ACマスターカード

審査が不安な方におすすめ!
最短即日発行対応ACマスターカード

派遣や契約社員の方におすすめのクレジットカード特集

派遣や契約社員の方におすすめのクレジットカード特集

働いている方にとってクレジットカードはとても頼れるアイテムですよね。どうしても断ることのできない付き合の時など、財布の中に現金が無くても大丈夫ですからね。

ですが、社会人であれば誰でも、クレジットカードを作ることができる訳ではありません。安定した収入が無ければクレジットカードを作ることはできないのです。

よく派遣の方や契約社員の方は、正社員の方に比べるとカード審査にとおり難いと言われていますが、それはどうしてなのでしょう・・

今回は、派遣社員や契約社員の方でも正社員の方と同じように、審査に無事とおることができる秘訣を、おすすめなクレジットカードと一緒にご紹介しましょう。

派遣や契約社員の方が審査にとおり難い理由!?

初めに派遣社員や契約社員であれば、なぜクレジットカードの審査にとおり難いのか、その原因からご説明したいと思います。

これから詳しくご説明をしていきますが、ここで結果を簡単にお伝えすると「継続した仕事が保証されない職業のカテゴリに入る」となる為、安定した収入が継続的でないと判断されてしまうからなのです。

派遣社員と契約社員の違いは!?企業と直接契約しているか

今回ご説明する中で、派遣社員と契約社員の違いをきちんと理解しておいて頂きたいのです。

両方とも言い方が違うだけで、内容は同じことだと思っている方が多くいらっしゃいますので、実は大きな違いがあることを理解しておきましょう。

  • 派遣社員は、派遣会社と契約して派遣会社が指定する企業で働く
  • 契約社員は、企業と直接契約を行い契約した企業で働く
  • 契約先が働いている企業と直接契約なのか、派遣会社との契約なのかの違い

両者の違いは上記のとおりなので、このことはしっかりと理解しておきましょうね。

派遣社員が審査にとおり難い理由!雇用期間が最長3年だった為

派遣社員の方が、クレジットカード審査にとおり難い理由は、これまでは派遣社員を受け入れる企業では、法律上3年を超えて雇用することはできなかったので、これが最もネックになっていたのです。

  • 派遣社員は、同じ企業で3年を超えて働くことはできない
  • カード審査の場合、安定した収入が条件
  • 3年後の収入が判らないので、最もネックとなっていた

派遣社員の場合、同じ職場での雇用期間は最長で3年ですから、もしかするとカードに申込んだ翌月に退社している可能性もある訳です。

なので、返済能力を考えるとカード会社も慎重になってしまうのは判りますよね。

改正派遣法で雇用期限が撤廃!?部署が異なれば何年でも可能

ところが平成27年9月30日から労働者派遣法が改正され、3年間以上の同一会社での勤務が可能となりました。

条件は次のように、同じ会社内での○○課または○○部への異動が必要となります。

  • クレカ株式会社の営業課に派遣されて3年間働く
  • 4年目から、営業課から資材課に異動し3年間働く
  • 7年目から、資材課から総務課に異動すればさらに3年間働ける

このように、3年ごとに異動をすることで同じクレカ株式会社に、何年でも勤務することが可能となりました。

これは、派遣社員の方にとって大きなメリットであると言えるでしょう。

小さな企業では、社内での異動は難しいかも知れませんが、従業員が30人以上の中小企業であれば複数の部課は存在しますので、同じ企業で長く働くことができます。

  • 審査に有利な属性である「勤務年数」で高いポイントを得られる
  • カード会社も改正法を考慮して審査を行ってくれるはず
  • 派遣社員の方の審査通過率が上がる

厚生労働省のパンフレットで詳細をご説明します

受け入れ期間説明画像

上記の場合は、3年経過する時に「派遣先の事業所の過半数労働組合等への意見聴取」を行い、引き続き仕事をして欲しいとの希望があれば、更に3年継続できる仕組みです。

仕事が優秀であれば、継続して同じ事業所で働くことが可能と言えますね。

受け入れ期間「課」や「部」の異動にて3年超えて同じ事業所で雇用契約可能説明画像

上記の説明は、先ほど触れた同じ会社内で「課」や「部」への異動にて継続して働くことのできる内容となっています。

ただし、先と同様に3年経過時に「派遣先の事業所の過半数労働組合等への意見聴取」が必要となります。つまり、派遣先の会社の仲間が「この人は是非必要です」と思ってもらえることが必要なのです。

