海外キャッシング可で年会費無料!
最短即日発行可能ACマスターカード

スペインでクレジットカードを使用する前に知っておくべきこと

スペインでクレジットカードを使用する前に知っておくべきこと

年間6,500万人!これは、スペインへ訪れる外国人観光客の数字です。現在、日本が目指している訪日外国人2,000万人の3倍強ですから、スペインがいかに観光大国であるか判りますよね。

これだけの外国人観光客を受け入れている国ですからクレジットカードは、当たり前のように利用することが出来ますが、スペインで便利に利用出来る国際ブランドはどのブランドなのでしょうか!?

「クレジットカード」が利用出来ない、現金が必要な場所は!?現地通貨であるユーロを現地で調達する、便利な方法とは!?などクレジットカード利用に対して様々な疑問が出てきますよね。

今回は情熱の国スペインを、満喫する為のクレジットカード事情を詳しく解説しましょう!

スペインでクレジットカードが必須な、3つの理由!

スペイン旅行ではクレジットカードは、必須アイテムとなっています!現金主義の多い日本人の場合「現金さえあれば、クレジットカードなんて必要ない!」と、考えている方は少なく無いと思います。

ですが、スペイン旅行ではクレジットカードは絶対に持って行くことをお薦めします。なぜクレジットカードが必須なのか!?その理由を、これから詳しくご説明しますね。

1:犯罪への防止対策!現金よりもクレジットカードが安全!

先ず1つ目の理由としてスペインは犯罪のとても多い国なので、スリや置き引き、ひったくり犯罪への、防止策としてクレジットカードが有効なのです!

日本の治安とスペインの治安を比較すると、スペインはとても治安の悪い国となってしまいます。

スペインの国民自体は明るい性格で、親日派なので犯罪を犯す国民性では無いのですが、近年不法移民による犯罪が増加していて、外務省からも防犯意識を高めるように呼びかけている程なのです!

クレジットカードを持って行かず現金だけで滞在すると、現金を出す機会が増えてそれだけ犯罪へのリスクが高まってしまいます。

  • スペインは日本のように治安は良くない国だった!
  • 現金を盗まれると補償はないが、クレジットカードだと補償される
  • スペインでクレジットカードを利用することは犯罪への対処法となる!

このように、現金を盗まれてしまうと補償はされませんからどうすることも出来ず、泣き寝入りするしかありませんがクレジットカードの場合、盗難に遭えばカード会社に連絡することで、カード利用はストップすることが出来ますし、万一既に利用されていたとしても紛失・盗難補償で実質の被害額はありません。

このような理由でクレジットカードはスペインで、万一犯罪に遭った場合に実質被害を無くす最良の手段となるのです!

2:ホテルではクレジットカードが身分証!パスポートよりも重要!

次にスペインではクレジットカードは、パスポート以上の身分証明証になるのです!アメリカに旅行する際は、ホテルでクレジットカードが身分証明となることは良く知られている事実ですよね。

スペインでも同様で、もしかするとアメリカ以上にクレジットカードを重視する国なのかも知れません。

  • ホテルチケットで宿泊予約していても、クレジットカードを提示
  • ツアーでの申込みでも、クレジットカードを提示
  • クレジットカードが無ければ、デポジットは確実に必要

上記のように予約をしていても、ツアーでの宿泊であっても、宿泊者にクレジットカードの提示を求めてきます。

その理由は、クレジットカードがあれば支払い能力はあると判断されてOKですが、もしクレジットカードが無ければ、宿泊費の1.5倍~2倍のデポジット(保証金)が必要となり、デポジット出来ない場合は宿泊を拒否されます。

現金に余裕があったとしてもホテルのフロントで、宿泊手続きに時間がかかってしまうことは間違いない状況になりますから、クレジットカードはぜひ持っておきたいですね。

3:ATMが便利!?現地通貨のユーロをクレジットカードで調達!

