妻子も親も補償で安心の家族特約付!
ステータスも高いアメックスゴールド

クレジットカードの便利な付帯保険!付帯条件に要注意!?

クレジットカードの便利な付帯保険!付帯条件に要注意!?

クレジットカードには様々な付帯サービスがあり、どれもが便利に利用することが出来ますよね。クレジットカードを選ぶ時に、付帯サービスの内容を比較して選ぶほどですからね。

旅行中に起きたケガや病気、最悪な死亡を補償してくれるのが、付帯保険サービスの中の国内・海外旅行傷害保険なのですが、このサービスには付帯条件と言う特別な条件があることをご存知ですか!?

自動付帯と利用付帯の二つの付帯条件を理解しておかないと、実際に保険を利用しようとしても、補償されないかも知れないのです。

今回は、クレジットカードの付帯保険について、その条件や保険の内容など詳しく解説していきましょう!

覚えておこう!クレジットカード付帯保険の種類と内容!

多くのクレジットカードには、自動的に加入できる付帯保険サービスが付いていますが、ショッピング目的や、あまり付帯サービスを確認しないでカードを申込んだ方は、良く知らないかも知れませんね。先ずはクレジットカードの付帯保険の種類をご説明しましょう!

付帯保険の種類はカードで異なる!?盗難保険は全てに付帯!

クレジットカードの付帯保険は、カードによって付帯する種類が異なってきますが、全てのクレジットカードに必ず付帯しているのは「盗難・紛失保険」です!

盗まれたり無くしたりした場合、他人に悪用され不正利用された場合、その被害金額を補償してくれる保険ですが、この補償は日本国内で発行されるクレジットカードには全て付帯していますので、安心してカード利用をすることが出来ますね!

その他の付帯保険には、次のような保険があります。

  • 国内・海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • オンライン不正利用保険
  • 盗難・紛失保険
  • シートベルト保険

上記の付帯保険の全種類が、全てのクレジットカードに付帯しているとは限りませんので、ご注意ください。それでは、保険種類の内容を次からご説明しましょうね。

旅行時に頼もしい味方に!国内・海外旅行傷害保険の内容

国内旅行や海外旅行時に適用される保険で、旅先でのケガや病気で病院にかかったり、物を壊したり、人を傷つけてしまった補償と、ご自身が死亡した時の補償をしてくれる保険なのです。

国内旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードは、意外に少ないので国内旅行する時にはクレジットカードをしっかりチェックしておきましょう。

年会費無料のカードだと、海外旅行傷害保険でも付帯していないカードがありますのでご注意くださいね。

補償名 補償内容
障害死亡・後遺障害補償 事故による死亡や後遺障害について補償
障害・疾病治療補償 旅行中のケガや病気の治療代を補償
救援者費用補償 旅行先に家族が渡航する旅費や捜索費を補償
賠償責任補償 相手にケガを負わせたり万一死亡させてしまった
時の賠償責任額を補償
携行品損害補償 デジカメなど携行品の盗難や破損を補償

国内・海外旅行傷害保険の中には、上記種類の補償が存在していて、万一の時にはとても安心な保険となっています。

ここでは、クレジットカードの付帯保険全般を解説していますので、ひとつひとつの付帯保険について、詳細に解説出来ていませんが、当サイト内に国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険それぞれについて、詳しく解説した記事があります。

・国内旅行傷害保険については、
知っておきたい!クレジットカードの国内旅行保険の補償範囲!
をご覧頂くと、保険の内容を良くお判り頂けます!

・海外旅行傷害保険については、
付帯していればお得!?クレジットカードの海外旅行保険!
をご覧頂くと、海外旅行保険の便利な利用法までもお判り頂けますよ!

両記事とも是非ご覧いただけますよう、お誘いさせて頂きます!