会社側(経営者側)の判断でなく働く仲間の意見が重要になったのが、改正法の大きなメリットとも言えるでしょうね。

派遣社員の方が注意するべき重要事項

労働者派遣法が改正されて3年が経過する、平成30年9月30日以降は無許可派遣については受け入れ禁止となってしまいます。

  • 派遣先の会社が厚生労働省の許可を得ている事業所であること
  • これまでは無許可であっても派遣業務はできていた
  • 平成30年9月30日以降は無許可派遣はできなくなる

派遣社員の方は、派遣元の事業所がきちんと許可を得ているか確認しておくことをおすすめします。

契約社員は法改正適用外!?契約期間が長ければ有利になる

では次に、契約社員の方の場合ですが、契約社員の方は今回の法改正では何も変わることはありません。

これまでどおり契約時の契約期間がポイントになってきますし、最も重要なポイントは企業規模になってきます。

  • 契約社員の場合は、基本的に1年ごとの更新となる
  • 長期契約の場合でも、長くて3年での更新が一般的
  • 契約社員を抱える企業の場合は、企業規模がポイントになる

クレジットカードの申込時に契約社員と申告しても、契約期間を問われるケースはほとんどありません。

通常1年更新と考えられていますので、企業の規模が大きければ、ほぼ自動更新と認識されますので有利になってきます。

  • 従業員が1,000人を超える上場企業の契約社員は、最も有利
  • 従業員が1,000人前後の非上場企業も、次に有利となる
  • 従業員が100人以上500人未満の企業でも、ポイントは高い
  • 従業員が30人以上100人以下の中小企業だと、少しポイントが低くなる
  • 従業員が10人以上30人以下の中小企業だと、ポイントは低い
  • 従業員が10人以下の企業では、審査通過は難しくなる

概ね、上記のようなポイントの期待度となってきますので、契約社員の方は企業規模に注意しないといけません。

ですが、こればかりはご自身でどうにかなる問題ではないので、申込んだ後は審査通過を願うしかありませんね。

教授に伺いたいのですが、派遣法の改正で本当にクレジットカード審査に有利になるのでしょうか?
安定した収入が得られるようになるので、理屈では有利になるのは間違いありませんね。

ただし、クレヒスが良くなければ審査通過は難しくなります。携帯電話料金の滞納などがあれば、審査通過は難しいでしょう。

派遣社員や契約社員の方におすすめのクレジットカード4選

派遣社員や契約社員の方が審査通過する秘訣は、おすすめカードをご紹介した後にお伝えするとして、ここで先に派遣社員や契約社員の方におすすめのクレジットカードを4枚ご紹介しておきますね。

これからご紹介する4枚は、年会費が無料で審査ハードルが高くないお得なクレジットカードです。

派遣社員の方におすすめ!最短翌営業日発行可能VIASOカード

VIASOカードは、カード会社大手の三菱UFJニコスが発行するカードなので、とても安心できるカードです。

年会費は完全無料で、ポイント還元率も他のカードと比較しても高還元率となっています。

例えば、インターネットショッピングの場合「VIASOeショップ」を経由してショッピングすれば、0.5%~10%のボーナスポイントを獲得できるお得なクレジットカードです。

また、大手カード会社が発行するカードで間口が広いのが、おすすめの大きな理由ですね。

三菱UFJニコスが発行する、VIASO(ビアソ)カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 VIASOカード
年会費 完全無料
国際ブランド MasterCard
特徴 ・ポイントは1,000円=5ポイント 還元率0.5%
・VIASOeショップ経由でショッピングすると還元率2.5%~10%にアップ
・ETC、携帯電話料金、プロバイダー料金の支払いでポイント2倍
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯

