ライフカードビジネス・スタンダード

希少な年会費無料の法人カード
ライフカードビジネス・スタンダード

【ライフカード・ビジネス・スタンダード】年会費無料の法人カード

【ライフカード・ビジネス・スタンダード】年会費無料の法人カード

会社経営者や個人事業主にとって、法人クレジットカードはビジネスの片腕とも言える存在です。あなたはもうお使いですか?

もしも年会費無料の法人カードをお探しなら、ライフカードビジネス(スタンダード)がオススメです。

ライフカードビジネス(スタンダード)は年会費が無料でも、経営に役立つ特典が多数付帯します。あなたのビジネスがワンランクアップすること間違いありません。

今回は、このライフカードビジネス(スタンダード)について詳しくご紹介していきます。

キラキラlife-businessの写真ライフカード・ビジネス・スタンダードの公式はこちら

ライフカードビジネス(スタンダード)の魅力!コスト0円なのにお得

  • 法人カードでは珍しい年会費無料
  • 会社経営者だけでなく個人事業主も申込める
  • ETCカード無料発行可能
  • ビジネス関連の特典が豊富

ライフカードビジネススタンダードは、これから起業する方や独立しようとしている方には一押しの法人カードです。

このカードは年会費無料ですので、コストをかけずにビジネスカードを導入したい方には最適ですし、豊富なビジネス特典がきっとあなたのお役に立つはず。

では早速詳細をご紹介しましょう。

法人カードは年会費がかかるのが普通ですが、ライフカードビジネス(スタンダード)は例外です。でもサービス特典は豊富なので、経営者も個人事業主もきっと満足できますよ!

ライフカードビジネス(スタンダード)は初めての法人カードに最適!

ライフカードビジネス(スタンダード)は、会社経営者だけでなく個人事業主の方も申し込めます。

仕事用のクレジットカードを作った方がいいということは分かっていても、何かきっかけがないとなかなか申し込めないもの。このカードは、そんなあなたにこそオススメです。

ライフカードビジネス(スタンダード)は審査に通りやすい

ライフカードビジネス(スタンダード)をおすすめしたい理由の第一は、審査についての心配が少ないことです。

また後ほど詳しくご説明しますが、これはこのカードの仕様自体が、そもそも審査に通りやすくなっているからです。

もちろん一定の基準を満たす必要はありますよ。例えばあなたが今他社カードを延滞中だったり、自己破産した直後では流石にNGです。

でもそういうことさえなければ、ライフカードビジネス(スタンダード)の審査は比較的パスしやすいですから、経営者の方も個人事業主の方も、どうぞ自信を持ってお申し込みください。

プライベートと経費を区別すると帳簿の整理が楽!

しかしお仕事を始めて暫く経っても、法人カードを作る必要性を特に感じていない方もいるかもしれません。

しかしプライベートと経費の利用がごちゃ混ぜでは、帳簿の管理が大変ではありませんか?

法人カードを作って最初から仕事用として区別すれば、法人カードの明細書をそのまま帳簿にすることも可能です。

事務作業を最小限にしたい方にこそ、ライフカードビジネス(スタンダード)はお役に立ちますよ。

追加カードを発行できてビジネス特典もついてくる

またライフカードビジネス(スタンダード)なら、仕事を手伝ってくれるスタッフ用のクレジットカードやETCカードを追加することも可能です。

一般的な個人向けカードでは、家族カードは作れますが社員向けのカードは作れません。

そこでちょいちょい自分名義のカードをスタッフに貸し出す経営者の方がいますが、これはカード規約違反ですのでご注意くださいね。

個人カードを事業利用すると強制解約も!?

個人向けのクレジットカードでも大抵のことは可能ですが、事業にも兼用で使っていると、時にはカード会社から注意を受けることがあります。

それは大量の買い付けなどした際に、現金化などカードを不正に使っているのではと疑われてしまうせいです。

この注意を無視して同じ様に続けると、カード会社は強制解約という実力行使に出ることもあります。

注意を受けた場合は、こちらの事情を説明した上で、カード会社の指示に従うようにしてくださいね。

法人カードなら思い切り仕事ができる

しかし最初から法人カードを使っていれば、このような心配は一切ありません。事業利用前提のカードなら、商品買い付けも当然のこととして容認されるからです。

使い慣れたカードが一番かもしれませんが、思う存分お仕事をするには、やはり法人カードへの入会が基本ですね。

ライフカードビジネススタンダードは年会費0円

それでも個人カードを使い続けたい人の言い分としては、年会費の問題が大きいかもしれません。

個人向けクレジットカードなら多くが年会費無料ですが、法人カードは殆どの場合有料ですから、余分な経費をかけたくない方にとって気が進まないのも当然でしょう。

しかし今回ご紹介するライフカードビジネス(スタンダード)は、法人タイプとしては珍しく年会費永年無料です。

次章ではライフカードビジネス(スタンダード)サービス内容を全てご紹介します。

自分で仕事を始めたら、やっぱりビジネスカードが必要なんですね。でも絶対に法人カードじゃないとダメな理由ってあるんでしょうか?
個人カードで大量の買い付けなどすると、カード会社から注意を受けることもありますよ。また個人カードではスタッフ用カードを追加発行できないという問題もあります。

