ライフカード「学生専用」

海外利用5%キャッシュバック!
年会費無料!学生専用ライフカード

利用は18歳から!未成年の方へのクレジットカード注意事項!

利用は18歳から!未成年の方へのクレジットカード注意事項!

一昔前では、未成年の方がクレジットカードを持つなんて考えなれないことだったのですが、カード時代である現代では全く違和感の無いことになってきました。

しかし、まだ多くの大人の方々は「未成年に、なぜクレジットカードが必要なの!」と、感じていることでしょうね。確かにお金を借りる意味で考えると、未成年の方にクレジットカードは必要ないでしょう。

ですが、普通に買い物をする為にクレジットカードを使うのであれば、未成年の方にも必要になってくる生活アイテムなのです。今回は、未成年の方がクレジットカードを持つ時にぜひ注意して欲しいことや、利用する為の心構えなどを判りやすく解説していきましょう!

大丈夫!未成年でも発行可能なクレジットカードは存在する!?

最初に未成年でも持てるクレジットカードの紹介から解説していきましょう。未成年ではクレジットカードを持つことが出来ない!つまり、申込んでも審査には通らないと考えている方は、多くいらっしゃると思います。

ですが、冒頭にも少し触れたとおり現代はカード時代ですから、ネットショップでは未成年をターゲットとした商品はたくさんあり、未成年の方でもカード決済は必要な時代となっています。

ですから、クレジットカード会社でも未成年の方向けのカードが用意されているのですよ!

年齢制限あり!18歳以上でないと発行してもらえない!?

未成年と一言で言うと、20歳以下は全て未成年となりますがクレジットカードに申込める年齢は18歳以上となっています。

特に法律で規定されている訳でもないのですが、全てのカード会社で高校生を除く18歳以上の方のみ申込み可能となっていますから、この点は良く理解しておく必要がありますね。

高校を卒業して、ほとんどの方は大学や短大、専門学校に進学しますが、一足早く社会に飛び込む人もいます。現実的に18歳からが、社会で収入を得る仕事に就ける年齢とされているからなのでしょう。

  • 未成年の場合、18歳以上で無ければクレジットカードは発行されない!
  • 19歳でも高校生であればクレジットカードは発行されない!

もし留年して、高校3年生で既に19歳になっていたとしても「高校生」である以上、19歳でもクレジットカードの申込みをすることは出来ませんので注意してくださいね。

ところが、15歳以上であれば作ることが出来るクレジットカードもあるので、後半で詳しく解説したいと思います。もちろん、高校生でも作ることが可能なので後半をお楽しみに!

未成年は申込み時に「親権者の同意」の条件が追加される!

高校生を除く18歳以上で申込みが可能となっていますが、未成年には「親権者の同意が必要!」の条件が追加されていて、親御さんの同意が得られないと申込みをすることが出来ません。

未成年なので、親の承諾は仕方の無いところだと思いますが、未成年本人にとってはもしかすると「親御さんの承諾が1番高いハードル」かも知れませんね。

親御さんには、きちんと理由を説明してクレジットカードの利用方法を真剣に伝えれば、判ってくれると思いますよ。

  • なぜクレジットカードが必要なのか正直に話す
  • インターネットショッピングが、他よりも安く買物が出来ることを理解してもらう
  • ネットショップでは、カード決済が必要なことを理解してもらう
  • 返済は自分できちんと行なうことを約束する

以上のようなことを親御さんにきちんと説明すれば許可してもらえるはずですから、1回で無理でも、何回でも話をしてみましょう。もし、それでもダメなら後半で解説するクレジットカードに申込むといいですよ!

もし、未成年で親権者の承諾を得ずに、クレジットカードに申込んだ場合はどうなるのですか?

親権者への承諾はどのようにして行われるのか、教えていただけないでしょうか!?

親権者への承諾は審査途中に、カード会社から確認の連絡が入ります。

ですから、申込時に親権者の方の氏名と連絡先をきちんと申告していないと、連絡が取れなくなり審査落ちしてしまいますから注意してください!

社会人や大学生で審査内容は異なる!?学生専用カードも存在

未成年の場合でも社会人であったり、大学生であったりと職業は異なってきます。それぞれの立場でクレジットカードに申込んだ時、審査の内容は異なってくるのでしょうか!?

実際にどうなるのか、とても気になる違いを解説しましょう!

通常のクレジットカードは社会人が学生より有利!?

