格安ゴールドカードで金運アップ!
最短翌営業日発行MUFGゴールド!

風水で金運アップ!?こだわる人のクレジットカード収納法!

風水で金運アップ!?こだわる人のクレジットカード収納法!

風水的に金運アップに良い財布と言えば金色の財布だとよく言いますよね。

実は財布の色だけで金運がUPするのではなく、カードやお札のしまい方、使い方によっても金運が左右されてしまいます。

クレジットカードもまた、収納方法によって金運を左右するので、是非とも正しいしまい方をマスターしたいところですよね。

今回はクレジットカードを中心に、風水的に良い財布の収納方法をご紹介します。カードをきっちりしまって、金運をガンガンUPさせちゃいましょう!

カード入れの数は末広がりの8!良い財布の選び方は?

お金やカードを収納する前に、金運UPに欠かせない財布の選び方をチェックしましょう。

財布は色だけでなく、形状、素材も重要になるので要チェックです!

金だけじゃない!金運UPに良い色の財布チェック!

金運に関係する財布の色は、黄色、金、ピンク、黒、緑など様々にあります。

金回りをよくする色、金運を固定する色、貯金をしやすくする色など目的によって色を選ぶと良いでしょう。

色別の金運効果は次の通りです。

黄色(金・白) 金回りをよくし、お金の出入りを大きくする
茶色 貯蓄させる
ベージュ お金を増やし、貯める。男性に特に効果的
今あるお金(貯蓄)を守る
お金を舞い込ませる
金遣いを荒くする、お金の流れを良くする
オレンジ 黄色と赤の複合効果
ピンク 女性向。全体運UPとお金を増やす
そのままではお金が増えない。一生懸命に働けばお金が増える

黄色の財布は金運をUPさせ、お金回りをよくしますが、逆に言えば、お金の出入りが激しく、大きくなるということです。

商売をする人やまずはお金回りをよくしたい人はいいかもしれませんが、ギャンブルを好む人は、出る方が大きくなりかねないので注意です。

ちなみに白色は風水の陰陽五行で金を表す色なので、黄色、金色の財布と同等の効果が見込めます。

茶色は大地の土の色なので、地についた豊かさから、貯蓄を促します。収入面は問題ない人はこの色がいいですね。

ベージュは茶に近い色なので貯蓄もしますが、お金も呼び込む運もつく色です。

青色は水を象徴する色で、水みたいにお金が流れていくのではと思う人もいますが、風水的にはむしろ逆で、水は豊かさの象徴です。

逆に豊かさが水と共に流れて舞い込む、と考えます。今あるお金を守るので、堅実な人に向いた色です。

黒色は陰陽五行の中では水を表す色です。青色と同様の効果が得られ、「財が水に乗ってやってくる」ことからお金が舞い込みやすくなります。

赤色は、風水的には最もエネルギーが強くポジティブな色です。全体運UPには良いでしょう。

しかしながら金運で言うと、赤は「活動的になる」というところから「金遣いが荒くなる」という側面もあります。

「活動的にお金を稼ぐ」という方向に行きたいときはいいでしょうが金遣いが元々荒い人は流れやすいので、赤は避けるべきかもしれません。

オレンジ色は赤色と黄色を合わせた色なので、効果も2色を混ぜたものになります。

つまり、金回りをよくし、金遣いを荒くします。良い見方をすれば積極的に稼いで金回りを華やかにするという効果があります。

これも黄色財布と同じですがギャンブル好きの人には不向きの色です。これから働いてガンガン稼いでいきたいときなどにいいですね。

緑色の財布はよくもなく、悪くもなく、という金運です。そのままではお金は溜まらず、一生懸命働けば、まあ溜まるかな、という程度です。

もしも積極的に金運をUPさせたいのであれば、別の色を選んだ方が無難でしょう。

全体の金運UPなら黄色系、溜め込みたいなら茶色系、お金を増やしたいなら青、黒系の財布を選んでみてください。

財布の形状は折りたたみよりも長財布がベスト

財布の形状は、折りたたみ型よりも、長財布の方が金運を呼び込みます。

お札を折り曲げないで収納することのできる長財布は、お札がゆったりと入り、お金が窮屈にならないので、お金を呼び込めます。

逆に折りたたみ型の財布だとお札が折れ曲がって窮屈になるため、お金が舞い込みにくくなるのです。

財布の形状に迷ったら長財布を選びましょう。

合皮はNG!素材は本皮を選ぼう!

