格安で国内渡航便遅延保険まで付帯!
格安航空会社派にはMUFGゴールド

国内旅行傷害保険で選ぶおすすめのクレジットカードと補償範囲

国内旅行傷害保険で選ぶおすすめのクレジットカードと補償範囲

クレジットカード付帯保険は、海外旅行だけで無く国内にも適用されることをご存知ですか?

海外旅行に保険加入は当たり前ですが、気軽な国内の旅行でわざわざ保険に入る方は少数派でしょう。

でもクレジットカードの付帯保険に国内旅行保険がついていれば、万一の時でもきっと安心ですよね。

今回は、国内旅行保険が付帯するお得なクレジットカードをご紹介します。

国内旅行保険のちょっとややこしい補償範囲についても詳しく解説しましたので、旅行好きの方は是非参考にしてみてくださいね。

クレジットカード国内旅行傷害保険の概要!国内旅行保険で選ぶクレジットカード

クレジットカード付帯保険といったら、海外旅行傷害保険が一般的ですよね。なので国内旅行にも保険があることをご存知ない方も多いようです。

そこで先ずは国内旅行傷害保険とはどういうものか、どんなクレジットカードに付帯するのか、その概要からご説明したいと思います。

国内旅行傷害保険の入院・通院まで補償されるクレジットカードは数少ない

クレジットカードに付帯する「国内旅行傷害保険」は国内旅行に適用される保険で、一般的な補償内容は以下のようなものです。

  • 死亡または後遺障害
  • 入院費
  • 通院費
  • 手術代

補償項目や金額はクレジットカードによっても異なりますが、基本的な内容は、個別加入する国内旅行傷害保険と変わりません。

カード付帯の国内旅行保険を選ぶ際には死亡や後遺障害も大切ですが、確率的には治療が必要な怪我を負う可能性の方がずっと高いのです。

国内旅行傷害保険が付帯するクレジットカードの多くが「死亡または後遺障害」の補償しかなく、入院・通院費まで補償されるカードは少ないのが現状です。

「国内旅行傷害保険最高2,000万円補償」などと、最高補償額に惑わされず、入院や通院の補償がつくのかどうかを是非チェックしてくださいね。

国内旅行傷害保険が付帯するおすすめのクレジットカード

そこで国内旅行保険の入院・通院まで補償されるおすすめのクレジットカードを、ここで幾つかご紹介したいと思います。

これからご紹介する3種類のカードは、発行会社も年会費も異なりますが、いずれも海外旅行傷害保険に加えて国内旅行傷害保険が付帯するものばかりを厳選しました。

以下にそれぞれのカードの年会費と国内旅行傷害保険の内容を一覧にしましたのでご覧ください。

カード名 セディナカード
クラシック
MUFGカード
・ゴールド
JCBゴールド
年会費
(税抜)
1,000円 1,905円 10,000円
死亡・後遺障害 最高1,000万円 最高2,000万円 最高5,000万円
入院費日額 3,000円 3,000円 5,000円
通院費額 3,000円 2,000円 2,000円
手術費用 3,000円×
(10~40倍)
入院日額×倍率
(10倍、20倍、40倍)
付帯条件 利用付帯 利用付帯 自動付帯

次に国内旅行傷害保険を中心に、それぞれのカードの特徴を詳しくご紹介していきます。

【セディナカードクラシック】スタンダードで国内保険付帯は貴重

最初にご紹介するのは「セディナカードクラシック」です。

セディナカードクラシックは、スタンダードカード(ゴールドではない)で年会費も1,000円(税別)とお安いのに、国内旅行保険までちゃんと付帯する貴重なクレジットカードです。

ただし保険は「利用付帯」ですので、旅行費用をこのカードで決済することが条件です。なおこの付帯条件については、また後ほど詳しくご説明しますね。

セディナカードクラシックの国内旅行傷害保険は、手術費用の補償がつかないという欠点はあるものの、それ以外の補償はちゃんと揃っていてお値打ちです。旅行好きの方は要チェックですよ。

