三菱UFJフィナンシャル・グループのキャッシング「アコム」

最短即日発行可能ACマスターカード
年会費永年無料で返済方法も多彩

知っておく必要あり!とても重要なクレジットカードの信用情報

知っておく必要あり!とても重要なクレジットカードの信用情報

クレジットカードを利用する上で、知っておかないとならないことがあるのをご存知でしょうか!?それは、クレジットカードの信用情報なのです!

クレジットヒストリーと呼ばれる信用情報のことで、知らずにクレジットカードに申込んだり、利用したりすると、その後の人生に大きな影響を及ぼすことになるかも知れません。

大げさな話では無くて、クレジットカードの信用情報はとても重要なものなのです!今回はそんな重要な信用情報について、判りやすく解説していきたいと思います!

クレジットカードの信用情報!人生でとても重要な情報!?

クレジットカードを申込んだ時に、必ず照会されて審査の為の情報源として利用されるのが、信用情報機関に登録されている個人情報なのです!

その情報はクレジットヒストリー(通称クレヒス)と呼ばれていて、世間では、この登録情報によって「ブラックリスト」だとが「ブラックな人」などと呼ぶので、ネガティブな情報だと思われてしまっています。

ところが、クレジットカードの信用情報はネガティブな情報に思えますが、個人の信用を評価してくれるとても重要な情報なのですよ!

信用情報機関は、国内に3社のみ!事故情報は共有される!?

現在日本国内で機能している信用情報機関は、次の3機関のみです!

  • JICC(日本信用情報機構):主に消費者金融会社と信販会社が利用
  • CIC(シーアイシー):主にクレジットカード会社と信販会社が利用
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター):主に銀行が利用

このように、各情報機関を利用する会社も異なっていて、この中で最も利用が多い機関はCICで、次いでJICCとなっていて、銀行が関係する借入はJBAが利用されます。

ブラック情報は3社が共有して利用出来るシステム!?

例えばクレジットカードを利用していて、数回ほど遅延をしてしまったとしましょう。クレジットカード会社が利用していたのがCICだけだった場合、その情報はJICCにもJBAにも登録されていません。

情報は自動的に登録されるのではなく、各情報機関の会員となっている会社から、情報提供を受けるので、各機関の会員になっていなければ登録されることは無いのです。

  • A社はCICのみの会員である為、JICCやJBAには登録はされない
  • B社がJICCのみの会員であれば、CICやJBAには登録されない
  • B社のクレジットカードに申込んだ場合、CICの情報は確認することが出来ない

上記の状況になっているので、3機関全ての情報を確認するには全ての機関の会員になっている必要があるのです。

ところが、ブラックリスト情報は3機関でお互いに共有することとなっている為、どの機関の会員でも判ってしまうのですよ!

ですから、一旦ブラックリストに載ってしまうと、日本のどの金融機関でも把握が出来てしまう、恐ろしい結果になってしまう訳です。

ブラックリストは存在しない!異動と登録されることを呼びます

ここで、先ほどから出てきているブラックリストについて、少し解説しておくと、世の中にブラックリストなるものは存在しません!

債務整理を行なった方や、延滞が続いてカード利用を停止された方は、金融事故を起こしたとされて信用情報に「異動」と登録され、金融事故者扱いとなってしまうのです!

このことを、世間では判りやすく「ブラックリストに載る」と言っていて、何らかの特別なリストが存在している訳では無いのですよ。

金融事故者として登録されているだけですが、このことはお金を貸す側にとって、非常にリスクのある人物となりますので、どの会社も審査を通すこと無いのです。

「金融事故を起こした人物」と言うより「ブラックリストに載る」と呼んだほうが、判りやすいですからね。

ところで、ブラックリストに載ってしまうと、具体的にどうなってしまうのか興味はありませんか?当サイトでは、ブラックリストに載った場合、どのような状況になってしまうのか、判りやすく解説した記事があります。

ブラック履歴あり!それでもクレジットカードは作れる!?」この記事には、先に説明した情報機関のことも詳しく解説してありますので、とても参考になると思いますから、ぜひご覧ください!

審査に不安な方におすすめ!ACマスターカード!

ACマスターカードは、年会費永年無料です。

一般のクレジットカード審査は、クレヒス実績を重視する傾向にありますが、ACマスターカードは過去の履歴より、返済能力があるかを重視する傾向があります。

過去の履歴より、今現在の状況に重点をおいてくれるところが、他のクレジットカードに比べてACマスターをおすすめする理由です。

審査時間も最短で30分と業界トップクラスのスピードで対応して貰えて、最短その日のうちにカードを受け取れます。

ACマスターカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
ACマスターカードは、カード発行をお急ぎの方やクレヒスを積み上げたい方にはピッタリな、クレジットカードであると言えますね。
クレジットカードの信用情報はとても重要なもので、大げさな話では無く、人生に関わる情報なのです!

