楽天カード

審査が不安な方におすすめ!
年会費無料高還元!人気の楽天カード

クレジットカード審査を解説!審査に通りやすくする秘訣と審査甘いカードを紹介

クレジットカード審査を解説!審査に通りやすくする秘訣と審査甘いカードを紹介

クレジットカード審査は、どのような点に着目して行われるのでしょう?

クレジットカードは、申込むカード会社やカードの種類によっても審査の難易度が変わります。

今回は審査が不安な方が事前に対策が打てるよう、審査に通りやすくする秘訣もお伝えしていきます。

合わせて審査が甘いクレジットカードもご紹介しますので、是非チェックしてみてくださいね。

クレジットカードの審査はどのような点に着目しているのか!?

クレジットカードは、カード会員の信用でお金を立て替えしている為、申込した方の信用度を審査によって判断しているのです。

最も必要な条件は返済能力があるのかどうか

クレジットカードの審査に通るためには、「返済能力があるのか!?」が、最も重要な条件となります。

返済能力があるかを判断するにあたって、クレジットカード会社では下記の3つの観点で審査を行っているのです。

  • 返済能力(Capacity )
  • 本人の性格(Character)
  • 資産や財産(Capital)

順を追って解説していきましょう。

審査の観点その1:返済能力(Capacity )

クレジットカード会社は、安定した収入があるか、返済能力があるかを、以下の項目から判断しています。

  • 年齢
  • 職種
  • 勤務先の規模
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収額
  • 借入額

勤続年数について

勤続年数は長ければ長いほど、返済能力が高いと判断されます。

就職してもすぐに退職してしまう方は、次の職場に就いても、すぐに離職してしまう可能性が高く、安定した収入の面で疑問視されてしまうのです。

勤続先への在籍確認はあるの?

在籍確認無しでカード発行されるケースも多いのですが、カード会社が必要とした時に在籍確認が実施されます。

在籍確認が気になる方は、クレジットカード審査の在籍確認について解説している記事をお読み頂ければ、きっと不安を解消できますよ。

年収額・借入額について

カード会社は現在の借入額と年収とのバランスを確認し、返済能力の有無を判断しています。

勤務先情報や年収額などから、返済が可能かどうかを判断しているのです。

年収額においては、あくまで自己申告ですが絶対に虚偽申告はしないでくださいね。

勤務先情報や雇用形態などから妥当な年収額を判断できますし、キャッシング枠をつける場合収入証明を求められるケースもあります。

虚偽申告が発覚すると、信用の面で評価が下がって審査落ちしてしまいますよ。

クレジットカード審査で嘘(ウソ)の申告をした場合どうなるのかを解説した記事もあわせてお読み頂ければ、審査に関してより理解が深まると思います。

収入のない専業主婦は審査に通るの?

結論から言って、収入のない専業主婦の方でも、審査に通るクレジットカードは存在します。

ただし選ぶカードを間違えると、主婦の方はクレジットカード審査に通りません。

主婦の方は専業主婦の方が審査に通りやすいクレジットカードを紹介した記事を是非チェック頂き、主婦の方が審査に通りやすいカードを選んでくださいね。

審査の観点その2:本人の性格(Character)

本人の性格(Character)とは、返済日に遅れる事なくきちんと返済してくれるかを判断している項目になります。

申込者のクレジットカード利用履歴(クレジットヒストリー)を確認して、「返済遅延がないか・延滞がないか」を確認しているのです。

返済状況は問題が無いかは、信用情報機関へ照会を行い確認を行っています。

審査の観点その3:資産や財産(Capital)

