JALパックツアー利用で5%割引!
マイルが貯まりやすいJALカード!

オーストラリアに行くならクレジットカードは必須!その理由は?

オーストラリアに行くならクレジットカードは必須!その理由は?

お買い物やポイント獲得に、便利なアイテムと言えばクレジットカードですね。最近では海外旅行でも大活躍!海外旅行で現地滞在中に現金を利用する方は、かなり少なくなっているのでは無いでしょうか!?

そんな海外旅行でオーストラリアに行くのであれば、クレジットカードを持って行けば滞在中に困ることは全く無いと言って良いでしょう。

日本で考えている以上に、オーストラリアはクレジットカードの利用が進んでいる国なので、オーストラリア旅行にはクレジットカードは必須アイテムとなってきます。

理由は、オーストラリアではクレジットカードが無いと旅行がとても不便なものとなり、楽しさが半減してしまいますから、オーストラリア旅行にクレジットカードは必要なのです。

今回は、オーストラリアに旅行や留学を考えている方にクレジットカードの利用方法について、お得な情報をお伝えしましょう。

オーストラリアではクレジットカードは必須アイテム

日本国内ではクレジットカードが普及してきたと言っても、まだまだ現金主義の方は多くいらっしゃいますよね。

しかも「クレジットカードは、借金するのと同じなので、持たない方が良い!」と、考えている方もいらっしゃるのは現実なのです。

ですが、海外旅行や留学、出張でオーストラリアに滞在する場合は、クレジットカードがないと滞在中不便さを多く感じてしまう結果となってしまいます。

オーストラリアではクレジットカードは、重要な存在

日本では特にクレジットカードを持っていなくても、日常生活には困ったことは無いでしょう!ネットショッピングもインターネットすらしない方には、日本で生活する上ではクレジットカードは不要かもしれませんね。

ですが、オーストラリアではクレジットカードが無いと、滞在中にとても不便を強いられることになってしまい「クレジットカードがあれば良かったのに・・」と後悔することになってしまうでしょう!

例えば、オーストラリアでレンタカーを借りるにはクレジットカードが無いと、借りることすら出来ませんしホテルではデポジット(保障金)を取られることになります。

  • オーストラリアで滞在するにはクレジットカードが必須となる
  • クレジットカードが無いと、とても不便
  • クレジットカードが無いとレンタカーを借りることが出来ない
  • クレジットカードが無いとホテルでは高額なデポジットが必要
  • アメリカと同様にクレジットカードが身分証明となる

オーストラリアではアメリカと同様に、日本で「免許証や保険証」が身分証明証であるようにクレジットカードが身分証明証となっているのですよ。

日本ではクレジットカードを持っていなくてもその人のステータス性は問われませんが、オーストラリアではクレジットカードを持っていないと、ステータス性を疑われる国であることを知っておきましょう。

特に外国人観光客にはクレジットカードの所持の有無が、重要になってくるのですよ。

オーストラリアではクレジットカードは、必ず必要な旅行アイテムとなってきます。その理由はオーストラリアは日本より進んだカード社会だからなのです。

オーストラリアに入国するには旅行でも留学でもビザが必要

オーストラリアに入国するには、何かしらのビザを申請する必要があります。

現在では、多くの海外の国で観光目的での旅行にはビザは不要になってきていますが、オーストラリアに入国する際には何らかのビザを申請する必要があります。

申請はインターネットでできる

旅行目的でオーストラリアに入国する際は、観光ビザ(ETAS・e600)を申請して取得する必要があり、留学の場合は学生ビザを申請する必要があるのです。

インターネットでビザを申請する場合、発行料の支払いにはクレジットカードが利用できます。クレジットカードで支払った場合、オーストラリアドルで決済される為、為替レート手数料が発生します。

為替レートの変動によって料金は変動し、追加で発生する手数料はブランドによって異なります。

  • VISAカード: 0.98%
  • MasterCard: 0.98%
  • アメリカン・エキスプレス・カード:1.4%
  • JCB:1.4%
  • ChinaUnion(銀聯):1.90%
  • ダイナースクラブ:1.99%

ビザの費用は申請書を受け取った日によって異なり、申請書を提出した日から受け取った日までに価格が上昇した場合、新たに申請料金を支払わなければならないケースも発生します。

個人で観光ビザ(ETAS・e600)を申請する際の、ご参考にして頂ければと思います。

因みに、旅行会社のツアーでオーストラリアに行く場合は、旅行会社が手続きを全て行ってくれますのでビザを申請する手続きは不要で、申請料もツアー料金に入っている場合がほとんどですからご安心ください。

