銀聯カード追加可能MUFGゴールド
安い年会費で作れるゴールドカード!

45億枚も発行!中国銀聯(ぎんれん)カードが世界を覆い尽くす

45億枚も発行!中国銀聯(ぎんれん)カードが世界を覆い尽くす

中国銀聯カード(ぎんれんカード)が、クレジットカードの国際ブランドに成りつつある事実を知っていますか!?後進国の中国が、現在では国際ブランドのクレジットカードを発行するまでに成長して来ているのです。

発行枚数はなんと45億枚にも昇り、勢いは衰える事はありません!

銀聯カードとは、どんなシステムを持ったクレジットカードなのか?日本国内で1兆円規模の市場となりつつある、中国人観光客と銀聯カードの関係と、日本の観光戦略とは何か!?

13億人以上が使う銀聯カードについて、驚く現実を詳しく解説していきましょう。

中国銀聯カードとは、どんなカードなのか!?

クレジットカード表面に「UnionPay」と「銀聯」のロゴマークが入っているカードなのですが、最近日本でもこのマークはよく見かけると思います。

2002年に、中国の銀行カード産業の発展を目的として、金融機関の連合組織が国策として誕生したのですが、その組織の名称が、銀行の「銀」と連合(聯合)の「聯」を合わせて、「銀聯」と命名され、英語表記では「UnionPay」(ユニオンペイ)と呼ばれています。

この組織から発行されるカードなので「銀聯カード」なのです。

銀聯カードの海外加盟店は700万店を超えている

上海に本部があり、中国国内の主だった金融機関が参加しています。「中国国務院」と呼ばれる最高国家行政機関の政府組織が認可した組織である為に、あの広大な中国大陸で簡単に、銀聯巨大ネットワークを築く事が出来たのです。

発足以降、銀聯カード取扱加盟店はその数を増やして行き、現在では国内外で1,000万店を超え、海外の加盟店数は125の国と地域で、約700万店を超える勢いで広がっています。

中国にとって銀聯発足は、絶大な効果を生み出した

中国銀聯が発足した事によって、国策とも言えるインフラの整備が行われる事になったのです。「銀聯カード」はデビットカードとクレジットカードに分類されますが、その多くは「デビットカード」所有者が占めています。

ご存知のように、中国での治安は良くありません。そんな、中国での最高額の紙幣は100元紙幣で、日本円にすると約1,500円の金額なのです。10年ほど前から、中国国内の物価は上昇して来ています。もちろん、それに伴い国民の所得も上がって来ています。

これまででは、一般家庭でテレビを購入する事が出来なかった低所得層でも、テレビを購入する事の出来る賃金を稼ぐ事が可能になりました。買い物をする際に、日本円で、15万円のテレビを購入しようとすれば、100元紙幣を100枚持って買い物に行かなくてはなりません。

中国国内で高額商品を現金購入する際のデメリット

  • 強盗に遭う確立が飛躍的に高まる。
  • 財布に入らないので持ち歩きに不便。
  • 店側では偽札のチェックを1枚毎に行なう為、決済に時間がかかる。
  • 1人のお客に時間がかかり、新しい顧客を逃してしまう。

小額の紙幣である為に、買物ではこのようなデメリットが発生してしまいます。

銀聯カードを利用する際のメリット

  • デビットカードなので即時決済が出来、現金よりも確実な決済が出来る。
  • クレジットカードと違い、店側、購入者とも手数料が不要。

銀聯カードを利用すれば、店側、購入者両方にメリットが存在するのです。単純な事なのですが、この効果は中国国内で絶賛され中国政府の後押しもあり、銀行口座を開設すれば、キャッシュカードとして銀聯カードが発行される事になるのです。

こうして、殆んどの国民が銀聯カードを利用する結果となり、崩しようのない巨大決済システムが構築されたのです。

発行枚数45億枚!驚愕する数字の理由

発行枚数が45億枚と言う、とんでもない数字は「驚愕」と言っていいでしょう!日本国内で発行されているクレジットカードの総枚数が3億枚強ですから、この数字と比較してもとにかく、「凄い!」枚数なのが判ると思います。

世界一を誇る人口である事が大きな要因

中国の人口は、13億5千万人以上で、世界一人口が多い国なのです。日本の人口が約1億2千万人。クレジットカード発行枚数が3億枚強なので、日本人、1人が平均3枚のクレジットカードを所有している事となります。