住居など担保となる不動産を所有している場合、審査が有利になります。

住居形態(持ち家か賃貸か)や、居住年数などを確認し、評価の対象としているのです。

居住年数が長い持ち家の方が有利ですが、実際に登記簿謄本などで住居形態を調査する事はありません。

クレジットカードの審査は、返済能力、本人の性格、資産や財産の3つの観点で行われています。

次章よりクレジットカードの審査に関する具体的な内容をご説明していきましょう。

照会する情報機関は同じ!カード会社で審査が異なる理由

情報機関が同じでも、クレジットカード会社やカードの種類によって審査基準が異なってきます。

このことが「審査に甘いカード」「審査が厳しいカード」と、一般的に呼ばれる理由となってくるのです。

クレジットカード審査はスコアリングシステムが採用されている

クレジットカードの審査は、スコアリングと呼ばれるシステムが採用されています。

スコアリングとは各審査項目(属性情報)に点数をつけて、合計点数によって合否を判定する方式のことです。

スコアリングは統計学的モデルを元に信用度を判断しているシステムになりますね。

クレジットカード会社で行われる審査内容は、どの会社もほぼ同じ審査内容となっていますが、審査されるスコアリングの基準が異なっているのです。

  • 審査される項目は、どのカード会社もほとんど同じ
  • スコアリングによる点数や合格点がカード会社によって異なる為、同条件でも合格ラインが違う
属性項目 申込者情報 A社点数 B社点数
年齢 29歳 5点 7点
勤務年数 5年 5点 6点
雇用形態 会社員 5点 6点
年収 400万円 6点 6点
既婚有無 独身 7点 10点
居住形態 親と同居 7点 10点
他社借入件数 2社 3点 6点
他社借入額 30万円 3点 6点
合計点数   36点 51点

※上記表のスコアリング点数は説明用の点数であり、実際の点数とは異なります

結果から言うと、A社よりB社の方が「審査に通りやすいスコアリング基準」となっています。

項目ごとのスコアリング点数や合計点が何点以上などの基準は、カード会社やカードの種類によって異なります。

ですから、同じ属性であってもクレジットカード会社によって、審査に通る確率が大きく異なってくるのです。

また、同じカード会社でも、ゴールドカードなどのステータスカードは合格基準が高めに設定されてます。反対にアルバイトの方や専業主婦の方でも審査に通るカードは、合格基準が低めに設定されているのです。

スコアリング後、延滞情報や借入実績などの信用情報を審査

スコアリングに合格した後に、信用情報機関に登録されている信用情報を細かく確認して、最終的な合否と利用限度額の設定が行われます。

  • 連続した遅延返済になっていないか
  • 他社の借入は、正常に返済されているか
  • 収入に対しての借入額の比率は正常であるか
  • キャッシングの借入が多くなっていないか
  • JBA(銀行個人信用情報センター)での借入に問題はないか

上記のような詳細な審査が行われて、最終的に合否を決定する流れになりますね。

これらの信用情報機関に登録されている情報のことを「クレジットヒストリー」(通称クレヒス)と呼んでいます。

審査時に照会される個人信用情報機関

  • CIC:割賦販売法指定信用情報機関
  • JICC:日本信用情報機構
  • JBA:全国銀行個人信用情報センター

国内の金融商品を扱う企業は、必ず上記のいずれかの機関の会員となっているのです。

また、各機関に登録している会員は、登録情報をいつでも確認することが出来るようになっています。

信用情報機関 会員企業の状況
CIC クレジットカード会社・リース会社全般・消費者金融会社・携帯電話会社など
JICC 消費者金融会社・クレジットカード会社・信用組合・信用保証会社など
JBA 銀行・信用組合・信用保証会社・信用金庫など

CRINで事故情報は共有される

各機関に登録している会員企業は、それぞれ「FINE」(ファイン)と「CRIN」(クリン)の2種類のシステムによって、お互いに情報共有を行っているのです。

相互交流される情報は「延滞・異動・紛失・盗難・同姓同名の情報」のみとなっていて、通常の信用情報は相互交流されません。

CRINで交流される情報は、限られた情報となっていても、銀行のローンで延滞するなど返済に問題があれば、全ての信用情報機関で共有されますので、審査にも大きく影響を及ぼしてしまうのです。

事故情報とはどんな情報!?「異動」情報が記載されること

信用情報機関に登録される情報で事故情報があるとクレジットカードだけでなく、あらゆる金融商品の審査に落ちてしまいます。

このことを世間一般的に「ブラックリストに載った!」と呼んでいます。

事故情報と呼ばれる理由は「金融事故」を起こした場合に使われる言葉です。

  • 延滞をしている
  • 債務整理を行っている
  • 保証会社が債務として支払いを行った

上記の状況にあれば必ず異動情報として信用情報に「異動」の文字と理由、記載された年月日が記録されてしまいます。

事故情報はいつ消えるの!?

