在籍確認無しでカード発行の可能性有
高還元オリコカード・ザ・ポイント

絶対に連絡はあるの!?クレジットカード審査の在籍確認!

絶対に連絡はあるの!?クレジットカード審査の在籍確認!

クレジットカードを申込むと大抵の場合「在籍確認」が行われます。大抵と言うのは在籍確認をされないケースもあるからなのですが、ほとんどの場合は「在籍確認はある」と考えていたほうが良いでしょう。

「会社にバレるのは嫌だし、なんだか嫌な気分になってしまう!?」そんな理由でクレジットカードに申込むのをためらっている方もいるのではないでしょうか?

在籍確認に不安を感じている方に在籍確認の内容や、なぜ在籍確認を行う必要があるのか?もしかすると在籍確認を回避できるかも知れない方法も存在しますので、併せて解説して行きましょう!

必ず勤務先に連絡される!在籍確認が行われる審査基準とは!?

クレジットカードを申込むとなぜ在籍確認が必要なのでしょう!?しかも在籍確認は必ず勤務先に電話があります。クレジットカードの審査基準を紐解けばその疑問は解決することが出来るはずです!

ここではクレジットカード審査で在籍確認が行われる理由を、判りやすく解説して行きますね。

支払能力に関係!?個人情報の勤務先情報に虚偽が無いか確認!

クレジットカードへの申込み条件では「安定した収入がある」ことが大前提となります!

安定した収入があることを証明するには、直近の給与明細や前年度の源泉徴収票を提出すれば簡単に証明することが出来ますが、最近ではほとんどのカード会社で収入証明は不要となっています。

  • 信用情報機関の情報精度が向上している!
  • 申込み時のハードルを下げることでカードが普及する!
収入証明が不要となってきている理由としては上記が主な理由となっています。

信用情報機関ではブラック情報を共有化出来るCRINと呼ばれるシステムも存在しているので、勤務先情報に間違いが無ければ安定した収入があると認定するようになっているのです。

  • 申込み時の勤務先情報に間違いがないか在籍確認を行う!
  • 在籍確認で存在が確認されなければ審査通過出来ない!
  • 在籍確認は申込み時に申告した勤務先の電話番号に掛かってくる!

このように申込み時に申告した勤務先に虚偽が無いかを確認するために在籍確認は行われるのです!

ホントの話!?在籍確認は100%行われていない!

さて安定した収入があることを証明するためにカード会社は在籍確認を行うのですが、実はクレジットカードを申込んだからと言って100%在籍確認が行われてはいないのです!

これはクレジットカード会社によって異なりますし、担当者の考えに寄るところが大きいので一概に「どの会社は在籍確認を行なわないのか」までは判りませんが、元カード会社勤務の方などの意見を聞くと同じことを言われています。

申込者全てに在籍確認を行なうことは大変な労力と時間が掛かる結果となり、会社的には不利益になってしまうので在籍確認を行なわず本人確認のみで終わらせるケースも多々あります!

これを聞くと、信憑性があり納得出来る内容であると思いますね。カード会社も利益が無ければ成り立ちません。

利益を出すにはクレジットカード利用者がたくさんいないと行けない訳で、どれだけ会員を保有するか、回収率をいかに100%に近づけるか、それが重要になっていることは間違いないでしょう!

  • クレジットカード会社では申込み者全員に在籍確認は行われていない!
  • 在籍確認には人手と経費が多く掛かってくる作業!
  • 全ての在籍確認を行うことは会社にとって不利益に繋がる!
  • 本人確認で終わらせるケースも多々ある!
  • 会員確保が重要なことであるため!

その為には、申込者が返済を行なえる人間かどうかを判断する、担当者の技量が問われてくると言うことなのですね。

消費者金融会社では在籍確認は必須!?本人確認と同時に行う!

ここで誤解の無いように少しご説明を加えておきましょう!先の在籍確認について、申込み者全員に行われない旨の説明をしましたが、これはあくまでもクレジットカード会社のケースであり、消費者金融会社が扱うカードローンなどの商品では在籍確認はきちんと行われます!

