ハワイのバスが乗り放題でお得!
ハワイ旅行にはJALカードJCB!

ハワイ旅行を存分に楽しめるクレジットカードの使い方をご紹介!

ハワイ旅行を存分に楽しめるクレジットカードの使い方をご紹介!

ハワイと言えば日本人に人気の観光地で、良く行く海外旅行先のトップ3に常にランキングされています。そんなハワイではクレジットカードを利用するのは、当たり前になっているのはご存知でしょうか!?

そうは言ってもクレジットカードを始めて利用する方や、最近利用を始めた方だとどんな利用方があるのか不安ですよね。

今回は、ハワイでのクレジットカード利用法を、判りやすく解説しましょう!

ハワイでは、ほとんどの場所でクレジットカードが利用可能!

ハワイは日本人だけでなく世界中から観光客が訪れる観光地ですから、ほとんどの場所でクレジットカードを利用することが出来ますよ!

ブランドショップも沢山あるので買い物で利用する金額も高額になってきますから、現金を持ち歩くよりクレジットカードで決済した方が安全で簡単なのです。

注意しよう!思っている程ハワイの治安は良くない!

ハワイと言えば綺麗な海、明るい人達、そんな明るいイメージしか無いと思いますが、思っているほど治安は良く無いので注意しなければいけません!

人が沢山集まる場所には必ず犯罪が隠れていますから、ハワイのように世界中から人が集まる場所では、必然的に犯罪も多くなってしまうのですね。

ですから、出かける時は出来るだけ現金は持ち歩かないでクレジットカードで支払いを済ませるようにするのが安全です。

  • ハワイは思っている程治安は良くない場所
  • 開放的になり過ぎて注意を怠ると危険な状況になる
  • ハワイでは現金を持ち歩くよりクレジットカードの方が安全

また、カード利用が出来るようにハワイのショップも対応していますので、クレジットカードが使えない場所はほとんどありませんよ。

クレジットカードが利用出来ない場所は!?少数に限られる!

ハワイでクレジットカードが利用出来ない場所は、現地の方しか行かない小さなショップや、パラソルだけで営業している露店などです!

観光目的でハワイに行っているのなら足を運ぶ場所ではありませんし、ツアーを利用している場合だとガイドさんが「行ってはいけない場所」として注意してくれます。

ですから、基本的に観光で過ごすのならクレジットカードが利用出来ない場所は、無いと言っても良いでしょうね。

ただし「コーラーを1本飲みたい!」のような場合だと、現金の方が便利な場合もありますので多少の現金は必要ですね。

  • ハワイでクレジットカードが使えない場所は限定される
  • 現地の方しか行かない小さなショップ
  • 露店営業しているパラソルショップ
  • 自動販売機など無人販売の機械
ハワイは多くの国から観光客が訪れる観光地ですから、当たり前のようにクレジットカードは利用することが出来ます。

とは言ってもチップやパラソルショップでは、クレジットカードは利用出来ませんので現金も用意しておきましょう!

現地通貨を便利に調達!?クレジットカードのキャッシング!

ハワイでの現地通貨はUSドルですが、現地通貨を調達するにはいくつか方法があり、その中で一番簡単で便利な調達方法はクレジットカードのキャッシングで、現地通貨を調達する方法ですね!

クレジットカードが無ければ、ホテルか空港で両替!

クレジットカードが無い、もしくはキャッシングサービスを付けていない場合は、空港かホテルで両替します。ツアーの場合は空港からホテルに向かうバスの中で、希望者に対して1万円~2万円の両替をしてくれる場合もありますよ。

別にキャッシングで無くても現地通貨を調達する手段はありますので、困ることはありませんね。

やっぱり、キャッシングが一番便利です!

そうは言っても、現地通貨を調達する方法で一番便利なのはクレジットカードのキャッシングですね。両替する日本円が無くてもクレジットカードさえあれば、ATMから現金を調達出来るので、とても便利です。

その為には、ハワイに行く前に手持ちのクレジットカードを確認しておくことが大切です。

  • キャッシング機能はついていたか?
  • キャッシングの限度額と現在の利用残高は?
  • 海外キャッシングに対応しているか?

最低、以上の確認が必要ですね。キャッシング機能が無い場合は、カード会社に申込みをして付帯させておくことが出来ます。

海外対応のキャッシングを行うには、クレジットカードに次のマークが付いているか確認しておきましょう!

