クレジットカード審査に落ちる理由!原因と対策を徹底解説!

クレジットカード審査に落ちる理由!原因と対策を徹底解説!

クレジットカードに申込をして審査に落ちてしまっても、カード会社は審査に通らなかった理由を教えてくれません。

クレジットカード審査落ちの原因は多種多様。以前問題がなかったからといって、次もスムーズに入会できるとは限りません。

しかも一社で落ちると他でも通りにくくなったり、その状態が長期化する恐れもあるので要注意!

そこで今回は、どなたにも役立つクレジットカード審査落ちの原因と対策を徹底解説します。

クレジットカード審査落ちはなぜ起こる?落ちた理由とその原因

クレジットカード審査に落ちる主な原因を順番にご紹介していきましょう。

申込書に虚偽申告があると審査に落ちる

クレジットカード審査の第一のポイントは申込書です。申込書の書式や内容はカードによってそれぞれですが、普通は以下のように詳細な設問が続きます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 同居家族
  • 住まいの形態
  • 居住期間
  • 勤務先について
  • 勤続年数
  • 年収
  • 借入額

クレジットカード申込書の設問は、いずれも審査には欠かせない重要項目ばかりなのです。

審査中にカード会社から確認の電話が入る場合もあり、電話番号が間違っていると「虚偽」となってしまいます。

電話に出れないと審査が進まないので、クレジットカード申込み後の着信にも気をつけましょう。

固定電話はあった方がいいの!?

電話番号は、以前は固定電話でないと審査に通りにくいとも言われましたが、現在では大きな差はありません。

両方お持ちなら、省略せずどちらも申告して、少しでも信用を高めましょう。

クレジットカード審査と固定電話の関連性を紹介した記事もございますので、興味のある方は是非ご一読くださいね。

電話での在籍確認について気になる方に

在籍確認について不安をお持ちの方は、クレジットカード審査の在籍確認について解説している記事を是非お読みくださいね。

お読み頂ければ、在籍確認に対する不安がきっと和らぎますよ。

虚偽申告はすぐに分かってしまいます

また、他社借入額などを虚偽申告しても、信用情報機関(クレヒス)で、すぐに嘘が分かってしまいます。

クレジットカードは、カード会員の信用でお金を立て替えしている為、虚偽申告が発覚すると、信用の面で大きく評価が下がって審査に落ちてしまうのです。

申込書作成には正確さ第一です。勘違いやケアレスミス程度なら大丈夫ですが、意図的な虚偽申告は絶対にやめましょう。

虚偽申告をした場合の審査について詳しく解説した記事もございますので、本記事と合わせて是非ご覧ください。

信用が足りないとクレジットカード審査に通らない

次はクレジットカードには重要な「支払い能力」に関する問題です。

ということは、以下のように収入がない・もしくは少ない人は、ひょっとしてカード審査に通らないのでしょうか?

  • 専業主婦
  • パート・アルバイト
  • 年収が少ない

いいえ、そんなことはないですよ。例えば、収入のない専業主婦の方なら配偶者の年収で査定されますので、専業主婦の方でもクレジットカードを作る事ができます。

ただし、選ぶカードと間違えると専業主婦の方は審査に通りませんので、専業主婦におすすめのクレジットカードで是非おすすめカードをご確認くださいね。

クレジットカードの審査は、以下のような要素を併せて総合的に判定されますので、収入が少ないというだけで審査に落ちる事はありません。

  • 収入のある家族との同居
  • 住まいの形態や居住年数
  • 住宅ローンの有無
  • 勤務先の職種
  • 勤務形態
  • 年収
  • 他社借入額
  • クレジットヒストリー

