三菱UFJニコス「MUFGカード」

フレックス払い登録で年会費半額!
コスパ最強!MUFGゴールドカード

クレジットカードの支払いが便利!「フレックス払い」を解説

クレジットカードの支払いが便利!「フレックス払い」を解説

クレジットカードで有名な支払方法には、リボルビング払いと分割払いが存在しますが、最近良く使われているフレックス払いをご存知ですか?

フレックス払いは、とてもお得な支払方法だと言われているのですが、どのようにお得なのか良く判らない方は多いと思います。

リボ払いも便利で良く利用される支払方法ですが、どこが違うのでしょうか?今回は、フレックス払いの特徴や魅力を、詳しくご紹介しましょう。

リボ払いとフレックス払いの違い!?それは、自由度にある!

リボ払いはクレジットカードでの支払方法の中で、最もポピュラーな方法で「毎月定額」での支払いが魅力ですが、フレックス払いは、その便利なリボ払いをさらに進化させたシステムとなっていて「自分の好きな時に、好きな金額を返済すればいい」そんな便利な支払方法なのです!

さて、そんな便利なシステムとはどんなものなのか、詳しく解説しましょう。

フレックス払いの元祖!?JCB「Arubara」カード!

先ずはリボ払いより便利な支払方法であるフレックス払いのシステムをクレジットカード市場へ送り込んだのはJCBでした。

今から10年以上前の2001年に誕生した「JCB Arubaraカード」が、現在のフレックス払いの元祖だと言われています。

  • 自由な金額設定が出来るリボ払い方式
  • 銀行引落しだけで無く、コンビニ支払OK!
  • フリーターでも発行可能
  • ポイント獲得が2倍

このような特典で、発売から一瞬でブームを起こしました。「Arubara」とは「あるとき払い」をもじった造語で、正にカードの支払方法そのものをネーミングしていたのですね。

ところが、2006年の貸金業法改正に伴う段階的施行によって、手数料の変更や他社との競合もあり2007年に発行停止となったカードなのです。

現在はその後継カードとして、JCBからリボ払い専用カード「JCB EIT」が発行されています。

現代のフレックス払いのシステムとは!?

フレックス払いの特徴は、元祖である「Arubara」から引き継がれていて、フレックス払いの特徴である「支払金額を自由に設定出来る」システムは健在であり、通常のリボ払いよりも返済時の自由度は高くなっています。
  • 最低支払金額を設定
  • 設定金額内までは1回払い
  • 設定金額を超えた分は、翌月からリボ払い
  • 設定金額はいつでも変更可能
  • 設定金額内なら、手数料は無料
  • 余裕のある月は、設定金額に好きな金額を上乗せ出来る

上記の点が通常のリボ払いとは異なるところで、設定金額内であれば1回払いと見なされて、手数料がかかりませんし、設定額を超えた分は自動的に翌月からリボ払いになるので、支払いが楽になります。

余裕のある月は、好きなだけ上乗せして返済が可能なので通常のリボ払いのように、いつまでも返済が終わらないリスクを防ぐことが出来るのです!

判りやすく設定金額5,000円でシュミレーション!

フレックス払いをもっと判りやすく、具体的にシュミレーションしてご説明しましょうね。最低支払金額を5,000円に設定した場合でご説明します。

  • 1月に5,000円の鞄を購入
  • 2月の支払は5,000円のみ、設定金額内なので手数料無料
  • 3月に20,000円のバックを購入
  • 4月の支払は、設定金額の5,000円で手数料は無料 残金15,000円は5月に繰越
  • 5月の支払は、リボ払い設定の5,000円+手数料 残金10,000円は6月に繰越
  • 6月の支払は余裕があったので、10,000円+手数料を全額返済

