません!

クレジットカードを利用すれば、信用情報機関に利用状況が登録され、この情報に延滞や債務整理など「金融事故」の情報が登録されることを一般的に「ブラックリストに載った」と、呼ばれているのです!

  • ブラックリストと言うリストは存在しない!
  • 信用情報機関に金融事故(異動と呼ばれる)履歴が記載されること!
  • 一般的に判りやすく「ブラックリストに載る」と呼んでいる!

では、信用情報機関とはどんな所で、金融事故となるのはどんなケースなのかを解説しましょう。

クレジットカードの情報が登録される、信用情報機関とは!?

信用情報機関とはクレジットカードのみならず、全ての借入の利用状況が登録される機関のことで、登録されている情報のことをクレジットヒストリー(通称クレヒス)と呼んでいます。

情報信用機関は現在日本国内に3機関存在していて、各機関に企業が会員として登録し会員同士で情報を共有することが出来るのです!

現在、日本国内にある信用情報機関の種類は次の3機関です。

名称 主な登録(加盟)企業
「CIC」シーアイシー クレジットカード会社・信販会社など
「JBA」全国銀行個人信用情報センター 銀行・信用金庫・協同組合など
「JICC」日本信用情報機構 信販会社・消費者金融など

企業によっては複数の機関に登録(加盟)をしているケースもありますし、この3つの機関はお互いの情報を共有しています。

正確に言うと、金融事故を起こした情報は3機関全ての会員に開示されますが、それ以外の個人情報は各機関の会員でしか確認することは出来ません。

信用情報機関にはどんな情報が登録されるのか!?

信用情報機関には、次のような内容が記録されています。

  • 利用者の氏名・生年月日・住所・電話番号など
  • クレジットカードの利用状況(借入金額・入金状況・返済状況・借入残金など)
  • クレジットカードの申込み状況(どの金融機関に申込みを行ったのか)
  • 信用情報の利用記録(情報照会の記録)

例えば、クレジットカードに申込むと必ず審査が行われ、この審査に通らないとクレジットカードの発行はされません。

この審査の時に、カード会社が利用するのが信用情報機関に登録されている情報なのです。

登録されている情報のことをクレヒスと呼びますが、そのクレヒスが悪いと審査落ちし、良いクレヒスであれば審査通過となるのは、確かなことなのです。

  • 良いクレヒスであれば審査は通過する!
  • 悪いクレヒスの場合は審査に通りにくい!

金融事故者は「ブラックリストに載る」と言うことに!

信用情報には、毎月の入金状況が2年分記録されます。返済が順調に行われていると入金状況の欄に「$」のマークが付き、利用者側の都合で未入金があると「A」のマークが付きます。

例えば、下記の例をみると9月と10月に「A」が記載されていますので、この二月は連続して未入金であることが判りますね。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
状況

未入金の「A」マークが3ヶ月以上続くと、返済状況(異動発生日)という欄に「異動」と記録され、返済が延滞している事実が公表されることになり「ブラックリストに載った」と言われる状態なのです!

この他にも「異動」と記録されるケースがあるのでまとめておきましょう。

  • 3ヶ月以上の未入金(延滞)があった場合
  • 利用者以外(保証会社など)が返済した場合
  • 裁判所が自己破産などの、債務整理を許可した場合

信用情報機関の記録

内容 登録期間
クレジットの利用状況 契約期間中および取引終了後5年間
クレジットの申込状況 照会日より6ヶ月

ブラックリストに載った人は、一生そのままなのでしょうか!?「延滞した分はもう返したのに、もうクレジットカードは作れないの?」と悲観することはありません。

信用情報はデータが保管される期間が決まっていて、その期間を過ぎれば「異動」の記録は消されます! 簡単に言えば「ブラックリストから消された」と、言うことになりますね!