クレジットカードだけで滞在中を過ごすことは難しいですから、多少でも現金は必要になってきます。通常、現地通貨のユーロを調達するには日本円を両替する必要がありますから、日本円を持って行かなくてはなりませんよね。

現地通貨に両替しなくても日本円を持ち歩けば、それだけ盗難へのリスクは高くなってきますが、クレジットカードのキャッシングを利用すれば、スペインのATMで現金を引き出すことが出来るのです。

  • クレジットカードを利用してATMで現地通貨をキャッシング出来る!
  • 日本円を持ち歩き両替するよりも便利で安全な調達方法!

必要な金額だけ引き出して持ち歩くようにすれば、安全に便利に過ごすことが出来ますので、クレジットカードがあれば商品を購入するだけで無く、現金を調達するにもとても便利なアイテムとなってくれるのです!

スペインではクレジットカードが必要になります。記事内で説明したとおり、その理由は大きく3つで説明することが出来ます!

特に最初の理由である、防犯上の目的でクレジットカードを利用することは、とても重要なことなので良く理解しておいて欲しい内容ですね。

スペインでクレジットカードは、どこで利用出来る!?

スペインでは日本以上にクレジットカードを、利用出来る場所やショップは多くあります。ここではスペインでクレジットカードを利用することの出来る、具体的な場所やショップをご紹介しておきましょう。

スペインではほとんどの場所でクレジットカードは利用可能!

スペインではほとんどの場所やショップで、クレジットカードを利用することが出来るので、ツアー観光で立ち寄るほとんどの場所で、クレジットカードは問題無く利用することが出来るでしょう!

  • ホテル・レストラン
  • 地下鉄・バス
  • スーパーマーケット・ショッピングセンター

上記の場所で利用することが出来れば、滞在中に困ることは無いでしょうからね!

クレジットカードが利用できない場所は現金を用意!

当然ですがクレジットカードを利用できない場所では、現金が必要となりますので最低限の現金を用意しておきましょう。

  • 劇場・サクラダファミリア
  • 美術館・タクシー
  • ショップでの少額支払い

上記の場所ではクレジットカードを、利用することが出来ないのでご注意くださいね!

特にショップによっては5ユーロまでの少額な支払いはクレジットカードで無く、現金での支払いを求められる場合もありますので、若干の現金は常時用意していた方が便利です。

使い方によりますが、1週間程度であれば150ユーロ(約2万円)あれば十分でしょうから、ATMで75ユーロ(約1万円)を目安に引き出しを行って不足してくればその都度ATMで引き出しすれば、最終的にユーロが沢山余ってしまうことはありませんよ。

  • スペインではほとんどの観光地でクレジットカード利用が可能!
  • 5ユーロまでの少額決済は、ショップによって現金支払いを要求されるかも知れない
  • 1週間程度であれば現金は、150ユーロ程を目安に用意しよう!
スペインでクレジットカードを利用する場合に気を付けておきたいことは、劇場や美術館ではクレジットカードが利用出来ないと言うことです!

チケットを購入する為に並んだのに、現金が無くて再度並び直すことになるかも知れませんから、十分に気をつけて欲しいですね。

現地通貨の調達法!?クレジットカードのキャッシング!

先に説明しましたがスペインでクレジットカードを利用する理由の一つでもある、現地通貨をキャッシングで調達する方法が便利で安全です。

ただしクレジットカードが海外キャッシングに対応している必要がありますので、その点はご注意ください。

海外キャッシングに対応したクレジットカード!

海外キャッシングに対応したクレジットカードを確認するには、クレジットカードの裏面に次のマークがあれば大丈夫ですよ!

