三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJ-VISAデビット」

審査なしで発行できるカード
特典でお得!三菱東京UFJデビット

ホントにあった!?審査なしで発行されるクレジットカード!

ホントにあった!?審査なしで発行されるクレジットカード!

審査が行われることなく発行されるクレジットカードがあると言えば、みなさん驚いてしまいますよね!?誰もがクレジットカードが発行されるには審査通過が必須であることはご存知のことです。

ですが、本当に審査が行われることなく発行されるクレジットカードは実在しるのです!そんなクレジットカードであれば誰もが知りたい情報だと思います。

今回は審査なしで発行されるクレジットカードについて、詳しくお伝えして行きましょう!

クレジットカードの審査が必要な理由!?返済能力の確認!

ご存知の方も多いかと思いますがクレジットカードに申込めば、必ず行われる審査はなぜ必要なのかを解説しておきましょう!

申込者の信用を調査!?返済能力の有無を確認!

先ずクレジットカードを利用すると言うことは「借金をする」と、言うことと同じなのです。キャッシングを行う以外ではクレジットカードで現金を作ることは出来ませんが、商品代金をカード会社が立て替えて支払っているので「カード会社にお金を借りている」ことには変わりはありませんよね。

お金を貸すと言うことは返してもらう必要がありますから、その返済をきちんと出来る人物であるかどうかを調査しているのが「審査」なのです!

  • 定期的に収入を得る仕事に就いているか
  • 収入はどのくらい得ているのか
  • 他に借入は無いのか
  • 他の借入がある場合、返済はきちんと行われているのか

審査の内容は、簡単に説明すれば上記のようになっていて、要点としてはきちんと貸したお金を返済出来るかを調査しているのがお判りでしょう。

調査するのは個人信用情報機関への登録情報!

では、どうやってカード会社は調査を行っているのかと言うと、国内に3つある個人信用情報機関へ照会して調査を行っています。

  • CIC:シーアイシー
  • JICC:日本信用情報機構
  • JBA:全国銀行個人信用情報センター

上記の3機関のいずれかに国内の金融機関が会員登録を行っていて、必ずいずれかの機関に照会を行うことで個人の信用情報が判るようになっています。

個人信用情報機関に登録されている情報は「クレジットヒストリー」(通称:クレヒス)と呼ばれていて、クレヒスは生きて行く上で重要な個人情報になっているのです!

クレジットカード会社は主に「CIC」の会員として登録していて、3機関の中で最も多い会員数を誇る機関となっています。そして最近ではこの3機関でCRINと呼ばれるシステムにてブラック情報を共有出来る仕組みになっているのです!

  • CICに登録されているブラック情報はJBAでも確認出来る!
  • JBAに登録されているブラック情報はCIC、JICCでも確認出来る!

信用情報確認の精度が向上!あらゆる金融事故情報は全て共有

一昔前ではJBAに登録されているブラック情報、つまり延滞や債務整理などの金融事故情報は、CICやJICCでは把握することが出来ませんでした。

ところがCRINと呼ばれるシステムが登場し3機関に登録されている情報の中から、金融事故情報に限っては全ての機関で共有されることとなり、信用情報の精度はとても高くなっているのです!

  • 住宅ローンの延滞者はクレジットカードを作れない!
  • クレジットカードで延滞すれば住宅ローンは組めない
  • 消費者金融会社のカードローンを延滞すれば住宅ローンは組めない!

このように、銀行・クレジットカード会社・消費者金融会社など全ての金融機関で情報共有されるので、どれか一つで金融事故を起こせば全ての審査に落ちてしまうのです。

クレジットカードに限らず金融商品では返済能力を確認するために審査が行われます。見ず知らずの他人にお金を貸すことになるので、審査は必要なのですよ!

借金だらけで日々の生活に困っている状態の方にお金を貸すことはありません。カード会社は慈善事業ではありませんからね。

クレヒスが良ければ審査に通過!悪ければ、審査落ちする!

クレジットカードの審査は、個人信用情報機関に登録されているクレヒスを見て判断されています。良いクレヒスであれば審査に通過して、悪いクレヒスであれば審査落ちすることとなってしまいます。

知っておこう!良いクレヒスと悪いクレヒス!?

ここでは、どうなれば良いクレヒスとなって、悪いクレヒスとなる原因は何かを解説しておきましょう。

クレヒスは借入状況と返済状況が全て登録されている履歴ですから、カードを申込んだ場合隠しごとは出来ないようになっています。

良いクレヒスとは借入が適度にあり、返済が良好に行われている状況であれば良いクレヒスになります。一方で悪いクレヒスと言うのは、借入が多くあり返済も遅延などが度々発生していている状況で、更には遅延もあれば確実に悪いクレヒスとなっています。

  • 良いクレヒスとは、適度な借入と良好な返済状況であること!
  • 悪いクレヒスとは、借入が多く返済が滞りがちな状況であること!