  • 消費者金融会社のカードローンなどは在籍確認が行われる!
  • 100%で無いのはクレジットカードのケース!
クレジットカードは直接お金を借りるのでは無く、商品代金を立て替えてもらう仕組みですよね。

一方で消費者金融会社のカードローンなどは直接お金を借りる商品です。

この違いが最も大きく、適用される法律が異なることからなのですね。

  • クレジットカードは割賦販売法が適用される!
  • カードローンは貸金業法が適用される!

但し、クレジットカードのキャッシングを希望すれば貸金業法が適用されるので、在籍確認は行われる可能性が高くなってきますよ!

お金を借りるという意味ではクレジットカードもカードローンも違いはありません。では商品を購入することを目的とした場合にはどちらを利用する方がお得なのでしょう!?

当サイト内にクレジットカードとカードローンを比較した記事があり、この記事内でそれぞれのお得度が解説されています。

「違いはある!?クレジットカードとカードローンを比較!」この記事を読んで頂ければご自分のスタイルにどちらが合っているか知ることが出来ますよ!

昔では在籍確認はクレジットカード会社でも必ず行われる審査項目でしたが、最近では省略するカード会社も多くなってきています。

それだけクレジットカードが普及している証拠で、楽天カードなどは在籍確認無しでカードが発行され、本人確認もカード到着時に行われるようになっていますよ!

在籍確認は本当にスルー出来る!?ケース別に解説!

ここで、在籍確認を本当にスルーすることが出来るのか!?出来るとすればどのようなケースの場合可能となるのかを解説して行きましょう!

取材元は元カード会社勤務の方で、公開できる範囲で入手した情報をまとめていますので、信ぴょう性は高くなっています!

申込みが集中する季節!?春先は多忙なのでスルーが多い!

申込みが集中し担当者の手が回らない状態だと、スルーするボーダーが引き下げられるようですから、申込みが集中する春先はスルーされる方が必然的に多くなってきます!
  • 担当者1名当たりの受持ち件数が増えてくる!
  • 申込み者に対しては迅速な審査を行い回答する必要がある!
  • 信用情報機関に紹介して問題なければ本人確認で審査を終了する!
  • 結果として在籍確認はスルーすることとなる!

このように出来るだけ多くの申込者に対応しないといけないので、クレヒスに問題が無い場合は在籍確認を省くようにボーダーが引き下げられる訳です!

クレヒスで、勤務先情報が同じ場合もスルー!

在籍確認は返済能力を担保する上で、勤務先にきちんと勤めているか確認をすることを目的として行なわれますから、次のケースの場合は在籍確認がスルーされる可能性が大きくなってきます。

1:○田さんは3年前に、A社のクレジットカードを申込んで利用しています。
2:今回、B社のクレジットカードに新規申込みをしました。
3:勤務先は〇〇株式会社で3年前と変わらず、同じ会社に勤務し今年で6年目です。
4:A社のクレジットカードでは返済などに問題は無く、3年間切れ間無く使っています。

「○田さん」の申込みを受けて、B社の担当者は次の手順で審査を開始します。

1:申込み情報から情報信用機関に紹介をします。
2:「○田さん」のクレヒスは事故歴も無く良好なクレヒスとして登録されていました。
3:「○田さん」の勤務先情報も3年前に登録された会社と一致していたので、現在も勤めている状況だと判断されます。
4:3年間途切れること無くカード利用して、返済もきちんと行なっています。
5:その結果、在籍確認は行なわず本人確認の電話連絡のみで審査をすることにしました。

以上のような流れになり、在籍確認がスルーされることになっています。

在籍確認がスルーされる2つのポイント!