スコア基準を満たしていないと審査に落ちる

クレジットカード会社は、申込書に記載された項目(個人属性)1つ1つに点数をつけ、その合計点で合否を決定します。

この事をスコアリングと呼んでいて、スコアリングの点数が合格点に達していないと審査に落ちてしまいます。

スコアリングの点数が下がる例

  • 不安定な雇用形態
  • 勤続年数が短すぎる
  • 年収が少ない
  • 他社借入額が多い
  • 住まいの形態が賃貸
  • 居住年数が短い

不安定な雇用形態

アルバイトや期間契約社員の方は、会社員の方に比べて不安定ですから、スコアの点数が低くなってしまいます。

勤続年数が短すぎる

勤続年数が短いと安定した収入の面で、スコア点数に影響します。

特に、自営業者(個人事業主)の方は、会社員の方よりも経営年数(勤続年数)が影響してきます。経営年数が短いと、信用が低くなってしまうのです。

個人事業主の方は、自営業者の審査に関して解説した記事に、個人事業主様向けのおすすめクレジットカードをご紹介してますので、是非ご確認くださいね。

新入社員の方は勤続が短くても優遇される!?

逆に、勤続年数が短くても会社員である新入社員の方は審査に優遇されます。

当サイトでは新入社員の方が審査に優遇される理由と新入社員の方におすすめのクレジットカードを紹介した記事もご用意してます。新入社員の方は必見の内容です。

住まいの形態が賃貸

賃貸マンションや賃貸アパートより、持ち家や家族と同居している方がスコアは高くなります。

賃貸物件の場合、引越し(夜逃げ)しやすい環境にあり、逆に持ち家の場合は夜逃げしにくい環境にあるからです。

一人暮らしの方より、家族と同居している方が高いスコアになる理由も、家族と同居している方が夜逃げをしにくい環境にあるからと言えます。

申込書はクレジットカード審査の基本中の基本。これを元にあなたの信用度がチェックされますので、正確かつ正直な入力を心がけることが大切です。

クレジットカード審査に落ちる最大の原因!信用情報に問題!?ブラック以外もご用心

「信用情報」は「信用」と似た言葉ですが、意味は全く異なります。信用情報とは個人のローンやクレジット利用の記録を集積したもの。

現在3つの信用情報機関が、お互いにやり取りしながら日々信用情報を管理しています。

あなたがカードを申し込めば、必ずこの信用情報がチェックされます。

では一体どんな情報が見つかったとき、カード審査に落ちてしまうのでしょうか?

信用情報に問題があるとクレジットカードを作れない

信用情報はクレジットカード審査上、大変重要なものです。

ここには個人のローン返済やクレジット利用についてのありとあらゆる情報が記録されているからです。

信用情報機関にアクセスした時、もしもそこに以下の問題が見つかったとしたら、残念ですが審査落ちの可能性大です。

  • ブラック(債務整理、自己破産、長期延滞)
  • 延滞
  • 多重申し込み
  • 借り入れ額が多い

ブラックの人は必ず審査に落ちる!

「ブラック」というのはよく耳にする言葉ですよね。

債務整理、自己破産、長期延滞をまとめて事故情報・異動情報といいますが、この情報が登録されることを俗に「ブラックリストに載る」と言います。

ブラックリストに載ると、ローンもクレジットカードも問答無用で審査落ちです。

でも、ブラック以外の場合、自分の信用情報について自覚のない人が少なくないのです。

ご注意!軽い延滞でも審査には不利になる!

ではブラック以外の審査落ちの原因をご説明しましょう。

第一に気をつけていただきたいのが、カード代金の支払いやローン返済の期日遅れです。

「ちゃんと払うんだから少々遅れたって大丈夫!」と安易に考えて返済が遅れると、信用に響き審査落ちの原因になります。

軽い延滞でも信用情報機関に記録されてしまうのです。

信用情報は、全カード会社への支払いやあらゆる借入れの返済が、網羅されていることを忘れてはいけません。

以下のどの支払い状況も、カード会社はすべてお見通しです。

  • 各社クレジットカード利用
  • カードローン
  • 携帯端末の分割払い
  • 車のローン
もしも現在延滞中ならカード審査には通りませんし、過去の履歴も審査に影響します。

