VIASOカード

年会費無料で可愛いくまモンデザイン
ネットで高還元!VIASOカード

くまモン好きのあなたにぜひ勧めたい!クレジットカード3選

くまモン好きのあなたにぜひ勧めたい!クレジットカード3選

今や、知らない人はいないのではないかというくらい有名になった「くまモン」は、熊本県公認のゆるキャラです。

そのくまモンには、立派な肩書があるのですが、みなさんはご存知ですか?

実はくまモンは、熊本県の『しあわせ部長兼営業部長代理』なんですよ。その肩書の通り、みんなを幸せにしてくれる存在です。

実際に、くまモンを通して熊本県に興味を持った人も多く、熊本県をPRする役割も見事に果たしています。

くまモンはとても人気があるので、グッズも多く販売されています。その中に、大人だからこそ持てる、くまモンデザインのクレジットカードもあるのです!

そこで、くまモン好きの人に勧めたい、くまモンデザインのクレジットカード3種類について、詳しくご紹介します。

ポイントをたくさん貯めたい人にお勧め!『くまもとCARD』

『くまもとCARD』は、JACCSが発行している、くまモンデザインのクレジットカードです。では、詳細を見ていきましょう。

『くまもとCARD』のデザイン

『くまもとCARD』は、水の上でフィギュアスケートのスパイラルをするくまモンがデザインされた、ユニークなカードです。

熊本県の阿蘇草千里が背景の、とてもさわやかなイメージのデザインとなっています。水の上を滑るくまモンが、かわいいですね。

水面にも、くまモンや雲が映っているなど、細かいところまで丁寧にデザインされています。

『くまもとCARD』の基本情報

次に、『くまもとCARD』はどのように使えるカードなのか、基本的な情報を確認したいと思います。

年会費 ブランド 申し込み可能な人
本会員1250円・家族会員400円(条件により無料) VISA 18歳以上で電話連絡が可能な人

『くまもとCARD』の年会費は1250円(税別)、家族会員の年会費は400円(税別)ですが、条件によっては無料になります。

その条件は、下記の通りです。

  • 初年度の場合
  • 次年度以降は、前年度のクレジットカード利用金額が5万円以上の場合

次年度以降、年会費が無料になる場合は、本会員だけではなく、家族会員も無料になります。

ブランドは、VISAのみです。

申し込めるのは、高校生を除く18歳以上の人で、電話連絡が可能な人です。ただし、申込み者が未成年の場合、親権者の同意を得ることが必要です。

『くまもとCARD』と合わせて、家族カードとETCカードを追加で発行することができます。

『くまもとCARD』には、下記のような保険やサービスがあります。

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • カード盗難保険
  • ネットあんしんサービス

海外旅行傷害保険は、海外に旅行する際に、何度でも保険が適用されるものです。

海外旅行中に病気やけがをした場合、緊急アシスタントサービスを受けることもできます。保険金は、最高で2000万円です。

国内旅行傷害保険は、旅行費用をカードで前払いした時に限り、国内旅行中の傷害保険が適用されるものです。保険金は、最高で1000万円です。

カード盗難保険は、カードの紛失時や盗難時に不正使用された場合、その損害を121日間(届出前の60日、届出日当日1日、届出後の60日)補償するという内容になっています。

ネットあんしんサービスは、インターネット上での不正利用による損害の補償が、届出日の90日前までさかのぼって、受けられるという内容です。

『くまもとCARD』の特徴

他の2種類のクレジットカードには無い、『くまもとCARD』の特徴は、ポイントサービスが充実していることです。

『くまもとCARD』のポイントの種類は、ラブリィポイントで、通常は200円で1ポイントつきます。

しかし、それだけではなく、前年のクレジットカードの利用金額によっては、つくポイントがアップするというサービスもあります。

どれくらいアップするのかというと、下記の通りです。

前年度の利用金額 ポイントアップの割合
20万円以上 40%アップ
50万円以上 50%アップ
100万円以上 70%アップ
150万円以上 80%アップ
200万円以上 90%アップ
300万円以上 100%アップ

