セディナカードクラシック

イオンで毎日ポイント3倍!
キティデザインもあるセディナカード

イオンカードセレクトで買物も振込みも全部まとめておトクに!

イオンカードセレクトで買物も振込みも全部まとめておトクに!

「ポイントは貯めたいが、クレジットカードについてあれこれ考える暇がない」という方は居られませんか?

そんなあなたにおすすめなのがイオンカードセレクトです!

このカードなら日々の生活の中で自然にポイントが貯まります。しかもクレジットカード・電子マネー・キャッシュカードの3つがコンパクトにまとまった多機能タイプ。

これ1枚で、お買物や引き落としなど普段の生活の中でしっかりポイントが貯まります。

当記事では、イオンカードセレクトの使いこなし方を分かりやすくご説明します!イオンカードからの切替をご検討の方も是非ご参照ください。

イオンカードセレクトの魅力!生活の中で自然にポイントが貯まる!

  • イオングループの対象店舗でいつでもポイント2倍!
  • お客さま感謝デーは5%OFF
  • 55歳以上なら更におトク!
  • 公共料金の支払いでWAONポイントゲット!
  • イオン銀行の給与受取でポイントが貯まる

イオンカードセレクトは3つの機能が一体となった多機能タイプ。お買物や振込みといった家計のやりくりの中で、自然にポイントが貯まる理想的なクレジットカードです。これからそのポイント獲得の仕組みを詳しくご説明しましょう!

イオンカードセレクトは、セブン銀行のキャッシュカードにクレジットカード機能がついた多機能タイプ。電子マネーWAON搭載で合計3機能の複合型カードです。

毎日のお買物や公共料金の支払いのほか、銀行口座を使っても自然にポイントが貯まるおトクな仕様ですよ。乞うご期待!

イオンカードセレクトは毎日のお買物でポイントがザクザク貯まる!

イオンカードセレクトが一番おトクなのは、やっぱりイオンなど系列店舗でのお買物です。対象となるお店が身近にあるスーパーだからこそ、毎日ポイントがザクザク貯まるんですね。

しかもイオンのお店では様々なポイントアッププログラムを実施中!さてその内容とは?

イオンカードセレクトは年会費無料

その前に、イオンカードセレクトの年会費のことをご説明しておきたいと思います。

イオンカードセレクトは、通常のイオンカード(キャッシュカード機能なし)同様、年会費は無料です。

にもかかわらず、イオンカードセレクトは通常のイオンカードよりも機能もポイント獲得率も大幅アップし、大変おトクな仕様となっています。

切り変えも簡単にできますので、現在イオンカードをお持ちの方も、是非一度こちらのイオンカードセレクトをご検討ください。

イオングループ対象店はいつでもポイント2倍!

さて次はいよいよ本題、イオンカードセレクトのポイント還元率についてです。

イオンカードセレクトのクレジット利用で貯まるのは「ときめきポイント」。この付与率と還元率は以下のようになっています。

■「ときめきポイント」の貯まり方
200円で1ポイント付与
還元率0.5%

これを見れば、特に可もなし不可もなしといったところですね。イオンカードセレクトは国際ブランドを3種類から選べますが、全国のVISA・MasterCard・JCB加盟店でのお買物では、ポイントはさほど貯まりません。

イオンカードセレクトは、やっぱりイオングループのお店でを使うに限ります。これならいつでもポイント2倍、つまり還元率は1.0%となります!
■イオングループ各店では・・・
200円で1ポイント付与
還元率1.0%

イオンカードセレクトは、普段イオン・ダイエー・マックスバリュといったイオングループのお店を利用する方には是非おすすめしたいカードです。

お客さま感謝デーは殆ど全品5%OFF!

でもイオンカードセレクトがおトクなのはこれだけじゃありませんよ。イオングループの店舗では、毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は殆ど全品が5%OFFに!

「お客さま感謝デー」
【対象日】毎月20・30日
【割引率】5%OFF
【対象店舗】イオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなど

イオンのお店をご利用の方なら、これは絶対に見逃せないチャンスですね。

55歳からは毎月15日も5%OFFに!

また55歳を過ぎたら割引のチャンスが更にもう1日増えます。毎月15日は「G.G感謝デー」でやはり全品5%OFFに!

