ライフカード

審査が不安な方におすすめ!
ポイントもお得に稼げるライフカード

徹底解説!クレジットカードのポイント還元率とは一体何か?

徹底解説!クレジットカードのポイント還元率とは一体何か?

クレジットカードを利用すれば利用金額に応じてポイントが付与される、ポイントサービスがほとんどのカードに付帯されています。

発行するクレジットカード会社が属する分類によって、ポイントの還元率が異なっているのをご存知ですか!?一般的に流通系クレジットカードはポイント還元率が高く、銀行系クレジットカードはポイント還元率が低い傾向にあるのです。

付与されるポイントは集めれば馬鹿には出来ない金額になってくるので、せっかくクレジットカードを利用するのならぜひ把握しておきたいことですね。

今回はクレジットカードのポイント還元率について、詳しく解説しましょう!

付与される「ポイント」!お得なポイント交換方法!?

クレジットカードを利用して付与されるポイントは、どのように利用するのがお得なのでしょう!?ポイント目的でクレジットカードを利用している方は使い道がはっきりしていますが、何となくカードを利用している方ではどんな利用法がお得なのか判りませんよね。

先ずは、ポイントのお得な利用方法について解説しましょう!

ポイントは現金に交換出来ないのが原則です!

ポイントを利用出来ることとして、何よりもお得なのは「現金」への交換が出来ることでしょう!?ですが、ポイントは「現金」への交換は出来ないのが原則ですから、それ以外に利用する方法を把握しておきましょう。

先ず、考え方として現金ではありませんが、現金で購入する商品と交換出来るので、現金と交換していると考えて良いと言えます!

その上で、自分が欲しい品物と交換出来れば、一番お得だと思いませんか!?また、普段から購入している品物と交換出来ればとてもお得ですよね!

カード会社で異なる!?ポイントで交換できる品物を確認しよう!

では、いつも利用するクレジットカードのポイントで、交換出来る品物を確認しておくことが大切になってきます。例えば、「楽天カード」では、貯まったポイントを「楽天市場」で使うことが出来るので、現金と同じように利用することが出来ますよ。

例えポイントが少しだったとしても商品の送料などの付帯する料金にも利用することが出来るので、意外にお得感を味わうことが出来ますね。

  • カード会社で異なるポイント交換出来る商品を確認しておこう!
  • 楽天カードのポイントは楽天市場で現金の代わりとして利用が可能!
  • 600ポイントあれば、送料600円をポイントで支払うことが出来る!

その他自社での販売商品が無い「銀行系クレジットカード」の場合は、マイレージに移行出来たり、カタログ商品と交換できるサービスが用意されているのです。

銀行系カード!三井住友VISAカードのポイント交換について!

それでは銀行系クレジットカードの中で、最も知名度の高い三井住友VISAカードのポイント交換をご紹介しておきましょう。

  • ANA・クリスフライヤー・クラブミッレミリアのマイレージと交換
  • ドコモ・ジョーシンなど19社のポイントに交換が可能
  • キャッシュバックでカード利用代金に充当出来る
  • 商品カタログで日用雑貨や旬な食材と交換出来る

上記のように、様々なものにポイントを交換することが出来ます。それぞれ対象商品によって交換できるポイント数が異なりますので、ポイント数はWEBサイトからご確認くださいね。

ポイント獲得の注意点!?カードの使い過ぎには要注意!

様々な品物に交換できるポイントはクレジットカードを利用するだけで貯まっていくので、無料で品物を獲得出来るのが魅力ですよね!

ですが、先に紹介したポイント交換の品物もそれ相応のポイントが必要であり、その為のポイントを貯めるにはクレジットカードを多く利用する必要があります。

ポイントを貯めて欲しい商品をゲットしたいが為に、必要以上の買い物をしてしまうことがありますので、それだけは避けてください!