単純にこの計算を中国で行えば、「45億枚/13億5千万人=3.3枚」となり日本人の所有枚数と殆ど変わらない結果となりますが、内容が異なっています。

  • 日本はVISA、MasterCard、JCB、その他、全てのクレジットカードの総数
  • 中国の場合は、銀聯カードのみの枚数なのです

もちろん、45億枚全てが中国国内の数字ではありませんが、ほぼ90%以上中国国内での発行となっていますから、カード1枚の所有率は群を抜いています。

銀聯カードは、中国に適したカードとして作られた

中国国内での銀行を中心とした金融機関ネットワークは、超巨大なものです。しかし、クレジットの与信機能は未発達のままで、VISAなどの国際ブランドカードを作るには、与信と言う大きな壁にぶつかる事になります。

中国の一般的な給料は約2,000元(日本円で30,000円)で日本と比べると低い所得水準となっていますので、海外クレジットカードの与信は、ほぼアウトでしょう。

  • クレジットカードだと信用審査があり、低所得者の多くの中国人は審査に通らない
  • デビットカードだと審査不要で、低所得者でも預金残高内でカード利用が可能となる
  • 高所得者には、クレジット機能のカードを発行する

その為、国外のクレジットブランドに頼るのでは無く、国内独自の決済システムを構築する必要がありました。その結果、デビット機能の銀聯カードが誕生した訳なのです。

現実にその効果は、カードの発行枚数が証明しています。デビットカードが45億枚、クレジットカードが5億枚と併せれば、50億枚を超える発行枚数となっているのです。この数字から、如何に中国国民が銀聯カードを必要としているか判ると思います。

国内90%!世界発行枚数50%のシェア率が世界を脅かす!

中国国内では先に説明したとおり、デビットカード版の銀聯カードが主流です。最低利用額が5元(約95円)から10元(約190円)である為に、夕食の支払いや日用品の支払いさえも銀聯カードで済ませてしまいます。

つまり、銀聯カードが中国人には一番利用しやすいカードとなっている為、ニーズに合わせて、地方都市のローカルなドラッグストアでも利用する事が可能になり、中国全土で480万店以上の大規模なネットワークを形成しています。

国内シェア90%は、銀聯カードが最も優位な立場

中国では、「VISA」「MasterCard」「アメックス」「JCB」「ダイナースクラブ」の5大国際ブランドの利用店よりも、銀聯カードの利用店の方が断然多い市場となっていて、なんと中国国内のシェアは90%を超えています!

と、言う事は中国を訪れる人は当然、利用環境が良い、銀聯カードを申し込んで中国で利用する結果となる訳で、中国人以外でも銀聯カードを所有する人が自然に増えてる仕組みが出来上がっていると言えるでしょう。

カード発行枚数は世界シェアの50%!?

銀聯は、国家的な外交とも言える各国とのサービス提携を進めてきた結果、2011年時点でカード発行枚数では世界の45%のシェア率となったと、「フジサンケイビジネスアイ」がfacebookで伝えています。

中国銀聯はサービスを急拡大し、昨年のカードの発行枚数は前年比22%増の29億枚。世界のカード発行総数の45%を占めるまで成長した。米大手ビザカードは同4%増の23億枚だった。

引用元:フジサンケイビジネスアイ wrote a new note: 銀聯で「ビザなし」旅行 カード枚数シェア45% 世界に広がる加盟店.

銀聯はこの発表以前の2005年に、ディスカバーファイナンシャルサービシズと提携を行い、米国内でのネットワーク拡大に成功していて、「VISA」や「MasterCard」に匹敵する規模に成長しているのです。

この時点で既に、中国国内から海外に銀聯ネットワークを広げる事に成功している訳なのです。

最新のデータの公表が無いので、2011年のデータから単純計算すると、45億枚となっている現在では、なんと50%強のシェア率になります。世界で発行されているクレジットカードの半分は銀聯カードとなっている訳です。

銀聯は、世界のシェア分布を数年で塗り変えた

2002年に銀聯が発足して約10数年で、国際ブランドである「VISA」や「MasterCard」と肩を並べるまでに急成長し、完全に勢力図を塗り変えてしまったのです。そして、銀聯カード自体が国際ブランドの地位を築いています。

その原動力は中国人観光客で、殆どが銀聯カードを使って買い物をしています。世界経済全体が低迷する中、中国人観光客の購買力は大きな市場となって来ました。

今や、銀聯カードが利用出来無い国は無いでしょう!