「G.G感謝デー」(55歳以上限定)
【対象日】毎月15日
【割引率】5%OFF
【対象店舗】イオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなど

但しこのサービスを受けるには、カード表面に「G.Gマーク」が必要です。こちらのマークがついていないカードは切替が可能ですので、インターネットよりお申し込みください。

カード表面にG.Gマーク

でもここまでの機能については従来のイオンカードと変わりません。次章ではいよいよイオンカードセレクト会員だけの特典をご紹介します!

イオンカードセレクトは通常利用では還元率0.5%ですが、イオングループ各店ならいつでも2倍の1.0%になるほか、5%OFFの割引デーが月最大3日間もあります。

年会費無料のイオンカードセレクトは、イオンのお店を利用する方なら、入会して絶対に損のないカードですよ。

イオンカードセレクトとイオン銀行の連携でポイントアップ!

イオンカードセレクトには、銀行キャッシュカードというもう一つの機能がありますが、ここでもまたポイントが貯まります。

イオンカードセレクトは、クレジット利用と銀行利用のどちらでもポイントの貯まるおトクなカードなんですね。この魅力的なポイントプログラムを徹底解説します。

イオンカードセレクト入会にはイオン銀行口座が必要

先ずはイオン銀行口座の基本情報から。

イオンカードセレクトのカード代金の引き落としには、イオン銀行以外使えません。

イオンカードセレクトに入会するなら、イオン銀行口座開設は必須です。

でも現在イオン銀行に口座をお持ちでない方も、イオンカードセレクト入会手続きと同時に、ネットから口座開設できますので心配は無用です。

もしも運転免許証をお持ちなら、オンラインで直ぐに入会手続きは完了します。しかし運転免許証のない方は郵送で手続きすることになるので、若干時間と手間がかかることにご注意ください。

普通預金金利が0.1%上乗せの0.12%に!

しかしイオンカードセレクトには、多少の手間をかけても入会の意味はあります。

実はイオンカードセレクトに入会すると、イオン銀行の普通預金金利が0.1%上乗せの0.12%にアップ!これはイオンカードセレクト会員だけの特典です。

普通預金金利0.1%上乗せ説明画像

普通預金の金利は、ご存知のように小数点以下2桁3桁が当たり前の世界。イオン銀行の通常金利0.02%も業界ではまだ高い方です。

しかしこの0.1%上乗せで、イオン銀行の普通預金金利はダントツのトップに。預金金利などそう簡単には上がるものではありませんから、これはかなり貴重なサービスですよね。

「イオン銀行ポイントクラブ」も適用される

さてこうしてイオン銀行に引き落とし口座ができると、それと同時に「イオン銀行ポイントクラブ」ステージ判定の対象になります。

■イオン銀行ポイントクラブとは?
・6カ月間の利用に応じてステージが決まるポイントサービス
・利用額に対してWAONポイントが貯まる

「イオン銀行ポイントクラブ」は、先にご説明した「ときめきポイント」とは全く別個のプログラムです。

イオンカードセレクトに入会すれば、「イオン銀行ポイントクラブ」「ときめきポイント」両方のプログラムが適用されるのです。

だからこのカードはおトクなんですね!

年間10万円利用でステージ1にランクアップ!

ではイオン銀行ポイントクラブのステージ判定とはどんなものなのでしょうか?

下表をご覧ください。このように「半年間のカード利用額」に応じて、ステージ1〜3にランキングされます。ランク外も含めれば、全部で4通りに分類されることになります。

半年間の利用金額 10万円 30万円 50万円
ステージランク ステージ1 ステージ2 ステージ3

ステージ判定の基準は決して厳しいものではありません。例えば最下位のステージ1なら、月平均にして2万円足らずの利用額で達成できます。

またこの「利用額」には以下のようにあらゆるカード利用が含まれますから、どなたにも無理なくステージアップできるでしょう。

  • クレジットカードの利用
  • キャッシュカードの利用
  • WAONの利用
  • デビットの利用

次に、ステージ判定によってどのようにポイント加算されるのかを見ていきましょう。

振込み手数料分のWAONポイントが付与

まず銀行振込みの利用です。このように振込み手数料分のWAONポイントが付与されますが、ステージによってその適用回数が増えていきます。

WAONポイント付与 ステージ1 ステージ2 ステージ3
・他行宛ての振込み
(1回につき216WAONポイント)
・他行ATMでの引出し
(1回につき108WAONポイント)
・他行からの振込み
(1回につき50WAONポイント)
月1回まで 月3回まで 月5回まで

公共料金の振替はダブルでおトク!

