ショッピング保険が付帯して安心!
安い年会費で持てるMUFGゴールド

是非知っておこう!クレジットカードのショッピング保険!

是非知っておこう!クレジットカードのショッピング保険!

クレジットカードに付帯しているショッピング保険は、多くの方がご存知だと思いますが、ショッピング保険と盗難・紛失保険を同じ保険だと、勘違いしている方が意外に多いのです。

ショッピング保険は、付帯していれば、商品の破損・盗難を補償してくれる、とてもお得な保険なのですね。プレゼントした品物が、相手の家で盗難に遭った場合でも、補償期間内であれば新品になってしまう、まるで魔法のような保険なのですよ!

今回は、そんな魔法のようなショッピング保険について、詳しく解説していきますね。

ショッピング保険は、上手に使えば魔法のような保険!?

ショッピング保険の正式名称は「動産総合保険」なのですが、カード会社によって判りやすい呼び方になっています。「買い物保険」「ショッピングガード保険」「ショッピング・プロテクション」など様々ですが、どの保険も内容は同じ「動産総合保険」なのです。

ここでは、ショッピング保険と呼ぶことにして、解説を進めていきますね。

覚えておこう!ショッピング保険と盗難・紛失保険の違い!

先ず、ショッピング保険と盗難・紛失保険は、全く違う保険なのでそのことをしっかり覚えておきましょう!

盗難・紛失保険は、カード自体を無くした場合に適用される保険で、ショッピング保険はクレジットカードで購入した商品が、破損・盗難に遭った場合に適用される保険なのです。

  • 紛失・盗難保険:カードを無くして不正利用された金額を補償
  • ショッピング保険:カードで購入した商品が壊れた場合に商品を補償

この2つの保険の違いは、良く理解しておく必要がありますよ!

便利なショッピング保険!魔法と呼んでも良い2つのポイント!

「ショッピング保険は、全然使えない保険だ!」と言われることが多いですが、そうではありませんよ。個人の考え方にもよりますが、魔法と呼んでも言いポイントがあるので、それをご紹介しましょう。

  • ポイント1:現金購入では、絶対にあり得ない補償をしてくれる
  • ポイント2:プレゼントした商品も補償の対象となる

以上の2つが、魔法と呼んでも良いポイントです!現金で購入した商品が盗まれても、何の補償もありませんが、ショッピング保険が付帯したクレジットカードで購入していれば、購入した商品が盗まれても補償されるので、とてもラッキーだと言えるでしょう。

また、プレゼントして既に恋人に渡ってしまった商品でも、ショッピング保険が付帯していれば補償されるので、相手を悲しませることが無くなり、とてもハッピーな気分になれるはずです!
  • ショッピング保険がなければ、商品が破損すれば補償はされない
  • プレゼントされた相手が商品を壊してしまうと、気まずい関係になる

このような状況を考えると、ショッピング保険って魔法のように思えてくるでしょう!

ショッピング保険が、魔法のような保険だとフレーズがありますが、今一つピンと来ません!?

具体的に教授に教えて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?

例えば、プレゼントした恋人が箱を開ける前に落として壊してしまっても、補償されるのです。補償期間内であれば部屋に飾っていて壊れた場合でも補償してくれますよ!

ショッピング保険が無ければ壊れてしまえば、それで終わりですから、魔法の保険と呼んでいるのです。

知っておくべき!?ショッピング保険が、適用外になる条件!

魔法のような保険でも、全ての購入商品が保険に該当する訳では無く、この点が「ショッピング保険は使えない!」と思われてしまうところなのですが、適用外となる商品を良く見れば、それは当たり前のことだと、お判り頂けると思います!

では、どのような商品が適用外となるのかを見てみましょう。

ショッピング保険が適用外となる商品リスト一覧!

次の商品「ショッピング保険」が適用外となります。

  • 電化的・機械的故障によるもの
  • コンタクトレンズ・義歯・義肢・めがね・ファッショングラス
  • ペットショップなどで購入した動物や植物
  • 食料品全般(酒類を含む)
  • 航空券・商品券・などあらゆる金券・書籍・現金
  • 自動車・船舶・自転車・自動二輪車・原付自転車・ハングライダーなど
  • 絵画・美術品・骨董品

上記の商品が、ショッピング保険が適用外となる商品リストですが、この商品リストを見ても「やっぱり使えない!」と思うでしょうか!?

