JCB「JCB ORIGINAL SERIES」

日本が世界に誇る信頼のブランド!
トラベルサービスが充実JCBカード

JCBカードとは国内で最も利用出来るカード!その魅力とは!?

JCBカードとは国内で最も利用出来るカード!その魅力とは!?

7大国際ブランドの1つであるJCBカードは、みなさん良くご存知だと思いますが、そのJCBカードは純国産クレジットカードだと言うことも、ご存知でしたか?

VISAやMasterCardのようにクレジットカードの国際ブランドは、全て海外の企業が提供しているように思われています。

しかし、JCBカードは日本で唯一の日本発の国際ブランドなのです!

今回は、JCBカードについて、どのような魅力のあるクレジットカードなのか、判りやすくご説明していきましょう。

日本企業であるJCBの歴史!?1961年設立の老舗!

先ずはJCBと言う企業の歴史を振返って見ましょう。1961年に、旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)と日本信販(現三菱UFJニコス)の2社が共同で日本クレジットビューローを設立しました。

その日本クレジットビューローがJCBの前身会社なのです!

JCBはクレジットカード業界の老舗!日本で唯一のブランド企業

日本クレジットビューローは、日本国内で2番目に設立されたクレジットカード会社で、既に50年の歴史を持つ、まさにクレジットカード業界の老舗ですね。

JCBの文字も、日本クレジットビューロー(Japan Credit Bureau)の頭文字から構成されているのです。

因みに日本で最初のクレジットカード会社は日本ダイナースクラブで、国際ブランドのダイナースクラブカードを発行している企業です。

日本ダイナースクラブは、現在ではシティカードジャパンに名称が変更されていてシティカードジャパンが取扱うダイナースクラブカードは、アメリカ発のクレジットカードになります。

ですから、日本企業で日本発の国際ブランドのクレジットカードを発行しているのは、JCBだけなのです!

  • VISAカードは、アメリカの企業が提供しているブランドを利用して発行
  • MasterCardも、アメリカの企業が提供しているブランドを利用して発行
  • JCBは、自社ブランドのクレジットカードを発行している
  • 提携カードも、JCBのブランド提供を受けて発行している

VISAやMasterCardに負けていない知名度!

JCBが世界進出したのは、1985年です。それまでは、国内のみで利用が可能でした。1985年に、香港の現地に住んでいる邦人向けに、カード発行をしたのが国際化の始まりです。

以降、順次発行する範囲を広めていき、数年後には国際ブランドの仲間入りを果します。

そして、2005年には会員数が5,000万人を突破し、加盟店数も1,000万店を超える国際ブランドに成長しているのです。

  • JCBはVISAやMasterCardに負けない国際的知名度がある
  • 世界中で利用可能なクレジットカードなので国際ブランドと呼ばれる
JCBは創業から50年以上も続く、クレジットカードの老舗企業であり、日本のクレジットカード会社の中で、唯一国際ブランドを持つ企業なのです!

ほとんどのクレジットカードの国際ブランドは、アメリカの企業ですから、日本の企業が国際ブランドを世界に提供出来ることは、とても誇らしいことですね。

JCBは世界シェア第5位!国内シェア第1位!

国際ブランドであるJCBの世界シェアは、第5位となっているのでなんだ、5位って低いね・・そう思った方は多いことでしょう。

ですが、世界シェアこそ第5位ですが、日本国内のシェアはNo1なのですよ!つまり、国内では非常に使い勝手の良いクレジットカードと言うことなのですね。

国内シェアNo1は、使いやすさNo1の証明 !


JCBは、世界シェアこそNo5ですが、国内シェアはNo1のクレジットカードです!

現在では、190の国と地域で利用することが出来て、加盟店数も約2,900万店に増えJCBカードホルダーは、約8,900万人にも昇り国際ブランドとしての確固たる地位を築いています。

日本国内では、トップクラスの加盟店ネットワークを持ち、沖縄から北海道まで日本全国どこでも利用出来るクレジットカードなのです。

MasterCardが利用出来ないショップでもJBCカードは利用出来る状況にあるのです。

クレジットカードは持っていても、利用できなければ価値がありませんよね。その意味で言えば「JCBカードは日本国内での使いやすさNo1!」と、言っても良いでしょう。

  • JCBは世界シェアNo5でも、日本国内シェアはNo1
  • 利用出来る国と地域:190の国と地域で利用可能
  • 加盟店数:2,900万店以上
  • 会員数:8,900万人

JCBのサイトでは、2015年3月時点での加盟店数の推移を

参照元:JCB

と、グラフで紹介していて、見てのとおり、右肩上がりに加盟店数は増加していますね。

クレジットカード発行とサービスを自社提供している日本企業!

