エポスカード

まずはエポススタンダードカードから
利用実績を積めばゴールドへ招待

エポスゴールドカードで更にお得に!年会費永年無料も可能!

エポスゴールドカードで更にお得に!年会費永年無料も可能!

あのエポスにもゴールドカードがあるってご存知ですか?スタンダードのエポスも人気ですが、上位カードに興味をお持ちの方にはこちらのゴールドがお薦めです。

このカードにはゴールドならではの特典がしっかり備わっているだけでなく、魅力的なポイントの特典もあります。

今すぐにでも入会して頂きたいカードですが、実際に申し込むのはこの記事を読んでからにしてください。といいますのも、実はこのカード、年会費に関わる秘訣があるんです。これを読めば、あなたにもゴールドカードを無料で手に入れるチャンスが訪れるかも!?
この気になるエポスゴールドカードの内容を、これから詳しくご紹介しましょう。

エポスゴールドカードはコストパフォーマンス最強のゴールドカード

  • エポスゴールドはコスパ最強!年会費無料も可能
  • エポスなら自動付帯の海外旅行保険で安心
  • 空港ラウンジも利用可能!海外旅行時に役立つゴールド特典
  • 有効期限なしの永久ポイントが貯まる
  • ゴールドだけの「選べるポイントアップショップ」

一般のスタンダードなカードから上位カードにバージョンアップすると、付帯保険や優待サービスといったメリットが増えますが、問題は年会費。メリットとコストのバランスが悪ければ元が取れません。

エポスゴールドカードは、そのような心配がもっとも少ないカードです。何故なら、年会費を払うことなく手に入れることもできるからです。この様々な可能性を秘めたエポスゴールドカードについて、これからご説明していきましょう。

赤いエポスのゴールド版、エポスゴールドカードはポイントが貯まりやすく、海外旅行に役立つ機能もしっかり備わっています。

問題の年会費ですが、エポスはこれを完全に無料にすることも不可能ではありません。だからこそ、エポスゴールドカードはコストパフォーマンス最強だと言えるのです。

エポスゴールドカードは年会費ナシでも持てるってホント?

ゴールドで問題となるのが年会費。エポスゴールドカードの年会費は5,000円という低価格ですが、「ステイタスなんてどうでもいいし、年会費無料のカードで十分」という声も聞こえます。でもゴールドの年会費がタダだとしたらどうですか?

同じ無料なら、より内容の充実したゴールドの方がいいに決まってますよね。実はエポスゴールドカードには、年会費を無料にする方法が2つあるんです。

年間50万円以上の利用で年会費が翌年以降永年無料

エポスゴールドカードを申し込むと、初年度の年会費5,000円は必要ですが、50万円以上カードを利用することで、次年度以降の年会費が永年無料となります。

「年間50万円も使い続けるのは大変そう」という思う方もいるかもしれません。でも例えば毎月このくらい支払えば年間で60万円です。公共料金をカード払いにすることで、意外と簡単に達成できる金額ですね。

  • 電気料金・ガス料金・・・・・・・・・・・1万円
  • 携帯電話料金・プロバイダ料金・・・・・・1万円
  • コンビニやスーパーでのお買い物・・・・・3万円

ただ以下のように、一部利用額に加算されない例外もあるのでご注意ください。

  • マルイの運転免許
  • クロネコヤマトの引越
  • 保証人おまかせプランROOM
  • iDの支払い

インビテーションが届けばずっと年会費無料に!

2つめの方法は、初年度の年会費すらかかりません。これは先ずスタンダードのエポスカードに入会し、「インビテーション」によってゴールドにレベルアップする方法です。

■インビテーションとは?
一定基準を満たしたクレジットカード入会者だけに届く、上位カードへの招待状。ゴールドカードの中には、インビテーションがないと申し込めないものもある。

ゴールド入会には申込制と招待制(インビテーション制)があり、エポスゴールドカードはその両方を取り入れています。普通はインビテーションに応じてゴールドになっても、年会費は払わなくてはなりません。しかしエポスゴールドカードの場合、年会費が永年無料になります。