セディナカードクラシックは旅行の当たる懸賞も

  • 国内旅行障害保険は利用付帯
  • 国内旅行が当たる!ウキウキトラベル賞
  • パッケージツアーが3〜8%オフ
  • セブンイレブンやダイエー等で毎日ポイント3倍
  • マルエツ等で第2第4日曜は5%オフ

セディナカードクラシックは、国内旅行保険だけでなく、旅行に関する特典が多いのが特徴です。

パッケージツアーが3〜8%オフになるほかに、毎月応募できるウキウキトラベル賞に応募すると、海外や国内旅行が当たるチャンスがありますよ。

セディナカードクラシックはコンビニやスーパーもお得

しかしセディナカードクラシックは旅行向けクレジットカードではありません。そもそもこのカードは流通系で、お買物がお得なことで人気なのです。

しかも以下の通り優待店の種類がとても多いのが特徴で、より多くのお店でお得に買い物ができますよ。

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • ダイエー
  • イオン
  • マルエツ
  • マルエツ プチ
  • リンコス、その他

セディナカードクラシック

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
セディナカードクラシックがあれば毎日のお買物で節約もできますし、安い年会費で海外旅行保険も国内旅行保険も両方付帯する貴重なクレジットカードです。

【MUFGカード・ゴールド】価値あるゴールドカード

次にご紹介するMUFGカード・ゴールドも、年会費が1,905円(初年度無料)とお安い割に、国内旅行傷害保険が充実したクレジットカードです。

こちらも国内旅行傷害保険は利用付帯ですので、保険適用のためには旅行代金などをMUFGカード・ゴールドで支払う必要があります。

  • 国内旅行障害保険は利用付帯
  • 長く使うほどお得なポイントプログラム
  • カードブランドによって特典が選べる
  • 国内渡航便遅延保険が自動付帯

MUFGカード・ゴールドはポイントも貯まりやすい

MUFGカード・ゴールドは、メインカードとして長く使い続けるタイプのクレジットカードです。そして使えば使うほどポインアップするプログラムが、以下のように3つもあるのです。

  • プレミアムスタープログラム
  • グローバルPLUS
  • アニバーサリーポイント

MUFGカード・ゴールドの基本還元率は決して高くないのですが、上記のようなプログラムのおかげでポイントがよく貯まるようになります。

特に旅行費用にカードを使えば、より効率よくポイントを貯めることができるでしょう。

また入会時には国際ブランドを選べますが、マスターカードやアメックスなら旅行やグルメに関する豊富な優待が使えます。

MUFGカード・ゴールドは国内渡航便遅延保険まで付帯

またMUFGカード・ゴールドは、実は国内旅行保険以外に「国内渡航便遅延保険」まで付帯します。

この保険はとても珍しいものなので、ここで詳しくご説明しておきましょう。

国内渡航便遅延保険

  • 国内旅行で搭乗した航空便の遅延をカバーする保険
  • ホテル代や衣料費などが補償対象となる
  • 預けた手荷物の紛失(ロストバゲージ)にも適用される

国内旅行でも台風などの災害で飛行機が飛ばず、空港で足止めを食うことってありますよね。

国内渡航便遅延保険はそういう時に役立ちます。また預けた手荷物が戻ってこないといったトラブルにも、この保険が適用されます。

ご注意!格安航空会社ほど遅延率が高い

国内線の遅延の原因は様々ですから、お天気がいいからといって決して油断はできません。

例えば機材繰りや機材故障など、飛行機が飛ばない理由には天候以外の様々な事情も絡んできます。

近頃はLCC(格安航空会社)が人気ですが、実はこういった航空会社ほど、遅延率が高い傾向があるってご存知でしたか?

APJ(ピーチ航空)の遅延率はJALのおよそ3倍!