未成年の場合は親権者の同意があれば申込めるのですが、次の条件がクレジットカードへ申込む時の基本条件になっています。

  • 「安定した収入がある方!」

クレジットカードを利用して買物をすると言うことは一見綺麗なように見えますが、実は「借金をしている」ことと同じことで、「今手持ちのお金が無いので、ちょっとお金貸しておいてね」と、自分の代わりにお金を払ってもらっている訳なので、カード会社からお金を借りているのですね。

お金を借りたら返さなくてはいけませんよね。これが返済です!カード会社としては返済能力が無ければ不安ですから「審査」を行っているのですが、少し、次のような質問をしてみますので一緒に考えてみてください!

  • Aさん:全く働いていないプータロー
  • Bさん:アルバイトで最低月5万円稼いでいる

さて、AさんとBさん2人同時に「今手持ちが無いから、後で払うので1万円貸してね」そう言われたあなたは、どちらなら1万円貸しても良いと思いますか!?

答えは、人それぞれで正解はありませんけど、安心出来るのはBさんですよね!個人か会社かその違いだけで、基本の考え方はカード会社も同じなのです。

  • クレジットカード会社も収入の無い学生より社会人の方が安心出来る!
  • 収入があることが、返済能力があることに繋がってくる!

従って、学生よりも社会人で収入がある方のほうが、審査通過も有利となってくる訳なのですが、社会人で収入があったとしても、親権者の承諾は必要ですからね!

学生でも未成年は有利な状況!?学生専用カードがお得!

社会人の方のほうが審査は有利ですが、学生であり未成年である方は一般に比べると、とても有利な状況なのでなぜそうなるのか詳しくご説明しておきましょう!

  • 20歳になれば申込み時に親権者の承諾は不要!
  • 審査時には勤務年数や年収をチェックされる!
  • 就職したばかりの新入社員の場合は、審査は厳しくなる!
  • 未成年の場合は収入が少ないのはカード会社も判っている!
  • 特に学生の場合は、学生専用の特別な審査が適用される!
  • 社会人1年生より大学1年生の方がカード取得には有利になる!

実は学生には「学生専用のクレジットカード」があるので、同じ未成年でも大学生の方がとても有利な状況にあるのですよ!

親権者の信用情報が悪くても「学生カード」は発行される!?

学生専用カードは、カード会社が将来への投資の意味を込めて商品化したカードなのです。本来、学生は収入が乏しいと言うよりも学業が本分であるので収入は無いのが自然ですから、普通であればクレジットカードの審査には通りません。

ですがカード会社は、学生が卒業し将来優良な顧客になることを期待して、学生専用クレジットカードを発行するので、通常の審査と異なる学生専用の審査内容となるのです。

申込時に学生証のコピーと親権者の同意書が必要となりますが、親権者の信用情報は参考にはされませんから万一、親権者の信用情報が悪くても、書類さえ揃っていれば問題無く発行されるでしょう。

その理由は「少なくとも大学などに、通わせることが出来る所得が親権者にはある」と判断されるので親権者の信用情報はチェックされることは無いのです!

学生専用クレジットカードについては、当サイト内に特集記事があり詳しい内容を知ることが出来ます!

「学生は是非、申込もう!超お得な学生専用クレジットカード!」この記事を読んで頂くと学生専用カードが有利であることが良く判りますよ。

未成年の方の中でも学生の方は、クレジットカードを持つ絶好のチャンスです!

リンクの特集記事を読んで頂くと良く判りますが、人生の中でこれほどカード取得に最適な時期はないですからね。

本当にお得!未成年に最適な3枚のおすすめクレジットカード!

それでは、未成年の方が申込む最適なクレジットカードを紹介しましょうね。基本は、年会費は無料で未成年、学生をターゲットに発行されるクレジットカードが1番良いと思いますので、その点を考慮して次の3つのカードを選びました!

更新時にゴールドカードにランクアップできる!三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは25歳までの限定カードで、ポイントが通常カードの2倍になります。

入会3ヶ月間はポイント5倍、還元率は2.5%です。年に1度でもカードを利用すれば年会費も無料になるお値打ちカードです。

26歳のカード更新時に「プライムゴールドカード」へ自動でランクアップ、30歳になったらステータスの高いゴールドカードに自動的にランクアップできるシステムとなっています。

将来的にステータスの高いゴールドカードへの入会を考えている方には、更新時に自動的にランクアップできるのはとても魅力ですね。

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 三井住友VISAデビュープラスカード
国際ブランド VISA
年会費 初年度無料 2年目1,250円
(年1回のカード利用で翌年も無料)
入会資格 18歳~25歳限定(高校生は除く)
利用可能枠 ショッピング10万円~30万円
キャッシング最高5万円
付帯保険 ショッピング保険 年間100万円

Google Play Musicが60日間無料で利用できるキャンペーン実施中!

