無料でETCカードを複数枚発行可能
年間最大18万円のキャッシュバック

JCBビジネスプラス法人カードで経費を削減!会計処理も楽に!

JCBビジネスプラス法人カードで経費を削減!会計処理も楽に!

法人カードとして評価の高いJCBビジネスプラス法人カードをご紹介します。

このカードの最大の特長は、ポイントプログラムではなくキャッシュバックを採用していること。しかも利用額によって年間最大18万円キャッシュバック!。非常にお得なカードです。

それだけでなく、経費や時間の節約に役立つ特典がたっぷり。ホテルの予約や切符の手配もスムーズで、出張や会計処理がグンと楽になります。

法人または個人事業主の方は、ぜひご検討ください。

キラキラJCBビジネスプラス法人カードの写真JCBビジネスプラス法人カードの公式はこちら

仕事が楽に!JCBビジネスプラス法人カードで実現する合理化

  • 交通費や出張費を現金還元!年間最大18万キャッシュバック
  • 出張が楽になるJCBビジネスプラス法人カードの便利な機能
  • ETCカードが無料で複数枚発行可能!
  • 経費の無駄が省ける!JCBビジネスプラスの特典
  • 時間が節約できる!法人カードだけのサービス

JCBビジネスプラス法人カードの最大の特長は、キャッシュバックシステムだということ。ポイントが貯まる代わりに毎月現金が戻ってくるお得なカードです。

上位カード・ゴールドとの比較も取り混ぜつつ、次章からJCBビジネスプラス法人カードについて詳しくご紹介していきます。

JCBビジネスプラス法人カードは、利用額に応じて毎月お金が戻ってくる、キャッシュバックシステムを取り入れた法人カード。ポイントよりも現金がいいという方は是非ご注目ください。

これ以外にも、便利でお得な機能が満載!旅行や交通に関してメリットが多いため、出張の多い経営者の方にはイチオシです!

JCBビジネスプラス法人カードで年間で最大18万キャッシュバック!

法人クレジットカード選びで気になるのが維持費のこと。

この章では、JCBビジネスプラス法人カードの年会費はどのくらいかかるのか、またカード利用額はどのくらい還元されるのかを明らかにしていきます!

年会費はお手頃価格の1,250円!

JCBビジネスプラス法人カードは法人もしくは個人事業主の方対象のビジネスカード。

年会費はたったの1,250円、オンラインで申し込めば初年度は無料です。

■JCBビジネスプラス法人カード

年会費:1,250円(税別)
※オンライン新規入会の場合初年度無料

JCBビジネスプラス法人カードは従業員カードを発行できないため、カードは自分の分だけで十分という経営者の方にお薦めです。

しかしゴールドなら、このように1枚3,000円で従業員カードを追加発行できます。

■JCBビジネスプラスゴールド法人カード

年会費:10,000円(税別)
従業員:3,000円(税別)
※いずれもオンライン新規入会の場合初年度無料

法人カードなら経費利用も堂々とできる!

ゴールドの年会費は高いと敬遠されがちですが、カードの年会費なら経費として計上できますよ。

ところで個人事業主の方で、個人用クレジットカードをプライベートと仕事の両方で使っている方は居られませんか?

これはある程度までならば許容範囲ですが、明らかに経費と見られる支払いが続くと、最悪カード利用停止になることもありますよ。

これは個人向けカードには、規約上経費の利用が認められていないからです。

ただいきなり利用停止になることはなく、事前にカード会社から注意が入るのが普通です。

利用停止はよっぽどのことですから、こうなる前になるべく早く法人カードを作るべきです。

法人カードに入会すれば、年会費も経費に計上し、経費利用も堂々とできます。

それだけでなく、支払いが一元化できるほか経営に役立つ様々な特典がどっさり。

法人カードを作るべきだと専門家が口を揃えて言うのは、もっともな話なのです。

JCBビジネスプラスカードの高いキャッシュバック率

では次に、このカードを使ったら実際にどのくらいお得になるかを見ていきましょう。

JCBビジネスプラス法人カードはポイントの貯まらないクレジットカードで、その代わりに毎月キャッシュバックされるシステムです。

そして少しでも多くのキャッシュバックを受けるには、この仕組みをよく理解していることが重要なのです。

JCBビジネスプラス法人カードのキャッシュバックシステムは、以下のように2段階構造になっています。

①キャッシュバック率の決定
②キャッシュバックの実施

まず①キャッシュバック率の決定です。キャッシュバック率は、このように前月のカード利用額に応じて決まります。

月間カード利用額 キャッシュバック率
5万円未満 0%
5万円~20万円未満 0.5%
20万円~40万円未満 1.0%
40万円~60万円未満 1.5%
60万円~80万円未満 2.0%
80万円~100万円未満 2.5%
100万円以上 3.0%

JCBビジネスプラス法人なら出張旅費が戻ってくる!