前年度の利用金額によっては、100%ポイントがアップする場合もあるということですね。

さらに、JACCSモールを経由する方法でネットショッピングをすると、ポイントが最大で25倍になります。

ポイントが何倍になるのかは、どのショップでショッピングをするかによって変わりますが、最大で25倍になると考えると、かなりお得ですよね。

『くまもとCARD』は、ポイントサービスが充実しているため、使えば使うほどポイントがたくさん貯まって、お得になるクレジットカードだと言えます。

『くまもとCARD』でできる寄附

実は、『くまもとCARD』を利用することで、利用者の負担なく、熊本県に寄附を行うことができます。

熊本県をPRする役割を持つ、くまモンのデザインのクレジットカードならではの特徴ですね。

『くまもとCARD』の場合、寄附は下記の形で行われます。

寄附先 寄附の金額
ふるさとくまもと応援寄附金(ふるさと納税) クレジットカードの利用金額の0.15%

寄附を行うのは利用者ではなく、JACCSで、利用者のクレジットカードの金額の0.15%が、年1回一括で寄附されます。

ふるさとくまもと応援寄附金は、ふるさと納税のことで、寄附したお金は、教育や文化の振興・環境の保全や再生・医療や福祉の充実などに利用されます。

もちろん、熊本県民ではなくても寄附できますので、くまモンが好きな方は、このような形で熊本県に貢献するのもいいですね。

くまモングッズを集めたい人にお勧め!『くまモンのカード』

『くまモンのカード』は、三井住友VISAカードが発行している、くまモンデザインのクレジットカードです。では、詳細を見ていきましょう。

『くまモンのカード』のデザイン

『くまモンのカード』は、黒で統一された、全体的に落ちついた印象のシンプルなカードです。

大きなくまモンに、熊本城がデザインされています。デザインの方向が、横ではなく縦なのが個性的ですね。

『くまモンのカード』の基本情報

次に、『くまモンのカード』はどのように使えるカードなのか、基本的な情報を確認したいと思います。

年会費 ブランド 申し込み可能な人
本会員1250円・家族会員400円(条件により無料) VISA 18歳以上の人

『くまモンのカード』の年会費は1250円(税別)、家族会員の年会費は400円(税別)ですが、条件によっては無料になります。

その条件は、下記の通りです。

  • 初年度の場合
  • 次年度以降は、前年度に1回以上クレジットカードを利用している場合

次年度以降は、前年度に1回以上クレジットカードを利用していれば、年会費は無料になります。

ただし、家族カードの場合は、年会費が無料になるには3回以上の利用が必要です。また、2人目からは年会費が無料になるサービスはありません。

ブランドはVISAのみです。

申し込めるのは、高校生を除く18歳以上の人です。ただし、申込み者が未成年の場合、親権者の同意が必要です。

『くまモンのカード』と合わせて、下記の種類のカードを追加で発行することができます。

  • ETCカード
  • 家族カード
  • カードiD(携帯型)
  • カードiD(専用カード)

カードiDとは、チャージしなくても利用できる電子マネーのことで、iDカードのマークがある店で利用することができます。

これを利用すると、クレジットカードの利用金額と合わせて引き落としが行われます。

三井住友VISAカードの場合、カードiDには3種類あるのですが、『くまモンのカード』と合わせて持つ場合は、そのうちの2種類(携帯型・専用カード)から選ぶことができます。

カードiD(携帯型)は、ドコモのおサイフケータイに対応している機種を持っている人が利用できます。

アプリをダウンロードした上で、カード情報を登録することで支払いが可能になります。

カードiD(専用カード)は、追加で専用のカードを新しく発行して利用するものです。

『くまモンのカード』には、旅行傷害保険は付帯していませんが、下記のような補償やサービスはあります。

  • カード紛失や盗難の際のサポートサービス
  • ショッピング補償

カード紛失や盗難の際のサポートサービスは、カードの紛失時や盗難時に不正使用された場合、その損害を60日前までさかのぼって補償するという内容になっています。

海外でのカードの紛失や盗難の場合、緊急カードサービスとして、現地に暫定的なカードである緊急カードが送られますので、それを利用することができます。

その際には1万円+消費税の手数料が必要なのですが、海外でお金が使えないということが無いため、万が一の時に頼れるサービスです。

また、キャッシング枠をつけている人の場合、現地通貨を緊急で融資してもらえる、緊急キャッシュサービスを受けることも可能です。

また、クレジットカードが不正利用されないように、事前に発見できるような態勢も整えられています。

ショッピング補償は、『くまモンのカード』を利用して購入した商品が、破損したり盗難にあったりした場合に、購入日または購入日の翌日から90日間の補償を受けることがでるという内容です。

