セディナゴールドカード

お手頃年会費で補償とサービスが充実
可愛いセディナゴールドカードキティ

ハローキティクレジットカード特集!豊富な特典がより取り見取り!

ハローキティクレジットカード特集!豊富な特典がより取り見取り!

クレジットカードはデザインだって重要ですよね。今回はハローキティクレジットカードのご紹介です!

キティちゃんがデザインされたカードは数多く発行されており、デザインだけでも迷ってしまいます。でもその中身は一様ではありません。

ハローキティ関連の特典がつくカードとつかないカードがあり、年会費も無料から高額なものまで様々です。

そこで当記事では、今あるハローキティクレジットカードを一堂に集め、主なカード機能をわかりやすくご説明しました。

可愛いデザインのカードを持ちたい方、必見ですよ!

ハローキティクレジットカードは色んなタイプがより取り見取り!

  • ハローキティの特典つきカードがある!
  • セディナゴールドカードは一つ上のステータス
  • 若者向けのセディナカードファースト
  • セディナカードクラシックはベーシックタイプ
  • 支払い方法を選ぶセディナカード Jiyu!da!

クレジットカードの中でもキティちゃんは人気者。現在、様々なタイプのハローキティクレジットカードが発行されています。今日はその中から、どなたにも使いやすいものを厳選してご紹介しましょう!

クレジットカードは機能ばかり重視されがちですが、カードフェイスだって大切です。その証拠に、「無骨なデザインのカードでは持ち歩く気になれない」という女性の声がよく聞かれます。

でも人気のハローキティクレジットカードなら、財布に入れてもカードを使っても楽しくなること請け合いですね!また関連特典がつくのかどうかも気になるところ。さてその中身とは?

ハローキティクレジットカードは多彩!お好み次第でゴールドも!

根強い人気のハローキティは、クレジットカードのデザインに取り入れられることの多いキャラクターです。

調べてみると、バラエティに富んだハローキティクレジットカードが数多く見つかりました。まずは概要を駆け足でご紹介していきたいと思います。

「ハローキティ関連の特典つき」カードは数少ない

熱心なキティちゃんファンの方なら、カードデザインだけでなく、それなりの関連特典を期待したくなって当然です。

しかしハローキティやサンリオ関連の特典のついたものは案外少なく、その殆どが「カードデザインだけハローキティ」というクレジットカードです。

今回ご紹介するクレジットカードの券面はどれも可愛いキティちゃん柄ですが、ハローキティ関連の特典まで期待すると、後でガッカリすることになるかもしれません。

申し込む際には、カードの特典内容・機能・年会費までよくよく確認することが大切です。

先ずは「ハローキティ関連の特典つき」カードを3つまとめてご紹介しましょう。

キティファン一押し!セディナ ハローキティカード

「セディナ ハローキティカード」は本格的なキティカード。キティちゃんファンが持つにふさわしいクレジットカードです。

サンリオピューロランドの優待のほか、ポイントを貯めればバラエティに富んだキティちゃんグッズとの交換も可能です!

セディナ ハローキティカード

【セディナ ハローキティカード】年会費:1,000円 初年度無料
・ハローキティのバースデーメッセージが届く(年間1回以上利用が条件)
・ポイントをハローキティグッズと交換できる
・サンリオピューロランド・ハーモニーランドで優待が受けられる

グッズの中にはサンリオピューロランドやハーモニーランドの年間パスポートも含まれていますよ。ハローキティが大好きという方には、このカードがイチオシです!

ステータスの高いハローキティカードもある

でもカードのステータスも大事だという方には、キティちゃんのゴールドカードもありますよ。

通常デザインのバリエーションとして、ゴールドタイプのハローキティーカードが2種類発行されています。

年会費は高めですが、ハローキティ関連の特典のほか、数々のグレードの高いサービスが付帯します。

ゴールドカードというと一般に重々しいカードフェイスになりがちですが、キティちゃん柄なら和みますよね。いずれも落ち着いたデザインで、年配の方にもおすすめです。

OMC ゴールドカード

【OMC ゴールドカード ハローキティ】年会費:6,000円 
・キティ関連のクリスマスプレゼントがもらえる(年間150万円以上の利用で)
・パソコン用の壁紙をダウンロードすることができる(会員サービスの登録が条件)

セディナゴールドカードハローキティ

【セディナゴールドカード ハローキティ】年会費:6,000円 
・キティ関連のクリスマスプレゼントがもらえる(年間150万円以上の利用で)
・パソコン用の壁紙をダウンロードすることができる(会員サービスの登録が条件)

ハローキティのプラチナカードもある!