このように、最初に設定した最低支払金額内であれば、手数料が無料なのも魅力ですし、好きな時に全額返済してもOKなところもいいですね。

フレックス払い登録で年会費半額!コスパ最強!MUFGゴールドカード

MUFGカード ゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 最強のコストパフォーマンス
  • アニバーサリー月はポイント1.5倍!
  • 国際線空港ラウンジ無料
  • 格安年会費で充実した付帯保険
  • 銀聯カード追加可能
  • POINT名人.com経由でポイント優待

MUFGカード ゴールドには、ざっと見るだけでもこのように優れた機能揃い。国際ブランドはVISA、JCB、MasterCardの3種類から、お好きなものを選べます。

フレックス払いであれば、設定金額内の返済額の場合手数料が不要であることは、大きなメリットでしょう!

シュミレーションにあるとおり、設定金額以上の買い物をしても、1回目の返済では手数料が不要となしますから、これはとてもお得だと言えますね。

フレックス払いとは呼ばない!?固有のサービス名が登場!

さてここで、冒頭からフレックス払いと、ご説明してきましたが本当は、各社で固有のサービス名が存在しているので、フレックス払いとは、それらの総称だと思ってもらっていいでしょう!

実際にリボ払いと良く似ているのでリボ払いと呼んでいる会社もありますから、その方が世間的には馴染みやすいネーミングでしょうね。

では、各クレジットカード会社での、サービスの名称と特徴をご紹介しましょう。

三菱UFJニコスカードは「楽Pay」(らくぺい)

三菱UFJニコスでのサービス名称は「楽Pay」(らくぺい)です。支払システムは先に紹介したシュミレーションと同じで、最低指定額は4段階の設定となっています。

  • 手数料は年15%
  • 最低支払い金額が5千円:利用残高20万円以下
  • 最低支払い金額が1万円:利用残高20万円超50万円以下
  • 最低支払い金額が2万円:利用残高50万円超100万円以下
  • 最低支払い金額が3万円:利用残高100万円超

「楽Pay」の最低支払い金額は、5,000円からになり、利用残高が増えるに従って最低支払額もアップしていくシステムになっています。

JCBカードは「支払い名人」

JCB一般カード「JCB ORIGINAL SERIES」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • JCBプロパーカード!多彩な機能とサービスを兼ね備えたカード
  • スターバックスで還元率2.5%!セブンイレブンでポイント還元率1.5%
  • nanacoポイントを貯めるならJCB ORIGINAL SERIES!
  • 世界60ヵ所にあるJCBプラザ!日本語対応のサポートで海外旅行も安心
  • 電子マネー搭載カードも選べる!チャージ不要の便利な後払い式QUICPay

JCB ORIGINAL SERIES(一般)のお得なサービスを挙げるとたくさんありますが、その中でも素敵すぎる魅力のサービスを挙げれば、次の5つになるでしょう!

さて先に少し触れました、フレックス払いの元祖カードを発行していたJCBでは、カード自体に支払機能を持たせるのでは無く、他社と同じように支払方法を選べる設定に変更しています。

そのシステムの名前は「支払い名人」と呼んでいて「お財布のコントロールが自由自在!」とのキャッチコピーでPRしています!

支払システムは先に紹介したシュミレーションと同じですが「支払い名人」の最低支払い金額は、5千円以上1,000円単位で自由に設定出来るのが特徴ですね。

最低支払い金額の設定はWEBの会員サイト「MyJCB」から設定が行なえて、何度でも変更が可能になっているので、とても便利なのです。

  • 手数料は年15%
  • 最低支払い金額が5千円以上1,000円単位で設定可能
  • WEB会員サイトからいつでも変更が可能
  • 残高の全額または一部をまとめ払いが可能
  • コンビニ、銀行ATMから手数料無料で入金可能
「支払い名人」の特徴は以上のとおりですが、とても自由度の高いサービス内容になっていて、最低支払い金額も、5,000円以上1,000円単位で設定出来ることは、とても魅力だと思えますよね!

