三井住友VISAカード

WEB明細で年会費が500円割引!
信頼のブランド三井住友カード!

自宅以外に郵送可能?クレジットカードの明細書の基礎知識

自宅以外に郵送可能?クレジットカードの明細書の基礎知識

クレジットカードの明細は、きちんと確認されているでしょうか!?中には、カード利用しても利用控えの伝票も直ぐ捨ててしまって、後にお知らせされる明細も見ていない方もいらっしゃるでしょう!

クレジットカードを正しく利用する為には、カードの利用残高を知っておくことは大切なことですし、その月の利用金額を確認しておかないと、カードの使い過ぎに繋がってきますよ。

最近では、ほとんどのカード会社でWEB明細の利用を推奨されていますが、このWEB明細が原因で明細を確認しない方が増えているのです。

今回は、クレジットカードの明細の重要性について、詳しく解説しましょう!

WEB明細を利用しない!?明細は自宅への郵送が基本!

クレジットカードを利用した際に、発行される明細は正しいクレジットカード利用をする為に、必ず確認しないといけないものなのです。

冒頭にも触れたとおり最近では、ほとんどのクレジットカード会社がWEB明細への登録を推奨していますが、WEB明細にするにはご自身の手続きが必要なのです。

明細は、手続きをしなければ基本的に自宅へ郵送されることになっていますが、家族に見られないようにしたい方もいらっしゃるでしょう。

先ずは、WEB明細以外を選択されている方のパターンをご説明しましょう!

クレジットカード会社へ相談!?勤務先など別の場所に郵送可能

先ずは、明細をWEB明細以外の利用で、家族に見られないようにしたい方へのご説明になりますが、クレジットカード会社によって、対応は様々ですが相談すれば自宅以外の場所に郵送してくれる場合もあります。

  • 自宅以外の送付場所は、申込時に登録した勤務先住所のみ
  • 自分で指定した任意の場所に送付されることは無い

クレジットカード会社によっては、自宅以外の場所への送付は規則で出来ない場合もありますので、全てのカード会社が相談に乗ってくれるとは限りませんから、ご注意くださいね。

郵便局の転送届を利用!?自宅には届かないが全ての郵便が対象

もう一つの方法は、郵便局に転送届を出して自宅に届く郵便物を、所定の場所に転送してもらうことも出来ますよ!

ただし、クレジットカード会社からの明細のみを転送することは不可能なので、自宅に届く自分宛の郵便物全てが転送されることになってしまいます。

それに、明細は必ず郵便で届くとは限りませんので、郵便以外の方法で届く時には転送されないので、要注意ですよ!

  • 郵便局の転送届を利用すれば、自宅には配達されない
  • 全ての郵便物が対象である為に、明細のみ転送は出来ない
  • 自宅に住んでいる場合は、この方法は利用出来ない

家族に内緒したい!?WEB明細が最も簡単で便利な方法!

先に説明したとおり、WEB明細以外では自宅に郵送が基本となりますので、家族に内緒にしたい方はWEB明細に登録することが、最も簡単で便利な方法となりますね!

  • クレジットカード利用を家族に内緒にしたい
  • 年会費を無料にしたい
  • お得な特典を手に入れたい

WEB明細を利用すれば、クレジットカード利用を家族に内緒にすることが出来ますし、登録することで次年度の年会費が無料になったり、お得な特典を手に入れたりすることが出来るので、とてもお得なのですよ!

クレジットカードの利用を家族に内緒にしておきたい方は、大勢いることでしょうね。

内緒にすることの善し悪しは別として、WEB明細に切り替えれば自分だけしか確認することが出来ないので、完全に内緒にしておくことが可能ですよ!

WEB明細が主流!?クレジットカードのお得な明細種類!

ここでは、先に説明しましたお得なWEB明細についてご説明していきましょう!

現在ではWEB明細が主流となり、もしかすると全てのクレジットカード利用者が、明細の種類をWEB明細にしているかも知れないほどなのです。

ですが、WEB明細に切り替えたことで明細を確認しない方が増えてしまているのも事実なのですよ!

便利なWEB明細!郵送の明細より確認率が低い!?

携帯やスマホのメールアドレスを登録しておけば、明細は簡単に、いつでもどこでも確認することが出来ますから、とても便利ですね。

ですが、不思議なことにWEB明細にすると、郵送されてきていた明細と比較して、確認率が低くなる傾向にあるのです。

  • WEB明細にすると、お知らせメールは確認するが明細までは見ない
  • WEB明細はお知らせメールから会員ページにログインする必要がある
  • ログインが面倒なので、明細確認を後回しにしてしまう

上記のように明細が更新されたことは判っていても、自らがログインして情報を確認するには、もうひと手間必要なので、ここで止まってしまうのですね!

ログイン情報を忘れてしまった!情報を見るのが面倒に!?

