格安年会費でロストバゲージ保険付帯
コスパ最強MUFGゴールドカード

不運なロストバゲージ!?クレジットカード保険で補償出来ます!

不運なロストバゲージ!?クレジットカード保険で補償出来ます!

海外旅行中に、運悪くロストバゲージに遭遇してしまったら、楽しい旅行もテンションが下がってしまいますよね。ロストバゲージに、出会う確立はそう高くないですが、経験した方はたくさんいらっしゃいます。

ですが、手元に荷物が戻って来ても、完全に無くなってしまった時でも、両方クレジットカードの保険で補償されますのでご安心ください!

今回は、不運なロストバゲージについて、必要な手続きや補償額高いクレジットカードなど、ロストバゲージの保険について詳しく解説しましょう!

旅行中に荷物が紛失する!?そもそもロストバゲージとはなに?

そもそもロストバゲージとは、何を意味するのか、初めて目にする方もいらっしゃるでしょう。ご存知の方も多いかも知れませんが、先ずはロストバゲージの意味を、ご説明しておきたいと思います。

飛行機に乗る際に、機内持ち込み出来ない荷物を、航空会社のカウンターに預けるのですが、その預けた荷物が、紛失してしまうことをロストバゲージと呼んでいます!

なぜ起こるの!?ロストバゲージの原因を解説!

どうしてロストバゲージは起こるのでしょう?原因は大きく分けると、次の3つが挙げられます。

  • 荷物を預けた時のタグ付けミス
  • 仕分け時に違う便のコンテナに乗せてしまうミス
  • 他人が間違えて持って行ってしまう

それでは、上記の原因をひとつずつ解説しておきましょう!

原因1:荷物を預けた時のタグ付けミス!

空港では、搭乗前にチェックインカウンターで、荷物の大きさと重量を計測した後に、スタッフがバーコードの付いた「タグ」を荷物に付けます。

この時の「タグ」が間違っていると、荷物は自分と違う空港に行ってしまうのですが、普通ではありえないとお考えになるでしょうが、それがあり得るので不運というしかありませんね。

原因2:仕分け時に違う便のコンテナに乗せてしまうミス!

預けた荷物は、チェックインカウンターから手荷物の仕分け場に運ばれ、ここでは、ほとんど人の手によって仕分けが行なわれ、コンテナに入れられます。

飛行機が遅延して、到着便が一度に集中すると、たくさんの仕分けを同時に行うこととなり、間違えて、違うコンテナに仕分けしてしまう、ミスが起こるのです。

これも、信じられないことだと思いますが、日本のような正確な仕分けは世界中探しても日本のみなので、海外の仕分けでは良く起きることなのですよ!

原因3:他人が間違えて持って行ってしまう!

空港では、似たようなスーツケースは、いくらでもありますから、早く空港から出ようとして慌てて、他人のスーツケースを間違えて持って行ってしまうのです。

最悪なケースは、わざと荷物を盗んでいく「盗難」にあってしまうこともあります!

ロストバゲージに遭遇してしまうのは、運が悪いとしか言いようがありません。自身がどんなに気を付けていても、これだけは絶対に避けることは難しいのです!

万一の時の為に、ロストバゲージの知識は持っておきましょう。

クレジットカードの保険!ロストバゲージの補償内容について

目的地に荷物が一緒に到着しなかった場合は、航空会社で異なりますが、最低限「日常必需品」の購入費は、補償してくれる場合もあります。

クレジットカードに付帯しているロストバゲージの保険について、詳しくご説明していきましょう!

補償額は少ない!?航空会社からの当日の補償について

基本的に補償は後請求となるのですが、航空会社によっては、予めロストバゲージした人の為に「補償セット」を用意している会社もあります!

中身は、歯ブラシ等の洗面用具、下着など1泊分の現品支給、もしくは、購入費として60ドル程度(日本円で約6,000円~7,000円程度)を限度に、補償してくれます。

  • 日用品である、歯ブラシなどの洗面用具・1泊分の下着などの品物を支給
  • 日用品を購入するための費用、60ドル(6千円程度)を補償

これらは、カード会社で無く航空会社からの補償となり、必ず当日に「現地の空港」で、交渉しないとダメなのを覚えておいて下さいね!

航空会社に対して、後日行う補償請求

先の補償の説明は、航空会社が予め用意していた場合のケースで、そうでない現金補償の場合は、購入した品物の領収書で後請求となりますのでご注意ください!

