格安で国内渡航便遅延保険まで付帯!
格安航空会社派にはMUFGゴールド

知っておきたい!クレジットカードの国内旅行保険の補償範囲!

知っておきたい!クレジットカードの国内旅行保険の補償範囲!

クレジットカードに付帯している傷害保険は海外旅行だけで無く、国内旅行にも適用されることをご存知ですか!?海外旅行では万一に備えて、一般の保険会社が発行する「海外旅行傷害保険」に加入する方も大勢いらっしゃいます。

ですが、国内旅行の場合にあえて傷害保険に加入する方は少ないでしょうね。国内旅行でもクレジットカードの付帯保険で、万一の補償を受けることが出来れば安心して旅行に出かけられます。

今回は、そんな便利なクレジットカードに付帯する「国内旅行保険」について詳しく解説しましょう!

クレジットカードに付帯する国内旅行保険は死亡とケガを補償!

クレジットカードに付帯する「国内旅行傷害保険」は、国内で旅行中のケガについて補償を行ってくれる保険なので、補償には死亡または後遺障害になった場合、入院した場合の入院費、通院する場合の通院費、手術代の補償が用意されています。

つまり、補償金額は別として一般の傷害保険と同様の補償内容になっているのです!

国内傷害保険が付帯するカードは、基本的に年会費が必要!

国内旅行傷害保険が付帯するクレジットカードは、基本的に年会費が必要なクレジットカードに付帯される保険サービスになっています。

クレジットカードに付帯する保険の名称は「国内旅行傷害保険」ですが、記事内では「国内旅行保険」に統一して呼ぶこととしますね!

年会費無料のクレジットカードにも国内旅行保険が付帯するカードは存在しますが、そのほとんどのカードが「死亡・後遺障害補償」のみで入院や通院に対する補償はされません!

年会費の高いクレジットカードになるほど、国内旅行保険の補償額は大きくなっていく傾向にありますね。

三井住友VISAクラシックカードA 「死亡・後遺障害」最大2,000万円のみ
JCB一般カード(ORIGINAL SERIES) 「死亡・後遺障害」最大1,000万円のみ
iB(iD×QUICPay) 「死亡・後遺障害」最大1,000万円のみ

上記のクレジットカードは年会費が無料のクレジットカードですが、国内旅行保険が付帯しているものの「死亡・後遺障害」の補償のみとなっています。

「死亡や後遺障害」については一般の生命保険に加入していると思いますので、出来れば入院や通院の補償が用意されている方が良いですね。

付帯保険が充実しているクレジットカードを比較

それでは国内旅行保険の内容が充実している「クレジットカード」と、その年会費をご紹介しましょう。

カード名 楽天プレミアムカード 三井住友VISAゴールド MUFGカード・ゴールド
年会費 10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 1,905円(税抜)
死亡・行為障害 最高5,000万 最高5,000万 最高2,000万
入院費日額 5,000円 5,000円 3,000円
通院費額 3,000円 2,000円 2,000円
手術費用 無し 20万円 3,000円×
(10~40倍)
付帯条件 自動付帯 条件付き自動付帯 利用付帯

上記の3つのカードを比較してみた結果、この中でおすすめなカードは「MUFGカード・ゴールド」ですね!年会費が初年度無料で次年度から1,905円と、他のカードが1万円となっているのに比べてとても安く済みます!

格安年会費で国内渡航便遅延保険まで付帯!MUFGカード・ゴールド

国内渡航便遅延保険は年会費1万円前後のゴールドカードでも付帯していないカードが多い保険内容です。

ところが、MUFGカード・ゴールドは年会費1,905円と格安にもかかわらず国内渡航便遅延保険が付帯します。

国内渡航便遅延保険とは、航空便に預けた手荷物の遅延や搭乗した航空便の遅延によって生じたホテル代や衣料費などが補償される保険の事です。

国土交通省が公表しているLCC(格安航空会社)の遅延率は以下の通りで、JALやANAに比べて高い傾向にあります。

【LCC(格安航空会社)の遅延率】

  • APJ(ピーチ航空)20.41%
  • VNL(バニラエア)17.39%
  • JJP(ジェットスタージャパン)27.14%

【JAL(日本航空)とANA(全日本空輸)の遅延率】

  • JAL(日本航空)8.66%
  • ANA(全日本空輸)9.64%

※平成28年1月~3月データ

MUFGカード・ゴールドはLCC(格安航空会社)をよく利用する方にもおすすめの安い年会費で持てるゴールドカードですよ!

三菱UFJニコス「MUFGカード」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード情報 内容
年会費 初年度無料、次年度以降1,905円(税別)※楽Pay利用で半額
申込資格 18歳以上
家族カード 1名無料、2人目より400円(税別)
ETCカード 発行手数料無料 年会費無料
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 自動付帯
国内旅行傷害保険 最高2,000万円 利用付帯
その他付帯保険 国内渡航便遅延保険
・乗継遅延費用保険金:2万円
・寄託手荷物紛失費用保険金:2万円
・寄託手荷物遅延費用保険金:1万円
・出航遅延費用等保険金:1万円

ショッピング保険

※楽Payとは毎月の支払金額を自身で設定し、設定した支払金額を超過した分がリボ払いとなるシステムの事

年会費無料で入院や通院に対する補償があるカードも!