返済がきちんと出来ていなければ、ブラックリストに載ってしまい、長期間借り入れを行うことは出来なくなってしまいますよ。

信用情報は自分確認出来る!?開示請求して自分の状態を把握!

金融機関が照会して、審査に利用している信用情報は金融機関だけが確認出来る情報では無く、本人であれば誰でも確認することが出来る情報なのです!

特に最近ではスマートフォンを利用して、確認することも出来るようになっていますので、ご自分の情報を、手軽に取寄せることも可能なのです。

スマートフォンで開示請求出来るのは2機関!CICとJICC

CICとJICCは、スマートフォンを利用してご自身の情報を請求し、確認することが出来るようになっています。

以前でも、自分の情報は郵送で確認を行なうことが出来ていましたが、代金の振込みや専用の申込み書類の入手など、いろいろ面倒な手続きが必要でした。

最近は、それがスマートフォンを利用して行なえるようになったので、ご自身の状況が心配な方は、一度調べてみても良いと思いますよ!

  • スマートフォンを利用して開示請求出来るのは、CICとJICCの2機関
  • JBAは郵送での請求のみ受付可能
  • 開示請求に必要な費用は、各機関とも1,000円

CICのスマートフォンによる開示請求の方法!

それでは、CICへのスマートフォンを利用して、開示請求を行なう方法をご説明しましょう。

  • 1:利用前に確認事項をよく読む
  • 2:受付番号の取得
  • 3:お客様情報の入力
  • 4:開示書類の確認

大まかな流れは上記のとおりで、受付番号とは、現在利用しているクレジットカード会社に、登録した番号の電話機から行なう必要があります。

つまり申込み時に自宅の固定電話を登録していれば、自宅の固定電話から行なう必要があり、携帯電話であればその登録した番号の携帯電話から、取得をすることになります。

これは、本人確認をする為で、本人確認資料を提出しなくて良い代わりに、本人しか知り得ない情報を利用しているのですね!

  • 受付番号の取得は、クレジットカードの申込み時に登録した電話機でないとダメ
  • 開示請求に必要な手数料1,000円はクレジットカード決済のみ
  • クレジットカードが無ければ、デビットカードかプリペイドカードを利用
  • 開示書類はPDFで配信されるので、PDFを閲覧できるソフトが必要
  • PDFソフトは無料でダウンロード可能なので、前もってダウンロードしておく

JICCのスマートフォンによる開示請求の方法!

次にJICCでのスマートフォンによる、開示請求の方法をご説明しましょう。

JICCの場合は、先に開示用のアプリをダウンロードして、アプリを利用して行なうのでCICよりも簡単になっています。

  • 1:JICCのWEBサイトにあるQコードを取得
  • 3:取得したQコードから、アプリをダウンロード
  • 4:アプリを起動して開示請求を行なう
  • 5:本人確認資料を写メにて送付
  • 6:決済方法を選んで決定
  • 7:JICCから簡易書留にて発送

専用アプリで行なうので、迷うこと無く比較的簡単に、請求手続きをすることが出来ます。JICCの場合は、決済方法は次の4種類から選ぶことが可能です。

  • 1:クレジットカード
  • 2:コンビニ払い
  • 3:銀行のATM払い
  • オンラインバンキングでの支払い

ここでは、ブラックな方でクレジットカードが無くても、支払いをすることが可能ですね。また、本人確認をする為に必要書類を撮影しておくことが必要ですよ。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 各種保険証(カード式・折りたたみ式)
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

CICのスマホ請求ではPDFで配信されますが、JICCの場合は簡易書留による郵送となっていますので、届くまで時間が必要になりますから、急ぐ場合はご注意ください。

その他の開示請求の方法!印刷環境は必要!?

CIC・JICC・JBAの3機関とも、郵送での開示請求を行なうことが出来ます。JICCとCICの場合、パソコンから各機関のWEBサイトにて、開示申込書作成フォームに必要事項を入力した後、印刷を行なうと請求書類を作成することが出来ます。

もし、パソコンを利用しないのであれば、電話にて申込書を取寄せることが可能です。パソコンを利用する際には、ダウンロードした書類を印刷しないといけませんから、プリンターなど印刷環境は必要となってきますよ。

JBAの場合は、PDFが用意されているので、PDFをダインロードし印刷を行なえば、申請書類を作成出来ます。印刷環境の無い方は、電話にて申込み書類を取寄せることが出来ますよ。

JBA以外では窓口で請求することも可能です!