以下、国土交通省が公表しているLCC(格安航空会社)の遅延率(平成29年度1月~3月データ)をご覧ください。

LCC(格安航空会社)の遅延率

一方こちらがメジャーな国内航空会社の遅延率です。

JAL(日本航空)とANA(全日本空輸)の遅延率

  • JAL(日本航空)9.58%
  • ANA(全日本空輸)10.06%

これを見ると、ピーチ航空の遅延率は、日本航空のおよそ3倍にもなることがわかります。

MUFGカード・ゴールドは格安航空会社の利用者にもおすすめ

このように格安航空会社ほど遅延のリスクが高く、即ち国内渡航便遅延保険のお世話になる確率も高くなるという訳ですね。

三菱UFJニコス「MUFGカード」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
LCC(格安航空会社)をよく利用する方にこそ、MUFGカード・ゴールドはおすすめなのです。MUFGカード・ゴールドは最短翌営業日に発行が可能です。安い年会費でゴールドカードを持ちたい方にもおすすめですね。

【JCBゴールド】ステータスも満足の旅行向けカード

次にご紹介するJCBゴールドは、プロパーカードとして評価の高いクレジットカードです。

年会費は初年度無料(WEB入会限定)、次年度以降10,000円(税別)とリーズナブルでステータスも極上です。

国内旅行傷害保険は「自動付帯」しますので、利用条件について気にする必要がありません。

なおJCBゴールドにも国内航空機遅延保険が付帯していることにご注目ください。

  • 国内旅行障害保険が自動付帯
  • 国内航空機遅延保険まで付帯
  • インビテーションでさらに上位カードへランクアップ
  • 電子マネーQUICPay搭載でさらに使いやすい

また、家族カードが1枚無料ですから(2枚目以降は税別1,000円)ご家族の方との旅行にも重宝します。

家族カードは、格安もしくは無料で本会員と同じサービスが受けられてお得なのです。

JCBゴールドはQUICPay搭載型が便利

また旅先でちょっとした買い物をするには、電子マネーQUICPayが大変便利です。

入会時には、ぜひQUICPay搭載タイプをお選びくださいね。これならチャージ不要でレジではかざすだけでスマートに精算できます。

JCBゴールドは空港ラウンジ無料や、ホテル内のレストランが20%OFFで楽しめるなど、旅行に特化したサービスが豊富です。

また利用金額が増えれば、さらなる上位カードであるJCBゴールド ザ・プレミアやJCBザ・クラスへのインビテーション(招待状)が届く楽しみも。

ステータスが上げれば、サービス特典がさらにアップしますよ。

JCBゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
JCBゴールドはステータスが高いゴールドカードにも関わらず、最短当日発行翌日届けのサービスに対応しています。急ぎでゴールドカードを手に入れたい方には貴重なカードですよ。

旅行好きの方なら、ホテルをお得に利用できるクレジットカード特集も是非あわせてチェックしてみてくださいね。

良く知っておこう!利用付帯と自動付帯の違い

以上、国内旅行傷害保険がつく3種類のクレジットカードのご紹介でした。

さて、ところで先の比較表の最後には「付帯条件」という項目があったことを覚えておられるでしょうか?

クレジットカードご紹介の中でも、「利用付帯」「自動付帯」という言葉が何度か出てきましたね。これは付帯保険ではとても重要な用語ですので、ここでしっかり把握しておきましょう。