ただし、ショッピング補償では、海外でのショッピング、または国内でリボ払いもしくは3回以上の分割払いを利用してのショッピングに限って、補償が受けられます。

『くまモンのカード』の特徴

他の2種類のクレジットカードには無い、『くまモンのカード』の特徴は、クレジットカードの利用によって貯めたポイントを、くまモングッズに交換できることです。

これは、『くまモンのカード』の会員限定のコースとなっています。

『くまモンのカード』のポイントの種類は、ワールドポイントで、1000円で1ポイントつきます。

くまモングッズと交換するために、より多くのポイントを貯めたい場合は、クレジットカードを多く利用することをお勧めします。

『くまモンのカード』の場合、前年のクレジットカードの利用金額によって、ボーナスポイントがプレゼントされます。

何ポイントのボーナスがつくのかというと、下記の通りです。

前年の利用金額 ボーナスポイント(50万円に対して)
50万円~100万円未満 50ポイント(以降は10万円ごとで10ポイントずつ)
100万円~300万円未満 75ポイント(以降は10万円ごとで15ポイントずつ)
300万円以上 150ポイント(以降は10万円ごとで30ポイントずつ)

ボーナスポイントのプレゼントはありますが、最初に紹介した『くまもとCARD』の場合、300万円以上利用したら、100%のポイントアップでした。

ということは、前年度300万円利用したうえで、次の年度に50万円利用した場合、同じ比率でポイントがアップすると考えると、『くまもとCARD』だったら、ボーナスポイントが500ポイントつくことになります。

つまり、『くまもとCARD』の方が、ポイントがより多くつくのです。

もちろん、ポイントの扱いは各クレジットカードで違いますので、今回は、ポイントアップの割合という点で『くまモンのカード』と『くまもとCARD』を比較しました。

『くまモンのカード』は、貯めたポイントでくまモングッズがもらえる、会員限定のコースがあることがメリットのクレジットカードだと言えます。

『くまモンのカード』でできる寄附

『くまモンのカード』でも、『くまもとCARD』と同じように、利用者の負担なく、熊本県に寄附を行うことができます。

『くまモンのカード』の場合、寄附は下記の形で行われます。

寄附先 寄附の金額
ふるさと納税 収益の一部

寄附は利用者が行うのではなく、カード会員のクレジットカード利用金額に応じて、三井住友VISAカードが行います。

どれくらいの割合で寄附を行うのかは、明記されていません。

また、『くまモンのカード』の場合、貯めたワールドポイントを200ポイント1口として、熊本県の団体に寄附することもできます。

『くまモンのカード』の場合、カードを使うことによる寄附のみではなく、自分の意思でさらに多くの寄附を行うこともできるというわけですね。

年会費無料で持ちたい人にお勧め!『VIASOカード』

くまもんカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

『VIASOカード(くまモンデザイン)』は、三菱UFJニコスが発行している、くまモンデザインのクレジットカードです。

VIASOは、ビアソと読みます。では、詳細を見ていきましょう。

『VIASOカード』のデザイン

『VIASOカード』は、デザインが同じカードで色違いのものがあり、その中から選ぶことができます。

ピンク

グリーン

花畑の中にいるくまモンがデザインされた、色が綺麗でファンシーなイメージのカードとなっています。

真ん中に大きくデザインされた、花を持っているくまモンがかわいいですね。

『VIASOカード』の基本情報

次に、『VIASOカード』はどのように使えるカードなのか、基本的な情報を確認したいと思います。

年会費 ブランド 申し込み可能な人
無料(家族会員も無料) Master Card 18歳以上で電連連絡が可能な人

『VIASOカード』の年会費は、本会員・家族会員とも無料です。ブランドは、Master Cardのみです。

申し込めるのは、高校生を除く18歳以上の人で、電話連絡が可能な人です。ただし、申込み者が未成年の場合、親権者の同意を得ることが必要です。

『VIASOカード』と合わせて、家族カードとETCカードを追加で発行することができます。ETCカードを発行する場合のみ、発行手数料が1000円かかります。

『VIASOカード』には、下記のような保険やサービスがあります。

  • 海外旅行傷害保険サービス
  • ショッピング保険
  • NICOSネットセーフティーサービス

海外旅行傷害保険サービスは、海外に旅行する際に、保険が適用されるものです。保険金は、最高で2000万円です。

保険サービスを受けるためには、渡航費用などをクレジットカードで支払うことが条件となっています。

ショッピング保険サービスは、『VIASOカード』を利用して購入した商品が破損したり盗難にあったりした場合に、購入日から90日以内であれば、補償を受けることがでるという内容です。

