ビアソカード

自動キャッシュバックで交換不要
年会費無料で高還元!ビアソカード

あなたのカードのポイント眠ってない?交換してお得に活用

あなたのカードのポイント眠ってない?交換してお得に活用

クレジットカードを使っていると知らないうちに貯まっている…それが「カード独自のポイント」です。

利用明細書にも実は書いてあるんですが本当にちょこっと書いてあるだけで、その存在も知らない人も多そうなくらい。もしかしたらあなたも知らないだけで、沢山ポイントが貯まっているかもしれませんよ?

あなたのポイント、眠ってませんか?

クレジットカードを使うことでポイントが貯まることを知らない、クレジットカードは使ってるけど貯まったポイントを全然使ってない!当てはまる人…結構多いんじゃないでしょうか?

ネットショッピングや旅行、高額商品の購入などにクレジットカードはとっても便利。ですが、その便利さだけで満足していて、貯まっているポイントのことをほとんど気にかけていない人って、まだまだ多いんです。

最近ではクレジットカードのポイントを貯めよう!といった感じでよりポイントに重点を置いた記事なども多いですが、興味が無い方からすれば「そこまで頑張って貯める必要ってある?」といった印象しか残らなかったりするんですよね…。

使わないのは勿体無い!

とはいえ、せっかくたまったポイントを放置しておくのはそれはそれでもったいない!

会社によっては貯まったポイントに有効期限がある場合もありますし、自分が利用した結果たまったポイントなのですから、いわばボーナスみたいなもんです。ボーナスがあると知りながら使わないのは損な気持ちにもなりませんか?

会社で違う!たまるポイント

まずは自分のポイントがどれだけ貯まっているかをチェック!

クレジットカード会社ごとにたまるポイントは違います。名称から、いくらで1ポイントたまるのか…といったところも違いますのでチェックは必須。

クレディセゾンが発行しているクレジットカードなら永久不滅ポイント、オリコカードならオリコポイントのようにそれぞれクレジットカード会社独自のポイントが利用金額によって付与されています。

種類 ポイント名 1ポイント
クレディセゾン 永久不滅ポイント 1000円
オリコカード オリコポイント 1000円
リクルートカード リクルートポイント 100円(1.2ポイント)
ライフカード LIFEサンクスプレゼントポイント 1000円
楽天カード 楽天ポイント 100円

大手のクレジットカード会社のそれぞれのポイントをまとめるとこんな感じになります。それぞれに貯める方法やポイントが倍・3~4倍になるような店舗などもあり、見た目よりも貯めやすくなっていますのがわかりますね。

普段の買い物や料金の引き落としなどでクレジットカードをよく使っている人なら、結構なポイントがたまっているはずですよ!

自分のポイントはHPで確認

自分のポイントがどれだけあるかわからないから知りたい!という場合はカードを発行している会社のホームページにGO!

だいたいの場合、クレジットカードを持っている方向けの会員サイトがありますので会員登録をすればOK。メールアドレス(とクレジットカード)があれば登録は5分もあれば完了します。

気になるポイントはマイページで確認できます。ポイントの確認だけでなく利用明細もWEBから確認出来るようになりますので、最近多いクレジットカードの不正利用などの対策にも登録しておくことをオススメします!

自動キャッシュバックで交換不要!年会費無料で高還元!ビアソカード

三菱UFJニコスが発行する、VIASO(ビアソ)カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費無料!VIASO eショップで最高10%の高還元カードに変身!
  • オートキャッシュバックのあるVIASOポイントプログラム!
  • ETC・通信費など特定加盟店で通常ポイントの2倍獲得!
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険や安心できるショッピング保険も付帯!

VIASO(ビアソ)カードは年会費無料にもかかわらず、多くのお得なサービスが付帯しています!

その内容はコスパなゴールドカード級であり、魅力をまとめると次の4つの特徴を挙げることができます。

交換することでお得に活用!

ポイントは確認出来たでしょうか?せっかくたまったポイントですから、何かしらで利用しないと有効期限がきて消えてしまうか、ただただ貯まっていくだけなので使わないと意味はありません。

ポイントは提携しているショッピングモール等で使える他、自分の好きなものに交換することが可能です。ポイント交換でさらにクレジットカードをお得に利用することが出来るといっても過言ではありません。

意外なものまで?交換種類は豊富

いざ交換!という意志は固まったでしょうか?とりあえず何に交換できるのかわからない?…たしかに、何に交換出来るかは重要なポイントです。

こういった交換アイテムって「あんまり交換したいものがない」といった、カタログギフト的なツラさがあるためにポイントが貯まっていても放置していた…なんてタイプの方もいるのでは?

まだそのような一面も感じられるラインナップも残ってはいますが、最近はこんなに種類が豊富なんです!