さて利率が決まれば、次はいよいよ②キャッシュバックです。

①で決定したキャッシュバック率は、実は翌月のカード利用全額に適用されるのではありません。このように「交通費」や「出張旅費」のみに適用されるのです。

  • 交通費   → キャッシュバックの対象
  • 出張旅費  → キャッシュバックの対象
  • 接待費   → ×
  • 飲食代   → ×
  • ガソリン代 → キャッシュバックの対象

従って、カード利用額が多くキャッシュバック率が最大の3%であっても、交通費などの支出が少ないとキャッシュバックのメリットはあまり期待できません。

またキャッシュバックは上限が月額15,000円までと決まっています。

■キャッシュバックの注意点!

・月間利用額が5万円以下なら翌月のキャッシュバックはない
・キャッシュバックは交通費や出張旅費だけに適用される
・キャッシュバック金額の上限は月額15,000円まで
・海外での利用は対象外

またキャッシュバックは海外利用については対象外なので、外国での仕事が多い会社も不利になります。

これがもしもポイント型のカードなら、「海外利用ポイント2倍」というメリットになるところなのですが。

ポイント型・JCB法人カードもお薦め!

そこでポイントが貯まるタイプ・JCB一般法人カードも簡単にご紹介しておきましょう。

■ポイント型・JCB一般法人カード

・年会費1,250円※初年度無料
・1,000円利用で1 Oki Dokiポイント付与
・JCB海外加盟店(オンラインショップも)の利用はポイント2倍
・ポイントのJAL、ANA等へのマイル移行は不可

JCBカードのOki Dokiポイントの基準の還元率は0.5%ですが、優待によるポイント倍増のチャンスも多く、法人カードならばかなりのポイントを貯めることも可能です。

しかしポイントは使わないと意味がなく、貯めっぱなしでは失効を待つばかりです(一般カードの有効期限は2年)。

特にJCB法人カードはJAL/ANAマイル移行サービスの対象外なので、Oki Dokiポイントをマイルに消化することもできません。

ポイントの交換先をあれこれ考えるのは面倒だという経営者の方には、キャッシュバック型・JCBビジネスプラス法人カードがお薦めです。

JCBビジネスプラス法人カードは、キャッシュバックが特長のクレジットカードなんですね。

でもJCBカードにはポイント獲得率がアップするいろんなプログラムがあるし、結果的にはポイント制の方がキャッシュバックよりもお得なんじゃないですか?

キャッシュバック制には、何よりもポイントの交換先や有効期限のことを考えずに済むという大きなメリットがあります。何もしなくても毎月自動的に換金されるので、忙しい経営者にとっては無駄がありません。

ただJCBビジネスプラス法人カードのキャッシュバック率は交通費や出張旅費のみに適用されるため、出張の殆どない会社だと還元率は低くなりますね。

交通に強い!JCBビジネスプラス法人カードで出張もラクラク!

JCBビジネスプラス法人カードは、出張の多いお仕事にはピッタリ。

予約や旅行に便利なサービスが、出張の手配や経費の管理を今よりずっと手軽にしてくれます。

なおこれからご紹介するサービスの利用額は、全てキャッシュバックの対象です。頻繁に利用すれば、それだけ経費の節約に繋がりますよ。

ネット予約サービスがあれば急な出張もOK!

出張の予約をオンラインで簡単に!オンラインで発券、チケットは搭乗前に空港で受け取れるなど、急な出張予約にも対応します。

また宿の手配もネットにお任せ。じゃらんコーポレートサービスなら、法人向けに安価な限定プランが見つかります。

  • JCB.ANA@desk
    ・・・オンラインで航空券の発行
  • JCB de JAL ONLINE
    ・・・オンラインで航空券の発行
  • JCBトラベルオンライン
    ・・・オンラインで航空券、旅行の予約
  • じゃらんコーポレートサービス
    ・・・オンラインで宿の予約

JR東海プラスEXサービスで新幹線の利用が簡単に!

