Orico Card The POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料高還元!ETCにおすすめ
OricoCardTHEPOINT

ETCカードの保管方法!盗難やエラーを予防する正しい知識

ETCカードの保管方法!盗難やエラーを予防する正しい知識

ドライブには欠かせないETCカード、あなたの保管方法は間違ってはいないでしょうか?

「クレジットカードと比べればETCカードの扱いはちょっと荒いかな?」もしもそうお感じなら、ちょっと問題かもしれませんよ。

料金所でしか使わないカードだからといい加減に扱うと、ETCカードは大きな危険に晒されます。

その結果、不正使用や料金所を通れないという重大なエラーに繋がることも!

こうなる前に、ETCカードの正しい扱いと管理方法をしっかり頭に入れましょう。盗難やエラーを防ぐ、ETCカード保管の正しい方法をご紹介します。

ETCカード保管に注意!車載器入れっぱなしはETCカードをダメにする!

ETCカードの保管で一番やってはいけないこと、それは「車内放置」です。

「ETCカードは車載器に入れたままで、あまり抜いてないなぁ…」という人、結構多いですよね。

実はコレ、絶対に避けなければならないケースなんです。

ICカードは物理的ダメージを受けやすい

近年の集積回路内蔵のICカードは、セキュリティ性が向上し記憶容量も増大した一方で、物理的なダメージを受けやすいのです。

従ってETCカードだけでなく、クレジットカードやキャッシュカードなどICカード全般は、常に以下の点に気を配らなくてはなりません。

  • 磁気を帯びているものに近づけないこと
  • ICチップ部分を汚さないこと
  • ICチップ部分を濡らさないこと
  • 高温の環境に放置しないこと
  • 故意に力を入れて折り曲げないこと

熱はプラスティックカードにダメージを与える

ICチップ部分だけでなく、カードそのものの素材であるプラスティックにも、熱に弱いという弱点があります。

駐車中の車内がかなりの高温になることはよく知られていますよね。「少し窓を開けておくから大丈夫」なんて言っている人はいませんか?

窓開けやサンシェードといった対策を施した車でも、たったの1時間で車内温度は50℃に達します。

以下のように高温になる可能性のある場所は、ETCカードの保管には絶対に向きません。

  • 車のダッシュボード付近
  • 暖房器具などの近く

夏場のダッシュボードは75℃にもなる!

特に夏場のダッシュボードは思った以上に高温になりやすく、エアコン稼働中でも60℃に、最高なんと75℃という実験結果も出ています。

カードに問題が生じるのは50℃からと言われているので、気温の高い時期に車内でカードが劣化や変形しても全くおかしくありません。

ICカードは私たちにはなくてはならない存在です。慣れると扱いも荒くなりがちですが、カードは物理的ダメージを受けやすく、特にETCカードの車内の置きっぱなしは劣化や破損を引き起こすので要注意です!

ETCカード保管場所に車内は危険!盗難も不正使用もされ放題!?

ETCカードは、車を離れる際に必ず車載器から抜き取るようアドバイスされていますが、これはカード劣化を防ぐためだけではありません。

ETCカードを車内に放置していると、盗難に遭う危険性がとても高いからです。

しかしETCカードは軽く扱われがちで、車載器に差しっぱなしという方も少なくありません。

ETCカードを差込っぱなしの「抜かない派」は結構多い!?

ETC利用に慣れた人の中には、ETCカード差込っぱなしの「抜かない派」が結構多く、その理由として以下のような意見がよく聞かれます。

  • いちいち抜いて持ち歩く方がずっと危険
  • パーキング等で抜くと入れ忘れが心配
  • 盗んだETCカードで料金所を通るとバレる(ので盗む人はいない)
  • ETCカードには盗難補償がついているので盗まれても平気

どの説も言われてみればもっともな気がしてきますが、やはり車内放置はETCカードの劣化に繋がるだけでなく、防犯上も大いに問題なのです。

ではこの「抜かない派」の主張には、一体どんな落とし穴があるのでしょうか?

ETCカードの盗難は決して珍しいことではない

ETCカードを持ち歩いて紛失することや、抜いたカードを入れ忘れて料金所を通れないといったミスは確かにあるでしょう。しかし車内放置はそれ以上に危険です。

その理由をこれからご説明しましょう。

まず「すぐバレるし盗まないだろう」という楽観説ですが、現にETCカード盗難が頻繁に起こっているので説得力に欠けます。

車載器にセットして料金所を通過すればバレますが、相手はその道のプロ。

盗品利用には抜け道があって、車上狙いのついでにETCカードを抜かれることは、決して珍しいことではありません。

それに悪用されなかったとしても、面白半分に抜かれて捨てられても困りますよね。

後ほどご説明しますが、ETCカード再発行には手数料がかかります。

車載器に差しっぱなしで盗難にあうと補償がおりない

もっと怖いのは、すぐには盗難に気づけないケースです。

たまにしか高速に乗らない人が車内にETCカードを放置していると、カードが盗まれてもなかなか気づけず、その結果被害額が甚大になる恐れがあります。

ただこういったカードには必ず盗難補償がついており、本来なら損害を被る心配はないはず。

しかし補償がおりるには、所有者の管理に落ち度がないことが条件だということを忘れてはいけません。

ETCカードの紛失/盗難保険が適用されない主なケースとは?