事故情報である異動の文字は、延滞の場合で支払いを行ってから5年を超えない期間登録されます。

JBA(全国銀行個人信用情報センター)の場合は、自己破産の履歴が10年残ってしまいますよ。

事故情報がどのように記載されるのかが気になる方は是非こちらの記事で確認してみて下さいね。

教授、事故情報が消えているかはどうすれば確認することが出来るのでしょう?

自身の情報は開示請求を行えば閲覧することができます。

開示請求の方法を紹介している記事もご用意してますので、この記事内で是非確認してみてくださいね。

審査の甘いクレジットカードとその全貌を解説

それではここで、審査の甘いクレジットカードについて詳しく解説しましょう。

審査が甘いという意味は、先に説明したスコアリングの点数に関わることになってきます。

クレジットカードには様々なジャンルのカードが発行されていて、それぞれのカードによってスコアリングの点数も変わってくるのです。

審査が甘いカード!?「流通系カード」と「消費者金融系カード」

クレジットカードのジャンルは大きく分けると、次の6ジャンルに分類されるでしょう。

クレジットカードでも審査内容は「消費者金融系<流通系<交通系<信販系<銀行系」の順に難易度が変化します。

そして、上記のジャンルによってスコアリングの点数が異なり、最も高い点数を獲得できるジャンルは流通系クレジットカードとなっています。

理由として流通系クレジットカードは、顧客獲得と集客を目的とした「営業戦略」が含まれたクレジットカードだからです。

ある程度のリスクは覚悟!顧客獲得に有効なクレジットカード

流通系クレジットカードは、返済能力に少々不安があっても、多くのカードを発行しないと顧客拡大にはつながらない為、ある程度のリスクは覚悟の上でカード発行を行います。

  • スーパーなどの顧客ターゲットは、主婦層
  • ネットショッピングの顧客ターゲットは、若年層
  • 幅広く顧客を獲得するには、クレジットカードサービスが重要
  • 大勢のカードホルダーを獲得しないと、販売促進にはつながらない

流通系クレジットカードの発行目的は、基本的に顧客獲得の為です。顧客獲得を目指し営業ツールとしてクレジットカードを活用している為、審査に甘いカードと呼ばれているのです。

それではここで、審査に通るか不安な方におすすめのクレジットカードをランキング形式でご紹介いたしましょう。

最短30分審査! 第1位 ACマスターカード

ACマスターカードはアコムが発行している年会費永年無料のクレジットカードです。

国際ブランドが「MasterCard」ですから、加盟店数が多く世界中で利用頂けます。

審査時間が最短で30分と驚異的なスピードで対応して貰えて、最短でその日のうちにカードを受け取れますよ。

カード発行をお急ぎの方へもおすすめですね。

また、一般のクレジットカード審査はクレヒス実績を重視しますが、ACマスターカードは収入があって返済能力があるかに重点をおく傾向があります。

過去の履歴よりも今現在の状況を重視してくれるところは、他のクレジットカードに比べておすすめ度が高いといえるでしょう。

また、一度審査に落ちてしまった後、他のカードに申し込むと、審査に通過する確率が下がります。

その理由は、金融事故を防ぐ為の「信用」の部分において、通常の方より一度審査に落ちてしまった方の方が審査が厳しくなるからです。

申込履歴は半年間残りますので審査時にとても不利になります。

ACマスターカード

カードの詳細へ

一度で審査に通過する為にも、審査に不安をお持ちの方は、最初はACマスターへの申込みがおすすめですね。ACマスターカードはクレヒスを積み重ねたい初心者の方にも最適ですよ。

顧客満足度指数8年連続NO.1! 第2位 楽天カード

楽天カードは顧客満足度指数調査で8年連続NO.1を獲得した、年会費無料の流通系クレジットカードです。

顧客満足度指数調査とは、年間総計12万人以上の利用者からの回答をもとに調査した日本最大級のJCSI顧客満足度調査の事です。

楽天カードは、いつどこで使っても還元率1%、楽天市場では4%以上と高還元で、幅広い層の方から人気がありますよ。

また楽天カードは、楽天ポイントカード機能付きのカードにパワーアップしています。

サークルKやミスタードーナツなどの加盟店での利用で合計還元率が2%となり、貯まったポイントは1ポイント1円で利用できます。

楽天カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
楽天カードは年会費無料にも関わらず、利用付帯で海外旅行保険も付帯しますから、海外旅行でも活躍しますよ。