  • VISAカード:カード裏面に「PLUS」のマーク
  • MasterCard:カード裏面に「Cirrus」のマーク
  • JCBカード:カード裏面に「Cirrus」のマーク

VISAカード

MasterCard

JCBカード

万一、上記のマークが見当たらない場合は、カード会社に問い合わせれば対応したカードに変更してくれますので、遠慮しないでカード会社に問い合わせしましょうね。

ところで、スペインでは日本と同じようにATMは多く設置されていますが、そのほとんどが壁に埋め込まれているタイプなので、日本のように空間を確保して安全に気を配った施設にはなっていませんので、キャッシングの際は友人など複数で引き出しすることをお薦めします。

日本人一人でATMを利用するには慣れていないと時間もかかりますし、犯罪者の的になる可能性も高くなってきますので、防犯上においても一人でのATM利用は避けた方が良いですね!

海外キャッシング可能で最短即日発行可能ACマスターカード

ACマスターカードは、最短30分と審査時間がとても短く、即日発行に対応しているカードですので、その日のうちにカードを受け取れます。

年会費も永年無料ですし、急に海外に出かける事になった際でも、即日発行に対応している点において、おすすめのクレジットカードといえますね。

海外キャッシングは「Cirrus」のマークのATMで利用できますよ。

ACマスターカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

高くはないけれど、ATM利用手数料は必要な場合もある

ユーロへの両替手数料が不要なキャッシングですが、ATM手数料は必要な場合があります。

と言っても、日本での手数料と同じで1回あたり1ユーロか2ユーロ(日本円で136円~270円)ですから両替手数料よりも安く済みますね。

手数料が無料のATMもありますから、近くに設置してある場合は利用するとより便利ですね。ただし、わざわざ2ユーロの手数料を省く為に探し回るのは、せっかくの旅行で無駄な時間を使ってしまうので避けた方がいいと思います。

  • 両替手数料より安価だが、ATMを利用する手数料が必要な場合もある!
  • 手数料が無料のATMも存在するが、探すのは時間がもったいない
  • ATM手数料の目安は1ユーロ~2ユーロ(日本円で136円~270円)
  • 上手にATMを利用することが旅行を楽しむ時間を増やすコツ!
海外キャッシングで良くある失敗談は、持っていたクレジットカードがATM対応していなかったケースが最も多いですね。

国内のキャッシングは記事で説明しているマークが無くても可能ですが、海外ではカードが未対応となってしまいますので、旅行前には確認しておく必要がありますよ!

スペインで活躍する「国際ブランド」は!?VISAがNo1!

スペインで最も利用することの出来る国際ブランドは、やはり世界シェアNo.1のVISAですね!VISAと同じように利用出来るのがMasterCardなので、スペインにはこの2大ブランドのクレジットカードを持って行きましょう。

VISAとMasterCardの組みあわせで2枚以上!

スペインで不自由なくクレジットカードを利用するなら、VISAとMasterCardブランドのクレジットカードを持って行きましょう!

どちらか1枚では無く2つのブランド各1枚ずつ、合計2枚以上のカードを持って行きます。

  • 通信不良などの読み取りトラブルの対処
  • 万一、盗難に遭った場合の対処
  • 利用限度額の金額をアップさせる

上記のトラブルに対応する為にも、2つのブランドのカードが必要となりますから、最低2枚、出来れば4枚のクレジットカードを持って行きたいところですが、4枚以上は逆に盗難のリスクを高めてしまうので、ベストな枚数は4枚になりますね。

ツアー料金をクレジットカードで支払っていた場合などでは、そのカードの利用限度額が少なくなっているのは確実です。

現地で利用したら直ぐに限度額オーバーで使えなくなったケースも多くありますので、複数のカードで利用する限度額を増やすことが出来ますから、安心して利用することが出来るのですよ。

JCBホルダーに朗報!バルセロナではJCBカードも利用出来る!?

スペインで利用するクレジットカードとしてJCBカードは不向きとされていますが、バルセロナでは意外にJCBカードも利用することが出来るので、JCBカードホルダーの方には朗報ですね!