確認率が低い原因の理由として、会員ページにログインするためのIDとパスワードを忘れてしまったから、そのままにしている方も多くいます。

確かにどこかに書いていて、人に見られれば不正利用の原因にもなりますから、記憶しておくことが重要になってくるのですが、毎日必要に迫られて入力する情報では無いので、忘れてしまいますよね。

ですが、明細を確認することは、不正利用を早期発見することにもなりますし、ご自分のクレジットカードの利用方法を確認する為にも必要なことなのです。

  • ログインは面倒でも明細は確認しておくことが重要
  • IDやパスワードは、スマホや携帯に記憶させておくと便利
  • 万一、スマホを落としてしまった時の対処にパスコードの設定は必須!
  • カードの不正利用の早期発見や、限度額の確認する為にも明細の確認は必要

クレジットカードで商品を購入しようとして、限度額いっぱいで利用出来なかったら、困ってしまいますよ!

部屋の秘密の場所にメモを保管!?定期的に確認しよう!

IDとパスワードを忘れてしまうのは、仕方の無いことだと思います。ですが、だからと言って明細を確認しないのは、仕方ないで済ませてはいけないのですよ。

スマホや携帯にIDやパスワードを記憶させておくのは、セキュリティ上好ましくないとお考えの方には、次の方法をお薦めしますよ。

部屋の秘密の場所に、IDとパスワードを記載したものを保管しておいて、毎日で無くて良いので、定期的にログインして確認するようにしましょう!

万一、記録したものが無くなっても会員ページへのIDとパスは、再発行可能なので手続きを行って再取得しておくことをお薦めします。

自動で登録されない!?WEB明細にするには手続きが必要!

クレジットカードの規約上、WEB明細はカード会社が勝手に行うことは出来ないのです!

  • カード申込み時に一緒にWEB明細に申込む
  • WEB会員に登録して、会員ページから申込む

WEB明細に切り替えるには、上記の方法で利用者が申込みを行わない限り、明細は郵送されてしまいますからご注意ください。

WEB明細に登録する最も簡単な方法は、申込み時に内容を良く確認して、明細の送付方法を「WEB明細」にしておくことです!

また、既にクレジットカードを持っている方は、WEB会員に登録して会員ページよりWEB明細への切り替えを行いましょうね。

僕たち学生にしてみれば、WEB明細は当たり前だと思っていました。

ところで、疑問に思うのですがクレジットカードを発行する時に、なぜ全てWEB明細にしないのですか?

登録制なので、切替えを面倒に思う方がいるのだと思うのですが・・

割賦販売法第30条の2の3各項と貸金業法第17条第6項に明細は書面で通知することが定められています。

ですが、カード会社が利用者に事前に承諾を得た場合に限って、電磁的書面つまりWEB明細で通知することが許可されているのです!

書面通知は法律で定められた方法なので、最初からWEB明細にすることは出来ないのですよ。

明細はどう確認する!?WEB明細の見方は超簡単!

それでは、WEB明細に切り替えたとしてこの明細の見方は難しくないのでしょうか?WEB明細自体の見方はとても簡単で、どのカード会社でも判りやすく表示されています。

パソコンなどが苦手な方にとって一番の問題は、WEB会員への登録とWEB明細を見る為に会員ページにログインしないといけない点かも知れませんね!

各クレジットカード会社のWEB会員ページ!会社で呼び方が異なる

各クレジットカード会社でWEB明細を確認する為の会員ページの呼び方をご紹介しておきましょう。

  • 三井住友カード:Vpass(ブイパス)
  • 三菱UFJニコス:DC WEBサービス
  • JCBカード:MyJCB
  • セゾンカード:Netアンサー
  • ライフカード:LIFE-Web Desk

いずれも、カード会社のWEBサイトから会員登録を行う必要があり、その時にログインする為のIDとパスワードが発行されます。

WEBサイトを利用する際に必要なのは、メールアドレスとインターネットに接続できるパソコン・スマートフォン・携帯が必要になりますが、ほとんどの方は機器の心配はいらないでしょうね。

パソコンなどが苦手な方でも、画面の説明どおり操作すれば難しくありませんから、苦手だからと敬遠しないでチャレンジしてみましょう!

やってみれば意外に簡単だったりするものですからね。

三井住友カードVpassでの利用明細の見方!

WEB明細の形式は各カード会社で異なってきます。ここで、三井住友カードVpassで提供されるWEB明細の見方をご説明しましょう!