つまりエポスゴールドカードは、インビテーションに応じると年会費無料になるという、非常に珍しいゴールドカードなのです。

エポスのインビテーション基準は厳しくない

「でもインビテーションが届くのは限られた人だけでしょ?」と思った方も多いはず。ところがエポスの場合、普通に利用していたらインビテーションが届いたという声がよく聞かれるのです。

以下のような基準をクリアできるなら、あなたもインビテーションが貰える可能性は十分にありますよ。

  • 支払い期日遅れなどがない
  • エポスカード入会後1年以上
  • 年間50万円以上の利用が目安

ただエポスが基準を公表している訳ではないので、上の条件は絶対ではありません。中には1年経たないうちにインビテーションが届いたという例も。特に公共料金や電話料金をカード払いにしていると、安定した利用が見込めるので評価が高まるようです。

いずれにしても比較的クリアしやすい基準なので、通常カードを使いながらインビテーションを待っている方は結構多いんですよ。上手くいけば、あなたも年会費を払うことなく、これからご紹介するゴールドの特典を味わうことができるでしょう。

次年度以降の年会費が割引きになるゴールドカードはあっても、インビテーションで年会費が完全無料にになるのはエポスゴールドカードくらいです。コスト0円で特典が利用できるんですから、このカードのコストパフォーマンスが最強というのも納得ですよね。

しかもこのインビテーションの基準は、決して厳しいものではありません。「ゴールドのインビテーションなんて無理」と、最初から諦める必要はないんですよ。

自動付帯だから安心!エポスゴールド海外旅行保険の保障内容

ゴールドと言えば付帯保険がより充実するのが普通ですが、エポスゴールドカードはその点どうなのでしょうか?その保障内容を詳しくチェックしてみましょう。

エポスゴールドは海外旅行傷害保険が自動付帯!

まずはこちらがエポスゴールドカードに付帯する保険と主な補償内容です。

■エポスゴールドカード付帯保険 
  ・海外旅行傷害保険 
     自動付帯
     最高1,000万円(賠償責任は最高2,000万円)

これだけ見ると保険の種類も補償金額も決して十分には見えないのですが、ここでは自動付帯だということをまずご確認ください。

利用付帯だとカードで旅行代金を支払うことなど前提条件があり、カードを持っているだけでは保険金が降りないこともありますが、エポスならそのような心配はありません。

実用性の高い付帯保険だから安心!

実はエポスゴールドカードの付帯保険の金額が高くないのには理由があります。以下、スタンダードとの海外旅行傷害保険内容を詳しく比較しましたのでご覧ください。

海外旅行傷害保険の補償内容 エポスカード エポスゴールドカード
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1,000万円
傷害治療費用 200万円 300万円
疾病治療費用 270万円 300万円
賠償責任(免責なし) 2,000万円 2,000万円
救援者費用 100万円 100万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円 20万円

このように元々の傷害死亡・後遺障害の補償額が500万円と低いために、ゴールドで倍額になっているのにもかかわらず見劣りしてしまうんですね。しかしその補償項目をよくよく見れば疾病治療までカバーしており、その補償額も他ゴールドカードに匹敵します。

エポスゴールドカードの付帯保険は、死亡時の補償額こそ少ないものの、病気や怪我への保障が充実しており、よくあるトラブルに強い実用性の高い保険なのです。

さすがゴールド!海外旅行がグレードアップする特典内容

またエポスゴールドカードは、保険だけでなく以下のように海外旅行に役立つ各種特典も利用できます。

■空港ラウンジ無料サービス
    ・羽田、成田、伊丹、関西国際空港など国内主要空港ラウンジ
    ・仁川、ホノルルの国際空港ラウンジ
■エポスカード海外サービスデスク
■Visaゴールド国際線クローク優待価格
■Visaゴールド空港宅配優待価格
■Visaゴールド海外モバイルWi-Fiレンタル優待価格
特に空港ラウンジ無料サービスは利用対象も多く、申し分のない内容です。エポスの場合年会費無料で使えるケースもあることを考えれば、この内容はお値打ちとしか言いようがありません。

なおサービスには、エポスが提供するものとVisa提供の2種類があります。Visaゴールドの特典にはこれ以外にも期間限定のお得なサービスが随時実施されており、こちらも見逃せない内容です。

困った時もエポスの現地デスクが対応!