日本国内では、シェアNo.1のクレジットカードですから、既に所持している方も大勢いらっしゃるでしょうから、先に説明した4枚のクレジットカードの中にサブのカードとして、JCBカードを含めると良いですよ。

滞在先がバルセロナのみであればJCBカードもメインカードで利用することは可能ですが、そうでない場合はVISAカード&MasterCardをメインカードで利用しましょう。

場所によって利用するカードを変更出来るのも、複数のブランドカードを持っているからこそなのです。

近年アジア圏ではJCBカードの加盟店が増えてとても便利になりましたが、スペインでもJCBカードの加盟店が多く増えました。

ただ、バルセロナに集中しているので、地方の都市ではVISAカードやMasterCardを利用出来るようにしておくことが必要ですよ!

JCBの「たびらば」サイトで確認すると優待特典などお得情報をチェックすることが出来ますからね。

スペインでクレジットカードを利用する場合の、3つの注意点!

スペインでクレジットカードを利用する際の注意点を3つ解説しますけれど、「そんなことは無いだろう」と、無策にカードを利用していると困ってしまうことになりますから、備えはきちんと行っておきましょうね。

注意点1:クレジットカードは分散して持つ!

クレジットカードは最低2枚、出来れば4枚持って行くのがベストですが、それぞれのクレジットカードは別々に保管しておきます。

日本では財布に全てのカードを入れて持ち歩いていても大丈夫ですが、犯罪の多いスペインでは絶対にダメな保管方法になりますので、現金を入れている財布とも別々に保管して、全てのカードを分散して持ち歩きましょう。

万一、1枚盗まれても他のカードで対応出来ますが、一度に全てのカードを盗まれてしまってはせっかくのスペイン旅行が台無しですからね。

  • 日本のように財布に全てのクレジットカードを入れて持ち歩くのは厳禁!
  • 全てのクレジットカードを別々に保管して持ち歩く!
  • 保管場所は、ボタンやファスナーの付いているポケットでないとダメ!
  • とにかくパスポートと同様に大切に扱うことが重要!

注意点2:ICクレジットカードにして持って行こう!

日本ではまだ、磁気ストライプタイプのクレジットカードでも問題無く利用出来ていますが、スペインでは犯罪防止の観点から決済時には「PIN」の入力が必須となっています。

「PIN」とは暗証番号のことで、決済時に利用伝票へのサインでは無く暗証番号を入力することになるので、その為「ICクレジットカード」を持って行くことが必要となってくるのです!

磁気ストライプタイプでも暗証番号入力で対応することが出来ますが、絶対ではありませんから「ICクレジットカード」にしておく必要がありますよ。

  • スペインにはICクレジットカードを持って行く必要がある
  • ICカードはカード表面に金色の四角いマークがあるカード
  • 磁気ストライプのカードであれば、カード会社に頼んでICカードに変更してもらおう
  • ICクレジットカードは暗証番号が必要になるので、暗証番号を忘れてはダメ!
  • スキミングなどのカード犯罪に対して強いセキュリティを持つので安心!

上記の通りICクレジットカードはセキュリティが高いので、スキミング犯罪防止に役立つカードなので必ず「ICタイプ」にして持って行く必要がありますよ!

ただし、暗証番号を忘れると「ICクレジットカード」になっていても、カード自体利用出来ない状態になってしまいますから暗証番号は忘れないように!

注意点3:カード利用控えの利用金額は必ず確認!

クレジットカードを利用してカード利用伝票をもらいますが、その時に利用金額が正しいか必ず確認しておくことは、利用した金額の桁が違う場合もありますから大切なことなのです!

例えば、スーパーで20ユーロ(日本円で3,000円弱)の利用だったのに、伝票を見ると「200ユーロ(約3万円弱)」だったなんてことは良くある話しなのです。

桁を間違えられるとビックリする金額を請求されてしまいますし、利用限度額が一気に無くなってしまうこともありますから、カード利用伝票の確認は絶対に怠ってはダメなのです!

  • カードが盗難された場合は紛失・盗難保険で補償されるので被害は無い
  • 間違ったカード伝票にサインしてしまうと補償は効かないので要注意!
紛失・盗難補償は全てのクレジットカードに付帯している便利で安心な付帯保険なのですが、補償が適用外となってしまう条件があることをご存知ですか!?

