高級ホテルでVIP待遇のサービス!
30社以上のマイルに高レート交換可

広いアメリカでも安心!クレジットカードの上手な使い方とは

広いアメリカでも安心!クレジットカードの上手な使い方とは

ご存知とは思いますが、アメリカは「クレジットカード発祥の国」ですから、アメリカではクレジットカードを当たり前のように日常生活で利用しています。

アメリカに旅行する予定のある方は、クレジットカードを必ず持って行きましょう!クレジットカードが無いと、ホテルに泊まることが出来ないかも知れませんよ。

今回はクレジットカード先進国のアメリカで、クレジットカードを上手に利用する方法を判りやすく解説していきますね。

世界シェアNo.1のVISAは、当然アメリカでも利用度No.1!

先ずはクレジットカード先進国のアメリカで使うクレジットカードは、やはりVISAブランドが最も利用しやすいクレジットカードです!

その他JCBや銀聯以外であれば、全てのブランドはアメリカの会社が発行していますので必ず利用することが出来ますが、利用出来る加盟店はVISAがNo.1ですね!

アメリカで発行されている国際ブランドは、5つ!


「世界7大国際ブランド」の内、5つがアメリカで発行されているクレジットカードブランドなのです!

  • VISA
  • MasterCard
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナース
  • ディスカバーカード

上記の5つのブランドは、どれもアメリカのクレジットブランドになります。クレジットカードを世界で最初に発行したのがダイナースカード次いでアメリカン・エキスプレス・MasterCard・ディスカバーカードの順に設立されて、VISAは最も新しいクレジットカード会社で設立は1976年で、ニューヨーク証券取引所に上場したのは2008年なのですよ。

5つも国際ブランドのある中で、一番後発だったVISAが世界シェアNo1なのは驚きでしょう!?アメリカでも最も加盟店が多いことも、その証ですね!

世界No.2のシェアを誇るのはMasterCardでVISAに次いで、利用出来る加盟店が多いクレジットブランドですよ。

VISAについてはみなさんご興味があると思いますので、当サイトに掲載してあるVISAの創業者とVISAの歴史が良くわかる記事をご紹介しておきますね!

上記からサイトをご覧いただくと、VISAの誕生について良くお判り頂くことが出来ます。

アメリカではクレジットカードのステイタス性も重要に!?

先の説明の続きになりますが、アメリカでのクレジットカードを大きく分類すると2種類に分けることが出来ます。

1つはステイタス性重視のクレジットカードで、ダイナースクラブとアメリカン・エキスプレスがその代表ですね。

特にダイナースクラブは設立当初から、富裕層をターゲットとして顧客獲得をしていますので、現実的に低所得では会員になることは難しい状況です。

アメリカン・エキスプレスも同様ですがグレードの一番低い「グリーンカード」は、意外と発行されやすいカードにはなっていますがVISAやMasterCardよりも、取得は難しいカードであることは事実ですね。

  • アメリカではクレジットカードにステイタスを求める傾向がある
  • ダイナースクラブは富裕層がターゲット顧客
  • アメリカン・エキスプレスも上流階級向け

そんなアメリカのクレジットカード事情もあって、アメリカではクレジットカードのステイタス性を重視するところがあるのです!

高級ホテルで利用するカードは「ステイタス性」の高いカード!?

超が付く高級ホテルでは「ステイタスの高いカード」を持っていないと、利用出来ないホテルも現実にあります!

  • VISAカードなら、ゴールドカード以上
  • ダイナースカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールドカード以上)

以上のようなクレジットカードで無いと、ホテルの利用が出来ないところもあり、このようなホテルはセレブの方しか利用しないので、通常の海外旅行では関係の無いお話になってしまいますが、アメリカの「クレジットカード事情」として知っておいてもらえれば嬉しいです。

ですがクレジットカードが無いと、アメリカではホテルに泊まれないことがあるのは事実なのです。別に「ステイタスの高いクレジットカード」では無く、通常のクレジットカードのお話なのですよ。

  • 超高級ホテルは別としても、通常のホテルでもクレジットカード利用は常識!
  • クレジットカードが無いと高額のデポジットが必要
  • 理由はホテルのスキッパー対策!
  • クレジットカードはカード会社が審査して合格した人
  • クレジットカードが無いと身元の保証がされていない人

万一、現金で宿泊するのであれば、宿泊費の約1.5倍~2倍のデポジットを要求されるでしょう。理由はホテルのスキッパー対策で、保証金として先にデポジット(預かり金)として確保しておく為なのです。

一方クレジットカードを持っていればカード会社の審査に合格している人なので、身分が保証出来ていると見なされてデポジットなどは不要になるのです!

