三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJ-VISAデビット」

キャッシュバックでお得!
審査不要!三菱東京UFJデビット

デビットカードとは!?デビットカードのメリットとデメリット

デビットカードとは!?デビットカードのメリットとデメリット

近年、ネット銀行だけでなく大手の銀行も続々とデビットカードを発行している事により、日本国内でのデビットカード認知度が右肩上がりになってきました。

お金の管理が簡単にできるデビットカードが人気を集めています。

今回は、そんなデビットカードのメリット・デメリットなどを分かりやすく解説していきます。

また、おすすめのデビットカードとその特徴も合わせてご紹介しますので、是非デビットカード選びの参考にしてみてくださいね。

デビットカードとは!?銀行口座直結で即時決済型のカード

デビットカードとは、VISAやMasterCardなどの国際ブランド加盟店でショッピングができて、商品を購入した際に代金が銀行口座から即座に引落しとなるカードの事です。

デビットカードを簡単にイメージして頂くには、[即時決済型(商品購入と同時に引き落としされる決済方法)のクレジットカード]とイメージして頂くのが良いでしょう。

デビットカードの特徴は以下の通りとなります。

  • 銀行口座直結で、利用した際代金が即引し落される
  • 世界中の国際ブランド加盟店で利用できる
  • 審査が不要でクレジットカード審査に通らない方でも作成できる

国際ブランドを搭載しているのでクレジットカードと同じ利用が可能!

先にデビットカードのイメージとして、即時決済型のクレジットカードとお伝えしました。

これは、デビットカードにはクレジットカードの国際ブランドが搭載されていて、クレジットカードと全く同じ利用ができるからなのです。

  • デビットカードにも国際ブランドが搭載されている
  • デビットカードも世界中で利用することができる
  • 大きな違いは支払い方法のみ

クレジットカードとの大きな違いは後払い(クレジット)での購入はできず、即時決済方式のみとなっている点ですね。

クレジットカードとの違い!即時決済とクレジットについて

クレジットカードで購入した商品の支払いは、1回払い・分割払い・リボ払いなどお好きな支払方法を選ぶことができますよね。

そして、1回払いを選択しても実際に支払う月は翌月、もしくは翌々月となり、直ぐに引き落とし口座にお金を用意する必要はありません。

一方で、デビットカードでは商品を購入する時点で、引き落とし口座に残高がないと購入することができません。

デビットカードは、商品購入時に即座に引き落としがされる「即時決済」と呼ばれる支払方法となっているのです。

クレジットカードとデビットカードの比較

クレジットカード デビットカード
支払 後払い 即引落し
発行会社 クレジットカード会社 銀行
支払い方法 1回・分割・リボ払い
ボーナス払いが可能
1回払いのみ
限度額 カードの種類や利用者によって決まる 口座残高が利用上限額
年齢 18歳以上 15歳以上(中学生は除く)
審査 審査あり 審査なし

また、後払いのクレジットカードには審査がありますが、即時払いのデビットカードには審査がありません。

つまりデビットカードは、誰もが持つことのできる国際ブランドカードだと言えるのです。

デビットカードの発行企業は、カード会社で無く「銀行」

先の比較表にもありますが、審査が不要であるにも関わらず、デビットカードの発行金融機関は「銀行」なのです。

ですから、デビットカードは銀行口座に直結している必要があり、カードの中にはキャッシュカードと一体型となったタイプも多く発行されていますよ。

  • クレジットカードはカード会社が発行
  • デビットカードは銀行が発行
  • 銀行直結なのでキャッシュカード一体型のタイプもある

国際ブランド非搭載のデビットカード J-Debit の存在とは!?