誕生月が高還元! 第3位 ライフカード

ライフカードを発行しているライフカード株式会社は、消費者金融アイフルの完全子会社です。

消費者金融系のクレジットカードは、銀行系や航空系クレジットカードに比べて難度が低いのが特徴ですね。

ライフカードは年会費が永年無料で、誕生月の1ヶ月間どこで使っても還元率1.5%と高還元になります。

また、ライフカードのポイント有効期限は2年ですが、ポイント有効期限を最大5年まで延長できる点も魅力ですよ。

有効期限を延長する方法は簡単!「LIFE-Web Desk」というライフのWEBサービスでポイント繰り越しを応募するだけです。

勿論これには一切ポイントも費用もかかりません。

ライフカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
年会費無料を活かして、誕生月専用のサブカードとしても最適なクレジットカードです。

nanacoで高還元! 第4位! セブンカードプラス

セブンカードプラスは、流通系クレジットカードですから、間口が広く審査に通りやすいカードです。

電子マネーnanacoが標準搭載されてますので、無料※でnanacoを手に入れられるお得なカードですよ。

※通常nanacoカードの発行手数料は300円かかる

チャージでポイントが付与されないカードが多い中、セブンカードプラスならnanacoチャージで0.5%のポイントが獲得できます。

しかもnanacoを活用すれば、nanacoチャージ&利用で合計還元率が1.5%までアップしますよ。

また、8のつく日にイトーヨーカードで利用すると、5%OFF&カード利用(還元率1.5%)で、合計6.5%まで還元率が上がるイトーヨーカドー最強カードですね。

貯まったnanacoポイントは、電子マネーnanacoに交換でき1ポイント1円で買物に利用できますから、ポイントの使い道にも困りません。

セブンカード・プラス

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
セブンカードプラスは、セブンイレブンやイトーヨーカドー、ヨークマートで常時ポイントが3倍(1.5%)獲得できる高還元クレジットカードとしてもおすすめですよ。

優待が豊富! 第5位! エポスカード

エポスカードも流通系のクレジットカードですから、間口が広いのが特徴です。

年会費が無料にも関わらず、7000店舗もの優待が利用できる値打ちある1枚ですよ。

ロイヤルホストなどの飲食代が5%OFF、大手カラオケ店のシダックスやビックエコーが30%OFFで利用できます。

マルイでも年4回10%OFFで買い物を楽しめますよ。映画館やテーマパークなどを優待価格で楽しめるエンターテイメントサービスも豊富です。

また、エポスカードは補償内容が充実している海外旅行保険が自動付帯しますので旅行でも活躍してくれますよ。

エポスカード

カードの詳細へ
エポスカードは最短即日発行にも対応しているクレジットカードですから、お急ぎの方にもおすすめですね。

審査の甘いゴールドカードはある!?

ゴールドカードは一般カードより付帯サービスが多くステータスも高い為、審査も一般カードより厳しいのが現実です。

年会費が高いゴールドカードの審査は厳しいですが、低年会費で18歳から申込が可能なゴールドカードなら、一般ゴールドカードより審査基準が低く設定されています。

年会費が高いゴールドカードよりも、審査基準が低く設定されているゴールドカードをご紹介しておきましょう。

18歳から申込可能な格安ゴールド!MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールドなら18歳から申込可能な格安ゴールドで、格安ながらもサービスは充実しています。

国際空港ラウンジも利用できますし、最高2,000万円の海外旅行保険も付帯しますよ。

MUFGカードゴールド・カード

カードの詳細へ

年会費が高いゴールドカードの場合は、一般カード利用実績を積んでからゴールドカードにステップアップすることをおすすめします。

審査が甘いETCカードはあるの!?