クレジットカードのマーク
クレジットカードのマーク
クレジットカードのマーク

  • VISAカード:PULS
  • MasterCard・JCBカード:Cirrus

ACマスターカードでキャッシング!為替レートがお得!?

ACマスターカードは国際ブランドが「MasterCard」のため、先にご説明したCirrusマークのあるATMで海外キャッシングが利用できます。

海外キャッシングのメリットは、銀行や空港で両替よる外貨両替手数料がキャッシングの方が安く済む事です。

1ドル100円、実質年率18%、5万円(500ドル)をキャッシングして15日後に返済する場合で考えてみましょう。

  • 銀行や空港(外貨両替所)で両替すると、1ドル約3円の外貨両替手数料が発生
  • 5万円分をドルに替えた場合、約1,500円の外貨両替手数料が発生
  • 500ドルは日本円で5万円
  • 利息は5万円×18%÷365×15日=369円
  • 500ドルを海外キャッシングして15日後に返済した場合の利息は369円

ATM手数料が216円かかっても海外キャッシングの方が外貨両替手数料よりお得という結果になりますね。

キャッシングの利用日数によっては、利息の方が手数料を上回ることになってしまいますから、帰国後すぐに一括返済しておきましょう。

ACマスターカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
ACマスターカードは、ネットバンキング返済で24時間いつでも繰り上げ返済が可能ですので便利ですよ。

また、最短で即日発行にも対応していますので、早くカードを手に入れたい時にも最適の1枚です。

ハワイでの現地通貨はUS$ですが、日本円を利用することの出来るショップもあります。

いずれにしても日本から円を持ち出す必要がありますが、クレジットカードのキャッシングは現金を持ち出す必要が無いことと手数料が不要なのでとても便利なのです!

ハワイで利用する国際ブランド!意外に「JCB」がお得!?

ハワイで利用するクレジットカード」で、利用度が最も高い国際ブランドはやはりVISAですね。

次いでMasterCardとなっていて残念ながらJCBの加盟店が少ないと言われています。

ところが、ハワイではVISAカードやMasterCardよりもJCBカードの方が活躍してくれるのですよ!

「JCBカード」だとワイキキトロリー乗り放題!

利用店が少ないJCBカードですが、ハワイでは別の意味で活躍してくれるクレジットカードとなっていて、JCBカードを見せるだけで「ハワイのワイキキ・トロリー ピンクライン」が無料で乗車できるのです!
  • JCBカードを持っているとワイキキ・トロリーピンクラインの乗車が無料
  • 本人を含む大人2名、子供2名が無料
  • 日本円換算で約7,500円お得になる!

しかも上記のとおりJCBカードを持っている本人と大人1名、子供2名までの最高4名まで無料となります。

1日1ライン乗り放題チケットを購入すると、大人2名、子供2名で7,440円(1$120円換算)お得になりますよ。

「VISA・MasterCard・JCB」が揃えばベスト!

海外旅行には国際ブランドの異なるクレジットカードを持って行くのが基本ですが、ハワイでクレジットカードを利用するなら「VISA・MasterCard・JCB」の3ブランド全て揃えて行くのがベストでしょう!

利用店が多いのはVISA・MasterCardですから、ワイキキ・トロリーにJCBカードで無料乗車して、ハワイ最大のショッピングセンター「アラモアナ・センター」に行き、ショッピングはVISAもしくはMasterCardのクレジットカードを利用する方法がお薦めです!

教授に教えて頂きたいことがあります。ハワイではVISAやMasterCardの加盟店が多くJCBの加盟店は少ないと聞いています。

なのに、JCBのサービスの方がお得なのは理由があるのでしょうか?

JCBブランドが海外で弱いのは、世界シェア5位と言うシェア率が証明していますが、近年JCBも加盟店の拡大に成功していて、ハワイでも多くの加盟店で他のブランドに無いサービスを展開しているのです!

JCBプラザラウンジが設置してある国や地域では特にサービスに力を入れているので、JCBカード会員にとっては嬉しいことですね。

ハワイに持っていくクレジットカードは、複数枚用意しよう!

先に少し触れましたが、何かトラブルがあった時にクレジットカードが1枚だけだと対処出来ないので、複数枚の国際ブランドの異なるクレジットカードを持って行くことをお薦めします。

ハワイだけでなく海外旅行に出かける時は、異なる国際ブランドのクレジットカードを複数枚用意して持って行くことが基本なのですよ。

ハワイには「VISA・MasterCard・JCB」を用意

先に説明した内容と重複しますがハワイに出かけるなら「VISA・MasterCard・JCB」の3ブランドのクレジットカードを用意して行きましょう!

