意外と知らない?日本最初のクレジットカードとその歴史

意外と知らない?日本最初のクレジットカードとその歴史

世界で最初にクレジットの概念を利用したのはアメリカのダイナースだとされています。そのダイナースははじめはツケで食事をするようなシステムだったといいます。

では日本で初めてのクレジットカードはどんなものだったのでしょうか。今では生活に欠かせないものとなりつつあるクレジットカードの、日本における始まりについてお届けします。

日本でクレジットを導入したのは丸井

株式会社丸井は、日本で初めて「クレジット」という言葉を導入した会社です。

月賦、割賦の支払い方式は元々あった

もともと日本にもクレジットカードの決済のような、月賦支払いや割賦支払いでの商品の購入形式はありました。また、先に品物を受け取り後から代金を渡すツケで支払うという形式自体は江戸時代には既に存在していたようです。

明治になると西日本を中心として割賦販売を専門に行う月賦百貨店もみられるくらいでした。太平洋戦争下では一時的に割賦販売も下火になったものの、割賦販売自体は古くから利用されてきた方法です。

しかしながら、1950年にアメリカで生まれた「クレジット」という言葉自体は日本にはすぐには導入されず、また存在していませんでした。

「クレジット」という言葉を導入した丸井

1950年にアメリカのダイナースが「クレジット」という言葉を用いて以来、10年遅れて1960年に株式会社丸井が日本に「クレジット」という言葉を取り入れて商品展開をしました。

丸井が日本で初めて割賦支払いをクレジットという名前にしたのです

それは「クレジット・プレート」「クレジット・カード」という名前でしたが、現在のクレジットカードとは少し異なっていたようです。

現在とは違うクレジット・カード

丸井が発行したクレジットカードは、実は現在繰り返し使えるクレジットカードとは異なり、使用は一回限りのものでした。支払いを割賦払いにできるというだけの、クーポン券のようなものです。

この時点ではこのクレジットカードは現在のようなプラスチックカードでもなく、磁気ストライプも入っていない紙でした。

支払いは口座引き落としではなかった

丸井がアメリカから機器を輸入して導入したクレジット・カード、クレジットプレートはそれまで使用されてきた月賦購入、割賦購入の名前が変わっただけのものです。その支払いの方法は従来までの割賦販売の支払い方法と同じでした。

というのは、割賦契約での購入後、後日集金員が回収に回る、お店の窓口に支払いに来るといった方式が一般的でした。

ちなみにこの頃は1961年にやっと割賦販売法ができたくらいで、規制も厳しくなかったので、支払いが滞るようなことがあれば、集金員の取立ては一昔前のサラ金の取立てのように荒く、ガラの悪い方々の怖い集金がくるということもままあったようです。

丸井のクレジット・プレートはステータスの象徴

丸井が発行したクレジット・カード、クレジット・プレートは現在のように「割賦支払いをするためのカード」というよりは、お得意様への特別な割賦払い用の会員証のような扱いでした。

このため、クレジット・プレートを持っていることはすなわち丸井の上顧客ということになるため、当時のエリートやスマートといったステータス意識の強い若年層に人気があったようです。

参照元:Wikipedia:丸井

丸井を皮切りに他の企業も「クレジット」を導入

1960年に丸井が「クレジット・カード」を導入してから、同年には富士銀行と日本交通公社が日本ダイナースクラブを設立、三銀行と高島屋が提携してのクレジット業務提携するなど、「クレジット」という言葉は急速に日本に広まりました。

【高島屋が1960年に発行したクレジットカード(見本)】

日本初のクレジットカード専門業者はダイナース

さて、「クレジット」という言葉を導入した丸井に引き続いてクレジット業務に乗り出したのが、日本ダイナースクラブです。アメリカ発祥のダイナースがなぜこの時期に日本でも設立されたのでしょうか。

【ダイナースの古いクレジットカード画像】

日本初のクレジット業務専門の企業

丸井が1960年に日本に「クレジット」という言葉を導入した同じ年に日本ダイナースクラブは設立されました。

日本ダイナースクラブは富士銀行(現在のみずほコーポレート銀行)と日本交通公社(現在の現在のJTB)が共同で設立した、日本では初めてクレジットカードを専門に取り扱う企業です。

丸井のように自社の商品の購入のための割賦販売というのが大前提だった当時の日本には画期的なことでした。

クレジットカード専門の企業であることと、厳密には現行のクレジットカードのシステムとは異なる丸井のクレジット・カードの性質も加味して、日本で初のクレジットカード会社は、日本ダイナースクラブであるとする場合もあります。

クレジットが急速に広まったのはオリピックのため?