商品が壊れても安心!ショッピング保険の内容

カード会社によって「買い物保険」などと呼び方が違っていますが、保険業界の正式な名称は「動産総合保険」と言います。

クレジットカード決済で購入した商品が、特定の期間内に壊れてしまったり、盗まれてしまったりしたときに、カード会社が商品代金を補償してくれる保険です。

  • 基本的に、購入日から90日間が補償対象期間
  • カードによっては、120日間や180日間の長期保証も存在

ネットショッピングには必要!オンライン不正利用保険の内容

ネットショッピングを楽しむ方には、オンライン不正利用保険は必須の保険かも知れませんね。ネットショッピングでカード決済にした場合、個人情報を盗まれて不正利用されても、この保険が付帯していれば、損害として補償してくれます。

  • 買った覚えのない商品代金が請求された
  • 知らない間に、利用限度額がいっぱいになっていた
このような、ネット上の不正利用の被害を補償してくれるのです。盗難保険と同じような内容ですが、紛失や盗難で無く、手元にカードがあり、インターネットでの不正利用に限定される保険ですので、お間違い無いようにしてくださいね。

オンライン不正利用保険付帯で安心!VIASOカード

VIASOカードはオンライン不正利用保険が付帯しているので、安心してネットショッピングが楽しめるカードです。

万が一身に覚えのない明細が届いても、補償して貰えます。年会費が無料にも関わらず、VIASO eショップ加盟店でのお買い物で2~10%の還元が受けられるのでネットショッピングをよく利用する方はお得ですよ。

海外旅行保険も付帯していて、ポイントも自動キャッシュバックですから、ポイント交換の手間が省けます。

三菱UFJニコスが発行する、VIASO(ビアソ)カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

全てのクレジットカードに付帯している!盗難・紛失保険の内容

この保険は、全てのクレジットカードに付帯している保険です!カードが盗まれたり、紛失してしまって不正利用された場合、損害を補償してくれるものです。

昔は申請しないと適用されないカードも存在していましたが、現在発行されているクレジットカードで、この保険が付帯していないカードは存在しません!

レアな発行をしている、ショップ限定の「ハウスカード」には、盗難保険が付帯していないカードもあるようですが、これらは会員カードのようなものなので正式なクレジットカードとは呼べないカードですね。

  • 発行される全てのクレジットカードに付帯している保険
  • ショップ限定のハウスカードには、付帯しない場合もある
  • ただし、正しい利用方法をしていないと補償されないので要注意!

全てのクレジットカードに付帯している保険なので、盗難や紛失によって不正利用されたとしても安心できます!ですが、正しいカード利用をしていないと補償の対象外となってしまうので、カード利用には注意が必要ですよ!

当サイトでは、紛失・盗難保険について適用外となる条件や、保険の内容について詳細に解説してある記事があります。
安心できる!クレジットカードの紛失保険と盗難保険について」この記事をお読み頂くと、保険について良くお判り頂けますので、クレジットカードを利用する方には、是非ご覧頂きたい記事になっています!
クレジットカードの付帯保険は、カードによって異なるので、付帯内容を良く確認しておくことが大切ですね。

紛失や盗難時の不正利用を補償してくれる保険は、全てのクレジットカードに付帯しています。

ですが、いい加減なカード利用をしていると補償されなくなりますので、サイト内の記事で詳細を確認しておくことをお薦めします!

自動付帯と利用付帯!?2つの条件を知っておこう!

クレジットカードに付帯している保険には、自動付帯と利用付帯という2種類の付帯条件があります。この付帯条件を理解しておかないと「条件を満たしていないので、保険が利用出来ません」ってことになりかねませんからね。

特に冒頭でも触れた「国内・海外旅行傷害保険」は、付帯条件がカード毎に異なっていますから、ご注意くださいね。

自動付帯は最も便利な条件!?何も考えなくてOK!

自動付帯とはクレジットカードを持っているだけで保険が適用されるので、特に何も考える必要は無く、普通にクレジットカードを利用していれば問題の無い便利な条件なのです!

一方で利用付帯の場合は、旅行前や旅行中にクレジットカードを利用して決済をしておく必要があり、利用していないと保険は適用されないので、利用方法を考える必要があります。

利用付帯の条件については、後ほど詳しく解説しますね。

全てのカードに付帯している盗難・紛失保険!100%自動付帯

クレジットカードを利用する上で、最も必要な盗難・紛失保険は、全てのクレジットカードで100%自動付帯となっていますから、クレジットカードが発行された時点で保険が適用されているので、ご安心ください。

  • ショッピング保険
  • オンライン不正利用保険
  • シートベルト保険

上記の付帯保険も、付帯サービスがあるカードでは全て自動付帯となる保険ですが、全てのクレジットカードに付帯している保険では無いので、お手持ちのカードを確認しておいてくださいね。

国内・海外旅行傷害保険は、カードで条件が異なるので要注意です!