三井住友カード会員専用サービスで、現在Google Play Musicを60日間無料で利用できるサービスが展開されています。

Google Play Musicとは、4,000万曲以上の豊富なラインナップから好きな曲を聴ける聞き放題の音楽配信サービスのことで、月額980円です。

Google Playの支払いに三井住友カードを登録すると、Googleが提供する無料サービス30日分に追加で30日間無料となります。(月額980円がキャッシュバック)

サービスの詳細

  • 期間:2016年12月9日~2017年3月31日
  • 特典内容:Google Play Musicが60日無料・980円キャッシュバック
  • 利用方法:Google Playの支払い方法に三井住友カードを登録
  • 試用期間終了前にいつでも無料で解約可能
上記は期間限定サービスですので、普段よく音楽を聴く方は、是非この機会に三井住友カードの入会を検討してみてはいかがでしょうか。

学生特典が豊富でお得!学生専用ライフカード

学生専用ライフカードは、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯します。

海外利用で5%キャッシュバックされるなど、学生特典が豊富で海外留学や海外旅行にも最適です。

また、学生専用ライフカードには海外アシスタントサービスが付帯していて、旅行先でのトラブルや困った時に相談にのって貰えるので、安心して旅行を楽めますね。

ライフカードの最大の魅力である誕生月にポイントが5倍、還元率2.5%も適用されますよ。

申込みは学生の方のみですから、未成年の学生であれば審査もスムーズです。

学生専用ライフカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 学生専用ライフカード
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
(barbieカードはVISAのみ)
年会費 永年無料
入会資格 18歳~25歳以下の高校生を除く学生限定
利用可能枠 ショッピング5万円~30万円
キャッシング最高10万円
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円

知名度の高い楽天カード!楽天カードアカデミー

みなさん良くご存知の「楽天カード」の学生専用のカードです。ポイントが良く貯まる「楽天カード」のサービスはそのままに、カード盗難保険や海外旅行傷害保険も最高2,000万円付帯しています。

「楽天ブックス・楽天トラベル・楽天ダウンロード」で「楽天カードアカデミー」を利用すれば、ポイントが3倍になる特典もあります。

楽天カード株式会社が発行する「楽天カードアカデミー」

カード名称 楽天カードアカデミー
国際ブランド VISA・JCB
年会費 永年無料
入会資格 18歳~28歳までの高校生を除く学生限定
利用可能枠 ショッピング最高30万円
キャッシング なし
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
未成年の方にお薦めなクレジットカードは、やはり学生がお得に利用できるカードとなってしまいます。

学生でない未成年の方には「三井住友VISAデビュープラスカード」がお薦めとなりますね!

26歳の更新時にゴールドカードに自動でステップアップ出来るのは嬉しい特典ですよ。

未成年の方が利用するクレジットカードの注意点!

未成年の方がクレジットカードを利用する際の、注意点を説明しておきましょうね。繰り返しますがクレジットカードを利用すると言うことは、借金をすることと一緒なので十分注意して利用することが大切になります。

正しい使い方をすれば、これからの人生で未成年の方のクレジットヒストリーは信用の高いクレヒスとなりますから、若い内にクレジットカード利用をすることは人生にとってプラスになりますからね!

今後予想されるあらゆるクレジットの場面で、きっとあなたを助けてくれますが、反対に誤った使い方をすれば、今後クレジットを組むことが出来なくなる可能性もあるので、利用には十分注意しなければならないのです。

最高額は避ける!申し込み時の限度額は低く設定

未成年の方専用のクレジットカードの利用限度額は、ほとんどのカードで最高30万円の設定となっていますが、希望限度額は出来るだけ低く設定して申込むことをお薦めします。

  • 申込時の希望限度額は出来るだけ低く設定
  • キャッシングは最高5万まで、出来ればゼロが好ましい!