ライフカードビジネス(スタンダード)は付帯サービスが凄い

次は、ライフカードビジネス(スタンダード)の豊富なビジネス関連サービスのご紹介です。

法人経営者の方も個人事業主の方も、こういった付帯サービスをフルに活用して、是非ビジネスをレベルアップしてくださいね。

法人カードを使うと事務作業が格段に楽になる

法人カードを導入した経営者の方は、どなたも事務作業が楽になったと口にします。

1枚のカードを私用と事業に共有すれば後から経費を手作業で切り分けなくてはなりませんが、法人カードの導入でそういった作業が不要となるからです。

社員カードを発行すると仮払いの手間もかからない

また法人カードでは、社員カードやETCカードを追加発行することもできますが、これによって出張費や交通費の仮払い&精算といった事務作業も大幅に削減できます。

きっと導入したその日から、こういった法人カードの効果を実感できるでしょう。

多彩なビジネス特典がカードに付帯

ただこれらのメリットは、どの法人カードにも共通する基本機能に過ぎません。

しかしここから先は、ライフカードビジネス(スタンダード)独自のビジネス特典です。

日々の業務に手一杯だと、会社に役立つサービスを自分で探す時間すらとれないのが普通ですよね。

そんな多忙なあなたに代わって、ライフカードビジネス(スタンダード)が多彩な特典を用意してくれています。

安心!弁護士相談が1時間無料になる特典が付帯

ビジネスに法律上の問題はつきもの。そんな時も、ライフカードビジネス(スタンダード)会員なら安心ですよ。

何故なら「弁護士相談」がカードの付帯サービスとしてついてくるからです。

何か困ったことが起きた時に、自分で弁護士を探したり弁護士事務所に飛び込むのは勇気が要りますよね。それにこういうことって、誰かの紹介なしではちょっと不安です。

でもライフカードは「弁護士法人港国際法律事務所」と契約しており、いつでも安心して相談できますよ。しかも電話もしくは面談による法律相談が1時間無料です。

経営者や個人事業主の方にとって、これほど心強いことはありませんよね。

優良な福利厚生サービスがお得に使える

スタッフや家族の福利厚生も、ライフカードビジネス(スタンダード)にお任せです。

福利厚生代行業界最大手「ベネフィット・ワン」とライフカードの提携により、以下のお得なプランが実現しますよ。

  通常価格 【ライフカードビジネス会員価格】
入会金 ・100,000円/1社
10名以下の場合は、
・スタンダード3,500円/1社
・ゴールド9,000/1社
無料
スタンダード 月会費400円/1名 月会費350円/1名
ゴールド 月会費1,050/1名 月会費900/1名

クラウド会計ソフトfreee(フリー)の利用がお得

会計ソフトをまだお使いでなければ、ライフカードビジネス(スタンダード)の導入と同時に、是非クラウド会計ソフトfreee(フリー)をご利用ください。

クラウド会計ソフト freee(フリー)の標準プランを申込めば、利用期間が2ヶ月間無料で延長されます。

先に法人カード導入で経費管理が楽になると言いましたが、このソフトと連携すれば、帳簿作成なんて本当にあっという間です。

このソフトがカード利用代金明細(Web明細)を取得して、自動で会計帳簿を作ってくれるからです。

ただしそれには、次にご紹介する「法人・加盟店Web Desk」への事前登録が欠かせません。

法人・加盟店Web Deskに登録しよう

ライフカードビジネス(スタンダード)を申し込んでカードがお手元に届いたら、必ず済ませておきたいのが「法人・加盟店Web Desk」への登録です。

これはライフカードの会員専用Webサイトで、登録することによって以下のことが可能となります。

法人・加盟店Web Desk

  • 登録は無料
  • 24時間365日利用できる
  • 利用代金明細書の照会やダウンロードが可能

つまりWeb Deskは、経費管理には欠かせないサービスなんですね。

これが使えないと法人カードに入会する意味がないというほど重要なものですので、必ず登録するようにしましょう。

カードブランドによってビジネス特典が異なる

ライフカードビジネス(スタンダード)のビジネス特典はまだまだありますよ。次はブランドに付帯するサービス特典です。

ライフカードビジネススタンダードの国際ブランドは、Visa、MasterCard、JCBの3タイプ。この中のVisaとMasterCardには、それぞれにビジネス特典がついてきます。