三井住友VISAカードは「マイ・ベイすリボ」

三井住友VISAクラシックカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

VISAカードで有名な三井住友VISAカードでは「マイ・ベイすリボ」のサービス名で提供されています。支払システムは先に紹介したシュミレーションと同じで、最低支払い金額が「定率コース」を選ぶと3,000円からと、他社より低い設定になっています。

  • 手数料は年15%
  • 最低支払い金額が5千円以上10,000円単位で設定可能
  • 「定率コース」で利用残高10万円以下の場合は3,000円からOK
  • WEB会員サイトからいつでも変更が可能

以上が「マイ・ベイすリボ」の特徴となり、最低支払い金額は5,000円以上で10,000円単位がちょっと気になりますね。先に「JCB 支払い名人」のサービス内容を、見てしまったからかも知れませんね。

フレックス払いの呼び方は、クレジットカード会社で異なってきます。

今では、リボ払いと見分けがつかないようになっていますが、返済額が自由に変更できる支払い方式であれば、それがフレックス払いとなるのですよ!

通常のリボ払いとは、唯一その点が違うことを覚えておきましょう。

フレックス払いのメリット!?自由な返済額の設定にあり!

フレックス払いのメリットを挙げるなら、返済額を自由に変更できる点でしょう!先に説明した「JCBの支払い名人」では、最低支払い金額が5千円以上千円単位で自由に何度でも設定出来るので、お財布の状況にあわせて支払いをコントロール出来ますね。

余裕の無い時は5千円!少しの時は8千円!余裕の時は2万円!

ここでは、一番自由度が高いと思われる「JCBの支払い名人」で解説を進めていきますね。

「支払い名人」だと余裕の無い時は5千円!の返済にして、少しの余裕の時は8千円!に変更。余裕の時は2万円!にと、月々の状況に応じて返済額を変更出来るので、利用者にとっては、これはとても大きなメリットです!
  • お財布に余裕の無い場合は、5,000円の支払い
  • お財布に少し余裕がある時は、8,000円の支払い
  • お財布に十分余裕のある時は、2万円の支払い
  • 支払額を1,000円単位で選ぶことが出来るのがメリット!

しかも、超余裕が出来た時は、コンビニや銀行ATMから全額返済も可能なので「つい他に使ってしまった!?」と言った、支払いのタイムラグで起きる無駄使いを防ぐことが出来るので嬉しいですよね!

カード会社にてシステムが異なる!自分に合った会社を選ぶこと

先の説明では「JCB 支払い名人」でしたが、各クレジットカード会社で最低支払い金額の設定や返済のシステムは異なっています。

ですから、クレジットカードを選ぶ時にシステムの内容を確認して、ご自分に最も合った返済方法のあるカード会社が発行するクレジットカードに申込むことが大切になってきますよ!

カードが届いてからでは遅いので、最初に返済システムを確認してから申込むようにしましょう。

フレックス払いは、設定変更を上手く活用すればリボ払いのように、長い期間支払いを続けることは無くなってきます。

余裕のある時には多く支払うことが出来、余裕の無い時は最低額のみ支払っておけば良いのですから、とても便利な支払い方法なのですよ!

フレックス払いを推薦できるタイプ!?まめな性格の方が一番!

フレックス払いは、返済の自由度が通常のリボ払いよりも高いので、上手く利用すれば返済が楽になることは間違いありません。

ですが、あくまでも上手く利用する条件が必要となってきますので、フレックス払いを推薦できるタイプは「まめな性格の方」が一番であると言えますね!

最低返済額の変更は、意外に面倒な作業なのです!

