三菱UFJニコス「VIASO(ビアソ)カード」

年金受給者の方も申込可能!
年会費無料高還元!VIASOカード

年金をもらうシニア世代!クレジットカードはどうなる!?

年金をもらうシニア世代!クレジットカードはどうなる!?

クレジットカードは、一体何歳まで作ることが可能なのでしょうか!?働いている大人の方であれば何歳でも可能なように思えますが、改めて考えると会社員にも定年と言うものがあります。

クレジットカードの申込み条件は「安定した収入があること」となっていますが、定年退職してしまうと「安定した収入」が無くなってしまいますよね。

退職後は年金をもらうはずですが、年金は収入になるのでしょうか!?今回は、60代以上のシニア世代の方がクレジットカードを利用しようとした時には、年齢制限やクレジットカードへの申込み、既に持っているカードはどうなるのかを解説していきます!

シニア世代がクレジットカードを申込む時、年齢制限はある!?

クレジットカードを作成することが出来る年齢の上限は、特に規定は無いようですが、ただ「安定した収入」と言う条件はクリアしないといけませんので、定年退職しても何らかの収入を得ている状況でないと取得は難しくなってきます。

クレジットカードでは、年金も収入として認められる!?

では、65歳で会社を退職し年金受給者となった場合、受給する年金は収入として認められるのかと言うとカード会社の判断による所が大きいですが、ほとんどの場合「認められる」ようです!

  • 会社を退職して年金受給者となった!
  • 自営業を行いながら年金を受給している!
  • 年金も収入として認められる!?
  • ほとんどのカード会社で年金は収入と認めている!
  • 但し受給総額は年間200万円がボーダーとなる!

ただし、年金の総受給額が200万円を下回ると難しくなってきます。月々の支給額が20万円前後であれば何とかなるでしょうが、月に20万円の年金受給者は少ないのが現状ですね。

年齢制限はあり!カード会社によっては70歳が上限となる!?

カード会社によっては、年齢の上限を70歳に規定している所もあるようですが、はっきりした情報はどの会社も社外秘となっていますので、上限年齢を確定させることは難しいですね。

色んな情報を調査しましたが、68歳で新規申込みを断られたケースもあれば、72歳で新規取得出来たケースもありますので一概に言い切れる条件では無いようです。

  • カードに申込める年齢は70歳が上限となっている!
  • ただカード会社で規定される年齢に差があるのが現状
  • 68歳で申込みをして審査落ちしたケース
  • 72歳で申込みをして審査通過したケース
  • 年齢だけでなく申込み者の属性が大きく影響している模様!

やはり、年齢だけで無く「個人の属性」が重要になってくるのでしょう!

シニアの審査通過には、年齢だけでなく他の属性も重要になる!

申込み年齢だけでなく、その他の属性も審査通過の重要な要素となっています。例えば、次のような状況で比べてみましょう。

審査に必要な、シニア世代の属性比較表!

属性 Aさん Bさん
年齢 65歳 70歳
性別
職業 自由業 自由業
住居 借家 自己所有
居住年数 10年 20年
年収 250万円 250万円
配偶者
同居家族 2人 0人
他社借入 1件/50万円 0件/0円

上記のAさんとBさん、どちらが審査通過の可能性が高いと思いますか?答えから言うと、Bさんの方が審査通過の確率は高くなります。

シニア世代でも審査通過ポイントは総合評価される!?

年齢だけを見るとBさんの方が高齢ですが、年収は二人とも同じ250万円で最低ラインの200万円はクリアしていますね。ですが、Bさんの方が良い属性とされているのは、次の3つです。

  • 住居が自己所有なので財産があると判断されている
  • 1人暮らしなので年収を全て使用可能な為、返済能力が高いと判断される
  • 他社借入が無いので返済能力が高いと判断される

この比較表は100%ではありませんがほぼ間違無く、上記のような属性評価の判断をされるでしょう。さらに、信用情報機関に紹介してクレヒスを確認し、Bさんが住宅ローンも延滞なく完済していて、過去に金融事故などの履歴が無ければ高い確率で審査通過出来ることでしょう。

  • 信用情報機関へのクレヒスの紹介で詳細を確認される
  • 住宅ローンも完済している
  • 過去に延滞などによる金融事故もない
  • 上記の状況であれば高い確率で審査通過する!