海外で困ったことがあれば、エポスカード海外サービスデスクが頼りになります。世界38都市で日本語対応が可能で、インフォメーションや予約、トラブルなどあらゆる出来事に対応します。

カード紛失時にも、とりあえずここに連絡をとれば適切な処置方法を教えてもらるので安心ですね。

エポスゴールドカードには海外旅行傷害保険がついています。スタンダードのエポスカードからのグレードアップなので、死亡時の補償額が低いのがやや気になりますが、その他の内容はかなり充実しています。なにより自動付帯なので安心ですよね。

またVisaゴールド特典も使えるので、空港ラウンジの無料利用や、クロークや宅配なども優待価格で使えるので、海外旅行時にはこのカードが多いに役立つでしょう。

エポスゴールドはポイント無期限!ボーナスでどんどん貯まる

エポスゴールドカードの特典の中でも、ポイントが無期限になることは見逃せないメリットです。この他、ゴールド会員限定のボーナスアップの仕組みについても合わせてご説明しましょう。

通常のエポスカードならポイント有効期限が2年間

通常のエポスカードなら、ポイント有効期限は2年間。これを過ぎるとポイントは失効してしまいます。細かく言うと、カード支払日の約1週間後にポイントが加算され、2年後の加算日前日の日付までポイントは有効です。

エポスポイントには「有効期限延長」の申込み(3ヵ月以内に期限の切れるポイントに期限延長を申し込めば24ヵ月後まで延長)もできるのですが、ポイントの有効期限はどれもバラバラで管理するのは難しいですよね。

ゴールド移行時に全てのポイントが無期限になる!

でもゴールドになれば、もうポイントの有効期限を気にする必要はありません。

エポスゴールドカードのポイントは、期限のない永久ポイントです。これならポイント獲得数の少ない方も、目標のポイント数までゆっくり貯めることができます。

■通常のエポスカード(年会費無料の一般カード)
       → ポイント加算日から2年間経つと失効
■エポスゴールドカード
       → ポイント有効期限なし・無期限に!

ところでこのカードは一般会員からゴールド会員へ移行する方が多いのですが、その場合のポイントの扱いはどうなるのでしょう?

この場合一般カードで貯めたポイントは、ゴールドカードに移行した時点で全て無期限扱いになります。

期限ギリギリだったポイントもこれで生き残ります。これもゴールド移行の大きなメリットですね。

最大10,000ポイントのボーナスが貰える!

次に、ゴールドだけのボーナスポイントについてご説明しましょう。エポスゴールドカードなら、利用に応じてこのようにボーナスが貰えます。

カード利用金額 ボーナスポイント付与
年間50万円以上 2,500エポスポイント
年間100万円以上 10,000エポスポイント

年間50万円以上の利用内容の例については、ゴールド年会費免除のところで既にご紹介しましたが、その倍額・年間100万円以上の利用イメージはこんな感じです。これで月額9万円、年100万円は軽く超えます。

  • 電気料金・ガス・水道料金・・・・・・・・2万円
  • 携帯電話料金・プロバイダ料金・・・・・・1万円
  • コンビニやスーパーでのお買い物・・・・・4万円
  • ネットショッピング・・・・・・・・・・・1万円
  • 加盟店レストランで食事・・・・・・・・・1万円

これまで現金払いだったものを意識してカード払いにするだけで、かなり利用額を増やすことができますよ。

年間100万円利用で還元率は1.5%に!