「J-Debit」とは、※キャッシュカードで、買い物などの支払をそのまま利用できるサービスのことです。

※日本デビットカード推進協議会に加盟している金融機関が発行しているキャッシュカードが対象

「J-Debit」は下記マークがあるショップで利用頂けます。

J-Debitカード画像

日本デビットカード推進協議会に加盟している金融機関が発行しているキャッシュカードで「J-Debit」は利用できますが、利用できる店舗が限られているせいか認知度も低いのが現実です。

日本デビットカード推進協議会に加盟している金融機関

  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 第二地方銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • 農業協同組合
  • 漁業協同組合

各金融機関のキャッシュカードの種類によって、「J-Debitサービス」が利用できないキャッシュカードもありますから、金融機関で確認してみてくださいね。

僕もゆうちょ銀行のキャッシュカードをもっています。と、言うことはゆうちょ銀行のキャッシュカードで、いろんな支払いができると言うことなのでしょうか!?
結論から言えば、ゆうちょ銀行のキャッシュカードをデビットカードとして使うことはできます。ただし、平成15年4月以降にキャッシュカードを作った方は、ゆうちょ銀行、郵便局窓口で手続きをしないとデビットカードとして利用はできませんよ。

デビットカードのメリットとデメリット!メリットは驚くほど多い

さて、ここではデビットカードのメリットと、デメリットについて解説したいと思います。

デビットカードのメリットを挙げると、その数の多さに驚くかもしれませんね。

デビットカードのメリット

  • メリットその1:審査が無い
  • メリットその2:使い過ぎない
  • メリットその3:お金の管理がしやすい
  • メリットその4:無料アプリで口座管理ができる
  • メリットその5:現金払いよりお得
  • メリットその6:ATMに行く時間が省ける
  • メリットその7:ATM手数料を節約できる
  • メリットその8:15歳から持てる
  • メリットその9:ショッピング保険付きで、不正利用も補償
  • メリットその10:海外のATMにて現地通貨を引き出せる
  • メリットその11:支払いが滞ること無く金融事故にならない

どうでしょう!メリットを挙げると10以上の項目があります。次から、メリットの各内容について詳しく解説していきますよ。

デビットカードのメリットその1:審査が無い

デビットカードは審査が無いので、クレジットカード審査に不安を感じていた方でも簡単に持つことができます。

審査が無い理由は、クレジットカードのように後払い方式でなく、即時決済方式なので発行する銀行に借金することなく支払うことができるからなのです。

審査がないのはデビットカード最大のメリットと言えるでしょう。

クレジットカード審査に落ちてしまう、自己破産や債務整理の経歴がある方でも利用することができますからね。

デビットカードのメリットその2:使い過ぎない

デビットカードは、口座の残高以上の金額を利用する事ができません。

限度額が口座の残高となります。ですから、口座残高を調整すれば使い過ぎる心配もありませんよ。

デビットカードのメリットその3:お金の管理がしやすい

デビットカードは後払いに抵抗のある方にもおすすめですね。

クレジットカードも1回払いだと口座から引き落としされる金額で、お金の管理をすることができますが、分割払いやリボ払いを利用した際は、別途、カード毎に支払い管理をする必要があります。

