三菱UFJフィナンシャル・グループのキャッシング「アコム」

アフリカ大陸でもキャッシング可能!
年会費無料最短即日発行ACカード

犯罪には要注意!広大なアフリカのクレジットカード事情

犯罪には要注意!広大なアフリカのクレジットカード事情

アフリカは広大な大陸で50以上の国と地域で形成されていて、国際的に分類される地域は「北アフリカ・西アフリカ・中部アフリカ・東アフリカ・南部アフリカ」の5つの地域に分類されます。

中にはこれまで聞いたことも無い国もあるはずですから、経済状況や通信インフラの整備には大きな差があります。そんなアフリカ大陸でクレジットカードを利用しようとした場合どのような状況になるのでしょう!?

今回は、広大なアフリカ大陸でのクレジットカード利用について詳しく解説しましょう!

アフリカでは「都市」と呼ばれる場所でカードは利用可能!?

先ず、カードの利用状況からご説明しておくと、広大なアフリカ大陸全土の国と地域の全てで、クレジットカードを利用することは不可能です!

空港のある国の「都市」と呼ばれる場所では、少なくともATMの利用は出来るようですが、その全ての「都市」でクレジットカードを利用したショッピングは無理なようです。

北アフリカでは比較的クレジットカードは利用出来る!?

  • アルジェリア
  • エジプト
  • スーダン
  • モロッコ
  • リビア

上記の6カ国が北アフリカと呼ばれる地域となっていて、良く目にする国が多いと思います。この6カ国では、空港やホテルなどではクレジットカードでのショッピング利用は可能で、ATMではクレジットカードのキャッシングも利用することが出来ます。

また、エジプトなどは観光客用に営業しているレストランやショップでクレジットカードを利用することが出来ますが、地元の方が良く行く食堂的な場所ではクレジットカードの利用は出来ません。

南部アフリカ地域では、南アフリカ共和国が進んでいる!?

アフリカ大陸の最も南にある国が「南アフリカ共和国」で、アフリカ最大の経済大国の国であり、ここでは比較的クレジットカード利用が行えるようです!

南部アフリカ地域は南アフリカ共和国を含めて、ザンビア、ジンバブエなど13の国で構成されている地域で、南部アフリカ地域の観光は意外に多くあり様々なツアーも組まれている程です。

観光スポットのある国 観光スポット
ジンバブエ・ザンビア ビクトリアの滝、チョベ国立公園のゾウ
南アフリカ共和国 テーブルマウンテン、ケープ半島のオットセイ
マダガスカル島 バオバブ街道、ワオキツネザル

南部アフリカには上記表のように、世界的にも有名な観光地である「ビクトリアの滝」や「キリマンジャロ、テーブルマウンテン」古代の島と呼ばれる「マダガスカル島」などがあります。

このような世界的に有名な観光地ではクレジットカードは問題無く利用することが出来る場所が多いですが、必ず利用出来るとは限りませんのでご注意くださいね。

東・西・中部アフリカの3地域は、観光資源に乏しい!?

東アフリカ地域には、ケニアやウガンダ、タンザニアを含む9カ国で構成されています。その中で「ケニア・ウガンダ・タンザニア」では、マサイ族との交流やキリマンジャロを眺望出来る観光ツアーがありますが、西アフリカや中部アフリカではそれらしい観光資源は無いようです。

  • ケニア・ウガンダ・タンザニアには観光スポットが存在する!
  • マサイ族との交流やキリマンジャロの観光が有名!
  • 西アフリカや中部アフリカには観光スポットが無い!
観光客が集まらない場所ではクレジットカードを利用することは難しく、特に西アフリカ、中部アフリカでのクレジットカード利用は、空港以外では出来ないと思っていた方が無難でしょう。

但し、ATMを利用したクレジットカードでのキャッシングは可能ですので、現地通貨を調達することは可能となっています。

アフリカは広大な大陸ですから、全ての国や場所でクレジットカードを利用することは出来ないのです!

中には電気の無い生活をしている場所があるのもアフリカなのですが、観光で訪れることに限定すれば大体の場所でカード利用は可能なはずですね。

アフリカでは「2大国際ブランド」が最も利用出来るカード!

アフリカ大陸でクレジットカードを利用することが出来る場所は、先に説明したとおりですが、利用する際に最も有効な国際ブランドは「VISAとMasterCard」になります。

やはり世界シェアNo1のVISAとNo2のMasterCardが有力で、それ以外の国際ブランドではATMでのキャッシングも難しいようです。

やはり世界No1の実力!VISAならどのショップでも利用が可能!