JCBはクレジットカード発行とサービス提供を、全て日本企業であるJCBが行っています。世界シェアNo1のクレジットカードであるVISAカードや、世界シェアNo2のMasterCardは、自社でクレジットカードの発行は行なっていません。

ですから、特にVISAカードでは、発行する企業によってサービスが異なっているのです。

一方JCBブランドであれば、どのカードでも共通のサービスが受けられる、自社発行のプロパーカードと、言うのが最大のメリットなのですよ!

  • VISAやMasterCardは、ブランド提供のみで自社でカード発行はしていない
  • 提供される付帯サービスが、発行会社で異なってくる
  • JCBは、ブランド提供だけで無く自社でカード発行も行っている
  • JCBでは、安定したサービスの提供を受けることが出来る


JCBカードは、クレジットカード初心者の方でも安心して使えるクレジットカードだと言えるでしょう!

VISAやMasterCardほど、世界中のショップが加盟店となっていないので、世界シェア5位の位置にいますが、国内では圧倒的に支持されているクレジットカードなのです!

VISAやMasterCardと最も異なる点は、JCB自社でクレジットカードを発行していることですね。

それゆえに、全てのJCBカードで、安定したサービスが提供出来ているのです。

クレジットカード初心者の方にはJCBカードがおすすめ!

先に触れたとおり、共通のサービス、そして加盟店の多さからクレジットカード初心者の方にはJCBカードをおすすめします。

国内でクレジットカードを取扱っているショップではJCBカードを、利用出来ないショップは無いと言って良いでしょう!

JCB一般カードは年会費1,250円(税別)で、年会費以上の価値あるサービスが利用頂けます。

スターバックスで還元率2.5%、セブンイレブンやイトーヨーカドーで還元率1.5%になるなど、JCBパートナーショップでの利用は高還元です。

JCB一般カード「JCB ORIGINAL SERIES」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

旅行に特化したサービスも魅力で、次章でも詳しくご案内していますので是非確認してみてくださいね。

公共料金の支払もJCBカードで決済が可能です!

電気料金、電話代などの公共料金をJCBカードで決済することも可能ですから、利用明細で使用料金が一目で分かるので、家計簿代わりにもなりますね。

また、保険料や、自動車税などもJCBカードで決済出来るので、手持ちが少ない時は非常に助かりますね。

ポイントサービスでとてもお得に利用出来ます!

JCBカードには、毎月の利用料金1,000円ごとに1ポイント換算される「Oki Dokiポイントプログラム」と呼ばれる、ポイントサービスがあります。

これに登録しておけば、ショッピングの利用はもちろん、公共料金の支払いでもポイントが貯まるので、カードを利用するのが楽しくなりますよ!

ポイントが貯まれば、JCBの商品券や、カタログからポイントに応じた商品と交換できるようになります。

  • 全てのJCBカードで、Oki Dokiポイントが取得可能
  • 商品カタログから、好きな商品と交換することが可能
  • 商品カタログは、インターネットか電話で取得可能
  • ポイントの有効期限は、2年間と長期

ポイント付与のシュミレーション

では、ポイントの貯まり方をシュミレーションして見ましょう。次の表は、公共料金等をJCBカードで決済した場合のシュミレーションになります。

電気料金 5,000円/1ヶ月
ガス料金 5,000円/1ヶ月
携帯電話料金 10,000万円/1ヶ月
国民健康保険料 15,000円/1ヶ月
NHKなど有料放送料金 5,000円/1ヶ月
40,000万円/1ヶ月
Oki Dokiポイント 40ポイント/1ヶ月
年間合計ポイント 40×12=480ポイント(2,400円相当)

※1ポイントは5円での計算です。

固定費だけでこれだけポイントが貯まるのですから、これにショッピングの使用料金が加われば、年間1,000ポイント以上貯めることも可能でしょう!

現金を用意しなくても、いつでも商品を購入することが出来るので、日常での買い物も便利になりますし、ポイントも貯まっていくのでとても便利でお得ですね。

学生はお得!?JCBカードは学生ライフも応援している!

JCBカードには「学生専用のクレジットカード」も用意されていますので、18歳以上29歳以下の学生の方であれば、申込みをすることが出来ますよ。

年会費無料で、5年間いつでもOkiDokiポイントが1.5倍と言ったサービスも魅力です。JCBカードの学生専用カードは、大学校個別のユニークなカードも用意されているので学生専用カードのラインナップをご紹介しておきましょう!

  • JCB CAED EXTAGE:29歳以下の方限定!
  • ANA JCBカード(学生用):日本在住の18歳以上の学生専用!
  • JALカード navi:30歳未満の学生専用!
  • 慶応JCB学生カード:慶応義塾大学の学生専用!
  • 早稲田カード Parents JCB:早稲田大学の学生(卒業生)で20歳以上


上記、全てのカードは年会費が無料なので、学生の内からクレジットカードが持てれば、社会人になった時には良いクレジットヒストリーとなっているので、とても有利になりますよ!