返済を滞り無く行っていても、悪いクレヒスになるケースも!?

先の説明で良いクレヒスは返済が良好に行われていることだと説明しましたが、実は返済を滞り無く行っている場合でも悪いクレヒスと判断されるケースもあるのです!

  • 借入金額が収入に対して多くある
  • 借入件数が複数あり、完済がされていない
  • 返済した金額分を、翌月に借入している

上記のようなケースの場合で、例えば年収が300万円の方の場合、借入比率は収入の30%までなので90万円までが適切なのですが、150万円の借入がある場合は既にオーバーローンと認定されます。

借入額は少額ですが件数が3件以上ある場合は要注意とされ、その借入全てが一度も完済されず借入継続中であれば、悪いクレヒスとなってしまうのです。

  • 年収300万円だと90万円までが適正な借入額となる!
  • 借入額が150万円あるとオーバーローンと見られる!
  • 借入額が少額でも借入件数が3件以上の場合は要注意!
  • どの借入も完済しておらず借入継続中は悪いクレヒスと判断される!

返済は滞っていない!?返済が自転車操業的だとアウト!

また、返済は滞り無く行っていても毎月借入と返済を繰り返して、元金が減っていない場合も悪いクレヒスと認定されてしまいますよ。

  • 1月にキャッシングで2万円借入
  • 2月に1月分の返済を行う(リボで2万円返済)
  • 引き落とし2日後に、再度2万円のキャッシング
  • その後、追加で2万円のキャッシング
  • 3月に2月分の返済を行う(リボで2万円返済)
  • その後、直ぐに2万円のキャッシング

上記のように返済して直ぐ借入している場合だと、返済はされているので問題無いように見えますが元金が減っているのは数日だけであり、返済を行うために借入をする転車操業となるので、金銭的に余裕の無い生活をしていると思われてしまいます。

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由は様々ですが、少なくとも個人信用情報機関に登録されているクレヒスが悪いと言うことは間違いないでしょう!

審査落ちする理由については当サイト内に特集記事がありますので、是非本記事と併せてお読み頂くことをお薦めします!

「クレジットカード審査を徹底解説!審査落ちする理由とは!?」この記事には先に紹介したCRINについても詳しく解説してありますので、良くお判り頂けるでしょう!

クレヒスは現代を生きていくには欠かすことの出来ない重要な個人情報なのです!逆に言えばクレヒスが無い方は、よほどの大金持ちか、ブラックな方かどちらかに判断されます。

良いクレヒスを作ることで、幸せに生活出来ることを知っておいて欲しいですね!

クレジットカードの審査!?スコアリング方式で行われる!

クレジットカードの審査ではクレヒスが重要であることは先に説明したとおりですが、それを含めて通常の場合審査は「スコアリング方式」で行われています。

職種、勤務年数、年齢、年収などを属性として、各属性に点数を付けていき合計点で信用度の評価を行っている方法をスコアリングと呼んでいます。

スコアリングの点数は、カード会社で異なってくる!?

スコアリングで付ける各属性の点数はカード会社で異なってきますから「A社の審査では通過しなかったのに、B社では同じ条件でも審査通過した」と言うのは、スコアリングの点数に差があるからなのです!

良く「審査が甘いクレジットカード会社」や「審査の厳しいクレジットカード会社」などの言葉を聞くと思いますが、これもスコアリングの点数が異なる為にこのように言われるのですね。

  • 職業
  • 給与形態
  • 年収
  • 保険証
  • 会社規模
  • 業種
  • 会社所在地
  • 社員数
  • 勤続年数

勤務先情報のみ抽出すると、概ね上記の項目が属性としてスコアリングの対象となっています。職業は自由業より会社員が点数は高いですが、カード会社によっては公務員が最も高い点数だったり医者が最も点数が高かったりします。

給与形態も固定給が一番良い会社もあれば年俸制が一番高い会社もあるなど、各社で得点が異なるので一様に何が一番良いとは言えないのが実情なのです。

  • カード会社でスコアリングの点数は異なる!
  • 公務員が最も点数が高い会社と、医者が高い会社に分かれる!
  • スコアリングの得点はどの属性が一番良いかは審査する会社で異なる!

最も重要なのは安定した収入と他社の借入状況!

スコアリングの点数はカード会社でバラつきがありますが、共通して重要なことは次の2つです!

  • 会社員などで「安定した収入」を得ている
  • 他社の借入が無い、または少額である

会社員で無くともパートやアルバイト、派遣社員の方で給与として収入を得ていることが重要でそうであればプラス点が付きます。他社の借入については借入があればある程マイナス点が増えて行くので、他のプラス点を相殺もしくは合計点がマイナスになる可能性もありますね。

スコアリングで重要になってくるのは、これらのプラス要素とマイナス要素の属性が重要になってくるのです!