JR東海プラスEXサービスに入会すると、東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約ができます。別途500円の年会費が必要ですが、新幹線の利用の多い方にはとても便利なサービスですよ。

入会後に届くプラスEXカードを使うと、東海道新幹線の乗り降りが改札タッチでOK。在来線の乗り換えも、SuicaなどICカードとの二枚重ねで改札を通過できます。

支払いはJCBビジネスプラス法人カードで。もちろんこれもキャッシュバックの対象です。

給油専用カードで給油がラクラク!

JCBビジネスプラス法人カードなら、エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードが1枚につき96円で発行できます。

このカードの大きな特長は、計量器にカード(キーホルダータイプもあり)をかざすだけで清算できるということ。もちろん利用明細はオンラインでチェック、ダウンロードも可能です。

会社のお客様にはJCBタクシーチケットを!

お客様の送迎にはタクシーが欠かせません。JCBタクシーチケットは、JCB提携のタクシー会社で利用でき、代表者の署名があればどなたにでも使ってもらえます。

なおチケットは電話かインターネットで注文後、簡易書留で届きます。

なお発行手数料の300円は、JCBビジネスプラスゴールド法人カードならば無料です。

■JCBタクシーチケット

・20枚綴り
・一冊につき手数料300円
(ゴールドカードは無料)
・1ヶ月10冊まで購入可能
・チケット1枚につき利用上限は1万円未満
・複写式で利用控えが残る

JCBビジネスプラス法人カードがあれば、出張や移動が今よりもずっと便利になりますね。しかも交通費や出張旅費は全てキャッシュバックの対象ですので、使えば使うほどお得です。

利用代金は全て一括請求され、利用明細もオンラインで明らかになるので、管理やコスト削減にも大きなメリットがあります。

無料!JCBビジネスプラスなら複数のETCカードで管理も楽に!

JCBビジネスプラス法人カードの場合従業員カードは発行できませんが、ETCカードの追加発行ならば可能です。車を使うお仕事なら、従業員用にもETCカード発行がお薦めです。

JCBビジネスプラスならETCカードを複数発行できる!

JCBビジネスプラス法人カードなら、年会費無料でETCスルーカードNを複数発行できます。

ETCスルーカードNはETC専用のICカードでクレジット機能はついていませんので、「従業員にカードを持たせたくない」という経営者の方でも安心ですよ。

JCBビジネスプラス法人カードとの同時申込みもできますが、必要に応じて後からオンラインもしくは郵送での追加申込みも可能です。

以下注意点をご確認ください。

■ETCスルーカードN

・年会費無料
・JCBビジネスプラス法人カードと同時申込みも可能
・後日申込む場合は、MyJCBもしくは郵送で
・発行枚数は希望通りにならない場合も
・利用代金は一括して法人カードに請求される

ETCカード毎に利用明細がチェックできるから管理が楽!

ETCスルーカードNを発行する最大のメリットは、何と言っても経費の管理が楽なことです。

例えばJCBビジネスプラス法人カードでETCスルーカードNを2枚発行した場合、毎月カード会社からこのように3通りの明細が届きます。

●JCBビジネスプラス法人カード(代表者)
→「請求書」とカード明細書
・ETCスルーカードN → 明細書
・ETCスルーカードN → 明細書

従業員が利用の都度費用請求するといった手間が一切かかりませんし、申告漏れの心配もありません。

ETCカード1枚ごとに明細書が発行されるため、代表者は従業員一人一人の走行日・利用区間・金額が全てを把握することができます。

ゴールド法人カードならどうなる?

ゴールドカードだと従業員カードも発行できるので、明細書は更に多くなりますが同じことです。いずれもカード1枚毎に必ず明細書が発行されるので、支出とその内訳はいつでも明快です。

●JCBビジネスプラスゴールド法人カード(代表者)
 →「請求書」とカード明細書
・従業員カード → 明細書
・従業員カード → 明細書
・ETCスルーカードN → 明細書
・ETCスルーカードN → 明細書

なお利用明細は、インターネットサービスの「JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス」から、代表者が何時でも確認できるようになっています。

自動車の利用が多い会社だと、ETCカードの利用が欠かせません。JCBビジネスプラス法人カードなら、従業員分のETCスルーカードNの発行が可能です。

ETCスルーカードNは毎月明細書が発行されるため、経費の管理が非常に楽です。請求は一元化されますが、明細書はETCカード1枚毎に区別されており、従業員が何人いてもごっちゃになることはありません。

コストダウンが可能!JCBビジネスプラス法人カードの特典とは?