アメリカのダイナースがクレジットを誕生させたのは1950年にも関わらず、1960年になってようやく日本にダイナースが設立された背景には、1964年に控えた東京オリンピックへの配慮があったという説もあります。

オリピックに合わせて海外からの観光客が増えることに対して、クレジットカードという制度を利用できる基盤を整え、国際観光が可能な日本としての基盤を築く目的があったようです。

日本ダイナースの設立は1960年ですが、実際のカード発行は1963年なので、オリンピックに間に合わせたという印象もあります。

そのクレジット導入の流れから日本ダイナース設立翌年の1961年には三和銀行と日本信販(現在のUFJニコス)が日本クレジットビューローを設立しました。日本クレジットビューローは現在のJCBで、日本で大勢を占めるJCBカードを発行しています。

日本が導入したプラスチックカードが世界初だった

>

ここまでクレジットカードの会社の設立について紹介しましたが、こういった初期のクレジットカードは、実は今見るようなクレジットカードとは決定的に見た目が違います。

クレジットカードは紙だった

丸井が提供したクレジット・カード、クレジット・プレートは実は紙でした。日本だけがそうなのかといえばそうではなく、実は世界的にクレジットカードは全て紙製というのが基本でした。

では具体的にどんなものだったのかといえば、ダイナースで発行されていたクレジットカードは、サイン入りの表紙がついた冊子で、中身は加盟店の名簿を綴ったものでした。つまり、カードというよりクレジットブックだったのです。

今見るようなプラスチックのカードはなく、どちらかというとクーポン券やチケットのようなものがクレジットカードだったのでした。

プラスチックカードは日本が初導入した

1963年に日本ダイナースがカードの発行を開始しましたが、実はこのカードは紙製ではなく、プラスチック製のカードでした。

このカードの形態は、本部であるアメリカの許可をとって、開発、発行されたものでした。

前述の通り、クレジットカードは紙製というのが常識でしたから、プラスチックのクレジットカードを導入したのは、日本のダイナースが世界初だったのです

クレジットの大元とも言うべきアメリカのダイナースが許可したことによって、日本の発行したプラスチック型のクレジットカードは、世界に広がっていきました。

磁気ストライプの歴史は浅い

クレジットカードがプラスチックカードになり、いよいよ現在使われているクレジットカードの形状に近くなりましたが、実はその頃のカードにはまだ、磁気ストライプはありませんでした。

ちなみに磁気ストライプはアメリカのIBMが開発したものなので、日本発祥ではありません。

カードの裏面に磁気情報が入るようになったのは1972年からのことで、それまでは暗証番号等もありませんでした。クレジット誕生から22年後のことですから、まだ磁気ストライプの歴史は浅いです。

表面のホログラム印刷やICチップといった近年になって導入されてきた技術のように、磁気ストライプもクレジットカードの発展と共に後になってついた機能だったんですね。

世界初のクレジットカードは日本発といってもいい?

日本のクレジットカードの始まりの話はいかがでしたでしょうか。クレジットの発祥自体はアメリカのダイナースですが、その頃のクレジットカードは紙製であり、チケットやクーポンの形式だったため、厳密には現在のクレジットカードとは異なります。

1963年に日本が発行した日本ダイナースクラブのプラスチックのクレジットカードは、世界で初めてのプラスチックカードであり、現在の形式と同じクレジットカードです。

現在と形式が同じクレジットカードを発行した、という意味では、世界初のクレジットカードは日本発信で誕生したといってもいいかもしれませんね。

メニューを閉じる