ハローキティプラチナカード

なお「セディナプラチナカード ハローキティ」(年会費:30,000円)もありますが、こちらはセディナからの招待がないと申し込むことはできません。

ゴールドカードには他からスヌーピー柄も発行されていますが、キャラクターデザインのプラチナカードは本邦初!これは大変貴重なハローキティクレジットカードです。

招待制ですので詳細は明らかではありませんが、上位カードですのでゴールドの特典は引き継がれます。

慶應塾生と職員向けのハローキティカード

慶応義塾大学の学生や職員向けクレジットカードの中にも、オリジナルのキティ柄カードがあります。

以下はサンリオとのコラボレーションによる、本格的なハローキティクレジットカードです。

慶應OMCカード

【慶應OMCカード】年会費:1,000円(塾生は無料)
・サンリオピューロランド・ハーモニーランドの優待特典
【慶應OMC GOLDカード】年会費:6,000円
・サンリオピューロランド・ハーモニーランドの優待特典

いずれもサンリオピューロランド・ハーモニーランドの優待特典つき。なおスタンダードの慶應OMCカードについては、学生の間は年会費が無料です。

「ハローキティのデザイン」のクレジットカード

次は特にキティちゃん関連の特典がつかない、券面だけが「ハローキティのデザイン」のクレジットカードです。数が多いので一気にご紹介しましょう。

  • セディナカードファースト(1,000円)
  • セディナカードクラシック(1,000円)
  • セディナカードJiyu!da!(無料)
  • OMCカード(1,000円)
  • タイヨーカード(1,000円)
  • フレスタスマイルクレジットカード(無料)
  • みずほマイレージクラブカード(無料)

いずれも通常デザインのバリエーションとして、キティちゃん柄を選べるようになっています。従ってカードフェイス以外は、特典も機能も通常タイプと変わりません。

ハローキティカードは全部セディナ発行

ところでここまでご紹介してきたハローキティクレジットカードは、「みずほマイレージクラブカード」を除いて、すべて同じカード会社セディナから発行されていることにお気づきでしょうか?

統合前の名前が残っていてややこしいのですが、「OMCカード」と記載があるのも全てセディナのカードなんですよ。

そのためハローキティカードには共通項も多く、ざっくりと数タイプに分類することができます。その主な4種類のカードを次章から詳しくご紹介していきます。

ハローキティクレジットカードと一言で言っても、ずいぶん色々あるんですね。デザインだけで選びたいと思う人もいるかもしれませんが、年会費もかなり差がありますし、それぞれ特典や機能も異なるでしょう。

ハローキティクレジットカードを選ぶには、どんなところに気をつけるべきですか?

キティデザインのカードは多数ありますが、その中身を見ると半数以上がハローキティとは無関係です。サンリオ関連の特典がつくカードは、実は限られているんですよ。

ハローキティクレジットカードは殆どがセディナ発行で、基本のサービスや特典に共通項が多く、その点は選びやすいでしょう。

セディナゴールドカード ハローキティで一つ上のステータスを!

ステータスの高いゴールドカードと可愛いキャラクターの組み合わせは、ミスマッチが却って魅力的!

先ず最初に、プレミア感溢れるキティちゃん柄の「セディナゴールドカード ハローキティ」をご紹介します。

セディナゴールドカードはハローキティの特典がついてくる!