財布の素材は、布や合皮など様々にありますが、金運UPを狙うなら、選択肢は本皮しかありません

何故なら、財布の素材は、素材の性質が金運に繋がるからです。

本皮の場合だと、その動物の性質を受け継ぎます。お勧めの本皮はヘビかクロコダイルです。

ヘビは動物を丸呑みすることから、体内に獲物を溜めることにつながり、そこから財を増やしてくれるという性質を持ちます。

クロコダイルは、くわえた獲物を離さず、飲み込んだものを絶対に吐き出さないところから、貯めたお金を守る効果があります。

ちなみに牛革も金運には良いです。牛は豊かさの象徴とされるため、貯蓄を促す効果があります。

カード入れの数は末広がりの8を選べ!

カード入れの枚数なんて何箇所でもいいんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、金運に良い数が決まっています。

それが8。

8は漢数字で書くと「八」になり、下側が広がっているので末広がりなので縁起がいいです。

風水的には、8の発音が「発財」の「発」に似ているため、金運に良いとのことから縁起が良いとされます。

カード入れの数は8箇所ついている財布を選びましょう。6も縁起の良い数字なので、どうしても8枚以外の数のものを選びたいときは、6を選ぶと良いでしょう。

6は「天」を表す大変縁起の良い数字なので、金運にも良いということです。

ゴールドカードで金運アップ!アメックスゴールド!

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、ゴールドカードの中でもステータス最高位に君臨しているカードです。

海外旅行保険は、同行する家族も一緒に補償してくれる家族特約つきで、家族も安心です。

空港ラウンジは同伴者1名様も無料、手荷物無料宅配サービスなど、空港関連のサービスが大変充実しています。

また、レストランでコースメニューを2名以上で予約すると1名分の料金が無料になるサービスや希少価値の高いワインを購入できるゴールド・ワインクラブなど、質の高いグルメサービスも魅力ですね。

まさに、ゴールドカードの中で最高位のステータスカードにふさわしいサービス内容といえるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

わずか1,905円の年会費で持てるゴールドカード!MUFGカードゴールド

金運アップの為にゴールドカードを持ちたいけど、なんだか敷居が高そうと思っている方におすすめなのが、MUFGカードゴールドです。

年会費わずか1,905円と格安で、国際線空港ラウンジが無料で利用できたり、海外旅行保険の他、国内渡航便遅延保険も付帯します。

また、MUFGカードゴールドは、銀聯カードを追加発行できますので、中国に旅行や出張の予定がある方には、おすすめの1枚ですね。

MUFGカード ゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

クレジットカードは財布に入れるべきではない!?

財布を選んだら次は収納方法が気になりますね。早速カードの収納方法をチェックしていきましょう!

財布の収納方法の基本ルール・お札以外は少なめに

財布の中はお札以外のものは極力少なくしておいた方が金運が上がりやすくなります。レシートを入れないのはもちろんのこと、カード類も少なめにし、小銭もできるだけ入れない方が良いでしょう。

小銭入れとお札入れを別持ちするのがベストですが、面倒な人はできるだけ小銭を少なめにします。

クーポン類も不要なものや使用期限が切れたものは即処分することを心がけます。財布はいつも綺麗にしておき、整理整頓を欠かさないことで金運UPが望めます。

逆にお札は沢山入れておくことが望ましいです。

特におろしたての財布は、お札を持っていない場合でも、お札に見立てた同じサイズの紙を沢山入れておくだけでも良いです。

財布に沢山お札があることによって、お金に「仲間の所へ行こう」と思わせ、お金が舞い込んでくる財布にするのです。

お札の入れ方は、全ての向きと種類を揃えて、頭が下向きになるようにして収納します。

頭を上向きしておくと、お札が外に逃げてしまうので、下向きにしておきましょう。

カードは最大8枚までしか入れれない

財布の中身はお札以外のものは極力少なめにした方が良いのですが、カードの枚数は最大で8枚に止めるのが理想です。

カード類は、キャッシュカード、ポイントカード、クレジットカード、身分証など種類を問わず、全てを合算した枚数です。

入れるカードの枚数は、縁起の良い数字である、4、6、8、もしくは0枚にそろえます。

もしも中途半端な枚数になる場合には、厳選して減らすか、他のカードを追加するなどして調整してください。

4は日本でも中国でも「死」に通ずる数として忌み嫌われる傾向にありますが、中国南方の一部では縁起が良いとされています。

もしもどんなに整理しても、8枚以下にカードがならず、持ち歩きたいカード類が多い場合には、カードホルダーを利用します。

ポイントカード類が多い場合には、買い物前にカードホルダーから使用するカードだけを入れ替えて使用するとスムーズでしょう。

財布に入れておくカードは、できるだけ使用頻度が高く、お金に関係するカードのみに絞ります。

財布の中から無駄なカードを取り除くことで、財布の中のお金の循環がよくなり、金運がUPしやすくなります。

定期券などは財布に入れるべきではない?