一般的に、ショップへの返品が効かない商品がほとんどを占めていますよね。食料品などは、通常返品は無理ですし、金券は絶対無理ですし、コンタクトもショップによっては、返品は難しいですよね。

自動車・船舶をカードで購入するには「ブラックカードクラス」で無いと無理ですから、通常ではクレジットカードで購入しない物なので、一般的な購入商品とは異なってきます。

ブランド品で無くても、1点物の高級なバックや、財布、ベルトと言ったものは、補償対象となっているのでクレジットカードを利用して購入する、通常の商品には保険が適用されると言うことになるのですよ!
  • 一般的にクレジットカードで購入する商品は適用される
  • クレジットカードで購入時に適用外の商品を把握しておく
  • ショッピング保険の補償期間は、購入日から90日以内が基本

クレジットカードによって違いはありますが、基本的にショッピング保険の補償期間は、商品購入から「90日以内」であることは、しっかり覚えておきましょう!

破損、盗難時の状況で、保険が適用外となるケース!?

先の説明以外にも、ショッピング保険が適用外になる状況もありますので、ご紹介しておきましょう。

  • 1:配送中の商品破損
  • 2:詐欺被害
  • 3:水害や地震などの自然災害による破損
  • 4:自らの商品置き忘れ
  • 5:自らの商品紛失

上記の状況での破損、盗難は保険の適用外となってしまいますが、少し解説しておきましょう。

「1:配送中の商品破損」について!

この場合は、基本的に配送業者の過失に原因がありますので、配送業者で補償してもらえます。また、高価な品物を発送する場合、運送保険に加入することは基本ですから、この状況でクレジットカードの保険が利用出来ないのは納得出来ますね。

  • 高価な商品を発送する場合は、ショップ側で運送保険に入っている
  • 自身が商品を送る場合は、運送保険に必ず加入しておく

「2:詐欺被害」について!

事件性のあるこの場合は、詐欺と立証されるまでに時間がかかりますし「詐欺にあった」と言うだけで補償していれば、逆にカード会社が詐欺に遭うリスクが高くなってしまいます。

詐欺だと証明出来る場合はとても少ないので、ネットで購入する際などは良く注意してカード利用をすることをお薦めします!

「3:水害や地震などの自然災害による破損」について!

通常の「火災保険」や「家財保険」で補償対象になっている場合がほとんどですから、そちらの保険で対応することが可能となります。

ご自身が加入している損害保険を、今一度確認しておきましょう!

「4:自らの商品置き忘れ」「5:自らの商品紛失」について

このケースは、良く言われる「重大な過失」と呼ばれるケースですので、残念ですが補償は諦めるしかありませんね。

クレジットカードの盗難保険でも、ご自身の重大な過失があった場合は補償対象外となっていますので、全てにおいて不注意は無くすことが一番の対処法になるでしょう!

ショッピング保険が適用外となる商品はよく確認しておく必要があります。

ですが、特殊な商品でない一般的な商品は、全て適用されますので安心して良いですよ!

クレジットカード会社別!?ショッピング保険の内容をご紹介!

ショッピング保険は、カード会社で補償金額が異なりますし、同じカード会社でも発行されるカードの種類で、補償金額が異なってくる保険なのです!

ここでは「三菱UFJニコスカード」と「JCB」が発行するカードの、代表的な補償内容をご紹介しておきますので、ご自分のクレジットカードにショッピング保険が付帯しているのか、その補償額を把握しておく為にも、カード会社のサイトで確認しておくことをお薦めしますよ。

三菱UFJニコス「MUFGカード」の場合!

MUFGカードゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード内容 補償額 条件
ゴールドカード会員 最高300万円 国内・海外問わず
プレミオ会員 最高200万円 国内・海外問わず
一般カード会員 最高100万円 国内・海外問わず

商品購入日から90日以内の、商品の破損、盗難の被害を補償してくれて、補償の際には自己負担3,000円が必要となりますし、カードのクラスによって補償額が異なっています。

また、ゴールド、プレミオ会員の方は全ての支払方法が保険適用となりますが、一般カード会員の方は、次の条件がありますのでご注意ください。

  • 国内のショッピングに限り、1回払いでの購入商品は対象外となります
  • 海外のショッピングでは、支払方法を問わず全て対象となります

JCBカードは、発行カードによって補償額が変化する!?