これから自動付帯と利用付帯について詳しくご説明します。

自動付帯の保険はカードを持っているだけで適用される

まず自動付帯からです。

これは簡単で、カードを保有している限り、旅行時には自動的に適用される保険のことです。従って、保険適用にクレジットカードの利用は全く関係ありません。

例えば引き出しの奥に死蔵しているクレジットカードでも、有効期限さえ切れていなければ自動付帯の保険は有効です。

自動付帯の保険

  • クレジットカードを持っているだけで保険が適用される

ご紹介した中では、JCBゴールドの国内旅行傷害保険が自動付帯になります。

利用付帯の保険はカード払いが条件

一方ちょっと難しいのが利用付帯です。利用付帯の保険を有効にするには、ただ持っているだけでなく、以下のいずれかの条件を満たさなくてはなりません。

利用付帯の保険

  • 旅行前または旅行中にカードで公共の交通機関を利用すること
  • 旅行会社が企画するツアー料金をカードで支払うこと

セディナカードクラシックとMUFGカード・ゴールドの国内旅行傷害保険は、こちらの利用付帯です。

条件付きの自動付帯という保険もある

なお付帯条件は、クレジットカードによってちょっと変わったパターンもあります。

それは「条件付き自動付帯」というもので、保険適用に2通りの条件があるのです。

例えば自動付帯では○○万円、利用付帯では△△万円といった風に、付帯条件によって補償金額が変わります。

数は多くはありませんが、付帯条件にはこういった変形型もあることを覚えておいてください。

利用付帯について知らないと保険が適用されないことも

自動付帯は何もしなくても保険が適用されるので簡単ですが、利用付帯も旅行代金をカードで支払えばいいだけなので、決して難しい条件ではありません。

でもこの条件についてよく理解していないと、せっかくの保険が適用されないこともあるので注意が必要です。

特にクレジットカードの国内旅行傷害保険は、多くの場合が利用付帯なので注意が必要です。

なお当サイトには付帯保険を詳しく解説した記事がありますので、こちらも併せてお読みくださいね。

教授にアドバイスを頂きたいのですが、国内旅行保険が必要な場合、クレジットカードはどこに注意して選べば良いでしょうか?
死亡後遺障害よりも、旅行中のケガや入院に対する補償が手厚いことをポイントに選んでください。また自動付帯・利用付帯という2通りの条件にも気をつけてくださいね。

国内旅行保険はどんな時に適用されるの?覚えておきたい重要項目

次に国内旅行保険の適用について、もう少し詳しくご説明したいと思います。

ここはしっかり理解しておくべき重要事項ですよ。なぜなら国内旅行傷害保険は、ちょっとした違いで保険が適用されないケースもあるからです。

付帯保険はカード払いすることで有効になる

これには先ほどご説明したばかりの「付帯条件」が大きく関わっています。

「自動付帯」の国内旅行傷害保険の場合は全く気にしなくてもいいのですが、「利用付帯」の保険については「いつからいつまでが適用期間なのか」がとても重要となってきます。

ここで先ほどのおさらいをしておきましょう。

利用付帯の保険適用に必要なのは、以下の条件でしたね。

  • ツアー料金をクレジットカードで支払う
  • 交通機関の料金をクレジットカードで支払う

こうすることによって、まず国内旅行保険が有効となります。そして次に事故が起こった際に、保険が適用されるという訳です。

その際、補償の対象となるアクシデントは以下の3通りです。

  • 公共交通乗用具搭乗中傷害事故
  • 宿泊火災
  • 募集型企画旅行参加中

次にそれぞれのケースを、具体的に見ていくことにしましょう。

自家用車を使った国内旅行は補償の適用外

利用付帯の保険は、カード利用をした時点で有効となります。つまり事故に遭う前にクレジットカードで代金を支払っている必要があるんですね。

ツアー料金やチケット代金は先払いなので心配ありませんが、交通機関の場合は後払いのことも多く、公共の交通機関についての見解も保険会社によって微妙に異なるようです。

例えばタクシーを利用していて事故に遭った場合、国内旅行保険の補償がおりるかどうかについて確実なことは言えません。

ただマイカーやレンタカー利用中の事故がNGなのは確実で、自分の車でふらっと一人旅中の怪我については、国内旅行傷害保険の対象外となります。

ホテル予約時にカード払いすれば保険適用される

ホテルや旅館など宿泊施設での事故においては、予約時やチェックインでクレジットカードにて宿泊料金を支払っていれば補償の対象となります。

ただし宿泊中であっても、以下のように保険適用対象外のケースもあります。

事故状況 対象・対象外
ホテルの厨房から火災が起きて負傷した ○ 対象
プロパンガスが爆発して負傷した ○ 対象
故意や重大な過失による怪我 × 対象外
地震や津波など自然災害での怪我 × 対象外
宿泊中に盲腸になった × 対象外