VISAブランドカードであれば、アフリカ大陸でクレジットカードが利用出来る全てのショップで利用することが出来ますし、どの銀行ATMでも街中のATMでもキャッシングが可能です!

MasterCardもVISAカードに次いで利用出来る場所は多く、ATMでも広く利用することが可能となっています。

VISAはPLUS!MasterCardはCirrus!

クレジットカードのマーク

クレジットカードでキャッシングを行う際には、ATMがクレジットカードの国際ブランドに対応している必要があります。

  • VISA:PLUSマーク
  • MasterCard:Cirrusマーク
  • JCB:Cirrusマーク

上記が各国際ブランドに対応したマークとなっていて、PLUSやCirrusのマークがATMにあれば、クレジットカードでキャッシングを行うことが出来るのです。

JCBカードは、アフリカ大陸ではクレジットカードが利用出来るショップでも、利用することは出来ないカードとなってしまいますが、ATMが「Cirrus」対応であればキャッシングを利用することは可能となりますよ!

クレジットカードのキャッシング!?現地通貨を調達には最適!

アフリカ大陸全体での統一通貨はまだ存在しておらず、US$は利用することが出来るものの各国での現地通貨は異なっていて、次のような種類の通貨が流通しています。

  • 西アフリカCFAフラン
  • 中央アフリカCFAフラン
  • アルジェリア・ディナール
  • クワンザ
  • ボツワナ・プラ
  • ブルンジ・フラン
  • カーボベルデ・エスクード
  • コモロ・フラン
  • コンゴ・フラン
  • ジブチ・フラン
  • エジプト・ポンド

上記以外にも、30以上の現地通貨が流通しているので、訪問する国によって利用する通貨やレートも変わってしまいますし、日本円からダイレクトに現地通貨への両替は出来ないので、一旦、日本円をUS$に両替した後で現地通貨に両替すると言った、2段回の両替が必要になってくるのです。

  • アフリカ大陸で流通している通貨は30以上ある!
  • 訪れる国によって現地通貨が異なってくるので要注意!
  • 日本円からダイレクトの両替は出来ない!
  • 日本円⇒US$⇒各国の2段階で現地通貨に両替する!
  • 手数料が2倍必要となるのでお得ではない!
  • クレジットカードのキャッシングで調達するのが最もお得!

このように、クレジットカードを利用すれば、日本円からUS$に両替していなくてもATMさえ見つければ、直ぐに現地通貨を調達することが出来るのでとても便利なのです!

おすすめなクレジットカードをご紹介

ACマスターカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ACマスターカードは、とにかく急いでクレジットカードが欲しい方には、とても重宝するカードです!例えば、急な海外出張が決まって2日後に出発だけど、もう1枚クレジットカードが欲しい!このような場合には、とても助かりますね。

JALカード普通カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

マイルを貯めたいならこのクレジットカード!

アフリカでは、クレジットカードの利用出来ないショップが多くありますので、現金が必要となってきます。

ところが訪れる国によって、流通している通貨が異なってくるので、キャッシングがとてもお得な手段なのです!

旅行会社のツアーに参加する場合は、少しの現金でOK!?

旅行会社のツアーに参加する場合は、アフリカで利用するのは多少の現金があれば大丈夫でしょう。パックバッカ―の方や、海外協力隊でアフリカを訪れる場合は、生活するための資金が必要となりますので少額の現金だけでは無理になってきますね。

ツアーの場合は基本的な食事代、宿泊費も含まれている!

  • 航空券代
  • ホテルの宿泊費
  • 基本的な食事代
  • 現地での移動に係る交通費

ツアーに参加する場合は上記の費用はツアー料金に含まれていますから、現地で必要になるお金は少額で済みます。

  • ツアーに含まれていない食事代
  • お土産代

アフリカは国によっては物価が高い場合がありますが、ツアーに夕食が含まれていれば安く済みます。もし単独で夕食を食べるのであれば、日本と同じような値段が必要だと思っていた方が良いですよ!

お土産は空港の免税店を利用すればクレジットカードを利用することが出来ますので、現地通貨は小額で済みますね。

現地での長期滞在は、国際キャッシュカードが必要かも!?

