オリコ「OricoCard THE POINT」

ふるさと納税の利用に最適!
高還元のオリコカードザポイント

ふるさと納税はクレジットカードがお得!ポイントも特産品もゲット!

ふるさと納税はクレジットカードがお得!ポイントも特産品もゲット!

ふるさと納税という制度を知っていますか?自分が住んでいる自治体に納税するのではなく、任意の自治体に納税をすることが出来るという制度ですね。

ふるさと納税をすると、納税をした地域の特産品をもらえることも多く、その特典目当てで納税をする人もいるぐらいです。

しかし!それで満足してはいけません。実は、クレジットカード払いで納税を行えば更に得をすることも出来ちゃうんです。

クレジットカード払いがどうしてお得なのか、対応している自治体はどこか、どんな特産品がもらえるのか、チェックしておきましょう!

ふるさと納税ってどうすれば良いの?基本的な仕組みをチェック

まずは、ふるさと納税の基本的な仕組みを紹介しましょう。

ふるさと納税は、市区町村に寄附をすると所得税から一定額が還付され、翌年の住民税が控除されます。

ふるさと納税は、年収や家族構成によって上限がありますが、自己負担額2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

そして、寄附金の半額相当金額の返礼品(特産品)が貰える制度です。

寄付をした事に対して確定申告を行うと、寄付金分が税金から控除されるので、実質納税するお金で寄付をする、とも言えるわけですね。ですから、ふるさと「納税」という表現になっています。

ただし、ふるさと納税では最低2,000円は自己負担が発生してしまいます。1万円寄付をした場合、2,000円の自己負担額を除いた8,000円が税額控除されるという仕組みです。

ふるさと納税のしくみ

寄付をする自治体は自由に選ぶことが出来ます。自分にゆかりのない自治体でもOKです。もちろん、寄付する、しないも自由!それがふるさと納税なのです。

寄付は何か所でも何円でもOK!控除上限額にだけ要注意

ふるさと納税を行う場所、寄付をする自治体に制限はありません。

  • どこでもOK
  • いつ寄付してもOK(月などの指定なし)
  • 何円寄付してもOK
  • 何か所寄付してもOK

自分で好きなだけ寄付をすることが出来るのです。そして、何か所寄付をしても自己負担額は2,000円と変わりません。1か所につき2,000円の自己負担がかかるわけではありません。

A市寄付金 B町寄付金 寄付金合計額 自己負担額 還付・控除金額
10,000円 5,000円 15,000円 2,000円 13,000円

ただし、注意しなければいけないのは還付・控除される金額には所得による上限があるという事です。

具体的な上限額については、居住している市区町村に確認が必要ですが、目安となる金額を紹介しておきます。

控除・還付の上限金額は、家族構成によっても異なります。ここでは、独身又は共働き家族と、夫婦と子供1人(高校生)の家族を例とします。

収入 控除・還付上限金額
独身又は共働き
夫婦と子供1人(高校生)
300~350万円 31,000円 22,000円
500~550万円 67,000円 46,000円
800~850万円 141,000円 122,000円
1,000~1,500万円 188,000円 170,000円

年収が上がれば、還付・控除上限金額も上がっていきます。そして、家族構成は扶養家族が増えていくほど還付・控除金額が低くなっていく仕組みです。

自分の収入・家族構成では上限金額はいくらになるかを簡単に知りたい!と言う人は、シミュレーターを利用しても良いでしょう。寄付金シミュレーションと検索すれば、簡単に見つけることが出来ます

年収や家族構成を入力するだけで、自分の控除上限額を算出してくれるので簡単ですね。ただし、あくまでも目安ですから、正確に知りたい場合は自治体へ問い合わせるのが確実です。

自己負担額である2,000円を差し引いた寄付金額が、この上限額を超えてしまった金額分の還付・控除は行われません。

寄付金総額によっては、自己負担額が2,000円を超えてしまう事もある、ということに注意しておきましょう。

特産品がもらえる!?ふるさと納税の嬉しい特典をチェック

ふるさと納税は、自分が住んでいる自治体以外に寄付と言う形で納税をすることが出来るという制度です。この地域に貢献したい!この地域を助けたい!そういう思い・願いを叶えることができるのです。

しかし、それだけではありません。

ふるさと納税には、寄付をした自治体から特産品がもらえるという特典もあるのです。

もらえる特産品は、寄付した金額によって異なることが多くなっています。長野県飯山市を例に挙げて見てみましょう。

寄付金額 特産品
4,000円以上5,000円未満 やわらか黒糖かりんとう
10,000円以上20,000円未満 幻の米新米15㎏
30,000円以上40,000円未満 iiyama製19型液晶ディスプレイ
もしくは
iiyama製 21.5型液晶ディスプレイ
寄付をした金額に応じて、自分が希望する特産品をゲットできるわけですね。