セディナゴールドカード

公式サイトはコチラ

このカードには先ほどもご紹介したように、ハローキティの特典がついてきます。

クリスマスにキティちゃんグッズが届くほか、オリジナルのパソコン用壁紙をダウンロードできますよ。

ただしこのクリスマスプレゼントは、年間150万円以上のカード利用が条件です。このためには月平均12万円以上カードを使う必要があることにご注意ください。

また年会費も割高です。本会員6,000円(税抜)で、Web入会限定で初年度は無料となります。

空港ラウンジサービスなどゴールド特典つき

「セディナゴールドカード ハローキティ」会員は、ゴールドカード限定の特典を利用できます。以下のようにランクの高いカード会員しか味わえないサービスばかり。

  • 空港ラウンジ無料サービス
  • ゴールド会員専用デスク
  • ブランド別ゴールド優待

但しサービスの内容は、カードの国際ブランドの種類によって若干差があることにご注意ください。

例えば空港ラウンジ無料サービスについては、JCBブランドはハワイホノルル空港ラウンジを利用できますが、VISAとMasterCardでは使えません。

しかし一方でVISAとMasterCardは、ホノルルのVJデスク観光用ラウンジが使えるメリットがあります。

旅行のご予定のある方は、入会時には国際ブランドの選択にもご注意くださいね。

海外旅行障害保険は最高1億円補償!

また「セディナゴールドカード ハローキティ」には、クレジットカード付帯保険としては最高レベルの海外旅行保険が適用されます。

死亡・後遺障害には自動付帯分2,000万円+利用付帯分8,000万円、その他治療費用なども大変充実しています。

なお自動付帯というのは、このカード会員である間はどんな旅行時にでも適用される補償額で、利用付帯とは、「セディナゴールドカード ハローキティ」で旅行費用を決済した場合に適用されるものです。

つまりこのカードを旅行代金に使った場合、旅行中は2,000万円+8,000万円=合計1億円もの高額補償となります。

手厚い海外旅行障害保険はイチオシの補償内容

しかし旅行先では病気や怪我に見舞われるケースの方が圧倒的に多く、こういう時にこそ保険が必要とされます。でもこのカードならその点も万全ですよ!

「セディナゴールドカード ハローキティ」の海外旅行傷害保険では、補償額上限が特に定められておらず、治療費のほか移送費や診断書料金まで、かかった費用の殆どをカバーする非常に手厚い内容です。

また国内旅行傷害保険も充実しています。死亡時は自動付帯分1,000万円+利用付帯分4,000万円など、他にはない高額補償です。

通常クレジットカードの付帯保険には不十分なものが多いのですが、このカードは例外ですね。

「セディナゴールドカード ハローキティ」は、旅行のご予定のある方には是非おすすめしたいクレジットカードです。

全部で5種類の付帯保険つき!

以下に「セディナゴールドカード ハローキティ」の全付帯保険をまとめましたのでご覧ください。旅行保険以外の保険もこのようにフル装備!このカードの付帯保険は本当に充実していますね。

「セディナゴールドカード ハローキティ」
■カード紛失・盗難保険    
届日から遡って60日間の損害を補償

■ネットセキュリティサービス 
届日から遡って60日間の損害を補償

■ショッピング保険      
購入日から90日間300万円/年を上限に補償

■海外旅行傷害保険      
最高1億万円 自動付帯+利用付帯

■国内旅行傷害保険      
最高5,000万円 自動付帯+利用付帯

ハローキティカード共通!毎日イオンなど対象店はポイント3倍!

さてここから先は全てのセディナカードに共通する優待サービスです。

ハローキティカードには、身近なお店でポイントが毎日3倍になるといった、非常に実質的な特典がついています。

セディナの提携店は、このように日常的に利用しやすいお店ばかりが揃っています。これはセディナカードを選ぶ上での大きな利点ですね。

  • セブンイレブン・イトーヨーカドー・・・・毎日ポイント3倍
  • ダイエー・イオン各店・・・・・・・・・・毎日ポイント3倍
  • マルエツ等各店・・・・・・・・毎月第2・第4日曜日5%割引
  • セディナポイントモール・・・いつでもポイント3倍~21倍

せっかくの高倍率も使えなければ意味がありません。でもセディナのハローキティカードならそのような心配は無用ですね。

またセディナポイントモールを経由してネットショッピングすれば、いつでもポイント3倍〜21倍に!これもまた見逃せないチャンスです。

なおこの店舗優待はセディナカード共通です。これ以降ご紹介するセディナのハローキティカードにも、すべてこのポイント優待が適用されます。
さすがゴールド!「セディナゴールドカード ハローキティ」の特典はとても充実していますね。

特に旅行傷害保険は他にはないグレードの高さです。これだけでも入会の価値はあるというもの。更にハローキティからクリスマスプレゼントが届くサービスなど、このカードのメリットは大きいですよ。

セディナカードファースト ハローキティは25歳までのカード!