今からクレジットカードを用意することが出来るのなら「VISA・MasterCard・JCBのクレジットカード」を用意するようにすれば、より快適にハワイを楽しむことが出来ますよ。

手持ちのクレジットカードは利用限度額を確認!

現在手元にクレジットカードがある方は、出発までに利用限度額の確認をしておきましょう。せっかくクレジットカードを持って行っても利用限度額が少なければ、楽しい買い物が出来なくなるかも知れません。

ハワイでショッピング予定のリストを作って、購入金額分の利用限度額があるのかを確認しておくべきですね!

  • 出発前に手持ちのクレジットカードの利用限度額を確認する
  • 利用限度額が少ないと、ハワイで買い物途中にカード利用が出来なくなる
  • 持って行ったカード全てが、限度額オーバーすると困る状況になる
  • 利用限度額が少ない場合は、繰上げ返済して限度額を確保しよう!

JALマイルを貯めている方なら迷わずJALカードJCB!

先にご説明した通り、JCBブランドはワイキキトロリー(バス)の乗車無料特典がついてますので、ハワイにはJCBブランドがおすすめですね。

JAL普通カードは、ファミリーマートやマツモトキヨシなどの特約店で利用すると、通常の2倍のマイルが貯まります。

JALマイルは共通ポイントであるPontaポイントやdポイントとも相互交換できる点も魅力ですね。

JALには、JALカードを利用する事により割引となる国内線割引きっぷ(ビジネスきっぷ)のサービスもあります。利用区間や期間などで割引率が変わるものの、最大で47%オフと大変お得です。

当日予約や変更も可能ですから、急な出張の際にも使えますし、割安料金でも区間マイルが100%貯まるのが嬉しいですね。

JALにはマイルの他にも、「e JALポイント」サービスがあり、有効期限間近のマイルを「e JALポイント」に交換して、期限を1年延長する事もできます。

「e JALポイント」はJALツアーの購入や航空券の支払いに充当できますし、1ポイント単位で利用できますから、無駄なく使い切れる点がお得ですよ。

ネットショップを利用する方は、JALマイレージモール経由で買い物すれば、カード決済で貯まるマイルとは別に特別加算マイルが上乗せできるので是非活用してみてくださいね。

JALカード普通カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 JAL普通カード
年会費 2,000円(税抜)
入会ボーナスマイル 入会後初めての搭乗時に1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイルの10%
継続ボーナスマイル 毎年初回搭乗時に1,000マイル
JAL・JTAの機内販売での割引 10%割引

ANAマイルを貯めている方ならANA VISA Suicaカード!

ANA VISA SuicaカードはSuica機能一体型で、オートチャージや定期券の購入でポイントがたまります。たまったポイントはマイルに移行できます。

ANAカードはフライト利用がなくても更新時にボーナスマイル1000マイルが加算されるので、飛行機に乗る機会が少ない方でもマイルが貯まりやすいところが魅力です。

ENEOSやスターバックス利用でマイルが特別加算されたり、国内ANAホテルズで宿泊費5%割引など特典も豊富ですよ。

ANAにもカード決済による国内線割引(ビジネスきっぷ)のサービスがあり、最大で43%オフと大変お得です。割引料金でも区間マイルが100%貯まりますし、当日の予約や変更も可能です。

ANAはマイルの他にもANA SAYコインサービスがあり、失効間近のマイルをANA SAYコインに交換して1年間有効活用できますよ。

年会費は2,000円(税抜)ですが、WEB明細サービス利用で500円割引できるので、是非WEB明細サービスを利用しましょう。

ANA VISA Suicaカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 ANA VISA Suicaカード
年会費 2,000円(税抜)
WEB明細サービス利用で1,500円(税抜)
入会ボーナスマイル 1,000マイル
毎年の継続ボーナスマイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイルの10%
サービス内容 国内ANAホテルズで宿泊費5%割引
空港内免税店で10%割引
海外旅行保険自動付帯

年会費無料&補償が充実のエポスカードで海外旅行保険金額を強化!