ショッピング保険サービスは、楽Payに登録している期間のみ利用できるサービスです。

楽Payとは、毎月のクレジットカードの利用代金の支払い金額を、自分で決めることができるという内容の、登録型リボ払いサービスのことです。

NICOSネットセーフティーサービスでは、インターネット上での不正利用による損害の補償を受けることができます。

『VIASOカード』の特徴

他の2種類のクレジットカードには無い、『VIASOカード』の特徴は、年会費が無料であることです。

他のカードでは、条件付きで年会費が無料になることはありましたが、『VIASOカード』はもともと年会費が無料です。

『VIASOカード』のポイントの種類は、VIASOポイントで、通常は1000円で5ポイントつきます。

他の2つのカードのように、前年度の利用金額によるポイントアップや、ボーナスポイントのプレゼントはありません。

『VIASOカード』では、特定の加盟店を利用した場合に、ポイントの優遇サービスがあります。

また、VIASO eショップに掲載してある店舗のホームページにアクセスして、『VIASOカード』を利用してショッピングをした場合も、ボーナスポイントがつきます。

『VIASOカード』では、ポイントを商品などに交換するのではなく、1ポイントを1円として、自動的にキャッシュバックが行われます。

このカードは、年会費がかからないカードを持ちたい人に向いていますね。

『VIASOカード』でできる寄附

『VIASOカード』を利用することでも、利用者の負担なく、熊本県に寄附を行うことができます。

『VIASOカード』の場合、寄附は下記の形で行われます。

寄附先 寄附の金額
ふるさとくまもと応援寄附金(ふるさと納税) クレジットカードの利用金額の0.2%

寄附を行うのは利用者ではなく、三菱UFJニコスで、利用者のカードショッピングの金額の0.2%が熊本県に寄附されます。

どのカードを持てばいい?種類を選ぶ時の4つのポイント

ここまで、3種類のくまモンデザインのクレジットカードの詳細を見てきましたが、3種類それぞれ特徴が違うことがわかりました。

そのため、自分はどれを持ったらいいんだろう、と迷われた方もいらっしゃることでしょう。

そこで、どのカードを持てばいいのか、種類を選ぶ時のポイントを見ていきましょう。ポイントは、下記の4点です。

  • クレジットカードのデザインから選ぶ
  • クレジットカードを使う頻度から選ぶ
  • クレジットカードの特典から選ぶ
  • 熊本県への貢献度から選ぶ

では、詳細を見ていきたいと思います。

クレジットカードのデザインから選ぶ場合

これは、とてもわかりやすい判断基準ですね。くまモンが好きで持つのだから、自分が持ちたいデザインを選ぶというものです。

それぞれのクレジットカードの詳細を確認した時に、カードのデザインを紹介しましたが、その中にあなたの好みのカードはありましたか?

かわいい印象のカードも、シンプルなカードもありますので、これを持ち歩きたい!というものを選べば、買い物もますます楽しくなりそうですね。

クレジットカードを使う頻度から選ぶ場合

3種類のクレジットカードには、年会費が必要なものも、そうでないものもありました。

また、年会費が必要なカードの場合、条件を満たせば年会費が無料になることもありました。

その条件を、もう一度比較してみましょう。

  • 『くまもとCARD』…前年度のカード利用額が5万円以上なら無料
  • 『くまモンのカード』…前年度に1回以上クレジットカードを使っていれば無料
  • 『VIASOカード』…もともと無料