支払い実績は24ヶ月分を閲覧できるので、過去2年間の履歴が問題となります。

ブラックでなくても悪いクレヒスが審査落ちの原因になる

「カードローンの入金やクレジットカードの入金が間に合わず、今回は利息だけ返済した」場合でも、信用情報機関で確認ができます。

上記の例は悪いクレヒスの例で、ブラックでなくても返済能力が低いと判断され、審査に落ちる原因となります。

悪いクレヒスと良いクレヒスの例をご紹介した記事に、詳しい詳細をご説明してますので、是非お読み頂き、審査に有利な良いクレヒス実績を積んでくださいね。

リボ払い残高が膨らんでいて返済が自転車操業

例え延滞がなくても、リボ払いでクレジットカードを利用していて、リボ払い残高が膨らみ返済が自転車操業になってしまっている場合も、審査に落ちる原因になります。

特に、カードローンを利用をしている方の返済状況が、自転車操業(返済後、限度額内ですぐに借入している)状態の場合は要注意です。

多重申し込みでブラックになることもある!

軽い延滞よりもさらに気づきにくいのが「多重申込み」です。

多重申込みとは、短期間にまとめて数多くのカードやローンの申込みをすること。

審査に通ったか落ちたかは関係なく、「何社に審査を申込んだか」が問題となります。

カード会社は多重申込みを不審な動きと捉えるので、申込数が一定数を超えた人については、各社一斉にブラック扱いになってしまうのです。

一度に多数申し込むと、お金に困っていると勘違いされる可能性もあります。

また、一度に多数のカードを限度額まで利用した場合、債務が急激に増える為、カード会社は多重申込を警戒するのです。

多重申込みが、多重債務に陥った人の行動パターンとそっくりなのも理由の1つです。

入会特典目的の多重申込もある

多重申込みをしてしまうと入会特典目的での申込みだと、判断されることもありますので要注意です。

その理由は、現在各カード会社では新規入会の特典として、5,000円~8,000円相当のポイントがプレゼントされる「新規入会キャンペーン」を展開していることに関係があります。

この入会特典のみを狙って、申込みをする方がいるのも事実なのです。

多重申し込みが原因で審査に通らなくなることを「申込みブラック」といいます。一度こうなると半年間は、ローンもクレジットカードも審査に落ちる可能性が高くなります。

借り入れ額が多いと審査に落ちることがある

キャッシングなどで多額の借り入れがある場合も、クレジットカードの審査に落ちてしまいます。これは総量規制に引っかかったことが原因です。

総量規制とは、借り入れ額が年収の三分の一を超えてはならないという法律で、対象となるのは、以下の2種類の借り入れです。

総量規制の対象

  • 消費者金融からの借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング

なお「銀行カードローン」や「クレジットカードのショッピング枠」は総量規制対象外ですが、年収に対して負債額が多いと審査に不利になる点は同じです。

総量規制には引っかからなくても、リボ返済額が多く、支払い能力に問題ありとみなされれば、クレジットカード審査落ちに繋がることもあります。

信用情報がまっさらのホワイトでも審査に落ちる!?

でも信用情報に借り入れの記録が一切なくても、実はクレジットカードの審査に落ちてしまうこともあるってご存知でしたか?

そのような状態を、「ホワイト」または「スーパーホワイト」と言います。

これは延滞どころか利用の記録すら一切ない、文字通り真っ白な信用情報のことです。

スーパーホワイトとは?

  • 信用情報に利用記録が一切記載されていない状態のこと
  • ローンやカードを一度も使ったことがない人の信用情報

若い頃の信用情報は誰でもマッサラですが、そのうちローンやカードを利用するようになってホワイトではなくなるのが普通です。

しかし中には現金主義を貫きホワイトのままの人も。それにしても、何故こういった人が審査に落ちるのでしょう?

実は自己破産した人と間違われてしまうからなのです。

自己破産経験者の信用情報はホワイトに戻る!

そうなる理由には信用情報の仕組みが関係しています。

自己破産者はカード審査に通らなくなるとお伝えしましたが、実はそれは登録中だけのこと。

つまりブラックの人も、登録期間が終わればまた元通りです。唯一他とは違うのは、直後は全ての信用情報がマッサラに戻ること。

つまり自己破産経験者の信用情報は、外見上スーパーホワイトと全く同じなのです!