オーストラリアに入国するにはビザが必要で、旅行の場合は観光ビザ(ETAS・e600)が必要です。インターネットで申請することが出来ますが分かりにくい場合は、代行センターに依頼する方法もありますよ。

オーストラリアで利用出来る国際ブランドは意外に多い

オーストラリアではクレジットカードは当たり前に利用することが出来ますが、どの国際ブランドでも同じように利用することは出来ませんので注意が必要ですね。

ここでは、オーストラリアで便利に利用することの出来る、クレジットカードの国際ブランドをご紹介しておきましょう。

VISA&MasterCardが最も利用出来る国際ブランドカード

オーストラリアで最も利用することの出来る国際ブランドは、やはり世界シェアNo.1、No.2のVISAとMasterCardですね。

世界シェアが高いと言うことは、それだけ世界中で利用することが出来るからなので、オーストラリアでも最も利用することが出来るのは当然と言える結果でしょう。

  • オーストラリアではVISAブランドのクレジットカードが最も利用出来る
  • その次に利用出来る国際ブランドカードはMasterCard
  • オーストラリアには、VISAとMasterCardブランドのカードを持って行こう

オーストラリアに持って行くクレジットカードはVISAカードとMasterCardの最低2枚のカードは必要ですよ。

持っていれば便利!?最近はJCBカードも意外に利用出来る

日本ではシェアNo.1を誇るJCBカードですが、世界シェアはNo.5と低い位置にあるので、海外では中々JCBカードを便利に利用することが出来ないのが現状ですが、JCBカードのオーストラリア情報を調査した結果、意外に利用出来ることが判りました。

  • オーストラリアでのJCB加盟店は、20万件以上
  • ニュージーランドでのJCB加盟店は、25,000件以上

上記の情報は「たびらば」と言う、JCBのオフィシャルサイトに記載されている情報で「セブンイレブン・マクドナルド・スターバックス」など、日本でもお馴染みのショップでJCBカードを利用することが出来るほか、免税店・百貨店でも利用することは可能となっています。

「JCB」のロゴマークが無くてもJCBカードを利用することが出来るそうなので、ショップで確認すれば意外にどこでも利用することが出来そうですよ。

スマホで「JCB優待情報」が確認出来る無料アプリ

JCB情報が確認出来るスマホアプリ画像

「JCB たびらばサイト」で、オーストラリアでのJCB情報が確認出来るスマホアプリが、無料ダウンロード出来ます。

  • JCB優待店検索して優待が受けられる
  • エリアマップで判るJCB利用店
  • JCBのサービスを簡単にチェック出来る
  • チップ計算が簡単に出来る
  • メモしておきたい画像をコメント付きで保存

このようなサービスが用意されていますのでスマホを持っているのであれば、ぜひダウンロードして持って行くことをおすすめします。

特に、オーストラリアでJCBカードを利用出来るショップが、エリアマップに表示されるのでカード利用出来るのかが一目で判りますし、GPS機能をONすれば、現在位置も取得出来るのでショップ検索だけでなく、ホテルまでの道順などを検索する地図アプリとしても利用出来るのが嬉しいですね。

「JCB たびらば アプリ」で検索するとトップにヒットしますから、興味のある方はサイトを覘いてみてください。

オーストラリアにおすすめのクレジットカード!

オーストラリアに持って行くクレジットカードは、VISA・MasterCard・JCBの3ブランドの組み合わせがおすすめです。

  • VISAカード:小さなショップまでほとんど利用可能
  • MasterCard:VISA同様にほとんど利用可能
  • JCBカード:上記2枚ほどで無いが、アプリもあって意外に便利

VISA・MasterCardは言うまでもありませんが、先に説明したとおりJCBカードも現在では、意外に多く利用することが出来るようになって来ています。

特に、今回は「たびらば」から無料でダウンロードできる「JCBスマホアプリ」が、オーストラリアで便利なアイテムになりそうなのでおすすめのブランドとしました。

  • アメリカン・エキスプレスはホテルや大きなショップでは利用が可能
  • ダイナースクラブカードも同様にホテルなどでは利用が可能
  • 上記2つの国際ブランドカードの上乗せ手数料は高額なのでお得ではない

その他の上記のとおり、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブカードは、ホテルや大きなショップでは利用することが可能となっていますが、ショップが上乗せするカード手数料が高めの設定となっているのでオーストラリアではあまりおすすめではありませんね。

