JR利用の方は日常でマイルが貯まる
陸マイラーにも有利なANAカード

今さら聞けない!マイルの基礎知識とよく貯まるクレジットカード

今さら聞けない!マイルの基礎知識とよく貯まるクレジットカード

現在、VISAやMasterCard、JCBと言った、国際ブランドと航空会社が提携した、マイルをたくさん貯めることの出来るクレジットカードが、航空会社各社から発行されています!

航空会社の提携カードは、クレジットカード業界では後発組のカードとなり、一般的に航空系クレジットカードと呼ばれていますが、海外旅行や出張で飛行機を良く利用する方に、とても人気のあるクレジットカードとなっていますよ。

今回は飛行機をあまり利用しない方でもお判り頂ける、マイルと航空会社発行の提携カードについて、詳しく解説していきましょう!

マイルを貯めて旅行しよう!航空会社の提携カードが超おすすめ!

飛行機を良く利用する方にとって、同じクレジットカードを利用するなら、マイルが良く貯まるクレジットカードを利用することをお薦めします!

現在では、ほとんどの航空会社が各国際ブランドと提携して、クレジットカードを発行していますから、カード内容を良く選んで利用することが重要になってきますね。

ここでは、マイルに特化した付帯サービスのある、航空会社が発行するクレジットカードをご紹介しましょう!

航空券を購入するとマイルが貯まる!マイレージプログラム

マイルとは「マイレージプログラム」で貯まるポイントのことで、一定以上のマイルが貯まると、航空券と引き換えることが出来るのです。

通常クレジットカードを利用するとポイントサービスによって、ポイントが付与されることは、みなさんご存知ですよね。そのポイントが、航空券と引き換えることが出来る、マイルに代わるクレジットカードなのです!

  • 通常のポイント:100円で1ポイント
  • マイルの場合:100円で1マイル

このように、通常のポイントと同じように、マイルもカードの利用料金によって、貯まっていくのですが、大きく違うのは付帯サービスの内容ですね。

  • ポイントを貯める場合:ポイントプログラム
  • マイルを貯める場合:マイレージプログラム

クレジットカードに付帯しているサービスが、上記のどちらになっているかで、貯まるのがポイントなのか、マイルなのか分かれてくるのです。

簡単にご説明すると、航空会社が発行する提携カードを利用した場合、航空券をカード利用で購入すれば、自動的にマイルが貯まり、カードを利用してショッピングをすれば、ポイントが貯まるということなのです!

  • 東京から大阪までの航空券を購入:往復約24,000円で、240マイル貯まる
  • 東京から大阪までの新幹線切符を購入:往復約27,000円で、270ポイント貯まる

通常ポイントもマイルに移行出来る!?ポイント交換が可能

先の説明で「航空券を購入しないとマイルが貯まらないのなら、あまり意味が無いよ!?」そう思われた方もいらっしゃるでしょうね。ですが、通常のショッピングで貯めたポイントを、マイルに交換することも可能なのです!

例えば、ANAが発行する「ANAカード」では、マイレージクラブに入会すればカードを利用して獲得したポイントは、全てマイルに交換することが出来る他、電子マネー「楽天Edy」へのチャージや、銀行への定期預金でマイルが貯まるサービスも用意されています。

  • 楽天Edyへ、ANAカードからチャージするとマイルが貯まる
  • スルガ銀行へ定期預金をするとマイルが貯まる
  • ANAマイレージモールでショッピングするとマイルが貯まる

上記のように、様々な利用でマイルが貯まる仕組みになっているので、本当にマイルを貯めることに特化したサービスが用意されている、クレジットカードになっているのです!

通常のクレジットカードに付帯している、ポイントサービスプログラムとは別に、マイレージプログラムが付帯しているカードは、マイルを多く貯めることの出来るクレジットカードなのです!最近では、様々なマイル付与に特化したクレジットカードが発行されているのですよ。

マイルを貯める際の注意点!?アライアンスに要注意!

マイルがお得に貯まるクレジットカードは、どのクレジットカードを選べば良いのか、それをご紹介する前に、マイルを貯めるクレジットカードを選ぶ際に、注意しないといけないことが1点あります。

それは「アライアンス」(航空連合)を良く考えて、カード選びをしないといけなと言うことであり、アライアンスが異なると、せっかく貯めたマイルを利用して、旅行することが出来なくなってしまいますからね!