次にご紹介するのは若者対象のカードです。「セディナカードファースト ハローキティ」は、18歳から25歳の方限定。大学生や新社会人の方にピッタリです。

さてこのカードには一体どんなメリットがあるのでしょう?

年間1回の利用で年会費無料!ポイントも貯めやすい

セディナカードファースト

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

「セディナカードファースト ハローキティ」は、クレジットカードを初めて持つ若い方向けのサービスが充実しています。

1,000円の年会費は初年度無料ですし、カードショッピングを年間一度でも利用すれば2年目以降も無料!

これなら若い方も安心してカードを持てるでしょう。勿論イオンやセブンイレブンなど対象店舗では毎日ポイント3倍!

「セディナカードファースト ハローキティ」なら、若い方も日常生活の中で無理なくポイントが貯まりますよ。

カード利用や買い物も安心の保険つき

「セディナカードファースト ハローキティ」の付帯保険を見てみましょう。旅行保険はゴールドには到底及びませんが、カード利用に関する補償がとても充実しています。

このようにショッピング保険は金額は低いものの、補償期間が半年間と長いのが特徴です。

「セディナカードファースト ハローキティ」
■カード紛失・盗難保険 
届日から遡って60日間の損害を補償

■ショッピング保険   
購入日から180日間50万円/年を上限に補償

■海外旅行傷害保険   
最高1,000万円利用付帯

■国内旅行傷害保険   
最高1,000万円利用付帯

26歳になると自動的にクラシックタイプに切り替わる

但しこのカードは、26歳を越えた最初の更新時にクラシックタイプに切り替わることにご注意ください。

切り替えは自動で行われるため新たな手続きは不要ですが、切り替え後は「セディナカードファースト ハローキティ」で利用できたメリットが一部使えなくなります。

クラシックタイプについては次章でご紹介しましょう。

学生さんやフレッシュマンにおすすめなのが「セディナカードファースト ハローキティ」です。何と言っても年会費の免除があるので、若い方も負担なくカードを持つことができます。

それにセディナカード共通のセブンイレブンなど提携店でのポイント優待も見逃せませんよ。ただ26歳を越えると、自動的にスタンダードタイプのカードに切り替わることにご注意ください。

セディナカードクラシック ハローキティは定番のカード!

「セディナカードクラシック ハローキティ」は、セディナカードにおける基本のベーシックタイプです。

特に際立った特徴はありませんので、前出の「セディナカードファースト ハローキティ」と比較しながらご説明していくことにしましょう。

クラシックは年会費免除がないことにご注意!

セディナカードクラシック

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

26歳になってセディナカードファーストからクラシックに切り替わる方に気をつけていただきたいのは、クラシックには年会費の免除がないということです。

「セディナカードクラシック ハローキティ」は年間利用にかかわらず年会費が発生するため、どなたも必ず毎年1,000円が徴収されます。

もしもセディナカードファーストをご利用の方で、26歳以降年会費を払いたくない場合は、更新前に解約するしかありません。放っておくとカードは勝手に切り替わってしまいますのでご注意ください。

付帯保険はセディナカードファーストと同じ内容

次に「セディナカードクラシック ハローキティ」の付帯保険を見てみましょう。このようにセディナカードファーストと変わらない内容です。

「セディナカードクラシック ハローキティ」
■カード紛失・盗難保険 
届日から遡って60日間の損害を補償

■ショッピング保険   
購入日から180日間50万円/年を上限に補償

■海外旅行傷害保険   
最高1,000万円利用付帯

■国内旅行傷害保険   
最高1,000万円利用付帯

勿論セブンイレブンなど対象店での優待サービスも利用できますし、基本機能は「セディナカードクラシック ハローキティ」にそのまま引き継がれます。

つまり問題は1,000円の年会費だけということになりますね。

しかしハローキティクレジットカードには、実は年会費無料のタイプもあるんですよ。次にそのカードをご紹介しましょう。

「セディナカードクラシック ハローキティ」はスタンダードタイプ。年会費には免除条件がないため、初年度から1,000円かかります。

しかしイトーヨーカドーやセブンイレブンでのポイント3倍など、セディナカード基本の特典が備わっており、対象店をよくご利用の方にはメリットの多いカードです。

セディナカード Jiyu!da!ハローキティは払い方が自由!