先に説明しました盗難・紛失保険やショッピング保険、オンライン不正利用保険、シートベルト保険につきましては、付帯していれば全て自動付帯でしたね。

ところが国内・海外旅行傷害保険については、カードに付帯していても自動付帯と利用付帯に分かれてくるのです。自動付帯については先に説明したとおり、カードを持っているだけが条件となりますので、特に考える必要はありません。

ですが、利用付帯の場合は旅行前や旅行中に、カードを利用しておくことが条件となってきますので、条件をクリアするためにカード利用を考えておかなければいけないのです。

  • 国内・海外旅行傷害保険が付帯されていないカードも存在する
  • 国内旅行傷害保険が付帯しているカードは種類が少ない
  • 利用付帯条件の場合は、カードの利用方法を考える必要がある
  • 条件を満たしていないと、保険は利用することが出来ないので要注意

利用付帯の条件とは!?カードの利用方法をご紹介

では利用付帯の条件を満たすには、クレジットカードを、どのように利用していれば良いのでしょう!?

  • 最も簡単な利用方法は、旅行代金をクレジットカードで支払うこと!
  • これだけで、利用付帯の条件をクリアすることが出来る!

ただし、旅行会社などのパッケージ商品のみ該当しますので、個人で計画した旅行プランの支払いでは、条件を満たさないので要注意ですよ!

また、次のようなクレジットカードでの支払いで、条件を満たすことが出来ます。

  • 自宅から空港までタクシーを利用し、カードで支払いをした
  • 自宅から空港まで電車を利用し、カードで支払いをした
  • 自宅から空港までバスを利用し、カードで支払いをした
  • 目的地からホテルまでタクシーを使用し、カードで支払いをした

カード会社の条件には「公共交通乗用具」と言う名前で表示されていますが、バス、タクシー、電車、船舶、飛行機などを指していて、これらをカード支払いで利用することで、利用付帯の条件を満たすことが出来ますよ。

つまり、旅行前、旅行中にバスやタクシー、電車などを利用し、クレジットカードで決済しておけば良いと言うことなのです!

年会費無料のエポスカードは海外旅行保険が自動付帯で充実補償

海外旅行保険の疾病治療費や傷害治療費は、複数のクレジットカードを持っていれば補償額を合算できます。

エポスカードはキャッシュレス診療が可能で、年会費無料にも関わらず、海外旅行保険で重要な疾病・傷害治療補償が充実しています。

海外の医療費は高額ですから、年会費無料のエポスカードで補償を強化しておけば安心ですね。

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
情報項目 情報内容
年会費 永年無料
傷害死亡・後遺障害 海外500万円
疾病治療 海外270万円
傷害治療 200万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 100万円
クレジットカードの付帯保険で利用付帯の条件は、少々面倒に思われがちですが、良く考えるとそうでもないのですよ!

旅行会社のツアー料金をカードで支払うだけで条件はクリアしますし、カードのポイントも大量に貯まるので、逆にメリットであるかも知れませんね。

自動付帯のデメリットはある?利用付帯のメリットとは!?

クレジットカードの付帯保険で利用付帯が存在するのは、国内・海外旅行傷害保険でしたね。そして自動付帯は、何も考えなくてもカードを持っているだけで適用される便利な条件でした。

では、そんな便利な自動付帯には、デメリットは存在すのでしょうか?また、利用方法を考えないといけない利用付帯のメリットは何なのでしょう!?

自動付帯のデメリットは!?デメリットは存在しない便利な保険!

>付帯保険である国内・海外旅行傷害保険での、自動付帯のデメリットを考えてみましたが、クレジットカードを持っていれば、旅行中のケガや病気、死亡の補償がされることとなりますので、結果として、デメリットは存在しません!