アフリカに観光目的以外で長期的に滞在する場合は、生活費が必要となってきますので多くのお金が必要になってきます。クレジットカードでのキャッシングでは限度がありますし、返済しないと「金利」がかかってきてしまうのでお得では無くなってしまいます。

ですから、アフリカに長期滞在する場合は「国際キャッシュカード」も必要になってくるかも知れませんね。

  • アフリカで銀行口座を開設する必要は無い!
  • 国内のネットバンキングの口座があれば大丈夫!
  • 国際キャッシュカードを利用して口座からATMで現金を下ろすことが可能!
  • 現地通貨への両替手数料は必要となる!
教授に教えて頂きたいのですが、アフリカにツアーで旅行する際にはあまり現金が必要でないとありますが、具体的な金額はどこくらいを目安にしていれば良いのでしょうか?

アフリカ旅行に行く訳ではないのですが、参考までに教えて頂きたいです。

ツアーの内容と食べる料理の種類によりますが、4泊のツアーで夕食込みの場合、朝食と昼食を現地のお店を利用する場合だと、1日2,000~3,000円必要なので多くて1万5千円ほどになります。

もちろん訪れる国によって差がありますが、地元で取れる魚や肉、野菜のメニューは安いですが、輸入食品は高額になりますからね!

アフリカのカード犯罪は原始的!?スキミングは防げる!

アフリカでのクレジットカード普及はまだまだですから、カード犯罪も原始的な犯罪が多いのが特徴で、原始的とは「犯人が自ら行う窃盗、スリの犯罪行為」で、クレジットカードに限って言うとATMの利用時にカードと現金を盗むなどの手口になってきます。

ATMではカードと現金を手にするまでは離れない!

アフリカでは、まだクレジットカードよりも現地通貨を利用する場面が多くあります。ATMを利用したキャッシングが便利なのですが、この場合のATM利用時には細心の注意を払う必要があるのです。

  • 利用中に話しかけられても、ATMから離れてはダメ!
  • 暗証番号入力時には、片方の手で覆い隠して入力する
  • ATMから、カードと現金を手にするまで離れてはダメ!
  • 人通りの無い場所のATMは利用しない

最低上記のことを守って行動すれば、犯罪に遭うリスクは軽減されますので、特にATM利用時に話しかけてATMから引き離そうとする犯罪には最も要注意ですよ!

慣れていないATMなので緊張しているところに話しかけられて手招きされると、つい誘われるとおりに移動してしまいがちですがそれが手口なのです。

銀行員と思っても、警備員の恰好をしていても、誰であっても誘いには乗らないようにしましょうね!

ICクレジットカードにしよう!スキミングを防ぐことが可能!

スキミングはクレジットカード情報を抜き取って、クローンカードを作成することを目的とした犯罪です。昔のクレジットカードは磁気ストライプ型のカードが多く、スキミング被害が拡大していましたが、近年では「ICクレジットカード」になっていて単純なスキミングは出来なくなっています。

  • カードの表面に金色の四角い小さなマークがある!
  • この部分にICチップが格納されている!
  • 裏面に磁気ストライプが無いカードとあるカード両方存在する!
  • ICチップから情報を盗むには高度な技術が必要!

また、PINと呼ばれる暗証番号がセットで無いとクレジットカードとして利用することは出来ませんから、仮にカード情報を盗まれたとしても暗証番号が判らない限り不正利用は出来ないのです!

  • ICチップ内の情報を盗むのは単純でない!
  • クレジットカードを利用するには、暗証番号がセットで必要!
  • 暗証番号入力は盗撮されないよう手で覆い隠して入力しよう!

このようなことからICクレジットカードであれば、スキミング犯罪はほとんど防ぐことが可能なのです!ただし、暗証番号を盗撮して盗む手口もありますので、暗証番号を入力する際は「必ず手で覆い隠して入力をする!」ことを心がけてください。

記事内で暗証番号を盗まれないようにするために、手で覆い隠して入力する方法をご紹介していますが、どうしてなのか不思議に思っている方もいらっしゃるでしょう!

クレジットカードのスキミング犯罪の手口について知って頂くと、その疑問は解消します。「迫りくるクレジットカードスキミングの恐怖!その対策方法とは」記事を読んで頂くとスキミングについて良くお判り頂けますよ!

アフリカに限らず国内でもクレジットカードのスキミング犯罪には気を付けないといけませんよ!

また、最近はICクレジットカードが普及しているので、カード決済時には暗証番号の入力が必須となっていますが、暗証番号は他人に見られないようにすることが重要なのです。

路上での強盗やスリは、外国人観光客がターゲット!?

