エポスカード

年会費無料で旅行保険が充実!
キャッシュレスで安心エポスカード!

付帯していればお得!?クレジットカードの海外旅行保険!

付帯していればお得!?クレジットカードの海外旅行保険!

海外旅行は今や一般的なレジャー先となってきて、安いツアーやパックに入れば誰でも気軽に行けますが、思いがけず旅行先で突然に病気になったり、事故に遭ってケガをしてしまったらどう対処して良いのか判りませんよね。

クレジットカードを持って行けばカードに付帯している海外旅行保険で、万一の補償を受けることが出来ますし「日本語でのトラブルサービス」もありますから、初めての海外旅行でも安心して旅行を楽しめます!

今回は、海外旅行で利用出来る、クレジットカードの海外旅行保険について詳しくご紹介しましょう!

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の詳細を解説!

クレジットカードに付帯する海外旅行保険とは、その名の通り海外の旅行先での思いがけないトラブルや、ケガによる医療費を補償するものです!

言葉の通じない外国でトラブルに遭遇してしまった場合、どうしていいか判らなくなることは容易に想像することが出来ますよね。

言葉が通じない海外旅行先で困ること、トップ3!

  • 1:バックを盗られてしまって警察へ届けたいのに行くことが出来ない!
  • 2:ケガをして病院に行きたのにどうすれば良いか判らない!
  • 3:現地の病院に払う治療費の支払い方法が判らない!

上記の3つが、海外旅行先で困ってしまうトップ3のケースで、共通して言えることは「言葉が通じない」と言うことになりますね!

言葉が通じなければ、突然の病気や事故でのケガを診てくれる病院に行くには、どうしたら良いか確かに判りませんよね。

また、病院で治療してもらったり運悪く入院してしまったら、その支払いはどうなるのか気が気ではありませんが、このような突然のトラブルもクレジットカードを持っていれば心配は不要になって来るのです!
  • 日本語オペレーターサービスで、トラブルの相談に乗ってくれる
  • 治療費は付帯する海外旅行保険の補償があるので心配は無い

要確認!海外旅行保険の自動付帯と利用付帯の付帯条件!?

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は、正式には「海外旅行傷害保険」と呼ばれていますが、ここでは判りやすく「海外旅行保険」と呼ぶことにしますね。

先ず、知っておきたい情報としてカード付帯保険には自動付帯と利用付帯の2種類の付帯条件が存在していることです。

海外旅行には便利な付帯保険ですが利用付帯になっているカードだと、条件内容を把握していないとせっかくの保険が、適用されていないケースも出て来るので要注意ですよ。

  • 自動付帯:クレジットカードを持っているだけで保険が適用される
  • 利用付帯:旅行前、旅行中に交通機関でカード利用すると適用される
二つの付帯条件を簡単に説明すると上記のとおりで、利用付帯の交通機関とは「電車・バス・タクシー・船舶」のことを意味していて、これらの交通費をクレジットカードで支払うか、旅行会社のツアー料金をカードで支払うと保険が適用されるようになっています。
海外旅行保険を適用させる自動付帯と利用付帯の条件については、もう少し詳しくご説明したいところですが、実は当サイトにとても詳しい記事があるのです!

クレジットカードの便利な付帯保険!付帯条件に要注意!?この記事には海外旅行保険だけでなく、カードに付帯する全ての保険の付帯条件を詳しく解説してありますので、是非記事をご覧頂いて条件を把握してくださいね!

海外旅行で最も困るのは言葉が通じないことですね。特にケガや病気になった時には病院の場所や症状を伝えないといけないので、なおさら困ってしまいますね。

そんな時はクレジットカード会社に相談しましょう!カード付帯保険の利用方法や必要書類の確認も必要なので、一緒に相談すると良いですよ!

海外旅行保険を選ぶポイント!?死亡補償では選ばない!

付帯する海外旅行保険の補償額でクレジットカードを選ぶ場合は、死亡・後遺障害の補償金額を優先してカードを選んではダメですよ!

死亡・後遺障害補償が1億円であっても、疾病障害補償が付いて無ければあまりお薦めとは言えないのです。

海外旅行では、病気やケガで必要な治療費が重要!

最悪の事態を考えれば、外旅行で死亡するケースも0%でありませんが、確率的にはかなり低い状況にあると言えますし、万一、死亡事故に遭遇した場合でも恐らく一般の生命保険には加入していると思いますので、特にカード付帯保険で死亡補償を多く必要としなくても良いと思うのです。

それよりも重要なのは、旅行先で病院にかかって治療した時の治療費の補償額で、これまでの海外旅行中に病気になった経験のある方の情報を集めてみると、盲腸で緊急搬送されて、手術、入院した場合、200万円以上の治療費を請求されたようですよ!
  • 海外で盲腸の手術をして入院したら200万円請求された!
  • 歯痛の治療や、動物に噛まれて治療すると10万円以上請求される
  • 日本では健康保険を利用し数千円の治療費が10倍にもなる!