日本も参入!世界に広がる銀聯カード獲得戦略の全貌

世界の50%を超えるシェアを誇る銀聯カードを、誰もが指を銜えて見ている事は無いでしょう。どの国も海外からの観光客誘致には力を入れています。国家レベルでの銀聯カード争奪戦が既に始まっているのです。

世界各国と銀聯カードの戦略的提携

銀聯は世界中の主だった国と、次々に提携を成功させて来ています。目立ったところでは、韓国、オーストラリア、ロシアとの提携ですね。

韓国:全国的に銀聯カードが利用出来るようになった事で、国内シェア40%に迫り、VISAを抜いてトップになっています。
オーストラリア:RediATMの表示がある2,500台のATMで、銀聯カードが利用出来るようになり、2年後には国内の90%のATMで利用可能になる予定になっています。
ロシア:米国の金融制裁を機会に国家決済システムへの参入のきっかけ作りに成功しています。

このように、普段のニュースでは判りませんが世界各国は、中国人観光客の巨大な消費力を求め、中国は銀嶺と言うジョーカーを切ることで国際社会で優位な立場を確立しようとしています。

今後中国が目指すところは、人民元を基軸通貨に押し上げる事にあるので、国際社会がどこまで中国の進出を許すのかがポイントになって来ると思われます。

中国人観光客が日本で銀聯カードを使うメリット

2010年7月には中国人観光客へのビザ発行要件が緩和され、中国にとって日本は最も近い外国になり、旅行客は年々増加するばかりとなっています。

その中、国人観光客の90%以上が、銀聯カードを使用すると言われているのですが、その背景には中国政府の次のような制約と特典があるからなのです。

  • 国外への人民元の持出し制限が5,000US$となっている
  • 国外での銀聯カードによるATM引出し額が10,000元まで拡大された
  • 銀聯カード加盟店での利用限度額は、口座残高の上限まで利用が可能

元の持出し制限により、現金では約60万円以上の買物は不可能となります。と言うよりも、100元紙幣を400枚から持って行く事と成りますので、元を持出すのは現実的ではありません。

そこで、海外のATMで約190万円まで現金が引出せる事、銀聯カードの利用限度額が事実上制限なし(口座残高までですが)となっているので、中国人観光客の殆んどが、銀聯カードを利用する事になるのです。

近い将来1兆円市場に化ける中国人観光客の魅力

観光庁2014年の年間速報値では、訪日外国人旅行消費総額は、前年額1兆4,167億円に対して、43.3%増の2兆305億円と推計されていて、その内中国人観光客は、対前年2倍を超える約5,583億円で、総額の1/4を超える額を占めています。

今や中国人観光客は日本にとっても、近い将来1兆円規模になる重要な市場である為に、日本国内においても観光客獲得の為のサービス向上が顕著に現れています。

  • 日本全国で14,135件の店舗で銀聯カードが利用可能
  • 日本全国の殆んどのATMで銀聯カードが利用可能

銀聯カードに対するサービスは近年増加して、ATM利用は「ゆうちょ銀行・セブン銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・イオン銀行・京都銀行・みずほ銀行」の各ATMで利用可能になっています。

郵便局とセブンイレブンのコンビニATMで利用が出来ると言う事は、日本全国どこでも銀聯カードは利用出来ると言う事になるので、中国人観光客は決して不便を感じる事は無いでしょう!

ここまでのサービスを展開する理由は、もちろん中国人観光客の巨大な消費力に大きな魅力があるからです。

日本全国のクレジットカード加盟店で利用可能になる

今現在で、銀聯カードを利用出来る国内の店舗は、14,135件に昇り、免税店からドンキやヨドバシカメラなどの量販店まで、既に利用が可能となって来ているのです。

これからは、日本全国のクレジットカード加盟店で銀聯カードの利用が可能になるのは確実です。

大手百貨店では、銀聯カード利用での割り引きサービスやクーポン券の配布など、中国人観光客の誘い込みに色んな販売戦略を考えています。背景には「2020年までに外国人観光客2,000万人目標」と言う日本政府の後ろ盾があるからなのです。

日本政府が行なう観光戦略とは!?