在籍確認がスルーされることとなったポイントは、次の2つです。

  • クレジットカードを作った後の3年間は良好なクレヒスであったこと!
  • 登録された会社名と一致しているので転職していないと確認出来たこと!
この2点が、B社の担当者が在籍確認をスルーする判断をしたポイントなのです。

良好なクレヒスであり会社名も変わっていなければ、当然、勤務年数は長くなっていますから、入も3年前よりは増えていると考えられます。

そうなれば返済能力はかなり高く、問題ないと判断することが出来ますからね。

審査がスピードが早い!楽天カードは在籍確認なしで発行できる可能性あり!

先にご案内した通り、クレヒスの実績が良い方、勤務先に変更がない方は在籍確認なしでカード発行できる可能性があります。

30分ぐらいのスピード審査を行っているケースの場合、理屈からしても在籍確認を行っている時間がないという事にもなります。

楽天カードの場合、基本的には※30分ほどのスピード審査を行っています。
※例外もあります

また、他のサービスで本人確認が取れているケースでも、在籍確認を省略する可能性が高いです。

他のサービスとは、例えば楽天カードの場合、カードに申し込みをした方が既に楽天銀行で口座開設をしていれば、楽天銀行で本人確認が取れていると判断できます。

楽天カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
楽天カードは、顧客満足度指数調査で8年連続NO.1を獲得した、人気のカードです。

審査スピードが早く、どこで利用しても1%の還元率、楽天市場での利用は4%以上の高還元となります。

年会費が無料ですから、持っておいて損はないですね。

OricoCard THE POINTも審査スピードが早い

オリコカードも審査スピードが早いカードです。

下記の通り、原則24時間以内に審査結果の連絡が届きます。

審査状況によっては時間がかかる場合がありますが、原則24時間以内で完了します。
引用元:オリコ公式ページ

断定はしかねますが、クレヒスの実績が良くて、勤務先の変更がない方は、在籍確認をスルーできる可能性がありますね。

OricoCard THE POINTは、年会費が無料です。どこで利用しても通常還元率は1%、入会半年間は2%の高還元カードです。

オリコモールの活用で、Amazonでの還元率が2%(入会半年は3%)の更に高還元になります。ポイント交換のスピードが早く、Amazonギフト券などに即交換ができます。

トラベルサポートも充実していて、オリコ旅行センターを活用すれば、海外パッケージツアーが3~8%割引、国内パッケージツアーが3~8%割引などの優待もあります。

割引の適用は旅行代金をオリコカードで決済する必要があります。

旅行代をオリコカードで決済すれば、ポイントも一気にたまりますね。たまったポイントも、1000ポイント1000円のレートで旅行代金に充当できますよ。

オリコカード・ザ・ポイントカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

在籍確認をされるケース!遅延、会社名の違いはまずい!?

逆に「○田さん」が次の状況であれば、在籍確認を行なう判断となったでしょう。

  • 2ヶ月連続して返済が遅延していた(遅延損害金を含めて返済済)
  • 3年前に登録された会社名と申告された会社名が異なっていた

上記の状況であれば、次のような疑問が担当者に浮かんできます。

  • 返済が連続して遅れた理由はお金に困っているから?
  • 勤務先が変わっているので年収が申告通りか疑わしい!?

このように疑われてしまうので在籍確認してきちんと会社に勤めているか確認する必要が生じますし、加えて「収入証明書類」の提出を求められて、収入の確認もされるかも知れませんね。

クレヒスとはこのように、とても重要なものであり、勤務年数も長ければ収入アップしているいと判断されますが、会社を転々としていると年収も順調に上がっているとは思われませんので、収入の確認も必要になるのです!

先にコメントした通り在籍確認が行われないカード会社もありますが、確認する場合としない場合が混在するカード会社もあります。

記事内にあるケースでは在籍確認が行われないことになりますが、現代では会社に在籍確認があっても、違和感は無いと私は感じています!

在籍確認は「個人名か会社名」どちらで行なわれる!?

それでは在籍確認はどのように行なわれるのか、ご説明したいと思います。最初にクレジットカード会社と消費者金融会社とでは完全に違う点がありますので、勘違いされないようにその点をご説明しておきましょう。

クレジットカード会社と消費者金融会社の在籍確認の違い!?