このように海外で治療を施した場合は、日本では考えられない治療費が必要となると言うことなので、保険で治療費をカバー出来ないととんでもない出費となってしまいます。

ですから、カード付帯の海外両行保険は死亡・後遺障害の補償額で選ぶのでは無く「疾病治療費用」や「傷害治療費用」などの、治療費をカバーしてくれる補償額で選ぶことが必要となる訳です

確認しよう!クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償内容

では、クレジットカードに付帯している海外旅行保険には、どのような補償があるのかをご説明しましょう。

補償種類 補償内容
1:死亡・後遺障害 旅行中の事故による死亡、後遺障害が残った場合に補償
2:疾病治療費用 旅行中に病気になった場合の治療費を補償
3:傷害治療費用 旅行中のケガによる治療費を補償
4:損害賠償責任 相手にケガを負わせたり死亡させた場合の賠償責任を補償
5:携行品損害 デジカメなどの携行品の盗難を補償
6:救援者費用 旅行先に家族などの旅費や捜索費を補償
現在では、クレジットカードに海外旅行保険が付帯していれば、基本的に上記の補償内容が用意されていますが、カードの種類によっては用意される内容が異なる場合や、海外旅行保険自体が付帯していない場合もありますので良く確認しておくことが必要ですよ!

先ほどから説明しているポイントとなる補償は「1:死亡・後遺障害」以外の補償のことなので、カードを選ぶ際の参考にしてください。

年会費無料で旅行保険が充実!エポスカード!

ここで年会費永年無料で、海外旅行保険の補償が充実しているおすすめのクレジットカードを紹介しておきましょう。

先にご説明した通り、海外旅行保険は病気やケガで必要な治療費の補償額が大変重要です。

エポスカードは年会費無料にも関わらず、疾病治療費用が270万、傷害治療費用が200万と、他の一般カードより補償額が充実しています。

キャッシュレス診療にも対応していますので、現地で高額な医療費を立て替える必要もなく安心です。

エポスカードはエンターテイメントサービスも充実していて、カラオケの大手有名店ビックエコーやシダックスの室料が30%OFFになる優待や、テーマパークを優待価格で楽しめるなど、7000店舗の優待サービスも魅力です。

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
エポスカードは年会費無料で即日発行に対応していますから、保険強化の為にも是非持っておきたいカードですね。
クレジットカード付帯保険で、死亡補償より治療費補償を優先する理由を教授に再確認したいのですがよろしいでしょうか?

海外旅行時には死亡する確率が少なく、ケガや病気の確率が高いので、このような判断をするとの理解で良いのでしょうか!?

そうですね。それも理由の一つなので間違いではありませんよ。

この後で詳しく解説しますが、治療費補償は加入している全ての保険で補償されますから、とても助かる補償であることも理由になりますので覚えておいてください!

死亡・後遺障害の補償以外は、カード枚数分補償額が合計出来る!

年会費無料のスタンダードなクレジットカードと年会費が必要なゴールドカードでは、海外旅行保険の補償額に差が出てきます。

これは年会費を払っているか、そうで無いかの違いなので仕方の無いことですね。

年会費無料でゴールドカードと同じ補償を望むのは、無理なことはお判り頂けると思います。

補償額が少ない場合は、カード枚数でカバー出来る!

では、補償額を多くするにはゴールドカードのように、年会費が必要なクレジットカードを持つしか無いのでしょうか!?

ゴールドカードは付帯保険だけで無く、他の付帯サービスも年会費無料のクレジットカードより質の高いサービスを受けることが出来ますので、ゴールドカードを持つことは決して悪いことではありません。

ですが、やはりコストを考えると年間1万円ほどの会費は少し高いと感じますよね。

そこで、年会費無料のクレジットカードでも2枚持っていれば付帯保険の補償額は2枚の合計金額が支払われるので、補償額だけで言えば複数のクレジットカードを持っておけばゴールドカード1枚より補償額が高くなるのです!

  • ゴールドカードの疾病治療費:400万円
  • 年会費無料Aカードの疾病治療費:200万円
  • 年会費無料Bカードの疾病治療費:200万円

このように、年会費無料A・Bのカードを持っていれば、A+Bで合計400万円の「疾病治療費」となりますから、ゴールドカードの補償金額と同額にすることが出来るのですよ!

付帯保険の補償金額を合算する為の注意点!