海外の医療費は、思いがけず高額です。

日本損害保険協会が公開しているデータによると、ホノルル(ハワイ)にて急性盲腸で入院した場合の医療費は何と256万です。

先にご紹介したJAL普通カードやANA VISA Suicaカードは海外旅行保険は付帯しますが、疾病治療や傷害の補償はありません。

疾病治療費や傷害治療費は複数のクレジットカードを所持する事により保険金額を合算できるのです。

思いがけぬ事故や病気に備えるためにも、年会費無料で保険が充実したエポスカードを追加して疾病や傷害の補償金額を強化しておきましょう。

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
情報項目 情報内容
年会費 永年無料
傷害死亡・後遺障害 海外500万円
疾病治療 海外270万円
傷害治療 200万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 100万円
ハワイに行く際に複数枚のクレジットカードが絶対に必要な訳ではありません。

ただ、海外では通信の不具合によってリーダが読取ることの出来ない状況が良く起こりますから、その対策として国際ブランドの異なる複数枚のカードがあれば良いと言うことなのです!

ハワイでのチップは、現金とクレジットカードを使分ける!

日本では全く必要のないチップですが、ハワイでは必須の行為なのです。なにせ、チップで生計を立てている方は大勢いますから、渡し忘れたりすれば失礼な人間だと思われてしまうほどですからね。

ベッドチップやポーターへのチップは現金で!

基本ハワイで滞在する場合は、同じホテルに連泊することになりますよね。先ずチェックイン時に部屋までポーターが荷物を運んでくれますので、その時には荷物1つに対して2ドル~3ドルのチップを渡します。

  • ポーターへは荷物1つにつき2ドル~3ドルのチップ
  • ベッドメイクに対しては1ドル~2ドルの枕銭
  • サービス料不要のレストランでは飲食代の10%~20%のチップ
  • 高級レストランでは飲食代の20%のチップ
  • タクシーでは運賃の15%~20%を上乗せして支払う

その他のシーンでのチップは上記のとおりで、ベッドメイクに対して枕元などに1ドル~2ドルを置いておきます。また、カジュアルなレストランなどでサービス料を取らないところでは、ウエイトレスやウエイターに飲食代の10%~20%のチップを渡します。

タクシーでは運賃の15%~20%がチップとして必要で、運賃を渡す時にチップ分を上乗せして払うのが一般的ですね。日本では考えられないかも知れませんが、チップもお釣りをもらうことが出来ますよ。

1ドルのチップをあげたいけど、あいにく10ドルしかない場合「9ドルお釣りをくださいね」と言えば、ちゃんとお釣りを出してくれます。

黙って10ドル渡してしまうと「チップをはずんでくれた」と思って、お釣りはもらえませんのでご注意くださいね。

  • チップを支払う為にお釣りをもらうことは常識になっている
  • ただし、お釣りを要求しなければ全額チップとなる

レストランでは、クレジットカードでチップを払えます!

レストランでは食事代と一緒にチップを払えることも可能で、その方法は、伝票にチップの金額を記載する欄がありますので、そこに金額を記入すればクレジットカードで食事代と一緒に支払うことが出来ますよ。

レストランでのチップは、食事代の15%~20%となっていますがサービス料が含まれていた場合は、テーブルに小銭を置いておく程度で問題ありません。

  • レストランではクレジットカードでチップを支払うことが出来る
  • 食事代にサービス料が含まれている場合チップ小銭でOK
  • チップは直接相手に渡すことが基本
  • 渡す相手がいない場合はテーブルなどの判りやすい場所に置いておく
  • 相手がいなくてもチップを渡さなくて良いのではない

チップはサービスをしてくれた相手に直接渡すものですから、その相手がいない時は判りやすい場所にチップを置いておきましょうね。

間違っても相手がいないからと言って、チップを渡さなくても良いのではありませんからご注意を!

レストラン以外ではチップをクレジットカードで支払うことは出来ませんので、必ず現金が必要になってきます。

カードのキャッシングで現地通貨を調達した後に、チップ用の少額紙幣を用意しておくと良いですよ!

ハワイでカードを紛失した時のブランド別対処法!

事故は思いがけない時に突然起こるもので、十分気をつけていてもクレジットカードを紛失してしまうこともあるでしょう!

でも大丈夫!クレジットカードには盗難保険がついていますから、もしも不正利用されたとしても補償してくれますからね。

ですが、出来るだけ早くカード会社に連絡をすることは必要となってきますので、ここで国際ブランド別の連絡方法をご紹介しておきましょう。

VISAの場合は、アシスタンスサービスへ!

