日本唯一の国際ブランドJCB!
信頼が高くトラベルサービスが充実

カード業界の老舗!信販系クレジットカードの特徴とは!?

カード業界の老舗!信販系クレジットカードの特徴とは!?

クレジットカードを分類すると「流通系・銀行系・交通系・航空系」そして「信販系クレジットカード」などに分類されますが、その中で信販系クレジットカードはクレジットカードの老舗とも言える、古い歴史を持っているのをご存知でしたか?

クレジットカードが普及するまでは、書面による月賦払いが主流でしたが、その業務を行っていたのが信販会社なのです。信販業務のノウハウをクレジットカードのサービスに付帯させて発行している信販系クレジットカードには、銀行系カードなどとは違った独自のサービスが用意されているのです。

今回は老舗の信販会社が発行する、信販系クレジットカードについての特徴と、利用する際のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

信販系クレジットカードはクレジットのパイオニア企業が発行!

信販系クレジットカードは、信販会社から発行されるクレジットカードのことで、信販会社はクレジットカードがまだ普及していない1950年代から「割賦販売」という方法で、信用販売と言うクレジット業務を行っていた「クレジット業務のパイオニア」なのです!

クレジットカードの信用販売システムは信販会社の十八番!

クレジットカードのシステムは簡単に言うと、次のようになっています。

  • カード会員が欲しい商品をクレジットカードで購入する
  • ショップは会員が提示したクレジットカードが問題無いか確認する
  • 問題無ければ、暗証番号やサインで本人確認を行えば商品が購入出来る
  • ショップは、カード会社へ商品代金の請求を行う
  • カード会社は、翌月にカード会員にから商品代金を回収する

このようにクレジットカードで買い物をすれば、その時に支払いをしなくてもカード会社が商品代金を立て替えてくれるので、現金を持っていなくても大丈夫ですよね。

商品を購入した翌月に、立て替えてくれたカード会社へ料金を支払う、後払いがクレジットカードの便利なシステムで、信用販売と呼ばれているのです。

この信用販売は昔から信販会社が行っているので、クレジット業務のパイオニア企業である信販会社の十八番と言えるでしょう!

旧日本信販が日本で最初の信販会社!「現三菱UFJニコス」

現在の「三菱UFJニコス」が日本で最初の信販会社だったことは、あまりご存知ないかも知れませんね。「三菱UFJニコス」の前身が「日本信販」で1951年に創立された、日本で最初の大手信販会社だったのですが、2005年に現三菱東京UFJ銀行の子会社となったことで、社名が変更されました。

それに伴いクレジットカード事業以外の月賦販売を「ジャックス」に譲渡して「銀行系クレジットカード」会社に転身しています。

現在の信販系クレジットカードと言えば、次のクレジットカードがあります。

  • ライフカード
  • オリコカード
  • セディナカード
  • セゾンカード
  • ジャックスカード
  • JCBカード
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランドとして有名な「JCBカード・ダイナースクラブカード・アメックスカード」も、信販系カードに分類されますね。

1960年に日本ダイナースクラブが発行した、日本で最初の「ダイナースクラブカード」から始まったクレジットカード業界を、今日の大規模な市場に成長させたのも信販系クレジットカードなのです!

日本のクレジットカードの歴史には、信販会社の存在は欠かすことの出来ない存在なのですよ!

クレジットカードの登場が信用販売を簡略化させた!?

現在、日本で発行されているクレジットカードは1,000種類以上あると言われて、実際に数を把握することは難しいでしょう!もともと、信用販売のシステムは信販会社独自のもので、商品を購入する際は信販会社の「月賦」を利用して、お金を借りる時は銀行のローンを利用するといったように、利用用途は完全に分けられていたのです。

ですがクレジットカードの登場と、世間への認知が広まったことと、信販会社を含む金融関係企業の合併などの変革によって、信用販売システムが多くの企業に流通したことで、様々なクレジットカードが発行されるようになったのです!
  • 流通系カード:イオンなどの小売企業が発行するクレジットカード
  • 銀行系カード:メガバンクから地方銀行までの全ての銀行が発行するカード
  • 交通系カード:JR東日本が発行するSuicaなどの電子マネーが一緒になったカード
  • 航空系カード:ANAやJALなどの航空会社が発行するクレジットカード
  • 信販系カード:ジャックス、ライフ、JCBなど信販会社が発行するクレジットカード

クレジットカードを分類すると、大きく上記のようになってきます。信販系と言われる会社は全国に150以上とされていて、大手、中小問わず信販会社のほとんどがクレジットカードを発行しているのです。

それだけ、信販会社はクレジットカード取り扱いに自信があり、取り扱うことが当然になっていると言えますね。ですが、先の日本信販のように業界再編があれば「信販系」から「流通系や銀行系」に変わってしまうカードもあるかも知れません。

信販系クレジットカードがクレジットカード業界のパイオニア的存在と言うことですが、業界に対しての影響力は大きいのでしょうか?