アメリカでは、それだけクレジットカードは重要な役割をするアイテムなのですよ!

アメリカでのベストなクレジットカードの組合わせは!?

アメリカに持って行くクレジットカードの、ベストな組合わせは次のとおりです。

  • VISAカード
  • MasterCard
  • アメリカン・エキスプレス・カード

以上の3枚のクレジットカードを、持っていければベストです!あくまでも理想であって、この組合せでなければいけない訳ではありませんので誤解の無いようにお願いしますね。

VISAとMasterCardはほとんどの方が取得については大丈夫だと思いますが、アメリカン・エキスプレス・カードはある程度クレヒスに実績がないと取得は難しいカードです!

ですから、カード初心者の方にはハードルの高いカードとなりますので、あくまで理想な組み合わせですからね。

  • VISAカード
  • MasterCard

上記の2枚でも全く問題はありませんので、クレジットカード初心者の方がアメリカに旅行をする場合は、基本的にツアーに申込んでいると思いますので、ホテルもツアー会社の信用で宿泊できますから大丈夫です!

アメリカのホテルを利用する場合、僕はVISAブランドのクレジットカードしか持っていないのですが、それでも大丈夫でしょうか?

アメックスも取得しておくべきなのでしょうか!?

高級ホテルでない限り普通のクレジットカードでも、大丈夫ですから安心してください!

クレジットカードで支払うことが出来れば問題ないので、例え年会費無料のカードであっても、審査通過していることが重要なのですよ。

アメックスなどはクレジットヒストリーが良くないと発行されませんので、持てれば良いですが無理をする必要はありませんからね!

クレジットカードは、必ず複数枚を持って行きましょう!

アメリカにクレジットカードを持っていくなら、国際ブランドの異なる複数枚のカードを持っていくようにします。

先ほど説明した「VISAカード+MasterCard」の組合わせで2枚、理想はそれに「アメリカン・エキスプレス・カード」をプラスした3枚を持って行くのが良いですね!

複数枚のクレジットカードを持っていく理由!

複数枚のしかも異なる国際ブランドのクレジットカードを持っていく理由は、1枚だけだと何かしらのトラブルに対応することが出来ないからです!

クレジットカード先進国のアメリカでも、急にクレジットカードが利用出来なくなるトラブルは良く発生します。

  • 空港で利用出来たVISAカードがショッピングセンターでは利用出来なかった
  • カフェで利用出来たVISAカードがホテルで利用出来なかった

このようなケースはクレジットカードに原因は無く、カード端末の故障や通信のタイミングが悪く通信障害が起きているだけで、別のブランドのカードを利用すれば大丈夫なのですよ!

ですから1枚だけだと当然アウトですし、同じブランドのカードではトラブルの解決にはならないので異なるブランドのカードが必要と言う訳なのです。

豪華なサービスと高還元が魅力!スターウッドアメックスカード

スターウッド プリファードゲストTM アメリカン・エキスプレス・カードに入会すると、「スターウッド」のゴールド会員の資格が得られます。

世界約100ケ国1,100以上のSPG(スターウッドプリファードゲスト)の9つのホテルブランドで、サービスを享受できます。

ゴールド会員になると、チェックイン時の空室状況により、より良い部屋へアップグレードされたり、ウェルカムギフトがプレゼントされるなど様々なサービスが受けられ、優雅な一時が過ごせるのも魅力ですね。

カードを継続するたびに、スターウッド系ホテルに無料で1泊できる特典や、空港ラウンジサービス無料などのアメックスのサービスも利用できます。

還元率も高く、ホテル利用で3%還元、どこで利用しても1%のポイントが貯まります。

貯まったポイントは100円=最大1.25マイルの高レートでANAマイルに交換できたり、ホテル無料特典に交換できるのもお得です。

スターウッド プリファードゲストTM アメリカン・エキスプレス・カード

公式サイトはコチラ

JALを利用する方はJALカード

JAL普通カードの年会費は初年度無料、次年度以降2,000円(税抜)と格安です。

マイル交換手数料が無料で、直接マイルが貯まるところが魅力です。

入会後初回の搭乗で1,000マイル、毎年初回の搭乗で1,000マイル貰える為、ボーナスマイルだけでも十分お得です。

JALマイル特約店のファミリーマートやENEOSをよく利用する方は、効率よくマイルが貯まりますよ。

またJALマイルは家族で合算できますから、貯めたマイルで家族で旅行が楽しめますね。

JALカード普通カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 JAL普通カード
年会費 2,000円(税抜)
入会ボーナスマイル 入会後初めての搭乗時に1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイルの10%
継続ボーナスマイル 毎年初回搭乗時に1,000マイル
JAL・JTAの機内販売での割引 10%割引