「セディナカード Jiyu!da! ハローキティ」はこれまでご紹介した中では唯一年会費無料のカードです!

それにしてもちょっと変わった商品名ですよね。これは支払い方法が「自由だ」という意味なのですが、これについてちょっと注意点が。実は使い方によってコストがかかるのです。

Jiyu!da!は基本設定がリボ払い

セディナカードJiyu!da!

公式サイトはコチラ

もうお気づきの方もおられるかもしれませんが、「セディナカード Jiyu!da!ハローキティ」は「基本がリボ払い」設定のクレジットカードです。

リボ払いは月々のカード請求が一定になる方法で、残りは時間をかけて支払っていくようになっています。注意が必要なのは、まだ払っていない残高に対して手数料がかかること。

「セディナカード Jiyu!da!ハローキティ」で一定以上の金額を使うと、毎月手数料(年15%)が発生します。

基本リボだが支払額は自分で自由に決めていい

それにしても、このカードに「Jiyu!da!」という名前がついているのは何故なのでしょう?

それは以下イラスト中の「月々払い」の金額を自分で決められるだけでなく、それに加えて好きな金額を「よゆう払い」にできるからです。

基本はリボ払いですが、毎月の支払額は自分で自由に決めていいという訳ですね。

使い方次第でリボ払いにはならない

「月々払い」の金額は、カード利用額の範囲内で5,000円以上5,000円単位で自由に変更できます(初期設定は5,000円)。

請求額がこの「月々払い」の設定金額を下回る月はリボ払いになりません。

また「よゆう払い」は以下の方法で行います。

  • インターネットから(ネット払い対応口座が必要)支払う
  • ローソン「Loppi」を使って支払う

利用額が「月々払い」の設定金額を越えてしまった月には、その分を期日までに「よゆう払い」すれば、やはりリボ払いは発生しません。

「セディナカード Jiyu!da!ハローキティ」でリボ払いにしたくない方は、このような方法で全てを一回払いにすることが可能です。

このカードにしかないメリットがある

リボ払いを希望しなくてもこのカードを選ぶ理由は、以下のような特典の数々があるからです。特に年会費無料でハローキティクレジットカードを持てる意味は大きいですよね。

  • 年会費永年無料
  • 藤田観光グループ対象店でポイント5倍
  • 宇佐美グループSSでポイント3倍
  • 海外ショッピングはポイント3倍

カード共通の特典・セブンイレブン、ダイエー、ネット通販等でのポイント倍増も加わりますから、「セディナカード Jiyu!da!ハローキティ」はポイント加算では最強のクレジットカードです。

付帯保険はやや縮小気味

では付帯保険はどうでしょう。「セディナカード Jiyu!da!ハローキティ」の補償はこのようにやや縮小気味ですが、ショッピング保険が残っていることは評価できます。但し海外旅行保険がつかないことにご注意ください。

「セディナカード Jiyu!da! ハローキティ」
■カード紛失・盗難保険 
届日から遡って60日間の損害を補償

■ショッピング保険   
購入日から180日間50万円/年を上限に補償

■国内旅行傷害保険   
最高1,000万円利用付帯

「セディナカード Jiyu!da! ハローキティ」は、そのままだとリボ手数料がかかりますが、月々の支払い額の設定や追加払いによって、一回払いと変わらない利用も可能です。

このカードのメリットは年会費が完全無料なこと。その他特定の店舗でポイント倍率が高くなるという特典もあります。

ハローキティクレジットカードはデザインも機能も様々です

ハローキティクレジットカードは、同じキティちゃん柄でもその特典や付帯保険などカード機能は様々。入会時にはデザインだけでなく、中身もよく検討してから選んでください。

ハローキティ関連の特典のつくもの、ゴールドタイプ、付帯保険が充実しているものなどなど・・・ハローキティという共通のカードフェイスの中から、きっとあなたに最適な1枚が見つかりますよ。

メニューを閉じる