クレジットカードの審査担当者には、現金主義者と自己破産経験者の見分けがつかないので、ホワイトを警戒するしかありません。

どちらのホワイトの方も、利用履歴が全く確認できず、きちんと返済しているのか判断できない為、審査通過が難しいのです。

30代以上の方がホワイトだと元ブラックと疑われる!?

一般的に30歳以上の方で、今まで一度もローンやカードを使った事がない方は稀ですから、信用情報機関に全く利用履歴がないと、過去に金融事故を起こしたと判断されてしまう可能性が高くなります。

今まで一度もローンを利用した事がない方も、自己破産から5年間経過したブラック喪明けの方も、信用情報機関の見た目は同じで区別がつかないのです。
信用情報機関ってスゴイんですね!これまでのカード利用やローン返済が全部記録されているとはオドロキです!これなら自分が忘れてしまったことも、審査担当者にはわかってしまいますね。
だから気をつけなくてはいけないんですよ。ローン返済やカード代金の支払いが遅れてもへっちゃらな人がいますが、こんなことが続けば、クレジットカードの審査にも通らなくなってしまうでしょう。

クレジットカード審査落ちは解決できる!原因別に対策をご紹介!

クレジットカード審査に落ちる原因はわかりましたが、それを解決する方法がないと困ります。

そこでご説明してきた審査落ちの原因別に、それぞれの対策をご紹介しましょう。

解決には時間のかかるケースもありますが、焦りは禁物ですよ!

申込書は正確さが第一!虚偽申告は審査落ちに繋がるので厳禁!

まず申込書が原因の審査落ちについてですが、これは入力に間違いのないよう気をつければOKです。

ただ意図的に嘘をつくと、発覚した場合、審査に通った後でも強制退会ということもあるのでご注意を。

また本人確認の電話に出れないと、その間審査がストップするのでカード発行が遅れることもあります。

審査落ちの原因 解決方法
申し込み内容に相違・虚偽がある 申込書の入力は正確に!
嘘はバレるので厳禁!
在籍確認・本人確認がとれない 申込み後の電話には気をつける
(確認電話は必要に応じてかかってくる)

無職でも家族がいれば審査に通る可能性大

収入が少ないことはどうしようもありませんが、こちらも正直な申告が一番です。

無職なのに働いていると嘘をつくのはNGですが、内職の収入、また不動産収入や年金も収入とみなして構いません。

また配偶者や親族など働いている家族との同居も必ず申告しましょう。これで審査の通りやすさがかなり違ってきます。

なお勤続年数は1年を過ぎれば問題ないので、2年目に入ってすぐ申し込めば大丈夫です。

審査落ちの原因 解決方法
無職 少しでも収入があれば申告する
パート・アルバイト 同居家族があれば必ず申告する
勤続年数が少ない 勤続1年以上経過してから申し込む

無職の方なら、無職の方におすすめのカードや、無職の方への審査に関してご紹介している記事も合わせてご確認くださいね。

信用情報に問題がある時はひたすら待つ

信用情報に問題がある場合は、解決に時間がかかります。以下のようにそれぞれ登録期間の終了をただひたすら待つしか方法がないからです。

審査落ちの原因 解決方法
ブラック 情報が消えるのを待つ
(最大5~10年※)
軽い延滞
(60日以下)
情報が消えるのを待つ
(最大2年)
多重申し込み 情報が消えるのを待つ
(最大6ヶ月)
借り入れ額が多い 返済する