必要なカード利用をして「自然と貯まったポイントで、お得に欲しい品物と交換する」これがポイントの正しい使い方ですから、無理なカード利用でポイントを貯めることは控えましょうね。

ポイントで貯めた品物がカード利用した金額以下で、十分購入出来ていたかも知れませんよ!

クレジットカードのポイントサービスは、ポイント還元率の高い方がお得なのは言うまでもありません。

ですが、ポイントを沢山貯めることに囚われてしまうと、知らない内にカードを使い過ぎてしまいますから要注意ですよ!

カード種類で差が出る!クレジットカードのポイント還元率!?

次にクレジットカードを利用した際の、ポイント還元率を解説しておきましょう。ポイント還元率とは、利用した金額に対してのポイントが獲得出来る割合のことで「流通系クレジットカード」が最も高い還元率となっています。

流通系クレジットカード代表!楽天カードの還元率は高い

それでは流通系クレジットカードの代表と言って良い「楽天カード」の還元率をご説明しましょう。楽天カードは、利用方法で還元率が異なってきます。

  • 通常ポイント:100円 2ポイント 還元率2%
  • 感謝デーで利用 100円 3ポイント 還元率3%

その他「ポイント10倍優待キャンペーン」を利用すると、ゴールド・プラチナカードの方は100円で10ポイントとなり、還元率は10%にもなります。

また、ポイントサービスの加盟店で楽天カードを利用すると、最大で還元率が3%になるショップもあるなど利用方法で還元率が異なってくるのです!

  • ポイントを多く貯めるには、キャンペーン情報など細かくチェック!
  • 還元率の高いサイトを経由して商品を購入する
  • 還元率が高くなる時にまとめ買いをする
  • ポイント獲得の利用方法を計画すれば、多くのポイントをゲット出来る!

上記のように、ポイントを安く多く貯めるにはこまめに情報を整理して、最もお得にポイントを獲得出来る利用法を計画する必要がありますね。

基本的に楽天カードの場合は1ポイント:1円の計算になりますので、100ポイント貯まって100円の品物と交換出来るのです。

「銀行系クレジットカード」のポイントは1,000円で付与!

銀行系クレジットカードのポイント還元率は、他のカードに比べて悪いとされていて、その理由は、銀行系クレジットカードは1,000円利用して初めてポイントが付与され、しかも1,000円で1ポイントなのでポイントが貯まり難いとされています。

例えば楽天カードで500円の買い物をすれば、その時点で10ポイント獲得出来ますが銀行系カードの場合「0ポイント」です。ところが銀行系カードの場合のポイント付与されるタイミングは、引き落し日であって毎回の購入時では無いのです。

  • Aショップで500円利用
  • Bショップで3,500円利用
  • Cショップで1,000円利用

この場合、引き落しされる合計金額は、5,000円ですから1,000円で1ポイント貯まるので合計5ポイント貯まりますね。「なんだ、5ポイントだけか!?」そう思いますよね。

ですが銀行系カードの1ポイントは、楽天カードの5ポイントに相当するので楽天ポイントに換算すれば25ポイントとなるのですね。それでも還元率で言えば、0.5%ですから楽天カードの2%に比べると低いのは確かです。

独自サービス!?銀行系クレジットカードのポイントプログラム

先に説明したとおり流通系クレジットカードに比べると、銀行系カードのポイント還元率は高くありません。その代わり独自の「ポイントプログラム」が用意されているのです。

  • 入会後3ヶ月はポイント5倍
  • デビュープラスは、ポイントがずっと2倍

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

このように「三井住友VISA デビュープラスカード」だと、お得になるポイントプログラムが用意されていて顧客獲得のポイント戦略となっています。

そして、携帯料金の支払い電気代や水道代の生活費の支払いを、カード払いに集約することでポイントが貯まりやすいとPRしていますね。

ポイント還元率は流通系カードの方が高いことは判りましたが、普通のカードとゴールドカードやプラチナカードでは、還元率にも差があるのでしょうか?