このようにシニア世代の方でも、全体の属性が良ければ年齢に関係無く審査通過出来て、クレジットカードを発行してもらえることになるのです!

年金受給者の方も申込可能!年会費無料高還元!VIASOカード

三菱UFJニコスが発行しているVIASOカードは、申込資格が18才以上で電話連絡可能な方とされていて、年金受給者の方や主婦の方でも申込が可能なカードです。

年会費も永年無料ですから維持費がかかりません。ネットショッピングにも強くVIASO eショップ利用で最大10%と高還元です。

ネット上の不正利用を補償してくれるオンライン不正利用補償が付帯してますから、安心してネットショッピングを楽しめます。

また、付帯する海外旅行保険は、旅行先でのケガや病気の治療代も補償してくれる傷害・疾病補償も付帯していますから安心できますね。

三菱UFJニコスが発行する、VIASO(ビアソ)カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
ポイントは自動的に引落し口座にキャッシュバックされますので、ポイント交換手続きの手間が省けるのも魅力ですよ。

ゴールドカードを持ちたい年金受給者の方にはMUFGカード ゴールド

年金生活でもゴールドカードを所有したいという方におすすめなのが、MUFGカード ゴールドです。

MUFGカード ゴールドは年会費わずか1,905円(税別)で持てるゴールドカードで、年金受給者の方でも申し込みが可能です。

格安年会費にも関わらず、空港ラウンジが無料で利用できたり、国内・海外旅行保険の他、ショッピング保険や国内渡航便遅延保険も付帯します。

MUFGカード ゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
ツアーデスクを利用すれば、国内・海外旅行代金が最大で5%割引になる優待もありますから、旅行好きの方にもおすすめですね。
シニア世代の方に対しての申込み年齢条件は、各カード会社で様々な状況となっています。

申込むカードによっては、審査対象にもならない可能性もあります。どのカードかがはっきりしないのがもどかしいところですが、次の章で解説するカードであれば問題無いですよ!

現代だからこそ!?シニア世代専用のクレジットカードが登場!

シニア世代の方へのクレジットカードの新規発行はカード会社で異なると説明しましたが、なんとシニア世代専用のクレジットカードも誕生しているのです!

男性は満65歳以上、女性は満60歳以上のシニア世代の方で無いと、申込むことが出来ないクレジットカードが誕生していましたのでご紹介しましょう!

JR東日本発行の「大人の休日倶楽部ジパングカード」

JR東日本グループが発行する「大人の休日倶楽部ジパングカード」は、シニア世代専用のクレジットカードなのです。JRが発行しているVIEWカードがベースなので、きっぷ代や会員だけの格安ツアーなど、旅行やJR利用に特化したサービスのクレジットカードとなっています。

  • 男性満65歳、女性満60歳以上でないと入会出来ないシニア専用カード!
  • JR東日本が発行する、大人の休日倶楽部ジパングカード!
  • VIEWカードがベースなのできっぷなど旅行にお得な付帯サービス!

シニア世代専用のクレジットカードは、この「大人の休日倶楽部ジパングカード」以外には見当たりませんので詳しく説明しておきましょうね。

申込年齢 男性は満65歳、女性は満60歳以上
夫婦で申込の場合はどちらかが満65歳以上
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
年会費 個人会員:4,285円(税込)
夫婦会員:7,320円(税込)
付帯機能 Suica
支払い方法 1回・ボーナス一括・分割・ボーナス併用
・リボルディング・繰り上げ返済
利用限度額 15万円~40万円
付帯保険 海外旅行保険:最高500万円/自動付帯
国内旅行保険:最高1,000万円/利用付帯
カード紛失・盗難保険
サービス特典 きっぷ割引など(詳細は別途「サービス内容」参照)

国際ブランドは「VISA・MasterCard・JCB」の3大ブランドから選択が可能となっているので、お好きなブランドをチョイスすることが出来ます。

上記表内で「大人の休日倶楽部ジパングカード」の一番の特徴は、利用限度額にあります。15万円~40万円となっているのは、申込者誰もが定額の設定では無く審査の結果で、個人毎に設定される仕組みとなっているのです。

  • 最初は利用限度額15万円でスタート
  • 利用実績を積んでいくと最高額の40万円に増枠される!
  • キャッシングサービスは付帯しない!
  • シニア世代ではキャッシングに頼ることはほとんど無い!
  • 第2の人生を楽しむ為のクレジットカード!