クレジットカード大国であるが故のカード犯罪への対応!

アメリカがクレジットカード先進国で、カード大国である為に起きるクレジットカード犯罪も多く発生しています!

クレジットカードには盗難保険が付帯しているので、万一不正利用されても実質的な被害はありませんが、犯罪にあったその時点でそのカードは利用停止となり、使用すること自体出来なくなってしまいますから、他のカードに頼るしかありませんよね。

  • アメリカではカード犯罪に巻き込まれる可能性が高い!
  • 万一、不正利用や盗難に遭った場合は盗難保険で補償される
  • 但し、犯罪に利用されたカードは利用することが出来なくなる
  • 万一の為にも国際ブランドの異なるクレジットカードが複数必要になる!

犯罪に遭わないことが最良なことなのですが、万一の対処法は考えておかなければなりませんので、犯罪への対処法としても複数のカードが必要なのです!

クレジットカードの盗難時に強い味方になってくれるのが、クレジットカードの紛失・盗難保険ですが、正しいカード利用をしていないと補償されないことをご存知でしょうか!?

当サイト内に紛失保険・盗難保険について詳しく解説した記事がありますので、是非ご覧頂き補償が適用されるカード利用をするようにしましょう!

手持ちのクレジットカードは、利用限度額と緊急連絡先を確認!

アメリカに行く前に確認しておかなければならないことは、次の2つです!

  • クレジットカードの最新の限度額を確認
  • カード会社の緊急連絡先を確認

1つ目は手持ちのクレジットカードの、最新の利用限度額を確認しておきましょう。アメリカでクレジットカードを利用しようとしたら「利用限度額がいっぱいで、カードが使えなかった!」そんな体験をした方は、少なくありません。

  • アメリカに行く前にカードの利用限度額の確認をしておこう!
  • 旅行中の使い過ぎや、限度額オーバーすることを防ぐメリットがある

次に、カード会社の緊急連絡先を確認して、メモに控えてカードとは別に保管しておくことをお薦めします。先ほどの犯罪やトラブルに遭った時、頼りになるのはカード会社のサポートです。

何かあった時に、連絡先が判らなければサポートを受けることも出来ませんから、緊急連絡先は必ず控えておくことを強くお薦めします!

  • アメリカに行く前に持って行く全てのカード会社の連絡先を控えておく
  • 万一の時にはクレジットカード会社へ連絡すれば相談にのってくれる
アメリカに限らず海外旅行に出かける時は、国際ブランドが異なる複数のクレジットカードを持って行くのが基本ですから、このことは良く覚えておきましょう!

その場合、全てのクレジットカードの限度額を把握しておくことも重要なので、併せて覚えておくと良いですよ。

クレジットカードの利用明細は必ずその場で確認しよう!

クレジットカード犯罪の中で最も被害に遭いやすいのが、ショップでの上乗せで、カード自体盗まれたり不正利用されたのであれば盗難保険で補償されるのですが、カード利用金額に上乗せをされた場合は、泣き寝入りするしかありませんので要注意なのです!

利用明細とレシートの金額が合っているか確認する!?

当たり前ですがアメリカで買い物をすれば、ドルでの買い物となりますよね。計算の苦手な方は直ぐに日本円での計算が出来ないケースもありますから、ショップから渡された「カードの利用伝票」を疑わない場合が多いですね。

ですがカード利用伝票には必ずその場で目を通して、利用金額に間違いないか確認をしましょうね。レート計算が面倒な場合は、1ドル100円で計算すれば、大体の金額は把握出来るでしょう。

  • クレジットカードを利用したら、カード利用伝票はその場で必ず確認する!
  • レート計算が面倒であれば、1$=100円で計算してもOK!
  • 1$=120円のレートで425$の買い物をすれば51,000円になる
  • 1$=100円で計算すると42,500円になり差額は8,500円
  • 上乗せ詐欺の場合は高額な上乗せをするので、もっと大きな差となる
  • 単純計算しても、あからさまにおかしな金額になるので直ぐ判る!