それだけ、自動付帯であることは便利で優秀な付帯保険であると言えますね!ですから、付帯保険でクレジットカードを選ぶ場合は、自動付帯なのか、利用付帯なのか良く確認して選ぶことも大切になってくるのです。

  • 自動付帯のクレジットカードは意外と少ない
  • 海外旅行は自動付帯、国内旅行は利用付帯となっているカードも存在
  • 自動付帯だが一部利用付帯のカードも存在する
  • 傷害保険の保険種類もカードで異なるので、内容も確認すること

カードの付帯保険を確認する際は、上記の内容を考慮して確認してみてくださいね。

少し面倒な利用付帯!メリットはあるのか!?

付帯保険を有効にするためには、旅行前や旅行中にカードを利用して、条件をクリアしておかなければならないのが、利用付帯でしたね。

カードの利用方法を考えないといけないのが、利用付帯のデメリットでもあると言えますが、逆にメリットはあるのでしょうか!?

海外旅行の場合だと、ほとんどの方が、旅行会社などが企画するツアーに参加すると思います。この時のツアー代金をクレジットカードで支払っておけば、利用付帯の条件はクリアできますので、手間が発生することはありませんね。

バックパッカーなどの方は、ツアーには参加しないと思われますので、その他のカード利用で条件をクリアする必要がありますが、旅慣れた方ばかりでしょうから、その辺は心配しなくても大丈夫でしょうね。

  • ツアー代金をクレジットカードで支払えば自動付帯と同じ
  • これで保険が有効となるので、意外に手間はかからない
  • バックパッカーの方など、ツアーに参加しない場合は別途手段が必要
メリットは、ツアーを利用する場合はツアー料金をカードで支払えば、自動付帯とほぼ同じ状況になると言うことですね!また、後でご説明しますが利用付帯であればこそ、使える裏技も存在しているのもメリットと言って良いでしょう!

メリットその2:年会費無料なので、低コストで利用出来る!

先の利用付帯のメリットの続きですが、付帯保険が利用付帯のクレジットカードの多くは、年会費が無料のカードなのです!

  • 自動付帯のクレジットカードの多くは年会費が必要
  • 利用付帯はクレジットカードの多くは年会費が無料
  • カードコストを最低限に抑えて、付帯保険が利用出来る

先の利用付帯のメリットで説明した、ツアー料金をカードで支払うだけで、保険適用されるので自動付帯とあまり変わらないですよね。

なにより「年会費無料」であればカードを所持する際のコストは、最低のコストで済みますから、これも利用付帯のメリットとして、挙げることが出来るでしょう!

付帯保険だけでは不足!?掛け捨ての旅行保険にも加入!

海外旅行の場合は、ほとんどツアーを利用するので、カードで支払えば利用付帯であっても、自動的に保険が適用されているような状況になってきます。

クレジットカードの付帯保険内容も、かなり充実した補償となっていますが、カードの付帯保険だけでは不足していると感じていれば、掛け捨ての旅行保険にも加入しておくことをお薦めします!

傷害保険の中で、死亡、後遺障害補償は、複数の保険に加入していても、どこか最も高額な補償のみが対象となりますが、傷害保険や疾病保険などケガや病気の補償は、加入している保険全ての保険金を受け取ることが出来ますので、無駄にはならないのです。
  • 死亡・後遺障害補償は、複数の保険から最も高額な補償のみ適用される
  • ケガや病気の補償については、加入している保険全て補償を受けることが出来る
  • 複数の保険に加入していれば、その分高額な補償を受けることが可能

アメックスゴールドは家族特約付きの充実補償

家族特約とは、本人がカードを所持しているだけで、カード会員ではない家族(子供・配偶者・親)も補償を受けられる充実した保険内容の事です。

家族特約付きなら小さな子供やご両親との旅行も安心ですね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

カードの詳細へ

公式サイトはコチラ
補償項目 本会員と家族会員 同行家族(家族特約)
死亡/後遺障害 最高1億円(家族会員は5,000万円) 最高1,000万円
傷害治療 最高300万円 最高200万円
疾病治療費 最高300万円 最高200万円
賠償責任 最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害 最高50万円 最高50万円
救援者費用 最高400万円 最高300万円
クレジットカードの付帯保険には、旅行時の傷害保険だけでなく、その他にも便利な保険が付帯されていますよ。

スポーツ保険や、ゴルフ保険など、加入しておけば安心出来る付帯保険もありますので、カードを申込む際には良く確認しておくことをお薦めします!