立替が必要となりますので、クレジットカードを利用すると便利ですが、クレジットカード利用明細では請求出来ないことが多いので、必ず「領収書 (receipt)」を、別にもらうようにしましょう。

  • 日用品を購入して立替払いする時は、カード利用控えで無く領収書が必要
  • 領収証を添付資料として、後日請求を行う

カード会社で異なる!?クレジットカード保険の補償内容

当日でも後日請求でも、航空会社からの補償は多く見込めないので、クレジットカードの保険が頼りなのですが、カード会社や種類で内容が異なってきます。

ここで、クレジットカードに付帯している保険は、どのくらい補償されるのか確認しておきましょう。

クレジット
カード
年会費 国際
ブランド
手荷物遅延費用 手荷物紛失費用 国内 海外
MUFGカード
ゴールド
プレステージ
1万円+税 VISA
Master
JCB
最高1万円 最高2万円 利用 自動
Ferrari Fan Card
フェラーリ
ファン
カード
3千円+税 VISA -国内-
最高1万円
-海外-
最高2万円
-国内-
最高2万円
-海外-
最高4万円
利用 自動
Orico Card
THE WORLD
オリコカード
ザ ワールド
9800円
税込
VISA 最高3万円 最高
10万円
利用 自動
三井住友
プラチナ
カード
5万円+税 VISA
Master
最高2万円 最高4万円 利用 自動
アメックス
スカイ
トラベラー
カード
1万円+税 Amex -国内- ×
-海外-
最高2万円
-国内- ×
-海外-
最高4万円
× 自動

※国内/海外の区別がないものは、国内/海外共通の補償額です。
※利用:付帯条件が「利用付帯」となっています。
※自動:付帯条件が「自動付帯」となっています。
※× :付帯なし。

一覧表は、5社のクレジットカードの「手荷物遅延費用」(ディレイドバゲージ)と「手荷物紛失費用」(ロストバゲージ)のみを比較しています。

残念ながら、年会費が無料のクレジットカードには「ディレイドバゲージ」「ロストバゲージ」2つの保険は付帯していません!

付帯するクレジットカードの条件は「年会費が必要なカード」となりますので、選出条件を次のとおりとしました。

一覧表の選出条件

  • ゴールドクラスのカードであること
  • 海外旅行の場合、保険は自動付帯であること
  • 会費が出来るだけ安くて、保険が付帯していること

比較を判りやすくする為に、年会費が5万円のプラチナカードも比較表に含めました。

ロストバゲージの補償額は、記事内の一覧表を見ても判るように、カードによってバラバラです!クレジットカードを選ぶ際に、一つの目安として補償額と年会費を比較しておきましょう。

ロストバゲージの保険が付帯!おすすめクレジットカードは!?

ここでロストバゲージ保険が付帯するおすすめのクレジットカードをご紹介いたします。

カードの特徴も合わせてご紹介しておきましょう。

安い年会費で国内航空便遅延保険が付帯するMUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールドは国内渡航便で、年会費1,905円(税別)と安い年会費で「手荷物遅延費用」(ディレイドバゲージ)と「手荷物紛失費用」(ロストバゲージ)が補償されます。

航空便遅延保険は年会費1万円以上するカードでも付帯していない場合が多い補償内容です。

国内渡航便のみとはいえど、格安の年会費で航空便遅延保険が付帯するのは魅力ですよね!

海外に行く機会が少ない国内旅行派の方には、割安な年会費で航空便遅延保険が付帯するMUFGカード ゴールドがおすすめですよ!

MUFGカードゴールド・カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ロスト補償は最高10万円!Orico Card THE WORLD(オリコカード・ザ・ワールド)

「Orico Card THE WORLD」(オリコカード・ザ・ワールド)は9,000円の年会費で手荷物紛失費用が他のゴールドカードの2.5倍の補償額で充実しています。

  • 年会費は9,000円で同クラスのカードと比較すると低価格
  • ロストの補償は、最高10万円で他のゴールドカードの2.5倍の補償額

補償額だけで比較すると文句無しでトップの補償額となっていますね!