クレジットカード犯罪よりも、路上での強盗やスリに最も警戒する必要があります。笑顔で近づいてきて「良い人だな」と思ったとたんに、バックをひったくられることも日常的に行われている犯罪です!

日本人が特に狙われやすいと言われていますが、それは外国人観光客の中で日本人が最も警戒心が少ないからなのですよ。

日本人は強く「NO!」と言えない!?優しさがマイナス要因!

日本人は優しい国民性であるのでどの国でも歓迎されますが、一方で犯罪者からも歓迎されてしまうのです。同じ東洋人でも韓国人の方や中国人の方は、まるで喧嘩をしているかの如く喋りますし体中で言いたいことを表現します。

一方、日本人の方は口調も穏やかで騒ぐことはあまりしませんから、そこが、日本人が最も犯罪のターゲットとされてしまう理由になってしまうのです!

  • 怪しい人物が近付いて来たら、バッグを抱きしめる
  • しつこく話かけられたら、大きな声で「ダメ!」と叫ぶ
  • 初めて会う現地の方は、信じてはいけない
  • カード、現金、パスポートは別々に保管する
  • ポケットは、ボタンやファスナーで閉じれる服を着る
  • バッグは、入り口が閉じることの出来るタイプにする

上記のことは、とても大切なことなので、出来るだけ守ってくださいね!あくまでもアフリカでは外国人であり様々なところに注意をしないといけないので、初めてアフリカを訪れるのであればツアーに参加して訪れることをお薦めします。

ツアーでは、上記のリスクがかなり軽減されてくるので、海外旅行に慣れるまでは単独行動は控えることが犯罪から身を守る一つの手段でもあるのです。

アフリカでも観光客をターゲットにした置き引きや強盗がいます。隙を見せれば狙いを定めさせることになりますので、警戒心は常に持っている方が良いでしょう。

油断するといつ狙われるか判りませんから、要注意ですよ!

クレジットカードが無い!?紛失したらカード会社に直ぐ連絡!

もしもクレジットカードが無いことに気が付いたら、直ぐにカード会社に連絡をしましょう!万一の為にも、カード会社の緊急連絡先は控えて持って行くようにしなければいけません。

きちんと対応すれば盗難補償が適用されるので、実質の被害額は「ゼロ」で済みますからね。

メモしておこう!クレジットカード会社の連絡先は重要!

現金は無くなってしまえば何の補償もありませんがクレジットカードの場合は、どんなクレジットカードにも盗難補償が付帯しているのでとても安心出来るのです!

ただし、連絡先が判らなければクレジットカードを止めることも出来ませんし、慌てるばかりになってしまいますよ。

  • 持っていくクレジットカード会社の連絡先は控えておく
  • 控えたメモとクレジットカードは別々に保管しておく

このことは、とても重要なことになってきますので必ず実行してくださいね!

盗難補償を受けるには、現地の警察にも届出が必要!?

クレジットカードの盗難補償を受けるには、現地の警察への届け出も必要となってきます。ツアーで訪れていた場合だとガイドさんがついているはずなので、ガイドさんに助けてもらうことが出来ますが、そうでない場合は自力で警察に届けないといけませんよね。

現地の言葉も英語も話せないと、警察に届けることすら出来なくなってしまいます!

  • ホテルのフロントで助けを求める
  • カード会社に連絡して、どうすれば良いか相談する
  • アフリカの日本人会などに助けを求める

独りで悩んでいても解決しませんから、上記の方法で助けを求めましょう!こんなトラブルも想定されますので、現地での対応に自信の無い方は単独旅行を控えた方が良いのです。

繰り返しになりますがツアーに参加すればこのような万一のトラブルでも安心なので、アフリカ旅行を考えている方は良く考えるようにしてくださいね。

盗難補償を有効にするためにも、カード会社の連絡先はメモして持っておく必要があるのです。

ところで、盗難補償が適用されないケースがあることを知っていますか!?盗難保険を特集した記事をご覧頂くと良く判りますよ!

クレジットカードで現金調達して、使い分けすれば便利!

アフリカではまだアメリカや香港などのように、クレジットカードがどこでも利用出来る状況ではありません。訪れる国によっても大きな差がありますが、基本的に現地通貨が必要となってきます。

クレジットカードのキャッシングを利用すれば、現地通貨は簡単に便利に調達することが出来ますから、クレジットカードと現金を上手に使い分けすることがアフリカで便利に過ごす方法になってきます。

ATM利用には十分警戒して現地通貨を調達すれば、アフリカ旅行を十分楽しむことが出来ますからね!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断