デビットカードなら利用の都度即引落しされる為、お金の管理がとても簡単です。

デビットカードのメリットその4:お金の管理が無料アプリでできる

また、無料アプリとデビットカードを連携すれば、利用履歴が家計簿にもなりますよ。

現在では、銀行から提供されるアプリ以外にも、デビットカードやクレジットカード、複数の口座管理も行える無料のスマホアプリがあります。

無料アプリを併せて利用すればとても便利なのです。

デビットカードの使い方と活用術の記事で、アプリ活用術をご紹介してますので、是非参考にしてみてくださいね。

メリットその5:現金払いよりお得

現金で支払いをしても1円もバックがありません。

ですが、デビットカードを利用すれば、ポイントが付与されたりキャッシュバックされたりなどの特典分現金よりお得になりますよ。

メリットその6:ATMに並ぶ必要なし

デビットカードを持っていれば、ほとんどのショップで利用することができるので、お給料日にATMに並ぶ必要がなくなります。

  • 給料日の長蛇の列に並ばなくて済む
  • 国際ブランド搭載なので、ほとんどのショップで利用できる

メリットその7:ATM手数料を節約できる

忙しい方や近くに自分が利用している銀行のATMがない場合、時間外に提携ATMで引き出したりするケースもありますよね。

自分のお金を引き出すのに時間外ATM手数料を払うのは、もったいないですよ。

時間帯や銀行によって時間外手数料は異なりますが、1回につき108円~216円かかります。

もしも、時間外でATM手数料を払いつつ現金を下ろしている方がいるのなら、今すぐデビットカードの申し込みをおすすめします。

メリットその8:15歳から発行が可能

クレジットカードを所有できる条件は18歳以上であり、高校生はカードを持つことができません。

デビットカードの場合、中学生を除く15歳から可能なので、高校生でも持つことができますよ。

メリットその9:ショッピング保険・不正利用補償も付帯

デビットカードには購入した商品が壊れても補償してくれる「ショッピング保険」や、カードの紛失・盗難による不正利用を補償してくれる「不正利用補償」が付帯しています。

現金よりもはるかに安全に、そして安心して利用・携帯することができるのです。

このように、現金購入ではありえないおトクが、デビットカードには付帯しているのです。

メリットその10:海外旅行でも役に立つ!両替することなく現地通貨を引出せる

海外旅行にデビットカードを一緒に持っていれば、現地通貨調達にとても便利ですよ。

  • 海外ATMに完全対応している
  • キャッシングでなく自分のお金を現地通貨として引出す
  • クレカのキャッシングも有効だが、利用日数分の金利が発生する
  • 手数料は必要だが借金とは違うので安全

海外でレストランやお土産代の支払いは、クレジットカードの方が安全で便利ですが、同じようにデビットカードでも安全で便利となっています。

特に現地通貨の調達では、キャッシングと言った借金をしないで調達できるので、とても安心できますね。

メリットその11:口座残高が利用上限額となる為、金融事故にならない

先の使い過ぎないメリットと被ってきますが、支払いが滞ったりして信用情報機関に、金融事故として登録される心配がない!こともメリットとして挙げることができるでしょう。

口座に残高がない限り、商品を購入することができないので、支払い不能に陥ることはないのです。

とてもメリットが多いデビットカードですが、デメリットもあります。

メリットもデメリットも両方把握した上で、利用してくださいね。

デビットカードのデメリット!お金がないと使えない

  • デメリットその1:分割払いやリボ払いなど、立替え払いをしてもらえない
  • デメリットその2:ポイントやキャッシュバック還元率がクレカに比べて低い
  • デメリットその3:高速道路など一部で利用することができない
  • デメリットその4:ETCカードは発行できない

デメリットその1:お金がないと使えない

デビットカードは、利用した際代金が口座から即引き落としされますので、お金がないと使えません。

クレジットカードを分割やリボ払いが目的で利用している方にとっては、最大のデメリットとなるかもしれませんね。

デメリットその2:ポイント還元率は低い

デビットカードには利用金額に応じて、ポイントやキャッシュバック制度が採用されています。

ですがどれもクレジットカードのサービスに比べれば、低い還元率となっています。

  • 銀行にはカード会社のように手数料は入ってこない
  • クレジットカードのポイントは手数料還元のようなもの
  • デビットカードでは銀行の収入が少ないので還元率も低くなる

この部分はクレジットカードと比較すると、銀行側の手数料などの収入が少ないので、仕方のないところでしょう。

デメリットその3:高速道路など一部で利用できない

国際ブランドが搭載されていても、一部利用できないショップがあります。

高速道路や機内販売などが利用不可となります。高速道路などが利用できないのは、即時引落しができない業態である為です。

デメリットその4:ETCカードの発行ができない

また、追加カードとしてETCカードは発行できませんので、注意する必要がありますよ。

ETC利用は完全後払い方式なので、クレジットカードの付帯カードとして発行されます。

ETCカードを利用したい方は、目的別におすすめのETCカードを紹介した記事をご用意してますので、こちらを参考にしてみてくださいね。

分割やリボ払いで利用したい方ならクレジットカード

デビットカード最大のデメリットは、分割払いやリボ払いなど、立て替え払いをしてもらえない点ですね。

急な高額出費が重なり、ピンチの月もありますよね。そんな時はクレジットカードが味方になってくれますよ。

クレジットカードなら、利用した金額の支払は翌月か翌々月ですので、キャッシュフローに余裕ができます。

また、クレジットカードなら立て替え払いをして貰える為、分割払いやリボ払いも可能です。

クレジットカードも検討しているのであれば、ACマスターカードもおすすめですね。

ACマスターカードは現在世の中に出回っているカードとは少し違い、唯一、消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードなのです。

