銀聯カード追加可能MUFGゴールド
安い年会費で作れるゴールドカード!

成長する中国事情!クレジットカードは問題なく利用可能!

成長する中国事情!クレジットカードは問題なく利用可能!

日本を抜いて世界No2の経済大国にまで成長した中国ではクレジットカードは、何の問題も無く利用することが出来ます。

中国人の方が海外旅行に良く出かけることは知られていますが、中国を訪れる外国人観光客の数も年々増加しているのです。

今回は、そんな中国事情を踏まえた中国でのクレジットカード情報について、詳しく解説していきましょう!

中国では銀聯カードが主流!?観光客は他のブランドを利用!

クレジットカードの世界7大ブランドの一つ「銀聯カード」は、中国人の方が最も利用するクレジットカードで中国全土のあらゆるショップで利用が可能となっています!

一方、外国人観光客の方が利用する国際ブランドは「VISA・MasterCard」が主流で「JCB・アメックス」も利用することがありますから、ここでは中国で最も利用出来るクレジットカードについて解説して行きましょう。

中国人の方が利用する銀聯カード!実はデビットカード!?

銀聯カードは世界で60億枚も発行されているクレジットカードなのですが、実はこの銀聯カード、そのほとんどがデビットカードなのです。

  • 低所得者でも持てるカードとして発行
  • 中国国内の銀行口座を作れば自動的に発行される

なぜクレジットカードではないの?

中国は世界No2の経済大国になったとはいえ、世界的には「先進国」として認めてもらうことが出来ていないのが現実なのです。

  • GDP(国内総生産)では世界2位
  • 中国国内での貧富の差は激しい
  • 中国独自の工業技術はまだ低い

このように、最も大きな問題は「国内の貧富の差が激しい」と言うところでしょう。

銀聯カードが発行される要因の一つでもあり、中国国民の大半がクレジットの与信審査にとおならい現実があるのです。

ですから、銀聯カードはデビットカードとして発行されているのですよ!

中国国内では、どこでも銀聯カードが利用出来る!

中国の現地通貨は「人民元」ですが、日本のお札のような精巧な作りになっていませんから容易に偽札を作ることが可能なので、ショップでは必ず偽札かどうかチェックを行います。

  • 高額の買い物で人民元を使うと嫌われる
  • 偽札チェックの手間が面倒
  • 人民元は100元札が最も高額な紙幣

人民元は最高額が100元(日本円で1,624円・2017年6月5日レート)、10万円の買い物をすれば約50枚もの人民元をチェックすることになるので、ショップ側は現金での支払いを嫌うのです。

このような状態では消費拡大に繋がらない為、中国政府の思惑もあり、銀聯カードを発行し中国国内どこでも利用可能にしたのですね。

つまり銀聯カードは中国政府が新たに作り出した「貨幣」と言っても良いでしょう。

銀聯カードはクレジットカードの国際ブランドとなっていますから、VISAやMasterCardと同様に世界中で利用することが可能なのです。

訪中外国人観光客の方は銀聯カードでなくても大丈夫!

ですが、中国に訪れる外国人観光客の方が利用するのは銀聯カードで無くても、大丈夫ですよ。

中国国内で銀聯カード以外、最も利用出来る国際ブランドはVISAカードとMasterCardとなります。

日本人の方が最も所持しているJCBカードも、最近では銀聯との提携などを行っていますので意外に利用出来るのですが、それでもVISAカードとMasterCardが利用出来るショップと比べると少ないのが現状です。

中国での各クレジットカードの呼び方!?

中国ではクレジットカードのことを「信用」と書いて“シンヨウカー”と呼んでいます。

  • VISAカード:威士
  • MasterCard:万事達
  • JCBカード:JCB
  • アメックス:美国運通

上記のように漢字で表示されますので、中国に行った際には参考にしてくださいね。

教授に教えて頂きたいことがあります。銀聯カードは60億枚も発行されているとのことですが、そんなに多く発行されているのであれば世界シェアはVISAカードを抜いてしまわないのですか!?

質問のとおり取扱高ではVISAを抜いたとの情報もあります。ただ、銀聯カードは純粋なクレジットカードで無くデビットカードがほとんどなので、クレジットカードとしてのカテゴリとして見れば疑問が残りますね。

60億枚ものカード発行枚数の理由については、記事内でも紹介している銀聯カードの特集記事を読むと判りますよ。

中国で長期滞在する場合!銀聯カードは必須アイテム!

観光目的で中国を訪れるなら、持って行くクレジットカードはVISAカード・MasterCard・JCBカードの3ブランドを持って行けば、全く困ることは無いでしょう!

ですが、海外赴任や留学などで中長期的に中国に滞在するのであれば、銀聯カードを1枚作っておくと、とても便利に生活出来ますよ!

VISAなどのクレジットカードは、少額決済を断られる!?