これは通常利用のほかに貰えるボーナスポイントですから、もしも年間100万円以上利用すれば付与されるポイント数はこのようになります。

ボーナスポイント10,000pt + 通常ポイント5,000pt(※) = 15,000pt
(※)エポスの通常ポイント還元率は0.5%

エポスのポイント還元率は基本0.5%ですが、ボーナスポイントを合わせると、年間100万円以上利用で還元率1.5%にアップ!エポスゴールドカードは、使えば使うほどお得になります。

ここで忘れてはならないのは、エポスゴールドカードは「年会費無料も可能」だということ。その結果、このように高還元率カードに匹敵するお得が、維持費0円のゴールドカードで可能になるのです。

「選べるポイントアップショップ」でポイント3倍!

次にご紹介するゴールドカード特典は、「選べるポイントアップショップ」。これはよく利用するお店のポイントを3倍にできる、ゴールド以上のステイタスに適用される特典です。

選べるお店は最大3店舗まで。但しマルイ・マルイ通販・マルイ店舗内のショップや一部選択できない店舗もありますが、スーパー、ガソリンスタンド、電気料金など利用額の多い支払い対象を3つまで自由に登録できます。

ポイントアップの内容は以下の通り。リボ払いだと2倍ですが、リボには手数料(利息)がかかるので、まるまるお得になる訳ではありません。

1回払い / ボーナス1回払い リボ払い
通常1pt → 3pt(3倍) 通常2pt → 4pt(2倍)

ポイントアップショップ登録で高還元率に!

「選べるポイントアップショップ」で、エポスゴールドカードの還元率はどのくらいグレードアップするのでしょうか?一例としてこの3ショップを登録すれば、こんなポイントアップ効果があります。

■この3つを「選べるポイントアップショップ」に登録すると?
・A電力会社・・・・・・・・1万円/月
・B鉄道会社(定期代)・・・1万円/月
・Cスーパー・・・・・・・・3万円/月
電力会社:1万円 鉄道会社(定期代):1万円 スーパー:3万円
50pt → 150ptにUP! 50pt → 150ptにUP! 150pt → 450ptにUP!

これだけしかカードを使わない人なら、ポイントアップ後の還元率は1.5%に。さらにここにボーナスポイント2,500エポスポイント(年間利用額50万円以上)が加われば、この例では還元率1.92%までアップします。

利用額の多い支払いを「選べるポイントアップショップ」に登録することで、エポスゴールドカードは更にお得になります。

しかもエポスゴールドカードにはポイントの期限がないため、折角貯めたポイントが失効する心配もありません。

ポイントの有効期限って意外と盲点ですよね。たくさんポイントが貯まっても、使わないと失効して全て無駄になってしまうんですから。

いくらポイントがどっさり貯まる特典があっても、ポイント有効期限が短ければ意味がありませんよね。その点、エポスゴールドカードはどうなんですか?

エポスゴールドカードにはポイント有効期限がありません。これはポイントが貯まりやすいカードだからこそ、必要なメリットなのです。

エポスゴールドカードは利用額に応じて最大10,000ポイントのボーナスが付与されるほか、3店舗までポイント3倍にできる特典もあり、予想外に沢山のポイントが貯まります。これでポイントに有効期限があったら、上手く消化しきれないかもしれません。

エポスだけの便利!ゴールド共通のお役立ち機能と注意点

以下にご紹介するのは、ゴールドだけではなく基本のエポスカードにも共通する機能ですが、今回初めてエポスに入会する方には是非知っておいていただきたい、レベルの高いサービスばかりです。

ネットショップがより安全に!エポスバーチャルカード

エポスバーチャルカードは、ネットショップ用にエポスから発行される仮のカード番号です。このカード番号を使えば、あなたの現実のカード番号を入力することなく支払いができます。

限度額の設定も自由なので、万が一悪用されても被害を最小限に食い止めることができます。初めてのショップでもこれなら安心ですね。

勿論リアルのカードと同様、こちらでもポイント付与されますし、ボーナスなど更なるポイントアップの加算対象です。

電子マネーチャージでエポスポイントが貯まる

エポスゴールドカードは以下の3種類の電子マネーへのチャージが可能です。

■チャージできる電子マネーとポイント付与
楽天Edy・・・・・・・・・・利用時と支払時
モバイルSuica・・・・・・・支払時
スターバックスカード・・・・支払時

この中で、利用と支払いのダブルでポイントが貯まるのは楽天Edyだけ。残りの2つはチャージ時のみのポイント付与なので、還元率はさほど高くありません。

なおスターバックスカードへは、エポスポイントを直接チャージすることもできて便利です。

マルイで年に4回開催10%オフ

エポスカード会員の方に是非知っておいて頂きたいのが、マルイのお店で年4回開催される「マルコとマルオの7日間」です。この期間中なら、エポスカード会員限定10%オフに!