アライアンスは3グループ!各グループの運航路線が重要

アライアンスは日本だけでなく、世界の航空会社で作られている航空連合なのです!それぞれのアライアンスグループ内であれば、マイルを使ってグループ内の航空会社の航空券を購入することが可能となるのです。

アライアンス 就航国 空港数 加盟航空会社数 主要加盟航空会社
スターアライアンス 195カ国 1,328 28社 ANA(全日空)
ユナイテッド航空
中国国際航空
ルフトハンザ航空
タイ国際航空
アシアナ航空
エジプト航空
エバー航空
シンガポール航空
スカンジナビア航空など
スカイチーム 187カ国 1,000 19社 デルタ航空
大韓航空
エールフランス
アリタリア航空
チャイナエアライン
アエロフロート・ロシア航空
ベトナム航空など
ワンワールド 149カ国 810 12社 JAL(日本航空)
マレーシア航空
アメリカン航空
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュ・エアウェイズなど

上記の表が各アライアンスのグループになっていますので、各グループ内での利用を考えて、クレジットカードを選ぶ必要があるという事になります。

JALカードで貯めたマイルは、ANAでは利用出来ない!?

先の表を、改めて簡単に説明しておきましょう!例えば、JALカードを作ってマイルを貯めたとしましょう。その時にJALのアライアンスグループは「ワンワールド」になります。

貯めたマイルで、JALが就航する路線の航空券を購入することは、全く問題ありませんが、ANAが就航する路線の航空券を、購入することは出来ないと言うことになります!

そうなると、アライアンスグループで最大の加盟数である「スターアライアンス」に加盟する、ANAカードを作っておいた方が、より便利にマイルを使うことが出来るでしょう。

ですが、一概にそう言い切れることでは無くて「スターアライアンス」の加盟航空会社が、就航していない国や地域もありますので、ご自分が良く利用するまたは、利用しようとしている国や地域に、就航している航空会社のグループを選ぶ必要があるのですね!

  • マイルが貯まるカードは、思い付きで申込んではいけない!
  • マイルを利用出来る、アライアンスグループを確認して申込むことが重要!

日本国内の2大航空会社を比較!航空会社の長所と短所

ではここで、日本国内大手航空会社である「ANA(全日空)」と「JAL(日本航空)」の2社を比較してみましょう!どちらの航空会社も長所と短所があって、最終的には利用者の好みで選ぶことになってしまうでしょうね。

航空会社 JAL:日本航空 ANA:全日空
サービス名 JALマイレージバンク ANAマイレージクラブ
有効期限 3年 3年
アライアンス
グループ
ワンワールド スターアライアンス
加盟社数 12社 28社
他人への譲渡 配偶者・親族のみ 配偶者・親族のみ
交換最低マイル数 7,000マイル 7,500マイル
以降可能なポイント Suica・Ponta・WAON 楽天Edy・Suica・nanaco・
Tポイント
メリット ・国内便はANAよりも多
いので搭乗マイルを多く貯め
やすい
・ポイント移行先が多い
・国内便が多いので搭乗
マイルが貯めやすい
・ポイントの移行先が多い
・提携カードの種類が豊富
デメリット ・人気があるので航空券が
取り難い
・有効期限が3年と短い
・燃料サーチャージ料など
別途費用が必要
・提携する企業が少ない
・人気があるので航空券が
取り難い
・有効期限が3年と短い
・燃料サーチャージ料など
別途費用が必要

2社を比較すると上記表のようになりますが、見てお判りのように大きな差は見られませんね。ただ、両社ともマイルの有効期限が3年となっているので、頻繁に利用する方でないとマイルが失効してしまう可能性があります。

いくらマイルを貯めると交換出来る!?最低9,000マイル!

クレジットカードを利用してマイルが貯まることも、貯まったマイルで航空券と交換出来ることも判りましたが、一体どのくらいマイルを貯めれば、航空券と交換出来るのでしょうね。

気になるマイル数を、国内線の便が多いJAL路にて、ご紹介しましょう。

  • 東京~大阪:通常11,000マイル ディスカウント9,000マイル
  • 東京~札幌:通常14,000マイル ディスカウント12,000マイル
  • 東京~福岡:通常14,000マイル ディスカウント12,000マイル
  • 東京~沖縄:通常14,000マイル ディスカウント12,000マイル

国内便を利用するには、最低9,000マイル必要なのですね。通常では100円1マイルですから、単純に計算すると、90万円カード利用すれば、東京―大阪間が無料で利用出来ると言うことになります。

ですが、ポイントアッププログラムを利用したり、ボーナスポイントを利用すると、通常より多くマイルが貯まりますので、上手に利用すれば約30万円~40万円の利用で、9,000マイル貯めることは可能となりますよ!

教授に教えて頂きたいことがあります!?アライアンスとは航空連合とありますが、航空会社にとってメリットは大きいのでしょうか?

また、世界規模と言うことですが、3つの組織が一つにまとまることは無いのでしょうか?