年会費無料のクレジットカードでも複数枚持っていれば、そのカード枚数分の補償額を合算することが出来ますが、その為には全てのクレジットカードの保険が適用される状況になっている必要がありますよね。

年会費無料のクレジットカードの多くは利用付帯が条件となっていますから、先の付帯条件のとおり全てのクレジットカードを利用して、保険が適用されるようにしておかなければいけません!
  • Aカードでツアー料金を支払う:Aカードの付帯保険が有効になる
  • Bカードで電車の切符を購入:Bカードの付帯保険が有効になる
  • Cカードでタクシー料金を支払う:Cカードの付帯保険が有効になる

上記のような利用方法を行って付帯条件をクリアしておく必要があるので、利用方法を良く考えないといけないので少し面倒ですが、条件さえクリアしていれば保険は適用されるので、それくらいの苦労をしても十分だと思います。

因みに死亡・後遺障害の補償額は複数のクレジットカードを持っていても、いずれか1つの最も高い補償額が限度となって合算することは出来ません!

  • Aカードの補償額:5,000万円
  • Bカードの補償額:2,000万円

この場合の死亡・後遺障害の補償額は、A+Bの7,000万円では無く最も高額であるAカードの5,000万円が上限となるのです。

また、死亡・後遺障害補償でなくても同じカード会社の付帯保険は、補償額を合計することは出来ませんので発行しているカード会社も注意しておいてくださいね。

治療費の立替が不要!キャッシュレス診療OKのカードを選ぼう!

付帯保険で補償されていても、海外の病院では治療費を一旦立て替える必要がありますから、先に説明したようなケースで、何百万円もの高額な金額をその場で立替えることは事実上不可能ですよね。

キャッシュレス診療はカード会社と病院とが事前に契約してあるので、その場で治療費を立て替える必要が無く病院はカード会社に直接請求を行ってくれます。

ですからキャッシュレス診療がOKのクレジットカードだと、万一の治療費も全く心配すること無く旅行を楽しむことが出来ますよ!

先のコメントで触れたように、治療費の補償は加入している保険全てから支払われますので安心できる補償なのですね。

更にキャッシュレス診療が付帯してれば、現地での治療費の立替も不要なので助かりますよ!

ただし、年会費無料の付帯サービスにはなかなか対応していないので、付帯サービス内容を良く確認しておくことが必要です。

小さなトラブルでも遠慮なく海外サポートサービスへ連絡!

冒頭に説明したとおり、海外旅行中に何かトラブルが起きた時に、一番に困るのは言葉の壁ですよね。

病気になってもケガをしても、ツアーコンダクターが同行してくれていればまだ安心出来ますが、そうで無い時に起きたトラブルはとても困りますし不安ですね。

クレジットカード会社に問い合わせて、連絡先を確認

ゴールドカード以上であれば、海外でのサポートデスクが必ず利用出来ますのでとても安心出来るのですが、年会費無料のクレジットカードの場合はサポートデスク自体が無い場合もあり、トラブルの際の連絡先が判らない場合があります。

ですが、緊急の場合クレジットカード会社は、必ず対応してくれますので安心して大丈夫ですよ! カードの紛失や盗難であれば盗難デスクに連絡すれば良いですし、判らない場合はとりあえず緊急連絡先に電話すると良いですよ!

  • 海外でのトラブル時にはカード会社に連絡して相談しよう
  • 年会費無料のクレジットカードでも相談には乗ってくれる
  • JCBカード会員は、現地にJCBプラザラウンジがあれば安心出来る!
  • クレジットカードの緊急連絡先は必ず控えて持って行こう!

先に説明したキャッシュレス診療の利用方法が判らない場合も、遠慮なくクレジットカード会社に問い合わせをしましょう!

  • 海外旅行保険の有効期限は90日間あるので、帰国してからでも請求可能!
  • 現地で必要な書類を取得していないと補償されない
  • 不備の無いように現地からカード会社に連絡することが大切!
  • クレジットカードの利用控えは必ず保管しておくこと!

上記のとおりクレジットカードの利用控えは、カード会社への証明書類として良く必要になるケースがありますから、捨てたり無くしたりしないできちんと保管しておくことが重要ですよ!

ゴールドカードではサポートデスクがあるので、トラブル時には安心ですし、JCBカード会員の場合はJCBプラザラウンジでトラブルのサポートをしてもらえます。

それ以外のカードの場合でも、カードトラブルは緊急連絡先に電話すれば相談にのってくれるので、悩んでいないで直ぐに連絡することが大切ですよ!

付帯条件を把握して上手にクレジットカードを利用しよう!

クレジットカードの付帯保険である海外旅行保険を利用すれば、一般の海外旅行保険に加入しなくても済むかも知れません。希望する補償額は人それぞれですから、ご自分が希望する補償額であるか確認をして、不足していると思えば一般の保険にも加入をご検討くださいね。

クレジットカードの付帯保険の条件は良く確認しておいて、利用付帯の場合は保険が適用となるようにしておくことが重要になることをお忘れなく!

海外旅行に行くならクレジットカードに付帯する、海外旅行保険を上手に利用すれば安心して旅行に出かけることが出来ますからね!

メニューを閉じる