三井住友カードは支払日を選べる!
実店舗利用でもお得なポイントモール

クレジットカードの大疑問!締め日と支払日の意味と違いを知ろう

クレジットカードの大疑問!締め日と支払日の意味と違いを知ろう

クレジットカードの返済を考える時、支払日はお判りになると思いますが、締め日については「良く知らない!?」と言われる方が多いですね。

ですが、あまり気にしない方も含めて、その仕組みを知っていればクレジットカードの支払いを、コントロールすることも出来てしまうのです!

今回は「締め日って何?」との疑問から、活用方法までを詳しく解説していきますので、とても便利でお得な、クレジットカード利用法を身につけてくださいね。

クレジットカードの締め日とは!?利用金額の確定日です!

クレジットカードには、締め日と支払日(引落とし日)がありますが、まずは締め日について解説しましょう。

クレジットカードの締め日とは、クレジットカード会社が利用者に対して、請求する金額が確定する日のことを言います!

利用額が確定!?締め日以降の利用額は、翌月扱いになる!

例えば、締め日が毎月10日に設定されているクレジットカードを利用した場合、9日までの買い物および10日の買い物は、締め日である10日で請求金額(利用金額)が確定します。

そして、11日以降に買い物した場合は翌月の10日に、請求金額(利用金額)が確定されるのですが、9日や10日に買い物した金額が、締め日が10日であっても、翌月の確定分になる可能性があることをご承知くださいね。

  • 締め日が10日の場合は、前月11日~月末まで
  • 当月1日~10日までに利用した金額が請求金額となる

締め日はカード会社の決定日!実際の買い物とズレることも!?

先に触れました、買い物した金額が翌月扱いになっているケースについて、ご説明しておきましょう。カード会社からの請求明細を見てみると、9日にカードで買い物した請求が記載されていない経験をした方は、意外に多いと思います。

その原因は、締め日はあくまでも、カード会社が清算する為に決めている日なので、加盟店からカード会社への請求が処理日までに届いている利用分のみが、請求対象となってしまうからなのです。

何かしらのトラブルがあった、あるいはクレジットカード会社が、何かしらのミスをしたという訳ではありませんのでご安心くださいね!

  • 1)利用者がクレジットカードを利用する
  • 2)利用したショップがクレジットカード会社に利用代金を請求する
  • 3)クレジットカード会社が利用者に対して利用代金を請求する

上記の流れとなり締め日は、2)の「ショップがカード会社に請求した日」となるのです。

ショップによってカード会社への請求日が異なることも!?

先の2)の請求日は、利用したショップによって請求するまでの期間が異なるのです!

小さな規模のショップの場合は、代金の回収を早くしたいのでカード利用の当日か翌日には請求を行いますが、大きなショップの場合は週に1回決められた請求日に行ったり、長い場合は1カ月に一度だったりします。

例えば、8月に購入したバッグの請求がクレジットカード会社に対して9月に行われることも珍しくありませんので、タイミングが悪いと金欠の月に、一度に請求が固まってしまうこともありますよ。

ですが、この締め日を上手く利用すれば同じ月に買い物をしても、支払いは別々にすることも可能になってくるのです!

クレジットカードの支払金額は、カード会社の締め日で計算した金額になってきます!カードを利用した日では無く、加盟店がカード会社に請求した日が基準になることを知っておけば、慌てることは無くなるでしょう。

締め日と支払日の違い!?勘違いしないようしっかり把握!

ここまでの説明で締め日については、ご理解して頂けたと思いますので今度は支払日(引落とし日)について、詳しく解説していきます。

よく締め日と支払日を同じ意味で覚えている方がいらっしゃいますので、勘違いしないように覚えておいてくださいね。

支払日は返済日、口座から引落としされる日のことです!

支払日とは締め日にて確定した請求金額が、預金口座などから引落とされる日のことを言いますが、自動引落としでは無く、振り込みなどで対応している人は、支払日までに請求された金額を振り込みしなければなりませんよ!

  • 締め日:請求する金額が確定する日のことで、引落としはされない
  • 支払日:締め日で確定された金額が、口座から引落としされる日

上記が締め日と支払日との違いですので、勘違いの無いように把握しておきましょう!

締め日と支払日が休日の場合!?対応が異なるので要注意!