クレジットカード会社と消費者金融会社とでは、会社名でかかってくるのか、個人名でかかってくるのか違いがあり、クレジットカード会社の場合は「個人名とカード会社名」両方のパターンがあります。
  • 〇〇カードですが、○田さんはいらっしゃいますでしょうか?
  • △川と申しますが、○田さんはいらっしゃいますか?

クレジットカード会社では、このように会社名の場合と個人名の両方のパターンがありますが、消費者金融会社の場合は次のように完全に個人名でかかってきます!

  • △△と申しますが、○田さんはいらっしゃいますでしょうか?

サイトで良く「在籍確認は個人名でかかってくるので、お金を借りたとは判りません」と説明されていますが、全ての会社が個人名でかけてくるのは消費者金融会社のケースのみですよ!

クレジットカード会社の場合は、会社名、個人名両方あることを覚えておいてくださいね!

受付の女性に「根回し」しておくと安心かも!?

在籍確認で少しでも安心する為の方法の1つとして「受付の女性に根回しをしておく」のも良い方法ですよ。ただし、その女性の性格にもよりますので、絶対安心出来ることでは無いのですが・・

  • 受付の女性に予めカード会社から連絡があることを伝えておく!
  • ドキドキして待つよりは安心出来るかも知れない!?
  • お喋りな女性だと変な噂にされる可能性もある!?

噂好きの女性だったり、何でも勘ぐる女性だったりする場合は、逆効果になることもあるので選択は慎重にしないといけませんね。

「個人名」の場合でも、会話から気付かれることが!?

在籍確認で電話がかかってきた時にたまたま外出していて「○田は只今外出しております」となった場合は、会社に勤務していることは確認出来たのでそれで終了となります。

しかし、会社にいる場合は電話を取り次がれることになるので、カード会社と会話をすることになりますよね。会話の内容は大したことでは無く、名前の確認と生年月日くらいですかね。

でも、会社の電話で相手に向かって「生年月日を答える相手って誰?」って周りは思ってしまいますよね。勘のいい方は「ピン」ときてしまうでしょう。

在籍確認は恥ずかしくない!カードを持つ誰もがとおる道!

在籍確認を受けるポイントは、クレジットカードを作ることを恥ずかしいと思わないことです!クレジットカードを持っている方は誰もがとおる道なのですから!

今やクレジットカードは1人が何枚も持つ時代ですし、海外旅行では必須アイテムとなっていて持っていて当たり前ですよね。クレジットカードを作る時には誰もが経験することなので、堂々としていればいいのです!

誰もが経験することなので、在籍確認は当たり前だと思えば良いのですよ!

在籍確認は基本的には個人名で行われることが多いですね。覚えておきたいことは銀行系カードでは会社名で行われ、信販系カードでは個人名で行われるケースが多いと言うことです。

どちらにしても在籍確認は当たり前になっている時代ですから、昔のように恥ずかしいと思わなくて良いですよ!

派遣会社の場合!現代だからこそ在籍確認がスルーされる!?

在籍確認がスルーされる可能性のあるケースを先に説明しましたが、現代だからこそカード会社の方があえてスルーするケースもあるのです。

「個人情報保護法」と言う法律のおかげで、ある職種の場合は在籍確認を行なわずに携帯電話への本人確認で済ませる場合があるのです。

「派遣会社」の場合は、在籍確認がない!?

全てとは言えませんが、多くの場合派遣会社への在籍確認はスルーされるようで、理由は派遣元の会社が「在籍確認を拒否する」ようにしているからなのです!