「あれ?おかしい!?」と思ったら、スマホや携帯についている電卓を使って計算をし直してください。また、レシートも一緒にもらうようにして、レシートの金額とカード利用伝票の金額が一緒になっているかも確認しておきましょう。

ショップを離れてしまってからでは、文句を言っても取扱ってくれませんし、ましてや帰国してからカード会社の請求で気付いた場合だと、どうすることも出来ませんので、特に注意してください!

クレジットカードを利用したら、カード明細はその場で確認する癖をつけるのも必要なことです。

アメリカ旅行時だけで無く、普段から国内で利用する際でもカード明細は確認・保管するようにしておけば癖になるでしょうからね!

アメリカでのチップは必要!?その渡し方とチップの金額

アメリカでは何かをしてもらうと、必ずチップが必要となります。日本では「ありがとう!」の、感謝の言葉で終わらすことが出来ますが、アメリカでは感謝の言葉とチップが礼儀として必要なのです。

日本では馴染みのないチップに違和感を感じるかも!?

日本でホテルに宿泊する際に、部屋まで荷物を運んでもらったとしてもチップを渡すことはありませんよね。

ですがアメリカではポーターが部屋まで荷物を運んでくれたら、チップを渡さなければなりません!

違和感を感じるかも知れませんが、チップは必ず必要なものなのでアメリカでの常識として覚えておきましょう!

アメリカでチップが必要なケースは、ほとんどの場合に必要です!

  • ホテルの中
  • レストラン
  • タクシー
  • ショップ

上記は観光で滞在している場合に、ほとんど利用する場所ですよね。そのほとんどの場所で、チップが必要となるのです。

ショップでは店員が何もしなければチップは不要ですが、コーディネイトを手伝ってくれたり、服を出してくれたりと、色々と世話をしてくれれば1ドル~2ドルのチップを渡してあげましょう。

タクシーでは、利用料金の15%~20%をチップとして渡します。

チップを渡すシーン チップの相場
ホテルのポーター 荷物1つにつき2ドル~3ドル
ホテルのルームサービス 利用料金の15%~20%
ホテルのベッドメイク 枕元に1ドル~2ドル
レストラン 利用料金の15%~20%
タクシー 利用料金の15%~20%
ショップ 世話をしてくれた店員に1ドル~2ドル
その他 良いサービスを受けたと感じたら
1ドル~2ドル

上記はチップの料金をまとめたものですので、ご参考にしてください。また、レストランでは食事代にサービス料が含まれている場合では、チップを渡す必要はありません。

ですが、チップは感謝の気持ちですからウエイトレスやウエイターのサービスが良ければ、1ドル~2ドルのチップを渡してあげることをお薦めします。

基本的にチップはサービスに対して、感謝の表現として渡すものなので、サービスを受けることの無い場所ではチップは不要となります。

  • ファーストフード店やセルフショップではチップ不要!
  • サービスが悪く気分を害するような場合はチップ不要!
  • トラブルを避けるために1ドル渡すことも無難な策かも知れない!?

レストランでは、チップをカードで支払うことも出来る!?

それから、レストランではチップをクレジットカードで支払うことも可能なのです。会計時の支払伝票にチップ金額を記入する欄がありますから、そこにチップの金額を記入すれば、食事代と一緒にクレジットカードで支払うことが出来るのです。

食事代の15%~20%を、チップ欄に記入すればOKと言うことですね!

アメリカでは、チップを渡すことはとても重要なことです!チップを渡すことを忘れてしまうと、常識の無い人物として見られてしまいますので気を付けましょう。

相場はありますが、良いサービスを提供してもらったならチップをはずむと良いですよ。

アメリカではチップで生活している方もいるので、サービスも仕事の一つになっていますからね。

カードとチップを上手に使って楽しいアメリカ旅行を!

アメリカではクレジットカードが無くては、旅行し難い国と言えるほどクレジットカードを利用するのが当たり前の国です。チップは現金が必要となりますが、アメリカでは必要な行為ですから忘れないようにしましょうね。

現金はチップに利用して買い物全般はクレジットカードでと、カードと現金を上手に使い分ければアメリカ旅行を楽しむことが出来ますよ!

メニューを閉じる