最低返済額はWEBの会員サイトから変更することが出来ますが、これが意外と面倒な作業なのですよね。インターネットに慣れている方は問題ありませんが、そうでない方にとっては、サイトを開いてログインするところで、つまずいてしまう方も多くいるはずなのです。

  • 最低返済額の変更はWEBサイトの会員ページで行う
  • 会員ページへは、ログインが必要
  • IDやパスワードを忘れてしまう方には面倒な作業
  • ローマ字の大文字、小文字の切替えが判らないとログイン出来ない
  • 月々のお財布状況など、収支の管理が出来ないと無理かも知れない

上記のように、ログインの為のIDとパスワードが判らないとか、ローマ字の大文字、小文字の切替えが出来ないなど、意外なところでトラブルが発生して変更するまでに至らないケースはたくさんあります。

それに加えて、月々のお財布状況もきちんと把握しておかないと、金額をいくらに変更するか計算できませんからね。

ですから「まめな性格の方」でないと、フレックス払いは向かないと思いますよ!

最少金額の変更や増額払いを行なわない!?リボ払いで十分!

先の続きになってしまいますが、最少金額の設定変更や途中の増額支払いを行なわないのであれば、通常のリボ払いと、なんら変わるところはありません!

フレックス払いのメリットは、お財布状況に合わせて支払い額を自由に変更出来ることですから、それを生かせない、まめに変更する自信のない方は、通常のリボ払いにしておいた方が、逆に便利だと思いますよ。

何となくポイント2倍とか、キャンペーンでお得などの「キャッチコピーに誘われて登録してしまった」なんてことにならないように、ご注意くださいね。

通常のリボ払いでもポイントが高いカードはありますから、お得情報には要注意です!

フレックス払いを体験した方々の感想を公開します!

ここで、フレックス払いを体験したことがある方々の声を、インタビュー形式でご紹介しましょう。

Q.フレックス払いは、どのような商品の購入で使われましたか?
A.ボーナス前の、電化製品の買い替えの際に利用しました!

ボーナス前にフレックス払いを利用して、金額が大きい電化製品を購入したのですが、ボーナスまでの2ヶ月間は最少支払い額を10,000円で抑えて、ボーナス月に残金を一括支払いしました。手数料も1回だけだったので、とてもお得に購入できたと思っています。

Q.フレックス払いを利用したことで便利だったと実感するポイントは?
A.好きな時に、返済をすぐに終わらせられることですね!

以前から、アパレルなどで安い服を現金購入していました。今ではフレックス払いで高額な服を購入しても、支払い金額が自由だし、余裕のある時に支払いを済ますことが出来るので、安心して好きな服を購入出来るようになりました。

Q.フレックス払いを利用したことで、得した体験などありますか?
A.自分はギフト券が当たったことが嬉しかったかな。

フレックス払いのキャンペーンで、当たるとは思っていなかったギフト券が当たりました。購入した商品が割引になった気分で、とても嬉しかったですよ。

このように、フレックス払いを利用した方々は便利な支払い方法だと感じているようですね!

フレックス払いは、返済金額が自由に設定出来てしかも、設定金額内であれば手数料が無料なのは、とても魅力だと思います。

ですが、もし設定変更を行わなかったならどうなるのでしょう?

設定変更を行うことなく、最初に設定したままであれば通常のリボ払いとほとんど変わりません。

設定変更を行わなければ、フレックス払いの恩恵を受けることは出来ないのです。

諸君が使う、メールサーバーへのパスを変更しない学生もいますから、そのようなズボラな学生諸君は、フレックス払いでなく通常のリボ払いを利用した方が良いでしょうね!

フレックス払いは、上手に利用しないと意味がありません!

フレックス払いのメリットは「自由な返済方法」にあります!最低支払い金額が自由に設定出来ますし、返済途中で増額返済も、一括返済も思いのままですからJCBのキャッチコピーどおり「お財布のコントロールが自由自在!」なのです。

ただし、まめに設定変更しないと意味がありません!契約時に設定したままだとフレックス払いのメリットを、使わないままになってしまいますよ。

便利なフレックス払いは、上手に利用しないと全く意味が無くなりますので、設定変更はまめに行う必要がありますからね!

メニューを閉じる