CIC、JICCの窓口が近くにある場合は、窓口に出向けばその場で開示資料を手にすることが出来ますよ。

その場合、開示費用も500円と安くなっているので、近くの方は利用する価値はあると思いますね。

ただ、予約制では無く順番制となっているので、どのくらい時間が掛かるかは判りませんので、その点はご注意くださいね。因みにJBAでは、窓口での受付は行なっていませんので、混同しないようにしておきましょう。

教授に教えて頂きたいのですが、開示請求を行うとどのようなメリットがあるのでしょうか?

特に普通にクレジットカードを利用しているのであれば、開示請求は全く不要であると認識して良いのでしょうか?

開示請求は、別にブラックリストに載った人だけが行うものではありません。

普通にクレジットカードを利用していても、今の自分の信用がどのようになっているのか、確認することは必要ですね。

もしかすると、完全にカード会社の手違いで、悪い情報が登録されているかも知れないからです!

クレジットカードの信用情報!どの期間登録されてしまうのか!?

クレジットカードの信用情報は、先ほど説明した信用情報機関に登録されてしまう期間が、気になりますよね。本当に重要な情報なので、いつまで登録されるのか知っておく必要はあるでしょう。

信用情報機関への情報登録機関は、その度合いによって変わってくるので、債務整理などを行なった場合とそうでない場合、債務整理でもその種類によって、登録される期間は変化しますのでご注意くださいね。

債務整理を行なわず、延滞の事実が登録された場合

債務整理など法的な手段を行なわず、延滞していた返済額をきちんと自己努力で返済した場合、登録は最低で3年、長ければ5年登録されることになり、この間は一切の借金は出来ません!

登録期間に幅があるのは、カード会社の考えと各機関による違いですので、はっきり確定した機関は判らないのが実情です。

  • 延滞した場合は、借入を完済した日から3年~5年の間登録される
  • カード会社によって、登録機関に幅がある
  • 確かめる方法は、3年経過したのちに開示請求を行い確認する
  • 「異動」の文字が消えていれば登録が抹消されている

3年は長いですが、カード会社には迷惑をかけたペナルティだと思って、3年でも5年でも待つしかありませんね。

債務整理でブラックな人は!?最長10年消えない!

債務整理とは弁護士や司法書士が代理人となって、法的に借金を帳消しにする、もしくは金額を圧縮する方法です!

債務整理の種類 内容
任意整理 裁判所を通さず弁護士や司法書士が直接交渉してくれる
民事再生 裁判所の承認が必要で、法的に借金額を1/5に圧縮出来る
自己破産 裁判所の承認が必要で、借金全額が免除される

債務整理の種類は上記のとおりで、自己破産すれば借金は全て帳消しになりますが、20万円以上の資産価値のあるものは財産となるので、それら財産と呼べるものは10年間持つことは出来なくなるのですよ!

任意整理にしても、民事再生にしても借金は減額されますが、再建計画に従って約3年で全額を完済する必要があります。

さて、これらの気になる登録期間は次のとおりです。

  • 任意整理:約3年、長いと5年
  • 民事再生:最低5年、長いと7年~10年
  • 自己破産:最低10年、長い場合は10年以上

インターネットの情報では、自己破産の登録が消えるのは7年との情報がありますが、絶対に7年で消えるとは限りませんから、安易な情報で無く、10年と考えている方が正しいでしょう。

債務整理者は、二度と金融事故を起こさない戒め期間!

債務整理を行なうと、信用情報機関に登録される期間が短くて3年、長ければ10年以上も登録されてしまいます。

この期間内には、新しい借り入れは絶対に出来ませんから、クレジットカードを作ることも出来なくなってしまうのです。

カード社会と言われている現代でクレジットカードが持てないのは、とても不便だとは思いますが、二度と金融事故を起こさないようにする、戒めの期間だと思わなくてはなりませんね!

法的に処理されたと言っても、借りたものは返すマナーを守れなかったのですから、仕方ないですが、期間内は、携帯電話の本体を通話料と一緒に支払う「バリュープラン」なども利用出来ないので、気を付けないといけません。

携帯電話本体は、現金一括でしか購入することが出来ませんので、とても辛いこととなりますからね。

信用情報は、滞納や債務整理など金融事故者と認定されると、長期間登録が消えません。

長ければ10年間登録されたままなのです!その間は、携帯電話を分割購入することすら出来ませんから、かなり辛い状況になってしまうのですよ!

暗いイメージだけでない!?信用情報は信用度を評価してくれる

今回、クレジットカードの信用情報について説明してきましたが、なんだか暗いイメージしか持てなかった方もいらっしゃるかも知れませんね。

ですが、信用情報は暗いイメージばかりではないのです!返済をきちんと行っていないと、説明したように、正に暗い人生となってしまいますが、逆に返済をきちんとしていれば、ご自身の信用を高めてくれるのです!

借りたら返すマナーを守っていれば、信用情報は良い評価をしてくれる、強い味方になってくれるのですよ!

メニューを閉じる