  • 食料品(ギフト)
  • 食器やキッチン用品
  • 美容機器
  • 家電製品
  • ファッションアイテム
  • 旅行(ツアー)
  • 金券・商品券
  • 他社ポイント

昔からの定番といえばキッチン用品や食料品あたりでしょうか。そういった「あるある」なラインナップに加えて特に電子マネーや商品券など、交換出来る金券の種類が多くなっているのが昔と違うところですね。

おすすめ交換先はマネー系

ポイントはボーナスのようなものですから、何に使ってもその個人の自由であることは大前提!ですが、どうせ交換するならもっとお得に交換したい!と考えている方は注目です。

たまったポイントの一番のおすすめ交換先は、ズバリ「電子マネー」や「ギフト券」などのマネー系です。

普段全然使わないからあんまり…という人もいるかなぁとは思うのですが、最近は様々なところで電子マネーを使うことが出来ますし、ギフト券は紙の形ではなく他社のポイントとしてゲットすることも可能。予想よりも使える幅は広いですよ。

マネーアイテムに変えるメリット

商品券やポイントなどのマネーアイテムに変えるメリットとして、この3つを挙げたいと思います。

  • 少ないポイントから交換可能
  • 交換レートが高め
  • 用途の幅広さ

ポイントを意識して貯めていない場合、いざ交換しようと思っても意外と少ないポイントなんてことも。

マネー系のアイテムなら少ないポイントから交換できるものが多いので、ポイントに有効期限がある場合でも無駄にしにくく、かつポイントを使い切るのにもピッタリなんです。

そして交換レートが高めなのもポイント。クレディセゾンの「永久不滅ポイント」を例にすると、「200ポイント」で

  • ビックポイント1000ポイント(1000円分)
  • 楽天スーパーポイント1000ポイント(1000円分)
  • Amazonギフト券1000円分
  • Webmoney1000円分

のように、1ポイントが5円相当の価値になっています!1000ポイントもっていれば5000円相当にもなるんですよね。これは、今まで放置していたのがもったいなくなりませんか?(笑)

種類に気をつけて!

他にも様々な通販サイトのお買い物券やカード、商品券にも変えることが出来ますよ。こういった商品券や電子マネーは有効期限がないものも多いので変えておくだけでいつでも使えるので安心です。

ただ、電子マネーに交換する場合は要注意。ネットショッピングでも使える電子マネーですが、お店によって利用できる電子マネーブランドに制限があることもありますので、交換する前には必ずチェックを。

対応サイトが多いのは「WebMoney」や「Edy」。特にEdyはコンビニなどでの支払いにも使えますから、ネットショッピングを普段あんまりしないという方でも有効に使えます!

高ポイントアイテムは避けて

高ポイントのアイテムを見てみると非常に「欲しい!」と思える商品がズラリ。頑張ってポイントを貯めようかな…なんて気分になっちゃいます(笑)。

が、実はこういったアイテム、ポイントの使い先・交換先としてはちょっとオススメしません。

おすすめしないその理由

オススメしない理由はこんなところです。

  • 必要ポイントが多い
  • 1ポイント相当額が低めの設定
  • 他のところでも買える

もちろん少ないポイントで交換出来るものもあるんですが、基本的には「こんなにポイントが必要なの?」と言いたくなってしまうような必要ポイントが多いラインナップのものの方がとっても多いんです。

例えばこちらもクレディセゾンの「永久不滅ポイント」を例にしますと、「1200ポイント」で交換出来るキッチン家電アイテムに電気ケトルがあります。この電気ケトル、ここの交換だけでしか手に入れられないというわけではなく、ネットショップで普通に売っています。

このミキサーをAmazonで検索すると、4000円程度で売られていました。

電子マネーと交換した場合は1ポイント5円相当でしたが、この電気ケトルに交換してしまうと1ポイント4円を割ってしまいます。

もちろん、このアイテムが欲しい!というなら全然問題ないレベルですが、マネー系アイテムなら1ポイント5円相当なので1円以上の違いがでます。1200ポイントなので金額にすると1200円相当。ちょっと勿体無い感じがしませんか?

電化製品は特におすすめしない

特にオススメできないのは電化製品、家電まわりですね。こういったものはシーズンごとにどんどん新しくなっていくため、交換対象のアイテムがいつのまにか「型落ち」になっていることも。

家電製品はシーズンが変わるごとにぐっと割引されてしまうことも多く、特に価格の変動が激しいネットショップではどんどん1ポイントの価値が下がってしまうんです。

加えて、必要ポイントがキッチン用品などと比べると非常に多く、かなり意識してポイントを貯めていないと、あるいはかなりの金額をそのクレジットカードで支払いしていないと貯められないようなレベル。

ポイントが余っていてそれ以外に欲しいものがない場合は選択肢として十分入ってきますが、その商品をもらうためにポイントを貯めるのはちょっと本末転倒。

出来るだけ安く買えるお店でそのクレジットカードを利用して購入し、ポイントは他のものと交換するほうが賢い利用方法かもしれません。

こまめなポイント交換でよりお得に!

昔のポイント制度しか知らない方は特に、クレジットカード会社のホームページを見てみれば、昔よりも交換できるアイテムの幅がかなり広がっていることがわかるのではないでしょうか?

特にポイントに有効期限があるタイプのカードを使っている場合、出来るだけ早く貯まったポイントは交換してしまったほうがお得です。これを機会にポイントが貯まりやすいカードを探してみても面白いかもしれませんね。

メニューを閉じる