カード類の中では、「動」の気質があるカード類は極力、財布に入れるのを避けた方がいいです。

お金は「動」の気質を嫌うので、「動」の気質が財布の中にあると、お金は財布から逃げていってしまいます。

「動」の気質があるカードの具体例は次の通りです。

  • 電車・バスの定期券
  • スポーツクラブの会員証
  • 電車等のICカード

このように移動や運動といった「動」の気質のカード類は財布から取り除いておきましょう。

これらの運動や動きを伴うようなカード類は使用頻度が高くても、カードホルダー等に入れておきましょう。

クレジットカードもアウト!?プラスチックは金運を下げる

財布に入れるべきでないカードの素材、それはプラスチックです。

カードなんてほとんど紙かプラスチックだし、無理!と思われるかもしれませんが、プラスチックカードは最小限にしましょう。

プラスチックが何故いけないのかと言うと、プラスチックは強い「火」の気質の素材です。

「火」の気質のプラスチックを財布に入れているとお金(お札)を燃やしてしまい、お金が舞い込みにくい財布になってしまいます

このため、財布にプラスチックカードは極力避けた方がいいです。

昨今はプラスチックでないクレジットカードの方が珍しいので、クレジットカードも財布に入れるべきでないことになってしまいます。

プラスチックのカードを持ち歩く場合には、クレジットカードを含め、できるだけカードホルダーを利用した方が無難でしょう。

クレジットカードを財布に入れる場合の4つの注意点

クレジットカードはプラスチックだから財布に入れるのはNG!…と言われても実際にはよく使うカードだけは入れておきたいですよね。

どうしてもクレジットカードを財布に入れたい場合の注意点をチェックしておきましょう!

使用頻度の高いものだけに厳選しよう

何かあったときのためにクレジットカードを入れておきたい、という場合でも、使用頻度の低いカードを財布に入れておくのはNGです。

財布はお札以外は極力少なめにしておいた方が金運があがるため、クレジットカードも極力枚数を少なくすることを心がけます。

クレジットカードは使用頻度が高いものを1~2枚だけ、厳選して財布に入れておきましょう。

「借金」の意味合いが強いローンカードは避ける

ローンカードとクレジットカードが一体になったクレジットカードもありますが、これは財布に入れるのを避けます。

ローンカードはやはり、「借金」の意味合いが強いので、よくありません。

借金は、お金の動きから見ると、借りて返すという流れで、利益を産むものではありませんから、お金の循環にとって良くありません。

ローンカードは財布の中のお金の循環を悪くするので、避けた方が良いでしょう。

電車等のICカード一体型は避ける

電車やバスで提供されているICカードの中にはクレジットカードタイプもあり便利ですね。

しかし、前述の通り、電車やバスに関連するカードは、「動」の気質を持つため金運が下がります。

どんなに便利で使用頻度が高くても、電車等のICカード一体型のクレジットカードは財布に入れないようにしましょう。

高グレードのカードを入れておく

クレジットカードの中でもゴールドカード以上の社会的信用度の高いカードは金運を上向かせます。

ゴールドカードやプラチナカード自体が大きなお金を動かす力があるため、財布にお札を沢山入れるのと同様に、金運UPにつながるのです。

クレジットカードは必要最低限のものだけを財布に収納しよう

風水から見たクレジットカードの収納方はいかがでしたでしょうか。

基本的にはクレジットカードは火の気質のあるプラスチックカードなので、財布に入れるのは向いていません。

しかしながら、現代ではクレジットカードを持ち歩かねば何かと不便です。

クレジットカードを持ち歩く場合には、金運UPのためにも、使用頻度が高くゴールドカード以上のものを1~2枚だけ入れましょう。

この法則を守って、目指せ金運UPです!

メニューを閉じる