イオンSuicaカード

年会費無料のクレジットカードは「死亡・後遺障害」の補償しかほとんどが無い中「イオンSuicaカード」は、年会費無料で入院や通院に対する補償がついています。

ただし、イオンSuicaカードできっぷや旅行料金を支払いしないと適用されませんので注意が必要です。

  • 年会費:無料
  • 死亡・後遺障害:最大1,000万円
  • 入院日額:3,000円
  • 通院日額:2,000円

良く知っておこう!付帯条件の利用付帯と自動付帯とは!?

先の比較表の最後の項目に付帯条件があり、各カードで「自動付帯・利用付帯・条件付き自動付帯」に分かれていますが、これらの条件の内容はしっかり把握しておく必要がありますよ!

利用付帯とは旅行に行く前、または旅行中にクレジットカードを利用して「タクシー・電車・飛行機・バス・船舶」の交通機関を利用するか、旅行会社が企画するツアー料金をカードで支払うことで条件を満たすことを言います!

  • 利用付帯は旅行前、旅行中に交通機関をカード利用すると保険適用される
  • 交通機関とは「タクシー・電車・飛行機・バス・船舶」を言う
  • 旅行会社が企画するツアー料金をカードで支払うことで保険が適用される
  • 交通機関の場合は利用した時点から保険が適用開始となるので要注意!

一方自動付帯は、クレジットカードを持っているだけで保険が適用されるので、利用付帯のようにカード利用を考えなくても良い便利な条件となっているのです!

「三井住友VISAゴールドカード」では「条件付き自動付帯」となっていますが、これは自動付帯で1,000万円の補償が適用され、利用付帯で4,000万円の補償が適用されると言った、2つの条件が存在する場合を言います。

条件の内容を比べて見ると自動付帯の方が、何も考えなくても保険が適用となるので便利ですが、利用付帯でも基本的に国内で利用する交通機関の料金をクレジットカードで支払っていれば適用となるので難しいことはありませんよ。

クレジットカードの付帯保険には、先に説明した利用付帯や自動付帯といった付帯条件があります!この条件は内容を把握していないと、せっかくの保険が適用されない悲惨な状況になるかも知れませんよ。

当サイトに付帯保険の種類やメリット・デメリットを紹介した記事がありますので、こちらでご確認頂くことをお薦めします!

教授にアドバイスを頂きたいのですが、クレジットカードの付帯保険で国内旅行保険の場合、どこに注意して選べば良いでしょうか?
記事内でも少し触れていますが、通常の生命保険に加入している場合は、死亡保障や後遺障害補償はあまり考えなくて良いでしょう。

それよりも、旅行中のケガや入院に対しての補償が手厚いことをポイントに選べば良いですよ!

死亡補償は、複数の保険から最も高額な補償1つのみ対象となることを、併せて覚えておいてください。

覚えておこう!国内旅行保険が適用される内容について!

それでは、国内旅行保険の補償が適用されるケースをご紹介しておきましょうね。旅行全般の中で適用されるのでは無く、ある条件の中でのみ適用されますので理解しておく必要がありますよ。

要注意!?交通機関を利用中の事故は補償対象となる!

「タクシー・バス・電車・飛行機・船舶」の交通機関を利用していた時に起きた事故で、死亡もしくはケガをした場合は補償の対象となるケースがあります!

上記のケースでは利用付帯のカードの場合で、利用付帯の条件はカード利用をした時点で保険が有効となりますから、事故に遭う前にクレジットカードで料金を支払っている必要があるからなのです。

  • 電車・飛行機・船舶は事前にカード利用している可能性がある
  • 事前にクレジットカードで切符を購入している場合、保険は適用される
  • タクシーや乗合バスは降車時に料金を精算するので適用外になる

例えば自宅から駅までタクシーを利用していた時に事故に遭ってしまうと、まだ清算していないでしょうから保険は適用されませんし、乗合バスは基本的にカード払いが出来ないですから保険の適用はされないのです。

予約時にカードで支払ったホテルで事故に遭った場合は対象!

ホテルや旅館など宿泊施設での事故は、予約時やチェックインでクレジットカードにて宿泊料金を支払っていれば補償の対象となります。

火災・破裂・爆発による障害事故が対象!

ただし上記の条件がありますので、宿泊施設内での事故全てが対象とはなってくれないのです。

事故状況 対象・対象外
ホテルの厨房から火災が起きて負傷した ○ 対象
プロパンガスが爆発して負傷した ○ 対象
旅館の階段から落ちて負傷した × 対象外
ホテルに入った強盗に負傷させられた × 対象外
宿泊中に盲腸になって入院した × 対象外

上記のとおり火災や爆発は対象となりますが、その他の原因で負傷した場合は「対象外」となりますのでご注意ください!