上記のとおり国内旅行中のトラブルだからといって、必ずしも保険金がおりるとは限りませんのでご注意ください。

本人の重大な過失が原因の場合は補償の対象外

特に本人の重大な過失による損害に対しては、保険の適用外となります。

また登山やトレッキングなど、特に危険とされるスポーツ中の事故も、クレジットカードの付帯保険ではカバーできません。

  • トレッキング中誤って足を滑らせた
  • 立ち入り禁止の場所に侵入して怪我をした
  • 寝たばこでボヤを出して火傷した

上記のようなケースはクレジットカード付帯保険の対象外です。寝たばこのボヤに至っては、反対に損害賠償で訴えられる可能性大ですよ。

利用付帯の保険は、何かと条件が厳しく適用が難しいことも多いと言われています。

条件は保険の引き受け会社にもよっても異なるのですが、旅先でハメを外したくなっても、危険なことは慎むべきですね。

宿泊ツアーをカード払いするのが一番確実!

旅行会社が企画した「宿泊を伴うツアー中」に起きた事故については、「最初の運送・宿泊機関から最後の運送・宿泊機関利用まで」が補償対象となります。

範囲が幅広く期間も長いので、国内旅行保険の適用に関していえば、ツアー旅行をカード決済するのが最も確実で間違いがありません。

ツアー中の事故でも対象外の場合がある

しかし例外もあります。例えば合流地点まで自分の車で行った際の事故は、ツアー参加前でしかも公共交通機関ではないので補償対象外です。

また「宿泊を伴う」ツアーが条件ですので、「日帰りツアー」は補償対象にはならないのでご注意ください。

なお国内旅行傷害保険は怪我に対する保険ですので、疾病は対象外です。持病のせいで怪我が悪化した場合も、保険金は病気の影響を差し引いた分が支払われます。

家族カードを発行すれば家族にも補償が適用される

最後に、家族一緒の国内旅行に役立つ情報を一つ付け加えておきましょう。

殆んどのクレジットカードでは、家族カードを発行出来ることをご存知ですよね。これは家族旅行には大変役立つものです。

家族カードは本会員の信用で発行されるため審査は不要ですし、安い年会費で同等のサービスが使えるからです。

従って今回ご説明した国内旅行保険の付帯サービスについても、基本的に本人カードと同じ補償を受けることが出来ます。

カード会員以外の国内旅行保険適用には家族特約が必要

ただし家族会員には18歳以上という条件がありますので、それ以下のお子さんだと家族カードは作れません。

小さなお子さんにも国内旅行で付帯保険を適用させるには「家族特約」が必要です。

家族特約

  • カード会員以外の旅行同行者にも付帯保険が適用される特典
  • 国内旅行傷害保険に適用されるカードは数が少ない
  • 高いステータスのクレジットカード特有のサービス

国内旅行保険に家族特約が付くカードは限られている

家族特約は一部のクレジットカードにのみ付帯する特別なサービスです。

カード会員以外の同行者にも旅行保険が適用されるというもので、国内旅行保険に家族特約がつくクレジットカードは数えるほどしかありません。

今回ご紹介したクレジットカードの国内旅行傷害保険にこの補償はありませんがMUFGカード・ゴールドプレステージ(年会費1万円)の国内旅行傷害保険は家族特約つきです。

小さなお子さん連れで国内旅行へ行く機会の多い方は、是非こういったカードもご検討くださいね。

利用付帯の国内旅行保険は、適応条件に気をつけましょう。でも利用付帯でも自動付帯でも、本人の過失が大きい場合は保険金がおりないこともあるので気をつけてください。

国内保険もクレジットカードの付帯保険で安心です!

クレジットカードの中には、海外旅行だけでなく国内旅行保険が付帯されているものがあります。カードによって補償内容や金額が異なりますので、事前によく検討してくださいね。

利用付帯の国内旅行傷害保険は、ツアー旅行中の事故だけでなく交通機関の事故にも対応しますが、いずれもそのクレジットカードで料金を支払っていることが条件です。

保険金を確実に受け取るためには、クレジットカード保険の付帯条件や詳細な条件まで、十分に確認しておくことが大切です。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断