せっかく付帯している補償なのに適用外となってしまうと、多額の負債を負うことになってしまいますから、絶対に避けないといけません!

どのような条件だと適用外となってしまうのか詳しく解説した記事が、当サイト内にありますので是非ともご紹介させてください。

「安心できる!クレジットカードの紛失保険と盗難保険について」記事には紛失・盗難保険の内容が判りやすく解説されています!

教授に教えて頂きたいのですが、クレジットカードを利用したショップで利用金額を間違えられた場合は、ショップに責任があるのになぜ盗難補償は適用されないのですか?

利用伝票もドル表示なので、その場で直ぐに金額が違うことを見抜くのは難しいと思うのです!?

この場合ショップに騙されたこととなり、詐欺犯罪での損害になるのですが自身が伝票にサインをしてしまうと詐欺行為は成立しませんし、盗難保険は詐欺行為の被害は補償対象外なのです!

多少時間がかかっても、その場で利用伝票の金額は絶対確認する必要があるのです。

カード付帯の海外旅行傷害保険!疾病障害補償があればベスト

クレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯していますが、年会費無料のカードでは補償内容が「死亡・後遺障害補償」のみの場合が多く見られます。

カードに付帯する海外旅行傷害保険は「死亡・後遺障害補償」以外に「疾病障害補償」のあるカードがベストですよ。

カード付帯保険は死亡補償より、病気やケガの補償が重要!

クレジットカード付帯保険では「死亡・後遺障害補償」よりも、現地で病気になったりケガをした時に病院の治療代を補償してくれる「疾病障害補償」が重要になってきます!

死亡・後遺障害補償は一般の生命保険に加入していればそれで補償されるので、それよりも現地での治療費をカバー出来ることがありがたいのです。

日本と違って、海外で健康保険は適用されませんから、驚くほど高額な治療費を請求されてしまいますよ。

  • 5分ほどの歯痛治療で治療費を10万円請求された!
  • 急性盲腸炎で手術、入院をした場合200万円請求された事例もある
  • 海外旅行傷害保険は病気やケガの治療費を補償してくれる「疾病障害補償」が重要!
海外旅行傷害保険の補償内容については、当サイト内に詳しく解説した記事が掲載されていますので、この記事を読んで海外旅行傷害保険の内容を是非把握しておいてください!

「付帯していればお得!?クレジットカードの海外旅行保険!」を是非ご覧頂くようお薦めします!

年会費無料で付帯保険が充実しているおすすめのカード!エポスカード

エポスカード

カードの詳細へ
年会費無料で海外旅行傷害保険が手厚い、おすすめクレジットカードは「エポスカード」ですね!

年会費無料にも関わらず、海外旅行保険に重要な疾病補償や傷害補償も付帯しています。

キャッシュレス診療にも対応していて、自動付帯ですから、カード決済をしていなくても補償される点も魅力ですね。

クレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯していれば、安心出来るのですが100%安心とは言えないでしょう!

そもそもカード付帯保険はカードサービスになりますので、やはり一般の海外旅行保険に併せて加入しておく必要はあるでしょうね。

詳しい内容は記事内で紹介している、海外旅行傷害保険の特集記事を確認してください!

利用限度額と暗証番号は確認してスペインに旅立とう!

スペインではクレジットカードを不便無く利用することが出来、カードがあれば現地通貨であるユーロも便利に安心して調達することが出来ます。

持って行くカードは「ICクレジットカード」にして、2枚以上、出来れば4枚のカードを持って行ければいいですね。ただし、各カードの利用限度額と暗証番号は確認しておかないといけませんよ!

利用限度額が無ければカードは利用出来ませんし、暗証番号を忘れてもカード利用は出来なくなってしまいますから、スペインに旅立つ前に、この2点は必ず確認しておくようにしましょう!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断