基本還元率1%の高還元!知名度抜群の楽天カード

楽天カードと言えば、現在では知らない方はいないと言えるほど知名度の高いカードです。

2016年8月時点でカード発行枚数は1,300万枚(2017年1月16日楽天公表値)を突破しているので、審査も優しいカードであると言えます。

楽天市場で還元率3%以上、基本還元率も1%と高く海外旅行保険が利用付帯するお得なクレジットカードです。

流通系クレジットカードですから審査ハードルが低く、派遣社員や契約社員の方には、是非ともおすすめのカードですよ。

楽天カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 楽天カード
年会費 完全無料
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
特徴 ・ポイントは100円=1ポイント 還元率1.0%
・楽天トラベル、楽天ダイニング加盟店でポイント2倍
・楽天市場利用でポイント最大3倍
・加盟店利用でポイント最大3倍
・不正利用探知システムでカード利用を24時間監視
・なりすまし防止の本人認証サービス
・ネットショッピングも安心なネット不正あんしん制度
・楽天市場利用で商品が届かない場合は全額補償
・海外緊急サービスが付帯
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯

女性におすすめ!楽天ピンクカード

先にご紹介した楽天カードのサービスに加え、女性に嬉しいサービスが付帯しているのが、楽天ピンクカードです。

カードデザインも2種類から選べて、女性が持つには相応しいデザインが選べますよ。

同じ楽天カードでもピンクカードだと、楽天市場でのショッピングで500円オフになったり、楽天トラベルでは国内予約で1,000円オフのサービスなど、多くの優待サービス(有料)が付帯しています。

ケガの補償や個人賠償責任事故補償などの保険が、月々200円代と格安の掛け金で加入できるのもピンクカードの魅力です。

楽天PINKカードお買い物パンダデザイン

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 楽天ピンクカード
年会費 完全無料
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
(パンダデザインのみJCB・MasterCard)
特徴 ・基本サービスは前述の楽天カードと同じ
・楽天市場での買い物で500円オフなどの、楽天グループ
優待サービス(有料)
・映画館チケットが最高500円割引になるなど、ライフス
タイル応援サービス(有料)
・格安な掛け金で加入できる保険、楽天PINKサポート

最短即日発行可能!年会費無料のACマスターカード

ACマスターカードは最短即日発行に対応していて、審査結果も最短30分と驚異的な早さで対応してくれます。

毎月ショッピング利用金額の0.25%をキャッシュバックしてくれる、年会費無料のクレジットカードです。

クレジットカード審査は、消費者金融系<流通系<交通系<信販系<銀行系の順に難易度が変化していきます。

ACマスターカードは消費者金融系クレジットカードですから、審査が不安な方やカード発行をお急ぎの方におすすめのクレジットカードですね。

ACマスターカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 ACマスターカード
年会費 完全無料
国際ブランド MasterCard
特徴 ・通常のカードのようなサービスは付帯しない
・最短即日発行が可能
・月の利用金額の0.25%がキャッシュバックされる

派遣社員、契約社員の方が審査にとおる為の秘訣

ここでは派遣社員の方や契約社員の方が審査にとおる為には、どこに気を付ければ良いのかをご説明しましょう。

  • ステータスが高いカードへの申し込みを避け間口が広いカードを選ぶ
  • なるべく勤めてから1年経ってから申し込む
  • キャッシング枠をつけない
  • 虚偽申告は絶対にしない

上記が、派遣・契約社員の方が審査にとおる為の秘訣になります。順に解説していきます。

勤務年数は必要!?勤めて1年は申込みを控えた方が無難!?

  • 1年経過しないと、本当の年収が判らない
  • やはり、早期退職を想定されてしまう
  • 契約社員の方は、1年経過すれば継続契約されたと判断されて有利

このような理由から、勤め始めて直ぐに申込みを行うのではなく、1年間は我慢してクレジットカードを申込むようにすれば、審査通過率はアップしてきます。

勤続1年も待てないという方は、楽天カードACマスターカードがおすすめですね。

直ぐに申し込んで審査落ちした場合は6ヵ月空けよう

もしも1年経過するのを待てなくてカードを申込んで審査落ちした場合は、その時点から6カ月は申込みを控えないと、1年経過しても審査落ちする可能性は高くなってしまいますよ。

  • 情報信用機関には申込み履歴と、審査の合否履歴が6カ月登録される
  • 同じカード会社の場合、高い確率で審査落ちしてしまう
  • 違うカード会社でも6カ月以内だと、審査落ちの可能性は否定できない
  • 勤務して10ヵ月目に申込んで審査落ちすると、さらに半年待たないといけない