締め日と支払日が、それぞれ休日だった場合の対応にも違いがあります!

  • 締め日が土曜・日曜・祝日になる場合、休日は関係ありません
  • 10日が締め日の場合は、必ず10日に精算されます

締め日の場合は、締め日が変動することはありません。10日の場合であれば、締め日は必ず10日となります。

  • 支払日が土曜・日曜・祝日になる場合は、翌営業日に引落としされます
  • 休日の前日、金曜日などに引落としされる場合もあります

ほとんどのカード会社が翌営業日になるようですが、金曜日の引落としもあるようなので、クレジットカードを受け取ったときに同封されている規約や、クレジットカード会社のホームページの「よくある質問」などをチェックしてくださいね。

支払日の前日までに、お金の用意をしておこう!

締め日には、引落としが行われることは無く、お金が引落とされるのは月に1回の支払日のみですから、支払日の前日までに、引落としされる金額を口座に用意しておく必要があります。

給与振り込みの口座であれば、残高をあまり心配しなくても良いのかも知れませんが、やはり前日には残高の確認をしておくことをお薦めします。

引落としのタイミングはクレジットカード会社が決めている訳では無く、口座を開設している銀行が決定していますので、各銀行で引落としされるタイミングは異なってくるのです!

  • A銀行は朝9時に引落としを行い、その時点で残高が無ければ未決済になる
  • B銀行は引落とし日の19時までに口座に入金があれば、引落としが可能

上記のように、当日の引落としのタイミングは、銀行によって異なりますので当日入金は、未払いの要因にもなってきますので、要注意なのですよ!

いずれにしても、引落とし日の前日にはお金を用意、または確認しておくようにして、延滞にならないように注意しましょうね。

クレジットカードを利用したら、支払日には確実に引落とされる口座に、必要な金額を入金しておかなければなりませんよ!うっかりミスで、残高不足になると未入金となりますので、クレヒスにはあまり良くない状況になってしまいますからね。

カード会社で異なる!「締め日・支払日」は各社バラバラ!?

複数のクレジットカードを持っている方から見れば、締め日と支払日は、全てのカード会社で統一していると思われているかも知れませんね。

ですが、現実はクレジットカード会社で、締め日と支払日は異なってくるのです。月末のカード会社もあれば、月初めのカード会社もあります。

また、利用者によって複数の日から、支払日を選択出来るカード会社もありますので、一応に同じでは無く、本当に様々なので、ご自分のクレジットカードの締め日と支払日はきちんと確認しておきましょう!

クレジットカード各社、締め日と支払日の一覧表!

先に説明したとおり、締め日と支払日には様々なパターンがあるので、ここで締め日と支払日を一覧表に整理してみました。

これからクレジットカードを申込む方は、ぜひご参考にしてください。「引落とし日が給料日より後のカード会社にしよう!」と、言った選び方も出来ますからね。

カード名 締め日 支払日
三井住友VISAカード 15日 / 月末 翌月10日/ 翌月 26日
ダイナースクラブカード 15日 翌月10日
アメリカン・エキスプレス・カード 会員ごとに違う 会員ごとに違う
イオンカード 10日 翌月2日
シティカード 15日 翌月10日
JCBカード 15日 翌月10日
セゾンカード 月末 翌々月4日
ニコスカード 5日 同じ月の27日
ライフカード 5日 翌月の3日または7日
ジャックスカード 月末 翌月27日
オリコカード 月末 翌月27日
楽天カード 月末 翌月27日
DCカード 15日 翌月10日
ファミマTカード 末日 翌々月1日

クレジットカードは本当に数が多いので、代表的なクレジットカードだけですが、それでもこれだけ違いがあるのですね。

中でも特徴的なのは締め日と支払日が、それぞれ会員によって違うという「アメリカン・エキスプレス・カード」や、支払いが翌々月に設定されている「セゾンカード」「ファミマTカード」は特殊な感じがしますね。

三井住友VISAカードは支払日を2択で選べる!