上記のようにシニア世代の方専用のクレジットカードは、生活を楽にする為の役割では無く、第2の人生を楽しむ為のクレジットカードとして発行されているのです!

「大人の休日倶楽部ジパングカード」のサービス内容一覧

JR東日本グループが発行している「大人の休日倶楽部ジパングカード」

「大人の休日倶楽部ジパングカード」はさすがシニア世代専用のカードだけに、シニア世代の方にとって充実したサービスが用意されています。

  • JR東日本・JR北海道管内のきっぷが何回でも30%OFF
  • 日本全国のJR線が3回まで20%、4回~20回まで30%OFF
  • ツアー商品など「びゅう国内旅行商品」が同行者も含めて5%OFF
  • 会員限定の割引きっぷや割引ツアーが利用出来る
  • ご夫婦2人で入会すれば、3,035円も年会費がお得!

上記のようにJR利用の旅行などがとてもお得に利用出来るクレジットカードとなっています。もちろん国際ブランドカードなので、世界中の提携ショップで利用可能なのです。

上記のサービスの中でもやはりJR東日本が発行しているだけあって、JR関連のサービスはとてもお得となっていますよ!

  ★4日間乗り放題15,000円サービスを利用したケース
プラン 東京~仙台、仙台~青森を旅行し、帰りは横浜まで足を伸ばし
中華街で食事をして東京へ戻る
通常利用の料金 東京~仙台:11,000円
仙台~青森:11,010円
青森~横浜:17,480円
横浜~東京:470円
JR代合計:38,960円
お得料金 23,960円

「4日間乗り放題15,000円サービス」を利用した場合の最大の差額はなんと、23,960円にもなるのです!

また、電子マネー「Suica」が付いているので、普段の電車など交通利用も楽々なので、まさに、JRに特化したクレジットカードとなっているのですね。

シニア世代だからこそのユニークな特徴!申込みは郵送のみ

最後に「大人の休日倶楽部ジパングカード」には、他のクレジットカードに無いユニークな特徴があります。現代では、インターネットからの申込み方法が主流となっているのに「大人の休日倶楽部ジパングカード」の申込みは「郵送」のみなのです!

申込み方法までもがシニア世代専用となっているのには驚きです!

学生専用クレジットカードがあることは知っていましたが、シニア専用のクレジットカードがあるとは知りませんでした!?

本当に記事内にある年齢以下の方が、申込むことは出来ないのでしょうか?

そのとおり!男性満65歳以上、女性満60歳以上で無ければ入会資格はありませんよ。ただし、男性女性とも満50歳以上であれば「大人の休日倶楽部ミドルカード」の利用が出来ます。

いずれにしても20代や30代の若者が、入会することは出来ないカードとなっているのです!

カード会社から見たシニア世代とは!?「ゆとりのある世代」

シニア世代の方がクレジットカードを利用したいと希望する場合、動機は様々ですがカード会社では30代や40代とは違う利用方法をすると見ています。

クレジットカードを利用したいと希望する方は「リボルディング」であったり「ポイント獲得」であったり、中には「キャッシング枠」の利用を目的とした方もいますよね。

カード会社もその辺は心得ていて、ニーズに合わせたカードを用意し発行してきています。しかし、60代以上のシニア世代に対しては他の年代の方とは見方が異なっています。

シニア世代は、時間とお金にゆとりの生活が出来る!?