派遣社員の場合申告する会社名は「派遣先の会社」でなく「派遣元の会社」を記入します。派遣元の会社では多くの方の情報を管理し、派遣先の会社も多く存在します。

当然、同姓同名の方も複数存在する可能性が高くなってきますので、派遣元の会社では在籍確認のような問い合わせについては、マニュアルが作成されているのです。
「そのような問合せには個人情報保護の観点から、お答え出来ないことになっております」

こんな回答が対応マニュアルとして、用意されているのです。

  • 同姓同名の人が複数存在する状況にある
  • 同業者がカード会社の在籍確認を利用して、提携先の企業名を探っている
  • 多ければ数百人の管理を1部署で行なっているので対応しきれない
  • 実際に社内情報が個人情報と定義され、社内規定によって公表出来ない

在籍確認を拒否する理由には、上記のような理由が挙げられますね。

それでも派遣社員の方は、喜んではダメなのです!

このように派遣社員の方の在籍確認は、確率的には低くなってきます。だからと言って、両手を挙げて喜んではダメですよ!

在籍確認が出来ないと言うことは、審査通過のハードルは高くなってくるのですからね。例えば、審査合格ラインギリギリだったとして、勤務状況が確認出来れば、なんとか審査クリア出来る状態だったとします。

  • 一般会社員の方だと会社に在籍確認を行なって審査通過出来る
  • 派遣社員の方の場合在籍確認が出来ないので審査不合格となる!

クレヒスが良好な場合はラッキーかも知れませんが、合否ギリギリの方の場合は審査落ちの可能性が高くなってくるのです!

派遣会社では通常の会社にないシステムが取り入れられている場合が多く、在籍確認しても存在を答えない会社があります。

一般の会社以上の契約者がいるので、一人の個人情報を把握するのが難しい状況だからなのですね。

在籍確認は審査通過へのサイン!?あと一歩でカード発行!

在籍確認があったと言うことは、審査通過に大きく近づいています。在籍確認されたと言うことは、近々にクレジットカードを発行してもらえると言うことなのですから、嬉しいお知らせなのですよ!

在籍確認が行なわれるタイミング!?審査最終段階!

在籍確認が行なわれるタイミングをご説明しておきますね。これを知れば、逆に在籍確認が待ち遠しくなる方もいるかも知れませんね。

  • 1:クレジットカード会社へ申し込みを行なう
  • 2:コンピューターによる審査
  • 3:申込者の属性のスコアリング作業(点数を付ける作業です)
  • 4:信用情報機関への紹介(クレヒスの確認を行ないます)
  • 5:★「勤務先への在籍確認」
  • 6:収入証明書類などの資料提出(必要な場合)
  • 7:本人確認
  • 8:クレジットカードの発行

このような手順になっていて「在籍確認」は、5番目の★マークの場所で主な審査は完了していますから、ほとんどカード発行確実です!

ただ、申告情報の年収に「ウソ」があった場合、6:の書類確認で審査落ちとなってしまいますから申告内容は要注意ですよ。例えば、年収250万円を500万円と申告している場合だと「ウソの申告」をしたとなって、審査落ちしてしまいその会社ではカードを作ることは出来なくなります。

申告情報は出来るだけ正確に、間違った情報を申告しないようにしましょう。まして「ウソ」の申告は絶対にダメですよ!

在籍確認があればカード発行が目前であると記事内で説明されていますが、それは本当なのでしょうか!?

そうであれば、在籍確認を嫌がってはいけないと僕は思うのですが、教授はどうお考えでしょうか?

記事内でも説明しているとおり私も同感です!在籍確認は一通りの審査を経て行われるので、最終段階と言えますね。

申告した勤務先が間違いないと確認できれば、カード発行の手続きに移りますから、カード発行は目前なのです!

誰もが経験する、在籍確認は嬉しいお知らせ!

クレジットカード会社からの在籍確認は、自分の信用を高める為の手段として有効なもので、確認されることで返済能力を認めてもらえるのですからね。

しかもクレジットカードを持つ誰もが経験することなので、恥ずかしく思うことはないのですし、在籍確認があったと言うことはあと少しでクレジットカードが発行される嬉しいお知らせなのですから!

クレジットカードを所有する為にも、在籍確認は嫌がらず堂々と受けましょう!

メニューを閉じる