となれば、クレジットカードを選ぶ際には、信販系カードを選ばないと損をしてしまうような気がするのですが・・

信販会社が、クレジットカード業界のパイオニアであることは間違いありません!

ですが、信販系カードを選ばないと損をする考えは、間違っていますよ。

クレジットカードは、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことが重要なので、必ず信販系カードで無いといけない訳ではありませんからね!

信販系クレジットカードのメリットとデメリット!

信用販売に強く、クレジットについてのノウハウが詰まっている、信販系クレジットカードのメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょう!?

クレジットカードを選ぶ際には、選択する情報として必要なことですから信販系カードのメリットとデメリットを解説しておきましょう。

信販系クレジットカードのメリット!?総合的な安定感!

最大のメリットは、サービスを含めた総合的な安定感があることで、総合的な内容については、次のようなものが挙げられます!

  • 割賦販売の歴史が古く、クレジットのノウハウがしっかりしている
  • 即日発行のカードもあり、カード発行スピードが早い
  • 多くの企業と提携しているので、カード種類が最も豊富
  • 提携企業での割引サービスが多い
  • プレゼントキャンペーンなのでイベントが多い
  • ポイントアップ対象のショップが多い

上記の内容が偏ることなく均等にあるので、総合的な安定感は「銀行系」や「流通系」のカードよりも優れていて、カード会社の選択肢が多いのも魅力あるメリットでしょう!

「7大国際ブランド」と呼ばれるクレジットカードの内、次の3ブランドが信販系クレジットカードに含まれています。

  • JCB
  • ダイナースクラブ
  • アメリカン・エキス・プレス

と言うことは、ステイタス性で選ぶことも出来ますし、手軽さで選ぶことも出来るのでクレジットカードを選ぶ際の選択肢がとても高くなります。

また「ジャックスカード」では、なんと60種類以上の「JACCSカード」(提携カード)が発行されていて、多くのショップでの利用をカバーしているので、これも選択肢が広がるメリットだと言えますね。

信販系クレジットカードのデメリット!手数料が高め

信販系クレジットカードのデメリットは、手数料が高めであることです!

  • 銀行系カード:手数料は年利14%台
  • 信販系カード:手数料がほとんど15%

他のカードには無い、総合的な安定感のある信販系カードですが、唯一のデメリットが銀行系カードに比べると、手数料が若干高めの設定となっていることです!

その差は最大で1%ですが、気になる方は気になってしまいますからね。ただ、手数料が必要となるのはクレジットカード全てに共通して「リボ払い」や「分割払い」を利用した場合のみです。

「1回払い・2回払い」や「ボーナス一括払い」では手数料は不要なので、気になる方は支払い方法を考えてみることをお薦めします。

ですがクレジットカードの便利な魅力は「リボ払い」や「分割払い」で、高額商品を月々楽に返済出来るところでもありますから、1%の差分は「サービスでカバーしている」と思えばいいのかも知れませんね。

そう考えると信販系クレジットカードは、無敵なクレジットカードだと言えるでしょう!

信販系クレジットカードを選ぶ際には、メリットとデメリットを良く把握して選ぶことが大切ですよ!

因みにカードの審査状況は、選ぶカードによって異なって来ますので、一応に難しい訳ではありませんからね。

信販系クレジットカードのおすすめカード!認知度が高いカード

たくさんの信販系かクレジットカードが存在していますが、数あるその中で世間的に認知度の高いお薦めな信販系カードを6つご紹介しましょう!

日本初の純国産国際ブランド!JCBカード

JCB一般カードは年会費1,250円(税別)とリーズナブルな価格です。

「JCBたびらば」の提携店舗で優待サービスが受けられたり、ハワイでJCBカードを提示すると、「ワイキキ・トロリー・ピンクライン」のバスが無料で乗車できるなど、旅行に特化した様々なサービスが利用できます。

利用付帯ですが国内・海外旅行保険も付帯しますよ。JCB海外お買い物保険も付帯しますから、海外旅行の際でも安心して買い物ができますね。

JCB一般カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費:1,250円+消費税(初年度無料)
  • 国際ブランド: JCB
  • 利用限度額:審査によって決定
  • 付帯保険:海外国内旅行傷害保険・盗難保険
  • キャッシング:あり

ステイタス溢れるカード!アメリカン・エクスプレス・カード

アメリカン・エキスプレスカードは一般カードですが、サービス内容やステータスはゴールドカード並みです。

手荷物無料宅配サービスや空港ラウンジが同伴者1名も無料など、ワンランク上のサービスが享受できます。

カードで購入した商品の破損などを補償するショッピング保険(購入日から90日の補償)も、年間最高500万円まで補償されますから、高額商品の購入も安心ですね。

また、貯めたポイントを一度でも景品に交換すれば、ポイントの有効期限が無期限となるところも魅力的です。

アメックス・グリーンカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費:12,000円+消費税
  • 国際ブランド:アメリカン・エキスプレス
  • 利用限度額:制限なし・申込み者によって個別設定
  • 付帯保険:海外国内旅行傷害保険・買い物保険・盗難保険
  • キャッシング:あり

カード種類が豊富にある!?ジャックスカード!