CICでのブラックリストの記録

信用機関登録内容 CIC
61日以上延滞 5年
3ヶ月以上の延滞 5年
債務整理・破産申し立て 5年

JBA(全国銀行個人信用情報センター)の場合、自己破産の履歴は10年残ります。

金融事故歴があっても持てるカード!三菱東京UFJ-VISAデビット

デビットカードとは、クレジットカードと同じようにショッピングなどで利用できるカードです。利用方法も通常のクレジットカードと何ら変わる事はありません。

クレジットカードとの違いは、代金が銀行口座から直接引落しされる為、クレジット(後払い)が出来ないという点です。

三菱東京UFJ-VISAデビットカードは、最も安心できるメガバンクが発行していて、15歳から持てる審査不要のカードです。国内・海外のVISA加盟店で利用できます。

自己破産歴や債務整理歴などがあっても、審査が不要ですから国際ブランドカードを持つ事ができますよ。

三菱東京UFJ-VISAデビットは、利用金額の0.2%を自動でキャッシュバックして貰えて、入会3ヶ月間や誕生月はキャッシュバック率がアップします。

また、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードを利用して購入した商品の破損、盗難による補償や、カードの不正利用に対する補償も付帯しているので安心してショッピングを楽しめますね。

三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJ-VISAデビット」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

三菱東京UFJ-VISAデビットカードのキャッシュバック率]

前年度利用額 誕生月以外 誕生月
入会3ヶ月間 0.4% 0.5%
30万円以上 0.3% 0.4%
20万円以上30万円未満 0.25% 0.35%
20万円未満 0.2% 0.3%
入会後3ヶ月の間に誕生月があれば、10万円の利用で500円のキャッシュバックを受けられます。

現金で支払えば0円ですし、メガバンクの普通預金の金利が0.001%ですから、10万円を1年預けても100円です。

デビットカードを利用するだけで、500円戻ってくるのは嬉しいですよね。

記事内の説明でブラックリストと言うものは存在しないと言うことは判りましたが、どうして異動と言う言葉だけで金融事故者と判断できるのでしょうか?

債務整理にしても種類があり、その種類で保管期間も異なるのであれば、種類が判らないといけないと思うのですが・・

確かに質問のとおりで、信用情報機関に登録される異動情報には、異動発生日の他にも異動の種類も記載されるようになっています!

信用情報機関の登録情報の詳細については、カード審査についての詳細な記事を読んでもらうと詳しく解説されていますよ。

ブラックリストに載っているかどうかを知る方法!?

ブラックリストに載る(信用情報に「異動」と記録される)条件はお判り頂けたと思いますので「自分の状況だと、ブラックリストに載っているのか!?」が判るように、個々のケースを解説していきましょう。

ブラックリスト入りの判断基準はトラブルの内容と時期

任意整理の場合、5年は登録されてしまいますね。また、登録は各手続きが完了した日に登録されて、抹消される為のカウントは返済が完済した日からカウントが開始されます。

  • 今年の1月に任意整理の手続きが完了した!
  • 3年間で完済する返済計画に基づき返済を開始
  • 登録は完済してから3年後になる
  • 返済期間3年+保管期間5年=合計8年間記載される!

返済が全て完了してから5年間記録が保管されると思っておいた方がいいでしょう。

ブラックリストの確認は、信用情報機関に開示請求すればOK!

過去に、先に説明した金融事故と思われる状態に陥ったことのある方で、現在のご自分の状況がどんな状況なのかを知りたい方は、信用情報機関に開示請求を行えばご自分のクレヒスを知ることが出来ます。

全ての信用情報機関で、本人からの開示請求は受け付けてくれますよ!

機関によって、取り扱い方が若干異なりますが「CIC」の場合は次のようになっています。

  • 窓口(500円)
  • 郵送(1,000円)
  • パソコン(1,000円/クレジットカード払)
  • スマートフォン(1,000円/クレジットカード払)

パソコンやスマートフォンからの開示請求は、スピーディーで手続きを行う場所を選ばないことが魅力ですが、手数料の支払いにはクレジットカードが必要ですから、現在クレジットカードを持てない方はデビットカードを用意すると良いでしょう。

詳しい手続き方法は、信用情報機関「CIC」のホームページに掲載されていますので確認してみてくださいね。

信用情報機関への開示請求の方法は難しいものではありません!信用情報の特集記事を読んで頂ければ開示請求の方法は直ぐお判り頂けるでしょう!
自身のクレヒスの状況を知るには、開示請求を行えば簡単に知ることが出来ます。

ブラックリストに載っていなくても、定期的に自身の状況を確認しておくことも大切ですから、意外に多くの方が開示請求を行い状況確認していますからね!