また公共料金をイオン銀行口座振替にしてもWAONポイントが付与されます。

注目して頂きたいのは、これに加えてイオンカードセレクトの特典までつくということ。イオンカードセレクト会員なら、公共料金の振替えに対してはダブルでWAONポイントがつきます。
【イオン銀行口座振替】公共料金でWAONが2度貯まる!
①イオン銀行ポイントクラブ  1件につき毎月5pt/月(ステージ1〜3共通)
②イオンカードセレクト特典  1件につき毎月5pt/月

つまりポイントクラブの特典とカード特典との合算で、支払い1件につき毎月10WAONポイントが獲得できるという訳です!

但し①イオン銀行ポイントクラブの特典については、半年間の利用金額10万円に満たないランク外だとポイントは付きません。

公共料金はクレジットカード決済も可能

ところで公共料金は、銀行振替だけでなくクレジットカード決済にすることも可能です。

イオンカードセレクトで決済すると、貯まるのはWAONポイントではなく「ときめきポイント」です。そしてその付与率は以下のようになります。

【クレジットカード決済】でときめきポイントが貯まる!
・200円で1pt

口座振替とカード決済、どちらがおトク?

公共料金の【イオン銀行口座振替】と【クレジットカード決済】はいずれか一方しか選べません。

そこでどちらがおトクなのか、3通りの料金に当てはめて比べてみました。以下その結果をご覧ください。

■電気料金20,000円(ステージ判定1以上の場合)
【イオン銀行口座振替】・・・・10WAONポイント+54円(口座振替割引)
【クレジットカード決済】・・・100ときめきポイント
■ガス料金5,000円(ステージ判定1以上の場合)
【イオン銀行口座振替】・・・・10WAONポイント+54円(口座振替割引)
【クレジットカード決済】・・・25ときめきポイント
■水道料金4,000円(ステージ判定なしの場合)
【イオン銀行口座振替】・・・・5WAONポイント+54円(口座振替割引)
【クレジットカード決済】・・・20ときめきポイント

公共料金の口座振替には通常一回あたり54円の割引が適用されますが、一部適用外の企業もあります。

ステージ判定・支払い金額・口座振替割引の有無によっても結果は異なりますが、一般に料金が高くなればなるほど、カード決済の方がおトクになります。

給与の受取でもWAONポイントが貯まる!

またイオン銀行口座を給与受取に指定しても、毎月ポイントが貯まります。

■給与口座に指定するとWAONが貯まる!
毎月の給与受取り・・・10WAONポイント

その他公的年金の受取りや住宅ローンの支払い等も、イオン銀行を使えばWAONポイントが獲得できます。

イオン銀行住宅ローンにかかる抵当権設定費用をクレカ払いできる

イオン銀行の住宅ローンにかかる抵当権設定費用がクレジットカード払いで対応できるようになりました。

抵当権設定費用を支払えるクレジットカードは、イオンカードセレクトのみで、他のイオンカードや提携カード、他社カードでの支払いはできません。

抵当権設定費用をイオンカードセレクトで支払えばポイントも貯まりますし、司法書士への支払時に発生する振込手数料も不要になります。

現時点(2017年1月19日時点)で対象エリアが下記の東京都と神奈川県のイオン銀行19店舗ですが、これから順次全国にサービスが拡大される予定です。

東京エリア

  • 品川シーサイド店
  • イオンモール日の出店
  • イオン南砂店
  • イオン葛西店
  • イオンモールむさし村山店
  • イオン東雲ショッピングセンター店
  • イオン板橋店
  • 神田店
  • 新宿店
  • イオンモール東久留米店
  • イオンモール多摩平の森店

神奈川エリア

  • イオンモール大和店
  • イオン相模原店
  • イオン秦野店
  • イオン芽ケ崎中央店
  • イオン新百合ケ丘店
  • イオン横須賀久里浜ショッピングセンター店
  • 横浜店
  • イオンスタイル東戸塚店
対象店でイオン銀行住宅ローンを組む予定がある方は、イオンカードセレクトで抵当権設定費用を払った方がポイント分お得になりますね。
イオンカードセレクトは、セブン銀行口座を利用することでもポイントが貯まるんですね。

毎日の買物や毎月の公共料金の支払いでもポイントが貯まるなら、特に何もしなくても家計の節約になります。公共料金は絶対にセブン銀行にしたくなりますが、何か注意点はありますか?

