三菱UFJフィナンシャル・グループのキャッシング「アコム」

最短即日発行可能ACマスターカード
年会費永年無料で返済方法も多彩

とても重要なクレジットカードの信用情報!開示請求方法もご紹介

とても重要なクレジットカードの信用情報!開示請求方法もご紹介

クレジットカードを利用する上で、知っておかないとならないことがあるのをご存知でしょうか!?それは、クレジットカードの信用情報なのです!

クレジットヒストリーと呼ばれる信用情報のことで、知らずにクレジットカードに申込んだり、利用したりすると、その後の人生に大きな影響を及ぼすことになるかも知れません。

クレジットカードの信用情報はとても重要なものですから、今回は信用情報について判りやすく解説していきたいと思います!

クレジットカードの信用情報!人生でとても重要な情報!?

クレジットカードを申込んだ時に、必ず照会されて審査の為の情報源として利用されるのが、信用情報機関に登録されている個人情報なのです!

その情報はクレジットヒストリー(通称クレヒス)と呼ばれていて、世間では、この登録情報によって「ブラックリスト」だとが「ブラックな人」などと呼ぶので、ネガティブな情報だと思われてしまっています。

ところが、クレジットカードの信用情報はネガティブな情報に思えますが、個人の信用を評価してくれるとても重要な情報なのですよ!

信用情報機関の事故情報は共有される

現在日本国内で機能している信用情報機関は、次の3機関です!

  • JICC(日本信用情報機構):主に消費者金融会社と信販会社が利用
  • CIC(シーアイシー):主にクレジットカード会社と信販会社が利用
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター):主に銀行が利用

このように、各情報機関を利用する会社も異なっていて、この中で最も利用が多い機関はCICで、次いでJICCとなっていて、銀行が関係する借入はJBAが利用されます。

ブラック情報は3社が共有して利用出来るシステム!

例えばクレジットカードを利用していて、数回ほど遅延をしてしまったとしましょう。

クレジットカード会社が利用していたのがCICだけだった場合、その情報はJICCにもJBAにも登録されていません。

情報は自動的に登録されるのではなく、各情報機関の会員となっている会社から、情報提供を受けるので、各機関の会員になっていなければ登録されることは無いのです。

  • A社はCICのみの会員である為、JICCやJBAには登録はされない
  • B社がJICCのみの会員であれば、CICやJBAには登録されない
  • B社のクレジットカードに申込んだ場合、CICの情報は確認することが出来ない

ところが、「CRIN」(クリン)によるシステムで3機関がブラックリスト情報をお互いに共有している為、どの機関の会員でも判ってしまうのです。

ですから、一旦ブラックリストに載ってしまうと、日本のどの金融機関でも把握が出来てしまう、恐ろしい結果になってしまう訳です。

また、クレジットカード審査に通りやすくする秘訣や審査が甘いカードを紹介してる記事もございますので、審査に不安をお持ちの方は是非確認してみてくださいね。

審査に不安な方におすすめのクレジットカード!

ここで審査に不安な方に一押しのクレジットカードを1枚ご紹介しておきましょう。

ACマスターカード

ACマスターカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ACマスターカードは、年会費永年無料で即日発行に対応しているクレジットカードです。

一般のクレジットカード審査は、クレヒス実績を重視する傾向にありますが、ACマスターカードは過去の履歴より、返済能力があるかを重視する傾向があります。

過去の履歴より、今現在の状況に重点をおいてくれる点において、他のクレジットカードに比べてACマスターはおすすめとなります。

審査時間も最短で30分と業界トップクラスのスピードで対応して貰えて、最短その日のうちにカードを受け取れる為、お急ぎの方にもおすすめですよ。

クレヒスを積み上げたい方にもピッタリなカードと言えますね。

クレジットカードの信用情報はとても重要なもので、大げさな話では無く、人生に関わる情報なのです!

返済がきちんと出来ていなければ、ブラックリストに載ってしまい、長期間借り入れを行うことは出来なくなってしまいますよ。

信用情報は自分確認出来る!?開示請求して自分の状態を把握!

金融機関が照会して、審査に利用している信用情報は金融機関だけが確認出来る情報では無く、本人であれば誰でも確認することが出来る情報なのです!

特に最近ではスマートフォンを利用して、確認することも出来るようになっていますので、ご自分の情報を、手軽に取寄せることも可能なのです。

スマートフォンで開示請求できる!

CICとJICCは、スマートフォンを利用してご自身の情報を請求し、確認することが出来るようになっています。

以前でも、自分の情報は郵送で確認を行なうことが出来ていましたが、代金の振込みや専用の申込み書類の入手など、いろいろ面倒な手続きが必要でした。

最近は、それがスマートフォンを利用して行なえるようになったので、ご自身の状況が心配な方は、一度調べてみても良いと思いますよ!

  • スマートフォンを利用して開示請求出来るのは、CICとJICCの2機関
  • JBAは郵送での請求のみ受付可能
  • 開示請求に必要な費用は、各機関とも1,000円

CICのスマートフォンによる開示請求の手順

それでは、CICへのスマートフォンを利用して、開示請求を行なう手順をご説明しましょう。

手順1:クレジットカードを手元に用意しCICの開示請求ページを開く

クレジットカードの有効期限情報が必要になりますので、手元にクレジットカードを用意してから手続きに入りましょう。

下記のページをクリック頂ければ、スマートフォンでの開示手順の画面が開きますよ。

CICスマホでの開示請求ページ

利用規約や注意事項などを読んで確認してから手続きに進んでくださいね。

手順2:受付番号の取得

0570-021-717の電話番号に連絡をして、ガイダンスに従って受付番号を取得。

【注意事項】

必ずクレジットカード会社に申告している電話番号から連絡して受付番号を取得してくださいね。

これは、本人確認をする為で、本人確認資料を提出しなくて良い代わりに、本人しか知り得ない情報を利用しているのです。

手順3:番号を取得したら【ご利用前の最終確認】から情報入力

ご利用前の最終確認ボタン画面

①ご利用前の最終確認をタップ
②スマートフォンで開示を行うをタップ
③規約「承諾」をチェックし、インターネット開示を行うをタップ
④お客様情報を入力する
⑤初回開示にチェック→取得した受付番号を入力
⑥受付番号取得に利用した電話番号入力