また、親権者の方がJCBカードを持っていれば家族カードを発行してもらえるので家族カードを利用することも良いかも知れませんね。

当サイトにて学生は是非、申込もう!超お得な学生専用クレジットカード!を、詳しく解説した記事がありますので、ぜひ参考にして見てください。
JCBの学生専用カードには、ユニークなカードが提供されているので、学生諸君は参考にしてみると良いでしょう!

学生の内にクレジットカード利用に慣れておけば、卒業してからのクレジットに有利な状況となるので、学生の内から良いクレヒスを作っておくことをおすすめします。

「たびらば」が魅力!?海外旅行もJCBカードがお得な理由!

海外旅行をお考えの方にもJCBカードは、便利なクレジットカードなのです。JCBブランドで、共通して利用出来るサービスが充実しているので、海外旅行でも便利に利用することが出来ますよ。

そして、何よりもJCBが提供する「たびらばサイト」で紹介しているサービスが、とてもお得で魅力なのです!

たびらばは、海外旅行を応援するサイトです!

JCBが提供する「たびらば」では、海外でのJCBカードを、お得に利用出来る情報を満載したサイトになっていて、20の国や地域でJCBカードが、お得に利用出来るのです!

  • 提携ショップの紹介
  • 提携ショップでJCBカードを利用すると割引やプレゼントがもらえる
  • 現地スタッフから旬な情報をキャッチ出来る
  • 現地で利用出来るガイドブックがダウンロード可能
インターネットでの情報では利用出来ないと言われていてもたびらばを見ればJCB加盟店が詳細に紹介されていて、割引やプレゼントまでもらえる情報が入手出来るので、海外旅行前にはたびらばを、ぜひチェックしておきましょう!

JCBブランド共通のサービス!知ればとてもお得な情報!

どのクレジットカードでも、JCBブランドであれば、同じサービスを受けることが出来ますので、一体どのような共通サービスがあるのか、ご紹介しておきましょう!

JCB優待サービス!国内も海外もお得に!

JCBカードの利用とクーポンを提示すると、施設利用料金や食事代の割引やプレゼントがもらえる優待サービスです。

クーポンの提示をしなくてもJCBカードを利用するだけで、割引が受けられるなど通常で利用するよりも、とてもお得なサービスが日本全国及び海外で利用可能ですよ!

JCBチケットサービスは、先行購入出来るのでとてもお得!

コンサートやミュージカルなど、エンターテイメント全般のイベント案内、チケット購入が出来るサービスで、JCB会員限定の先行発売や割引チケットも用意されています。

JCB会員だけの先行販売も用意されていて、他の方よりも早くチケットを入手出来るので、とてもお得なサービスなのです!

  • 公演の最新情報を随時確認出来る
  • 申込みから受付完了まで全てオンラインで行える
  • スマートフォンや携帯からも利用が可能
  • 地域やジャンルで検索出来るので、希望の公演が直ぐ判る
  • 毎週メールマガジンで配信されるので手間いらず

JCB ORIGINALシリーズ限定優待サービス

JCB ORIGINALシリーズのJCBカードを利用して、OkiDokiポイントを通常よりも、たくさん貯めることが出来るサービスです。

ORIGINAL SERIESパートナーショップを利用すると、ポイントを3倍、5倍と通常よりたくさん貯めることが出来ます。

  • JCBオリジナルシリーズには、3つのカテゴリーがある
  • ポイントプログラム
  • トラベルプログラム
  • エンターテイメントプログラム

JCB ORIGINALシリーズには、上記の3つのカテゴリーが用意されていて「エンターテイメントプログラム」は、先に説明したチケットサービスが含まれています。

ポイントプログラムは、ここで説明したとおりで普段より、より多くのポイントを貯めることの出来るプログラムとなっています。

トラベルプログラムはJCB会員専用の旅行会社

JCB ORIGINALシリーズの中にあるトラベルプログラムは、電話をするだけで旅行プランの提案からツアーの予約まで、希望する最適な旅行プランの提供と、自身の代わりに煩わしい手続きを代行してくれるサービスです。
  • パンフレットの収集から手伝ってくれる
  • WEBなら24時間365日受付可能
  • 電話の場合、対応が親切な専用デスクがある
  • JCBカード決済なので入金の手間が不要
  • シーズン時期でも予算内で収まるツアーを探してくれる
  • 24時間対応の海外JCBプラザコールセンターで日本語対応してくれる

上記のようなサービスが用意されているのでJCBカードをお持ちの会員の方は、利用しないと損をしてしまいますね。特に旅行好きの方であれば、利用すればこれまでの旅行とは異なる、クオリティの高い旅行を楽しむことができるでしょう!