ここで言うカード手数料とは、オーストラリア独特の上乗せ手数料のことですが、この手数料については後ほど詳しくご説明しますので、しばらくお待ちください。

先にオーストラリアにおすすめのクレジットカードをご紹介しておきましょう。

海外旅行に特化したサービス&高還元!Orico Card THE WORLD

Orico Card THE WORLD(オリコカード・ザ・ワールド)は、プラチナ級のサービスながら、リーズナブルな年会費で持てるゴールドカードです。

還元率も高く、海外利用分は2%、国内でも1%を誇ります。海外旅行保険の補償内容も充実していて、中でも航空便遅延保険はプラチナカードである三井住友プラチナ(年会費5万)やSuMi TRUST CLUB プラチナ(年会費3万5千円)よりも補償額が充実しているほどです。

その他、手荷物無料配送サービスや国内主要ラウンジ無料サービス、海外旅行の割引優待など、旅行に特化したサービスが満載ですから、旅行や海外出張が多い方に一押しのクレジットカードですね。

Orico Card THE WORLDの魅力の一つに、「マイル移行手数料」が無料で、貯まったポイントをマイルに交換できる事もあげられます。

カードによっては数千円以上かかるマイル移行手数料費用が無料なのは、嬉しい特典ですね。

オリコカード・ザ・ワールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 Orico Card THE WORLD
(オリコカード ザ ワールド)
年会費 初年度無料
次年度以降9,800円(税込)
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 最高300万円
サービス内容 ・基本還元率1%
・海外利用2%
・手荷物無料宅配サービス
・空港ラウンジ利用無料
・電子マネーiDQUICPayダブル搭載
・オリコパッケージツアー最大8%OFF

海外利用5%キャッシュバック!オーストラリア留学にはライフ学生カード

海外留学にはクレジットカードが絶対に必須です。海外で現金をたくさん持ち歩くのは危険ですし、留学中の病気や事故による怪我といったトラブルも、クレジットカードがあれば安心です。

学生専用ライフカードが最強な理由は、海外利用分が5%キャッシュバックされる上に、年会費が無料にも関わらず以下のように海外旅行保険が充実しているからです。

  • 死亡・後遺障害 最高2,000万円
  • 治療費用 最高200万円
  • 救援者費用 最高200万円
  • 賠償責任 最高2,000万円
  • 携行品損害 最高20万円
    (免責:3000円)

保険期間は最大3ヶ月間(90日)です。留学期間がこれ以上長い場合は、旅行保険が利用付帯になるクレジットカードと2枚持ちして補償期間を更に90日延長する方法もありますよ。

学生用ライフカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 ライフ学生カード
年会費 無料
海外旅行保険 最高2,000万円
サービス内容 ・誕生月ポイント3倍(還元率1.5%)
・海外利用5%キャッシュバック
・海外アシスタンスサービス

複数枚のクレジットカードで海外旅行保険の補償期間を延長できる

ライフ学生カードの旅行保険は自動付帯ですから、カードを持っているだけで保険が適用されます。

最初の90日間はライフ学生カードの旅行保険を適用させ、補償が切れる寸前で旅行保険が利用付帯のカードで公共機関の運賃を決済すれば、そこからまた90日間補償が延長され、最大で180日まで補償期間を延ばす事ができます。

旅行保険が利用付帯のクレジットカードの中でも、おすすめなのはJCBエクステージですね。

JCBエクステージなら※入会5年間年会費無料で利用頂けますし、海外旅行保険で一番利用する可能性が高い治療費用が100万円まで補償されます。更に留学期間が長い場合は一般の掛け捨て保険も活用してくださいね。

※入会5年後に年会費1,250円(税別)のJCB一般カードに切り替わる

JALマイルを貯めている方ならJALカードJCB

飛行機に乗る機会が年に1度以上ある方なら、マイルが貯まるクレジットカードもおすすめですね。JALを利用する方なら、カード利用で直接JALマイルが貯まるJALカードJCBがおすすめです。

入会搭乗ボーナスとして毎年初めての搭乗時に1,000マイル貰えますし、通常のフライトマイルに加えて搭乗ごとにフライトマイルの10%分のマイルが貰えます。

また有効期限が迫ったJALマイルは「e JALポイント」への交換して活用する方法もあります。

「e JALポイント」は航空券やツアー代の支払いに充当できますし、1ポイント1円として1ポイント単位で使えるので無駄なく使え切れますよ。

JALカードJCB

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 JAL普通カード
年会費 2,000円(税抜)
入会ボーナスマイル 入会後初めての搭乗時に1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイルの10%
継続ボーナスマイル 毎年初回搭乗時に1,000マイル
JAL・JTAの機内販売での割引 10%割引