クレジットカード審査の基本は先ずスコアリングから始まります。このスコアリングはカード会社によって基準が異なることを知っておいてください。

同じ条件でもA社では審査落ちして、B社では審査通過する不思議が起きる原因でもあるのですよ!

審査の無いカード!?デビットカードはクレジットカードと同じ!

ここで審査の無いクレジットカードについて、詳しく解説していきましょう。先ず審査の無いクレジットカードとはデビットカードが該当します!

クレジットは借金と同じですから必ず審査を行って返済能力の有無を調査しますから、クレジットでは無く即時払い方式のデビットカードであれば審査されること無く発行されます。

VISAブランドの付いたデビットカードなら審査不要で、しかも16歳から発行が可能となっているのです!

1回払いのクレジットカードと思えば同じレスポンス!

デビットカードはクレジットカードを利用した時に、1回払いを指定した場合と同じだと思って良いでしょう!

  • VISAブランドであれば、世界中の加盟店で利用が可能
  • 利用金額に応じてポイントが付与される

上記の2点はクレジットカード&デビットカード共通の状況になります。またデビットカードは銀行口座の口座残高が利用限度額となるので、使い過ぎを防止することが出来ますし不正利用された場合の補償も用意されています。

ですから、利用方法は通常のクレジットカードと何ら変わることはありません!大きな違いはクレジット(後払い)が出来ないと言うことだけです!

VISAデビットカードの特徴!?15歳でも持てるカード!

VISAデビットカードの最大の特徴としては、15歳でから持てる国際ブランドカードであることでしょう!クレジットカードは18歳以上で無いと所持出来ませんがデビットカードの場合は、15歳から所持が可能となっていて国内、海外のVISA加盟店で利用することが出来ます。

ネットショッピングなどクレジットカード決済が必要な場合でも、VISAデビットがあれば通常のクレジットカードとして利用出来るので、ほとんどの場面で困ることは無いと思いますよ!

  • 発行銀行の口座解説が必要
  • 口座に残高が無いと利用が出来ない
  • 全ての購入は即時決済で口座から引き落としされる

デビットカードを利用するには、上記のことについて注意しておく必要があります。

審査なしで発行できるおすすめデビットカード!三菱東京UFJ-VISAデビット

三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJ-VISAデビット」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

三菱東京UFJ銀行が発行する三菱東京UFJ-VISAデビットカードは、高校生でも持てる審査の無しで発行できるカードです。

世界シェア№1のVISAが利用できるお店で利用できます。

初年度の年会費は無料、次年度の年会費は税込1,080円ですが、10万円以上利用すれば、次年度も無料になります。15歳から23歳以下の方なら年会費無料です。

海外で急に現地通貨が必要になった場合でも、「VISA」もしくは「PLUS」マークがあるATMで、現地通貨が預金口座から引き出せますよ。

「VISA」と「PLUS」のロゴ

三菱東京UFJ銀行が発行する三菱東京UFJ-VISAデビットは、利用金額の0.2%を自動でキャッシュバックして貰えます。

基本キャッシュバック率は0.2%ですが、入会3ヶ月間や誕生月はキャッシュバック率がアップする嬉しい特典があります。

【三菱東京UFJ-VISAデビットカードのキャッシュバック率】

前年度利用額 誕生月以外 誕生月
入会3ヶ月間 0.4% 0.5%
30万円以上 0.3% 0.4%
20万円以上30万円未満 0.25% 0.35%
20万円未満 0.2% 0.3%
入会後3ヶ月の間に誕生月があれば、10万円の利用で500円のキャッシュバックを受けられます。

大手銀行の普通預金の金利が0.001%で10万預けても100円ですから、500円は嬉しいですよね。

また、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードにはショッピング保険や不正利用に対する補償もありますし、利用時の即口座から引き落としされますから、使い過ぎも防げますよ。

国内で発行されている代表的な「VISAデビットカード」

では、国内で発行されているVISAデビットカードは、どの銀行が発行しているのでしょう!?ここで、国内で発行されている代表的なVISAデビットカードをご紹介しましょう!

  • 楽天銀行:楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行:SURUGA Visaデビットカード
  • ジャパンネット銀行:JNBカードレスVisaデビット
  • りそな銀行:りそなVisaデビットカード
  • あおぞら銀行:あおぞらキャッシュカード・プラス
  • 埼玉りそな銀行:りそなVisaデビットカード
  • 近畿大阪銀行:近畿大阪デビットカード
  • 三菱東京UFJ銀行:三菱東京UFJ-VISAデビット
  • イオン銀行:イオンデビットカード

それぞれの銀行のデビットカードには特徴がありますので、申込みたいと思っているデビットカードの特徴をチェックしておくことをお薦めします。

デビットカードは世界中で発行枚数が急上昇中のカードなのです!特にクレジットカード大国のアメリカでは、クレジットカードの発行枚数を超える勢いで普及しています。

理由は使い過ぎで債務者に陥ることが無いと言うことで、お隣の韓国でも政府主導でデビットカードである銀聯カードへの移行が進んでいます。

そんなデビットカードについてもっと詳細な情報をお届けしましょう!当サイト内にあるデビットカードについて詳しく解説した特集記事をご覧ください!