ご自分の信用情報が判ったら、状況に応じた対応が必要!

クレジットカードを申込む場合は、ご自分の信用情報に「異動」の情報がある場合と、記載がない場合で対応が違ってきます。簡単に言えば、ブラックリストに載っているのかそうでないかの違いになりますね。

結果から先に言っておくと、ブラックリストに載った状態ではクレジットカードの審査には通りにくいです。

「異動」情報の保管期間が残っている場合には

異動情報の保管期間が残っている場合には、新しい申込みを控えることをお薦めします。信用情報の管理は信用情報機関が行いクレジットカード申込みの審査は、カード会社が行います。

審査時には信用情報機関の登録情報を確認しまうので、信用情報機関に「異動」の登録がされていれば、審査に通ることはほとんど無いと言っていいでしょう!

逆に、申込み履歴が増えてしまい、あまり良くない状況になってしまいますよ。保管期間が残っている場合は、完全に抹消されてから申込みを行うようにしないといけませんね。

  • 異動情報の保管期間が残っている場合は100%審査落ちする!
  • 申込み履歴も登録されるので、余計に悪いクレヒスを作ってしまう!
  • 申込みは保管期間が過ぎてから行わなければいけない!

「異動情報」が載っていない場合も要注意なのです!

「異動」の情報が抹消されていたとしても、クレジットカードの審査に100%通るとは言えないのです。

「異動」の記録が残ってない場合「もう審査に通るはずだから、早速クレジットカードの申込みを!」と考える方もいると思いますが、審査に通らないかも知れないのです。

その理由は、クレヒスには先ほどから説明している、カードの申込み履歴も登録されます。金融事故を起こした方の情報は、5年間は記録され、その間は申込みをすることが出来ませんよね。

では、5年後に申込みをした場合は、クレヒスは綺麗な状態ですから、申込み履歴もなければ、完済した履歴も無い状態です。

今のカード社会でクレジットカードもカードローンも、何も借入が無い状態は返って目立ってしまうのです。

  • 金融事故を起こして債務整理を行うと最短でも5年は申込みが出来ない!
  • 5年間なんの借入もしていない、真っ白なクレヒスが出来上がる!
  • 現代でいかなる借入も行っていないのは不自然で目立ってしまう!
  • 審査に通すか落とすかはカード会社の判断になってしまう!
悪く言えば、5年間の間借入が無い方は「ブラックリストに載っていた」と、証明しているようなものなのですから、ここで審査を通すか落とすかは、カード会社の考え方で決まってしまうのですよ!
ブラックリストに載ることはとても簡単ですが、抹消させるには並大抵の努力では抹消することは出来ないのです!

特に自己破産してしまうと最低で10年間は抹消することが出来ないので、その間クレジットカードはもちろん、全ての借入は出来ないですよ。

金融事故を起こした方のクレジットカード審査は厳しい!?

それでは、最後に金融事故を起こした「ブラックリストに載った」方のクレジットカード審査はどのようになるのかを解説しておきましょう。

また、家族が「ブラックリスト」に載ってしまった場合にどうなるのか!?その辺にも触れておきましょうね。

消費者金融のトラブルはクレジットカード審査に影響する!?

過去に消費者金融のトラブルがあった場合は、クレジットカードは作れるのでしょうか?

先に紹介した信用情報機関は、金融事故者の情報だけは共有できるようになっていますから、どの機関の会員企業に申込んでも事故履歴は判明してしまいます。

現在、日本にある金融企業で3つのいずれかの信用情報機関に、登録していない企業はありませんからどの企業に申込んでも審査に通りにくい状況と言えるでしょう!