ポイントを貯めるならゴールドカードの方がお得だと思うのですが・・

もちろん年会費無料のカードよりも、ゴールドカードやプラチナカードの方がポイント還元率は高くなっています。

ですが、ポイントを貯めるだけに年会費10,000円以上を支払うことが、お得になるのか良く考える必要はありますよ!

ポイント還元率の計算は、単純に「ポイント÷金額」で算出!

ポイント還元率の計算は至ってシンプルで単純に「ポイント数÷金額×100」で計算することが出来ます!

楽天カードのポイント還元率を計算して見よう!

それでは、先に説明した楽天カードの還元率を計算してみましょう。通常、100円で2ポイント獲得出来ますので「2ポイント÷100円×100=2」となりますから、還元率は「2%」と言うことになります。

100円で3ポイント獲得出来る場合は「還元率3%」、100円で10ポイントの場合は「還元率10%」となる訳ですね。

  • 100円で2ポイントの場合、還元率は2%
  • 100円で3ポイントの場合、還元率は3%
  • 100円で10ポイントの場合、還元率は10%

銀行系クレジットカードの還元率計算は少し面倒!?

先にも説明したとおり「銀行系」と「流通系」では、ポイントが付与される金額が異なってきます。

  • 計算式:1ポイント÷1,000×100=0.1 還元率:0.1%
  • 1ポイントは5円計算なので、0.1%×5円となり還元率は0.5%

単純な計算をすれば上記の上段のように還元率は0.1%となるのですが、1ポイントあたりを現金換算すると1ポイント5円相当となるので「還元率は0.5%」が正しくなって来るのです!

つまり還元率は一般的に「現金1円を1ポイントで計算する」ので、単純にカード会社で付与されるポイント数だけでは共通した還元率にはならないことを知っておいてくださいね。
ポイント還元率の計算は、銀行系カード以外は意外と簡単に出来ますね。

銀行系カードはポイント計算が少し複雑なので、直ぐに暗算出来ない場合もありますから、落ち着いて計算するようにしましょう!

高還元率のクレジットカードを選ぶコツ!?還元率2%を目安!

クレジットカードを利用してポイントを沢山貯めたいのであれば、高還元率のカードを選びたいと思いますよね。楽天カードのように楽天市場内での利用では「100円2ポイント」となりますが、楽天市場以外では「100円1ポイント」になってしまいます。

使うショップ、タイミングで獲得出来るポイントが異なってきますから、一様に「このカードがお得!」とは言えないのが悩ましいところですね。

いつも利用するショップで還元率2%なら「高還元」と判断!

楽天カード以外でもご自分が利用するショップで、100円で2ポイント獲得出来るのであれば「高還元のカード」と判断しても良いと思いますよ!

また、入会時にポイントをプレゼントしてくれるカードや、特定日に利用すると5倍になるなど、ポイント特典があるカードはお薦め出来るカードですね。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 還元率の内容
Yahoo!JAPANカード Yahooショッピングをするなら、還元率最大3%
楽天カード 楽天市場利用で2%還元
ゴールドカード以上なら5%還元もあり
OricoCard THE POINT Amazonn利用で還元率2%になる
ライフカード 誕生月は還元率が2.5%になる

上記は年会費無料で、ポイント還元率が2%以上になるクレジットカードです。それぞれ利用する条件があって、最後の「ライフカード」は誕生月のみ還元率が2.5%にアップする仕組みになっています。

ライフカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ライフカードは年会費無料なので1枚用意しておいて「誕生月はライフカードのみを集中利用」で、大きくポイントを貯める方もいるほどです。

ライフカード以外は主なネットショッピングモールで利用すると、還元率が高くなるカードを紹介してみましたので参考にしてくださいね。

ご自分のクレジットカードが高還元率のカードであるかどうかは、還元率が2%あれば高還元率のカードであると思って良いですよ!