この記事にはデビットカードのメリットや国内で発行されている種類など詳細な情報が解説されていますので、きっとお役に立てる情報ですよ!

審査の不要なクレジットカード!?家族カード!

広義の意味で言えば家族カードは審査の不要なクレジットカードだと言えますが、本カード会員の方が審査を通過して初めて発行されるカードなので「審査不要」と言うには無理があるかも知れません。

ですが、本カード会員の方の承諾が得られて会員の方が申請をすれば、家族の方が審査されること無く、クレジットカードが発行されることには間違いありません!

  • 本会員カードの方の、利用限度額を分けあう
  • 家族カードの利用は、全て本会員の方に連絡される
  • 本会員の方が延滞などでカード停止されれば、家族カードも停止となる

家族カードは上記の条件下で利用が可能となっていますので、あくまで本会員の方の状況に依存されてしまうのです。ですから、本会員の方に了承を得る必要がありますし利用状況も全て把握されてしまいますので、十分に家族で話し合って利用することが大切ですね。

家族カードなら家族のクレヒスは問わない!

家族カードが先に説明した本人カードに依存されることについて、もう少し詳しく解説しておきましょう!

  • 家族カードは本人カードが発行されていれば簡単に発行される!
  • 発行の際には利用する家族のクレヒスは問題にされない!
  • 仮に利用する家族がブラックであっても発行される!

このように本人カードが発行されている限り家族カードを申込んでも、利用する家族のクレヒスを調査して審査が行われることは無いのです!

つまり家族の方がブラックリストに載っていても、本人カードが発行されていて契約者が申請を行えば家族カードは発行される仕組みになっているのですよ。

極端な言い方をすれば「ブラックな方にも発行されるクレジットカード」と言っても良いですね!ただ、返済の責任は本人カードの方にありますから、返済が滞ることが無いように注意しなければダメですよ!

年会費無料の楽天カード、イオンカードでもOK!

さらに家族カードは年会費無料で発行されるイオンカードや楽天カードでも発行されますから、家族の方には便利なシステムとなっています!

  • 本人会員とほぼ同じサービスを受けることが可能!
  • 請求は本人カードの登録口座から一括で引落しされる!
  • 家族カードは3枚まで発行が可能!
  • 家族カードの年会費も無料!
  • 家族の審査は無いが本人の審査は行われる!

上記はイオンカードでの条件となっています。ご注意頂きたいのは先にも触れた審査のことで、家族の方の審査は行われませんが家族カードを申込んだ契約者自身の審査は行われることです!

  • 返済に滞りがありクレヒスが良くない!
  • 他のカードを複数所持している!
  • 仕事を変わっていて現在無職状態である!

クレヒスに問題なければ家族カードは簡単に発行されますが、上記の状況であれば発行は難しいかも知れませんし、本人カードの利用限度額が減額される場合や最悪の場合は本人カードが停止されるかも知れませんね。

いずれにしても返済がきちんと行われていて、クレヒスに問題が無い状況でなければいけないと言うことです!

デビットカードはクレジットカードと同じだと解説されていますが、支払方法が異なるので同じでは無いと思うのですが、考え方が間違っているのでしょうか!?

申し訳ありませんがその点について、教授に教えて頂きたくお願いします!

まったく同じではありませんが、国際ブランドが利用出来て支払いを1回で済ませるなら同じと考えて良いですよ!

メリットを改めて言えば、支払いが滞ることは無いのでクレヒスを悪くすることはありません。この点はアメリカや韓国でもメリットとして活用されていますからね。

デビットカードor家族カード!自身の状況を良く検討しよう!

クレジットカードを利用する場合に何を重要視するかが大切で「返済は1回利用のみ、キャッシングは利用しない、VISA加盟店で利用がしたいだけ」であればデビットカードを利用することをお薦めします!

クレジットカードの魅力でもあるリボ払いを利用して、大きな買い物をしたのであればデビットカードは不向きとなってしまいますので家族カードの利用が良いでしょう!

デビットカードは審査不要でVISAカードとして利用出来るので、ほんとうにどこでも利用することが出来る便利なカードであることは間違いありません。

ご自分の利用状況を良く考えてデビットカードと家族カードを検討すれば、審査なしでカードを手にすることが出来ますよ!

メニューを閉じる