VISAカードなど銀聯カード以外のクレジットカードを利用するケースでは、少額の決済であればショップに断られる可能性がありますので要注意ですね。

もちろんショップにもよりますが、ショップ側に加盟店手数料が必要となってくるので銀聯カード以外のカードはあまり歓迎されません。でも数万円、数十万円の決済では問題なく利用することは出来ます。

ですが、赴任や留学の場合日々の生活物資の決済となるのでどうしても少額の決済になりますよね。

中国国内では銀聯カードの場合、加盟店手数料は「ゼロ」に等しいので、ショップとしては銀聯カード使用の方が有り難い訳なのです。

中長期に中国に滞在する予定の場合は、中国国内で銀行の口座開設を行えば「銀聯ブランド付きのキャッシュカード」を発行してもらえます。

  • 中国国内のショップでは加盟店手数料が不要な銀聯カードが喜ばれる!
  • 銀聯カード以外の国際ブランドカードの場合、少額決済は断られるケースもある!
  • 日用品などを購入する中長期滞在の方は銀聯カードを利用することがおすすめ!

日本で銀聯カードを発行している会社は三菱UFJニコスと三井住友カードの2社です。

これから各社が発行する銀聯カードの詳細を紹介致しますので、銀聯カード選びの参考にしてくださいね!

中国で必須アイテム!三井住友銀聯カード

三井住友カードから発行できる銀聯カードは三井住友銀聯カードとANA銀聯カードの2種類あります。

三井住友銀聯カードの年会費は無料です。

新規カード発行手数料も通常2,000円(税抜)のところ、現在キャンペーン中で発行手数料も無料ですよ。

また、三井住友銀聯カード会員になると中国ホテルのお得な優待サービスが利用できます。

三井住友銀聯カードは、単体で申し込みが可能です。最短3営業日で発行が可能ですので、中国への出張や旅行に出かけられる方にはおすすめですね。

今なら海外での利用でポイント2倍!日本での利用でポイント4倍

銀聯カードポイント優遇キャンペーン説明画像

現在、三井住友銀聯カードはお得なキャンペーンを実施中で、海外利用がポイント2倍(還元率1%)、日本国内での利用がポイント4倍(還元率2%)と高還元になります。

このポイント優遇キャンペーンは2017年6月1日~2018年3月31日まで対象ですよ。

銀聯カードの画像

公式サイトはコチラ
更新手数料 更新時
本会員1,000円
家族会員500円
※更新は原則5年
利用限度額 10万円~80万円
特典 ・銀聯コールセンターが利用可能
・中国でのホテル期間限定優待宿泊プラン提供あり

ANAマイラーの方にはANA銀聯カード

ANAマイルを貯めている方なら、ANA銀聯カードの方がおすすめですね。

三井住友銀聯カードの場合、1ポイント→3マイルですが、ANA銀聯カードなら、1ポイント→5マイルになりますよ。

しかもマイル移行手数料が無料です。

ANA銀聯カード

ANA銀聯カードは今なら海外利用ポイント2倍!日本国内利用5倍!

ANA銀聯カードポイント優遇キャンペーン説明画像

ANA銀聯カードも、ポイント優遇キャンペーンが実施されていて、海外利用でポイント2倍、日本国内での利用でポイント5倍と高還元ですよ。

上記キャンペーンは、2017年6月1日~2018年3月31日まで対象です。

ANA銀聯カードは単体で申し込み不可

ANA銀聯カードは単体で申し込み頂けません。ANA銀聯カードを申し込み場合は、下記カードの申し込みも一緒に必要となります。

  • ANAカード VISA・Masterカード
  • ANA VISA Suica
  • ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード

ANA銀聯カードを発行するならANA VISA Suicaがおすすめ

ANA VISA Suica

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

上記カードの中でおすすめは陸マイラーの方でもマイルを貯めやすいANA VISA Suicaですね!

Suica一体型でオートチャージや定期券の購入でポイントがたまり、たまったポイントは自由にマイルに交換できます。

通勤や通学などで日常でSuicaを利用する方は、日常生活でマイルが貯まります。

国内ANAホテルズで宿泊費5%割引や空港内免税店で10%割引など、割引特典も豊富ですよ!

ANA銀聯カード利用で貯まるワールドポイントは、1ポイントを5マイルに移行手数料無料で交換できます。

三菱UFJニコス銀聯カードはMUFGカードの追加分として発行

三菱UFJニコス銀聯カードゴールドデザイン

三菱UFJニコス銀聯カードは年会費が無料です。

新規発行手数料は本会員1,000円、家族会員300円です。更新手数料も同じ金額です。(原則5年更新)

三菱UFJニコス銀聯カードも単体で申込み頂けません。MUFGカードの追加分として銀聯カードを発行する流れになります。

MUFGカードの中でもおすすめはMUFGカード ゴールド

MUFGカードゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

MUFGカードの中でもおすすめは年会費たった1,905円(税別)で作れる「MUFGカード ゴールド」ですね。

格安でもゴールドカードですから、空港ラウンジが無料で利用できますし、リーズナブルな価格でゴールドカードが持てる点が魅力的です。

三菱UFJニコス銀聯カードは海外利用でポイント2倍、アニバーサリー月での海外利用は3倍のポイントを獲得できます!