※自己破産の場合の登録期間

・信用情報機関CICでの登録機関は5年
・信用情報機関JBA(全国銀行個人信用情報センター)での登録期間は10年

信用情報機関の記録を確認してみる

返済の遅延に身に覚えがないのにクレジットカード審査に落ちた場合、念の為に信用情報機関の記録をチェックしてみた方が良いでしょう。

自分の信用情報は、郵送やスマートフォンで開示請求ができますので、是非確認してみてください。

信用情報開示請求の手順

多重申込をしてしまった場合は半年待ってから次のカードに申し込む

多重申込みした情報や、申込後審査に落ちた記録は、半年間残ります。

通常の方より一度審査に落ちてしまった方の方が、審査が厳しくなってしまいます。

申込ブラック履歴が消えるまで待ってから、次のクレジットカードに申込みをした方が無難です。

ほとんど利用しないカードがあれば限度額を下げる

既にクレジットカードを持っていて、3枚目4枚目のカード審査が通らなかった方は、使っていないカードがないか確認してみましょう。

もし、ほとんど使っていないクレジットカードがあるなら、限度額を引き下げたり解約する事によって、次のカードの審査通過の確率が上がります。

全く使っていないカードで、今後も使う予定がないクレジットカードであれば、解約してしまいましょう。

クレジットカード審査が不安な方におすすめのクレジットカード

クレジットカードを1枚でも持つことができれば、次はずっと通りやすくなるんですよ。

何故なら手元のカードのクレジットヒストリーが、あなたの信用度を高めてくれるからです。

モチロン延滞などは厳禁ですし、かといってクレジットカードをただ保有しているだけでもダメです。

そこで良好なカード実績につながるカード利用法をご紹介しましょう。

初心者におすすめ!ACマスターカード

ACマスターカード

カードの詳細へ
  • 手に入れやすさでは定評あり!
  • 年会費は永年無料!
  • 最短即日発行が可能
  • ショッピング利用分0.25%をキャッシュバック
  • ローン機能とショッピング機能が両方使える
  • 海外でも使えるMastercardブランド

ACマスターカードはローン専用カードではありませんよ。Mastercardブランドで、国内はもちろん海外の加盟店でショッピングできる、れっきとしたクレジットカードです。

ACマスターカードはホワイトの方にもおすすめ!

ACマスターカードはシンプルな作りですが、それだけに入会しやすさはピカイチ!

なんといっても一部自動契約機コーナーで即日発行できるんですから、これほど手に入れやすいクレジットカードはどこを探してもありません。

審査スピードも最短30分と早く、即日発行が可能なクレジットカードですから、海外旅行前のサブカードとしても人気なんですよ。

また信用情報がホワイトの方にも最適です。

ACマスターカードで適正なカード実績を重ねて、良好なクレジットヒストリーを作っていきましょう。

またクレジットカード審査に通りやすいクレジットカードを紹介した記事で、入会しやすいクレジットカードを多数ご紹介中です。是非こちらもご参照ください!

ご注意!現金化などカード規約ルール違反は解決不可能!

クレジットカード審査落ちにはこのように必ず何らかの解決方法がありますが、実は解決不能な問題が一つだけあります。それはルール違反です。

カード会員には必ず守るべきルール「カード規約」が課せられており、違反すれば審査落ちどころか強制退会もあり得ます。そしてこれには解決の方法が見つかりません。

虚偽の申告については何度かご説明しましたが、クレジットカードのショッピング枠を利用した「現金化」もこのルール違反の一つです。

【カード規約違反にご注意!】

・申込書で嘘をついた
・クレジットカード現金化に手を出した

現金化は気軽にできるのでつい手を出す方もいるのですが、ルール違反は審査落ち以上のダメージの原因となります。
適正なクレジットヒストリーは、あなたの信用を底上げしてくれます。それには毎月一定のカード利用や延滞しないことが大切ですが、それ以前に入会しやすいクレジットカードを見つけることが先決ですね。

クレジットカード審査落ちの原因を解明して対策を立てましょう!

クレジットカード審査落ちの原因はさまざま。原因さえわかれば対策を立てることが可能です。

これまで自分がどうして審査に落ちたのかわからなかった方も、ご紹介した理由のうちのどれかに思い当たったのではないでしょうか?

スタンダードタイプのクレジットカード審査なら、決して厳しいものではありません。

審査に落ちてしまった後、対策を講じていれば、きっと希望のカードに入会できるはず。適正なカード利用は、あなたの信用度を更に高めてくれるでしょう。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断