希望する特産品から寄付金を決める、寄付をする自治体を決めるということもOKです。

多くの自治体に寄付をすれば、それだけたくさんの特産品をゲットできるチャンスがあるわけですが、還付・控除金の上限には注意しておきましょう。

クレジットカードもOK!?多様な納付方法とは

ふるさと納税のために寄付するにはどうすれば良いのでしょうか。主な寄付方法は、次の5つです。

  • 現金
  • 現金書留
  • 振り込み
  • クレジットカード
  • コンビニ支払い

寄付をする自治体に直接支払いに行く、というのが現金での納付ですね。確実に自治体に寄付をすることが出来ますから、安心感があります。

現金書留も、郵送の手間はかかりますが現金を送るわけですから補償がしっかりしていて、直接自治体に届けてくれるということで安心できる方法でしょう。

振り込み・クレジットカード・コンビニでの納付は、24時間いつでも可能ですし、自分のタイミングで寄付が出来るというのは便利ですよね。

全ての納付方法に対応しない所も!各位自治体の対応は要確認

納付方法は多様ですから、自分が希望する方法を選べばOKです。ただし、全ての自治体がこれらの納付方法に対応しているというわけではありません。

自治体によって、振り込みのみ対応のところ、複数の納付方法に対応しているところなど、違いがあるのです。

自分が寄付をしたいと思った自治体はどの方法に対応しているのか、あらかじめ確認しておく必要があります。

ふるさと納税ってどうするの?申し込みから控除・還付までの流れ

では、実際ふるさと納税をするとしたらどのような手順で行えば良いのでしょうか。

手順は簡単です。

①希望する自治体を選択したら、納付方法をチェックする
②任意の方法で納付
③受領書が発行
④確定申告を行う
⑤所得税の還付・住民税の軽減

この流れが基本ですね。

確定申告は、ふるさと納税をした翌年の3月15日までに行うようにして下さい。申告時には、寄付を証明する書類(受領書)が必要になりますから、無くさないように注意しておきましょう。

面倒な確定申告が不要に!?ふるさと納税ワンストップ特定とは

基本的には、寄付をした金額を確定申告することによって還付が行われることになっています。ですが、普段確定申告をしない給与所得者にとってはかなり手間ですよね。

そこで、平成27年4月1日寄付分から、確定申告不要でOKとなる制度「ふるさと納税ワンストップ特例」がスタートしました。

この制度は、ふるさと納税を行う前にあらかじめ納付先に申請書を提出することで、確定申告をすることなく翌年の住民税からの控除が行われるというものです。

この制度を利用するためには、以下の条件を満たさなければいけません。

  • 平成27年1月1日~3月31日までにふるさと納税をしていない
  • 確定申告をする必要がない給与所得者(会社員等)
  • 寄付先が5つの自治体以内

寄付先が5つの自治体以内であれば、同じ自治体に複数回寄付をしても対象となります。

ただし、ワンストップ特例を利用する場合は、その都度事前に申請書を提出しなければいけません。

希望する自治体に事前に申請書を郵送してもらい、手続きをした後で寄付をするようにしましょう。

これが多少面倒だな、と思う人は、インターネットからのふるさと納税が可能となるサイト「さとふる」を利用しても良いでしょう。

さとふるでは、寄付を申し込むと同時にワンストプ特例制度を利用することを申請できるようになっているのです。

ただし、全ての自治体が電子申請に対応しているわけではありませんので、そこは注意してください。

ふるさと納税におすすめ!高還元のOricoCard THE POINT!

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、年会費が無料です。

入会半年間2%の高還元、その後も基本還元率が1%と高い還元率を誇るカードですから、ふるさと納税におすすめですね。

オリコモール経由でAmazonでの還元率が2%(入会半年は3%)と、Amazonを利用する方にも最適です。

ポイント交換のスピードがとても早く、リアルタイムでAmazonギフト券などに交換もできますから、メインカードとしても大活躍しますよ。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ポイントをゲット!クレジットカード使用のメリットとは

ふるさと納税は、自治体が対応している方法の中で自分が希望する方法を選択して行う事が出来ます。

しかし、せっかく寄付するなら出来るだけ得をしたい!そう思いませんか?もちろん、寄付金に応じた特産品はもらえますから、それだけでも十分お得なのかもしれません。

でも、ここでクレジットカードを使えば、更に得をすることが出来るのです。クレジットカードでふるさと納税をするメリットは、次の2つです。

  • クレジットカードのポイントがつく
  • 24時間いつでも納付できる

寄付をするとなれば、その金額は5,000円、10,000円、30,000円と決して小さな金額というわけではありませんよね。クレジットカード会社によってポイントの付き方は違いますが、仮に5,000円寄付した場合を考えてみましょう。

ポイント換算金額 獲得ポイント
100円=1ポイント 50ポイント
1,000円=1ポイント 5ポイント
1,000円=2ポイント 10ポイント

このように、しっかりとポイントを獲得することが出来るのです。せっかく同じ金額を支出するのであれば、ポイントを貯めた方が得だとは思いませんか?

クレジットカードで納税できる自治体はどう探す?

クレジットカードでふるさと納税が出来る自治体は、全てではありません。一部の自治体に限られてしまいます。

とは言っても、現在全体の3分の1を超える自治体でクレジットカードが使用できるので、決して少ないわけではありません。

クレジットカード納税が可能な自治体はどう探せば良いか、オススメのサイトが、ふるさと納税のポータルサイトである「ふるさとチョイス」です。

こちらのホームページでは、クレジットカードでの納付が出来る自治体・商品を絞り込むことが可能となっています。クレジットカード利用可、と絞り込みをして、自分が希望する商品を探すというのも良いですね。

クレジットカードで納税できる自治体の人気先3か所をご紹介

では、クレジットカードが利用できる自治体はどこなのか、人気の3か所をピックアップしてご紹介しましょう!

自治体名 代表商品
北海道 上士幌町 十勝ナイタイ和牛商品
アイス・ジェラート商品
はちみつセット
佐賀県 東松浦郡玄海町 玄海町産佐賀牛
野菜セット
こしひかり
宮崎県 都城市 宮崎牛商品
焼酎

どれも魅力的な商品ラインナップですよね。ふるさと納税を考えているのであれば、クレジットカードで寄付をして特産品もポイントも、両方ゲットしておきましょう!

ふるさと納税はクレジットカードが得!対応自治体は要チェック

ふるさと納税は、自己負担額2,000円で納税額に応じて特産品がもらえるお得な制度です。

クレジットカードで納付すれば、ポイントも貯まってさらにお得!24時間いつでも納付できる便利さも魅力です。

クレジットカード納付対応の自治体は是非チェックしておきましょう!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断