ETCカードを手に入れたいけど、クレジットカード審査が不安な方におすすめの審査が甘いETCカードをこちらの記事で厳選紹介しています。

ETCカードは単体では申し込めず、クレジットカードに入会した上でETCカードを追加発行する流れとなります。

審査が甘く本カードの年会費が無料で、特典が充実しているETCカードをご紹介してますので、審査が不安な方は必見の内容ですよ。

ブラックの方でも持てる審査なしのETCカード

ブラックの方でも持てる審査なしのETCカードもあります。

クレジットカード審査に通らないけどETCカードが欲しいという方は、ブラックの方でも持てる審査なしのETCカードの記事を是非チェックしてみてくださいね。

審査が甘い法人クレジットカード

一般的に法人用クレジットカードは個人用クレジットカードより審査が厳しいのが特徴です。

法人クレジットカードは経費管理作業を軽減できますので、個人事業主の方にも一押しです。

審査が不安な事業主様は、起業1年未満の方でも比較的審査に通りやすいカードを厳選紹介している下記記事を是非チェックしてみてくださいね。

クレジットカード審査を通りやすくする為のポイント

重ねての説明になりますが、一度審査に落ちてしまうと、他のカードに申し込んだ場合、審査に通過するのが厳しくなってしまいます。

クレジットカード審査に不安をお持ちの方は1度で審査に通過できるよう事前に対策を立てておきましょう。

審査が不安な方は消費者金融系のクレジットカードを選ぶ

先にご説明しましたが、クレジットカードの審査は「消費者金融系<流通系<交通系<信販系<銀行系」の順に難易度が変化していきます。

銀行系のクレジットカードが一番審査難度が高くなります。

審査に不安がある方は、銀行系クレジットカードは避けて、一番難度が低い消費者金融系カードを選んで申込した方が、審査通過の確率は格段にアップします。

消費者金融系の代表としてはACマスターカードがおすすめですね。

虚偽申告はしない

信用情報機関などクレジットカード会社の調査能力は優れていて、借入残高や借入件数、勤続年数や勤務先など、嘘をついてもすぐに分かってしまうのです。

「信用」の部分において、嘘をつくと評価が大きく下がってしまいますので、申込内容は丁寧に且つ正確に記入もしくは入力してくださいね。

入力ミスや記入ミスにも十分気を付けましょう。

申込書も埋められる箇所は全て埋めて、丁寧に書いてくださいね。

キャッシング枠をつけない

キャッシングを申込めば下記の2種類の審査が行われ、※総量規制などの絡みで審査に落ちてしまう可能性も出てきます。

  • ショッピングは「割賦販売法」に基づく審査
  • キャッシングは「貸金業法」に基づく審査

※借入額が年収の3/1を超えてはならないという規制

既にキャッシングの借入がある場合は、カード申込み時にキャッシング枠を利用しない、もしくはキャッシング額0円で申込みをすれば、審査通過率はアップします。

返済は滞りなく!遅延も出来るだけ無いように工夫する

クレヒスを良い状態に保つには、遅延のない返済履歴が必要となります。

人間ですから「つい、うっかり」口座への入金を忘れてしまうことはありますが、それも出来るだけ無いように、返済への工夫が必要ですね。

  • 遅延しないように、月々の利用額を必ずチェック
  • 引落し日前日までに入金出来るよう、ネットバンキングを利用する
  • 1カ月以上の延滞は、絶対にしてはダメ!