JCBビジネスプラス法人カードなら、個人事業主や会社経営者に役立つこんなサービスも利用できますよ。

  • アスクルサービス(オフィス用品通販)
  • タスカリマックス(会員制ソリューション・サービス)
  • 福利厚生倶楽部を優待価格で利用可能
  • ソリマチ(利用明細が会計ソフトに)

オフィスの備品を通販で便利に!割引も可能!

オフィスの備品は大手通販の利用が便利ですよね。タスカリマックスはJCBビジネスプラス法人カードなら通常価格よりも常に5%オフ。

アスクルは登録申込書をダウンロードして送付すると、カタログが無料で届きます。

  • タスカリマックス・・・常時5%OFF!
  • アスクルサービス・・・カタログ無料

格安で各種サービスが利用できる福利厚生倶楽部

従業員の福利厚生のことで頭を痛める経営者の方には、福利厚生倶楽部「RELO CLUB」の入会がお薦めです。

取り扱うメニューはこのように多岐にわたりますが、福利厚生倶楽部は単なるパンフレットではありません。従業員の福利厚生全般をあなたに代わって代行してくれる心強い存在です。

  • フィットネスクラブ
  • 育児
  • 介護
  • 人間ドック
  • リゾート施設の利用

しかもJCBビジネスプラス法人カードには優待価格が適用されます。例えば社員数100人未満の会社なら、通常価格よりもこんなにお得です。

福利厚生倶楽部 通常価格 JCBビジネスプラス法人カード優待価格
入会金1社につき30,000円 無料
月会費1人あたり1,000円 940円

ソリマチでカード明細書を会計ソフトに取り込める!

JCBカードは業務ソフトのソリマチと連携しており、カード明細書の自動仕訳ができるようになっています。

「会計王シリーズ」「みんなの青色申告シリーズ」をお持ちの方なら、「JCB法人カード IB連携オプションサービスパック」をダウンロードしてください。これで以下のことが可能になります。

①JCBビジネスプラス法人カードの利用明細を会計ソフトに取り込む

②仕訳科目を判定、自動的に勘定科目を付与

③摘要科目辞書登録で、使えば使うほど便利になっていく

これはJCB法人カード限定、他のカードでは利用できない便利なサービスです。

JCBビジネスプラス法人カードには経営者や個人事業主に役立つ機能がいろいろあって、起業したての方には勉強になりますね。

いずれも長い目で見るとコスト削減効果の高いものばかり。カード入会を機会に様々なサービスを活用して、積極的に経費節減を目指してください。

JCB法人ビジネスプラスカードで気をつけたい2つのデメリット

ご説明してきたように、JCB法人ビジネスプラスカードには以下の2つの大きな特長があります。

  • キャッシュバック型である
  • 年会費が安い

しかしこれが一方でデメリットに繋がることも。この2点について、気をつけたい所とその解決策を合わせてご紹介しましょう。

出張の少ない会社はポイント型がお薦め!

キャッシュバックは無駄のない経費の還元方法ですが、どの会社でもキャッシュバック率を最大の3%にできる訳ではありません。キャッシュバックには以下のようなデメリットもあります。

  • カード利用額が少ないとキャッシュバック率は低い
  • 交通費が少ないと戻ってくる金額は少ない
  • キャッシュバック金額には月15,000円までという上限がある

キャッシュバックが適用される交通費の内訳は以下の通りです。このような支出が極端に少ない会社だと、キャッシュバックの旨味は薄まってしまいます。

  • JRの運賃
  • 高速道路料金
  • ガソリン代
  • タクシー料金
  • レンタカー代金
  • 航空チケット代
  • 宿泊代金
  • 旅行代理店への支払い

宿泊つきの出張は還元率アップのチャンスですが、海外利用はキャッシュバック対象外なので、海外出張だけでは思ったほど戻ってこない場合もあります。

その場合は、ポイント型のJCB一般法人カードもお薦めです。

こちらなら海外ではポイント2倍ですし、Oki Doki ランドなどポイントアップのチャンスが沢山あるので、これらを最大限に活用すればかなりのポイント数を獲得できるでしょう。

旅行保険が必要ならゴールドカードがお薦め!