これを見ると、あまりクレジットカードを使わない人が『くまもとCARD』を持った場合、年会費が発生する可能性があることがわかります。

『くまもとCARD』も、『くまモンのカード』も、年会費は1250円(税別)です。

もし、クレジットカードをあまり使わないのだとしたら、年会費を負担するのは避けたいですよね。

『くまモンのカード』なら、年1回以上利用すればいいので、それくらいなら使う可能性がある方もいらっしゃるかもしれません。

さらに、『VIASOカード』なら、年会費はもともと無料なので、クレジットカードの使用頻度を気にすることなく、持っていることができます。

以上のことから、クレジットカードをよく利用する人は、どのカードを選んでも構いませんが、あまり利用しない人には、年会費を気にせず持てる『VIASOカード』がお勧めだと言えます。

クレジットカードの特典から選ぶ場合

3種類のクレジットカードを紹介した時に、それぞれのカードの強みとなる部分をご紹介しました。では、あらためて比較してみましょう。

  • 『くまもとCARD』…ポイントが貯まりやすい
  • 『くまモンのカード』…ポイントをくまモングッズに交換できる(会員限定)
  • 『VIASOカード』…年会費がかからない

『くまもとCARD』は、クレジットカードを多く利用すればするほど、ポイントの獲得率が上がるシステムになっているカードです。

獲得できるポイントが最大で100%アップするなど、ポイントアップの割合が大きいため、ポイントを多く貯めたい人に向いています。

『くまモンのカード』は、貯まったポイントを、くまモングッズに交換できるという特典があります。

これは会員限定のコースなので、グッズを集めたい人には『くまモンのカード』をお勧めします。

『VIASOカード』は、年会費無料なので、会費が気になる人にお勧めのカードです。

また、特典として付帯している、保険やサービスの内容も違います。そこで、どれを重視するかによっては、選ぶカードが決まってきます。

  • 海外旅行傷害保険…『くまもとCARD』か『VIASOカード』
  • 国内旅行傷害保険…『くまもとCARD』
  • カードの紛失・盗難時のサービス…『くまもとCARD』か『くまモンのカード』
  • インターネット上での不正利用時のサービス…『くまもとCARD』か『VIASOカード』
  • ショッピング補償…『くまモンのカード』か『VIASOカード』

国内旅行によく行く人は、国内旅行傷害保険が付帯している『くまもとCARD』がお勧めですし、海外旅行によく行く人なら、『くまもとCARD』か『VIASOカード』を選ぶべきです。

ショッピングをたびたびする人は、ショッピング補償がある『くまモンのカード』か『VIASOカード』を選んだほうが便利です。

インターネット上で利用することが多い人なら、不正利用時のサービスが受けられる『くまもとCARD』か『VIASOカード』が向いています。

このように、特典となる内容もカードごとに違いますので、どの特典が自分の希望やライフスタイルに合っているかを考えて、欲しい特典がついているカードを選ぶといいですね。

熊本県への貢献度から選ぶ場合

3種類のカードは、どれを選んでも熊本県のふるさと納税に寄附をすることができます。

しかも、寄附は利用者の負担なくできるものです。カードを使うだけで熊本県に貢献できるのは、とても便利ですよね。

しかし、寄附の割合は、カードごとに違います。そこで、寄附の割合を確認してみましょう。

  • 『くまもとCARD』…利用代金の0.15%
  • 『くまモンのカード』…収益の一部(割合の明記なし)
  • 『VIASOカード』…利用代金の0.2%

熊本県により貢献したい人は、寄附の割合が高い『VIASOカード』を選ぶといいですね。

また、『くまモンのカード』では、ふるさと納税以外に、ポイントを利用して熊本県内の団体に寄附をすることもできます。

そのため、貯めたポイントを使って寄附がしたい人は、『くまモンのカード』を選びましょう。

4つのポイントから、重視したいものを決めましょう

以上のように、カードを選ぶためには4つのポイントがあります。あなたは、どのポイントを重視してカードを選びたいですか?

自分が重視したいポイントはどれかを考え、それを元に、お気に入りのクレジットカードを探してみましょう。

それぞれ特徴があるクレジットカードからお気に入りを見つけよう

今回紹介した3種類のクレジットカードは、大好きなくまモンと一緒にいられる楽しいクレジットカードです。

しかし、3種類のクレジットカードは、それぞれ違う特徴を持っています。

そこで、先ほど紹介したカードを選ぶポイントを元に、より自分に合うと思える特徴を持ったカードを選ぶことが大切です。

自分に合った特徴を持った、お気に入りのカードを見つけられると、楽しいだけでなく便利にクレジットカードを使うこともできますね!

メニューを閉じる