次にご紹介するそれぞれの内容をよく検討して、あなたのビジネスに最適なカードブランドを選んでくださいね。

Visa会員限定!Visa優待サービス

まずはVisa会員限定の優待サービス「Visaビジネスオファー」です。

経営者や個人事業主の方に役立つ数々のサービスが割安で利用できますよ。Visaビジネスオファーは非常に数が多く、内容もバラエティに富んでいます。

出張

【三洋堂】

海外/国内おみやげ・旅行用品10%オフ

【東武トップツアーズ】

「Feel」(国内/海外旅行)3%オフ

【WHG(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー)】

基本宿泊料金10%オフ

オフィス

【ALSOKホームセキュリティ】
ホームセキュリティ契約でキャッシュバック
【エリアリンク/ハローストレージ】

使用料1ヵ月分相当額を無料

【サーブコープジャパン】

バーチャルオフィス・ボードルーム利用時の割引

【日本交通】

ハイヤーを安心料金にて提供

情報・印刷

【イメージナビ/デザインポケット】

「素材辞典.NET」ライセンスキー購入時10%オフ

【雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp】

サイト価格より5%オフ

【ユーゴ/印刷サイト「スプリント」】

プリントサービス5%オフ

【ゴルフダイジェスト・オンライン/ゴルフ場予約】

ゴルフ場の予約&プレーでGDOポイントをプレゼント

【エグゼクティブ・センター(The Executive Centre)】

指定サービス料金20%オフ

備品その他

【ブラザーダイレクトクラブ】

全商品10%オフ

【ナカバヤシ/フエルモール・フエルフォトブック】

ショッピングモールサイト「フエルモール」にて割引

【ファクトリーギア/上質工具】

ウェブショップで初回注文時1点10%オフ

【日比谷花壇】

法人向けオンラインショッピングサイト5%オフ

【オフィス・デポ・ジャパン】

商品代金を3%オフ

【サントリーウエルネスオンライン】

特定商品が10%増量+送料無料

事務

【Yahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチ】

新規申込でスポンサードサーチ広告費用5,000円分プレゼント

【オプティVAT(付加価値税)還付代行サービス】

VAT還付手数料の10%オフ

【スマイルワークス】

ClearWorksの無料トライアル(最大2ヶ月)

【使えるねっと/レンタルサーバー・ITソリューション】

特定プラン契約期間に応じて割引

【MFクラウド会計・確定申告】

特定プラン契約でご利用開始から3ヶ月無料

Visaの付帯サービスには、これ以外に以下の全国主要都市のレストラン優待があります。こちらも会食などに是非ご利用ください。

【Visaビジネスグルメオファー】

・主要都市のレストランなど
・通常価格から10%オフなどの優待多数

MasterCard会員限定!MasterCard優待サービス

次はMasterCardブランドの特典です。

数はVisaよりも少な目ですが、個人事業よりも会社経営に向くサービスが充実しています。

【JTB MICEコンシェルジュサービス】

・MICE案件のカード決済が可能

【LAPITA(ラピタ)】

・LAPITAメールマガジンを配信
・LAPITA主催のイベントやツアー参加代金が3%オフ
・グローバルビジネスサポートデスクに相談可能

【オレンジページくらし予報】

・調査・マーケティング支援メニュー20%オフ
・WEBアンケート20%オフ
・くらし予報リリース配信20%オフ
・自主調査結果レポート 50,000円/件

【365通訳 】

・以下のプランを約33%オフ
・トラベルプラン・ビジネスプラン・滞在プラン

【コーポレートキャッシュパスポート】

・0.5%還元
・通常1%の入金手数料を無料

【DHL Express】

・国際宅配便10%オフ(輸出のみ)
・初回利用20%オフ

【JTBベネフィットえらべる倶楽部】

・入会金の割引サービス

従業員数1~10名:50,000円→30,000円
従業員数11~100名:100,000円→60,000円
従業員数101~1,000名:200,000円→100,000円
従業員数1,001名~:500,000円→250,000円

【経費Bank 】

経費Bank初期導入費用 通常¥180,000が無料に

【eKeihi】

初期登録費用 ¥100,000を全額無償

【ソフトバンク0063携帯電話使い分けサービス】

通話料金20%オフ

【じゃらんコーポレートサービス】

通常ポイントにじゃらん限定ポイント1%分追加

注意!国際ブランドによってビジネス特典が異なる

ライフカードビジネス(スタンダード)は、このように国際ブランドの選び方によって、使えるビジネス特典の内容が全く違ってきます。

どのブランドを選んでも、ライフカードビジネスの基本的なビジネス特典は利用できますが、利用したいブランド特典は入会前に是非チェックしておきましょう。

ライフカードビジネス(スタンダード)のビジネス特典は、他社商品と比べてもかなりの充実ぶりです。年会費無料でコレですから、法人クレジットカードとしては相当なお値打ちです。