先の表からも分かる通り、ほとんどのクレジットカード会社の支払日は決まった日付に限定されてます。

中でも三井住友VISAクラシックカードは、支払日を10日か26日のどちらかを自分で選べます。お給料日の都合に合わせて支払日を選択できるのは嬉しいですよね。

三井住友VISAクラシックカードは年会費1,250円(税抜)と安く、サービス内容や補償などのトータルバランスが優れたカードです。

また、ポイントモールでは事前の登録によって、実店舗での利用分もボーナスポイント対象となりますから、商品を直接自分で確認してから購入したい方には嬉しいサービスですね。

アジアのレストランが優待価格で楽しめる優待プログラムなどお得な特典もあります。

詳しくは「カードの詳細へ」をクリック頂ければサービス内容が確認頂けますので、是非カード選びの参考にしてくださいね。

三井住友VISAカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
内容 カード詳細
年会費 税抜1,250円(税抜)
WEB明細利用で税抜750円
特徴  海外旅行傷害保険利用付帯
会員専用サイト「ココイコ!」活用でリアル店舗での買い物でもポイントアップ

締め日と支払日の流れを確認!ダイナースを例に説明します

ではここで、締め日と支払日について「ダイナースクラブカード」を例に、具体的な流れを挙げてみましょう。

  • ダイナースクラブカードを利用したショップから、ダイナースに請求されます
  • ダイナースの締め日は15日なので、15日までの請求が集計されて確定されます
  • 16日以降の請求分は、翌月の15日に集計されます
  • カード利用者に、15日までの請求が確定されて通知されます
  • 翌月の10日に、請求金額が口座より引落としされます

上記のような流れとなり、請求、引落としが実行されるのです。ダイナースクラブに限らず、この流れはほとんどのクレジットカードで同じ流れになりますよ。

クレジットカード会社で締め日と支払日が違ってくるのは、何か理由があるのでしょうか?クレジットカード協会などで、全てのカード会社で統一した締め日と支払日にすることは無いのでしょうか?

クレジットカード会社で締め日や支払日が異なる本当の理由は、実は私も把握していません。ただ、全てのクレジットカードの支払日が同じ日になると、銀行の業務は大変なことになってしまうでしょう!

支払日などは、各カード会社が決定することで、協会が決めることは出来ませんから、統一されることは無いでしょうね!

返済タイミングを利用すれば、返済金額をコントロール可能!

締め日と支払日には、ある程度の間隔があるということは、先の表からも判ると思います。締め日から支払日までが、5日間などの短いものはなく、多くの場合2週間以上空いていますね。

締め日と支払日との、この間隔を上手に利用すれば、返済タイミングをご自分でコントロールすることが出来て、より便利にクレジットカードを利用することが出来るのです!

締め日直後の利用で、最長2ヶ月猶予期間が出来る!?

それでは、先ほどと同じダイナースクラブカードを例にして見てみましょう。ダイナースクラブカードの締め日は、毎月15日、支払日は翌月の10日でしたね。

買い物をしたショップが、ダイナースに対して請求を行う期間を、買い物当日から4日後に行う条件で解説を行います。

仮に10月10日に、ダイナースクラブカードを利用して3万円の買い物をしたとしましょう。

  • 10月14日にショップがダイナースに対して請求を行う
  • 11月10日に3万円(一括払いで支払う場合)が引落とされる

このような、流れで引落としされることになります。ですが、10月16日にダイナースクラブカードを利用して、同じく3万円の買い物をした場合は、次のような流れになるのです。

  • 10月20日にショップがダイナースに対して請求を行う
  • 12月10日に3万円(一括払いで支払う場合)が引落とされる

上記のように、利用日を6日ズラすことで、支払いは1カ月延びてくれるのですよ!

購入日が6日間違うだけで、請求が1カ月先になることになりますから、カード会社への請求のタイミングを把握出来れば、支払い月をコントロールすることが出来るのです!

支払い月をコントロール出来る!締め日の利用方法一覧

それでは、もう少し判りやすく、詳しくする為に、次の表にまとめてみました。

購入日 締め日 支払日 購入日からの期間
10月10日 10月15日 11月10日 約31日
10月16日 11月15日 12月10日 約55日

このように、購入日を「締め日」の直後にすることで、なんと実際の引落としまでの期間が約1.8倍に延びてしまうのですね!

先の表にある「ファミマTカード」の場合だと、10月1日に購入した商品の支払いは12月1日になるので、なんと最長2カ月の猶予期間が発生することになりますし、1回払いだと手数料は全く必要ないので、なんだかとてもお得に感じますね!