次に付帯保険のことです。年会費が安いカードは、その分何らかのサービスが犠牲になっているのが普通なのですが、JCB法人ビジネスプラスカードの場合は旅行保険が付帯していません。

保険はショッピングガード保険(最高100万円)だけで、海外のみの適用です。旅行傷害保険は、海外も国内もつきません。

出張はキャッシュバックの大きなチャンスだけに、これはちょっと残念ですね。

出張時には付帯保険のついた別クレジットカードを用いる手もありますが、別カードで清算すれば後の会計処理が面倒ですし、折角のキャッシュバック率も下がってしまいます。

そこで思い出していただきたいのが、JCBビジネスプラスゴールド法人カードのことです。

ゴールドカードの自動付帯保険は高い補償内容!

ゴールドの年会費は10,000円にアップしますが、その代わりこのように高い補償額の旅行保険が自動付帯します。

海外も国内も、カード利用に関係なく適用される非常にメリットの大きい付帯保険です。

■海外旅行傷害保険(ゴールドカードに自動付帯)

死亡後遺障害 最高1億円
治療費用   300万円限度
賠償責任   1億円限度
携行品損害  1旅行中50万円限度
救援者費用等 400万円限度

■国内旅行傷害保険(ゴールドカードに自動付帯)

死亡後遺障害 最高5,000万円
入院日額   5,000円
手術     入院日額×倍率(10倍・20倍・40倍)
通院日額   2,000円

■海外/国内航空機遅延保険(ゴールドカードに自動付帯)

乗継遅延費用保険金    2万円限度
出航遅延費用等保険金   2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金 2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金 4万円限度

■海外/国内ショッピングガード保険  500万円限度

なおゴールドなら空港ラウンジサービスも利用できますよ。会費を若干上乗せするだけで、このようにカード内容のグレードは大幅にアップします。

キャッシュバックは換金に手間がかからないのはいいのですが、交通費の利用が少ないとそう多くのお金は戻ってきません。会社によってはポイント型のJCB一般法人カードの方が良い場合もあります。

JCB法人ビジネスプラスカードの付帯保険は国内ショッピングガード保険だけですが、年会費1万円のゴールドなら、海外と国内の旅行傷害保険など高額補償の保険が付帯します。

JCBビジネスプラス(ゴールド)法人カードの基本情報!

JCBビジネスプラス法人カード

公式サイトはコチラ

最後にJCBビジネスプラス法人カードの基本情報をまとめました。入会をお考えの方は、JCBビジネスプラスゴールド法人の基本情報と合わせて比較検討してください。

カード情報 JCBビジネスプラス法人 JCBビジネスプラスゴールド法人
年会費 1,250円(※) 10,000円(※)
追加カード年会費 3,000円(※)
ETCカード年会費 無料 無料
付帯保険 海外ショッピング保険 ・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
・海外/国内航空機遅延保険
・海外/国内ショッピング保険
その他特典 ・キャッシュバック
・ネット出張予約サービス
・JR東海プラスEX(有料)
・福利厚生倶楽部(有料)
・会計ソフトと連動
・キャッシュバック
・空港ラウンジ無料サービス
・ゴルフエントリーサービス
・健康サービス

(※)ネット申込みは初年度無料

JCBビジネスプラス法人カードに入会すると、それだけでも仕事の効率化に繋がりますが、是非このような様々な特典も合わせてご利用ください。

またゴールドカードなら、特典は更に増えます。年会費は高くなりますが、特に補償額の高い旅行保険や空港ラウンジサービスが付帯することにご注目ください。

JCBビジネスプラス法人カードは会計処理も楽になってお得です!

JCBビジネスプラス法人カードは、個人事業主や会社経営者には是非お薦めしたいクレジットカードです。

キャッシュバックや支払いの一元化や明細書発行だけでなく、更なる会計処理の軽減化、出張の手配が簡単になるサービスなど、仕事の効率化にはもってこいの1枚です。

メニューを閉じる