利用付帯の条件を利用した、裏技的なカード利用方法!

先に少し触れましたが、ここで付帯保険が利用付帯であるからこそ使える、裏技をご紹介しましょう!海外旅行へ行く際にはクレジットカードを、複数枚持っていくことが基本になっています。

その理由は、旅行先でVISAカードが利用出来ない状況になった場合に、もう一枚のMasterCardで利用をカバーすることが出来るからなのですが、複数枚カードを持っていくことで付帯保険の利用付帯条件を裏技的に利用することが可能となるのです!

付帯保険の裏技を使うには、利用付帯のカードが必要!

クレジットカードの付帯保険では、自動付帯でも利用付帯でも、海外旅行傷害保険は90日間の有効期間が設定されています。

旅行なので、そんなに長期に滞在することは無いと思いますが、バックパッカーの方では1年ほど放浪の旅に出る方もいるでしょうし、長期の海外出張や留学をする学生の方などは、90日を超えることとなりますよね。

ここでご紹介する裏技とは、海外で90日以上の長期滞在する時に、付帯保険を延長させることの出来る利用法なのです!

  • 出国時は、Aカードを利用して保険を適用させておく
  • 滞在中89日目に、現地でバス、タクシー、電車をBカードで利用する
  • その時点から、Bカードの付帯保険で更に90日間Bカードの保険が適用となる

方法は上記のとおりなのですが、滞在中にクレジットカードが利用出来るバス、タクシー、電車を必ず確認しておきましょう。国や地域によっては、これらの乗り物はクレジットカードが利用出来ないかも知れませんので、確認は必要ですよ。

また、あとから利用するBカードは、必ず利用付帯のカードで無いとダメですからね。

  • 最初にAカードの付帯保険で90日の期間を確保
  • 89日目に現地で、利用付帯のBカードを利用して更に90日を確保
  • 更に89日目に現地で、利用付帯のCカードを利用すれば、合計270日を確保

このように、付帯保険が利用付帯であれば、3つのカードを使えば最長270日の保険期間を確保することが可能となる訳です!

必ずクレジットカードの付帯保険条件を確認しておこう!

国内・海外旅行傷害保険の利用付帯と自動付帯、その他の付帯サービスは、カードによって異なってきます。もしかすると、保険の有効期間が90日よりも短い場合もありますので、付帯保険サービスの条件は、必ず手持ちのカード別に確認しておく必要がありますよ。

とにかく、自分の持っているクレジットカードの内容は、きちんと確認した上で利用することが大切なのです。逆に、内容を知らないで「クレジットカード」を利用するほど、危険なことはありませんので、ご注意くださいね!

付帯保険の利用付帯条件について、もう少し教えて頂きたいことがあります!?

利用付帯条件を使って、保険期間を延長させる裏技ですが、これってカードの利用方法として違反にはならないのでしょうか?

あまりに都合が良すぎるので、違反的な感じがしてしまうのですが・・

なるほど!?そういう感覚もあるのかも知れませんが、あくまで正攻法であり、カード利用に違反している訳ではありませんから、安心して良いですよ!

カードの利用付帯条件とは記事内のとおりで、条件を満たした時点で効力が開始されます。ただ、その効力をカードごとに分散して利用しているだけなのですよ。

自動付帯と利用付帯の複数のカードを持っていればお得!

クレジットカードの付帯保険では、自動付帯の条件の方が、カードを持っているだけで適用となるので、とても便利だと言えます。

ですが利用付帯でも、海外旅行の場合だと自動付帯とほとんど変わりはありませんし、現地で保険期間を延長させるには、利用付帯でないとダメなのです!

ですから自動付帯と利用付帯の2種類のカードを持っていれば、組合せてより便利に利用することが可能となるので、複数のカードの付帯保険の内容はきちんと確認しておきましょう。

クレジットカード別に、付帯保険の種類や補償の内容を良く検討して、便利な組合せになるようにカードを選ぶことも大切なことなのですよ!

メニューを閉じる