旅行会社の企画したツアー中の事故は対象です!

旅行会社が企画した「宿泊を伴うツアー中」に起きた事故にて負傷した場合は、補償の対象となります!

ツアー中の場合は爆発や破裂などの事故原因は条件になっていませんから、ツアー中の事故全般が補償の対象となりますね。

唯一「宿泊を伴うツアー」であることが条件となっていて「日帰りツアー」では補償対象となりませんので、この条件は注意が必要ですね!

  • 旅行会社の企画旅行中に起きた事故は保険の対象となる!
  • ツアー中の事故全般が対象となるので安心
  • 旅行前にツアー料金をカードで支払っておく必要がある!
  • 宿泊を伴うツアーのみ対象で日帰りバス旅行などは対象外!
利用付帯で補償を受けるにはツアーでの補償が、条件的に一番有利な条件になっていますが、国内旅行保険はあくまでも「傷害保険」なのでケガに対しての補償を行う保険ですから、「疾病」などケガ以外については補償対象外となりますからね!

家族カードを発行すれば家族にも補償が適用される!?

クレジットカードは、家族カードを発行することが出来るようになっていて、ご本人の信用によって発行されるカードなので、家族の方に対しての審査は不要ですし、年会費が必要なクレジットカードでも家族カードは、年会費が半額になったり割引されたりする特典がついています。
ですから家族の方が単独でクレジットカードの会員になるよりも、とてもお得に入会することが出来ますので、是非この機会にご検討してみてくださいね!

今回ご紹介している国内旅行保険の付帯サービスも、ご本人カードと同じサービスを受けることが出来ますが、発行出来る家族は18歳以上で無いと発行は出来ませんのでご承知おきくださいね。

  • 家族カードを持っていれば、本人カード補償内容と同じ補償が適用される
  • カードの年会費も本人カードより安く設定されているのでお得
  • 家族が18歳以上に限って発行されるので年齢には注意が必要

先ほど紹介した「イオンSuicaカード」では、年会費無料で家族カードを発行してくれますので、家族で入会していれば安心して旅行を楽しむことが出来ますよ!

国内旅行保険が付帯していても、保険が適用される状況は限られてきます。

宿泊のツアー旅行ではほとんどの状況で保険適用となりますが、個人の旅行では火災・破裂・爆発による障害事故が対象なので要注意ですよ!

注意しよう!本人の過失によるケガは補償されない!?

旅行中のケガを補償してくれる頼もしい保険ですが、本人の過失によるケガは対象外となりますので旅行中は出来るだけ気を付けて行動しましょう!

付帯保険で安心出来ると言っても、ケガ一つ無く無事に帰宅することが一番ですものね。参考までに本人の過失とは、どんなケースの事故を言うのか確認しておきましょう。

不注意で起きた事故は、全て「本人の過失」となります!

油断していた、足を滑らせた、立ち入り禁止の場所に入ってしまった、など一般に「それは、不注意でしょう!」と言われるケースですね。

  • ツアープラン以外で、レンタカーを借りて事故を起こした
  • トレッキング中に、誤って足を滑らせてケガをした
  • 立ち入り禁止の池の鯉を見ていて、池に落ちた
  • 宿泊施設で、寝たばこでボヤを出して火傷した
不注意には沢山のケースがありますが、上記のようなケースは「本人の過失」となってしまいますよ。特に最後の「寝たばこでボヤを出し火傷した」ケースは、宿泊施設から損害賠償請求をされてしまうかも知れませんので絶対に起こしたくない事故ですね。

また、最初の「ツアープラン以外で、レンタカーを借りて事故をした」ケースのように、ツアー以外の事故では乗り物に乗っていた時と、宿泊施設で「爆発・破裂・火災」が原因でケガをした時のみ補償されますので、フリーでの旅行時は適用条件がかなり狭まります。

  • 本人の不注意で起きた事故については補償されない!
  • 保険が適用されないばかりか、損償責任を求められるケースもある!
  • ツアー以外の事故は、適用ケースが狭いので特に要注意!
国内旅行保険に限ったことではありませんが、本人の過失が認められた場合は、カード付帯保険の補償は適用されません!

不注意も過失の中に含まれますので、旅行中は危険な場所に立ち入るなどしてはダメなのです。

国内旅行もツアー商品を利用すれば、旅行全般が補償される!?

クレジットカードに付帯される国内旅行保険について、良くお判り頂けたと思います。フリープランでの旅行では保険適用の範囲がかなり狭まって来ますが、最近良く起きているJR事故などでケガをした場合には、フリープランでも補償は対象となりますから安心出来ますね。

国内でもツアー企画に申込んでの旅行であれば、ツアー内でのほとんどのケガは補償されるので覚えておきましょう!出来ればケガが無いことが一番ですから、気を付けて楽しい旅行にしましょうね!

メニューを閉じる