審査も他のクレジットカードと異なる為、クレジットカード審査に通らなかった方でも持てる可能性が十分にあります。

ACマスターカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
年会費は無料、審査スピードも最短30分と早く、申込当日にカードを受け取る事ができる点も魅力ですね。土日祝日もカード発行を受付してますよ。
デビットカードのメリットを総括すると、クレジットカードの1回払いと全く同じで、口座残高がないと利用できないので、使い過ぎや借金で苦しむことがなくなるのが大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

おすすめのデビットカードを厳選紹介

それではここで、おすすめのデビットカードをご紹介しておきましょう。

人気のデビットカードの中で一推しのカードは、メガバンクである三菱東京UFJ銀行が発行する「三菱東京UFJ-VISAデビット」ですね。

銀行としては最も安心できるメガバンクであることと、最高100万円・60日間のショッピング保険と不正利用補償・60日間が付帯していることが優秀なカードと言えるでしょう。

キャッシュバックでお得!三菱東京UFJ-VISAデビット!

三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJ-VISAデビット」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • VISAブランド搭載なので世界中で利用が可能
  • 利用額の0.2%をキャッシュバック
  • キャッシュバック制でポイント交換の手間が省ける
  • ショッピング保険・不正利用補償がダブルで付帯

[三菱東京UFJ-VISAデビットカードのキャッシュバック率]

前年度利用額 誕生月以外 誕生月
入会3ヶ月間 0.4% 0.5%
30万円以上 0.3% 0.4%
20万円以上30万円未満 0.25% 0.35%
20万円未満 0.2% 0.3%

年会費については、23歳までは無料ですが24歳からは2年目以降、1,000円(税別)必要となっていますが、前年1年間に10万円以上の利用で次年度も無料となる特典があります。

メガバンクが発行するデビットカードですから、三菱東京UFJクオリティとして信頼感もありますね。

年会費無料が魅力!ジャパンネット銀行Visaデビットカード!

ジャパンネット銀行Visaデビットカード!の画像

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費無料
  • VISAブランド搭載なので世界中で利用可能
  • ジャパンネット銀行のキャッシュカード一体型
  • 年間500万円の不正利用保険付帯
  • 通常還元率0.2%!キャッシュバックモール経由で1%キャッシュバック
  • キャッシュバックモール経由で1%キャッシュバック

ジャパンネット銀行が発行するVisaデビットカードは年会費永年無料です。利用によってポイントが貯まります。

通常のポイント還元率は0.2%ですが、会員専用サイト「キャッシュバックモール」経由でネットショッピングをすると、利用額の1%がキャッシュバックされて還元率が1.2%まで上がります。

ジャパンネット銀行のキャッシュバックモールは、Yahoo!ショッピングやベルメゾンネットなどの人気ショッピングモールが利用頂けますので、ネットショッピングを利用の際は是非活用して下さいね。

ファミマを利用する方はJNB Visaデビットカード(ファミマTカード)!

ジャパンネット銀行Visaデビットカード(ファミマTカード)の画像

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費無料
  • VISAブランド搭載なので世界中で利用可能
  • ジャパンネット銀行のキャッシュカード一体型
  • 年間500万円の不正利用保険が付帯
  • VISA加盟店では500円=1Tポイント 還元率0.2%
  • ファミマ利用で最大200円=5Tポイント 還元率2.5%

ジャパンネット銀行のデビットカードには2種類のデビットカードが存在するのです。

先にご紹介した通常のJNB Visaデビットカードと、JNB Visaデビットカード(ファミマTカード)の2種類です。

JNB Visaデビットカード(ファミマTカード)も年会費が無料で、利用によってTポイントが貯まります。

ファミリーマート以外の利用の場合、還元率は0.2%ですが、ファミリーマートで利用すると還元率が1%までアップします。

ファミリーマートでは火曜と土曜はカードの日と称して、Visaデビットで支払うとなんと還元率が2.5%までアップするのです。

毎週水曜はレディースデーで、女性の方が水曜日にファミリーマートで利用すると還元率が1.5%になります。

JNB Visaデビットカード還元率説明画像

Tポイントは共通ポイントですからファミリーマートだけでなく、ガストやENEOSなど幅広い提携店で1ポイント1円で利用頂けます。

Tポイントは使い勝手が良いところが魅力ですね。

住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードも年会費無料!