2020年東京オリンピック開催決定を受けて、阿部政権では「外国人観光客2,000万人突破!」を目標に掲げて、外国人観光客誘致に政府として対応していく意向を示しています。その中に政府主導の事業として「訪日旅行促進事業(ビジット・ジャパン事業)」があります。

アジア諸国を筆頭に14カ国を重点市場と定めて、戦略的プロモーションを行なう事業となっていて、閣議決定を経て国家予算にて行なわれる事業なので、政府の本気度が伺えるものとなっています。

  • 「現地消費者向け事業」と「現地旅行会社向け事業」の2つを柱として展開
  • 日本ブランドの発信を政府一体の取り組みで行なう
  • 戦略的なプロモーションを行い、旅行先としての日本をアピール

上記が骨格となって、色々なサービスの強化や情報発信を行い、訪日外国人旅行者数2,000万人を実現する戦略を計画しています。当然、戦略の中には中国も入っていますので、中国人観光客へのサービスは向上していくでしょう。

さらに、次のステップとして「訪日外国人3,000万人プログラム」も既に進行中なのです。

日本で発行される銀聯クレジットカードとは!?

銀聯カードは、中国人にとって無くてはならないカードですが、日本国内でも銀聯カードは発行されているのです。知る人ぞ知るカードなので、一般の人では「えっそうなの!?」って感じなのではないでしょうか。

銀聯カード追加可能MUFGゴールドは安い年会費で作れます

MUFGカード ゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 最強のコストパフォーマンス
  • アニバーサリー月はポイント1.5倍!
  • 国際線空港ラウンジ無料
  • 格安年会費で充実した付帯保険
  • 銀聯カード追加可能
  • POINT名人.com経由でポイント優待

MUFGカード ゴールドには、ざっと見るだけでもこのように優れた機能揃い。国際ブランドはVISA、JCB、MasterCardの3種類から、お好きなものを選べます。

日本最初の銀聯カードは三井住友カードが発行

三井住友VISAクラシックカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

日本国内で三井住友カードと言えば、圧倒的に「VISAカード」のイメージだと思いますが、その三井住友カードから2007年12月に「三井住友銀聯カード」が発行されています。

目的としては、日本人の中国国内での利便性を向上させる事にありますが、本音は成長を続ける銀聯と、国内でいち早く提携を結ぶ営業戦略があったと思います。

  • 中国国内や韓国ではVISAよりも銀聯利用が圧倒的 ⇒ VISAの空白地が出来ている
  • 銀聯カードも発行出来れば、VISA空白地に銀連カードで対応する事が可能となる
  • 結果、営業戦略的にも幅が出来て他社よりも有利な展開が可能となる

このような、思惑もあり「三井住友銀聯カード」が発行される事となります。

三井住友銀聯カードの基本情報

三井住友銀聯カードのカードデザインは、2種類用意されています。


中国大陸と日本を地図表示したデザインと、


アニメ調のパンダデザインの2種類です。

利用額などの基本情報は次のとおりで、クレジットカードなのですが支払い方法は、1回払いのみとなっています。ショッピング補償も付帯していないので、銀聯カードの特徴であるデビットカード仕様となっているようです。

  • 年会費:2,000円 家族会員500円(キャンペーン中は両方無料)
  • 更 新:1,000円 家族会員500円(両方とも原則5年更新)
  • 旅行傷害保険:なし
  • ショッピング補償:なし
  • 利用可能枠:10万円~80万円
  • キャッシング利用枠:なし
  • 支払い方法:1回払いのみ

さらに他のクレジットカードと異なる特徴が存在

前述の基本情報の他に、さらに三井住友銀聯カードには、他のクレジットカードとは異なる特徴が存在しています。

  • ショッピング利用のみでキャッシングは出来ない
  • 暗証番号が6桁(但し、先頭の2桁は00固定なので「00+****」となる)
  • 通信販売、カタログ販売の決済には利用が出来ない
  • 通常の会員サービスの一部を利用する事が出来ない

こうなると正直、VISAなどのクレジットカードに慣れているので、とても便利なカードだとは思えません。三井住友銀聯カードは、中国国内で利用出来る財布代わりのカードだと思えばいいいのでしょう。