手順4:情報開示のファイルを開く際のパスワードを入力

開示される情報は、PDFファイルで保存しますので、保存方法を確認しておいてくださいね。

入力内容に誤りがないか確認した後、ファイルを開く為のパスワードを入力します。

パスワードは、取得した受付番号とクレジットカードの有効期限4桁を入力します。

手順5:PDFファイルをダウンロード

パスワードを入力してファイルが開いたら、PDFファイルをそのまま保存してくださいね。

保存せずに戻ってしまうとPDFファイルに戻れなくなってしまいますよ。

開示請求に必要な手数料は1,000円

CICの開示請求に必要な手数料は1,000円で、クレジットカード決済のみとなります。

JICCのスマートフォンによる開示請求の方法!

次にJICCでのスマートフォンによる、開示請求の方法をご説明しましょう。

JICCの場合は、先に開示用のアプリをダウンロードして、アプリを利用して行ないます。

  • ①JICCのWEBサイトにあるQコードを取得
  • ②取得したQコードから、アプリをダウンロード
  • ③アプリを起動して開示請求を行なう
  • ④利用規約に同意し、空メールを送信
  • ⑤JICCからの返信メールに記載されたURLにアクセスする
  • ⑥申込内容を入力して確認
  • ⑦「JICC書類送付アプリ」を起動
  • ⑧本人確認書類(免許証など)を撮影し、画像データを送る
  • ⑨手数料の決済方法を選択<
  • ⑩現住所に簡易書留で郵送される

専用アプリで行なうので、迷うこと無く比較的簡単に、請求手続きをすることが出来ます。JICCの場合、手数用の決済方法は次の4種類から選ぶことが可能です。

  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • 銀行のATM払い
  • オンラインバンキングでの支払い

ただし、クレジットカード払い以外は、開示手数料の他に支払手数料161円が別途かかりますので、クレジットカード払いがおすすめですね。

CICのスマホ請求ではPDFで配信されますが、JICCの場合は簡易書留による郵送となっています。

JBA以外では窓口で請求することも可能です!

CIC、JICCの窓口が近くにある場合は、窓口に出向けばその場で開示資料を手にすることが出来ますよ。

窓口での開示は手数料500円

郵送の場合は手数料が1,000円で、窓口の場合は500円なので、窓口の方がお得なのですが、出向く交通費と時間を考えれば郵送の方がお得になる場合が多いかもしれませんね。

窓口対応は平日のみ

窓口でのサービス時間帯は平日のみで、対応時間は下記の通りです。

  • 10:00~12:00
  • 13:00~16:00
因みにJBA(全国銀行個人信用情報センター)では、窓口での受付は行なっておらず、郵送のみの手続きになりますからご注意くださいね。
教授に教えて頂きたいのですが、開示請求を行うとどのようなメリットがあるのでしょうか?

特に普通にクレジットカードを利用しているのであれば、開示請求は全く不要であると認識して良いのでしょうか?

開示請求は、別にブラックリストに載った人だけが行うものではありません。

普通にクレジットカードを利用していても、今の自分の信用がどのようになっているのか、確認することは必要ですね。

もしかすると、完全にカード会社の手違いで、悪い情報が登録されているかも知れないからです!

クレジットカードの信用情報!どの期間登録されてしまうのか!?

クレジットカードの信用情報は、先ほど説明した信用情報機関に登録されてしまう期間が、気になりますよね。

本当に重要な情報なので、いつまで登録されるのか知っておく必要はあるでしょう。

CICやJICCの事故情報は5年間登録される

JBA(全国銀行個人信用情報センター)の場合、自己破産の履歴は10年残りますが、CICやJICCの場合は以下の期間を超えない範囲で事故情報が登録されます。

信用機関登録内容 CIC JICC
61日以上延滞 5年 1年
3ヶ月以上の延滞 5年 5年
債務整理・破産申し立て 5年 5年

事故情報の登録は二度と金融事故を起こさない戒め期間!

自己破産や債務整理、3ヶ月以上の延滞をしてしまうと、信用情報機関に5年を超えない期間、事故情報が登録されていまいます。

この期間内には、新しい借り入れは出来ませんから、クレジットカードを作ることも出来なくなってしまうのです。

カード社会と言われている現代でクレジットカードが持てないのは、とても不便だとは思いますが、二度と金融事故を起こさないようにする、戒めの期間だと思わなくてはなりませんね!

信用情報は、滞納や債務整理など金融事故者と認定されると、長期間登録が消えませんのでご注意くださいね。

暗いイメージだけでない!?信用情報は信用度を評価してくれる

今回、クレジットカードの信用情報について説明してきましたが、なんだか暗いイメージしか持てなかった方もいらっしゃるかも知れませんね。

ですが、信用情報は暗いイメージばかりではないのです!返済をきちんと行っていないと、説明したように、正に暗い人生となってしまいますが、逆に返済をきちんとしていれば、ご自身の信用を高めてくれるのです!

借りたら返すマナーを守っていれば、信用情報は良い評価をしてくれる、強い味方になってくれるのですよ!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断