ライフカードビジネス(スタンダード)の3つの注意点

さて、経営者にとってはいいこと尽くめに見えるライフカードビジネス(スタンダード)ですが、実は注意していただきたいことが3点あります。

以下順番にご説明しますので、お申し込みの際には、必ずこれらを加味した上で決めるようにしてくださいね。

利用ポイントが一切つかない

先ず1点目として、ライフカードビジネス(スタンダード)にはポイントがつきません。

ポイントプログラム自体適用されないので、何に使ってもポイント還元は0です。

でも「クレジットカードでポイント無しなんて致命的」と決めつけないでくださいね。

ここまでご紹介してきた豊富なビジネス特典が使えるのも、また年会費が永年無料なのも、ポイント付与が犠牲になっていると考えれば納得がいくからです。

ライフカードビジネス(スタンダード)はポイントで得するタイプの法人カードではなく、年会費無料で多彩なビジネス特典が使えることが特徴です。

キャッシングが使えない

冒頭でライフカードビジネス(スタンダード)の審査の通りやすさを強調しましたが、実はその裏には「キャッシング枠がない」ことが関係しています。

お金を借りる機能がない分、ライフカードビジネス(スタンダード)は審査に通りやすくなっているんですね。

融資が必要な場合は、ライフカードや他社のローン商品、もしくは別のキャッシング機能つき法人カードをご利用ください。

ご注意!必要書類の提出は手を抜かないように

最後の注意点は、カード申し込み時の手続きに関することです。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」改正法の平成28年10月1日施行に伴い、金融関係全般に、必要書類の提示や申告が以前よりも厳しくなっています。

ライフカードビジネス(スタンダード)は審査に通りやすい法人カードですが、申込書に不備があったり、指示通りの書類を提出できなければ審査に落ちてしまう可能性もありますので気をつけましょう。

これは資金洗浄及びテロ資金供与対策の一環ですから仕方ありません。法人カードの申し込み時には、その点気をつけて手を抜かないようにしてくださいね。

なおライフカードビジネス(スタンダード)の必要書類は以下の通りです。

法人

  • 登記事項証明書(発行日から6 か月以内の原本またはコピー)
  • 取引担当者(代表者)の本人確認書類:以下いずれか1点

・運転免許証
・運転経歴証明書
・健康保険証
・個人番号( マイナンバー) カード
・住民基本台帳カード( 写真付)
・パスポート
・特別永住者証明書・在留カード
・住民票の写しまたは記載事項証明書
・印鑑登録証明書

個人事業主

  • 本人確認書類いずれか1点
  • 登記事項証明書は不要
ライフカードビジネス(スタンダード)はポイント付与とキャッシング機能がないというデメリットがあります。でもこれは豊富なビジネス特典の代償ですから仕方ありませんね。

ライフカードビジネス(スタンダード)の基本情報

ライフビジネススタンダードカード

公式サイトはコチラ

ライフカードビジネス(スタンダード)のご紹介は以上です。最後に基本情報をまとめましたのでご覧ください。

内容
年会費 永久無料
申込資格 法人または個人事業主
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
電子マネー
還元率 ポイントサービス無し
ショッピング枠 10~500万円(500万円超は要相談)
キャッシング枠 無し
ライフカードビジネス(スタンダード)は、ビジネス特典に特化した法人カードです。ご覧の通り、付帯保険やポイントプログラムなど余分な機能を排除した作りとなっています。

ライフカードビジネス(スタンダード)は審査が不安な事業主の方にもおすすめ

ライフカードビジネス(スタンダード)は、初めて法人カードを持とうとしている経営者や個人事業主の方にはオススメです。

仕事用のカードが必要なことは分かっていても、法人カードの申し込みって意外と億劫なものです。

それにお仕事をスタートしたばかりだと、審査に落ちるかもしれないという不安もありますよね。

そんなこんなで、独立してもまだビジネスカードを手にできていないという方が少なくありません。ライフカードビジネス(スタンダード)は、そういう方にこそ最適です。

何と言っても年会費無料ですし、豊富なビジネス特典は新人経営者にも大いに役立ちます。ただしポイントがつかず、キャッシング機能や付帯保険もついていません。

機能はフルスペックとは言えませんので、将来ビジネカードの使い方に慣れたら、また新たな法人カードに入会するという選択肢もあるでしょう。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断