公共料金の支払いは、セブン銀行口座振替と、イオンカードセレクトのクレジット決済の2通りの方法があります。支払い方法によって貯まるポイントの種類も違うんですよ。

条件にもよるのですが、一般に料金が2万円近くになるとクレジット決済の方がお得です。でもこの場合貯まるのはときめきポイントで、WAONに比べて若干使いにくいかもしれません。

イオンカードセレクトで人気の電子マネーWAONを使いこなそう!

イオンカードセレクトがポイントを貯めやすいカードだということはよく分かりましたが、問題はポイントの使い道です。

イオン銀行利用で貯めたWAONポイントや、クレジット機能のときめきポイントは、一体どのように利用できるのでしょう?

WAONポイントは電子マネーWAONに交換して使う

貯めたWAONポイントは、実はそのままでは使うことができません。利用する際には、先ず電子マネーWAONに交換します。これを「ポイントチャージ」と言います。

■WAONポイントは電子マネーWAONに交換して使う
100WAONポイント → 100WAON「ポイントチャージ」

ポイントチャージは、WAONステーション、イオン銀行ATM、Famiポートから行えます。

そしてチャージしたWAONは、以下のように多彩な対象店で利用できます。

  • イオン、ダイエーなど
  • ローソン、ファミリーマートなど
  • ウエルシア、ハックドラッグなど
  • ビックカメラ、ジョーシンなど
  • マクドナルド、吉野家など

イオンカードセレクトはクレジットチャージできない

電子マネーWAONには、ポイントチャージ以外にも全部で4通りのチャージ方法があります。

ここで気をつけて頂きたいのは、イオンカードセレクトはクレジットチャージができないということ。

イオンカードセレクトは、オートチャージも必ずイオン銀行口座からのチャージになります。

  • イオンカードセレクトはWAONクレジットチャージができない
  • ポイントチャージ ○
  • 現金チャージ ○
  • オートチャージ ○
  • イオン銀行口座からのチャージ ○
  • クレジットチャージ ×

以下は公式ページの注意書きからの引用です。

イオンカードセレクトのオートチャージはイオン銀行普通預金口座からのチャージとなります。クレジットカードでのチャージはできません。
引用元:イオンフィナンシャルサービス

オートチャージでポイント2重取り!

中でもオートチャージは、手動でチャージする必要のない、とても便利な方法です。先ほどご紹介した多彩なWAON加盟店で次々利用しても、必要に応じて自動チャージされますから残高不足の心配がありません。

しかも見逃せないのは、オートチャージならWAONポイントが2重取りできることです!

①オートチャージ・・・200円チャージで1WAONポイント
②WAONで買物・・・・200円で1WAONポイント

イオンカードセレクトならオートチャージが一押しですよ!なおオートチャージは、イオンのお店にある端末・WAONステーションでの設定できます。

WAONステーション端末画像

5のつく日のオートチャージがおトク!

またオートチャージを使うなら、5のつく日「お客さまわくわくデー」が更におトクです!

通常「200円チャージで1WAONポイント」のポイントプレゼントが、このように「イオン銀行ポイントクラブ」ステージ判定に応じて倍率アップするからです。

ステージが決まる利用金額は、過去半年間の「イオン口座のイオンカード引落し額」と「WAONの利用金額」の合算で決まります。

ステージなし ステージ1 ステージ2 ステージ3
1.5倍 2倍 3倍

ポイントに関して合計3回もメリットのあるWAONオートチャージは、イオンカードセレクト会員なら必ず済ませておきたい設定です。

銀行の取引でWAONポイントが貰える

先に振込などの銀行取引でWAONポイントが貯まる旨をご案内いたしましたが、定期預金や住宅ローンなどでもWAONポイントがたまります。

イオン銀行の取引 ステージ1 ステージ2 ステージ3
定期預金
(月末時点の残高100万円以上)
毎月25WAONポイント 毎月50WAONポイント 毎月100WAONポイント
住宅ローン
(月末時点で残高がある事が条件)
毎月25WAONポイント 毎月50WAONポイント 毎月100WAONポイント
公的年金振込
(年金振込があった月にポイント付与)
25WAONポイント 50WAONポイント 100WAONポイント