このように、ネットバンキングを利用して、24時間いつでも入金が可能な状況を作っておくのも良いでしょう。

1カ月を超える延滞をしてしまうと審査落ちしてしまいますので、絶対にしてはいけない行為ですよ。

利用限度枠を減額して使いすぎを予防

信用情報に延滞は致命的。うっかり入金忘れも困りますが、使いすぎてカード代金を支払えないのはもっと困ります。

対策として考えられるのは、ショッピング枠をあらかじめ低い金額にしておくこと。

カード利用可能額の上限は審査で決まりますが、使いすぎが心配な方は、これをより低い金額に設定しなおしましょう。

一例をあげますと、こんな風に変更すればこれ以上は使いようがないので安心です。

この手続きは、インターネットの専用ページやカードデスクへの電話からも可能ですよ。

・ショッピング限度額50万円
→30万円に変更

・キャッシング限度額10万円
→0円に変更

30代以上の方でクレヒスがない方への対策

クレヒスの実績がない方は、返済履歴が確認できない為、審査が不利になります。

クレヒスを作る方法の1つに、携帯電話本体を分割で購入し、支払いをきちんとする事で、信用情報機関に支払履歴を登録することができます。

分割払いでの記録がクレヒスになりますので、30代以上の方でクレヒスが全くない方は、クレヒス履歴を作ってから申込をした方が審査に通りやすくなります。

もし携帯電話を分割で購入する機会がない方なら、電化製品など身近で必要な品を分割払いにしてみてもいいかもしれません。

公共料金など毎月の支払いをカード決済

こちらは既に1枚目のカードを持っている方への対策です。

良好なカード実績に最適なのは、公共料金や家賃など毎月の支払いをカード決済することです。

これなら毎月必ず一定額カードを使うことになり、クレヒスは着実に積み重なっていくでしょう。

カード決済すれば支払い忘れとも無縁ですし、カード利用のためショッピングする必要がないので、無駄遣いも防げて一石二鳥です。

多重申込みは絶対避けること!1枚毎に実績を積んで申込もう

複数のクレジットカード会社への多重申込みは絶対に避けて、1枚毎の申込みをするようにしてください。

多重申込は審査に通りにくい原因の1つになります。

多重申込が審査を通りにくくする理由やクレジットカード審査に落ちる理由は、下記で詳しくご紹してます。

複数のクレジットカードを持つ事は可能

勘違いしてもらいたくないのは、クレジットカードは複数持つことが可能です。

このように、しっかり良い実績を積んで次のカードへ申込みを行えば、ステータスの高いゴールドカードを最初の申込みで取得することも出来ますからね。

割賦販売法改正により利用限度枠に制限

2010年の「割賦販売法改正」によりクレジットカードの利用に対する制限が、少し厳しくなりました。

複数のクレジットカードを持つ事は勿論可能ですが、1回払い以外の利用限度枠に制限がかかります。

その制限内容は、収入に応じて支払可能見込額を算出し、利用可能枠が決まるというものです。

ただし、支払可能見込額の調査対象は、1回払いを除く以下の支払い方法です。

支払可能見込額の算出方法

支払可能見込額は、下記3つの金額を利用して算出します。

  • 年収
  • 生活維持費
  • クレジット債務(1回払いを除く)
支払可能見込額=(年収等-生活維持費-クレジット債務)×0.9

上記計算式で利用している「生活維持費」は「割賦販売法」によって定められているのです。

家族の人数ごとに下記のように金額が定められていて、居住形態によってその金額は変わってきますよ。

居住形態 4人以上 3人世帯 2人世帯 単身世帯
持家住宅ローン無し・
借家賃貸料なし
200万円 169万円 136万円 90万円
持家住宅ローン有・
借家賃貸料あり
240万円 209万円 177万円 116万円

  • 配偶者年収550万
  • 専業主婦、子ども2人の4人世帯
  • 賃貸アパートで生活
  • クレジット債務は無し

例えば、上記のような例の場合、支払可能見込額は次のようになります。

(550万-240万-0)×0.9=279万円

この計算の結果、クレジットカード会社では279万円を上限として、クレジットカードの※ショッピング枠の限度額を決めることになりますね。

※翌月1回払いを除いた支払い方法が対象

複数のクレジットカードを所有している場合、持っているカードの全ての合計割賦利用可能枠が279万円以内ということですね。

多重申込がダメなのであれば、クレジットカードは1枚しか持てないことになりませんか?5枚以上所持している方もいるはずなので、矛盾してくると思うのですが、この点について教えて頂けないでしょうか!?
少し勘違いしているようですね!?多重申込とは一度に複数のクレジットカードを申込むことですよ。

複数のクレジットカードを所持したいのであれば、記事内にあるように1枚をきちんと利用して実績を積んだ後に、違うカードに申込めば問題無くカード発行されますよ。

クレジットカード審査に自信がない方は消費者金融系カードか流通系カードがおすすめです

クレジットカードを申込む時に必要なのは良いクレヒスであることですが、今利用しているクレジットカードの返済で、何回か遅延をしているなど、ご自身のクレヒスに不安のある方は消費者金融系クレジットカードに申込みをしましょう。

消費者金融系と流通系クレジットカードは審査が甘いカードと言われるように、最も発行されやすいクレジットカードなので、必ず1枚にカードを絞って申込みましょう。

そして、今度は返済を遅延すること無く良いクレヒスを作るよう心がけてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断