中国への出張や旅が快適!デルタアメックスゴールドカード

スカイチームの航空会社は中国南方航空・中国東方航空が属していて、中国内陸方面ならスターアライアンス系よりスカイチームの方が有利です。

スカイチーム利用で貯まるスカイマイルは、有効期限が無期限で利用でき、ブラックアウトデイトの指定がない為、特典航空券もとりやすいですよ。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを所持していれば、デルタ航空の上級会員資格ゴールドメダリオンが付帯しますから、快適な空の旅を楽しめます。

デルタアメックスゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ゴールドメダリオン特典

  • 専用チェックインエリアで並ぶことなくチェックイン
  • 世界600ヵ所以上のスカイチーム・ラウンジ利用が同伴者1名まで無料
  • 座席クラスをコンフォートプラスに無償でグレードアップできる
  • コンフォートプラスで軽食やドリンクが無料
  • デルタ航空利用運賃に対して、1米ドル8マイル特別加算

中国の空港チェックインカウンターは混雑している事が多いので、待ち時間なしで優先チェックインができるのは大きなメリットです。

その他、ショッピング・レストラン・ホテルなど国内外での割引優待など、アメックスの上級サービスが利用できる点も魅力です。

また、充実した海外旅行保険が自動付帯する点も安心ですね。

中国を一般観光客として訪れる場合は、銀聯カードを持っていなくても不自由はありませんが、長期に滞在する場合は銀聯カードを持っていた方が良いですよ!

現地通貨の人民元を調達!ATMでのキャッシングがベスト!

中国の上海や北京などの大都市では、クレジットカードは問題なく利用することが可能なので現金を利用することは滅多にありません。

ですが、タクシーや路上の屋台などではクレジットカードを利用することが出来ませんのでどうしても現金が必要となってきます。

クレジットカードを利用すればATMで人民元を調達出来る!

人民元を中国で調達する方法はクレジットカードのキャッシングが便利なのです!中国ではATMはそこら中にありますから、キャッシングに困ることはありませんよ!

  • 換金レートが両替所よりも安い
  • 24時間いつでも引き出すことが可能
  • 必要な金額だけ引き出せるので便利

キャッシングで人民元を調達するメリットは上記のとおりですが、ATMを利用する際に気をつけなければいけないのは、スキミングのカード犯罪です。

ただ、ICタイプのクレジットカードの場合だと簡単にはスキミング出来ないので、現在ではあまり神経質になる必要はありませんよ。

  • 暗証番号は手で覆い隠して入力を行う!

ATM利用時には暗証番号を入力しないといけないので、入力時には盗撮を防ぐ意味でも上記の方法を実行してくださいね。

これは中国だけで無く、日本でも暗証番号入力時には実行した方が良いカード犯罪を防止する手法なのです!

交通機関を利用するなら「交通カード」が便利!

中国の上海や北京の大都市では、どこでもクレジットカードが利用出来るので困ることはありませんが、次の場所ではクレジットカードを利用することが出来ません。

  • バス・地下鉄・タクシーの交通機関
  • 路上の屋台など
  • 現地の方専用の飲食店

上記のような場所ではキャッシングにて調達した人民元を利用すれば問題はありませんが、交通機関では「交通カード」を利用するのが最も便利な方法ですね。

  • 上海:上海公共交通カード
  • 北京:交通ICカード

日本の「Suica」と同じようなもので、プリペイド式の電子マネーなのです。駅構内の売店やコンビニ、カードショップで購入可能で、1枚の金額は20元~30元(380円~570円)です。

購入したら券売機などで必要なだけチャージしないと利用出来ないので、現金を使用するのと同じようになりますが小銭を多く持たなくて良いメリットがあります。

有効期限は2年間なので2年以内に中国に来る予定があれば、その時に利用することも出来ますしお土産として持って帰っても良いですね。

  • 中国での移動では交通機関にクレジットカード利用は出来ない!
  • 日本のSuicaと同様の交通カードを利用すると便利!
  • 購入後、券売機などでチャージが必要!
  • 購入金額は1枚20元~30元(380円~570円)
  • 有効期限は2年間なので中国に良く行く方は利用すれば便利!
中国国内を移動する際に利用する交通機関では、交通カードを購入して利用することをお薦めします。現地通貨の人民元が不要で、キャッシュレスなのでとても便利なのです!

なにせバスはもちろんタクシーまでも利用出来るので小銭が必要ありません。日本のSuicaと同じ非接触型なので、カードタイプで無くキーフォルダータイプも販売されています。

中国旅行を機会に銀聯カードを作るのも 良いかも!?

中国で最も利用出来るクレジットカードは「銀聯カード」です!日本ではあまり馴染がないので取得している方は少ないですが、VISAカードやMasterCard、JCBカードでも問題無く利用可能です。

ですが、少額決済など加盟店手数料が必要な為にショップでカード利用を断られる可能性もありますから、この際に銀聯カードを1枚作っておくのも良いかも知れませんね。

銀聯カードは日本国内でも、ほとんどのショップで利用出来るようになっていますからVISAカードやJCBカードと同じように利用出来ますよ!

ただし、カードの付帯サービスには雲泥の差がありますから、その点はご理解の上、中国旅行を機会に銀聯カードを作るのも良いかも知れませんね!

メニューを閉じる