これはマルイでお買い物できる方にしか利用できないお得なチャンスです。マルイのお店が近くにないという方でも大丈夫。

マルイの通信販売(マルイウェブチャネル・カタログ誌Voi)も対象ですので、店舗まで足を運べない方も、年4回10%オフは利用可能です。

たまるマーケットで最大ポイント30倍

たまるマーケットは、エポス会員限定のポイントアップサイト。ここを通ってお買い物をすれば、いつものネットショップのポイントが最大30倍ゲットできます。例えば一例をあげますと・・・

  • ショップA 通常ポイント13倍 → 25倍に!
  • ショップB 通常ポイント4倍 → 6倍に!

楽天やアマゾン、ヤフオクなどお馴染みのネットショップが加盟。ポイントアップの内容は随時変わりますので、定期的に覗いてお得なチャンスを見逃さないようにしましょう。

それには以下のようなアイテムが欠かせません。しっかり最新情報をチェックしてどんどんポイントを貯めてください。

  • エポスカード公式アプリ
  • ポイント加算のメールお知らせサービス

唯一の欠点?家族カードが作れない

このように非常にメリットの多いエポスゴールドカードですが、唯一のデメリットは家族カードを作れないこと。家族の利用でポイントを稼げないのはちょっと残念ですね。

でもこれまでご説明した通り、無理のない利用でもかなりの高還元率になる上、年会費無料にできることを考えれば、この欠点があってもエポスゴールドカードはコストパフォーマンスの非常に高いカードです。

スタンダードのエポスカードには優れた機能がたくさんありますが、これはそのままゴールドカードでも使うことができます。

カードは使えば使うほどポイントが貯まりやすくなりますが、ネットショップに安心なエポスバーチャルカード、電子マネーへのチャージ、たまるマーケットやマルイの割引きなど、エポスカードにはどんどんカードを使いたくなる機能が沢山ありますね。

これがエポスゴールドカードの基本情報です!

エポスゴールドカード

以下がご紹介したエポスゴールドカードの基本情報です。何と言ってもインビテーションで年会費永年無料というのは、このカードの最大の魅力でしょう。利用次第で還元率は更に高くなるので、非常に満足度の高い1枚です。

カード情報 内容
年会費 5,000円(税込)年50万円以上で次年度以降無料(※1)
申込資格 原則20歳以上(学生除く)
家族カード
ETCカード 年会費無料
海外旅行傷害保険 最高1,000万円(※2)自動付帯
国内旅行傷害保険
その他付帯保険
電子マネー
還元率 0.5%~1.5%

(※1)インビテーション(招待)で永年無料
(※2)賠償責任は最高2,000万円

インビテーションに応じれば年会費が完全永年無料になるということは、エポスゴールドカードの大きな特長です。

このようなサービス内容が、一般的なクレジットカードと同様年会費無料でも利用可能なのですから、注目が集まるのも当然でしょう。またポイント還元率は、ポイントアップショップへの登録など利用内容によってはさらなるアップも可能です。

エポスゴールドカードは無料でも持てる優良GOLDです

エポスゴールドカードはポイントの貯まり具合やゴールド特典など、利用者にとって非常にメリットの多いゴールドカードです。

保険やラウンジサービスなど海外旅行に関する特典もバッチリ、しかもポイントの貯まり具合が良好だというのは、多くのユーザーに共通する実感です。

しかもインビテーションが届けば年会費無料に。もちろん直接入会も可能で、その場合も年間50万円以上の利用で次年度以降の年会費が無料です。エポスゴールドカードは、コストパフォーマンス最強のクレジットカードとしてイチオシです!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断