タイミングを読み間違えると危険!?更に1カ月伸びるかも

締め日の直ぐ後に購入すれば、支払いが1カ月先になる仕組みはご理解頂けたと思いますが、カード会社への請求を読み間違えると、更に1カ月伸びる可能性もありますから要注意ですよ!

ですが、ある程度収入に対して支払い月をコントロール出来るので、覚えておいて頂くと便利にクレジットカードを利用することが出来ますよ。

  • 12月は出費が多いので、支払いは1月にしたい!?
  • 11月の締め日後にカード利用するようにすれば、確実に1月支払になる!

クレジットカードの締め日は、あまり意識しないで利用することが多いと思いますが、購入のタイミングを工夫すれば、より便利にクレジットカードを利用することが出来るのです!

締め日と支払日をきちんと把握しておけば、支払額をコントロールすることが出来るので、とても便利なのですよ!一度、トライしてみる価値はあると思います。

支払いを延ばすタイミングを利用する時の注意点!

締め日と支払日の関係を知っていれば、購入のタイミングを工夫することで、返済を1カ月延ばすことが出来ますから、「来月は結婚式もあって、余裕がないなぁ」と言った場合に利用すれば、とても便利な利用法ですが注意点もあるのです。

支払日を注意しないと、限度額を超える可能性もある!?

クレジットカードには、利用限度額が設定されていますよね。利用する方によって利用限度額は様々で、20万円の方もいれば50万円、100万円という方もいらっしゃいます。

そして、注意しなければならないのは「支払が完了するまでは、利用枠は変わらない!」という点です!その理由を、次の条件で見てみましょう。

  • 利用限度額が50万円で、締め日が15日、支払日は翌月10日の場合
利用日 利用金額 支払日
9月16日 10万円 11月10日
9月20日 1万円 11月10日
10月16日 5万円 12月10日
10月20日 15万円 12月10日

このような利用をした場合、10月21日時点でのカード利用残高は19万円になっていますから、19万円を超える買い物は出来なくなっています。

  • 10月21日時点でカードの利用残高は19万円
  • 11月10日に11万円の支払いが完了すれば、30万円利用可能!

クレジットカードの利用可能額を覚えておかないと、いくら利用出来るのか判らなくなってしまいますから、ご注意くださいね。

また、カードの利用明細はその都度確認して、利用残高を把握しておかないといけませんよ!

途中で繰り上げ返済をすれば、利用限度額は満額になる!

タイミングを計って返済を1カ月延長させたのはいいけど、利用限度額が少なくてクレジットカードの意味が無くなってしまうケースもあります。

もし、返済日までに支払いに余裕が出来た時は「繰り上げ返済」を行って、利用限度額を満額に戻すことも出来るので、支払い方法は工夫したいですね!

「繰り上げ返済」の支払い方法は、カード会社で様々ですがカスタマーセンターに連絡すれば、丁寧に教えてもらえますから、サイトなどを見ても良く判らない方は、カード会社に連絡して確認しておくことをお薦めします。

多くの場合、クレジットカード会社が指定する銀行口座に、返済額を振り込む方法になり、入金が確認でき次第、利用限度額が満額に戻りますから、意外と便利な返済方法なのです。

  • 繰り上げ返済は限度額が満額に戻るので、意外に便利な支払方法
  • クレジットカード会社でタイミングが異なるので、返済日は要注意
  • 繰り上げ返済の方法は、カード会社に確認しておこう!
繰り上げ返済は、とても便利な返済システムなのです!分割払いやリボ払い中でも、一括返済を行うことが出来ますので、手数料が安く済むメリットもありますからね。

カード利用がとても便利になる!締め日と支払日を把握しよう

クレジットカードの締め日と支払日を把握すれば、返済月を延ばすことが出来てクレジットカードを、より便利に利用することが可能となります。所有しているクレジットカードが複数ある場合は、それぞれの締め日と返済日を確認して、購入日と利用するカードを工夫することで、返済を楽にすることも出来るのです。

上級テクニックとなりますが、ぜひマスターして便利なクレジットカードにしてしまいましょう。ただし、利用限度額には注意して、正しいクレジットカード利用をしましょうね!

メニューを閉じる