質問にお答えしましょう!先ず、メリットについては運航経費の削減や、事故に遭遇した場合の救助連携も締結しているので、とても大きなメリットがあります。また、アライアンスが1つの組織に統合されることは、現時点では考えられません!

今後、航空業界で今以上の変革があれば、統合される可能性は出てくるかも知れませんけれどね。

マイルを貯めるならこのカード!おすすめクレジットカードを紹介

それでは、お待たせ致しました!ここで、マイルを貯める目的で利用する、お薦めクレジットカードのご紹介をしていきましょう!

現在では、多くのマイルを貯めることの出来るクレジットカードが発行されていて、航空会社が発行するカードで無くても、多くのマイルを貯めることが出来るようになってきています。

おすすめカードその1 :JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQは、JALマイルを貯めるには最強のカードと言えるでしょう。

JALマイルとTOKYUポイントを2重取りできて、TOKYUポイントはJALマイルに交換できます。

東急ストア・プレッセ利用で還元率1.5%、東急ハンズでは最高3%の還元率です。東急電車利用でもマイルが貯まります。

カード利用に加え、PASMOやWAONにチャージするだけでもマイルが貯まります。

東急グループの特典とJALの特典が両方利用できるのが最大の魅力ですね。

JALカード TOKYU POINT ClubQ普通カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 JAL普通カード
年会費 2,000円(税抜)
入会ボーナスマイル 入会後初めての搭乗時に1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイルの10%
継続ボーナスマイル 毎年初回搭乗時に1,000マイル
JAL・JTAの機内販売での割引 10%割引

おすすめカードその2:ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは交通系電子マネーであるSuica機能が一体型となったカードで、Suicaチャージでもマイルが貯まります。

継続時にボーナスマイルが付与されたり、ANAマイルプラス提携店(スターバックスやマツモトキヨシなど)でマイル還元率が上がります。

ANA VISA Suicaカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 ANA VISA Suicaカード
年会費 2,000円(税抜)
WEB明細サービス利用で1,500円(税抜)
入会ボーナスマイル 1,000マイル
毎年の継続ボーナスマイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイルの10%
サービス内容 国内ANAホテルズで宿泊費5%割引
空港内免税店で10%割引
海外旅行保険自動付帯

おすすめカードその3:アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

貯まったマイルは、アライアンスグループに限定されること無く、15社の航空会社で利用することが出来るので、ほとんどの就航路線をカバーすることが出来ますね。

航空会社で無く、ステイタス性の高いクレジットカードを発行することで有名な「アメリカン・エキスプレス」が発行するクレジットカードです!

カード名 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
年会費 10,000円 家族カード5,000円
国際
ブランド
アメリカン・エキスプレス
還元率 1.5%
特典内容 ・航空会社で無いので、アライアンスの枠を超えてマイルを貯めることが可能
・JAL、ANAを含めて26社の航空券購入でマイルが3倍貯まる
・日本旅行とアップルワールドの旅行代理店利用でも、マイルが3倍
・有効期限が無期限なので大きな旅行を目的に貯めることが出来る
・3つのボーナスポイントで、更にお得にマイルが貯まる

おすすめカードその4:ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ステータスが高い事で有名なアメックスブランドのクレジットカードは、一般のグリーンカードでも年会費12,000円(税別)です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは年会費7,000円(税抜)で、ANAの特典もアメックスの特典も両方利用できるお値打ちカードです。

フライトボーナスマイルもあり、国内28カ所、海外2ヵ所の空港ラウンジが同伴者様1名無料になります。

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
年会費 年会費7,000円
入会ボーナスマイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイルの10%
サービス内容 国内28カ所、海外2ヵ所の空港ラウンジが同伴者様1名無料
お薦めのクレジットカードをご紹介しましたがどれも特徴があって、選ぶのに迷ってしまうでしょう!最終的には、どの路線を利用して旅行に行くのか、そしてその路線はどの航空会社が便利なのかそれで決まると思います。

マイルを貯めて旅行を計画!毎日が楽しくなるカードですね

旅行が好きな方で、しかも移動手段が飛行機を予定している場合、マイルの貯まるクレジットカードを利用すれば、貯まったマイルで飛行機代が無料になってしまいます!マイルの有効期限が無期限のカードもありますが、通常3年だと思っていいでしょう。ですが、3年後に旅行の照準を合わせて利用すれば、毎日が楽しくなってしまいます。

辛い仕事があったとしても、改札を通るだけでマイルが貯まると思えば、ポジティブ思考で乗り切れるのではないでしょうか!?

マイルのたくさん貯まるクレジットカードを選べば、これまでの日常が変わるかも知れませんよ!

メニューを閉じる