  • 年会費:1,250円+消費税
  • 国際ブランド:VISA・MasterCard・JCB
  • 利用限度額:審査によって決定
  • 付帯保険:海外国内旅行傷害保険・盗難保険・ネット安心サービス
  • キャッシング:あり

即日発行可能!セゾンカード・インターナショナル

  • 年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA・MasterCard・JCB
  • 利用限度額:10万円~100万円
  • 付帯保険:盗難保険
  • キャッシング:あり
  • その他:セゾンカウンターで即日発行可能
即日発行可能なクレジットカードであることは、とても魅力を感じますよね!即日発行出来るクレジットカードについては、当サイト内の即日発行なクレジットカード記事をご覧頂くと、良くお判り頂けますので、是非お読み頂けると嬉です!

世界で最初のクレジットカード!ダイナースクラブカード

  • 年会費:22,000円+消費税
  • 国際ブランド:ダイナースクラブ
  • 利用限度額:制限なし・申込み者によって個別設定
  • 付帯保険:海外国内旅行傷害保険・買い物保険・盗難保険
  • キャッシング:あり

要注意!ポイントには有効期限がある!?

信販系クレジットカードでは、ポイントが多く貯まるカードが結構存在しています。それもそのはずで、先に説明した「ジャックスカード」のように、提携ショップがたくさんあるので提携されるショップでポイントが2倍、3倍になるカードも存在しているので、利用するのがとても楽しくなります。

ですが、ポイントはカードによって有効期限があるので要注意で「もう少し貯めてマイルに交換しよう!と思っていたら、いつの間にかポイントが無くなってしまった!?」そんな悲しい状況が発生することもありますからね!

  • オリコカード:獲得した月から2回目の誕生日を迎えるまで
  • ジャックスカード:最長2年間
  • セディナカード:最長2年間

上記のように、ほとんどが2年間となっていますので、クレジットカードを良く確認しておきましょうね。

信販系クレジットカードには、たくさんの種類が発行されていますが、お薦め出来るカードは記事内の5種類でしょう!

ステイタスの高いカードと種類が豊富なカードを紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。

カードに安心を求める方は信販系カードがお薦めなのです!

信販系クレジットカードには、メリットで説明した総合的な安定感があるので、安心してカードを利用することが出来ますから、クレジットカードに安心感を求める方には信販系クレジットカードが、とてもお薦めなのです!

安心して利用出来るクレジットカードが選び放題!

信販系クレジットカードにはライフやジャックスのような、大手信販会社が発行しているカードもありますし、ダイナースクラブカードやアメックスのようにステイタス性の高いカードもあります。

アメックスなどのカードはステイタス性が高いので、安心して利用出来ることは当たり前ですが、ジャックスカードやライフカードも、年会費やサービスなどトータルで安定している意味で、安心して利用出来るカードですよ。

  • ライフやジャックスは、年会費や付帯サービスが安定している
  • ダイナースやアメックスは、ステイタス性が高く元々安心出来るカード
カード種類も先に説明したとおり、たくさんのショップと提携したカードが発行されているので、選ぶのが大変なほどですが、逆な言い方をすれば、手軽に申込むことが出来て安心して利用出来るカードが、選び放題と言うことになりますよね。

手軽に申込めるカードから、審査がとても厳しいですが発行されれば自慢できるカードまで、全てが安心できる信販系クレジットカードは、カードに安心を求める方に最適なクレジットカードなのです。

信販系クレジットカードには、安心感があります。もちろん、他の交通系や銀行系のカードにも安心感はあります。

ですが、サービス面、年会費、ステイタス性、これらをカード種類でチョイス出来ることが信販系カードの特徴なのです!

信販系クレジットカードで安定したサービスを受けよう!

信販系クレジットカードには、年会費無料、ポイントアップ、ショップ割引特典など利用者に嬉しいサービスが多く付帯しているカードです。

中にはダイナースクラブカードやアメックスカードのように、審査はとても厳しいですが、持つことが出来れば世界中で認められる、高いステイタスを得ることが出来るカードもあります。

いずれにしても信販系クレジットカードは、利用すれば安定したサービスを受けることが出来るのです。楽しく、便利に、そして安心してカード利用をしたいのなら、信販系クレジットカードを検討してみることをお薦めしますよ!

メニューを閉じる