  • 消費者金融会社が発行するカードローンで金融事故を起こした
  • 銀行が発行するカードローンで金融事故を起こした
  • クレジットカード会社が発行するカードで金融事故を起こした
  • どのパターンでも全ての企業は金融事故者の情報を共有している!
  • 結果として、全ての企業からの借入は出来ない!

金融事故者とはそれだけ借入に対して、厳しい措置を取られてしまうと言うことなのです!

審査に不安をお持ちの方はACマスターカード

ACマスターカードは年会費が永年無料で、国際ブランド「MasterCard」を搭載しているクレジットカードです。

ACマスターカードの審査基準は、他のクレジットカードと異なる為、他のクレジットカードで審査に通らなかった方でもカードを取得できる可能性があります。

一般的なクレジットカードは、年収や属性、クレヒス実績を総合的に判断しますが、ACマスターカードの場合、過去の履歴よりも、今現在収入があって返済能力があるかの方を重視する傾向にあるのです。

その点においては、他のクレジットカードに比べて柔軟な審査といえるでしょう。ACマスターカードは年会費永年無料で、最短で即日発行が可能ですから、お急ぎの方におすすめですね。

また、ACマスターカードは、クレジットカード履歴(クレヒス)を積み重ねたいという方にもおすすめの1枚といえるでしょう。

ACマスターカード

カードの詳細へ

家族がブラックリスト載っていたらカードは作れない!?

家族の誰かがブラックリストに載ってしまう金融事故を起こしているとしても、成人した収入のある方であれば、クレジットカードを作る際の弊害にはなりませんのでご安心ください。

ただし、未成年の子供や専業主婦の方がクレジットカードを作る場合は、親として、または配偶者としての立場の方がブラックリストに載っていれば、審査に落ちてしまう可能性はあるかも知れません。

これも100%審査に落ちるとも言えませんので、言い方は悪いですが一種の「かけ」になってしまうかも知れませんね。

  • 家族がブラックリストに載ってしまった場合!
  • 成人していれば本人の信用のみ調査されるので関係ない!
  • 未成年の場合と扶養者は、親と配偶者の立場として関係する!
  • 確定ではないが、未成年と扶養者は審査落ちするかも知れない!

家族の信用情報を知りたい!それは可能なの!?

「何となく夫がブラックリストに載ってしまっている気がして・・」と、気になるので信用情報機関に開示請求をして確かめたいとしても、本人以外が開示請求を行うには高いハードルが必要になってきます。

基本的に、本人以外の開示は受け付けてくれないので、任意代理人や法定代理人になる手続きが必要で、この場合は本人の委任状が必要になってくるのです。

本人が死亡している場合は、配偶者や2親等以内の血縁者であれば開示請求は可能になってきますが、上記のようなケースではご本人は生存しているので無理になってきますね。

  • 開示請求は基本的に本人しか行うことは出来ない!
  • カード会社などは契約事項に任意代理人になることが記載されている!
  • 個人の場合は、本人の委任状が必要で手続きも面倒!
  • 本人死亡の場合は配偶者2親等以内の血縁者は請求可能!
ブラックリストに載ると言うことは、家族にも影響してしまうこともありますので、極力避けなければなりません!

子供の教育ローンも組めませんし、もしかすると奨学金の申込みにも影響するかも知れないのですから、一人の問題では済まされないのです!

ブラックリストに載るような金融事故は絶対に起こしてはダメ!

これまで説明した通り、ブラックリストに載るような金融事故を起こした方は、長い間クレジットカードを始めとする、全ての借入をすることが出来ない状態に陥るのです。

それは、自分だけでなく、子供や配偶者の方にも影響してしまうことなのですよ!長い間我慢して異動情報が消えたとしても、直ぐにクレジットカードを作ることが出来る保証もありません。

それだけ、金融事故者を起こしてしまった方の罪は重いということなのです!いずれにしてもブラックリストに載らないよう、借りたら返すマナーが重要であると言うことですね!

メニューを閉じる