6ヵ月必要な理由は上記のとおりで、結局1年以上待たなければならないことになってしまうので、もったいないですからね。

キャッシング枠をつけずに申し込む

キャッシング枠も同時に申し込みをすると、下記2種類に関する審査が行われ、キャッシング希望額が50万円以上の場合や、他社借入額とキャッシング希望枠が100万円を超えている場合、収入証明書の提出が必要となります。

  • ショッピング:割賦販売法に基づく審査
  • キャッシング:貸金業法に基づく審査

※総量規制などの絡みで審査通過が難しくなるケースもある為、キャッシング枠は0円で申し込みする方が審査に通過する確率は上がります。

※総量規制とは借入額が年収の3分の1を超えないよう規制する法律のこと

他社の借入はマイナス要因!借入は無いことがベスト

審査通過を目指すなら、他社の借入は大きなマイナス要因となってきます。それは、返済する金額がそれだけ少なく計算されてしまうからなのです。

初めてクレジットカードに申込む方であれば、あまり気にしなくても良いことなのですが、銀行のキャッシュカードにキャッシングサービスを付けている場合がありますよね。

給与振込の口座を開設する時に、銀行から勧められて付けている場合がほとんどなので、あまり自覚がないと思いますが、このキャッシング枠も審査の重要なポイントとなってくるので、注意しないといけません。

  • キャッシング枠がある場合は、利用していなくても借入した状態で計算される
  • 仮に、利用していれば借入の残高がネックになる

他社の借入は、無いことがベストな状況であると思ってくださいね。

年収が低くても良い好条件!独身、実家住まいが高ポイント

では、どのような条件であれば、年収が低くても審査通過となる好条件なのかをご説明しましょう。

  • 独身で、住まいは実家、親の持ち家一戸建て
  • この条件の場合、申込んだ本人の給料は全て自由に使うことが可能
  • 生活費等を考慮しなくて良いので、年収が低くても審査通過率は高くなる

このように、毎月の収入の中から生活費として必然的に出ていくお金が、全くない状態であれば審査通過率はとても高くなってくるのです。

つまり、稼いだお金を全て自由に使うことができて、最悪の場合でも親に頼れる状況であれば、働いて収入があれば派遣社員でも契約社員でも、審査通過する条件が揃ってくるのです。

審査通過する為には、1年は我慢の年だと考えておきましょう。

このことは、派遣社員の方や契約社員の方だけでなく、正社員の方にも該当する注意事項だと思ってください。

申込み時とその後の2つの注意点!勤務先には要注意!

ここでは、派遣社員や契約社員の方がクレジットカード審査にとおりやすくなるように、申込み時に注意する点と、申込みを完了し審査結果を待つ間に、注意しておかなくてはならないことをご説明します。

申込み時に最も注意する点!年収と勤務先は正確に申告する

クレジットカードに申込みを行う際には、申告事項を正確に入力する必要があります。

これは申込み者全員に共通して言えることですが、派遣社員や契約社員の方は特に注意しないとならないことなのです。

派遣社員の方は勤務先については特に要注意で、ここを間違えると審査に落ちてしまう可能性もあるのです。

申込み時の注意点!勤務先の申告は良く考えて行おう

クレジットカードの申込み時に行う個人情報の申告は、間違えること無く正確に行うことが、審査通過のポイントになってきます。

No 申告項目 注意点
1 住所・氏名・年齢 間違えることはほぼ無い
2 連絡先電話番号 必ず出ることのできる番号を申告すること
3 勤務先住所・勤務先電話番号 重要、間違えると審査落ちの可能性あり
4 年収 多めに申告するのはNG
発覚すると審査落ちする
5 他社の借入件数・借入金額 少なく申告したり、ごまかすのはNG
審査落ちする重要ポイント
6 居住状況・既婚の有無 重要なポイント
虚偽がバレるとカード停止もありえる
7 住居形態 持家、借家の状況
虚偽がバレるとカード停止もありえる

上記以外にも多くの項目がありますが、注意しないといけない項目を抽出しています。

どれも、当たり前の項目だと思うのですが、意外に間違えたり虚偽の申告をする方もいるのです。

住所・氏名は漢字の変換ミスに注意!落ち着いて再確認が大切

ありえないと思われるかも知れませんが、ご自身の名前の変換ミスや住所の変換ミスなど、意外に多いのをご存知ですか!?