>VISAブランドのカードを紛失した時は「Visaグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービス」に連絡をします。VISAの場合多くの提携カードが発行されているので、問い合わせを迅速にする為に予めカード情報を控えておくと良いですよ。

ただし、決してカードと一緒に保管してはダメですからカードとは別の場所に保管しておきましょう。

  • クレジットカードの発行会社名
  • 連絡できる電話番号
  • Visaカード番号
  • Visaグローバルカスタマー・アシスタンス・サービス・センターのフリーダイヤル

以上の情報をカードとは別に保管しておきましょう。

MasterCardの場合は、緊急サービスへ!

MasterCardの場合は「緊急サービス」へ連絡をしますが、VISAと違って連絡先の電話番号は複数ありますから、間違えないようご注意くださいね。

連絡先は「米国国内」からの専用フリーダイアルか、国名を「Japan」で選択して表示される電話番号を控えておきます。

MasterCardのWEBサイトでは連絡先をメールに送信出来ますので、念のためメール送信もしておけば安心出来ますね。

JCBの場合は、JCB紛失盗難受付デスクへ!

JCBカードを紛失した時は「JCB紛失盗難受付デスク」へ連絡します。ハワイでの紛失の場合はJCBWEBサイトにある「アメリカ合衆国(ハワイを含む)」連絡先と、電話がつながらない場合の、日本着信になる電話番号の2つを控えておきましょう。

どのブランドにしても、出発前にはWEBサイトで緊急連絡先を確認しておくようにしておけば、万一の時に慌てずに済みますよ!

  • JCBWEBサイトにある「アメリカ合衆国(ハワイを含む)」連絡先
  • 電話がつながらない場合の、日本着信になる電話番号
  • ハワイからは上記2つの連絡先を控えておく
紛失・盗難保険を適用させるには必ずカード会社に連絡することと、現地の警察へ届け出を出すことが必要になっています。

紛失・盗難保険について当サイトに詳しい記事がありますので盗難保険を適用させる為の注意事項を判りやすく解説した記事を是非ご覧ください!

ハワイでクレジットカードが紛失・盗難した場合は、記事内で紹介している連絡先が有効となります。

各ブランド別に紹介してありますので、メモに控えて持って行くようにしてくださいね!

クレジットカード犯罪への注意点!?怪しい店では利用しない!

ハワイで「クレジットカード犯罪」に巻き込まれない為の注意点は「怪しい店での利用はしない!」ことですね。そしてクレジットカードはICタイプにしておくことも重要です!

自分で注意すれば、かなりの確立で犯罪を防げます!

ハワイは本当に沢山の観光客が訪れますから、先に説明したとおり犯罪も多く発生していて、治安は良いほうではありません。

「クレジットカード犯罪」も決して少なくありませんが、ご本人の注意次第で犯罪に巻き込まれるリスクを低くすることは可能なのです。

  • クレジットカードをICクレジットカードにしておく
  • 怪しい店ではクレジットカードを使わない
  • クレジットカードを他人に見せない

たったこれだけを守ることで、かなりリスクを抑えることが出来るのですよ。

ICクレジットカードだと暗証番号が必要なので、本体をスキミングしただけでは、不正利用することが出来ません。怪しいと感じた店ではクレジットカードは使わないようにすれば、複製をとられることもありません。

クレジットカードを無闇に他人に見せれば、それだけ目だってしまいますし危機意識が低いことを公表しているようなものですから、利用する時意外はクレジットカードは保管したままにしておくことが大切なのです!
ハワイでのクレジットカード利用で最も注意したいことは、怪しい店では利用しないことです!

大勢の観光客が集まる場所ですから、カード犯罪も比例して多く存在することが現実です。

自己防衛を徹底していれば防ぐことの出来る犯罪も多いので、その点はしっかり防衛しましょう!

ハワイは3ブランドのクレジットカードを用意ですね!

ハワイではクレジットカードは必須と言っても良いくらい、便利に利用することが出来ます。ハワイに出かけるときに持っていくクレジットカードは、「VISA・MasterCard・JCB」この3ブランドのクレジットカードを揃えて持って行きましょう。

JCBカードがあれば「ワイキキ・トロリー ピンクライン」に、大人2名、子供2名が無料で乗ることが出来ます!

犯罪防止の観点からも持って行くクレジットカードはICクレジットカードにしておきましょうね。3ブランドのクレジットカードを上手に利用すれば、お得で楽しいハワイ旅行を満喫することが出来ますよ!

メニューを閉じる