JCBブランドからは、たくさんのカードが発行されていますが、そのカード毎にショッピング保険の補償額が変わってきますので、ご注意くださいね。

ここでは代表的なJCBカードに限って、ショッピング保険の内容をご紹介しましょう。

JCBゴールド(JCB ORIGINAL SERIES)

JCBゴールドカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード内容 補償額 条件
JCBゴールド
(JCB ORIGINAL SERIES)
最高500万円 国内・海外問わず
自己負担額:1事故3,000円
年会費:初年度無料 
次年度 10,800円(税込)

JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)

JCBカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード内容 補償額 条件
JCB一般カード
(JCB ORIGINAL SERIES)
最高100万円 国内なし、海外のみ対応
自己負担額:1事故10,000円
年会費:初年度無料 
次年度 1,350円
※年間50万円以上の利用で無料
記事内で紹介しているとおり、カード種別によってショッピング保険の内容は異なってきます。

注意しておきたいことは、年会費無料のクレジットカードの場合、補償額が100万円ほどになり、自己負担額も10,000円ほど必要となることですね!

覚えておくことが大切!ショッピング保険の3つの注意点!

何度も重ねての説明になってしまいますが、ショッピング保険の注意点をまとめておきますので、せっかく魔法のような保険が適用される商品でも、この注意点を知っておかなくては、無効となってしまいますから、しっかり記憶しておいてくださいね!

クレジットカードの利用控えは、大切に保管!

ショッピング保険を利用する際に、必要になるのがクレジットカードの利用控えなので、利用控えは捨てること無く必ず保管しておかなければいけないのです!

多くの方がクレジットカードの利用控えは必要ないと、その場で捨ててしまっていますが、それはクレジットカードを利用する際のNGな行為なのです。

  • クレジットカードの利用控えは捨てずに必ず保険する
  • ショッピング保険に限らず、カードトラブルの際は利用控えが必要
  • 利用控えが無い場合、補償されないケースもあるので要注意!

特にショッピング保険では利用控えは、絶対に必要なものですから、大切に保管しておきましょう!

補償期間は、基本90日間!カードによっては変わる場合も!?

ショッピング保険の補償期間は、商品を購入した日から90日間が基本ですが、カードによってはこれより長い、最長180日間と言うカードも存在しますがこれは、レアなケースだと思って良いでしょう!

  • ショッピング保険の補償期間は、商品購入から90日が基本!
  • カードによっては、180日と言う補償期間も存在する
  • 手持ちのクレジットカードの期間を確認しておこう!

全額補償では無い!?自己負担金が必要です!

ショッピング保険が適用された時、商品代金の全額が補償されるのでは無く、先に説明したカード別の一覧表のとおり、自己負担額が必要になります!

先のJCBカードの紹介でお判りのように、同じJCBが発行するカードでも、カードのランクによって、補償額と自己負担額が変わっています。

一般に年会費無料の一般カードは、補償額が低い設定で、自己負担額も大体10,000円必要となっていますが、年会費が必要なゴールドカード以上になれば、補償額も大きくなり、自己負担額は3,000円がほとんどとなっています。

カードによって変わってきますので、お持ちのクレジットカードを確認してくださいね!

最も注意しておかなければならないことは、クレジットカードの利用控えはきちんと保管しておく必要があることです!

学生諸君の多くは、利用明細など必要ないと直ぐに捨ててしまいがちですが、ショッピング保険が適用されないケースになるので、きちんと保管すべきなのですよ。

通常の商品ならショッピング保険は、全て適用します!

ショッピング保険は、補償が適用される商品が少ないので利用価値が無い!と思われているようですが、そんなことはありませんよ!

通常のバック、ベルト、財布と言った商品は、ブランドの有無を問わず全てショッピング保険が適用されますし、第三者に商品が渡ったあとでも補償が有効な、魔法のような保険なのです!

ショッピング保険の内容を良く確認すれば、諦めていた商品を補償することが出来るかも知れません。意外にショッピング保険が適用される商品は、多いですから要チェックですね!

メニューを閉じる