還元率も高く100円単位でポイントがつきます。1,000円単位でポイントが付与されるカードの場合、1,000円未満の利用は切り捨てられてしまう為、100円単位でポイントがつくのは嬉しいですね。

海外利用分は還元率2%、国内利用分でも1%の還元率です。

その他、空港ラウンジ無料サービスや、手荷物無料宅配サービス、海外旅行の割引優待もあります。

オリコカード・ザ・ワールドなら、マイル移行手数料(カードによっては数千円以上もかかる)も無料ですから、旅行によく行く方におすすめのカードです。

オリコカード・ザ・ワールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

リーズナブルな年会費で国内・海外ともに航空便遅延保険が付帯!フェラーリファンカード

「Ferrari Fan Card」(フェラーリファンカード)はVISAの国際ブランドで「株式会社ジャックス」が発行している、クレジットカードです。

フェラーリの文字のとおり、あのF1レースで有名な「名門フェラーリ社とジャックス」が、提携して発行している日本初のフェラーリ公式クレジットカードなのです。

真っ赤なカードの中央に、フェラーリのエンブレムが描かれていて、F1ファンには堪らないカードデザインとなっているのが、1番の特徴でしょう。

  • 年会費は3,000円と低価格な設定
  • 航空便手荷物遅延(紛失)費用は、国内・海外とも付帯
  • 補償額は最高4万円とゴールドカード並みの高額設定

上記のとおり、年会費も3,000円と低価格で、「航空便手荷物遅延(紛失)費用」が国内・海外共付帯されて、他社のゴールドカードの補償よりも、大きな補償が付帯しているので、おすすめですね

カードランクに関係なし!プラチナランクでも補償額同じ!

「三井住友プラチナカード」も、比較してみましたが、プラチナカードなので補償は十分にあると思っていたのですが、ご覧の通り、「Ferrari Fan Card」や「Orico Card THE WORLD」と変わりありませんでした。

「航空便手荷物遅延(紛失)費用の保険付帯」については、プラチナカードでも補償額は高くならないのですね!

ステイタスの高いアメックスでも補償額は少ないのです!

ステイタスも、付帯サービスも他のクレジットカードよりも数段高い、アメックスカードのラインナップから、「スカイトラベラーカード」を比較してみました。

旅行に特化させた、アメックスブランドのクレジットカードなので、「航空便手荷物遅延(紛失)費用」の補償も手厚いと思ったのですが、この補償部分はあまり差がありませんでした。

  • ロストバゲージの補償額は、ステイタス性には関係なし
  • 旅行に特化したサービスのある「スカイトラベラーカード」でも同じ補償
  • ロストバゲージの補償だけなら、補償額の高いカードをサブで持っておく

結局、アメックスブランドやプラチナカードなどのステイタス十分なカードでも、ロストバゲージの補償額は高くないことが判りましたので、ロストバゲージの補償だけを考えるのであれば、「Orico Card THE WORLD」(オリコカード・ザ・ワールド)のような補償額が高いカードを、別途持っていた方がよいでしょうね!

「ディレイドバゲージ」(手荷物遅延)の補償内容

荷物が遅れて届く場合のことを「ディレイドバゲージ」(荷物遅延)と呼びます。一般的に「ディレイドバゲージ」を含めて「ロストバゲージ」と呼んでいるのです。

  • 1:航空会社に補償の請求を行う
  • 2:不足分をクレジットカード保険で補填する
  • 3:カード付帯保険の最高額までは補償される

上記が補償してもらう手順となります。例えば、荷物到着が2日遅れたので、2日分の日常品購入で3万円使用したとしましょう。

  • カードの補償額が3万円だった場合
  • 航空会社から1万円の補償
  • 残りの2万円はクレジットカードの付帯保険で補償
  • 合計で3万円の補償となる

ディレイドバゲージの補償は、上記のようになってきますよ!

「ロストバゲージ」(手荷物紛失)の補償内容

目的地に到着して48時間以上経っても、荷物の行方が判らない場合、ロストバゲージとして成立するので、カード会社と交渉が出来ます!

でも、旅行に来ていて航空会社と交渉ばかりしていると、観光も何も出来ませんよね。先ずはクレジットカード会社に状況を説明して、保険適用がどこまでされるか確認することが大切です!

「手荷物紛失費用」の補償が最高4万円だとしても「携行品損害保険」も併せて利用することが可能なはずなので、カード会社に確認をしておきましょう!

手荷物紛失費用は、スーツケース(荷物)の重量で計算されます!

補償額を1kg当たり20ドル(日本円換算で約2,200円)として、チェックインカウンターで計量された重量が20kg(MAX)とした場合、次のような計算となります!20kg×2,200円=44,000円となり、限度額が最高40,000円だと40,000円まで補償!

シュミレーションその1:購入品の損害額を計算!

荷物が紛失した為に、次の品物を現地で購入した場合の金額です。

内容 金額
現地で購入した日常品 25,000円
スーツケース再購入費 30,000円
コンタクトレンズ 5,000円
着替えの洋服 20,000円
合計 80,000円

シュミレーションその2:ロストバゲージ補償額を計算!