  • 会員の過失による損害
  • 家族含め第三者の利用における損害

放置した車内からETCカードが盗まれた場合は、管理上の非を指摘され、保険が適用されない可能性があります。

また家族や知人にETCカードを貸していて失くされてしまったというケースも同様で、補償はおりません。ETCカードはクレジットカードと同等なんですね。

ETCカードを車内に保管するのは厳禁!

また車載器から抜いたETCカードを車内のどこかにしまっているケースも数多く見られますが、これも管理の落ち度については差しっぱなしと同罪です。

車内温度が上がればカード劣化に繋がりますし、車上荒らしに遭った場合、狭い車内ではどこに隠しても無駄でしょう。

この場合も管理上の非を指摘され、保険金がおりない可能性があります。

ETCカードの「車内保管」はどれも危険!

  • 車載器の中に入れっぱなし
  • ダッシュボードの上に置く
  • グローブボックス等の小物入れに入れる
  • その他独自の隠し場所に保管する
いずれにせよ上記のようなETCカードの「車内保管」は、自分が思っているほど安全ではないことを覚えておいてくださいね。
ETCカードはつい車に置きっぱなしにしがちですが、盗難の危険性大ですよ!保険がついてるはずだからと安心はしていられません。車内放置は管理上非があるとみなされ、盗難保険がおりない可能性もあります。

おすすめのETCカードを厳選紹介

ここで、おすすめのETCカードを厳選してご紹介しておきますね。

ここでは年会費や新規発行手数料などが全て無料のETCカードを選びました。

ETCにおすすめ!ポイント高還元オリコカード・ザ・ポイント!

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、本体のクレジットカードも年会費無料で、ETCカードの年会費、新規発行手数料も無料です。

還元率も高く常に1%以上のポイントがつきます。

クレジットカードの中には1,000円単位でしかポイントが付与されず、1,000円以下のポイントは切り捨てされるカードもある中、オリコカード・ザ・ポイントは100円単位でポイントが付与される点も魅力です。

まさに塵も積もれば山となるですね。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ETCにおすすめ!出光SSでガソリンが割引!出光カードまいどプラス!

出光まいどプラスカードは、年会費無料で出光SS利用でいつでもガソリンが、2円/㍑割引されます。

ETCカードも年会費無料で、新規発行手数料も無料、ガソリン代もお得になるので、ドライブ好きの方には、1枚持っておきたいカードですね。

出光でよく給油される方には特におすすめのクレジットカードといえるでしょう。

出光カードまいどプラス

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

目的別で選ぶおすすめのETCカード

その他にも目的別でおすすめできるETCカードをご紹介した記事をご用意してます。

目的別で選ぶおすすめのETCカード特集

こちらも合わせてご覧頂き、ETCカード選びの参考にしてみてくださいね。

ETCマイレージサービスでお得

ETCには利用料金に応じてポイントが貯まるETCマイレージサービスがあります。

ETCマイレージサービスで貯まったポイントは、高速料金に充当できますので、是非お得に高速道路を利用してくださいね。

お得なETC割引

ETCマイレージサービスの他にも、お得な割引制度がありますので、是非ご活用くださいね。

マイレージサービスを登録していないと、一部のETC割引が利用頂けませんので、注意してくださいね。

ETCカード保管は財布に入れてからが勝負!財布とカードの管理術

ETCカードを車内に放置する危険性が、これでよくわかって頂けたでしょう。

でも財布に入れさえすれば100%安全かというと、残念ながらそうとは言い切れません。

これはETCカードだけでなく、クレジットカードや電子マネーカード全般に言えること。

どなたの財布にも必ず入っている、大切なカード達の正しい保管方法をご紹介しましょう。

他のカードと一緒に保管しても滅多に問題はない

どなたのお財布やカード入れの中にも、様々なカードが一緒くたに入っているのが普通ですよね。

そこでそれぞれのカードの磁気が、お互いに悪影響を及ぼす可能性もゼロではありません。

しかしその影響は殆どの場合微細で、さほど神経質になる必要はないと言われています。

むしろ財布で気をつけるべきなのは、外部からの力が加わって、中のカードが変形したり破損したりすることです。

薄地素材の財布だと、少し力を入れればプラスティック製のカードなど簡単に折れ曲がってしまいます。

財布をバッグにしまっている方はいいのですが、服のポケットに財布を入れる習慣の方は用心が必要ですよ。

尻ポケットは財布の保管場所としては最悪!?