ANAマイルを貯めている方ならANA VISA Suicaカード

ANA VISA SuicaカードはSuica一体型で、オートチャージや定期券の購入でポイントが貯まります。

貯まったポイントは自由にマイルに移行できますので、JRで通勤しているANAマイラーの方には特におすすめの1枚ですね。

またANAカードはフライト利用がなくても更新時にボーナスマイル1,000マイルが加算されるので、飛行機に乗る機会が少ない方でもマイルが貯まりやすいところも魅力です。

勿論、搭乗時は通常のフライトマイルに加えて、区間ごとのボーナスマイル(10%)も貰えますよ。

ANA VISA Suicaカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名 ANA VISA Suicaカード
年会費 2,000円(税抜)
WEB明細サービス利用で1,500円(税抜)
入会ボーナスマイル 1,000マイル
毎年の継続ボーナスマイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイルの10%
サービス内容 国内ANAホテルズで宿泊費5%割引
空港内免税店で10%割引
海外旅行保険自動付帯

現地通貨の調達はクレジットカードのキャッシングが便利!?

オーストラリアでクレジットカードを便利に利用する方法に、ATMで現地通貨を調達出来ることが挙げられます。

  • クレジットカードのキャッシング機能を利用して現地通貨を調達出来る
  • 通常は日本円をオーストラリア$に両替する際に手数料が必要
  • キャッシングは手数料が不要に加え日本円を持っていなくても大丈夫

海外旅行時に現地通貨を調達するには、空港やホテルで日本円を現地通貨に両替しますが、この時には手数料を取られてしまいますし、現地通貨がもし余ってしまうと日本円に再度両替をする必要がありますので、2重で手数料が必要となってしまうのですね。

ところがクレジットカードを利用してキャッシングすれば、両替の手数料なしで現地通貨を調達することが出来るのでとても便利な方法なのです。ただし、次の注意点がありますので、良く理解しておいてくださいね。

  • 利用するATMによって、ATM利用手数料が必要になる
  • VISAカードなら「PLUS」マークのカードで無いとダメ
  • MasterCard・JCBなら「Cirrus」マークのカードで無いとダメ
  • あくまでもキャッシングなので、利息が発生する

クレジットカードで海外キャッシングを行うには上記のとおり「VISA:PLUS」「MasterCard・JCB:Cirrus」のマークがクレジットカードに付いてないと、キャッシングをすることが出来ませんので要注意なのです。

今一度、お手持ちのクレジットカードを確認しておいてくださいね。もし、マークが無いようであればカード会社に連絡をすれば、カードを交換してくれますので慌てなくても大丈夫ですよ。

また、キャッシングはあくまでも「借入」なので、帰国して直ぐに「繰り上げ返済」することをお薦めします。そのまま放置しておけば、利息が発生して「最終的には、お得にならない」ことになってしまいますからね。

海外ATMの現金のおとし方については下記記事で詳しくご説明してますので、是非あわせてご覧くださいね。

オーストラリアで不自由なく利用出来る国際ブランドは、VISAとMasterCardですが、JCBやアメックス・ダイナースクラブも、観光地やホテル、大型ショップでは利用出来ます。ですが、やはりVISAとMasterCardは外すことの出来ない国際ブランドになってきますね!

知っておこう!オーストラリアの特殊なクレジットカード事情!

先に「オーストラリアで利用出来るクレジットカード紹介」のところで、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブは上乗せ手数料が高いのでお得で無いことを説明しましたが、その理由をここで解説しておきましょう。

オーストラリアでのクレジットカード利用には、日本とは異なる特殊な事情が存在しますのでこの特殊事情は是非覚えておいてください!

クレジットカードのシステムではカード会社が加盟店に対して、手数料(サーチャージ)を加算して請求をするようになっています。

日本では加盟店が負担するこの手数料(サーチャージ)を、利用者の利用代金に加算することは禁止されているのですが、オーストラリアでは法律によって手数料(サーチャージ)の加算が認められているのです。

商品代金より高い金額が請求されることもあります

2013年1月より施行された法律によってオーストラリアでは加盟店手数料を、利用者に加算しても良いことになっています。ですから、購入した商品よりも高い金額を請求されることがあっても間違いでは無いのです。

  • 2013年1月より加盟店手数料を利用者に加算しても良い法律が施行
  • これによりショップは商品代金に手数料を上乗せして請求出来る
  • 請求される金額が値札よりも高くても間違いではないので要注意
  • ショッピングモールやスーパーでは利用料金の1%~2%の上乗せ
  • レストランやホテルでは利用料金の3%~5%の上乗せ