内容 金額
航空会社の補償(日常品購入費) 10,000円
手荷物紛失費用(カード保険の補償)
1kg約2,200円で最高額
40,000円
携行品損害保険(カード保険の補償) 30,000円
補償合計 80,000円

「手荷物遅延(紛失)費用」の保険が付帯していると、上記のように金額的には補償されますので、クレジットカードの保険を確認して見てくださいね。

但し、携行品損害保険の適用がどの品物までか、クレジットカード会社に問い合わせしておきましょう。

教授に確認したいのですが、ロストバゲージの補償額って高額ではないのですね!?大切な荷物が無くなったのに、これだけの補償では困ると思うのですが、なぜ補償額が低いのでしょうか?

確かに、荷物を無くした場合はとても困りますし、荷物の中身を全額補償してもらうには、補償額は不足していると言えるでしょう!ですが、航空会社との契約の中には荷物を補償する項目は無いに等しいのです!

航空券を購入する際に、その旨を承諾して購入していますので、契約以上仕方のないことなのですよ!

保険があっても要注意!カード保険が適用外になるケース!?

クレジットカードにロストバゲージ保険が付帯していると、とても安心なのですが、適用外になるケースもありますのでご注意ください!

2重請求になる!?航空会社から補償を受けた場合について

航空会社から補償された金額は、2重請求となり適用外となります!

  • 航空会社から遅延補償として1万円補償された
  • カード保険の「手荷物遅延費用」の最高額が1万円だった

上記のケースでは、クレジットカード会社からの補償は受けることが出来ませんので要注意事項で、航空会社から受けた補償額は、カードの補償額から差し引かれるので、カード会社からの補償は無くなってしまうのです!

  • 航空会社から遅延補償として5,000円補償された
  • カード保険の「手荷物遅延費用」の最高額が1万円だった

上記のケースではカード会社から、カード補償額の不足分5,000円を補償してもらうことが出来ます!

荷物が遅れたけど、6時間以内に荷物が到着した場合

目的地に荷物が一緒に到着して無くても、6時間以内に届けば補償を受けることが出来ませんので、女性の方の場合は、化粧品などを慌てて購入すると、返って損をする場合もありますので注意が必要ですね。

  • 一緒に荷物が届かなかった
  • 予定があるので、空港で荷物を待つことは出来ない
  • 空港で航空会社に手続きを行ってホテルにチェックインする
  • 5時間後、空港から連絡があれば補償はされなくなる
  • 慌てて買い物をすると、その分損をすることになる
  • 6時間待つのはとても長いので、判断が難しい!

とは言っても、目的地に到着してからの6時間はとても長く感じますから、日用品を購入するか荷物を待つかの判断はとても難しいですね!

絶対補償されないケース!帰国便で日本に到着した場合

紛失した場合は、帰国便でも補償対象となりますが、遅延の場合は絶対に補償されません! これは、「日本に帰国したのだから、家に帰れば必要な物は揃っている」と判断されているからなのです。

例をあげると「荷物の存在は確認出来たけど、自宅に届いたのは1カ月後だった」こんなに遅れた場合でも、何の補償もありません。

  • スーツケースが壊されていた
  • 中身のお土産が壊れていた
  • スーツケースの中のカメラが壊れていた

但し、上記などの破損のケースについては「携行品損害保険」で補償してもらえますよ。

領収書がない!?請求書類が揃って無い場合は請求が無効になる

「手荷物紛失費用」の請求はほとんどの場合、帰国してからになりますので、その際には、次の請求資料が必要ですから、覚えておきましょう!

  • 手荷物紛失報告書(空港で申請してもらっておきます)
  • 購入品の領収書(クレジット利用明細などのレシートは無効)
ロストバゲージの補償が適用外になるケースは、良く把握しておく必要があります。特に領収書は必要で、レシートでは代用することが出来ないことは、確実に覚えておく必要がありますね!

悔しいロスとバゲージは、せめてカード保険で補償しよう!

ロストバゲージには遭遇したくないですよね。無くなった荷物には想い出も詰まっているのですから、運が悪いと諦めきれないかも知れません。悔しいロストバゲージは、せめてクレジットカード保険で補償してもらいましょう!クレジットカード保険を確認しておけば、ひと先ずは安心して旅立つことが出来ると思いますので、是非お手元のクレジットカードを確認しておくことをお薦めしますよ!

メニューを閉じる