キャッシングサービスが付帯しているカードもありますが、キャッシング枠は多くても5万まで、出来れば「0」の方が良いですね。

  • 審査も通りやすくなる
  • 大きな買い物をしなくて済むので返済が楽になる
  • キャッシングは本当に困った時のみ利用する

キャッシングを利用すると、支払いは「ショッピング返済+キャッシング返済」の合計金額になってしまうので、返済がきつくなってしまいますからね。

支払いは1回払いが理想!リボ払いは出来るだけ避ける

便利なリボ払いですがリボ払いは出来るだけ避けて、1回もしくは2回払いで返済計画を立てることが理想ですね。手数料が不要になりますしリボ払いは便利なだけに、ついつい使い過ぎてしまう恐れがありますからね。

ですが未成年の方では、5万円や10万円の利用料金を一括で支払う余裕はあまりないと思います。一括払いが理想ですが、そう簡単に理想通りにはいかないでしょうし、分割で支払うことが出来るのがクレジットカードの魅力でもあります。

  • 一括払いが理想の支払い方法!
  • 高額な支払いでの一括払いは難しい!
  • リボ払いをしながら、余力があれば別に貯金する!
  • 利用限度額まで利用しないようにする!
  • ある程度貯金が貯まったら。繰り上げ返済をしよう!

このようにリボ払いを利用して月々楽に返済しながら、余力があれば返済用に貯金をしておきましょう!ある程度貯まった時点で、繰り上げ返済をすれば利用限度額も戻りますし、手数料が少なくて済みますよ!

未成年の方に私からアドバイスしておきましょう!

限度額いっぱいまで利用すると返済がしんどくなったり、キャッシングを多用すれば返済が出来なくなったりしますから、返済のことを考えて利用することがポイントとなりますよ!

15歳から利用できるクレジットカード!?デビットカードが便利

いよいよここで、15歳から持てるクレジットカードの登場です!高校生でクレジットカードを持ちたい方や、未成年の方で審査に落ちてしまった方には、この「デビットカード」がとてもお薦めですよ!

クレジット機能のない「クレジットカード」!?

なぜ、15歳以上であれば高校生でも、クレジットカードの審査に落ちても大丈夫なのでしょう!?実はデビットカードは、純粋なクレジットカードでは無いのです!

「クレジット」と言うのは、直訳すれば「信用」や「預金」と言う意味になりますが「貸付」と言う意味もあります。「カード」と言う言葉と併せて使うなら「後払い」の意味が最適ですね。

  • クレジットを直訳すれば「信用・預金・貸付」となる
  • カードの単語と組合わせると「後払い」が適切!
  • クレジットカードは「後払いが可能なカード」となる!

クレジットカードはカード会社が利用者に代わって、商品代金を「立て替え」るので審査が必要になるのですが、後払いでなければ審査は必要ありません。

  • デビットカードは後払いでなく即時払い!
  • 後払いでない為に審査が不要!
  • 審査が不要なので高校生や審査に落ちてもカードが利用出来る!
  • VISAの国際ブランドがついているので世界中で利用が可能!

デビットカードは上記のような仕組みのカードなので、高校生や審査に落ちた未成年の方でも利用が可能なカードなのです!

「デビットカード」は、銀行が発行するカードです!

デビットカードは銀行口座に直結しているので、口座残高内で利用することが出来ます。カードで商品を購入すると、直ぐに口座から商品代金が引き落としされますので「使い過ぎて返済を延滞してしまった!?」なんてことが無いので安心ですよ。

  • デビットカードはカード会社でなく銀行が発行するカード!
  • 口座に直結しているので、使い過ぎることがない!
  • 利用残高は口座にある金額内で決まる!
  • つまり、銀行口座直結のVISAブランドカード!

未成年の方に、おすすめなデビットカード!

それでは未成年の方におすすめの、4つのデビットカードをご紹介しましょう。

デビットカードの中には、キャッシュバックでお得になったり、銀行のキャッシュカードと一体型で便利にご利用いただけるカードなど様々です。

キャッシュバックでお得!三菱東京UFJ-VISAデビット

トップバッターは、キャッシュバックでお得な三菱東京UFJ-VISAデビットカードです。

三菱東京UFJ銀行が発行する三菱東京UFJ-VISAデビットは、利用金額の0.2%を自動でキャッシュバックして貰えます。

基本キャッシュバック率は0.2%ですが、誕生月や入会3ヶ月間はキャッシュバック率がアップする特典がありますよ。

三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJ-VISAデビット」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 基本キャッシュバック率:0.2%
  • 入会後3カ月間:+0.2%
  • 前年に20万円以上の利用:+0.05%
  • 前年に30万円以上の利用:さらに+0.05%
  • 誕生月:+0.1%
入会後3ヶ月の間に誕生月があれば、キャッシュバック率は0.5%になりますから、10万円の利用で500円のキャッシュバックを受けることが出来ますね。