ただ、いくら高還元率のカードでも、貯めるポイントをしっかり押さえて利用しないと、多くポイントを貯めることは出来ませんので計画性が必要なのです。

ポイントだけでなく「カードの総合力」を見抜くことが重要!

クレジットカードは現金を持っていなくても、欲しい時に欲しい物を買うことの出来る素敵なアイテムで、本来のクレジットカードの役割としては品物が後払いで買えることにありますが、現在はカードの付帯サービスも充実してきました!

その中の1つが「ポイントサービス」なのですが、カード選びはポイントだけではありません!

カード利用するライフスタイルに合ったサービスを選ぶ!

楽天カードは楽天市場内でポイントが2%の高還元率になる良いカードですが「ネットショップはAmazonが一番!」と言う、Amazonファンの方には不向きなカードとなってきます。

また、ネットショッピングはほとんどしない方にとっても、あまりお得なカードにはなりませんね。

つまり、お得なカードと言うのは「自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶ」ことなのです!

そうすれば、ポイントが低還元率でもそのショップばかり利用していれば、それなりにポイントは貯まってきますし、何より割引サービスを受けることが出来れば、相当数のポイントを稼いだのと同じことになりますからね。

  • 「国内・海外旅行傷害保険」が付帯している
  • ショッピング保険で購入した商品を補償している
  • オンライン不正利用保険でネット被害が補償されている
  • 特定日に20%割引などのイベントがある
  • 全国チェーンのショップで割引が適用される
以上のようなサービスがどこまで付帯しているかを良く確認しないと、ご自分にとってショッピング保険などは、ポイント以上に必要な補償なのかも知れませんからね!

年会費無料と年会費有料の兼ね合いも検討しましょう!

例えポイント還元率が常時2%だったとしても、年会費が10,000円必要なカードの場合は、本当に必要なカードなのか良く考えましょう!

利用方法が年会費無料のクレジットカードの範囲で済むなら、あえて年会費の高い「ゴールドカード」に入会する必要もありません。

ご自分がクレジットカードを利用する目的を良く考えて、年会費とサービス内容を検討しないとダメですからね。

  • 年会費無料のカード付帯サービスで足りるのか確認する
  • ゴールドカードなどステイタス性が必要なのか考える
  • カードの付帯サービスはライフスタイルに合わせて選ぼう!

ゴールドカードの場合年会費は必要ですが、その分付帯サービスはランクが違う上質なサービスを受けることが出来るのは確かですが、そのサービスを利用しないのであれば、全く無駄な支出になってしまいますから検討は必要だと思います。

ゴールドカードは年会費が必要なクレジットカードですが、その付帯サービスは年会費無料のカードよりも優れていますし、カードの色も文字通りゴールドなので「カッコいいので使いたい」と希望する方は多くいらっしゃいますね。

そこで、ゴールドカードだけど年会費が1万円以下のカードがあるのをご存知ですか?中には初年度年会費無料で、次年度からも2,000円以下で持つことの出来るゴールドカードもあるのです!

そんなゴールドカードばかり特集した記事が当サイト内にありますので、ゴールドカードに興味のある方は是非読んでみてくださいね!

クレジットカードでポイントを多く貯めるコツの一つをご紹介しておきましょう!

高還元率でなくとも家族カードを発行してもらい、家族でカード利用をすれば、ポイントは本人カードに集中して貯まるので、多く貯めることが出来ますよ。

ポイント還元率よりカードの使いやすさを優先しよう!

クレジットカードを利用する際には、確かにポイントが高還元であることは魅力の1つですね。還元率が1%より、2%がいいし、3%だともっと良いです。

ですが、クレジットカードの付帯サービスはポイントだけではありませんから、ご自分に合ったサービスが付帯していて、日常生活で利用しやすいカードが自分に最適なカードとなります。

クレジットカードを選ぶ場合はポイント還元率だけで無く、ご自分が使いやすいクレジットカードであることを優先して選びましょう!

メニューを閉じる