ときめきポイントはWAONに交換できる

次にクレジット利用で貯めたときめきポイントの利用先のこともご説明しておきましょう。

ときめきポイントもWAONポイントと同様、電子マネーWAONに交換して使うことができます。

但しときめきポイントの場合、一旦WAONポイントに交換する必要があるので、手順は以下のように2段階になります。

①ときめきポイントをWAONポイントへ交換する
②WAONポイントをWAONにポイントチャージする

問題は①の交換は1,000ポイント以上500ポイント単位だということ。WAONポイントは100ポイントから交換できたのに、ときめきポイントはちょっと交換しにくいですね。

ときめきポイントの場合、電子マネーとして使うにはちょっと時間がかかるというデメリットがあります。

ときめきポイントの有効期限はおよそ2年間ですが、獲得したポイントの有効期限については、イオンフィナンシャルサービス「暮らしのマネーサイト」のMyPageから確認できます。

なおMyPageへのログインには、イオンスクエアメンバーの登録(無料)が必要ですので、カードが届いたら忘れないよう登録を済ませておきましょう。

無料でゴールドにアップグレードできる可能性も!

最後に、ここまで触れてこなかったこのカードの付帯保険についてご説明します。

実はイオンカードセレクトには、基本の盗難補償以外、旅行保険など付帯保険はついていません。でもこれで終わりではないんですよ。

イオンカードセレクトには、完全無料で以下の充実した保険に加入できるチャンスがあります。

それは「ゴールドカード」のインビテーションを受けることです。ゴールドカードに切り替わると下記の充実した補償が付帯しますよ。

  • 海外旅行傷害保険 最高3,000万円
  • 国内旅行傷害保険 最高3,000万円
  • ショッピングセーフティ保険 年間300万円まで

イオンカードセレクトで年間100万円以上の利用など一定の基準を満たせば、無料でゴールドカードにグレードアップできる可能性があります。

ゴールド会員になれば、付帯保険だけでなく羽田空港やイオンのお店のラウンジも利用可能に!これはイオンカードセレクトに可能な、もうひとつの大きなチャンスですね。

イオンカードセレクトで貯めたポイントは、電子マネーWAONに交換して対象店の買物にどんどん利用できます。

なおこのカードではクレジットチャージはできないことにご注意ください。WAONチャージは全てイオン銀行口座経由ですが、オートチャージ登録で合計3回もポイント付与されますよ。これで利用額が増えればゴールドへのアップグレードも夢ではありません!

イオンカードセレクトの基本情報

イオンカードセレクト

以下がイオンカードセレクトの基本情報です。通常還元率は0.5%ですが、イオン各店で利用するなら、還元率はいつでも1%です。

カード情報 内容
年会費 無料
申込資格 18歳以上 電話連絡可能な方
家族カード 発行可能 無料
ETCカード 発行可能 無料
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
その他付帯保険
電子マネー WAON
還元率 0.5% 
イオンカードセレクトは、イオンのお店ならいつでも還元率1%以上のお得なクレジットカードです。イオン銀行口座の振替でもどんどんポイントが貯まります。

付帯保険についてはメリットがありませんが、その分買物・口座利用・電子マネーの3本柱でしっかりポイントを貯めてください。

イオンカードセレクトなら毎日の生活の中でポイントが貯まります!

イオンカードセレクトは、イオン各店での買物とイオン銀行口座の利用のダブルでポイントが貯まる、大変おトクなカードです。

クレジット決済だけでなく、電子マネーWAONも是非ご活用ください。口座からのオートチャージでポイント2重取りが可能ですよ。イオンカードセレクトは、ポイントの貯まるチャンスが非常に多いカードです。

メニューを閉じる