JCB保険サービス!付帯保険は頼れる内容

JCBカードには、次のような保険が付帯サービスとして提供されていて、海外旅行では頼りになる保険内容と補償になっています。

  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • ショッピングガード保険:最高100万円

その他、付帯保険以外の保険提供サービスも用意されています。

  • JCB OkiDoki保険:貯まったポイントを保険と交換出来ます
  • 保険商品案内:医療保険、生命保険、地震保険など様々な保険の案内をしています
  • 旅行保険:海外旅行、国内旅行に対する旅行保険の案内をしています
  • ゴルフ保険:安心してゴルフを楽しめるよう、ゴルフ保険を案内しています

JCBカードを通じて、様々な保険の案内を行なっているので、必要な保険に素早く加入することが出来る案内サービスが充実しています。

ご自分のケースに合わせて、必要な保険をチョイス出来るので、意外に便利なサービスだと思います。

携帯・公共料金支払サービス!ポイントが早く貯まる!?

先のポイントシュミレーションでもご紹介した、携帯料金や電気代、水道代などの公共料金をJCBカードで支払うことが出来るサービスです。

JCBカードを利用すれば、口座引落しよりもポイントが付与されるので、思った以上に早くポイントが貯まりますよ!

ワンランク上のサービスも用意されています!

カードのグレードが上がれば共有サービスに加えて、さらに便利なサービスも用意されています。年会費が必要となりますが、それ以上のサービスを提供してくれるので、決して損をすることはありませんね。

ゴールドカードにランクアップすれば、空港ラウンジサービスやゴールドデスクを利用することが出来て、海外旅行が楽しくなりますよ。

プラチナカードやPlatinumプレミアカードだと、JCBプラチナ会員専用デスクを利用することが出来て、「24時間コンシェルジュ」などのサービスを受けることが出来ます。

さらに、ブラックカードとも呼ばれるJCB最上級のJCBザ・クラスだと、航空券やホテルのグレードアップ、24時間専属コンシェルジュサービスなど、夢のようなサービスが用意されているカードなのです。

JCBカードは海外でも問題なく利用出来ます!

以前は海外の加盟店も少なく、アジア地域の加盟店が多かったので、海外ではあまり使えない、というイメージやウワサがあったのは事実です。

しかし、現在では加盟店も約2,900万店に拡大し、他の国際ブランドとの提携によって、世界中で利用出来るクレジットカードになっているのです。

JCBカードが提携している国際ブランドは次のとおりです。

  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • ディスカバーカード
  • 銀聯カード
これらのカードが利用出来るショップでは、JCBカードも利用することが出来るようになりました!

ですので、海外でも問題なくJCBカードを利用することが可能となっているのですが、一部の古いカード端末だと相互決済が出来ない場合があるので、小さなショップで利用する場合はご注意ください。

また、全世界での利用までには至っていないので、一部の国や地域では利用できない場所もあります。

その部分が世界シェアNo5の現状なので、正直VISAカードやMasterCardほどの利用度までには至っていないのが残念ですね。

教授に教えて欲しいことが一つあります。

JCBカードは海外でも問題無く利用出来るクレジットカードと説明されているのに利用できない国や地域があるとの説明もされていますよね!?

これは、どのように理解するのが正しいのでしょうか?

一見すると、矛盾しているように感じてしまうのですね。

海外でも問題無く利用出来ると言うのは、昔JCBカードは、アジア圏以外の海外では利用することの出来ないクレジットカードとされていたのです。

現在では、記事内のグラフで証明されているように、海外での加盟店は年々増加してきていますよね。

ですから、海外でもJCBカードの利用が問題無く出来るようになっているのです!

一方で一部の国や地域で利用出来ないとあるのは、VISAやMasterCardのように全世界に加盟店は広がっていないので利用できない場所もあると言う意味なのですよ。

日本人の方が良く訪れる国や地域では、VISAやMasterCardと同じように問題なく利用することが出来ますから、安心して大丈夫なのです!

JCBカードについて興味のある方は、当サイト内にて純国産ブランドJCBを創設した男の物語にて、創設から現在に至るまでを詳しく解説してありますので、ぜひご覧ください!

海外ではサムライカードの名称で有名なカードです!

JCBカードは、国内はもちろんのこと、海外でも問題なく便利に利用出来るクレジットカードなのです。

海外ではサムライカードと呼ばれてとても有名なカードなのですよ!

JCBカードだと、共通のサービス提供があるので、悩む必要が無くクレジットカード初心者の方にはベストなカードだと思います。

海外旅行に行かなくても、国内ではJCBカードが一番使いやすいですから、VISAカードやMasterCardを持っていてもJCBカードを、マイカードに追加するのも良いと思いますよ!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断