PpassでのWEB明細は、三井住友カードWEBサイトで紹介されていて、スマートフォンでの利用明細の表示は、次のようになっています。

三井住友カードWEB明細はこちら

  • (1):複数のカードを所有している場合はここでカードを選択します
  • (2):知りたい利用月を選択します
  • (4):知りたい月の利用明細が表示されます

このようにとても簡単で見やすい表示になっていますので、面倒だと思わないでログインして確認しておきましょう!因みにパソコンとスマートフォンでは画面のサイズが極端に違うので、表示方法も異なっています。

上記の説明で(3)が抜けていますが、パソコンでの表示では(3)で印刷することが可能となっているのですが、スマートフォンでは印刷機能が無いので(3)が省略されているのです。

また、パソコンでログインすれば利用月の明細をCSV形式のファイルでダウンロードすることも出来ますので、毎月パソコンで家計簿をつけている方には、とても便利になっていますね。

コスパに優れた三井住友VISAクラシックカード

ここで、信頼が高い大手の三井住友カードの中で、最もコストパフォーマンスに優れている三井住友VISAクラシックカードの詳細をご紹介しておきますね。

三井住友VISAクラシックカードの年会費は1,250円(税別)ですが、WEB明細を利用すると500円優遇され年会費が750円になります。

三井住友VISAクラシックカードには年会費免除の特典があります。

その条件とは「マイ・ペイすリボ」に登録する事と、年に1度以上カードを利用する事です。

「マイ・ペイすリボ」は、設定した月の支払額を超えた分のみリボ払いになるシステムですが、設定額をカードの限度額と同額(支払額を引き上げる)にすれば、実質1回払いとなります。

手数料を支払う事なく、年会費が免除されますので、この下準備はおすすめですね。

三井住友カードは、USJのチケットが優待価格で購入できたり、アジアで利用できるレストラン割引特典(Globe Pass)など、様々な特典が利用できます。

三井住友VISAクラシックカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
ポイントUPモールの実店舗展開によるサービスも大変魅力的で、ポイントUPモールを活用すればボーナスポイントが獲得できてお得ですよ。

MyJCBの利用明細の見方!パソコン・スマホ共通の表示

それでは、もう一つだけWEB明細の見方をご紹介しておきましょう!JCBカードのMyJCBでは、先のVpassのようにパソコンとスマホと別々の表示方法でなく、共通の表示となっています。

JCBのWEBサイトで次のようにWEB明細が紹介されていますよ。

MyJCBの利用明細はこちら

参照元:JCBカード
  • 1:一番上段で知りたい月を選びます
  • 2:直ぐ下のところにカード情報が表示されます
  • 3:下段位置に知りたい月の利用した明細が表示されます

上段で知りたい月を選ぶのですが、その月の利用金額が確定されていない場合は、その月を選ぶことは出来ませんのでご注意くださいね。

JCBカードの場合は15日締日で翌月10日引落し日なので、15日までは前月分しか確認出来ないこととなります。

WEB明細を利用しない場合!?郵送される明細の見方!

WEB明細が主流の現代ですが、それでもWEB明細を登録しないで、郵送にて紙ベースの明細を確認されている方もいらっしゃるでしょう。

ですから、ここでWEB明細でない紙ベースの明細の見方もご紹介しておきましょう。先に説明したJCBカードの場合でご説明しますので、どれだけWEB明細のほうが見やすいかお判り頂けると思います。

これも、JCBのWEBサイトに紹介されている画像で次のようになっています。

JCBの利用明細書はこちら

  • A:所有しているカードごとの情報が記載されています
  • B:利用毎の支払い方法が表示されています
  • C:海外で利用した場合の現地通貨額、換算レートが表示されます
  • D:QUICPayの利用分が記載されています
  • E:割引が適用される場合は、ここに表示されます
  • F:各支払方法に適用される年利が表示されます
  • G:ポイント対象となる利用分に「*印」が表示されます

このように、とても詳細な表示になっていますが、全てを確認するには意外に時間がかかりそうですね。WEB明細だと、カード毎に明細の表示が可能なので、すっきりしていますが、紙の明細の場合だと、上記のようにまとめて印刷されているので、煩雑に見えてしまうのです。

このように比べて見ると、WEB明細の方が利用料金は簡単に判るので便利だと思いますよ!

記事内で紹介している明細を見れば、WEB明細の方が断然見やすい状況になっていると思います。

会員ページは、利用した明細だけで無く、様々なお得情報がありますから、普段からログインする癖をつけておきましょう!

クレジットカードの明細はWEB明細が、簡単でお得!

クレジットカードの明細を、家族に見られたくない方はWEB明細に登録してしまえば、誰にも判らないように利用状況を確認することが出来ます!

しかも明細の種類をWEB明細にすることで、年会費が安くなったりするサービスを、受けることが出来るのでお得ですし、先の紙ベースの明細と比較しても断然見やすく判りやすいですよね。

WEB明細は自ら、会員ページにログインして確認する必要がありますが、その手間を面倒だと思ってはダメですよ!

WEB明は、簡単でお得ですが、きちんと確認しないと意味がありませんからね!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断