住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費無料
  • 住信SBIネット銀行のキャッシュカードと一体型
  • VISA加盟店で1,000円=6ポイント 常時0.6%の還元率
  • 月末の金・土・日は基本還元率1%
  • 年間100万円 30日間の不正利用補償が付帯で安心
  • 「円」「米ドル」2種類の通貨で決済可能

住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードも、年会費が無料のデビットカードです。

特定のお店で還元率が高くなるのではなく、利用する全てのショップで還元率が0.6%という点がとても魅力ですね。

貯まったポイントは、1ポイント1円として現金に交換可能です。

Visaデビット付キャッシュカードを発行する住信SBIネット銀行は、ネット専業銀行でも大手銀行であり、ネット銀行業務として最も必要な利用できるATMが多いので便利な銀行ですよ。

  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ローソンATM
  • コンビニATM イーネット
  • イオン銀行
  • JR東日本 ビューアルッテ

上記の銀行ATMを利用することができるので、日本全国を網羅していることとなります。

「円」「米ドル」2種類の通貨で決済可能

住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードは、「円」・「米ドル」の2通貨で決済ができます。

住信SBIネット銀行の外貨預金口座にドル預金がある場合、ドルでも支払ができます。海外でも活躍できる1枚ですね。

住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードは、月末の金・土・日曜は還元率が1%までアップします。

基本還元率も0.6%と高いですから、年会費が無料のデビットカードを希望する方におすすめですね。

セブンイレブンで還元率1.5%!セブン銀行デビットカード

セブン銀行デビットカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費無料
  • セブンイレブン利用で還元率驚異の1.5%
  • 西武・そごう・デニーズ利用で還元率1%
  • その他JCB加盟店で0.5%のnanacoポイントが貯まる

セブン銀行が発行するデビットカードは、「キャッシュカード」・「電子マネーnanaco」・「JCBデビットカード」の3つの機能が一体となった便利なカードです。

年会費が無料で、セブンイレブンで1.5%、西武やそごう、デニーズでの利用で1%と高還元な点が魅力です。

その他の利用先では、0.5%のnanacoポイントが貯まります。普段nanacoを利用する方におすすめのデビットカードですね。

セブン銀行のアプリ通帳と連携すれば、スマホでいつでも残高確認ができて便利ですよ。利用履歴も家計簿代わりになりますね。

人気デビットカードの基本情報

カード名称
【発行銀行】
おすすめの理由
三菱東京UFJ-VISAデビット
【三菱東京UFJ銀行】
・安心のメガバンク初・VISAデビット!
キャッシュバック率が条件に応じアップ
・自動キャッシュバックにてポイント交換の手間
が不要
・購入した商品の破損・盗難の保険やカード
不正利用の補償(60日)
セブン銀行デビットカード
【セブン銀行銀行】
・年会費無料
・セブンイレブンで1.5%還元
・紛失、盗難による不正利用補償(60日)
JNB Visaデビットカード
(ファミマTカード)
【ジャパンネット銀行】
・年会費無料
・0.2%のポイント還元
・ファミマでは1%のTポイントが貯まる
Visaデビット付キャッシュカード
【住信SBIネット銀行】
・0.6%のポイント還元
・紛失、盗難によるカード不正利用の補償(30日)
私の推しカードも安心のメガバンク発行の「三菱東京UFJ-VISAデビット」ですね。

とは言っても、各人のライフスタイルに合ったカードを選ぶことが大切なので、そのことは良く理解しておきましょう。

デビットカードは正に現金感覚!補償もあるので安心安全な財布!

デビットカードは銀行口座に残高が無ければ、利用することができないのはもう、お判りですよね。

買い物をすれば即時決済で、銀行口座から商品代金が引き落としされますから、財布から現金を取り出して決済しているのとほぼ同じことになります。

財布を紛失したり盗まれたりすれば何の補償もありませんが、デビットカードには、盗難保険、ショッピング保険、オンライン保険など、万一のトラブルでも補償されるので、セキュリティが万全の財布とも言えるでしょう。

デビットカードのメリットを良く理解すれば、現金感覚で安全安心なカード利用をすることができる、とても素晴らしいアイテムといえますね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断