カード会社では、年金収入を安定した収入と捉えている点では、消費者金融とは違う観点で捉えていますが、消費者金融会社の場合は年金だけの収入では「安定した収入」とは捉えていませんから、年金受給のシニア世代の方では消費者金融の審査は必ず落ちます。

  • クレジットカード会社では年金も収入と捉えている!
  • 消費者金融会社では年金は収入とならない!
  • 消費者金融会社への申込みは68歳の年齢上限が存在する!

そもそも、消費者金融では申込みの年齢上限は68歳となっている会社がほとんどなので、70歳では申込みすることさえ出来ません。

この違いを見ても判るようにクレジットカード会社ではシニア世代の方が「お金を借りる、又は生活が苦しいのでカードを利用する」とは見ていないのです!

  • 現役時代の貯えと年金収入でゆとりの生活をしている
  • 現役時代の忙しさから、自分の時間で旅行を楽しむ
  • 手持ちの無い時に、欲しい商品をカードで購入する
このような感じで、時間とお金に「ゆとりのある世代」だと見ているのですよ。先の「大人の休日倶楽部ジパングカード」の内容を見てお判りのように、カードのサービス内容は「ゆとりのある方、前提」で設定されています。

実際に、会社を退職した方は年齢的にも住宅ローンも完済し、退職金も入りお金に困窮する生活では無いはずですものね。

シニア世代の方はクレジットカードで無理をしてはダメです!

先に触れた消費者金融会社の年齢上限は、最高でも69歳です。これは、返済能力を考慮して決定されているのでクレジットカードにも当てはまると言えるでしょう。

  • 消費者金融会社が設定している年齢上限69歳は返済能力を考慮してある!
  • クレジットカード利用の多くの返済をしなくて良い利用が重要!
  • クレジットカードでの無理な利用は生活を困窮させる原因になる!
  • 生活を楽しくする為のアイテムとして利用しよう!

返済能力は個々で異なってきますが、社会的にお金を借りる行為は70歳がボーダーラインとなると思われます。ですから、シニア世代の方はクレジットカードで無理な利用をしないようにしてくださいね。クレジットカードは生活を応援する為のアイテムなのですからね。

ネットショップで利用するならデビットカードも便利!

三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJ-VISAデビット」

シニア世代の方は、ネットショッピングは利用されないと思いますが、中には利用したいと思われている方もいらっしゃるかも知れませんね。

そんな方は、先に紹介した「大人の休日倶楽部ジパングカード」でも良いですし「VISAデビットカード」でも利用することが出来ます。

いまさら「クレジットカードはちょっと嫌かな」と思われる方には「VISAデビットカード」をお薦めします。デビットカードは通常のクレジットカードとは違って、銀行口座から即時決済にて引き落しがされるカードなのです。

  • ネットショッピングで買い物をしたい!
  • クレジットカードは欲しくないがカード決済出来るカードは無いの!?
  • 出来れば全国どこでも利用出来ると嬉しい!
  • 使い方が簡単な方が良い!

上記のご希望を叶えるならデビットカードの利用がベストですね!通常のクレジットカードと同じく「VISAの国際ブランド」なので、国内どころか世界中の加盟店で利用することが出来ます。

デビットカードについてはサイト内に詳しい記事がありますので、そちらをご覧頂くと良く判りますよ。

「クレジットカードとデビットカードの違いを大解説!」こちらの記事を是非ご覧ください!

クレジットカード会社ではシニア世代の方は、生活にもお金にもゆとりのある世代であると考えていますが、直接お金を貸し出す消費者金融会社では、返済能力が劣る世代として申込みすら出来ないのです!

考え方が異なるのは、クレジットカードはエンターテイメントを提供する考え方があるからなのですよ。

シニアの方へ!ゆとりの生活でこそクレジットカードが生きる!

シニア世代の方がクレジットカードを利用する場合は「ゆとりの生活」の中で利用してこそ、カードの力が十分発揮されます。「ゆとりまではいかないけれど、便利なカードは使ってみたい」と、思われているシニアの方にはデビットカードの利用をお薦めします。

現金で購入するよりも、ポイントやキャッシュバックがあるので、簡単でお得に買物が出来ますよ。それぞれの生活水準に合ったクレジットカードを選んで利用することが、第2の人生を楽しむポイントだと思いますので!

メニューを閉じる