現金払いの場合、キャッシュバックは0円ですから、デビットカードを利用するだけで、500円キャッシュバックが受けられるのは嬉しいですよね。

また、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードを利用して購入した商品の破損、盗難による補償や、カードの不正利用に対する補償も付帯しているので安心です。

カード名称 三菱東京UFJ-VISAデビット
発行銀行 三菱東京UFJ銀行
国際ブランド VISA
年会費 初年度無料
次年度税込1,080円
年10万以上の利用で次年度無料
15歳~23歳の方は年会費無料
特徴 利用額の0.2%をキャッシュバック
ショッピング保険付帯・不正利用補償あり

SURUGA Visaデビットカード

スルガ銀行が発行する「SURUGA Visaデビットカード」

カード名称 SURUGA Visaデビットカード
発行銀行 スルガ銀行
国際ブランド VISA
年会費 無料
手数料 無料
特徴 スルガ銀行が発行するカードで、キャッシュカード一体型
の「VISAデビットカード」です。
全国のコンビニATMと、全国のゆうちょ銀行ATMでチャージ
が出来るので、遠方に外出した時でも便利に利用すること
が出来るカードです。

あおぞらキャッシュカード・プラス

あおぞら銀行が発行する「あおぞらキャッシュカード・プラス」

カード名称 あおぞらキャッシュカード・プラス
発行銀行 あおぞら銀行
国際ブランド VISA
年会費 無料
手数料 無料
特徴 あおぞら銀行が発行するカードで、口座のキャッシュカード
とデビットカードが一体化されたカードです。
全国のゆうちょ銀行のATMでも、手数料無料で利用出来ます。

JNB Visaデビットカード

ジャパンネット銀行が発行する「JNB Visaデビットカード」

カード名称 JNB Visaデビットカード
発行銀行 ジャパンネット銀行
国際ブランド VISA
年会費 無料
手数料 無料
特徴 ジャパンネット銀行が発行する、VISAデビットカードで、
JNB銀行のキャッシュカードとして利用出来ます。
「第三社不正使用保険」も付帯しているので、万一の不正利用
にも対応しているので安心して利用することが出来ます。

上記の3つは年会費、手数料が無料で、銀行のキャッシュカードと一体型の「VISAデビットカード」となっていますから、このデビットカード1枚あれば、海外でも利用出来るので通常のクレジットカードを持っているのと同じ状況となりますね。

クレジットの意味は、利用する方の考え方次第で変化する!

クレジットカードが便利な理由の一つに、後払いでゆっくり支払が出来る点が挙げられますが、返済時には手数料が必要となります。(1回払い・2回払いは手数料不要)

  • 5万円の商品を月1万円のリボ払いで購入
  • 返済回数は6回必要となり、月10,400円必要
  • 支払合計は52,000円で、手数料2,000円が必要となる

リボ払いだと上記のようになりますが、これを月1万円貯金して5か月頑張れば5万円貯金することが出来ますよね。貯まった5万円で商品を購入すれば、手数料の2,000円は不要となります。

このように、結果として欲しいものを今直ぐ「クレジットカード」で購入して、5ヶ月支払うのか、5ヶ月貯金して購入するのか、考え方の違いだけなのです!

ただ、ネットショッピングなどではクレジットカードが無いと決済出来なかったりするので、クレジットカードは必要なアイテムとなってきていますね。

そのようなアイテムとして利用するのであれば「VISAデビットカード」でも、十分クレジットカードと同じように利用出来ますよ。

記事内では3つのデビットカードを紹介しましたが、他の銀行からもデビットカードは発行されています。

「デビットカードの特集記事」この記事の中で国内のほとんどのデビットカードが紹介されていますから、是非ご覧ください!

未成年の方はクレジットカードの使い始めが肝心です!

親権者の承諾が必要となって来ますけど、未成年の方はクレジットカードを取得するにはチャンスな年代です!特に学生の方は「学生専用カード」が、とてもお薦めですね!

そこで、クレジットカードを利用する時は「使い始めが肝心」だと言うことを忘れないでくださいね!これからの人生を良くするも悪くするも、クレジットカードの使い方次第です。

「カードライフ」をスタートさせた今、正しい使い方を身につけておくことが重要なのですよ!

メニューを閉じる