三井住友銀聯プラチナカードまで発行している

2011年10月より、銀聯プラチナカードまで発行しています。通常の銀聯カードと比較してもサービス内容は大きく変わりません。

  • 利用金額:300万円~ (上限は個別に設定される)
  • 年会費:無料
  • 発行資格:三井住友プラチナカードの所有者

プラチナだけに利用金額が大きな枠となっていますが、支払いは1回払いとなっています。

やはりこのプラチナカードの内容を見ても、VISAやMasterCardが使えない場合に、銀聯カードを利用出来るようにする追加カードのようですね。

その他の日本発銀聯カードは2種類

三井住友銀聯カードが発行されて以降に、日本発の銀聯カードは2種類が発行されているので以下にまとめてみました。

カード名称:三菱UFJニコス銀聯カード
発行会社 :三菱UFJニコス
発行年月 :2010年3月
特  徴 :
・ゴールドとシルバーの2種類のカードデザイン
・ショッピング専用でキャッシング枠はなし
・支払いは1回払いのみ
・ポイントが通常の2倍
・海外アシスタントサービス「ハローデスク」の利用が可能

ANA VISA Suicaカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称:ANA銀聯カード
発行会社 :三井住友カード・ANA
発行年月 :2013年7月
特  徴 :
・ANA VISA、ANA MasterCard、ANA VISASuicaカード所有者が対象
・マイレージポイントが1Pt=5マイルの特典

2社とも通常カード所有者でないと、銀聯カードの発行は出来ないので、やはりETCカードのような「追加カード」として発行されているようです。

※以上の2種類以外に、中国資本の中国銀行と中国工商銀行から銀聯デビットカードが発行されています。

中国政府が狙う銀聯ブランドは成功するのか!?

勢いのある銀聯カードですが、このまま国際ブランドとして定着できるのでしょうか・・中国の今後を見てみましょう。

景気低迷しているのに賃金は10%以上アップ

中国のバブル期は崩壊していると、多くの経済専門家が伝えています。では、日本のバブル崩壊と同じように一気に失速するのかと言えば、そうでもないようです。

多くの企業が中国に生産工場を抱えていますが、全体的に人手不足に悩んでいるのです。世界中で販売好調なiPhoneを生産する(フォックスコン)では、人材確保の為に最低賃金をアップさせています。

その影響も有り、中国国内の最低賃金は、12.3%アップしてきているのです。景気低迷は事実ですが、賃金はアップしてきている矛盾した現象が起きています。

春節休暇での中国人観光客の消費力に期待

詳しい経済状況はさておき、労働者の給料がアップしている事実は、中国人観光客の消費パワーに期待が寄せられています。

中国人が最もお金を消費する時期が、この春節祭の時期なので日本各地でも、多くのイベントが開催されます。当然、日本国内でのイベントでは多くの銀聯カードが利用される事が予想されます。

銀聯カード春節特別優待サービスを世界30カ国で実施

銀聯は、春節の休暇で海外旅行を行なうカード保有者に、春節を含む1ヶ月間に世界30カ国・地域で特別優待を行なうと発表しています。

  • 銀聯カード利用で最大20%割引
  • 銀聯カードでの両替手数料の1%~2%免除

銀聯のサービスは、海外旅行を予定する中国人観光客には嬉しいサービスとなる為に、日本でも観光客の消費に多大な期待を寄せていて、中国人観光客へのサービスを展開しています。

  • 中国人観光客向け「福袋」販売(ダイバーシティ東京 プラザ)
  • 2015年2月19日から国内全店で銀聯カード決済が可能(ドンキホーテ)
  • 春節休暇にあわせ銀聯カード端末を35台に増設(松屋銀座)

現時点では銀聯カード戦略は成功している

日本国内でも海外でも、銀聯カード利用サービスは進んでいます。その状況を見ても、銀聯カード戦略は成功しているでしょう。

中国に行く場合は、銀聯カードが必須となっている状況は変わらないので、今後、中国人観光客が減少しない限り、国際ブランドへ定着して行くと思われます。

近い将来、財布に銀聯カードが収まっているかも

中国の景気低迷が伝えられていますが、海外での消費量は衰えていません。その消費を支えているのは、銀聯カードであると言えるでしょう。

政府の観光戦略も進む中、国内向けの銀聯カードサービスが展開される可能性も大いに予想されます。

VISAカードのように、気がつけば財布の中には銀聯カードが入っている、そんな時代がやって来るかも知れませんね!

メニューを閉じる