特に目的を持ってわざと間違える訳ではないので、マイナス点にはなりませんが、本人確認資料と一致していなければ、訂正を求められるケースもあります。

  • 漢字の変換ミスで、免許証などの本人確認資料との照合で発覚する
  • 特にマイナスにはならないが、訂正を求められるケースもある
  • 訂正期間が必要になってくるので、カード発行が遅れる
  • 入力情報は必ずしっかり再確認することが大切

連絡先電話番号は、必ず連絡のとれる番号を申告

連絡先の電話番号は、自宅の電話番号か携帯番号になると思いますが、常に出ることのできる電話番号を申告しましょう。

  • 自宅電話番号の場合、不在が多いと連絡が中々取れないことが多い
  • 携帯番号の場合は、カード会社からの連絡には必ず出ることが重要
  • 登録されていない電話番号には出ないポリシーは改める
  • 本人確認の連絡が取れないと、審査通過の予定でも取り消しになってしまう

重要なことは、カード会社からの電話には必ず出ると言うことです。仕事中などで出れない場合は、折り返して連絡をするなど工夫が必要ですよ。

勤務先住所・勤務先電話番号は間違えると審査落ちするかも!?

派遣社員の方は、特に注意しないといけない申告項目になります。派遣社員の方の契約先は派遣会社になるのですが、勤務しているのは別の企業になっていますよね。

その為に、勤務先と問われているので実際に勤務している企業の会社名と住所、電話番号を申告してしまうのですが、それは間違いとなるので要注意ですよ。

  • 派遣社員の方は、必ず派遣会社の住所と電話番号を申告する
  • 大きな会社では派遣社員を把握していない可能性もある
  • 在籍確認時に、会社にはいないと言われると審査落ちしてしまう
  • 契約社員の方は、企業と直接契約なので勤めている企業でOK

間違えると困ることは、大きな会社に派遣されている場合派遣社員の方は別名簿になっていることが多く、カード会社からの在籍確認に問題が発生してしまいます。

受付で社員名簿に載っていないので「そのような者は、弊社には在籍しておりませんが・・」と答えられる可能性が高いので、そうなれば審査落ちしてしまいますから要注意なのですよ。

年収・他社の借入情報は正直に!嘘を申告すると審査落ちする

  • 年収は多めに申告する方が多い
  • 借入は少なく申告する方が多い
  • いずれも正直に申告することが必要

先にも説明しましたが、借入がある場合は審査通過が難しくなるマイナス要素ですが、虚偽の申告をする方がもっと大きなマイナスとなってしまいますからね。

居住情報、既婚の有無も虚偽はダメ!嘘が発覚するとカード停止も

居住情報や既婚の有無も審査時には大きなポイントとなります。先に説明しましたが、家賃を払うことが不要で、独身であれば収入は好きなように使用することができるからなのです。

  • 借家住まいなのに、親の持ち家と申告する
  • 結婚しているのに、独身と申告する

実際にバレなければ大丈夫と、虚偽の申告をする方は存在します。ですが、カード会社は途上与信を行っています。

発覚すれば、現在利用しているカードの停止や、クレジットの残金を一括請求される可能性もありますので、虚偽申請は絶対にダメですよ。

クレジットカードの審査内容を詳しく解析した記事が、当サイトに掲載されています。ここで説明した以上に、信用情報機関などの情報も詳細に説明してあるので、良くお判り頂けると思いますよ。

申込み時には、申告内容に嘘があってはいけません。全ての項目について正直に申告しましょう。

また、意外に申告する項目は多いですから、途中で書類を探すなど時間が長くならない工夫も必要です。

注意点を守れば派遣や契約社員の方もカードを作ることができる

派遣社員や契約社員の方は、一般的にクレジットカード審査が難しいと言われています。

ですが、先に説明した注意点を守って、おすすめのクレジットカードに申込めば、カード取得は難しくありません。

派遣法の改正によってこれからは、派遣社員の方のカード審査は有利になっていくでしょうから、ネガティブに考えないでポジティブ思考でいきましょう。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断