ジャケットの内ポケットは比較的安全ですが、最悪な保管場所はデニムなどの尻ポケットです。

あなたは尻ポケットに財布を入れたまま、勢いよく車に乗り込んだりしていませんか?

こんな習慣がある方は、例え硬い革製の財布であっても中身が心配です。

毎回自分の体の重みが財布にかかることでETCカードが徐々に劣化し、最悪曲がったり折れたりする可能性もありますよ。

このように劣化したETCカードを使っていると、いつエラーが出たっておかしくはありません。

いつも通りに通過しようと思ったら、料金所のバーが開かなかった・・・これは大変危険です!追突事故予防という意味でも、ETCカードの保管場所にはくれぐれもご用心ください。

ETCカードの紛失や盗難時には必ず届出が必要!

しかし色々と気を配っていても、盗難や紛失の可能性まで完全にゼロにすることはできません。

そこで万が一の時のために、こういった場合の対処法を覚えておきましょう。

ETCカードが見つからない時、警察への被害届よりも先にやるべきなのが、カード利用をストップしてもらうことです。

連絡先はETCカードの種類によって異なりますのでご注意を!緊急連絡先は必ずどこかに記録しておきましょう。

カードの種類 通常のETCカード ETCパーソナルカード
連絡先 各クレジットカード会社 ETCパーソナルカード事務局

ETCカードの再発行には手数料がかかる!

失くしたものが無事見つかればメデタシメデタシですが、もしも出てこなければETCカードを再発行してもらわねばなりません。

こちらに落ち度があってもなくても、ETCカード再発行には手数料がかかるのが普通です。

金額はカード会社によって異なりますが、500円や1,000円というのが一般的です。

ETCカードの盗難や紛失は、仮に不正使用による被害が全くなかったとしても、この通り踏んだり蹴ったりなんですね。

無駄な出費を防ぐためにも、くれぐれも保管には気をつけたいものです。

安全で便利!様々なタイプの専用ケース

そこで便利なカードケースで、ETCカードなどカード類をもっと安全に保管してはいかがでしょう?現在このように様々なタイプの専用ケースが販売されています。

  • スマートフォンケースとの一体化タイプ
  • 複数カードを収納できるタイプ
  • ネックストラップで首から下げられるタイプ
  • ハンドストラップ等でバッグに繋げられるタイプ

自分自身の生活スタイルに合ったケースを選ぶと、どなたも便利かつ安全にETCカードを保管できますね。

またケースの素材も、電気や磁気から守れる頑丈な「アルミ」や滑りにくく柔らかい「シリコン」等様々です。お好きなタイプと素材から選んでください。

クレジット一体型の方が安全という考え方も!

しかし車内放置の危険性は重々承知でも、やっぱりETCカードの保管はついつい甘くなりがちなのが実情です。これはETCカードが高速道路でしか使えないことが一因かもしれません。

そこで究極の根本解決策として、こんなETCカードはいかがでしょう?

一体型ETCカード

  • クレジットカード機能と一体型になったETCカード
  • 有料道路以外でも、クレジット払い対応の店舗で買物に使える

ここまでご紹介してきた「ETC専用カード」は有料道路の料金精算に特化しており、車載器から取り出したところで他に使い道がありません。

でもクレジット機能もついた一体型ETCカードなら、買物などで車を離れる際にも、自然に車載器から抜き取って財布に入れるようになるはずです。

多機能タイプのカードは保管に注意が必要ですが、実際使ってみればカードを何枚も持つよりも管理しやすいことに気づくでしょう。

便利さと防犯上の意味を兼ねて、一体型ETCカードも是非一度ご検討ください。

尻ポケット財布インでシートに座るって身に覚えがあります!これってカードによくないんですね。ところでクレジット一体型ETCカードは便利そうですが、なぜこのタイプは防犯上安全だと言えるんですか?
クレジット一体型ETCカードは料金所以外でも使えるので、必ず携行する習慣がつくからです。多機能タイプなら、どなたでも必ずお財布に入れて大切に管理するようになりますよ。

ETCカード保管は車内厳禁!財布に入れて劣化や盗難を防ぎましょう

ETCカードは料金所しか使えないと思うと、つい管理が甘くなりがち。しかし車内放置はカードも劣化しますし、盗難に遭う危険性も大きいんですよ。

ちゃんと財布に入れて保管していないと、管理に非があるとみなされて盗難補償もおりないので気をつけてくださいね。また再発行には手数料がかかることもお忘れなく。

車内置きっぱなし派の意見もわかるのですが、やはりETCカードは車を離れる時は必ず取り出すのが原則です!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断