加盟店手数料はショップによって異なってきますので、一律に○%上乗せしている計算が出来ないのが難点ですが、概ね上記のようなパーセンテージで上乗せされるようです。

仮に、スーパーで40オーストラリアドルの商品を購入した場合、41オーストラリアドルをカードで支払うことになりますね。因みに、オーストラリアでの消費税は日本より高く10%となっていますが、日用必需品には消費税はかかりません。

ミネラルウォーター、ジュース、缶ビール、ハンバーガーなどは本体価格のみで、ブランドバッグやお土産用のパッケージ製品には10%の消費税がかかっていますが、料金の表示は消費税が含まれた金額で表示されていますので混乱することはないでしょう。

  • オーストラリアでは消費税が10%必要だが日曜必需品にはかからない
  • 料金の表示は税込みなので表示通り計算すれば大丈夫

カード決済時に必要な「Saving or Credit」

オーストラリアではクレジットカードを利用した際に、決済の方法を聞かれます。日本や他の国では聞かれることは無いので、オーストラリア独特と言っていいでしょうね。

「saving or credit」の2種類のどちらの方法で決済をするか尋ねられますので、日本から持って行ったクレジットカードで決済をする場合は「credit」を選択します!「saving」を選択してしまうと、エラーになってしまいますからご注意くださいね。

  • Credit(CR):クレジットカードでの決済で、後払い
  • saving(SEV):デビットカードの決済で、銀行口座から即時引き落とし
  • cheque(CHQ):小切手など利用する場合で、銀行口座から即時引き落とし

「saving」の場合「cheque」と聞かれるケースもあるようですが、日本のクレジットカードを利用する場合は全て「credit」を選んでおけば間違いはありません。

「saving・cheque」はオーストラリアの銀行に口座が無いと、利用出来ない決済方法なので「クレジットカード」を利用する時は関係ありませんので覚えておきましょうね。

オーストラリアでのチップは、クレジットカードで払う!?

もともと、オーストラリアではチップが必要な国ではありませんでした。

ところが、シドニーオリンピック以降オーストラリアでもチップが必要になってきたのですが、そうは言ってもアメリカのように「チップが必須」ではありませんから、あくまでも「感謝の気持ちがあればチップを渡す」程度でOKです。

レストランなどでは支払い伝票にチップ欄が設けてあり、ここに金額を記入すればクレジットカードでチップを支払うことも出来ます。

ですが、ほとんどの場合はサービスが良ければチップを支払い、普通であれば支払わないスタンスが通常のようですね。

  • オーストラリアでもチップが必要になって来ている
  • アメリカのようにチップが必須では無い
  • レストランではクレジットカードでチップを支払うことが可能
  • サービスが良ければチップを支払い、悪ければチップは支払わないスタンスでOK
  • レストランでは食事代が95ドルの場合、100ドルでお釣りをチップにすれば良い
  • 良いサービスを受けて満足した時は利用料金の10%をチップで渡すと喜ばれる

このようにレストランの場合、食事代が95ドルであれば100ドルで清算するなど丁度良い金額で支払うと良いですし、とても満足したサービスを受けた場合は、10%程度のチップを渡すと喜ばれますね。

オーストラリアではチップは感謝の印なので、自己判断で渡すようにすればいいでしょう。

2013年1月に施行されたオーストラリアの法律ですが、これは加盟店が支払うべき加盟店手数料を利用者に負担させて良いと言う内容で良かったのですよね。今後、日本でも同様の法律が出来てしまう危惧は無いのでしょうか?

オーストラリアの法律の内容は、把握しているとおりで間違いありません。今後日本で同様の法律が施行される可能性についてですが、絶対とは言えませんが恐らく心配はいらないでしょう!今のところ日本クレジットカード協会でも、そのような情報は公開されていませんので大丈夫でしょう。

オーストラリアではクレジットカードが無いと不便!

オーストラリアではクレジットカード無いと、滞在中とても不便を感じるでしょう。

スーパーなどでも、ミネラルウォーター、缶ビール1本からクレジットカードで購入することが出来るので、ほとんど現金を利用することはありません。

と、言ってもチップなどは現金が必要なのでクレジットカードのキャッシングで、必要なだけATMで現金を調達すれば良いのです。

結局、オーストラリアで滞在するにはクレジットカード無いと、とても不便であることは間違いないでしょうから、VISA・MasterCard・JCBブランドのクレジットカードを最低3枚持って行けば、不便すること無くオーストラリア旅行を楽しむことが出来ますよ!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断